F1マシン、周冠宇の事故を受けて2023年からロールフープを強化

2022年8月17日
F1マシン、周冠宇の事故を受けて2023年からロールフープを強化
FIA(国際自動車連盟)は、F1イギリスGPでの周冠宇(アルファロメオ)の事故に対する調査の結果、2023年からF1マシンにより強力なロールフープを導入する。

先月のF1イギリスGPで周冠宇は、スタート直後の1コーナーへのアプローチでジョージ・ラッセル(メルセデス)と接触した後、恐ろしい事故に巻き込まれた。周冠宇の車はひっくり返ってグラベルまで滑り、タイヤバリアを超えてフェンスに激突。その過程でロールフープは完全に壊れた。

FIA、2022年のポーパシング対策と2023年F1レギュレーション変更を承認

2022年8月17日
FIA、2022年のポーパシング対策と2023年F1レギュレーション変更を承認
FIA 世界モータースポーツ評議会は、ポーパシング(ポーポイズ現象)を緩和するために、2022年の残りのシーズンの対策と2023年のF1テクニカルレギュレーションの変更を承認した。

ポーパシングは、2022年に導入された新しいレギュレーションで復活した新世代のグラウンドエフェクトカーとともにF1に戻り、FIA(国際自動車連盟)は、一部のF1チームやドライバーから提起された安全上の懸念が高まる中、この問題に対処しようとしてきた。

FIA、2026年F1エンジンレギュレーションを確定!

2022年8月17日
FIA、2026年F1エンジンレギュレーションを確定!
FIA(国際自動車連盟)は、世界モータースポーツ評議会による承認を受けて、待望の2026年F1エンジンレギュレーションにゴム印を押した。

現在、F1エンジンは、ホンダがF1から撤退した後、今年から2025年まで凍結される。2026年からのF1エンジン形式の構成については、FIA、F1、既存および将来のマニュファクチャラーがすべて関与して、数年間議論が続けられてきた。

FIA会長、2026年のポルシェ/アウディのF1参入について大きなヒント

2022年8月11日
FIA会長、2026年のポルシェ/アウディのF1参入について大きなヒント
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、2026年の新しいF1エンジンレギュレーションが最終決定され、ポルシェとアウディがF1に参入するという主要なヒントを落とした。

F1は、2026年に新しいF1パワーユニットレギュレーションが導入されたときに、新しいメーカーを引き付けることを望んでいる。ポルシェとアウディは、しばらくの間このアイデアに到達しそうな気配を見せているが、新しいルールが合意されるのを待っている。

マイケル・マシ、FIAとF1アブダビGPの件を口外しないNDA契約

2022年8月9日
マイケル・マシ、FIAとF1アブダビGPの件を口外しないNDA契約
元F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、FIA(国際自動車連盟)との間でF1アブダビGPの論争について話をすることを禁止するNDA(秘密保持契約)を結んだと報じられている。.

44歳のマイケル・マシは、昨年までF1レース ディレクターを務めていたが、2021年の最終戦F1アブダビGPの処置について論争となった後、今年2月にその役割を解任された。

元F1レースディレクターのマイケル・マシ、殺害予告の被害を告白

2022年8月8日
元F1レースディレクターのマイケル・マシ、殺害予告の被害を告白
元F1レースディレクターのマイケル・マシは、物議を醸した昨年のF1アブダビGP後の期間は、オンラインでの誹謗中傷と殺害予告などに脅された“暗黒の日々”だったと語った。

2021年の最終戦F1アブダビGPで、通常のセーフティカー規則を覆してラスト1周でレースを再開させるというマイケル・マシンの決定は、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンをオーバーテイクしてF1ワールドチャンピオンを獲得することに繋がった。

FIA、周冠宇の事故で2023年F1マシンのロールフープの最終決定を急ぐ

2022年8月4日
FIA、周冠宇の事故で2023年F1マシンのロールフープの最終決定を急ぐ
FIA(国際自動車連盟)は、F1チームのテクニカルディレクターとの会議で、2023年のF1マシンのより厳格なロールフープテストの計画を最終決定する予定となっている。

FIAは、F1イギリスGPでの周冠宇の事故の直接的な結果として、ロールフープのより厳しいテストを課すことを約束した。周冠宇のアルファロメオのF1マシンのロールフープは、これまで予測されていたものを超える力でトラックに接触した後、完全になくなった。

マックス・フェルスタッペン 「FIAはF1ドライバーをアマチュア扱いしている」

2022年8月3日
マックス・フェルスタッペン 「FIAはF1ドライバーをアマチュア扱いしている」
現F1ワールオチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、FIA(国際自動車連盟)のドライバーとトラックリミットの扱いついて批判した。

今年、FIAは、トラックリミットを非常に厳格に取り締まり、ドライバーが白線を超えた場合はラップタイムを削除している。

F1フランスGP:VSCのリスタート遅延は「ハードウェアに問題があった」

2022年7月25日
F1フランスGP:VSCのリスタート遅延は「ハードウェアに問題があった」
F1フランスグランプリ終盤に物議を醸したバーチャルセーフティカー(VSC)のリスタート遅延の原因についてFIA(国際自動車連盟)が説明を行った。

周冠宇(アルファロメオ)がエンジンの問題のコース脇にマシンを停めた後、FIAはマーシャルが車を回収できるようにバーチャルセーフティカーを導入した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム