【動画】 角田裕毅 ターン6のアウトからヒュルケンベルグを豪快に仕留める

2024年4月7日
【動画】 角田裕毅 ターン6のアウトからヒュルケンベルグを豪快に仕留める F1日本GP決勝
角田裕毅は、2024年F1日本GPの決勝でニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)を豪快にオーバーテイクして鈴鹿サーキットのファンを沸かせた。

角田裕毅は11番手を走行しており、ヒュルケンベルグはもう1度ピットストップを予定していたため、事実上は10番手だった。それでも、33周目、角田裕毅はS字のターン6でアウトサイドからヒュルケンベルグを豪快にオーバーテイク。入賞を確実なものとした。

2024年 F1ポイントランキング (第4戦日本GP終了時点)

2024年4月7日
2024年 F1ポイントランキング (第4戦日本GP終了時点)
2024年F1第4戦日本GPが終了。レッドブルがフルポイントを獲得して前戦で失ったポイントを取り返した。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンはファステストラップもマーク。セルジオ・ペレスも2位に続き、レッドブル・レーシングが44ポイントを加算。4ポイントまで迫られていたフェラーリとの差を21ポイントまで広げた。

ダニエル・リカルド F1日本GPのアルボンとの衝突事故はお咎めなし

2024年4月7日
ダニエル・リカルド F1日本GPのアルボンとの衝突事故はお咎めなし
ダニエル・リカルドは、2024年F1第4戦日本GPで彼とアレックス・アルボンをリタイアさせたオープニングラップの衝突事故による制裁を免れたが、FIAスチュワードは、2つの緩和的な状況がなければ、リカルドにペナルティが科されていたあろうことを示唆した。

リカルドは、オープニングラップで鈴鹿サーキットのS字への進入時に右にシフト。アルボンのウィリアムズをRBの右リアで接触させ、その結果、両車は激しくバリアに突っ込んだ。

【動画】 2024年F1 日本GP 決勝 ハイライト

2024年4月7日
【動画】 2024年F1 日本GP 決勝 ハイライト
2024年F1 日本GP 決勝のハイライト動画。4月7日(日)に鈴鹿サーキットで2024年のF1世界選手権 第4戦日本グランプリの決勝レースが行われた。

桜が咲く鈴鹿サーキット。気温は22度、路面温度は40度と今週末で一番の暖かさのなか、現地時間14時に53周のレースのスタートは切られた。だが、1周目にアレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)とダニエル・リカルド(RB)のクラッシュによって赤旗中断。スタンディングスタートで仕切り直したとなる。

フェルスタッペン優勝 春開催のF1日本GPはタイヤがレース展開を左右

2024年4月7日
マックス・フェルスタッペン優勝 春開催のF1日本GPはタイヤがレース展開を左右
2024年のF1世界選手権 第4戦 日本GPの決勝が4月7日(日)に鈴鹿サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が優勝。レッドブルがワンツーフィニッシュを飾り、角田裕毅(RB)が10位入賞を果たした。

ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンは、スタート、赤旗中断後のリスタートでもリードを守り、タイヤデグラデーションとアンダーカットが大きな影響を及ぼしたレースをコントロール。鈴鹿で3年連続となるポール・トゥ・ウィンを達成。通算56勝目を挙げた。

角田裕毅 F1日本決勝10位フィニッシュで母国グランプリ初入賞!

2024年4月7日
角田裕毅 F1日本決勝10位フィニッシュで母国グランプリ初入賞!
角田裕毅は、2024年F1第4戦日本GPの決勝を10位でフィニッシュ。母国の観客の前で鈴鹿サーキットのF1レースで初ポイントを獲得した。

晴天に恵まれて気温22度、路面温度40度まで上昇した鈴鹿サーキット。10番グリッドからミディアムタイヤでスタートした角田裕毅は、後続のソフトスタートのニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)とバルテリ・ボッタス(ザウバー)に喰われて12番手まで後退する。

F1日本GP 決勝:マックス・フェルスタッペン優勝 角田裕毅10位入賞

2024年4月7日
F1日本GP 決勝:マックス・フェルスタッペン優勝 角田裕毅10位入賞
F1日本GP 決勝の結果速報。4月7日(日)に鈴鹿サーキットで2024年のF1世界選手権 第4戦 日本グランプリの決勝レースが行われた。

日曜日の鈴鹿は晴れ。気温は22度、路面温度は40度と今週末で一番の暖かさのなか、現地時間14時に53周のレースのスタートは切られた。だが、1周目にアレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)とダニエル・リカルド(RB)のクラッシュによって赤旗中断。スタンディングスタートで仕切り直したとなる。

2024年F1 日本GP 決勝:結果・順位表 角田裕毅10位入賞

2024年4月7日
2024年F1 日本GP 決勝:結果・順位表
2024年F1第4戦日本GP 決勝の結果速報。4月7日(二位)に鈴鹿サーキットで2024年のF1世界選手権 第4戦 日本グランプリの決勝レースが行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝。2位にセルジオ・ペレス(レッドブル)、3位にカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が続いた。角田裕毅(RB)は10位でフィニッシュし、鈴鹿サーキットで初めてポイントを獲得した。

レッドブルF1首脳 フェラーリ勢の日本GP予選での失速に「Thank God」

2024年4月7日
レッドブルF1首脳 フェラーリ勢の日本GP予選での失速に「Thank God」
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1日本GPの金曜日にシャルル・ルクレールが見せた強力なロングランペースを受けて、予選での失速に安堵のため息をついた。

ルクレールは鈴鹿サーキットでの予選を8番手で終え、レッドブルはマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがそれぞれ1-2でフロントローを独占した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム