トロロッソ・ホンダ、日本企業Buzz Asset Managementとスポンサー契約

2019年3月23日
F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダは、日本の投資会社Buzz Asset Managementとスポンサー契約を結んだことを発表した。

Buzz Asset Managementは、すでにモーターレーシングに深く関与しており、今年F2に参戦するホンダの育成ドライバーの松下信治とカーリンをサポート。また、同じホンダの育成ドライバーである名取鉄平がFIA F3選手権で所属するCarlin-Buzz Racingのタイトルスポンサーも務める。

アシックス、ホンダF1とのパートナー契約を発表

2019年3月18日
F1 アシックス ホンダF1
アシックスジャパンは、F1のパワーユニットサプライヤーであるホンダと、F1カテゴリーにおいて2019年シーズンから2年間のパートナー契約を締結したことを発表。本契約により、アシックスはテクニカルスタッフがサーキットおよび世界を転戦する移動の際に着用するウエアやシューズを提供する。

F1というシビアな舞台で戦うホンダF1のスタッフ、エンジニアが行う作業には、確実で無駄のない動きが求められる。

マクラーレン、コカ・コーラとのスポンサー契約を発表

2019年3月16日
F1 マクラーレン コカ・コーラ
マクラーレンは、コカ・コーラと2019年のF1世界選手権におけるスポンサー契約を結んだことを発表した。

マクラーレンとコカ・コーラは、昨年のアメリカ、メキシコ、ブラジル、アブダビでのグランプリで初めてスポンサー契約を結び、その結果は成功したとしていた。

マクラーレン、開幕戦でBATの“A Better Tomorrow”のロゴを削除

2019年3月15日
F1 マクラーレン
マクラーレンは、F1オーストラリアGPでF1マシンやチームウエアからスポンサーのブリティッシュ・アメリカン・タバコのイニシアチブ“A Better Tomorrow”のロゴを削除することを決定した。

今年、マクラーレンはブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)との提携を発表。このパートナーシップは直接的なタバコの販売を促進するものではなく、“BATの潜在的にリスクを低減する製品、テクノロジーとイノベーションに重点をおいた”ものだと説明していた。

フェラーリ、“Mission Winnow”のチーム名からの削除は開幕戦のみ

2019年3月13日
F1 フェラーリ フィリップモリス
フィリップモリスは、2019年のF1開幕戦オーストラリアGPでチーム名とマシンからロゴが削除されたにもかかわらず、“Mission Winnow”はフェラーリのタイトルスポンサーのままでいることを強調した。

フェラーリとフィリップモリスが推進するMission Winnowのスローガンとロゴは、昨年のF1日本GPからフェラーリのマシンに掲載されており、今年のプレシーズンテストでもフェラーリ SF90に大きくデザインされていた。

F1 | マクラーレン、ペトロブラスとの燃料開発に遅れ

2019年2月17日
F1 マクラーレン ペトロブラス
マクラーレンは、新しいパートナーであるペトロブラスの燃料の使用を遅らせる可能性がある。

ブラジルの国営石油会社であるペトロブラスは、昨年2月にマクラーレンのスポンサーに就任。2019年のF1世界選手権から同社の燃料とオイルを供給するとしていた。

ペトロブラス、マクラーレンF1のスポンサーから撤退との報道

2019年2月14日
F1 マクラーレン ペトロブラス
ペトロブラスが、マクラーレンとの技術パートナーシップを終了することを決定したと一斉に報じられている。

ブラジルの国営石油会社であるペトロブラスは、昨年2月にマクラーレンのスポンサーに就任。2019年のF1世界選手権から同社の燃料とオイルを供給するとしていた。

ウィリアムズ、ROKiT(ロキット)とのタイトルスポンサー契約を発表

2019年2月12日
F1 ウィリアムズ
ウィリアムズF1チームは、電気通信会社のROKiT(ロキット)と新たに複数年のタイトルスポンサー契約を締結したことを発表。2019年は『ROKiT Williams Racing(ロキット・ウィリアムズ・レーシング』として参戦することを発表した。

ウィリアムズは2月11日(月)にグローブにあるチーム本拠地で2019年の体制発表会を開催。ROKiTとのタイトルスポンサー契約とともに2019年F1マシン『FW42』に採用する新しいカラーリングを発表した。

ウィリアムズ、2019年F1マシン『FW42』を発表 - ROKiTが冠スポンサー

2019年2月12日
F1 ウィリアムズF1 FW42
ウィリアムズは、2019年F1マシン『FW42』のカラーリングを公開。同時にROKiTとタイトルスポンサー契約を締結したことを発表した。

昨年、マシンコンセプトを一新したものの、コンストラクターズ最下位というチーム史上最低の結果でシーズンを終えたウィリアムズ。今年はミッドフィールドでチームに見合った順位を取り戻すことを期待している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム