アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表

2021年9月16日
アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表
アストンマーティンF1は、2022年もセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールというランナップを継続することを正式に発表した。

アストンマーティンF1は、フェラーリから加入した4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと1+1の契約に合意しており、2022年のベッテルの契約を延長するオプションを行使したことを発表した。

ランス・ストロール、セーフティカー先導の1周のレースで10秒ペナルティ

2021年8月30日
ランス・ストロール、セーフティカー先導の1周のレースで10秒ペナルティ / F1ベルギーGP 決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、レースが完全にセーフティカーの後ろでの走行となり、たった1周しか行われなかったにも関わらず、F1ベルギーGPで10秒ペナルティを科せられた。ストロールの過失ではないが。

前戦F1ハンガリーGPでのクラッシュによる5グリッド降格ペナルティにより、ランス・ストロールは最後尾からスタートする予定だったが、アルファロメオがキミ・ライコネンのリアウイングのアセンブリを交換してピットレーンスタートとなったことで19番グリッドに昇格。

ジャック・ヴィルヌーヴ、ボッタスとストロールのトレードの大胆提案

2021年8月5日
F1:ジャック・ヴィルヌーヴ、ボッタスとストロールのトレードの大胆提案
メルセデスF1は、2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトとして、間もなくバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのどちらかを選択すると考えられているが、ジャック・ヴィルヌーヴは大胆な代替計画を提案した。

F1パドックでのコンセンサスは、ジョージ・ラッセルが2022年にウィリアムズからメルセデスF1に移籍することであり、バルテリ・ボッタスはアルファロメオF1のシートを獲得する噂されている。

エステバン・オコン 「ターン1でランス・ストロールのミスに助けられた」

2021年8月4日
エステバン・オコン 「ターン1でランス・ストロールのミスに助けられた」 / F1ハンガリーGP 決勝
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、F1ハンガリーGPでの衝撃的な初勝利は、ターン1で友人のランス・ストロール(アストンマーティン)が引き越した破壊的な瞬間によって助けられたと語る。

表彰台争いが期待されていた主な候補者の何名かは、F1ハンガリーGPの1周目の1コーナーでチャンスが潰えた。そして、エステバン・オコンはその混乱で最も恩恵を受けたドライバーだった。

ランス・ストロール、次戦F1ベルギーGPで5グリッド降格ペナルティ

2021年8月2日
ランス・ストロール、次戦F1ベルギーGPで5グリッド降格ペナルティ
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、F1ハンガリーGPのオープニングラップでシャルル・ルクレール(フェラーリ)をリタイアに追い込んだ事故で次戦F1ベルギーGPでの5グリッド降格ペナルティを科された。

F1ハンガリーGPはスタート直前の雨により、非常に滑りやすい路面でインターミディエイトタイヤでのスタートとなった。1コーナーで上位ではバルテリ・ボッタス(メルセデス)が、ランド・ノリス(マクラーレン)に追突してレッドブル・ホンダの2台を巻き込んだ事故を起こした。

ランス・ストロール、フェルスタッペンを乗せたヘリの気流が挙動に影響

2021年7月21日
ランス・ストロール、フェルスタッペンを乗せたヘリの気流が挙動に影響 / F1イギリスGP決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、F1イギリスGPでヘリコプターの下降気流によってマシンが突然不安定になったと考えている。

F1アゼルバイジャンGPでリアタイヤの故障に見舞われていたランス・ストロールは、F1イギリスGPのターン6でAMR21の挙動に問題を感じ、無線でピットウォールにテレメトリーをチェックするよう依頼した。

ローレンス・ストロール 「ランスはセバスチャン・ベッテルと同レベル」

2021年7月15日
アストンマーティンF1のローレンス・ストロール 「ランスはセバスチャン・ベッテルと同レベル」
アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールは、彼の息子であるランス・ストロールと4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは“同レベル”になると考えている。

現在、アストンマーティンF1は、積極的な採用活動と開発を推進しており、ローレンス・ストロールは、目標はメルセデスF1のようなステータスに到達することだと語る。

ランス・ストロール、タイム抹消に2度の赤旗の不運 「ペースはあった」

2021年6月20日
ランス・ストロール、タイム抹消に2度の赤旗の不運 「ペースはあった」 / アストンマーティン F1フランスGP 予選
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、2021年 F1フランスGPの予選で2度の赤旗とタイム抹消もあり、タイムを記録することができなかった。

「こういうこともある。赤旗がいつ出るかは予測できないし、Q1で2回も出たのはとても不運だった。タイムの抹消もあったけど、あのラップはマシンに良いペースがあることを示していた」とランス・ストロールはコメント。

ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」

2021年6月16日
ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」「今後は内圧の監視を強化」
ピレリは、F1アゼルバイジャンGPの決勝で発生したランス・ストロール(アストンマーティン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイヤ故障に関する調査方向を発表。タイヤの製造や品質に欠陥はなく、報じられたチーム側の内圧の違反も否定したが、「内側のサイドウォールの円周方向の破損」がなぜ発生したかは明確にせず、「今後は内圧の監視を強化していく」とした曖昧なものとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム