FIA、F1マシンの水しぶきを抑制する“標準ホイールアーチ”の導入を検討

2022年11月19日
FIA、F1マシンの水しぶきを抑制する“標準ホイールアーチ”の導入を検討
FIA(国際自動車連盟)は、F1マシンで雨天時にタイヤの水しぶきを抑えるパーツのパッケージを定義するための研究を行っている。

今年のウェットレースでは、ドライバーの大多数が視界の問題について不満を漏らしており、フィードバックによると、グラウンドエフェクトカーである新世代F1マシンは、以前のマシンよりもはるかに多くの水しぶきを吐き出している。

F1、人工知能ソフトウエアを導入してオンラインの誹謗中傷に宣戦布告

2022年11月10日
F1、人工知能ソフトウエアを導入してオンラインの誹謗中傷に宣戦布告
FIA(国際自動車連盟)は、人工知能(AI)ソフトウェアを利用して「有害」なレベルのオンラインの誹謗中傷と戦う計画を発表した.

FIA会長のモハメッド・ビン・スライエムは、オンラインコミュニティを改善しようとする統一戦線を公に呼びかけており、運営機関はソーシャルメディアプラットフォームや他のスポーツグループと共同で行う方法について話し合っている。,

レッドブルF1代表、罰金700万ドルはWシリーズなど「正当な理由に使って」

2022年11月2日
レッドブルF1代表、罰金700万ドルはWシリーズなど「正当な理由に使って」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、FIA(国際自動車連盟)が予算上限に関するレッドブル・レーシングの700万ドル(約10億円)の罰金で「何か良いこと」をすることを望んでいると語った。

レッドブル・レーシングは、2021年の予算上限を超過したとして、700万ドルの罰金と空力テスト(風洞やCFD)時間の10%削減という裁定を受けることになった。

フェルナンド・アロンソにペナルティ裁定のF1スチュワードに誹謗中傷

2022年10月29日
フェルナンド・アロンソにペナルティ裁定のF1スチュワードに誹謗中傷
フェルナンド・アロンソのF1アメリカGPでのペナルティを巡ってFIA(国際自動車連盟)のF1レーススチュワードのシルビア・ベロットに誹謗中傷が起こり、アロンソ自身とアルピーヌF1チームが非難した。

フェルナンド・アロンソは、ランス・ストロールとの激しいクラッシュにも関わらず、レースを7位でフィニッシュした後、30秒ペナルティを科せられていた。

レッドブルF1、予算上限違反で罰金700万ドルと空力開発時間の10%短縮

2022年10月28日
レッドブルF1、予算上限違反で罰金700万ドルと空力開発時間の10%短縮
FIA(国際自動車連盟)は、2021年シーズン中にF1の財務規則に違反したことに対するレッドブル・レーシングのペナルティを発表した。

FIAは金曜日に、財務規則で定義されているように、チームとAccepted Breach Agreement(違反を認める協定)を締結したと発表した。レッドブル・レーシングは 700 万ドル(約10億3000万円)の罰金を科され、制限付きの風洞と計算流体力学の開発期間が10%短縮される。

FIA、ハースF1チームの抗議を受けてブラック&オレンジ旗の使用を見直し

2022年10月28日
FIA、ハースF1チームの抗議を受けてブラック&オレンジ旗の使用を見直し
FIA(国際自動車連盟)は、F1アメリカGP後にハースF1チームが起こした抗議を受け、ブラック&オレンジ旗がどのような状況で使用されるべきかを再検討することを約束した。

ハースF1チームのドライバーであるケビン・マグヌッセンは、今年3回にVF-22 のフロントウィングエンドプレートに損傷を与えた後、ドライバーに修理のためのピットインを要求するブラック&オレンジ旗を提示された。

F1スチュワード、アルピーヌのアロンソのペナルティへの抗議を棄却

2022年10月28日
F1スチュワード、アルピーヌのアロンソのペナルティへの抗議を棄却 チームはすぐに再審を要求
FIAスチュワードは、F1アメリカGPでフェルナンド・アロンソをポイントフィニッシュに復活させようといアルピーヌF1チームの試みを却下し、決定に対する彼らの抗議は容認できないと判断した。

しかし、アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソの7位を取り戻すための戦いをあきらめるつもりはなく、すぐに審査のためにスチュワードに請願。その公聴会は、今週末のレースが行われるメキシコシティで午後8時45分に開始される。

レッドブルF1、予算上限違反で罰金と空力テスト削減でFIAと合意との報道

2022年10月28日
レッドブルF1、予算上限違反で罰金と空力テスト削減でFIAと合意との報道
レッドブルF1チームは、FIA(国際自動車連盟)とコストキャップ取引を完了し、その結果が金曜日に発表されると Autosport が伝えている。

レッドブル・レーシングは、FIAとABA(Accepted Breach Agreement/違反を認める協定)で合意に達したという。それは事実上、不正行為を認め、制裁を受け入れることを確認することを意味する。

ハースF1チーム代表 「抗議は個人ではなくFIAの一貫性がターゲット」

2022年10月28日
ハースF1チーム代表 「抗議は個人ではなくFIAの一貫性がターゲット」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1アメリカGP後のフェルナンド・アロンソとセルジオ・ペレスに対する抗議は、個人を攻撃する意図はなく、FIA(国際自動車連盟)に貫性を求めるためのものだと説明する。

ハースF1チームの抗議は、ケビン・マグヌッセンが今シーズンにエンドプレートの損傷に対して3つのブラグ&オレンジフラッグを提示されていたことによって引き起こされた。チームは、FIAに設計のおかげでエンドプレートが車から外れることはないと説明していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム