F1で2年目の角田裕毅 「ピエール・ガスリーとより会話するようになった」

2022年5月15日
F1で2年目の角田裕毅 「ピエール・ガスリーとより会話するようになった」
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、F1での2シーズン目にチームメイトのピエール・ガスリーとより多くの話をするようになったで恩恵を受けていると語る。

角田裕毅のルーキーシーズンは浮き沈みのなるものとなり、評価の高いピエール・ガスリーとの差は大きかった。しかし、そのギャップは2022年には狭まっており、特にイモラでは角田裕毅がピエール・ガスリーをほぼすべてのセッションで上回った。

角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」

2022年5月13日
角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1マイアミGPでペースが欠如していた理由を理解できていないと嘆く。

アルファタウリは、ピエール・ガスリーが7番グリッド、角田裕毅が9番グリッドからレースをスタートし、ポイントを獲得するための正当な希望があった。

しかし、結局はそうはならなかった。ピエール・ガスリーはランド・ノリスとの衝突によって引退し、角田裕毅は12位でフィニッシュした。

角田裕毅 「今日のパフォーマンスには本当にがっかりしている」

2022年5月9日
角田裕毅 「今日のパフォーマンスには本当にがっかりしている」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を12位で終えた。

9番グリッドからミディアムタイヤでスタートした角田裕毅は、オープニングラップで1つ順位を下げると、そこからペースに苦しみズルズルと後退。13番手まで順位を下げた10周目にハードタイヤに交換するが、終始ウィリアムズのニコラス・ラティフィとのバトルに徹することになり、13位でチェッカー。他のドライバーのタイム加算ペナルティによって最終順位は12位となった。

角田裕毅、Q3進出9番手「車のパフォーマンスを最大限に発揮できた」

2022年5月8日
角田裕毅、Q3進出9番手「車のパフォーマンスを最大限に発揮できた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP 予選
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの予選を9番手で終えた。

今週末、角田裕毅はFP1を18番手、FP2を13番手と初日にマシンバランスに苦労した。しかし、FP3で11番手につけると、予選でもチームメイトよりも上位で今季初となるQ3まで駒を進め、9番グリッドを獲得した。

角田裕毅 「一歩ずつ進めている。車のバランスにはまだ満足していない」

2022年5月7日
角田裕毅 「一歩ずつ進めてる。車のバランスにはまだ満足していない」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP 金曜フリー走行
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの金曜フリー走行を13番手で終えた。

初走行となるマイアミ・インターナショナル・オートドロームで、角田裕毅はFP1を18番手で終え、続くFP2でも13番手とトップ10入りを果たせず、これまでのサーキットと比較して苦労していると語る。

角田裕毅 「最終セクターはセーフティカー出動時に渋滞になりそう」

2022年5月7日
角田裕毅 「最終セクターはセーフティカー出動時に渋滞になりそう」 / F1マイアミGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1マイアミGPの新しいサーキットの狭いセクションは、セーフティカー出動時に特にトリッキーになる可能性があると予測している。

今週末、F1は新しく建設されたマイアミ・インターナショナル・オートドロームで初めてレースをする。チームのシミュレーターでトラックを試した角田裕毅は、実際にそこを運転することを「本当に楽しみにしている」と語った。

【動画】 角田裕毅とフェルスタッペンが水陸両用車でレース / F1マイアミGP

2022年5月6日
【動画】 角田裕毅とフェルスタッペンが水陸両用車でレース / F1マイアミGP
F1マイアミGPに先駆けて、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)と角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が特殊な水陸両用車でレースを実施。サーキットで培った華麗なドライビングテクニックをまさかの沼地で披露した!

スーパークロス王者のジェット・ローレンス、スケートボード界のレジェンドであるザイオン・ライトも見守る中、特殊なマシンでいよいよ「泥レース」がスタート!

角田裕毅 「マイアミのセクター3は“フォーミュラEセクター”」

2022年5月5日
角田裕毅 「マイアミのセクター3は“フォーミュラEセクター”」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第5戦マイアミGPへの意気込みを語った。

前戦エミリア・ロマーニャGPでは、いくつか素晴らしいオーバーテイクを見せて7位入賞を果たした角田裕毅。マイアミGPでも、イモラと同じようなロングランペースがあれば、戦うことができると自信をみせる。

「最終的なレース結果に非常に満足してはいますが、イモラは全体的に困難な週末でした」と角田裕毅は振り返る。

「角田裕毅はレッドブルF1の信頼に応えている」とF1関係者

2022年4月29日
「角田裕毅はレッドブルF1の信頼に応えている」とF1関係者
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、困難なルーキーF1シーズンの後、2022年に力強いパフォーマンスでレッドブルF1の彼への信頼に応えている。

角田裕毅は、イモラでトリッキーなコンディションでパフォーマンスを発揮し、評価の高いチームメイトであるピエール・ガスリーを上回る7位でフィニッシュした。レース後半ではケビン・マグヌッセンとセバスチャン・ベッテルを華麗にオーバーテイクしてみせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム