ランス・ストロール、ホームレースで10位 「成功したレース」

2022年6月21日
ランス・ストロール、ホームレースで10位 「成功したレース」 / アストンマーティン F1カナダGP 決勝
ランス・ストロール(アストンマーティン)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を10位で終えた。

カナダ出身のランス・ストロールにとってカナダグランプルはホームレースとなる。

「僕たちはこのレースのために素晴らしい戦略を立てたし、ポイントを獲得できたことをとてもうれしく思う」とランス・ストロールはコメント。

ランス・ストロール、ラティフィとの衝突事故で3グリッド降格ペナルティ

2022年4月9日
ランス・ストロール、ラティフィとの衝突事故で3グリッド降格ペナルティ / F1オーストラリアGP
ランス・ストロール(アストンマーティンF1)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1でのニコラス・ラティフィとの衝突事故について「状況認識の欠如」がったとして3グリッド降格ペナルティを科された。

二人ともクールラップ中であり、ランス・ストロールがニコラス・ラティフィが先へ行かせた後、ラティフィが右側を通って再び前に出ようとしたときにストロールが右にステアリングを切って衝突。

ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』

2022年4月9日
ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』 / F1オーストラリアGP予選
ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1で接触事故を起こしたランス・ストロール(アストンマーティン)に怒りを露わにした。

ニコラス・ラティフィは、最初にランス・ストロールを先に行かせたが、セクター1でストロールは減速して、右側にスペースを開けていた。そのスペースにラティフィが入ると、ストロールは右にステアリングを切って両者はクラッシュ。ラティフィのマシンは大きなダメージを負った。

F1レポーター 「ランス・ストロールは最も嫌いなインタビュー対象」

2022年4月5日
F1アナウンサー 「ランス・ストロールは最も嫌いなインタビュー対象」
F1ジャーナリスト兼レポーターのメルヴィ・カリオは、アストンマーティンF1のランス・ストロールは最もインタビューしたくないドライバーだと語る。

アストンマーティンF1チームのオーナーであるローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールは、土壇場でセバスチャン・ベッテルの代役を務めたリザーブドライバーのニコ・ヒュルケンベルグのパフォーマンスを下回ったことで評価を下げている。

ランス・ストロール、2022年F1マシン初走行「挙動が異なるのは確か」

2022年2月15日
アストンマーティンF1のランス・ストロール、2022年F1マシン初走行「挙動が異なるのは確か」
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、先週、シルバーストンで2022年F1マシン『AMR22』で初走行を実施。次世代F1マシンの印象を語った。

アストンマーティンF1は、2月10日(木)に2022年F1マシン『AMR22』の実車を走行し、翌日にシルバーストンに移動してシェイクダウンを実施。ランス・ストロールは、2022年F1マシンを初めて走らせたドライバーとなり、新しいF1マシンがコース上で振舞うかを経験する機会を与えた。

ランス・ストロール 「角田裕毅の動きはやけくそで楽観的すぎた」

2021年11月15日
ランス・ストロール 「角田裕毅の動きはやけくそで楽観的すぎた」 F1ブラジルGP 決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、2021年F1ブラジルGPの決勝をリタイアで終えた。

14番グリッドからスタートしたランス・ストロールは、4周目の最初の複合コーナーで角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)に接触された。この接触でフロアの左側にダメージを負ったストロールは、後半に破損したパーツがさらに外れ、47周目にリタイアした。

ランス・ストロール 「日曜日はタイヤのマネージングが重要になる」

2021年10月23日
ランス・ストロール 「日曜日はタイヤのマネージングが重要になる」 アストンマーティン F1アメリカGP 金曜フリー走行
アストンマーティンのランス・ストロールは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を6番手で終えた。

「今日はとても楽しかった。スタンドにはたくさんの観客がいたし、このトラックを楽しんでいる。ここまでは競争力のあるペースがあってポジティブなスタートが切れているし、多くのことを学ぶこともできた」とランス・ストロールはコメント。

ランス・ストロール、1レース出場停止まであと4点 / F1ロシアGP 決勝

2021年9月27日
ランス・ストロール、1レース出場停止まであと4点 / F1ロシアGP 決勝
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、F1ロシアGPのレース後半のピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)との接触に2点のスーパーライセンスポイントを科せられ、出場停止まであと4点となった。

ソチ・オートドロームに雨が降ったとき、ランス・ストロールはインターミディエイトに交換せずにスリックタイヤでステイアウトしたドライバーの一人だった。

アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表

2021年9月16日
アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表
アストンマーティンF1は、2022年もセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールというランナップを継続することを正式に発表した。

アストンマーティンF1は、フェラーリから加入した4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと1+1の契約に合意しており、2022年のベッテルの契約を延長するオプションを行使したことを発表した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム