ニコ・ヒュルケンベルグ、F1復帰シーズンの目標は「徹底的に楽しむ」

2023年1月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ、F1復帰シーズンの目標は「徹底的に楽しむ」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年のハースF1チームでのF1復帰シーズンで「徹底的に楽しむ」ことを目指している。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にルノーF1チームからフルタイムでF1に参戦したが、チームが2020年シーズンにエステバン・オコンを迎えることを選択したため、F1シートを失った。

ケビン・マグヌッセン 「ヒュルケンベルグと親友になれるかもしれない」

2023年1月23日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「ヒュルケンベルグと親友になれるかもしれない」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの新しいチームメイトとなるニコ・ヒュルケンベルグとコース外で関係を築かなければならなというプレッシャーを感じていないが、彼らの間に永続的な“関係”があると考えるのは間違っていると語る。

ハースF1チームは、アブダビでのシーズンフィナーレに先立ち、ケビン・マグヌッセンのチームメイトとしてミック・シューマッハに代わってニコ・ヒュルケンベルグが2023年シーズンにチームに加わることを発表した.

ニコ・ヒュルケンベルグ、ハースF1の2023年型『VF-23』でシート合わせ

2023年1月22日
ニコ・ヒュルケンベルグ、ハースF1の2023年型『VF-23』でシート合わせ
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームのファクトリーを訪れ、2023年F1マシン『VF-23』のシート合わせを行った。

35歳のニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームとの契約を2シーズンで終えることになったミック・シューマッハの後任として加入し、ケビン・マグヌッセンと経験豊富なラインナップを形成する。

ハースF1のニコ・ヒュルケンベルグ 「F1を離れたことで視点が変わった」

2022年12月26日
ハースF1のニコ・ヒュルケンベルグ 「F1を離れたことで視点が変わった」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームでのF1復帰にむけて準備を進めているが、フルタイムでのF1レースから離れたことで「視点の変化」を与えたと語った。

2019年末にルノーのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームでミック・シューマッハに代わってフルタイムでのF1復帰を果たす。

ダニエル・リカルド 「ニコは“ヒュルケンバック”に改名するべき」

2022年12月18日
F1:ダニエル・リカルド 「ニコは“ヒュルケンバック”に改名するべき」
ダニエル・リカルドは、ニコ・ヒュルケンベルフのF1復帰はドアが完全に閉まらない証拠だと見ており、『Nico Hulkenback』に改名することを提案した。

マクラーレンとの契約を1年早めて退団することになったダニエル・リカルドは、2023年のF1グリッドでミッドフィールドのシートを追求するのではなく、レッドブルのサードドライバーになるという契約を受け入れ、F1の傍観者としてシーズンの準備を進めている。

マーク・ウェバー 「ヒュルケンベルグのF1復帰は若手の人材不足を強調」

2022年12月4日
マーク・ウェバー 「ヒュルケンベルグのF1復帰は若手の人材不足を強調」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ニコ・ヒュルケンベルグが2023年にハースF1チームでグリッドに復帰することは、F1の下にいる若手のタレントプールの貧弱な状態を強調するだけだと考えている。

2022年の最初の2レースでアストンマーティンのセバスチャン・ベッテルの代役を務めたニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームから復帰し、ルノーでレースをした2019年以来F1でのフルシーズンを戦う。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1にとって簡単な決定ではなかったはず」

2022年11月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1にとって簡単な決定ではなかったはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームにとって3年間レースを離れていた自分を起用することは“簡単な決断ではなかった”と考えている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にルノー(現在のアルピーヌ)でフルタイムでレースを行った後、レーシングポイント(現在のアストンマーティン)でリザーブドライバーを務めた。これには、2022年の最初の2レースを含む5回の代役出場が含まれていた。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はミック・シューマッハに時間を与えた」

2022年11月26日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はミック・シューマッハに時間を与えた」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームでミック・シューマッハの後任を務める。

3年ぶりのF1復帰となるニコ・ヒュルケンベルグが、ドイツ出身の後輩であるミック・シューマッハがF1を離れなければならないことを残念に思っているが、状況について現実的に捉えている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ミック・シューマッハに申し訳なさは感じない」

2022年11月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ミック・シューマッハに申し訳なさは感じない」 / ハースF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグは、来年ハースF1チームでケビン・マグヌッセンのチームメイトになることについて「まったく心配していない」と主張しえいる。

35歳のニコ・ヒュルケンベルグは2023年、同じドイツ人のミック・シューマッハの後任としてF1に復帰する。だが、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーはミック・シューマッハに厳しすぎたと考える人もいる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム