ランス・ストロール 「今日はマシンのバランスを最適化できなかった」

2020年8月2日
ランス・ストロール 「今日はマシンのバランスを最適化できなかった」 / レーシング・ポイント F1イギリスGP 予選
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、F1イギリスGPの予選を6番手で終了。予選では“バランスを最適化できなかった”が、レースでのポイント獲得には自信をみせている。

開幕3戦ではレッドブル・ホンダを上回る2番手に最速のマシンだと評価されていた“ピンクメルセデス”だが、今週末はセルジオ・ペレスの新型コロナウイルス感染というドタバタもあってか、今ひとつ締りに欠けている。

ランス・ストロール 「レッドブル・ホンダよりもマシンは速かった」

2020年7月20日
ランス・ストロール レッドブル・ホンダよりもマシンは速かった」 / レーシング・ポイント F1ハンガリーGP 決勝
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、F1ハンガリーGPでRP20はレッドブル・ホンダよりも速いグリッドで2番目に最速のマシンだったと主張する。

ランス・ストロールは、F1ハンガリーGPの予選でメルセデスの2台の後ろの3番手タイムを記録。決勝ではスタートでバルテリ・ボッタスがミスを犯して順位を落としたことで2番手に浮上した。

ランス・ストロール 「ミディアムでQ3進出を狙うのは賭けだった」

2020年7月19日
ランス・ストロール 「ミディアムでQ3進出を狙うのは賭けだった」
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、2020年のF1世界選手権 第3戦 F1ハンガリーGPで予選ベストリザルトとなる3番手タイムを獲得。明日の決勝に自信をみせた。

2020年の台風の目となっているレーシング・ポイントは、予選Q2をミディアムタイヤで通過するという上位チームが採る戦略を成功させて2台がQ3に進出した。

ランス・ストロール 「レーシング・ポイントは2番目に速いF1マシンだった」

2020年7月15日
ランス・ストロール 「レーシング・ポイントは2番目に速いF1マシンだった」
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、2020年のF1世界選手権 第2戦 F1シュタイアーマルクGPでRP20は2番目の最速のマシンだったと考えている。

レーシング・ポイントF1にとって雨の中で行われた予選は期待外れだったが、ドライとなった決勝では驚異的なスピードをみせる。セルジオ・ペレスとランス・ストロールは6位と7位でレースを終えた。

F1 | ラティフィとストロールがアメリカのライセンスを取得した理由

2020年3月8日
F1 ラティフィとストロールがアメリカのライセンスを取得した理由
F1グリッドのカナダ人ドライバーであるランス・ストロールとニコラス・ラティフィは、2020年のF1世界選手権にむけてアメリカのライセンスを取得しなければならなかった。

各国にはNational Sporting Authority(ASN)があり、日本では日本自動車連盟(JAF)が公認を受けている。ドライバーは、FIAが認めた自国のASNからライセンスを取得する必要がある。

F1 | ランス・ストロール、父のアストンマーティン買収は「素晴らしい」

2020年2月18日
F1
ランス・ストロールは、父であるローレンス・ストロールのアストンマーティンの株式買収に言及。アストンマーティンというブランドがチームに大きな後押しを与えてえてくれると信じていると語る。

数週間前、カナダの大富豪であるローレンス・ストロールが、アストンマーティンの株式を取得し、来季からレーシング・ポイントF1チームは、アストンマティーンのワークスとして『アストンマーティンF1チーム』を名乗ることが発表された。

ランス・ストロール 「ウィリアムズとレーシングポイントは別カテゴリー」

2019年12月18日
ランス・ストロール 「ウィリアムズとレーシングポイントは別カテゴリー」
ランス・ストロールは、2019年のウィリアムズから移籍したレーシングポイントは“はるかに競争力が高い環境”だと感じており、まるで別のレースカテゴリーのように感じたと述べた。

ランス・ストロールは、ウィリアムズで2シーズンを過ごしたが、チームはミッドフィールドのライバルと戦うことができず、2018年シーズンを通して後方でのレースを強いられた。

ピエール・ガスリー、ランス・ストロールとの接触に「うんざりした」

2019年12月3日
ピエール・ガスリー、ランス・ストロールとの接触に「うんざりした」
トロロッソ・ホンダのF1ドライバーを務めるピエール・ガスリーは、F1アブダビGPのオープニングラップでのランス・ストロールとの接触に“うんざり”したと語る。

F1アブダビGPの1コーナーで、ランス・ストロールはピエール・ガスリーに接触。その勢いで今度は左フロントがセルジオ・ペレスに接触して、フロントウイングが破損した。

【動画】 セルジオ・ペレスとランス・ストロールが書道に挑戦

2019年10月12日
【動画】 セルジオ・ペレスとランス・ストロールが書道に挑戦
レーシング・ポイントF1チームのセルジオ・ペレスとランス・ストロールが、F1日本GPに先駆けて書道に挑戦した。

二人はそれぞれカタカナで「セルジオペレス」「ランスストロール」と自分の名前を筆で描いた。書き順などはめちゃくちゃで、ストロールは名前が納まりきらなかったが、それなりの文字に仕上がっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム