ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」

2022年1月16日
ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルF1が2022年のドライバーとしてピエール・ガスリーを呼び戻すことを真剣に検討することを期待していた。

レッドブルのジュニアチームのメンバーであるピーエル・ガスリーは、トロロッソでの印象的なスティントの後、2019年にレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢された。

ニコ・ロズベルグ 「ボッタスはホイール・トゥ・ホイールのバトルが弱い」

2022年1月15日
F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスはホイール・トゥ・ホイールのバトルが弱い」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンと比較して、バルテリ・ボッタスは他のドライバーとのバトルとオーバーテイクが弱点だったと感じている。

メルセデスF1でのバルテリ・ボッタスの時間の多くは集団の前での競争に費やされたが、2021年のレギュレーション変更はメルセデスF1の競争力を削ぎ、ミッドフィールドチームとのバトルを余儀なくされることもあり、何度か抑えられるシーンがあった。

ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」

2022年1月5日
ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、メルセデスF1は彼の“ファミリー”のままであり、ルイス・ハミルトンが2021年のタイトル争いに敗れるのを見るのは辛かったと語る。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのレース終盤のニコラス・ラティフィのクラッシュがセーフティカーを引き起こすまで、前人未踏の8回のF1ワールドチャンピオンを手中に収めているように見えた。

ニコ・ロズベルグ 「F1はホイール・トゥ・ホイールのルールを強化すべき」

2021年12月28日
ニコ・ロズベルグ 「F1はホイール・トゥ・ホイールのルールを強化すべき」
2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、F1は2022年にホイール・トゥ・ホイールのバトルに関するルールを強化するべきだと語る。

2021年のF1シーズンを通して、フェアなレースとコース上合法と見なされたものを取り巻く多くの議論があった。過去1年で、F1の統治機関であるFIAは、コース上でのインシデントへの対処で一貫性がないとラベル付けされた。

ニコ・ロズベルグ 「ルイス・ハミルトンは2022年に戦いに戻ってくる」

2021年12月20日
元F1王者ニコ・ロズベルグ 「ルイス・ハミルトンは2022年に戦いに戻ってくる」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、今年のタイトル争いに敗れたルイス・ハミルトンが、2022年に王座を取り戻すためにアクションに戻ってくると考えている。

前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオンがかかっていたルイス・ハミルトンだが、F1アブダビGPの物議を醸したファイナルラップの展開によってマックス・フェルスタッペンに敗れた。

ニコ・ロズベルグ 「メルセデスF1のラッセルの昇進はハイリスク」

2021年12月17日
ニコ・ロズベルグ 「メルセデスF1のラッセルの昇進はハイリスク」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2022年にジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンと同じペースを発揮することになれば、メルセデスF1の状況は“本当に激しい”ものになる可能性があると語る。

ニコ・ロズベルグは、チームメイト同士が優勝を争っているときにメルセデスF1の雰囲気がどのように変化するかをよく知っており、7回のF1ワールドチャンピオンに挑戦すルことになった場合、ジョージ・ラッセルを昇進させるというトト・ヴォルフの決定にはリスクがあると考えている。

フェルスタッペン 「チェコからトウをもらえたことが一番助けになった」

2021年12月12日
マックス・フェルスタッペン 「チェコからトウをもらえたことが一番助けになった」 レッドブル・ホンダ F1アブダビGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年F1アブダビGPの予選でポールポジションを獲得した。

接戦が予想されたQ3では、最初のラップでマックス・フェルスタッペンがセルジオ・ペレスのスリップに入るチーム戦略により、最終セクターで驚異的な走りを見せ、ルイス・ハミルトンが0.5秒以上の差をつけてトップタイムを叩き出した。

ニコ・ロズベルグ 「F1サヒールGPでハミルトンの代役出場を検討した」

2021年11月4日
ニコ・ロズベルグ 「F1サヒールGPでハミルトンの代役出場を検討した」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2020年のF1サヒールGPに先立ってルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスの陽性反応を示した際、代役を務めうためにメルセデスに電話をすることを検討したことを明らかにした。

ルイス・ハミルトンの新型コロナウイルス感染によって、メルセデスはバーレーンでの第2レースに向けて、緊急でバルテリ・ボッタスと一緒にW11をドライブするドライバーの代役探しを強いられた。最終的にチームは、ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルを起用している。

「フェルスタッペンとハミルトンのタイトル争いはF1史上最高レベル」

2021年11月1日
「フェルスタッペンとハミルトンのタイトル争いはF1史上最高レベル」と元F1王者ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトンのタイトル連覇を阻止すべく、初のF1ワールドチャンピオンを目指すマックス・フェルスタッペンが挑んでいる2021年のF1ワールドチャンピオン争いはF1史上最高レベルの決闘をファンに提供している。そう語るのは2016年に当時メルセデスのチームメイトだったルイス・ハミルトンを倒して悲願のタイトルを獲得し、その直後にF1を引退したニコ・ロズベルグだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム