MotoGP代表 「2020年に世界選手権が開催できないことも想定している」

2020年4月9日
MotoGP代表 「2020年に世界選手権が開催できないことも想定している」
MotoGPを運営するドルナスポーツの最高経営責任者を務めるカリメロ・エスペレータは、2020年にまったくレースを開催できない可能性があることを認める。

F1と同様にMotoGPも新型コロナウイルスによってレースの延期を余儀なくされている。だが、F1とは異なり、カリメロ・エスペレータは必ずしも世界選手権を成立させようとは考えていない。

MotoGP:チームの倒産を防ぐべく財政支援を実施

2020年4月1日
MotoGP:チームの倒産を防ぐべく財政支援を実施
MotoGPを運営するドルナ・スポーツは、チームが倒産しないように財政支援を提供する。F1と同様に、MotoGPもレースを開催できておらず、チームは収入減が見込まれている。

MotoGPチームはレースを行うことができていないが、ドルナ・スポーツは通常チームが受け取る参加費を前払いする。

「MotoGPはやるべきことを行い、F1はためらった」/ 新型コロナウイルス

2020年3月31日
「MotoGPはやるべきことを行い、F1はためらった」/ 新型コロナウイルス
ホンダMotoGPのチームマネージャーを務めるアルベルト・プーチは、新型コロナウイルスの発生に対するMotoGPの対応を称賛。一方で、F1は“非常にためらっていた”と語る。

F1は、早々に中国GPの延期を決断。しかし、その異例の点ではF1の対応は遅かった。シーズン開幕戦のために2000名のF1サーカスはメルボルンに移動。マクラーレのF1チームメンバーが新型コロナウイルスに感染し、金曜フリー走行まで2時間を切った時点でようやく中止を決定した。

【ライブ配信】 MotoGP Virtual Race 第1戦 ムジェロ

2020年3月29日
【ライブ配信】 MotoGP Virtual Race 第1戦 ムジェロ
MotoGPは、2019年版のオフィシャルビデオゲーム『MotoGP19』を使用した初めてのバーチャルレース『MotoGP Virtual Race』を初開催。日本時間3月29日22時00分から配信を開始する。

初開催のエントリーは、マルク・マルケス、アレックス・マルケス、マーベリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロ、アレックス・リンス、ジョアン・ミル、フランチェスコ・バグナイア、ミゲール・オリベイラ、イケル・レクオナ、アレイシ・エスパルガロら10名。

MotoGP:シーズン再開まで有料動画を無料配信!

2020年3月21日
MotoGP:シーズン再開まで有料動画を無料配信!
MotoGPは、チャンピオンシップのオフィシャルウェブ『motogp.com』の有料動画サービス『VIDEO PASS(ビデオパス)』を3月20日からシーズンが再開するまで、全ての有料動画を無料で提供することを発表した。

鈴鹿サーキットで開催された1992年開幕戦日本GPから2020年開幕戦カタールGPまで、約4.5万本以上の動画を無料で配信。オフィシャルアプリでの視聴も可能。

長島哲太、Moto2クラス初優勝 / 開幕戦カタールGP

2020年3月9日
長島哲太、Moto2クラス初優勝 / 開幕戦カタールGP
Moto2 開幕戦カタールGPの決勝レースが3月8日(日)にロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、長島哲太(レッドブル・KTM・アジョ)が10年前に友人の故・富沢祥也が初優勝を挙げた舞台でキャリア初優勝を成し遂げた。

気温22度、路面温度26度のドライコンディションのなか、14番グリッドの長島哲太は終盤に順位を上げ、ラスト3ラップでトップに飛び出し、新天地に移籍した通算70戦目で初優勝を挙げ、キャリアで初めてポイントリーダーに躍り出た。

【MotoGP】 新型コロナウイルスにより開幕戦カタールGPの中止を決定

2020年3月2日
【MotoGP】 新型コロナウイルスにより開幕戦カタールGPの中止を決定
FIM国際モーターサイクリズム連盟は3月1日(日)、新型コロナウイルスの流行により、カタールの入国に制限が施行され、イタリアをはじめ複数の国々の渡航者に影響が発生し、チャンピオンシップにおいて重要な役割を果たすイタリアからの直行便でドーハ(ハマド国際空港)に到着、または過去2週間以内にイタリアに滞在した全ての渡航者に対して、最低14日間の検疫措置となることから、開幕戦カタールGPの『MotoGPクラス』を、決勝レースを含めた全てのセッションをキャンセルすると発表した。

MotoGP | ホンダ、マルク・マルケスとの契約を2024年まで延長

2020年2月20日
MotoGP
ホンダは、FIMロードレース世界選手権(MotoGP)の最高峰MotoGPクラスに、ワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」から参戦しているマルク・マルケス(27歳、スペイン出身)と、2021年からの4年間の契約更新に合意したことを発表した。

マルケスは、2013年にHondaワークスチームのレプソル・ホンダ・チームからMotoGPクラスにRC213Vで参戦し、史上最年少でチャンピオンになった。

MotoGP | モンスターエナジー・ヤマハ、2020年のカラーリングを披露

2020年2月6日
MotoGP
MotoGPに参戦するヤマハのファクトリーチーム『モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGP』は6日、セパン・インターナショナル・サーキットでチーム発表会を開催。ヤマハから8年連続15年目を迎えるバレンティーノ・ロッシとヤマハから4年目を迎えるマーベリック・ビニャーレスが20年型のプロトタイプマシン、YZR‐M1のカラーリングを初公開した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム