フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとラッセルがテレビをつけさせた」

2022年1月17日
F1:フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとラッセルがテレビをつけさせた」
フェルナンド・アロンソは、F1を離れている間にマックス・フェルスタッペンとジョージ・ラッセルがF1を観るためにテレビをつけさせたと語る。

2018年シーズンの終わりにフェルナンド・アロンソはマクラーレンとの2度目のスティントに終止符を打ち、その時点でF1からも離れた。トヨタからWECに参戦したアロンソは、ル・マン24時間レースを2回制し、2018-19のWECチャンピオンに輝いた。

レッドブルF1、ヨス・フェルスタッペンに「一歩退く」よう要求した過去

2022年1月15日
レッドブルF1、ヨス・フェルスタッペンに「一歩退く」よう要求した過去
現在アルファタウリF1のチームマネージャーを務めるグラハム・ワトソンは、マックス・フェルスタッペンがレッドブル・レーシングに昇格する2016年にヨス・フェルスタッペンに「一歩退いてください」と要求したことを明かす。

ヨス・フェルスタッペンは、2015年に息子のマックス・フェルスタッペンが当時トロロッソとして知られていたチームでF1デビューして以来、息子を近くで見守っている。

F1王者マックス・フェルスタッペン、Viaplayと複数年のパートナー契約

2022年1月11日
F1王者マックス・フェルスタッペン、Viaplayと複数年のパートナー契約
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、配信サービス『Viaplay(ビアプレイ)』と複数年のパートナーシップに合意。Viaplayは視聴者向けの独占コンテンツを配信していく。

ファンは、マックス・フェルスタッペンがF1の最も過酷なサーキットを征服する秘訣を明らかにするユニークなドキュメンタリー番組をストリーミングできるようになる。また、スポーツの容赦ないプレッシャーから離れたプライベートを垣間見ることができる。

夢を実現したマックス・フェルスタッペン 「これからのタイトルはボーナス」

2022年1月9日
F1:夢を実現したマックス・フェルスタッペン 「これからのタイトルはボーナス」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、F1ワールドチャンピオンを獲得するという夢を実現したことで、これからのタイトルはボーナスになると語る。

2021年のF1世界選手権の大部分をリードしていたマックス・フェルスタッペンだが、不運なインシデントがいくつかあり、ルイス・ハミルトンと同ポイントで最終戦F1アブダビGPを迎えた。

セルジオ・ペレス 「2022年はフェルスタッペのタイトルに挑戦したい」

2022年1月9日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「2022年はフェルスタッペのタイトルに挑戦したい」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年にマックス・フェルスタッペンの“ウィングマイン”になることは望んでおらず、代わりにチームメイトのタイトルに挑戦すると語る。

2021年にアレクサンダー・アルボンの代わりにレッドブルF1に加入したセルジオ・ペレスは、初年度はレッドブルF1のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンのバックアップドライバーだった。

レッドブルF1代表 「同じマシンならフェルスタッペンがハミルトンに勝つ」

2022年1月8日
レッドブルF1代表 「同じマシンならフェルスタッペンがハミルトンに勝つ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが同じマシンでレースをしたならば、どちらが勝つかは“間違いない”ことだと語る。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが2021年シーズン後半にマシンから引き出したパフォーマンスレベルを称賛。その時点で強力なパッケージを持っているのはメルセデスF1のように見えていた。

F1王者マックス・フェルスタッペン 「適切なタイミングで運に恵まれた」

2022年1月8日
F1王者マックス・フェルスタッペン 「適切なタイミングで運に恵まれた」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、激動の2021年シーズンでF1ワールドチャンピオンを獲得できたのは、適切なタイミングで運に恵まれたからだと認める。

マックス・フェルスタッペンは、2021年シーズンの大部分でドライバーズ選手権をリードしていたが、夏の間に3つのインシデントに見舞われることがなければ、さらに多くのポイントを獲得できたはずだった。

アルボン 「フェルスタッペンのF1王座獲得に0.1%でも貢献できて満足」

2022年1月7日
アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンのF1王座獲得に0.1%でも貢献できて満足」
アレクサンダー・アルボンは、2021年にレッドブルF1のリザーブドライバーとしてマックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得で果たした役割について説明した。

F1パワーユニット時代で初めて、レッドブル・ホンダは、シーズンを通してメルセデスF1と十分に戦えるF1マシンを手にした。過去数年は、序盤はスロースタートで、シーズン終盤にギャップを縮めるものの、時すでに遅しという状況が続いていた。

マックス・フェルスタッペン 「ハミルトン以外ともタイトルを争いたい」

2022年1月6日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「ハミルトン以外ともタイトルを争いたい」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、同世代のF1ドライバーがルイス・ハミルトンとのバトルに参加することを望んでいる。

マックス・フェルスタッペンは、FIAの決定による物議はあったものの、2021年のF1ワールドチャンピオンを獲得。2016年のニコ・ロズベルグ以来、ルイス・ハミルトンからタイトルを奪った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム