デビッド・クルサード 「私がアルピーヌF1のチーム代表ならバトルを止めた」

2022年4月5日
デビッド・クルサード 「私がアルピーヌF1のチーム代表ならバトルを止めた」
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、自分がチームプリンシパルだったら、F1サウジアラビアGPでのアルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンのチームメイト同士のバトルをもっと早くに止めていただろうと語る。

F1サウジアラビアGPの序盤に展開されたフェルナンド・アロンソとエスタバン・オコンのチームメイト同士のバトルは、レースで最もエキサイティングなシーンの一つだった。

「マックス・フェルスタッペンはすでに史上最高のF1ドライバーの一人」

2022年3月9日
「マックス・フェルスタッペンはすでに史上最高のF1ドライバーの一人」とデビッド・クルサード
F1ドライバーからコメンテーターに転向したデビッド・クルサードは、現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、まだ24歳であろ、「これからもっと多くのことを達成する」ことができるとしながらも、すでにF1史上最高のドライバーの一人であることが証明されていると語る。

デビッド・クルサードは、最終戦F1アブダビGPでのファイナルラップの5ターンでの大胆な追い抜きで2021年のF1タイトルを獲得したことが、マックス・フェルスタッペンの卓越した才能を証明したわけではないと語る。

デビッド・クルサード 「フェルスタッペンの姿勢はセナやシューマッハを彷彿」

2022年1月1日
F1:デビッド・クルサード 「フェルスタッペンの姿勢はセナやシューマッハを彷彿」
元F1ドライバーにデビッド・クルサードは、2021年のF1ワールドチャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペンは、アイルトン・セナやミハエル・シューマッハと同じタイムの“華々しさ”と“争いの種”になるドライバーだと語る。

マックス・フェルスタッペンは、シーズンの初めから終わりまで論争に満ちたルイス・ハミルトンとの激しいタイトル争いを制し、自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

「ジョビナッツィの実力は正当に評価されていない」と元F1ドライバー

2021年11月2日
「ジョビナッツィの実力は正当に評価されていない」と元F1ドライバーのデビッド・クルサード
アントニオ・ジョビナッツィは正当に評価されておらず、2022年もアルファロメオF1のシートにしがみつくことができることを望んでいる。そう語るのは元F1ドライバーのデビッド・クルサードだ。

アントニオ・ジョビナッツィの将来の見通しは暗い。3000万ドルの中国マネーをもたらす周冠宇が取って代わると長く報じられており、アンドレッティのチーム買収報道では、コルトン・ハータがドライバーを務めるとも報じられた。

「角田裕毅は荷物をまとめて家に帰るべき」 弱気な発言に痛烈批判

2021年9月23日
「角田裕毅は荷物をまとめて家に帰るべき」 弱気な発言に痛烈批判 クルサードがF1シート喪失を予想
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅に感銘を受けておらず、2022年以降に角田裕毅はF1で生き残ることはできないと信じている。

元レッドブルのF1ドライバーであり、現在はChannel 4のコメンテーターを務めるデビッド・クルサードは、自分が2022年もアルファタウリに残留できて驚いたという角田裕毅のコメントに特に疑問を呈している。

デビッド・クルサード 「角田裕毅が2022年もF1に残れることに驚いている」

2021年9月19日
デビッド・クルサード 「角田裕毅が2022年もF1に残れることに驚いている」
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、アルファタウリ・ホンダが2022年も角田裕毅を起用し続けることに驚いているが、2022年以降の将来はないと考えている。

角田裕毅は、ジュニアカテゴリーを急上昇し、プレシーズンテストで強力なテストパフォーマンスを見せた後、アルファタウリ・ホンダでF1デビュー。多くの人が明るい未来を期待した。

「タイヤに支配されすぎのF1は非常に退屈」とデビッド・クルサード

2021年6月3日
「タイヤに支配されすぎのF1は非常に退屈」とデビッド・クルサード
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、F1はあまりにタイヤマネジメントに支配されすぎていると嘆く。

現在 Channel 4 の F1放送に登場している 13回のグランプリウィナーであるデビッド・クルサードは、2008年に終えた15年間のF1キャリアの中で、さまざまなサプライヤーから提供されたタイヤでグランプリレースを戦った。

デビッド・クルサード 「セバスチャン・ベッテルは過去の人」

2020年11月9日
デビッド・クルサード 「セバスチャン・ベッテルは過去の人」…フェラーリF1の決断を支持
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、セバスチャン・ベッテルはもはや“過去の人”であり、シャルル・ルクレールにすべての焦点を向けていくというフェラーリF1の決断を完全に理解していると語る。

フェラーリF1は、今シーズン限りで4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとの契約を延長せず、2021年に後任としてカルロス・サインツと契約することで彼らの立場を完全に明確にした。

ロン・デニスのマクラーレンF1での“恐怖政治”をクルサードが回顧

2020年8月23日
ロン・デニスのマクラーレンF1での“恐怖政治”をクルサードが回顧
元マクラーレンのF1ドライバーであるデビッド・クルサードは、ロン・デニスがF1チームを運営していた際の有名な“恐怖政治”について語った。

ロン・デニスは1981年から2009年までマクラーレンF1のチームプリンシパルを務める、在任中、10回のドライバーズ選手権と7回のコンストラクターズ選手権制覇を監督して、史上最高のF1チームの1つとしての地位を固めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム