「2022年F1マシンが遅くなるとは限らない」とニコ・ヒュルケンベルグ

2022年1月11日
「2022年F1マシンが遅くなるとは限らない」とニコ・ヒュルケンベルグ
アストンマーティンF1のリザーブドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグは、シミュレーターで運転した2022年F1マシンについて洞察を与え、必ずしも現行マシンよりも遅くなるとは限らないと主張する。

レギュラーF1ドライバーとしてのニコ・ヒュルケンベルグの最後のシーズンは、ルノーをドライブした2019年シーズンだった。その後、2020年シーズンをレーシング・ポイントのリザーブドライバーとして過ごし、2021年にアストンマーティンF1へとブランドを変更したチームでもその役割を維持している。

ニコ・ヒュルケンベルグ、インディカー転向は「個人的な理由」で除外

2021年11月5日
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ、インディカー転向は「個人的な理由」で除外
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、先月インディカーを初テストしたが、「個人的な理由」でインディカーへの転向を除外した。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年末にルノーのF1シートを失って以来、フルタイムのレースシートがない状態となっている。昨年、レーシング・ポイントで2回のF1代役参戦を果たした後、今年もアストンマーティンF1のリザーブドライバーの役割を継続している。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「F1グリッドの下半分のドライバーは弱体化」

2021年10月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「F1グリッドの下半分のドライバーは弱体化」
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、現在のF1グリッドの下半部のドライバーのクオリティは以前ほど優れていないと考えている。

今季、アストンマーティンF1のリザーブドライバーの役割を継続しているニコ・ヒュルケンベルグだが、事実上、F1ドライバーとしてのキャリアには幕を下ろしている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「インディカーはステアリングモンスター」

2021年10月26日
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ 「インディカーはステアリングモンスター」
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、インディカーのマシンで初走行。マシンは“ステアリングモンスター”であり、「ジムに行く必要がある」と語った。

ニコ・ヒュルケンベルグは、10月25日(月)にバーバー・モータースポーツ・パークでアロー・マクラーレンSPのマシンをテスト。108周を走行し、77.454秒のベストタイム記録。ペースセッターのデビッド・マルカスに1秒強遅れるタイムだった。

元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ、インディカー初走行での完了

2021年10月26日
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ、インディカー初走行での完了
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグが、10月25日(月)にバーバー・モータースポーツ・パーツでインディカー初走行を実施。アロー・マクラーレンSPのマシンで100周以上を走破した。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年のF1アイフェルGPで新型コロナウイルスに感染したランス・ストロールの代役としてレーシング・ポイントから出場して8位でフィニッシュして以来、シングルシーターを運転していなかった。

マクラーレン、ニコ・ヒュルケンベルグのインディカーテストを正式発表

2021年10月21日
マクラーレン、ニコ・ヒュルケンベルグのインディカーテストを正式発表
アロー・マクラーレンSPは、ニコ・ヒュルケンベルグと1回限りのテストに合意したことを正式発表。このテストでヒュルケンベルグはインディカーを初体験する。

2019年までルノーのF1ドライバーを務めたニコ・ヒュルケンベルグは、ポールポジションを含めた179回のスタートと2015年のル・マン24時間レース優勝という広範囲なモータースポーツの履歴書を持っている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、マクラーレンとのテストでインディカー参戦を評価

2021年10月20日
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ、マクラーレンとのテストでインディカー参戦を評価
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグが、マクラーレンでインディカーをテストすることが明らかになった。

F1からインディカーに移行する次のドライバーはニコ・ヒュルケンベルグになるかもしれない。 RACER は、F1で180戦近くのスタートを切ったニコ・ヒュルケンベルグが、10月25日(月)にバーバー・モータースポーツ・パークでアロー・マクラーレンSPのインディカーをテストすることを確認した。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年のF1復帰のチャンスは潰えた」

2021年9月10日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年のF1復帰のチャンスは潰えた」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1復帰する最後のチャンスが潰えたと認めており、F1キャリアは終焉を迎えることになるそうだ。

2シーズンF1から離れているニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にフルタイムでのF1復帰を狙っていた。そして、ヒュルケンベルグの最高のチャンスは過去に所属したウィリアムズに復帰することだと見なされていた。

ニコ・ヒュルケンベルグ、エド・カーペンター・レーシングと交渉との報道

2021年8月3日
ニコ・ヒュルケンベルグ、エド・カーペンター・レーシングと交渉との報道
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1グリッドに戻れない場合の選択肢として、エド・カーペンター・レーシングとインディカーのシートについて交渉を行っている。

現在、ニコ・ヒュルケンベルグは、アストンマーティンF1のリザーブドライバーを務めており、2022年のウィリアムズとアルファロメオの潜在的な空席に結び付けられている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム