ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年にシートを獲得できなければF1は諦める」

2021年7月26日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年にシートを獲得できなければF1は諦める」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1シートを獲得できなければ、F1ドライバーとしてのキャリアは終止符が打たれることになるだろうと語る。

F1キャリアを通して一貫性してミッドフィールドで最高のパフォーマーの一人であったニコ・ヒュルケンベルグだが、2019年シーズン末にエステバン・オコンに奪われるかたちでルノーのF1シートを失った。

ニコ・ヒュルケンベルグ、ハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指す

2021年7月20日
ニコ・ヒュルケンベルグ、ハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指す
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にハースもしくはウィリアムズでF1復帰を目指していることを否定しない。

2019年にフルタイムのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグだが、昨年はレーシング・ポイントの“スーパーサブ”を務め、今年はアストンマーティンとメルセデスの正式なリザーブドライバーの役割を担っている。

「ニキータ・マゼピンはF1でミック・シューマッハの理想的な僚友ではない」

2021年7月13日
「ニキータ・マゼピンはF1でミック・シューマッハの理想的な僚友ではない」とニコ・ヒュルケンベルグ
ニキータ・マゼピンはミック・シューマッハにとって理想的なF1チームメイトではない。それは今年はF1グリッドにいないが、メルセデスとアストンマーティンのリザーブドライバーとして活躍している新人シューマッハの同胞ニコ・ヒュルケンベルグの見解だ。

33歳のニコ・ヒュルケンベルグは、2022年のジョージ・ラッセルのウィリアムズF1のシートともリンクしている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「今季のアストンマーティンF1は最も不利」

2021年7月13日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「今季のアストンマーティンF1は最も不利」
アストンマーティンF1のリザーブドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグは、チームが今シーズンの残りの期間ではるかに競争力を高めることができるかどうかを疑問に思ってる。

2020年、アストンマーティンF1の前身レーシング・ポイントは、コンストラクターズ選手権を4位で終え、15ポイントのペナルティがなければ3位も可能だった。彼らはまた、セルジオ・ペレスがバーレーンでのF1サヒールGPで勝利を挙げている。

ウィリアムズF1のドライバー候補にヒュルケンベルグやクビアト

2021年7月11日
ウィリアムズF1のドライバー候補にヒュルケンベルグやクビアト
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に呼び戻された場合、バルテリ・ボッタスだけでなく、他にも複数のドライバーを検討していると報じられている。

メルセデスF1は、ジュニアドライバーのジョージ・ラッセルをルイス・ハミルトンのチームメイトに昇格される時期が適切かどうかを検討しており、ラッセルが3年間の“レンタル期間”を終えることになった場合、ウィリアムズF1には空席ができることなる。

F1:ニコ・ヒュルケンベルグ、長年交際のファッションデザイナーと結婚

2021年6月24日
F1:ニコ・ヒュルケンベルグ、長年交際のファッションデザイナーと結婚
F1の“スーパーサブ”であるニコ・ヒュルケンベルグは、長年のパートナーでありファッションデザイナーでもあるエグル・ルスキーテと結婚。モナコで挙式を行った。

ドイツ出身のニコ・ヒュルケンベルグ(33歳)は、今年、アストンマーティンの公式リザーブ兼開発ドライバーを務めている。昨年、レギュラーシートを失ったが、新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレス(F1イギリスGP/70周年記念GP)、ランス・ストロール(アイフェルGP)の代役を務めた。

【動画】 ニコ・ヒュルケンベルグ、アストンマーティンF1でシート合わせ

2021年5月18日
【動画】 ニコ・ヒュルケンベルグ、アストンマーティンF1でシート合わせ
アストンマーティンF1は、2021年の公式リザーブドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグがシルバーストンのファクトリーを訪れてシート合わせを実施した動画を公開した。

昨年、新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレスとランス・ストロールに代わって3戦に出場した“スーパーサブ”のニコ・ヒュルケンベルグは、今季、アストンマーティンF1にリザーブ兼テストドライバーとして正式に加入した。

ニコ・ヒュルケンベルグ、セバスチャン・ベッテルと交代の噂を否定

2021年4月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ、セバスチャン・ベッテルと交代の噂を否定 / アストンマーティンF1
ニコ・ヒュルケンベルグは、今季中にアストンマーティンF1でセバスチャン・ベッテルと交代する可能性があるとの噂を否定した。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1を追放された後、心機一転で加入したアストンマーティンF1でも期待されたパフォーマンスを発揮できておらず、2021年シーズン全体をフィニッシュすることさえできないのではないかと噂されている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1のレースは見たくない(笑)」

2021年4月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1のレースは見たくない(笑)」
ニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブルF1のレースは“泣けてくる”から見たくないと冗談で語る。

2019年にルノーのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグは、新型コロナウイルスのパンデミックが発生した昨年、感染したレーシング・ポイントの2人のドライバーの代役として3戦に出場。スタートできなかった1戦を除いて2戦でポイントを獲得して“スーパーサブ”の異名をとった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム