佐藤琢磨、インディ500を14位でフィニッシュ「奇跡を期待していた」

2021年5月31日
佐藤琢磨、インディ500を14位でフィニッシュ「奇跡を期待していた」
佐藤琢磨は、2021年のインディ500の決勝レースで、レース中に2度首位に立ったものの、結果的に14位でフィニッシュした。

15番手からスタートした佐藤琢磨は、レース序盤の大半を14番手で走行し、燃費を稼ぐ。最初のピットストップが間近に迫ったときにイエローが提示され、ピットロードがクローズされたため、佐藤琢磨は燃費を極力抑えたモードでの走行を余儀なくされた。

佐藤琢磨 「ホンダの若手がインディカーへ進めるチャンスを増やしたい」

2021年5月27日
佐藤琢磨 「ホンダの若手がインディカーへ進めるチャンスを増やしたい」
佐藤琢磨は、ホンダの若手ドライバーがインディカーに挑戦できるようなチャンスを増やしていきたいと語る。

現在、日本人でインディカーに参戦するのは佐藤琢磨のみ。ホンダは今季限りでF1から撤退するが、インディカーは継続する。佐藤琢磨は、2度のインディ500制覇を成し遂げているが、シリーズとしては角田裕毅がデビューしたF1ほど注目も集められてない。

佐藤琢磨、角田裕毅にエール「僕のF1の1年目は酷かったですから(笑)」

2021年5月20日
佐藤琢磨、角田裕毅にエール「僕のF1の1年目は酷かったですから(笑)」
佐藤琢磨が、今年アルファタウリ・ホンダF1でデビューを果たした角田裕毅に先輩ホンダドライバーとしてエールを送った。

日本人がF1にレギュラードライバーとして出場するのは、2014年シーズンまで参戦していた小林可夢偉以来7年ぶり。ホンダのドライバー育成プログラム出身者としては、2002年から2008年まで参戦していた佐藤琢磨以来13年ぶりとなる待望の日本人F1ドライバーとなる。

佐藤琢磨とBuzz&Co Groupがスポンサーシップ契約を更新

2021年5月17日
佐藤琢磨とBuzz&Co Groupがスポンサーシップ契約を更新
Buzz&Co Groupはアメリカで行われるインディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨とのスポンサーシップ契約を更新した。

佐藤琢磨は、マカオGP優勝やF1アメリカGP第3位など数々の成功を収め、2010年からインディカー・シリーズに参戦している。2017年にはアジア人として初めて世界3大レースの1つである「インディ500」で優勝を果たし、2020年には自身2度目の「インディ500」を制覇した。

佐藤琢磨 「16位という成績は不満でしかない」 / インディカー 第5戦

2021年5月17日
佐藤琢磨 「16位という成績は不満でしかない」 / インディカー 第5戦
佐藤琢磨は、2021年のインディカー 第5戦 GMRグランプリの決勝レースを16位で終えた。

17番グリッドからスタートした佐藤琢磨は、オープニングラップの混乱を避けて順位を3つ上げる。最初のピット作業ではメカニックとの呼吸があわず、タイヤがエアガンに乗り上げるというアクシデントがあったため、レース後に罰金が科せられた。

佐藤琢磨、テキサスのレース2は14位 「何もかも裏目に出てしまった」

2021年5月4日
佐藤琢磨、テキサスのレース2は14位 「何もかも裏目に出てしまった」 / インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第4戦テキサスの決勝レースを14位でフィニッシュした。

予選が悪天候でキャンセルされたため、佐藤琢磨はポイントランキングに従って11番グリッドからスタート。ただし、オープニングラップで多重クラッシュがあった影響で最初の18ラップはフルコーションとされた。

佐藤琢磨、テキサスのレース1は9位フィニッシュ「厳しいレースでした」

2021年5月2日
佐藤琢磨、テキサスのレース1は9位フィニッシュ「厳しいレースでした」 / インディカー 第3戦
佐藤琢磨は、2021年のインディカー・シリーズ 第3戦 テキサスの決勝レースを9位でフィニッシュした。

佐藤琢磨はプラクティスを3番手で終えたものの、予選は悪天候のためキャンセル。このためスターティンググリッドはポイントランキングによって決められ、琢磨は12番グリッドからスタートすることになった。

佐藤琢磨、6位入賞「チームの作戦が的確でタイヤチョイスも正しかった」

2021年4月26日
佐藤琢磨、6位入賞「チームの作戦が的確でタイヤチョイスも正しかった」  / 第2戦 セントピーターズバーグ
佐藤琢磨は、インディカー・シリーズ 第2戦 セントピーターズバーグの決勝で6位入賞を果たした。

予選で15番グリッドを得た佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は、スタートでスコット・マクラフランとアレックス・パロウを仕留めると、13番手のポジションで周回を重ねていく。ジミー・ジョンソンのアクシデントをきっかけとするコーション後のリスタートで佐藤琢磨は、ジェームス・ヒンチクリフとバトルを繰り広げた影響で、ニュータイヤに交換するタイミングは遅くなった。

佐藤琢磨、予選15番手「少しフラストレーションのたまる公式予選だった」

2021年4月25日
佐藤琢磨、予選15番手「少しフラストレーションのたまる公式予選だった」 / インディカー 第2戦 セントピーターズバーグ
佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は、2021年のインディカー・シリーズ 第2戦 セントピーターズバーグの公式予選を15番手で終えた。

午前中に行われたフリープラクティスで20番手のタイムを記録した佐藤琢磨は、第1グループから臨んだ予選のセグメント1で1分00秒9167をマーク。これは8番手のタイムで次のフェーズに進むことができず、明日の決勝レースに15番グリッドから挑むことが決まった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム