ランス・ストロール 「アロンソの加入は自分とチームにとって追い風」

2023年1月31日
アルトンマーティンF1のランス・ストロール 「アロンソの加入は自分とチームにとって追い風」
アストンマーティンF1のドライバーであるランス・ストロールは、フェルナンド・アロンソの強引な性格が自分とチームにとって2023年の追い風になると語る。

F1ワールドチャンピオンを2回獲得しているフェルナンド・アロンソは、その長いF1キャリアの中で、コース上での目標達成のためには激しい競争心と冷酷さを持つという評判を得てきた。

ランス・ストロール、2022年のアストンマーティンF1の開発作業を称賛

2023年1月2日
ランス・ストロール、2022年のアストンマーティンF1の開発作業を称賛
ランス・ストロールは、2022年にアストンマーティンF1をレギュラーポイントスコアラーに押し上げたチームの集中的な開発作業を称賛する。

ランス・ストロール、スーパーサブのニコ・ヒュルケンベルグ、新型コロナウイルスから復帰したオーストラリアで復帰したセバスチャン・ベッテルはポイントなしでシーズンをスタート。第4戦のイモラで2022年の最初のポイントを獲得した。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ランス・ストロールの運転は出場停止に値する」

2022年10月26日
元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ 「ランス・ストロールの運転は出場停止に値する」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1アメリカGPでのランス・ストロールの「危険な運転」を非難し、フェルナンド・アロンソとの衝突は1レースの出場停止に値すると信じている。

フェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPのセーフティカーがリスタートした直後、バックストレートでランス・ストロールのスリップストリームに入り、オーバーテイクのために左に移動したが、ストロールも左に動いたことで、ホイール同士が接触。

ダリオ・フランキッティ 「ストロールのような動きはいつか誰かを殺す」

2022年10月25日
ダリオ・フランキッティ 「ストロールのような動きはいつか誰かを殺す」 / F1アメリカGP
元インディカードライバーのダリオ・フランキッティは、FIA(国際自動車連盟)に対し、F1アメリカGPでのランス・ストロールのようにドライバーがストレートで移動するのを止めるための変更を実施するよう求めており、そうしなければ、いつかドライバーが「誰かを殺す」ことにだろうと述べた。

フェルナンド・アロンソとランス・ストロールは、日曜日のF1アメリカGPの22 周目に大きな事故に巻き込まれた。

【動画】 フェルナンド・アロンソとランス・ストロールが危険なクラッシュ

2022年10月24日
【動画】 フェルナンド・アロンソとランス・ストロールが危険なクラッシュ / F1アメリカGP
F1アメリカGPの決勝で、フェルナンド・アロンソとランス・ストロールが高速でクラッシュする危険なシーンがあった。

1回目のセーフティカー後のリスタートで二人は7位を争っていた。バックストレートでランス・ストロールのスリップストリームに入ったフェルナンド・アロンソは、左に抜けようとしたが、その動きは遅く、ストロールも左に動いたことで、アロンソの右フロントタイヤがストロールの左リアに接触。

ランス・ストロール 「アロンソには十分なスペースを与えていた」

2022年10月24日
ランス・ストロール 「アロンソには十分なスペースを与えていた」 / F1アメリカGP
ランス・ストロールは、F1アメリカGPで接触したフェルナンド・アロンソに回避できるだけの十分なスペースを与えていた語った。

フェルナンド・アロンソは、ランス・ストロールの左リアタイヤにヒットし、、マシンのフロントが宙に浮いて、為す術なくバリアにぶつかったが、奇跡的にレースを続行することができた。

ランス・ストロール、アロンソとの接触で次戦3グリッド降格ペナルティ

2022年10月24日
ランス・ストロール、アロンソとの接触で次戦3グリッド降格ペナルティ / F1アメリカGP
F1アメリカGPのレース後、スチュワードはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)との接触の責任として、ランス・ストロール(アストンマーティン)に次戦F1メキシコGPでの3グリッド降格ペナルティを科した。

ランス・ストロールとフェルナンド・アロンソは、最初のセーフティカーのリスタート後の22周目に7位を争っている際にバックストレートで衝突した。

【動画】 ランス・ストロール、雨の鈴鹿で驚異的なスタート / F1日本GP

2022年10月10日
【動画】 ランス・ストロール、雨の鈴鹿で驚異的なスタート / F1日本GP
ランス・ストロール(アストンマーティン)は、2022年F1日本GPの決勝レースを12位で終えた。

19番グリッドからスタートしたランス・ストロールは、雨となった鈴鹿サーキットのスタートでイン側のウオールすれすれのラインを選び、視界が悪い中で驚異的な走りをみせて1周目に11番手まで順位を上げた。

ランス・ストロール 「雨でも日本では素晴らしいエネルギーを感じる」

2022年10月8日
ランス・ストロール 「雨でも日本では素晴らしいエネルギーを感じる」 / F1日本GP 金曜フリー走行
ランス・ストロール(アストンマーティン)は、2022年F1日本GPの金曜フリー走行を18番手で終えた。

「今日はウェットウェザーだったけど、コースのあちこちでいくつかのことを学ぶことができた。日曜はまだ雨の可能性があるけど、明日は完全にリセットされてドライになると予想されている」とランス・ストロールはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム