IWC、メルセデスF1チームの公式ウォッチを発表

2022年5月11日
IWC、メルセデスF1チームの公式ウォッチを発表
IWCシャフハウゼンは。メルセデスF1チーム初の公式チームウォッチを発表した。軽量で耐久性に優れたグレード5のチタンでできたパイロット・ウォッチ・クロノグラフ41 『MERCEDES-AMG PETRONAS FORMULA ONE TEAM』は、ブラックの文字盤に、チームの特徴であるペトロナスのグリーンのカラーを用いたプリントと夜光が配されている。

フェラーリF1、フィリップモリスとのパートナーシップを形を変えて継続

2022年5月3日
フェラーリF1、フィリップモリスとのパートナーシップを形を変えて継続
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フィリップモリス・インターナショナルとのパートナーシップを継続したことを発表し、その重要について語った。

2022年に先立ち、スクーデリア・フェラーリのF1マシン、チーム名、スポンサーリストから『ミッション・ウィノウ(Mission Winnow)』のブランディングがなくなったことで、フィリップモリスとのパートナーシップの終了が囁かれていた。

F1、セールスフォースとの5年間のパートナーシップを発表

2022年4月19日
F1、セールスフォースとの5年間のパートナーシップを発表
F1は、CRM/顧客管理システムのリーダーであるセールスフォース(Salesforce)とグローバルパートナーとして5年契約を結んだことを発表。ファンのエンゲージメントを強化する。スポンサー契約は1億3000万ドル(約164億円)に上ると報じられている。

F1はセールスフォース(現在、ネットゼロ排出量を達成し、グローバルな事業で100%再生可能エネルギーを達成)と協力して、2030年までにネットゼロ排出量に到達するという使命を加速する。

ハースF1チーム、ウラルカリからのスポンサー料の返済請求を拒否

2022年4月15日
ハースF1チーム、ウラルカリからのスポンサー料の返済請求を拒否…逆に損害賠償を要求
ハースF1チームは、元タイトルスポンサーであるウラルカリから2022年F1シーズンにすでに支払われた1300万ドル(約16億3700万円)の払い戻し請求を拒否し、逆に契約解除の一環として、“利益の損失”に対してウラルカリに860万ドル(約10億円)の損害賠償を要求していると報じられている。

今年3月、ロシアのウクライナ侵攻を受け、ハースF1チームは、ウラルカリのタイトルスポンサー契約とニキータ・マゼピンとのドライバー契約を解除した。

F1、アルファタウリと複数年の公式アパレルサプライヤー契約

2022年3月19日
F1、アルファタウリと複数年の公式アパレルサプライヤー契約
F1は、レッドブルのファッションブランドであるアルファタウリと複数年の“公式プレミアムファッションアパレルサプライヤー契約”を結んだことを発表した。

今回の契約により、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリやシニアスタッフ、F1プレゼンターなどは、F1イベントでアルファタウリの製品を着用することになる。

マクラーレンF1、Googleとの複数年のパートナー契約を発表

2022年3月17日
マクラーレンF1、Googleとの複数年のパートナー契約を発表…ホイールカバーがGoogle Chromeカラー
マクラーレンF1は、Googleとの複数年のパートナーシップを発表。2022年F1マシン『MCL36』のホイールカバーにはGoogle Chromeのカラーリングが施される。

「このパートナーシップにより、マクラーレンに最高のGoogle製品がもたらされ、デバイス間でよりシームレスなテクノロジーエクスペリエンスが提供される」とマクラーレンは声明で述べた。

角田裕毅&スクーデリア・アルファタウリ、DAZNとの契約を延長

2022年3月14日
角田裕毅&スクーデリア・アルファタウリ、DAZNとの契約を延長 / 2022年のF1世界選手権
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、DAZNとのパートナーシップが2022年のF1世界選手権でも継続されることを発表した。

昨年、スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、スクーデリア・アルファタウリとオフィシャルパートナーシップを締結、ならびに所属ドライバーである角田裕毅がDAZNアンバサダー就任した。

フェラーリF1、ロシア企業カスペルスキーとのパートナー契約を一時停止

2022年3月12日
フェラーリF1、ロシア企業カスペルスキーとのパートナー契約を一時停止
スクーデリア・フェラーリは、ロシア企業のカスペルスキーとのパートナーシップを一時停止。ドライバーのヘルメットの表示も隠された。

ロシアとウクライナの間で進行中の紛争は、ロシア人ドライバーとスポンサーに対していくつかの決定をもたらした。2022年のF1ロシアGPの契約は解消され、ハースF1チームはウラルカリとニキータ・マゼピンとの契約を打ち切った。

ウラルカリ、ハースF1チームにスポンサー料の払い戻しを要求

2022年3月9日
ウラルカリ、ハースF1チームにスポンサー料の払い戻しを要求
ウラルカリは、スポンサー契約を解除されたハースF1チームに「即時の払い戻し」を要求した。

3月5日(土)、ハースF1チームは、ニキータ・マゼピンとのドライバー契約、および、ウラルカリとのタイトルスポンサー契約を解除したことを発表した。

この決定は、ロシアがウクライナに侵攻した後に行われた。ロシアの肥料会社であるウラルカリはウラジーミル・プーチン大統領と関係があった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム