セバスチャン・ベッテル 「グリッドまでのラップでラインをチェックしていた」

2022年10月3日
セバスチャン・ベッテル 「グリッドまでのラップでラインをチェックしていた」 / F1シンガポールGP
アストンマーティンは、F1シンガポールGPでランス・ストロールが6位、セバスチャン・ベッテルが8位でフィニッシュし、今シーズン2回目のダブルポイントフィニッシュを達成。ハースとアルファタウリを抜いてコンストラクターズ選手権7位にを上げた。

決勝では、ランス・ストロールが11番グリッド、セバスチャン・ベッテルが13番グリッドからスタートしたが、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのミスに加えて、6人のドライバーがリタイアした消耗戦で、両方のドライバーがノーズをきれいに保った。

アストンマーティンF1代表 「ランス・ストロールは実力でチームにいる」

2022年8月20日
アストンマーティンF1代表 「ランス・ストロールは実力でチームにいる」
アストンマーティンF1のチーム代表であるマイク・クラックは、ランス・ストロールは非常に過小評価されており、彼が得ている以上の評価に値すると語った。

ランス・ストロールは、2023年にアストンマーティンF1でフェルナンド・アロンソとパートナーを組むことになるが、チームでのストロールのポジションは不確定の長期契約にあるため、疑いの余地はない。

ランス・ストロールはF1の「真のチームメイトキラー」

2022年8月4日
ランス・ストロールはF1の「真のチームメイトキラー」
マックス・フェルスタッペンのチームメイトになることは、F1の毒杯だと言われている。しかし、真の“チームメイトキラー”としてF1パドックに残り続けている男がいる。ランス・ストロールだ。証拠がそれを示唆している。

もちろん、マックス・フェルスタッペンは、カルロス・サインツJr.とダニエル・リカルドをレッドブル・ファミリーから去ることを決断させ、ピエール・ガスリーは半シーズンしか彼と一緒にいられず、アレクサンダー・アルボンは2020年末にレースシートから降ろされた。

ランス・ストロール 10位 「日曜日に競争力を高める傾向が続いている」

2022年7月25日
ランス・ストロール 10位 「日曜日に競争力を高める傾向が続いている」 / アストンマーティン F1フランスGP 決勝
ランス・ストロール(アストンマーティン)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝で10位入賞を果たした。

アップグレードを投入してもパフォーマンスに苦戦していたアストンマーティンだったが、決勝では競争力をみせた。ランス・ストロールはファイナルラップの最終コーナーまでセバスチャン・ベッテルとバトルを展開。10位でフィニッシュして最後の1ポイントを手にした。

ランス・ストロールを侮辱したF1解説者をテレビ局が停職処分

2022年7月14日
ランス・ストロールを侮辱したF1解説者をテレビ局が停職処分
アストンマーティンのランス・ストロールを侮辱したF1解説者にテレビ局が停職処分を言い渡した。

ベルギーの放送局RTBFSportは、先週のF1オーストリアグランプリの決勝でランス・ストロールに「自閉症」とレッテルを張った、F1解説者のリオネル・フロワサールを非難した。

ランス・ストロール、ホームレースで10位 「成功したレース」

2022年6月21日
ランス・ストロール、ホームレースで10位 「成功したレース」 / アストンマーティン F1カナダGP 決勝
ランス・ストロール(アストンマーティン)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を10位で終えた。

カナダ出身のランス・ストロールにとってカナダグランプルはホームレースとなる。

「僕たちはこのレースのために素晴らしい戦略を立てたし、ポイントを獲得できたことをとてもうれしく思う」とランス・ストロールはコメント。

ランス・ストロール、ラティフィとの衝突事故で3グリッド降格ペナルティ

2022年4月9日
ランス・ストロール、ラティフィとの衝突事故で3グリッド降格ペナルティ / F1オーストラリアGP
ランス・ストロール(アストンマーティンF1)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1でのニコラス・ラティフィとの衝突事故について「状況認識の欠如」がったとして3グリッド降格ペナルティを科された。

二人ともクールラップ中であり、ランス・ストロールがニコラス・ラティフィが先へ行かせた後、ラティフィが右側を通って再び前に出ようとしたときにストロールが右にステアリングを切って衝突。

ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』

2022年4月9日
ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』 / F1オーストラリアGP予選
ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1で接触事故を起こしたランス・ストロール(アストンマーティン)に怒りを露わにした。

ニコラス・ラティフィは、最初にランス・ストロールを先に行かせたが、セクター1でストロールは減速して、右側にスペースを開けていた。そのスペースにラティフィが入ると、ストロールは右にステアリングを切って両者はクラッシュ。ラティフィのマシンは大きなダメージを負った。

F1レポーター 「ランス・ストロールは最も嫌いなインタビュー対象」

2022年4月5日
F1アナウンサー 「ランス・ストロールは最も嫌いなインタビュー対象」
F1ジャーナリスト兼レポーターのメルヴィ・カリオは、アストンマーティンF1のランス・ストロールは最もインタビューしたくないドライバーだと語る。

アストンマーティンF1チームのオーナーであるローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールは、土壇場でセバスチャン・ベッテルの代役を務めたリザーブドライバーのニコ・ヒュルケンベルグのパフォーマンスを下回ったことで評価を下げている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム