F1:ニコ・ロズベルグ 「僕とハミルトンのライバル関係の方が複雑だった」

2021年7月26日
F1:ニコ・ロズベルグ 「僕とハミルトンのライバル関係の方が複雑だった」
ニコ・ロズベルグは、自分とルイス・ハミルトンのメルセデスF1内のライバル関係の方が、現在のハミルトンとマックス・フェルスタッペンとの戦いよりも“複雑”だったと考えている。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは2013年から16年までメルセデスF1でチームメイトだった。2014年にF1がパワーユニット時代に突入するとメルセデスF1はF1を支配するようになる。

「ガスリーのレッドブルF1への再昇格はリスク」だとニコ・ロズベルグ

2021年7月9日
「ガスリーのレッドブルF1への再昇格はリスク」だとニコ・ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブル・レーシングが現在セルジオ・ペレスが占めているシートにピエール・ガスりーを再昇格させるのはリスクだと語る。

ピエール・ガスリーは、2019年シーズン途中にレッドブル・レーシングから姉妹チームに降格して以降、優勝を含めてパフォーマンスを立て直しているが、レッドブルはトップチームに再昇格させるチャンスを与えるそぶりも見せていない。

F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスとラッセルを交代するべきではない」

2021年6月17日
F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスとラッセルを交代するべきではない」
ニコ・ロズベルグは、バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルが交代することになれば面白いだろうと認めるが、トト・ヴォルフはそうするべきではないと考えている。

ジョージ・ラッセルが今シーズンの終わり、さらにはもっと早くにバルテリ・ボッタスのメルセデスF1のシートに座るという噂は長い間なされてきた。そして、今年のボッタスの不調はその噂をさらに加速させている。

ダニエル・リカルド、ロズベルグのあだ名を暴露『ニコ・ブイログズベルグ』

2021年6月10日
F1:ダニエル・リカルド、ロズベルグのあだ名を暴露『ニコ・ブイログズベルグ』
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグが、かつてのライバルたちから『ニコ・ブイログズベルグ(Nico Vlogsberg)』と呼ばれていることを暴露した。

2016年にF1ワールドチャンピオンを獲得した後、電撃引退を果たしたニコ・ロズベルグ。現在は100万人のフォロワーを抱える自身のYoutubeチャンネルにVlog(ブイログ)を公開している。

F1:ハミルトンとロズベルグが一緒にジェットスキー…壊れた友情が修復?

2021年5月31日
F1:ハミルトンとロズベルグが一緒にジェットスキー…壊れた友情が修復?
F1時代に壊れた友情をルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグはゆっくりと修復しているかもしれない。F1モナコGP後に一緒にジェットスキーをしている姿が目撃された。

ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグは、メルセデスのチームメイトとしてF1ワールドチャンピオンを争うなかで関係が悪化するまでは幼なじみだった。

ニコ・ロズベルグ 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは年齢も一因」

2021年5月31日
ニコ・ロズベルグ 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは年齢も一因」
元F1ワールドチャンピオンにニコ・ロズベルグは、フェルナンド・アロンソがF1復帰で期待してような活躍ができていないのは年齢も一因だと考えている。

2年間のブランクを経て、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1とともに2021年のF1世界選手権に帰ってきた。しかし、アロンソの復帰は、彼自身とファンが期待していたよりも困難状況になっている。

ロズベルグ 「フェラーリF1のサインツ獲得を批判した僕は間違っていた」

2021年5月27日
ニコ・ロズベルグ 「フェラーリF1のサインツ獲得を批判した僕は間違っていた」
2016年のF1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2021年にカルロス・サインツがフェラーリF1に移籍したとについての自身の発言は「間違っていた」と認める。

現在、イギリスとドイツのテレビでF1解説を担当するニコ・ロズベルグは、セバスチャン・ベッテルに代えて、カルロス・サインツと契約するというフェラーリF1の決定に批判的だった。

ニコ・ロズベルグ、コンチネンタルの新ブランド・アンバサダーに就任

2021年5月21日
元F1王者ニコ・ロズベルグ、コンチネンタルの新ブランド・アンバサダーに就任
2016年のF1ワールドチャンピオンであり、サステイナビリティ起業家として知られるニコ・ロズベルグ氏が、グローバルタイヤメーカーであるコンチネンタルの新しいブランド・アンバサダーに就任した。

ニコ・ロズベルグはモータースポーツで大成功を収め、環境保護にも多面的に取り組んでいる。一方、コンチネンタルはプレミアムタイヤの開発・製造のリーディングカンパニーとして、あらゆる走行状況において最大限の安全性と最高のパフォーマンスを追求し、同時に厳格なサステイナビリティ戦略を追求。

ニコ・ロズベルグ、電撃F1引退発表は「メルセデスF1に敬意を表した」

2021年5月18日
ニコ・ロズベルグ、電撃F1引退発表は「メルセデスF1に敬意を表した」
ニコ・ロズベルグは、2016年にF1ワールドチャンピオンを獲得した直後にF1から引退することを発表したのは、メルセデスF1への敬意を表すための決断だったと明かした。

ニコ・ロズベルグは、11月27日に開催された最終戦F1アブダビGPで、メルセデスF1のチームメイトであるルイス・ハミルトンとのタイトル争いを制して悲願のF1ワールドチャンピンを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム