元F1王者ニコ・ロズベルグ、ベッテルのF1引退決断のタイミングを疑問視

2022年12月15日
元F1王者ニコ・ロズベルグ、ベッテルのF1引退決断のタイミングを疑問視
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、セバスチャン・ベッテルがF1から引退すると決断したタイミングが適切だったかどうかに疑問を呈している。

モータースポーツのエリートとしてのセバスチャン・ベッテルの15年間の存在感は、2010年から2013年の間にレッドブル・レーシングと53回のグランプリ優勝と4年連続のワールドタイトルを獲得するという傑出した実績を生み出した。

ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1でナンバー1のフェルスタッペンは楽」

2022年12月12日
元F1王者yニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1でナンバー1のフェルスタッペンは楽」
ニコ・ロズベルグは、レッドブルF1でのマックス・フェルスタッペンの明らかなナンバーワンのステータスは、自分がルイス・ハミルトンとメルセデスで耐えたライバル関係と比較して人生を楽にすると語る。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、2013年から2016年までメルセデスでペアを組んでいた。最初は調和の取れた関係を楽しんでいたが、コース上でのいくつかの激しい戦いと衝突により、チーム代表のトト・ヴォルフにとってマネジメントが非常に困難であることが判明した論争の的となった関係を築き上げた。

元F1王者ニコ・ロズベルグ、チーム代表としてのF1復帰は「明確にノー」

2022年12月7日
元F1王者ニコ・ロズベルグ、チーム代表としてのF1復帰は「明確にノー」
元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、F1チームの代表としてスポーツに復帰するつもりはないと断言する。

長年のライバルであるチームメイトのルイス・ハミルトンを倒して2016年にF1ワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグは、31歳という若さでF1から引退するという予期せぬ決断をした。

ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」

2022年9月23日
元F1王者ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、マクラーレンに加入するというオスカー・ピアストリの決定は勇敢な動きだが、ランド・ノリスを倒せなければ、最終的に裏目に出る可能性があると考えている。

オスカー・ピアストリは来シーズン、アルピーヌからF1に参戦する予定だった。評価の高い21歳のオスカー・ピアストリは、2020年から彼の活動をサポートしてきたアルピーヌによる指導の最終段階に論理的に到達していた。

元F1王者 「ピエール・ガスリーはアルピーヌにとって完璧なチョイス」

2022年9月9日
元F1王者 「ピエール・ガスリーはアルピーヌにとって完璧なチョイス」
アルピーヌF1チームのシートに空席ができている。元F1ワールドチャンピオンの二人は、ピエール・ガスリーが完璧なチョイスだと推す。

フェルナンド・アロンソの電撃移籍、そして、オスカー・ピアストリのマクラーレンとの契約騒動によって、コンストラクターズ選手権4位のアルピーヌF1チームに空席ができている。

フェラーリF1代表、ロズベルグの「F3の方が優れた作業をしている」に反論

2022年9月6日
フェラーリF1代表、ロズベルグの「F3の方が優れた作業をしている」に反論
カルロス・サインツJr.は最初のスティントでルイス・ハミルトンと戦っていたが、最初のストップでフェラーリはカルロス・サインツJr.のためにすべてのタイヤを用意できていなかった。

その後、後半のセーフティカーストップの混乱の中で、カルロス・サインツJr.はフェルナンド・アロンソの進路を塞ぎ、アンセーフリリースに対して5秒のペナルティを与えられ、その結果、最終レース分類で5位から8位に降格した。

F1モナコGP、存続危機も強硬姿勢 アルベール2世大公も交渉に介入

2022年8月16日
F1モナコGP、存続危機も強硬姿勢 アルベール2世大公も交渉に介入
F1モナコGPの存続をかけてモナコ自動車クラブはF1との契約更新交渉に強硬なアプローチをとっており、アルベール2世大公自身が交渉に介入していると元F1ドライバーのニコ・ロベルグが明かした。

モナコとF1との契約は、2022年のイベントが終了した時点で失効し、これまでのところ、新たな契約の見通しは立っていない。

「ミック・シューマッハはトップチームにはまだ早い」と元F1王者

2022年7月20日
「ミック・シューマッハはトップチームにはまだ早い」と元F1王者
2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、ミック・シューマッハはまだF1のトップチームに移籍する準備はできてないと考えている。

ニコ・ロズベルグのメルセデスF1時代のチームメイトであるミハエル・シューマッハの息子である23歳のミックは、2022年シーズンにマシンを全損させるクラッシュを2度も喫するなど厳しいスタートを切った。

F1:ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトンとの関係崩壊を語る

2022年7月18日
F1:ニコ・ロズベルグ、ルイス・ハミルトンとの関係崩壊を語る
ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、F1に到達するまでジュニアカテゴリーでお互いに切磋琢磨してきた長年の友人だった。しかし、2013年にメルセデスF1でチームメイトになったことで、その関係はすぐに悪化した。

ニコ・ロズベルグは、メルセデスが2009年の終わりにブラウンGPを引き継いだときから、ミハエル・シューマッハと一緒にすでにチームに所属していた。最初はすべて順調だったが、チームとそのドライバーが本物のタイトル候補になった2014年にすべてが変わった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム