メルセデスF1代表 「ハミルトンとロズベルグの関係崩壊は自分の責任」

2021年10月8日
メルセデスF1代表 「ハミルトンとロズベルグの関係崩壊は自分の責任」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンとの確執は“自分のせい”だったと振り返り、過去の経験により、2022年にジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンの関係は“はるかにうまく管理できる”と考えている。

すでにトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンのチームメイトとして加入する追加のプレッシャーにジョージ・ラッセルが対処できるように、2022年シーズンの初めからラッセルを“コンディショニングして調整する”ことが重要だと語っている。

ニコ・ロズベルグ 「NetflixがメルセデスF1とラッセルとの契約を撮影との噂」

2021年9月6日
ニコ・ロズベルグ 「NetflixがメルセデスF1とラッセルとの契約を撮影との噂」
ニコ・ロズベルグは、メルセデスF1がジョージ・ラッセルとの契約を撮影するためにNetFlixをオフィスに呼んだとの噂を伝えた。

バルテリ・ボッタスが、ファステストラップを設定するなという命令に反したF1オランダの後、ニコ・ロズベルグは、元ボスにルイス・ハミルトンのチームメイトがいつ発表されるかを質問。F1イタリアで発表される確率は“50/50”とのコメントを得た。

ニコ・ロズベルグ、ハミルトンに3年連続敗北で「ホテルに籠って集中した」

2021年8月17日
F1:ニコ・ロズベルグ、ハミルトンに3年連続敗北で「ホテルに籠って集中した」
ニコ・ロズベルグは、3年連続でメルセデスF1でチームメイトのルイス・ハミルトンに敗れた後、モチベーションを再発見するために強硬手段に出たと語る。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンとのメルセデスF1でのライバル関係は、コース上で最も激しいF1の歴史のひとつとして刻まれているが、舞台裏では感情的にも消耗していた。

ニコ・ロズベルグ 「100億円の収入を蹴ってF1から引退した」

2021年8月16日
ニコ・ロズベルグ 「100億円の収入を蹴ってF1から引退した」
ニコ・ロズベルグは、2016年の終わりにF1ワールドチャンピオンとして引退したとき、将来の1億ドル(約100億円)の収入を蹴ったと語る。

ニコ・ロズベルグは、31歳でメルセデスF1のチームメイトであるルイス・ハミルトンからドライバーズタイトルを獲得してから数日以内に引退するという衝撃的な決断を下した。

ジョック・クリア 「ニコ・ロズベルグと不仲で担当を変えてもらった」

2021年8月14日
F1:ジョック・クリア 「ニコ・ロズベルグと不仲で担当を変えてもらった」
ニコ・ロズベルグの元レースエンジニアであるジョック・クレアは、彼とロズベルグがまったくうまくいかなかったため、ミハエル・シューマッハ側のガレージと交代したことを明らかにした。

ジョック・クリアは、メルセデスがチャンピオンシップを獲得したブラウンGPチームを買収した最初の年である2010年にメルセデスで働いていた。

「メルセデスF1はレッドブルを悪者に仕立て上げている」とロズベルグ

2021年8月8日
「メルセデスF1はレッドブルを悪者に仕立て上げている」とロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ライバルであるレッドブルF1のクリスチャン・ホーナーとの心理戦に勝利しており、レッドブルをうまく“悪者に仕立て上げている”と感じている。

今シーズンは、ルイス・ハミルトン vs マックス・フェルスタッペン、メルセデス vs レッドブル・ホンダだけでなく、トト・ヴォルフ vs クリスチャン・ホーナーの戦いもシーズン前半戦で重要な役割を果たした。

F1:ニコ・ロズベルグ 「僕とハミルトンのライバル関係の方が複雑だった」

2021年7月26日
F1:ニコ・ロズベルグ 「僕とハミルトンのライバル関係の方が複雑だった」
ニコ・ロズベルグは、自分とルイス・ハミルトンのメルセデスF1内のライバル関係の方が、現在のハミルトンとマックス・フェルスタッペンとの戦いよりも“複雑”だったと考えている。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは2013年から16年までメルセデスF1でチームメイトだった。2014年にF1がパワーユニット時代に突入するとメルセデスF1はF1を支配するようになる。

「ガスリーのレッドブルF1への再昇格はリスク」だとニコ・ロズベルグ

2021年7月9日
「ガスリーのレッドブルF1への再昇格はリスク」だとニコ・ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブル・レーシングが現在セルジオ・ペレスが占めているシートにピエール・ガスりーを再昇格させるのはリスクだと語る。

ピエール・ガスリーは、2019年シーズン途中にレッドブル・レーシングから姉妹チームに降格して以降、優勝を含めてパフォーマンスを立て直しているが、レッドブルはトップチームに再昇格させるチャンスを与えるそぶりも見せていない。

F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスとラッセルを交代するべきではない」

2021年6月17日
F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスとラッセルを交代するべきではない」
ニコ・ロズベルグは、バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルが交代することになれば面白いだろうと認めるが、トト・ヴォルフはそうするべきではないと考えている。

ジョージ・ラッセルが今シーズンの終わり、さらにはもっと早くにバルテリ・ボッタスのメルセデスF1のシートに座るという噂は長い間なされてきた。そして、今年のボッタスの不調はその噂をさらに加速させている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム