ニコ・ロズベルグ、新型コロナウイルスのワクチン接種拒否でF1出禁

2022年6月10日
ニコ・ロズベルグ、新型コロナウイルスのワクチン接種拒否でF1出禁
2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、新型コロナウイルスのワクチンの接種を拒否したことでF1への入場を拒否された。

Sky Deutschlandの視聴者はモナコグランプリのF1中継でニコ・ロズベルグがパドックではなく、近くのアパートからレポートしていることに疑問を抱いた。

ニコ・ロズベルグは、生涯のパドックパスを与えられているが、F1は新型コロナウイルスのワクチン接触を義務付けているため、入場を拒否した。

ニコ・ロズベルグ 「セルジオ・ペレスの勝利はレッドブルF1への声明」

2022年6月6日
ニコ・ロズベルグ 「セルジオ・ペレスの勝利はレッドブルF1への声明」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、セルジオ・ペレスのF1モナコGPでの勝利は、レッドブル・レーシングに対して、自分はタイトルを争うことができ、戦うことができるという声明だったと感じ取っている。

F1スペインGPでセルジオ・ペレスは、シャルル・ルクレールがリタイアした後、勝利のための絶好のポジションにいたが、チームオーダーによってチームメイトのマックス・フェルスタッペンに勝利を譲り、2位でフィニッシュしていた。

ニコ・ロズベルグ 「ラッセルのメルセデスF1での覇権は見落とされている」

2022年4月30日
ニコ・ロズベルグ 「ラッセルのメルセデスF1での覇権は見落とされている」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、エミリア・ロマーニャGPでメルセデスF1のドライバーが下位を走行していたことで、ジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンを大幅に上回っていたことが「見落とされた」と語る。

今季メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルは、エミリア・ロマーニャGPを4位でフィニッシュし、2022年シーズンが開幕してから4戦連続となるトップ5フィニッシュを達成した。

「ハミルトンとヴォルフの予選後のやり取りはフラストレーションの現れ」

2022年4月23日
「ハミルトンとヴォルフの予選後のやり取りはフラストレーションの現れ」とニコ・ロズベルグがメルセデスF1を危惧
2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、F1エミリア・ロマーニャGPの金曜日の予選後のメルセデスF1のチーム代表トトヴォルフとドライバーのルイス・ハミルトンとの激しいやり取りは問題がフラストレーションに繋がり始めている現れだと語る。

ルイス・ハミルトンとチームメイトのジョージ・ラッセルの両方が金曜日の予選のQ2ででノックアウトされた後、トト・ウォルフはルイス・ハミルトンとのやり取りで熱くなっているように見えた。

「サインツはフェラーリF1特有のプレッシャーに苦しんでいる」とロズベルグ

2022年4月23日
「サインツはフェラーリF1特有のプレッシャーに苦しんでいる」とロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、2022年のスクーデリア・フェラーリでのカルロス・サインツJr.の“酷いスタート”の背景にはフェラーリ独特のプレッシャーがあると考えている。

カルロス・サインツは、バーレーンとサウジアラビアで連続表彰台を獲得したが、チームメイトのシャルル・ルクレールが両方のレースでサインツを上回った。

バルテリ・ボッタス 「今ならF1引退したロズベルグの気持ちが理解できる」

2022年1月30日
バルテリ・ボッタス 「今ならF1引退したロズベルグの気持ちが理解できる」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンと一緒にレースをしたことで、ニコ・ロズベルグがF1から電撃引退した気持ちが理解できると語る。

メルセデスF1は2010年にメーカーとしてF1に復帰し、ニコ・ロズベルグは、F1復帰した7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハとともにドライバーに抜擢された。

ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」

2022年1月16日
ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルF1が2022年のドライバーとしてピエール・ガスリーを呼び戻すことを真剣に検討することを期待していた。

レッドブルのジュニアチームのメンバーであるピエール・ガスリーは、トロロッソでの印象的なスティントの後、2019年にレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢された。

ニコ・ロズベルグ 「ボッタスはホイール・トゥ・ホイールのバトルが弱い」

2022年1月15日
F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスはホイール・トゥ・ホイールのバトルが弱い」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンと比較して、バルテリ・ボッタスは他のドライバーとのバトルとオーバーテイクが弱点だったと感じている。

メルセデスF1でのバルテリ・ボッタスの時間の多くは集団の前での競争に費やされたが、2021年のレギュレーション変更はメルセデスF1の競争力を削ぎ、ミッドフィールドチームとのバトルを余儀なくされることもあり、何度か抑えられるシーンがあった。

ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」

2022年1月5日
ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、メルセデスF1は彼の“ファミリー”のままであり、ルイス・ハミルトンが2021年のタイトル争いに敗れるのを見るのは辛かったと語る。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのレース終盤のニコラス・ラティフィのクラッシュがセーフティカーを引き起こすまで、前人未踏の8回のF1ワールドチャンピオンを手中に収めているように見えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム