ハースF1代表、ニコ・ヒュルケンベルグとすでに契約締結済との噂を否定

2022年10月4日
ハースF1代表、ニコ・ヒュルケンベルグとすでに契約締結済との噂を否定
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、経験豊富なドイツ人ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグとの2023年のレース契約にすでにサインしていることを否定した。

シート喪失が噂されるミック・シューマッハは、ハースF1チームとの交渉の状況について「発表すべきことがあればもちろん発表するというのが現状だ」とシンガポールで語った。

ハースF1代表 「ファンはヒュルケンベルグとマグヌッセンを喜ぶはず」

2022年9月24日
ハースF1代表 「ファンはヒュルケンベルグとマグヌッセンを喜ぶはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームの2023年のケビン・マグヌッセンのチームメイト候補リストのトップにいるようだ。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハが2023年に再契約するのは「50-50」だけだと語っている。また、23歳のシューマッハは、フェラーリのドライバー育成アカデミーのサポートも失ったようだ。

ハースF1代表 「ニコ・ヒュルケンベルグは2023年のドライバー候補の一人」

2022年9月14日
ハースF1代表 「ニコ・ヒュルケンベルグは2023年のドライバー候補の一人」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームでミック・シューマッハに代わる有力候補として浮上している。

ミック・シューマッハが保持されないという公式の発表はまだないが、ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーはここ数週間、他の候補者と積極的に話し合っている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、2023年のハースF1チームの“本命”との報道

2022年9月9日
ニコ・ヒュルケンベルグ、2023年のハースF1チームの“本命”との報道
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にミック・シューマッハの後任の“本命”だとAuto Motor und Sportが伝えている。

ミック・シューマッハの結果は夏の間に改善されたが、ハースF1チームが2023年シーズンに向けて保持することを納得させるには十分ではないかもしれない。23歳のシューマッハは今シーズン限りでフェラーリのドライバー・アカデミーを去る予定であり、2021年にF1に昇格して以来、フェラーリを擁するチームでド享受してきたサポートの柱を失うことになる。

ニコ・ヒュルケンベルグ、今後のF1復帰は「熱意はあるけど必死ではない」

2022年4月5日
ニコ・ヒュルケンベルグ、今後のF1復帰は「熱意はあるけど必死ではない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、アストンマーティンF1チームでの最新の“スーパーサブ”としての役目を終えた後、F1で再びレースをすることに“熱意はあるが必死ではない”と語った。

アストンマーティンF1チームのレギュラードライバーであるセバスチャン・ベッテルが新型コロナウイルスの検査で陽性反応が検出されたことで、ニコ・ヒュルケンベルグはバーレーンとサウジアラビアの2レースで代役を務めた。

「セバスチャン・ベッテルはF1復帰戦から努力が必要」とヒュルケンベルグ

2022年4月1日
「セバスチャン・ベッテルはF1復帰戦から努力が必要」とヒュルケンベルグ
セバスチャン・ベッテルは、今シーズンのF1での失われた時間を埋め合わせるために“少し努力が必要”になると開幕2戦でアストンマーティンF1チームの代役を務めたニコ・ヒュルケンベルグは語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が検出されたことから、バーレーンとサウジアラビアでの2022年シーズンの最初の2レースを欠場した。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「錆びたおっさんにしては良くやったと思う」

2022年3月30日
F1:ニコ・ヒュルケンベルグ 「錆びたおっさんにしては良くやったと思う」
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1サウジアラビアGPの決勝では悪いタイミングでのセーフティカー導入によって妥協を強いられたが、それでも、アストンマーティンF1のために2戦連続で代役を務めあげた自分を「誇りに思う」と語った。

アストンマーティンF1チームのリザーブドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグは、新型コロナウイルスに感染したセバスチャン・ベッテルの代役として急遽開幕2戦に出場。サウジアラビアGPでは、チームメイトのランス・ストロールよりも1つ上位の12位でフィニッシュした。

『俺のXXをしゃぶれ』から5年…ヒュルケンベルグとマグヌッセンが和解

2022年3月30日
F1:『俺のXXをしゃぶれ』から5年…ヒュルケンベルグとマグヌッセンが和解
ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンは、2017年F1ハンガリーGPでの悪名高い『俺のXXをしゃぶれ(suck my balls)』の対立から5年の時を経て、わだかまりを解いた。

2017年のブダペストのレースで二人はポジションを争っており、ケビン・マグヌッセン(ハース)がニコ・ヒュルケンベルグ(当時ルノー)をコース外に追い出した。その後、マグヌッセンにはペナルティが科された。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「また必要な場合にはいつでも力を貸すよ」

2022年3月29日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「また必要な場合には力を貸すよ」 / アストンマーティンF1 サウジアラビアGP決勝
アストンマーティンF1のニコ・ヒュルケンベルグは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリの決勝を12位でフィニッシュした。

新型コロナウイルスに感染したセバスチャン・ベッテルの代役として開幕2戦で出場したニコ・ヒュルケンベルグ。ハードタイヤでのスタートの利点が序盤のセーフティカーによって打ち消されてしまい厳しい展開となったが、週末を通して大きなミスもなく2レースを走り切った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム