マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1からPUトラブルの説明を受けた」

2020年9月25日
マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1からPUトラブルの説明を受けた」 / レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、イタリア2連戦で見舞われたPUトラブルについてホンダF1から多くの説明を受けたと語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPでPUトラブル、続くF1トスカーナGPではスタート時のPUのパワーロスが原因で中団での接触に巻き込まれてリタイア。2戦連続でホンダF1に関連した問題でリタイアを喫した。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはベネトン時代のシューマッハ」

2020年9月24日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはベネトン時代のシューマッハ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのドライビングスキルをベネトン時代のミハエル・シューマッハと重ね合わせている。

レッドブル・ホンダのF1マシンの癖の強さは、ピエール・ガスリーやアレクサンダー・アルボンが証明しているが、マックス・フェルスタッペンだけは、そのビーストを飼いならすことができることを何度も示してきた。

マックス・フェルスタッペン 「チームとして問題について話し合った」

2020年9月23日
マックス・フェルスタッペン 「チームとして問題について話し合った」 / レッドブル・ホンダ F1ロシアGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2020年のF1世界選手権 第10戦 F1ロシアGPにむけての意気込みを語った。

ムジェロで2戦連続となるホンダのF1エンジンのトラブルに見舞われたマックス・フェルスタッペンは、レース後に不満を述べていたが、チームとして表彰台や勝利をかけて全力で戦うことをやめることはないと語る。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは苛立ちを吐き出す必要がある」

2020年9月22日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは苛立ちを吐き出す必要がある」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2戦連続でリタイアを喫したマックス・フェルスタッペンの不満を理解していると語り、今後のために“苛立ちを吐き出す必要がある”と語る。

F1トスカーナGPでは、マックス・フェルスタッペンのF1エンジンにスタートでトラブルが発生。スピードを失って後退したフェルスタッペンはミッドフィールドのマシンとの接触事故に巻き込まれてリタイアした。

フェルスタッペン 「チームがアルボンを続投させるかは僕には関係ない」

2020年9月20日
フェルスタッペン 「チームがアルボンを続投させるかは僕には関係ない」 / レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダF1がアレクサンダー・アルボンを続投させようが放出しようが構わないと語る。

昨年中盤に成績不振のピエール・ガスリーと交代でレッドブル・ホンダF1に昇格したアレクサンダー・アルボンだが、ガスリー同様に決定的な仕事は果たせておらず、プレッシャーは増している。

レッドブルF1首脳、フェルスタッペンの離脱とホンダのF1撤退を危惧

2020年9月18日
レッドブルF1首脳、フェルスタッペンの離脱とホンダのF1撤退を危惧
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのチーム離脱、そして、ホンダのF1撤退を危惧していることを認める。

マックス・フェルスタッペンは2023年までレッドブルF1と契約を結んでいるが、契約には解除条項が盛り込まれているのは間違いないようだ。

「レッドブルF1はマックス・フェルスタッペンに頼りすぎ」とハッキネン

2020年9月17日
「レッドブルF1はマックス・フェルスタッペンに頼りすぎ」とハッキネン
元ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、レッドブル・ホンダF1はマックス・フェルスタッペンに頼りすぎていると考えており、今後もアルボンへのサポートがメルセデスとの戦いにおいて重要になってくると語る。

F1トスカーナGPで、マックス・フェルスタッペンがオープニングラップでリタイアした後、アレクサンダー・アルボンが大荒れのレースで3位フィニッシュを果たし、待望のF1初表彰台を獲得した。

レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンに戦えるエンジンを与える必要がある」

2020年9月17日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンに戦えるエンジンを与える必要がある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年以降もマックス・フェルスタッペンをチームに留まらせるためには“競争力のあるエンジン”を提供する必要があると語った。

今年、レッドブルF1はマックス・フェルスタッペンとの契約を2023年まで契約を結んでおり、ヘルムート・マルコのこの発言は意外だ。報じられているように、フェルスタッペンとの契約には解除条項が盛り込まれているのは間違いないようだ。

「ホンダF1のせいでフェルスタッペンはタイトルを獲れない」と厳しい意見

2020年9月16日
「ホンダF1のせいでフェルスタッペンはタイトルを獲れない」と厳しい意見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権の9戦中3戦でホンダのF1エンジンに起因するトラブルでリタイア。今年、マックス・フェルスタッペンがタイトルを獲得できなければ、それはホンダF1のせいだと厳しい目が向けられている。

今年、マックス・フェルスタッペンは、史上最年少F1ワールドチャンピオンを獲得する最後のチャンスであり、特にレッドブルはそれを実現することを期待していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム