マックス・フェルスタッペン F1バーレーンGP決勝「すべてが完璧だった」

2024年3月3日
マックス・フェルスタッペン F1バーレーンGP決勝「すべてが完璧だった」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第1戦バーレーンGPで圧勝した後、新シーズン初勝利は「これ以上に素晴らしいものはなかった」と主張した。

ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンは、バーレーン・インターナショナル・サーキットでスタートからチェッカーまで全ラップをリードし、ファステストラップを記録してグランドスラムを達成し、チームメイトのセルジオ・ペレスに22.4秒の大差をつけて優勝した。

フェルスタッペン F1バーレーンGP予選「ポールはちょっと予想外」

2024年3月2日
マックス・フェルスタッペン F1バーレーンGP予選「ポールはちょっと予想外」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第1戦バーレーンGPの予選でポールポジションを獲得。低調なスタートから一転、土曜日の開幕戦のスタートにむけて「すごく楽しい」セッションだったと語った。

Q3の最初の走行で先頭に立ったフェルスタッペンは、2回目のアタックで1分29秒179を記録し、ライバルであるフェラーリのシャルル・ルクレールにコンマ2秒、メルセデスのジョージ・ラッセルにさらにコンマ1秒差をつけてフィニッシュした。

マックス・フェルスタッペン F1バーレーンGP初日「たぶんエンジンの差」

2024年3月1日
マックス・フェルスタッペン F1バーレーンGP初日「たぶんエンジンの差」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1バーレーンGP初日のフリー走行を6番手タイムで終了。だが、現時点で、両メルセデスのドライバーが自分よりもかなり前にいるのを気にしていない。

レッドブルのフェルスタッペンはプラクティス2セッションで6番手となり、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の最速タイムから0.5秒遅かった。

マックス・フェルスタッペン F1バーレーンGP展望「すべてが期待できそう」

2024年2月29日
マックス・フェルスタッペン F1バーレーンGP展望「すべてが期待できそう」
マックス・フェルスタッペンが、2024年F1第1戦バーレーンGPへの意気込みを語った。

2024年のF1世界選手権の初戦が目前に迫っている。マックス・フェルスタッペンはバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた記者会見で「バーレーンではいいテストができた。バーレーンではいいテストができた。クルマのフィーリングは快適だった。すべてが期待できそうだ」と語った。

フェルスタッペン レッドブル・RBの連携騒動は「F1ライバルの常套手段」

2024年2月28日
フェルスタッペン レッドブル・RBの連携騒動は「F1ライバルの常套手段」
マックス・フェルスタッペンは、ライバルF1チームがレッドブル・レーシングとRBチームの協力レベルを問題を提起するのは「典型的なこと」だと語った。

この問題はバーレーンテストで表面化し、マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンが両チームの緊密な連携や両チーム間の人事異動についての疑問を主導した。

マックス・フェルスタッペン F1のドレインカバー問題の解決は「必須」

2024年2月25日
マックス・フェルスタッペン F1のドレインカバー問題の解決は「必須」
マックス・フェルスタッペンは、2024年のF1世界選手権に向けて排水溝のカバーやそれに類する金属類の緩みに対処することは、今後のF1開催地にとって「必須」だと語った。

長年にわたってさまざまなトラックで同じような事例が発生してきたが、現在のハイダウンフォースなグラウンドエフェクトカーは、その力の大きさゆえにカバーの上を走ると問題を引き起こす可能性が高いようだ。

フェルスタッペン F1マシンは「速ければどんなデザインでも構わない」

2024年2月24日
フェルスタッペン F1マシンは「速ければどんなデザインでも構わない」
マックス・フェルスタッペンはバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われたプレシーズンテストをポジティブな形で終えた。最終日のタイムシートではトップに立てなかったものの、レッドブルの成果には満足しているようだ。

金曜日の走行開始1時間目にセルジオ・ペレスが排水溝のカバーに接触したため、コース上での修理のために赤旗が提示された。再開後、セッションは昼食休憩を挟むことなく最後まで行われ、フェルスタッペンがRB20のステアリングを握って後半戦を終えた。

フェルスタッペン レッドブル・RB20でF1初日最速「クルマの反応には満足」

2024年2月22日
フェルスタッペン レッドブル・RB20でF1初日最速「クルマの反応には満足」
マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングにとって、2024年F1シーズンに向けた3日間のプレシーズンテスト初日は順調だった。

現役ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは終日レッドブル・RB20をドライブし、142周を走破。ハース以外のすべてのチームよりも多い周回数だ。

マックス・フェルスタッペン F1スプリント週末の変更は「より論理的」

2024年2月20日
マックス・フェルスタッペン F1スプリント週末の変更は「より論理的」
マックス・フェルスタッペンは、F1スプリントに反対する姿勢を崩さないが、スプリント週末の変更案は「より論理的」だと語った。

2023年、F1はスプリントをカレンダー全体で3戦から6戦に拡大し、さらにフォーマットを変更した。金曜日は日曜グランプリの予選に先駆けてプラクティスセッションが1回行われ、土曜日は土曜午後のスプリントのグリッドを決めるスプリントシュートアウト予選が導入された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム