角田裕毅 F1中国GP予選「ラップ自体には満足。解決策に行き詰っている」

2024年4月21日
角田裕毅 F1中国GP予選「ラップ自体には満足。解決策に行き詰っている」
角田裕毅は、2024年F1第5戦中国GPの予選を19番手で終えた。

今週末はバランスとグリップに苦しんでいる角田裕毅。19番グリッドからスタートしたスプリントでは16位とトップ10に届かなかった。その後の予選でもグリップ不足は続き、他のドライバーがトラックエボリューションでタイムを更新するなかでも遅く、19番手でQ1敗退した。

角田裕毅 F1中国GPスプリント予選「何が起こっているのか分からない」

2024年4月19日
角田裕毅 F1中国GPスプリント予選「何が起こっているのか分からない」
角田裕毅は、2024年F1第5戦中国GPのスプリント予選を19番手で終えた。

唯一のフリー走行となった午前中の走行では、ハードでロングランを実施した後、ソフトで12番手タイムをマークして終了。スプリント予選のSQ1で上海インターナショナル・サーキットでミディアムでの初走行となったが、19番手でノックアウトとなり、「グリップ力はゼロだった」と無線で不満を漏らした。

角田裕毅 F1中国GP木曜会見「タイヤ戦略は完全にエンジニア頼み」

2024年4月19日
角田裕毅 F1中国GP木曜会見「タイヤ戦略は完全にエンジニア頼み」
角田裕毅は、2024年F1中国GPで初めて上海インターナショナル・サーキットを走るのを楽しみにしている。木曜日のメディアインタビューでカレンダー初のスプリント週末におけるRBチームの見通しについて前向きに語った。

中国での経験と成功を収めているダニエル・リカルドとは異なり、角田裕毅は、グリッド上の他の多くのドライバーとともに初めて上海インターナショナル・サーキットをドライブする。

角田裕毅 F1中国GP展望「ポイント獲得とQ3進出を狙っていく」

2024年4月18日
角田裕毅 F1中国GP展望「ポイント獲得とQ3進出を狙っていく」
角田裕毅が、2024年F1第5戦中国GPへの展望を語った。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、上海インターナショナル・サーキットでF1中国GPが開催されるのは2019年以来5年ぶりとなる。2021年にF1デビューを果たした角田裕毅にとっては初めての中国GPとなる。

角田裕毅は「F1界を何度も何度も驚かせてきた」とRBチーム代表が高評価

2024年4月16日
角田裕毅は「F1界を何度も何度も驚かせてきた」とRBチーム代表が高評価
角田裕毅は、ミッドフィールドで熾烈な競争が繰り広げられるなか、オーストラリアと日本でポイントを獲得して輝きを放った。ビザ・キャッシュアップRBのチーム代表であるローラン・メキーズは高い評価を与えている。

角田裕毅は今シーズン、これまでのところRBのチーム経営陣の期待に応えている。角田はホームの観衆の前で3戦連続で予選トップ10入りを果たし、ホームレースでは10位でフィニッシュした。メルボルンではポイントで7位という好成績を収めた。

角田裕毅 「F1で人々が間違っていることを証明するのが大好き」

2024年4月15日
角田裕毅 「F1で人々が間違っていることを証明するのが大好き」
角田裕毅は、RB F1チームでのダニエル・リカルドとのチームメイト対決で序盤からリードを奪った後、人々が間違っていることを証明するのがいかに楽しいかについて語った。

リカルドがレッドブルの姉妹チームに加わったことで、2025年はマックス・フェルスタッペンとともに“シニア”チームに復帰する可能性を賭けたシーズンを通してのオーディションになると予想されていたが、角田裕毅は開幕4レースで経験豊富なチームメイトを圧倒している。

角田裕毅 F1で成功を収める日本人ドライバーが少ない理由を考察

2024年4月14日
角田裕毅 F1で成功を収める日本人ドライバーが少ない理由を考察
角田裕毅が、F1で成功する日本人ドライバーが少ない理由について語った。

角田裕毅は、ホンダとレッドブルで海外のジュニアカテゴリーへの参戦を経て、2021年にアルファタウリからF1デビュー。今年F1参戦4年目を迎える。それ以前にF1に参戦してポイントを獲得したドライバーは小林可夢偉(2009年~2014年)、中嶋一貴(2007年から2009年)、佐藤琢磨(2002年~2008年)と3人だけとなる。

角田裕毅 F1レース前に新任フィジオセラピストと「卓球」で精神集中

2024年4月13日
角田裕毅 F1レース前に新任フィジオセラピストと「卓球」で精神集中
角田裕毅は絶好調 ?そう言うのは少し早いかもしれないが、少なくともこの日本人ドライバーはオーストラリアで7位入賞を果たし、先週の日本GPでは10位入賞を果たしている。ビザ・キャッシュアップRB は23歳のドライバーの成長に感銘を受けている。

角田裕毅は鈴鹿サーキットでマックス・フェルスタッペンに周回遅れにされたかもしれないが、それでもポイントを獲得した。それでも、単純に彼の前にいたドライバーたちのマシンが速かったことを考えれば、1ポイントは最大限の成果だ。

角田裕毅 アウディF1のドライバー候補に浮上とAMuSが報道

2024年4月13日
角田裕毅 アウディF1のドライバー候補に浮上とAMuSが報道
角田裕毅が、アウディのF1ドライバー候補に浮上したとAuto Motor und Sport(AMuS)が報じている。

現在、ニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツが2026年からワークス参戦するアウディシートの有力な候補者となっている。両ドライバーは一貫してドイツのメーカーとの関係があり、特にヒュルケンベルグは昨年ザウバーからアプローチを受けていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム