角田裕毅、2022年F1シーズン前半戦の自己評価は『10点満点中7点』

2022年8月17日
角田裕毅、2022年F1シーズン前半戦の自己評価は『10点満点中7点』
角田裕毅は、F1での2シーズン目にドライバーとしてかなりの進歩を遂げたと感じており、2022年シーズン前半戦を10点満点中7点と自己評価した。

インタビューは、F1フランスGP前に行われた。ルーキーシーズンの同じ時点で5~6点をつけていた角田裕毅は、2022年シーズンはそれよりも高い点数をつけており、経験に伴う自信の上昇を示した。

レッドブルF1首脳 「角田裕毅は一発の速さではすでにガスリーと同レベル」

2022年8月16日
レッドブルF1首脳 「角田裕毅は一発の速さではすでにガスリーと同レベル」
レッドブルは、2023年シーズンで契約が切れるピエール・ガスリーが他の機会を追求するための扉を開いているようだ。

ピエール・ガスリーは、2019年にマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・レーシングに昇格したが、わずか12レースで再びジュニア チームに降格。だが、その後、F1グリッドで有数のパフォーマーとして評価を再構築した。

角田裕毅 19位 「ずっとマシンと格闘。レースができたとは思えなかった」

2022年8月1日
角田裕毅 19位 「ずっとマシンと格闘。レースができたとは思えなかった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝を19位で終えた。

16番グリッドからソフトタイヤでスタートした角田裕毅だが、なかなか順位を上げられない。ソフト、ミディアムに続き、第3スティントにソフトという変則的な2ストップを狙った角田裕毅だが、ピットアウト直後に単独スピンを喫してタイヤを壊すなど精彩を欠き、完走中最下位となる19位でレースを終えた。

角田裕毅 Q1敗退16番手 「ここまで苦労するとは思っていなかった」

2022年7月31日
角田裕毅 Q1敗退16番手 「ここまで苦労するとは思っていなかった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP 予選
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選を16番手で終えた。

ドライコンディションで行われた初日にFP1で14番手、FP2で19番手と苦戦を強いられていた角田裕毅。その症状は土曜日になっても改善されず、0.035秒差でQ2進出を逃し、16番手で予選を終えた。

角田裕毅 「バランスに苦労していて車のパフォーマンスはかなり後退」

2022年7月30日
角田裕毅 「バランスに苦労していて車のパフォーマンスはかなり後退」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの金曜フリー走行を19番手で終えた。

前戦フランスGPではアップグレードが投入され、予選でQ3に進出するパフォーマンスを見せていた角田裕毅だったが、ハンガリーではFP1で14番手、FP2で19番手と苦戦を強いられている。

角田裕毅 「新しいフロアは高速コーナーでグリップに明確な違い」

2022年7月29日
アルファタウリF1 角田裕毅 「新しいフロアは高速コーナーでグリップに明確な違い」
アルファタウリF1の角田裕毅が、前戦F1フランスGPでAT03に投入されたアップグレードの効果について語った。

他チームとは異なり、新しいパーツを入れていなかったスクーデリア・アルファタウリは、ライバルチームにギャップを広げられていた。しかし、前戦F1フランスGPで待望のアップグレードを投入。角田裕毅は予選で4戦ぶりのQ3進出を果たしている。

角田裕毅 「F1でセバスチャン・ベッテルの近くを走れたのは幸運だった」

2022年7月29日
角田裕毅 「F1でセバスチャン・ベッテルの近くを走れたのは幸運だった」
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、F1引退を表明したセバスチャン・ベッテルについて語った。

2021年にF1デビューした角田裕毅にとって、セバスチャン・ベッテルとグリッドの並んだ時間は1年半しかない。それでも、バトルのなかで4回のF1ワールドチャンピオンから多くのことを学んだと角田裕毅は語る。

角田裕毅 「アップデートの知識を深めてパフォーマンスを引き出したい」

2022年7月29日
角田裕毅 「アップデートの知識を深めてパフォーマンスを引き出したい」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリへの意気込みを語った。

スクーデリア・アルファタウリは、前戦フランスGPでAT03に大規模アップグレードを投入。角田裕毅は予選でQ3進出を果たして8番グリッドを獲得したが、決勝ではオープニングラップでの事故によってリタイアを余儀なくされた。

アルファタウリF1 角田裕毅 「怒りのイメージ払拭よりも重要なことがある」

2022年7月27日
アルファタウリF1 角田裕毅 「怒りのイメージ払拭よりも重要なことがある」
角田裕毅は、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコの最近の“問題児”との発言について、車内での怒りの瞬間をコントロールすることよりも、焦点を当てるべき重要なことがあると考えている。

2021年にF1デビューを果たして以来、角田裕毅はインシデントについて頻繁に下品な言葉で大声で叫ぶことことで悪評を得ており、「トラフィックパラダイス」などの発言がパドックの流行語の一部になっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム