レーシング・ポイントF1、ストロールの新型コロナ感染の経緯を釈明

2020年10月22日
レーシング・ポイントF1、ストロールの新型コロナ感染の経緯を釈明
レーシング・ポイントF1は、ランス・ストロールの新型コロナウイルス感染について声明を発表。対応に問題はなかったことを強調した。

ランス・ストロールは、10月21日(水)にF1アイフェルGP後にスイスの自宅で実施した新型コロナウイルスに感染していたことを告白。すでに10日間の自己隔離期間を終了し、陰性反応となっているとし、今週末のF1ポルトガルGPには出場可能だと語った。

レーシング・ポイントF1、ストロールの新型コロナ感染を隠蔽した疑い

2020年10月22日
レーシング・ポイントF1、ストロールの新型コロナ感染を隠蔽した疑い
レーシング・ポイントF1は、ランス・ストロールの新型コロナウイルス感染を意図的に隠蔽したのではないかと疑われている。

今週水曜日、ランス・ストロールは10月21日(水)、F1アイフェルGP後に実施した新型コロナウイルス検査で陽性反応が出ていたことを明らかにした。

ランス・ストロール、F1アイフェルGP後の新型コロナ検査で陽性

2020年10月21日
ランス・ストロール、F1アイフェルGP後の新型コロナ検査で陽性 / レーシング・ポイントF1
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、F1アイフェルGP後の新型コロナウイルス検査で陽性反応が出ていたことを明らかにした。現在は10日間の自己隔離を終えてすでに陰性であり、今週末のF1ポルトガルGPの参戦に支障はないとしている。

ランス・ストロールは、F1アイフェルGPの土曜日の朝に体調不良を訴えて欠場を決断。ニコ・ヒュルケンベルグが急遽予選から代役として参戦することになった。

ジャック・ヴィルヌーヴ、体調不良で欠場のストロールを批判

2020年10月11日
ジャック・ヴィルヌーヴ、体調不良で欠場のストロールを批判 / レーシング・ポイント F1アイフェルGP
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、体調不良によって今週末のF1アイフェルGPを欠場するランス・ストロールを非難した。

同じカナダ出身のランス・ストロールは、土曜日午前のFP3に出場しなかった。レーシング・ポイントF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、ストロールが「トイレから出てくることができなかった」と説明している。

欠場のランス・ストロール、腹を下してトイレを離れることができず

2020年10月11日
欠場のランス・ストロール、腹を下してトイレを離れることができず / レーシング・ポイント F1アイフェルGP
レーシング・ポイントF1の代表を務めるオトマー・サフナウアーは、F1アイフェルGPを欠場することになったランス・ストロールには“インフルエンザのような”症状が出ていると説明。ただし、新型コロナウイルスの検査では陰性だとした。

オトマー・サフナウアーによると、ランス・ストロールは2週間前のF1ロシアGP以降、体調が良くなったが、ニュルブルクリンクに先立って実施した複数回の新型コロナウイルス検査はどれも陰性だったと語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ、ストロールの代役でF1アイフェルGP参戦が決定

2020年10月10日
ニコ・ヒュルケンベルグ、ストロールの代役でF1アイフェルGP参戦が決定 / レーシング・ポイントF1
レーシング・ポイントは、体調不良のランス・ストロールに代わって、ニコ・ヒュルケンベルグが残りの週末にドライバーを務めることを発表した。

今年。新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレスの代役としてシルバーストンでの2レースに出場していたニコ・ヒュルケンベルグは、たまたまドイツの放送局の仕事でニュルブルクリンクを訪れることになっていた。

ランス・ストロール体調不良でニコ・ヒュルケンベルグ再登板の可能性

2020年10月10日
ランス・ストロール体調不良でニコ・ヒュルケンベルグ再登板の可能性 / レーシング・ポイント F1アイフェルGP
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、体調不良を理由にF1アイフェルGPのフリー走行3回目を欠場した。代役としてニコ・ヒュルケンベルグが出場する可能性がある。

初日は悪天候によってまったく走行できなかったF1アイフェルGPだが、土曜日には青空が広がり、フリー走行3回目はドライコンディションで行われた。

ランス・ストロール 「ルクレールがノーペナルティなんて馬鹿げてる」

2020年9月29日
ランス・ストロール 「ルクレールがノーペナルティなんて馬鹿げてる」 / レーシング・ポイント F1ロシアGP 決勝
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、F1ロシアGPのオープニングラップでリタイアに追いやられたシャルル・ルクレール(フェラーリ)の走りを非難した。

ランス・ストロールは、13番グリッドから好スタートを決めてポジションアップを果たしていたが、ターン4でシャルル・ルクレールがストロールの右リアタイヤに接触。ストロールはスピンして反対側のウォールにクラッシュした。

ストロールのクラッシュでペレスにアップグレードを導入できず?

2020年9月22日
ストロールのクラッシュでペレスにアップグレードを導入できず? / レーシング・ポイントF1
レーシング・ポイントF1は、ランス・ストロールのF1トスカーナGPの大クラッシュにより、F1ロシアGPで2台のマシンにアップグレードを投入するために、身を粉にして働かなければならないと認める。

ムジェロ・サーキットで開催されたF1トスカーナGPでは、サイドポッド、フロア、フロントウイング、エンジンカバー、プレーキダクトといった今季初の大幅なアップグレードを持ち込んだが、1台分しか用意できなかったため、チーム内でランキング上位のランス・ストロールにのみ搭載された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム