F1:シーズンの短縮はマックス・フェルスタッペンの王座獲得に好機?

2020年4月4日
F1:シーズンの短縮はマックス・フェルスタッペンの王座獲得に好機? / レッドブル・ホンダF1
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2020年のF1世界選手権が短縮された場合、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを倒す可能性が高まると考えている。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、F1はすでに開幕から8戦の延期・中止が決定。夏以降に少なくとも15戦のカレンダーを構築することを望んでいるが、まだ再開の目途は立っていない。

F1:ニコ・ロズベルグ、スマホを捨てて新型コロナウイルスの情報を遮断

2020年4月3日
F1:ニコ・ロズベルグ、スマホを捨てて新型コロナウイルスの情報を遮断
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、現在の新型コロナウイルス危機を克服するためにスマートフォンを捨て、外界からの騒音をすべて止めるという独自の戦略をとっている。

ニコ・ロズベルグは家族とともにスペイン・イビザ島に批判している。イビザ島でニコ・ロズベルグはスポーツをするとともに一日の一部を瞑想の時間ににあてている。

「フェルスタッペンがハミルトンより優れているとは言えない」

2020年3月11日
 「フェルスタッペンがハミルトンより優れているとは言えない」と元F1王者のニコ・ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、現段階では元チームメイトのルイス・ハミルトンの方がマックス・フェルスタッペンよりも優れたドライバーだと語る。

マックス・フェルスタッペンは、2020年にルイス・ハミルトンを王座から引きずり下ろすことが期待されており、開幕戦オーストラリアGPを控え、ハミルトンとフェルスタッペンのどちらが優れたドライバーであるという議論が活発化している。

F1 | 「ホンダのF1エンジンはメルセデスを上回った」とニコ・ロズベルグ

2020年2月18日
F1
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、ホンダのF1エンジンはメルセデスを上回ったと考えており、2020年のF1世界選手権ではレッドブルの新車RB16とマkkスウ・フェルスタッペンとの組み合わせにより、レッドブル・ホンダが台頭するエキサイティングなシーズンになると考えている。

ドイツの RTL の取材を受けた元メルセデスのF1ドライバーは、2020年のF1世界選手権は3強チームでの接戦になると予想。昨年、レッドブルはメルセデスとフェラーリに後れを取っていたが、ニコ・ロズベルグの目にはそうは映っていない。

F1 | ミハエル・シューマッハ、予選前にニコ・ロズベルグのトイレを妨害?

2020年1月25日
F1
メルセデスF1チームの元最高経営責任者であるニック・フライは、ミハエル・シューマッハが“心理戦”を仕掛けていたとするチームメイトだったニコ・ロズベルグの主張を否定した。

ミハエル・シューマッハとニコ・ロズベルグは、2010年から2012年までの3年間メルセデスでチームメイトを務めた。その後、7回のF1ワールドチャンピオンであるシューマッハはF1から2度目の引退をし、ルイス・ハミルトンが後任としてメルセデスに加入。現在の支配時代に繋がっている。

フェラーリF1元広報 「過去にニコ・ロズベルグとも交渉していた」

2019年12月4日
フェラーリF1元広報 「過去にニコ・ロズベルグとも交渉していた」
フェラーリの元チーフプレスオフィサーであるアルベルト・アントニーニは、ニコ・ロズベルグも彼のキャリアの中でフェラーリと会談していたことを明らかにした。

最終戦F1アブダビGPの週末には、ルイス・ハミルトンが2020年にメルセデスとの契約が終了した後、フェラーリに移籍るうとの噂でもちきりだった。

ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンは2016年に僕に負けて教訓を学んだ」

2019年12月3日
ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンは2016年に僕に負けて教訓を学んだ」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンは自分とのタイトル争いに敗れた2016年から教訓を学んだと考えている。

2015年、ルイス・ハミルトンはF1アメリカGPで勝利してF1ワールドチャンピオンを確定させたが、その後の3戦ではハミルトンはすべて2位で終え、ニコ・ロズベルグが3連勝して自信をつけた。

エディ・ジョーダン 「ニコ・ロズベルグの“勝ち逃げ”は賢明な決断」

2019年11月26日
エディ・ジョーダン 「ニコ・ロズベルグの“勝ち逃げ”は賢明な決断」
元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは、F1ワールドチャンピオンを獲得してすぐに引退したニコ・ロズベルグの決断を称賛。続けていても、それ以上ルイス・ハミルトンに勝てることはなかっただろうと語る。

2016年にニコ・ロズベルグにタイトルを奪われたルイス・ハミルトンだが、その後3連覇を達成。その3年間でチームメイトのバルテリ・ボッタスがハミルトンを悩ませることができなかった。

ニコ・ロズベルグ、フェラーリの同士討ちは「ベッテルは動くのが早すぎた」

2019年11月20日
ニコ・ロズベルグ、フェラーリの同士討ちは「ベッテルは動くのが早すぎた」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、F1ブラジルGPのフェラーリの同士討ちについて前に出たセバスチャン・ベッテルがシャルル・ルクレールの方に移動するのが“少し早すぎた”ことと語る。

エンジン交換によるグリッド降格ペナルティで14番グリッドからスタートしたシャルル・ルクレールは、着実に順位を上げて表彰台争いまで挽回していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム