マックス・フェルスタッペン 「RB18にブレーキダストの問題はない」

2022年8月17日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「RB18にブレーキダストの問題はない」
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、RB18の設計のおかげで、一部のライバルとは異なり、ブレーキダストが顔に吹き付けられるという問題を抱えていないと語る。

F1オーストリアGPでは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが、レース後にAMR22を降りた後、黒く汚れた顔のままカメラの向かってこの問題を提起した。

マックス・フェルスタッペン 「後半戦のメルセデスF1の躍進に期待」

2022年8月16日
マックス・フェルスタッペン 「後半戦のメルセデスF1の躍進に期待」
レッドブル・レーシングのF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、夏休み後もメルセデスF1チームが改善されたパフォーマンスを維持できれば「とてもハッピーだ」と語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPで2022年の8勝目を挙げ、ドライバーズチャンピオンシップでシャルル・ルクレールに80ポイント差をつけた。ルクレールはフェラーリの戦略ミスによって6位でレースを終えた。

セルジオ・ペレスが語る「フェルスタッペンとのドライングスタイルの違い」

2022年8月15日
レッドブルF1のセルジオ・ペレスが語る「フェルスタッペンとのドライングスタイルの違い」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングのF1マシンには慣れたが、自分とチームメイトのマックス・フェルスタッペンとの間にはドライビングスタイル面でまだ多くの違いがあると認める。

レッドブル・レーシングの初年度はこれまでと特性の異なるレッドブルのF1マシンに苦戦していたセルジオ・ペレスだが、新世代F1マシンに生まれ変わった今年は、純粋なペースでマックス・フェルスタッペンに近づき、1勝と5回の2位フィニッシュを達成してランキング3位を維持している。

マックス・フェルスタッペン 「F1マシンの重量問題に迅速な解決策はない」

2022年8月15日
マックス・フェルスタッペン 「F1マシンの重量問題に迅速な解決策はない」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、現在のF1マシンの重量問題を迅速に解決する方法はないと語る。

近年、F1マシンの重量はどんどん増加しており、新しい技術規則の下で製造された新世代の2022年F1マシンは最低重量は798kgとなっている。これは、グランプリのスタート前に燃料分の重量が追加される前の重さだ。

ミック・シューマッハ 「フェルスタッペンとのバトルは学びになる」

2022年8月12日
F1:ミック・シューマッハ 「フェルスタッペンとのバトルは学びになる」
ミック・シューマッハは、マックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンといったチャンピオンとの戦うことで、彼らのアプローチから学べたと語る。

2021 年の大部分をフィールドの後方で過ごしたハースF1チームだが、2022年に進歩を遂げ、ミック・シューマッハとチームメイトのケビン・マグヌッセンは時折フロント ランナーと戦えるようになった。

マックス・フェルスタッペン 「2023年のフロントタイヤの強化は歓迎」

2022年8月12日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「2023年のフロントタイヤの強化は歓迎」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、ピレリが2023のF1年タイヤを改善しなければならないと感じているが、2022年F1マシンのハンドリングの問題は重量によるものだと語る。

2022年のF1世界選手権は、F1新時代の幕開けとなり、グランドエフェクトカーがグランプリに復活した。

マックス・フェルスタッペン 「F1よりも日常生活の方が事故発生率は高い」

2022年8月11日
マックス・フェルスタッペン 「F1よりも日常生活の方が事故発生率は高い」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、F1よりも日常生活の方が事故発生率は高いと考えており、人々は物事をもっと大局的に見る必要があると語る。

近年、F1マシンは非常に安全になっている。F1ドライバーは、以前として非常に速いスピードで高速で通過する。そして、今シーズンは、F1がいかに危険なものであるかを改めて認識させた。

レッドブルF1代表 「マックス・フェルスタッペンが変わったのは年齢だけ」

2022年8月8日
レッドブルF1代表 「マックス・フェルスタッペンが変わったのは年齢だけ」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンがF1に参戦してから変わったのは年齢だけだと語る。

マックス・フェルスタッペンは、2015 年にトロ ロッソで史上最年少でF1デビューを果たし、2016年シーズンの4レース後にレッドブル・レーシングに昇格するのに十分な印象を与えた。

マックス・フェルスタッペン 「FIAはF1ドライバーをアマチュア扱いしている」

2022年8月3日
マックス・フェルスタッペン 「FIAはF1ドライバーをアマチュア扱いしている」
現F1ワールオチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、FIA(国際自動車連盟)のドライバーとトラックリミットの扱いついて批判した。

今年、FIAは、トラックリミットを非常に厳格に取り締まり、ドライバーが白線を超えた場合はラップタイムを削除している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム