レッドブルF1 スペインGP前にフェルスタッペンとプライベートテストの迷走

2024年6月22日
レッドブルF1 スペインGP前にフェルスタッペンとプライベートテストの迷走
レッドブル・レーシングは、F1スペインGP前にマックス・フェルスタッペンと行ったプライベートテストについて、旧型車と最新モデルを比較するために行われたと説明した。

レッドブル・レーシングは、フェルスタッペンが6レース中4勝を挙げるなど、前シーズンからの優位性はそのまま維持された状態で最新シーズンを開始した。

フェルスタッペン F1スペインGP初日「何の問題もないノーマルな一日」

2024年6月22日
マックス・フェルスタッペン F1スペインGP初日「何の問題もないノーマルな一日」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第10戦スペインGP初日のフリー走行を5番手で終えた。

マックス・フェルスタッペンは、終盤にクラッチに問題が発生したものの、FP1を2番手で終え、FP2を5番手で終えた。2回目のセッション中、フェルスタッペンは、コーナーの途中でアンダーステアを経験し、自分のマシンが「ルーズ」に感じていると述べた。

フェルスタッペン F1スペインGP展望「レッドブルの優位性は復活しない」

2024年6月21日
マックス・フェルスタッペン F1スペインGP展望「レッドブルの優位性は復活しない」
F1スペイングランプリでレッドブル・レーシング再び覇権を握るのではないかとも懸念が高まる中、マックス・フェルスタッペンはライバルたちが2024年初めの状況に戻るのを防ぐために十分な対策を講じたと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、カタルーニャ・サーキットがレッドブルのF1マシンにとって強いサーキットだとの見方にかかわらず、スペイングランプリでレッドブルが2024年初頭のF1の優位性を取り戻すとは思っていないと語る。

フェルスタッペン F1スペインGP以降にスペシャルヘルメットでファンに敬意

2024年6月21日
マックス・フェルスタッペン F1スペインGP以降にスペシャルヘルメットでファンに敬意
マックス・フェルスタッペンは、F1スペイングランプリ以降に使用する特別なオレンジトリビュートヘルメットを公開した。

鮮やかなオレンジ色のこのヘルメットは、オラクル・レッドブルレーシングのドライバーであるフェルスタッペン曰く、ファンへの敬意を表したものである。「このヘルメットは、僕にとって非常に重要な意味を持っている。もちろん、その色からして、とても格好良い」

セルジオ・ペレス レッドブルF1でのフェルスタッペンの存在は「意欲を刺激」

2024年6月20日
セルジオ・ペレス レッドブルF1でのフェルスタッペンの存在は「意欲を刺激」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングで3度の世界チャンピオンであるマックス・フェルスタッペンとレースをすることは、チーム変更を促すのではなく、常に「学び、成長する」意欲を刺激してきたと語る。

最近のカナダグランプリを前に、レッドブルはセルジオ・ペレスとチームとの契約を2年間延長。ペレスは2026年末までレッドブル・レーシングに留まることになった。

フェルスタッペン 「30kgの軽量化では機敏なF1マシンは生まれない」

2024年6月19日
マックス・フェルスタッペン 「30kgの軽量化では機敏なF1マシンは生まれない」
マックス・フェルスタッペンは、F1カーで真の「俊敏性」を実現するためには、2026年F1レギュレーションのマシン重量を100~150kg削減することを目標にすべきだったと考えている。

今月初め、FIAは2026年のF1テクニカルレギュレーションを発表し、車体のサイズを若干縮小し、重量を30kg削減することを盛り込んだ。

マックス・フェルスタッペン F1王者にル・マン参戦チームから「オファー」

2024年6月15日
マックス・フェルスタッペン F1王者にル・マン参戦チームから「オファー」
マックス・フェルスタッペンは、ル・マン24時間レースにハイパーカーで出場することについて世界耐久選手権のチームからオファーがあったことを明らかにした。

3度のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、過去に何度もこの名誉ある耐久レースへの出場を望んでいると発言しており、チーム・レッドラインの一員としてバーチャル版にも参加したこともある。

アントネッリに朗報 F1の最低年齢制限“フェルスタッペン・ルール”が緩和

2024年6月15日
アントネッリに朗報 F1の最低年齢制限“フェルスタッペン・ルール”が緩和
FIA(国際自動車連盟)は、F1の最低年齢制限に関するレギュレーションを緩和。メルセデスの育成ドライバーであるアンドレア・キミ・アントネッリは、18歳になる前にF1デビューを果たす資格を得ることになった。

フォーミュラ2で初シーズンを戦うアントネッリは、来シーズン、フェラーリに移籍するルイス・ハミルトンの後任としてメルセデスに加入する最有力候補とみられている。

マックス・フェルスタッペン レッドブルF1の開発が後押し「データは有望」

2024年6月14日
マックス・フェルスタッペン レッドブルF1の開発が後押し「データは有望」
マックス・フェルスタッペンの4年連続F1タイトル獲得への挑戦は、レッドブルの追撃勢が勢いを増す中、大きな追い風を受けている。

ジル・ビルヌーブ・サーキットはレッドブルにとって不利になるとは予想されていなかったが、フェルスタッペンは日曜日のカナダで重要な勝利を収め、ドライバーズランキングでフェラーリのシャルル・ルクレールに54ポイントの差をつけることができた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム