ニコ・ヒュルケンベルグ、セバスチャン・ベッテルと交代の噂を否定

2021年4月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ、セバスチャン・ベッテルと交代の噂を否定 / アストンマーティンF1
ニコ・ヒュルケンベルグは、今季中にアストンマーティンF1でセバスチャン・ベッテルと交代する可能性があるとの噂を否定した。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1を追放された後、心機一転で加入したアストンマーティンF1でも期待されたパフォーマンスを発揮できておらず、2021年シーズン全体をフィニッシュすることさえできないのではないかと噂されている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1のレースは見たくない(笑)」

2021年4月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1のレースは見たくない(笑)」
ニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブルF1のレースは“泣けてくる”から見たくないと冗談で語る。

2019年にルノーのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグは、新型コロナウイルスのパンデミックが発生した昨年、感染したレーシング・ポイントの2人のドライバーの代役として3戦に出場。スタートできなかった1戦を除いて2戦でポイントを獲得して“スーパーサブ”の異名をとった。

アストンマーティンF1、ニコ・ヒュルケンベルグをリザーブドライバーに起用

2021年4月9日
アストンマーティンF1、ニコ・ヒュルケンベルグをリザーブドライバーに起用
アストンマーティンF1は、ニコ・ヒュルケンベルグを2021年の公式リザーブ兼開発ドライバーとして起用することを正式発表した。

ドイツ出身のニコ・ヒュルケンベルグ(33歳)は、2012年から2016年のフォース・インディア時代にレースをしており、すでにチームとの豊富な経験がある。また、昨年は、レーシング・ポイントで、新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレス(F1イギリスGP/70周年記念GP)、ランス・ストロール(アイフェルGP)の代役を務めている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデス/アストンのリザーブの仕事を開始

2021年4月8日
F1:ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデス/アストンのリザーブの仕事を開始
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年のF1リザーブドライバーとしての仕事を開始し、メルセデスとアストンマーティンと“それぞれ1日”を過ごしたことを確認した。

2019年末にルノーのF1シートを以来、ニコ・ヒュルケンベルグはフルタイムのF1シートを獲得できていないが、昨年は新型コロナウイルスに感染したレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロールの代役として3レースを戦うチャンスを得た。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1のリザーブは選択肢ではなかった」

2021年3月18日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1のリザーブは選択肢ではなかった」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年のF1世界選手権のためにレッドブルのリザーブドライバーになることは“決して選択肢ではなかった”と語った。

実際、ニコ・ヒュルケンベルグは、メルセデスF1のワークスチームのリザーブドライバーとして契約し、カスタマーであるアストンマーティンとマクラーレンにリザーブドライバーも兼任する可能性があると報じられている。

ヒュルケンベルグ、メルセデスとアストンマーティンのリザーブを兼任?

2021年3月8日
ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデスとアストンマーティンのリザーブを兼任? / 2021年のF1世界選手権
ニコ・ヒュルケンベルグは、2つの異なるチームと契約を結んでリザーブドライバーとして2021年にF1パドックに戻ってくる可能性が報じられている。

33歳のニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にエステバン・オコン加入のスペースを開けるまでルノーF1チームでレースをしていた。昨年はレギュラーシートを失ったヒュルケンベルグだが、非常に短い通知でレーシング・ポイントで3回のレース出場を果たした。

マックス・フェルスタッペン、ヒュルケンベルグとトレーニング

2021年2月18日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、ヒュルケンベルグとトレーニング
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、Instagramにトレーニング風景を投稿。そこにニコ・ヒュルケンベルグが映っていることが反響を呼んでいる。

昨年、レーシング・ポイントで“スーパーサブ”を演じたニコ・ヒュルケンベルグは、2021年のレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンのチームメイト候補として名前が挙げられていた。

ニコ・ヒュルケンベルグ、アストンマーティンF1のリザーブに就任?

2021年2月14日
ニコ・ヒュルケンベルグ、アストンマーティンF1のリザーブに就任?
ニコ・ヒュルケンベルグが、アストンマーティンF1のテスト兼リザーブドライバーとして発表されると報じられている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、フォース・インディアとして知られていた2011年から2012年、2014年から2016年にシルバーストンを拠点とするチームに所属。さらに昨年はレーシング・ポイントに名前を変えたチームで病欠したドライバーの代役として3戦に“ゲスト出演”している。

アストンマーティンF1、ニコ・ヒュルケンベルグのリザーブ起用を望む

2021年2月6日
アストンマーティンF1、ニコ・ヒュルケンベルグのリザーブ起用を望む
アストンマーティンF1は、2021年にニコ・ヒュルケンベルグを公式リザーブドライバーとして登録すること望んでいる。

昨年、F1を離れていたニコ・ヒュルケンベルグは、体調不良のセルジオ・ペレスとランス・ストロールの代役としてレーシング・ポイントから3戦に出場。“スーパーサブ”の異名をとった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム