ダニエル・リカルド 「F1を休みたいので角田裕毅のことは放っておいてね」

2022年12月2日
ダニエル・リカルド 「F1を休みたいので角田裕毅のことは放っておいてね」
ダニエル・リカルドは、2023年のレッドブルF1のサードドライバーとしてサイン。来年、彼の母国でのレースを望む評論家に“本当”に休暇を望んでいるので「角田裕毅のことは放っておいて」と語った。

契約満了の1年前にマクラーレンから放出されたダニエル・リカルドは、2023年にマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのラインナップを継続するレッドブル・レーシングでサードドライバーを務める。

角田裕毅 「リラックスできるようになってF1ドライバーとして向上した」

2022年12月1日
角田裕毅 「リラックスできるようになってF1ドライバーとして向上した」
角田裕毅は、2022年シーズンを通じてドライバーとして成長するためにフィジカル面とメンタル面な改善が重要でだったと考えており、各レース週末でより「リラックスした」考え方を取り入れている。

角田裕毅は2021年にアルファタウリで複雑のデビューシーズンを経験した。時折ペースを垣間見せたものの、ミス、無線での爆発、フィットネス面の奮闘を伴い、コース内外でのルーチンの変化につながった。

角田裕毅 「ピエール・ガスリーと別のF1チームで思い切り戦うのが楽しみ」

2022年11月27日
角田裕毅 「ピエール・ガスリーと別のF1チームで思い切り戦うのが楽しみ」
角田裕毅が、今シーズン限りでスクーデリア・アルファタウリを離れるピエール・ガスリーに惜別のメッセージとエールを送った。

11月27日(日)にモビリティリゾートもてぎにて「Honda Racing THANKS DAY(ホンダ・レーシング サンクスデー) 2022」を開催され、レッドブル・レーシングのマックス・フェウスタッペンとセルジオ・ペレス、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅とピエール・ガスリーが参加。様々なプログラムに参加した。

【動画】 角田裕毅とガスリーがチームメイトとして最後のデュエット

2022年11月26日
【動画】 角田裕毅とガスリーがチームメイトとして最後のデュエット / アルファタウリF1
スクーデリア・アルファタウリが、ピエール・ガスリーとの最後のレースとなったF1アブダビGPの週末を追った動画を公開。最後は角田裕毅との有名なカラオケデュエットで締めくくられた。

F1キャリアを通してレッドブルF1ファミリーで過ごし、トロロッソ時代からスクーデリア・アルファタウリで5シーズンを過ごしたピエール・ガスリーは、2023年にアルピーヌF1チームに完全移籍する。

角田裕毅に朗報!ピエール・ガスリーから自宅ディナーに招待

2022年11月24日
角田裕毅に朗報!ピエール・ガスリーから自宅ディナーに招待 / アルファタウリF1
角田裕毅が、ピエール・ガスリーから念願だった自宅へ招待された。

2022年F1最終戦アブダビGPが終了し、アルファタウリF1は動画と投稿。ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍することで、今季限りでパドックで有名な“ブロマンス(男の友情)”で知られた角田裕毅との“コンビ解消”となる二人がチームメイトとして最後のビデオメッセージを届けた。

角田裕毅 「ピエール・ガスリーとの2年間の仕事は喜びでした」

2022年11月21日
角田裕毅 「ピエール・ガスリーとの2年間の仕事は喜びでした」 / F1最終戦
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1アブダビGPの決勝を11位で終えた。

第2スティントで10番手を走行していた角田裕毅だが、新品のミディアムとハードが1セットずつしかなかった角田裕毅は、第3スティントにソフトを選択せざるを得ず、デグラデーションの大きいソフトに苦戦。ポイントに惜しくも届かず11位でレースを終えた。

角田裕毅 予選12番手「全体的な内容とパフォーマンスには満足」

2022年11月20日
角田裕毅 予選12番手「全体的な内容とパフォーマンスには満足」 / F1アブダビGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1アブダビGPの予選を12番手で終えた。

Q1を10番手で通過した角田裕毅は、Q2でも好パフォーマンスを見せたが、わずか0.151秒差で惜しくもQ3進出は逃した。

それでも「今日はかなりハッピーです」と角田裕毅は語る。

角田裕毅の幼少期の写真を投稿したルイス・ハミルトン 「本当に22歳?」

2022年11月19日
F1:角田裕毅の幼少期の写真を投稿したルイス・ハミルトン 「本当に22歳?」
ルイス・ハミルトンは、F1メキシコGP後に投稿した写真のなかに角田裕毅が子供の頃の写真を掲載。記者経験でその写真を投稿した理由を聞かれ、角田裕毅の年齢に驚いていた。

2007年にマクラーレンでF1デビューを果たしたルイス・ハミルトンは、15年間のF1キャリアで7回のF1ワールドチャンピオンを獲得し、次世代のドライバーにインスピレーションを与える存在となっている。角田裕毅もハミルトンに感化された少年の一人だった。

角田裕毅 「2年目のF1シーズンで総合的に進歩したと感じている」

2022年11月19日
角田裕毅 「2年目のF1シーズンで総合的に進歩したと感じている」
角田裕毅が、2022年F1アブダビGPのドライバー記者会見に出席。2022年シーズンを振り返った。

ヤス・マリーナは昨年自身のベストリザルトである4位でフィニッシュしたサーキット。今年のスクーデリア・アルファタウリは苦戦が続いているが、良い思い出のあるサーキットでポジティブな結果を残したいと語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム