ニコ・ヒュルケンベルグ、将来的なF1復帰を除外せず

2020年1月14日
ニコ・ヒュルケンベルグ、将来的なF1復帰を除外せず
ニコ・ヒュルケンベルグは、将来的なF1復帰を除外していない。

2010年にウィリアムズでF1デビューを果たしたニコ・ヒュルケンベルグは、2011年の1年間をリザーブドライバーとして過ごしたが、その後、フォース・インディア、ザウバー、ルノーF1チームで8年連続でF1を戦った。

F1 | レッドブル、ニコ・ヒュルケンベルグ加入報道の舞台裏を明かす

2020年1月13日
F1
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、ニコ・ヒュルケンベルグのレッドブル・ホンダ加入報道の舞台裏を語った。

昨年、ルノーF1チームのシートを喪失したニコ・ヒュルケンベルグだが、シーズン中にレッドブル・ホンダ加入が噂された。報道では、ニコ・ヒュルケンベルグ側からレッドブルのヘルムート・マルコに何度か接触があったと伝えられていたが、ヘルムート・マルコはその真相を明かした。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ルノーF1は2020年も大きな挑戦に直面する」

2019年12月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ルノーF1は2020年も大きな挑戦に直面する」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーF1チームが2020年のF1世界選手権で順位を上げるのは“大きな挑戦”になると予測する。

昨年、“ベスト・オブ・ザ・レスト”としてコンストラクターズ選手権で快適に4位を獲得したルノーF1チームだったが、今季はトップ3チームとのギャップを縮められず、エンジンカスタマーであるマクラーレンに上回られてランキング5位に後退した。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「2013年のザウバー移籍はF1キャリア最大の失敗」

2019年12月15日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「2013年のザウバー移籍はF1キャリア最大の失敗」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2013年のザウバー移籍はF1キャリア最大のミスだったと考えている。

2010年にウィリアムズでF1デビューを果たしたニコ・ロズベルグは、1年間のリザーブドライバーを経て、2011年にフォース・インディアでグリッドに復帰。2013年に前年に競争力をみせていたザウバーに移籍するが、資金難によってチームは低迷。わずか1年で離脱し、フォース・インディアに戻っている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「2012年のF1ブラジルGPで勝っていれば…」

2019年12月15日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「2012年のF1ブラジルGPで勝っていれば…」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2012年のF1ブラジルGPで勝利を挙げていれば、自分のF1キャリアは違ったものになっていただろうと悔やむ。

今年、ルノーF1チームに所属していたニコ・ヒュルケンベルグだが、ルノーは2020年のドライバーとしてエステバン・オコンと契約。ヒュルケンベルグは2020年のF1シートを得ることができず、F1を離れることになった。

「ニコ・ヒュルケンベルグはF1を離れる適切なタイミングだった」

2019年12月11日
「ニコ・ヒュルケンベルグはF1を離れる適切なタイミングだった」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ニコ・ヒュルケンベルグはF1で自然な経過をたどってきたと考えており、彼がF1シートを獲得できなかったことに頭を悩ませることはないと語る。

ルノーF1チームは2020年のドライバーとしてエステバン・オコンと契約。ハースやアルファロメオとの交渉したニコ・ヒュルケンベルグだったが、来季のシートを獲得することはできず、9シーズン、177戦のキャリアでF1を離れることになった。

F1ラストレースのニコ・ヒュルケンベルグがDriver Of The Dayに選出

2019年12月2日
F1ラストレースのニコ・ヒュルケンベルグがDriver Of The Dayに選出
F1アブダビGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”に今年シーズンで一旦F1ラストレースとなるルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグが選出された。

“ドライバー・オブ・ザ・デー”はグランプリで活躍したドライバーをファン投票で決定。ニコ・ヒュルケンベルグはファイナルラップまで入賞圏内を争っていたが、カルロス・サインツ(マクラーレン)とチームメイトのダニエル・リカルドに抜かれて12位でレースをフィニッシュした。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ルノーF1との3年間は忘れらない年月だった」

2019年11月27日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ルノーF1との3年間は忘れらない年月だった」 / F1アブダビGP プレビュー
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグが、2019年のF1世界選手権の最終戦となるアブダビGPへの意気込みを語った。

今シーズン限りでルノーF1チームからの退団が決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、2020年のF1シートを獲得できておらず、今週末のF1アブダビGPでのレースがF1でのラストレースとなる可能性が高い。

セバスチャン・ベッテル 「ヒュルケンベルグがF1に戻ってくること願う」

2019年11月22日
セバスチャン・ベッテル 「ヒュルケンベルグがF1に戻ってくること願う」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、同じドイツ出身のニコ・ヒュルケンベルグが2021年にF1に復帰することを望んでおり、ヒュルケンベルグの運命がF1で“何かが正しく機能していない”ことを示していると語る。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーとの契約を延長することができず、ハースとアルファロメオのシート獲得を目指したが失敗。2020年にF1グリッドに可能性はほぼなくなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム