ミック・シューマッハ、F1トスカーナGPで父ミハエルのF2004でデモ走行

2020年9月10日
ミック・シューマッハ、F1トスカーナGPで父ミハエルのF2004でデモ走行
ミック・シューマッハは、今週末のF1トスカーナGPで父親のミハエル・シューマッハのフェラーリF2004ででも走行を実施する。

フェラーリは、F1トスカーナGPで1000回目のグランプリを迎え、その一環として1950年にF1初参戦した際のバーガンディ色のカラーリングで歴史的な一日を祝う。

マックス・フェルスタッペン 「セナやシューマッハとの比較は好きではない」

2020年8月29日
マックス・フェルスタッペン 「セナやシューマッハとの比較は好きではない」 / レッドブル・ホンダ F1ベルギーGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、自分をアイルトン・セナやミハエル・シューマッハと比較されることは好きではないと語る。

先週、元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マックス・フェルスタッペンに非常に感銘を受けているし、F1のレジェンドであるアイルトン・セナやミハエル・シューマッハを引き合いに出してその素晴らしさを語っていた。

「ミハエル・シューマッハにはハミルトンほどのF1マシンと環境はなかった」

2020年8月28日
「ミハエル・シューマッハにはハミルトンほどのF1マシンと環境はなかった」と元メルセデスF1責任者
元メルセデスのF1責任者を務めていたノルベルト・ハウグは、ルイス・ハミルトンとメルセデスのF1マシンは、7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハが同レベルの成功を収めたチームやマシンよりも優れていると主張する。

今年、ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハが保有する91勝のF1最多勝利記録を更新し、7回のF1ワールドチャンピオン獲得という2つの記録に並ぼうとしている。

ルイス・ハミルトン、F1史上最多表彰台獲得数でもシューマッハ超え

2020年8月17日
ルイス・ハミルトン、F1史上最多表彰台獲得数でもシューマッハ超え / メルセデス F1スペインGP 決勝
ルイス・ハミルトンは、2020年のF1スペインGPで優勝。ミハエル・シューマッハの保有していたF1史上最多表彰台数の記録を更新した。

6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1スペインGPで圧倒的なパフォーマンスで優勝。156回目の表彰台と88回目の勝利を収め、マックス・フェルスタッペンに対するチャンピオンシップのリードを37ポイントに広げた。

ロス・ブラウン 「フェルスタッペンはシューマッハを思い出させる」

2020年8月12日
ロス・ブラウン 「フェルスタッペンはシューマッハを思い出させる」 / F1 70周年記念GP
F1のモータースポーツ担当ディレクターであるロス・ブラウンは、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが一見苦労せずに勝利を勝ち取る能力はレジェンドであるミハエル・シューマッハを思い出されると語る。

F1 70周年記念GPでの驚くべき勝利により、マックス・フェルスタッペンはドライバーズ選手権でルイス・ハミルトン(メルセデス)から30ポイント差のランキング2位に浮上した。

ミハエル・シューマッハ、2000年にライコネンとの契約をザウバーに助言

2020年6月26日
ミハエル・シューマッハ、2000年にライコネンとの契約をザウバーに助言 / F1回顧録
2000年にキミ・ライコネンのF1テストを見学していたミハエル・シューマッハは、“彼は大物になる”とザウバーF1のチーム代表であるペーター・ザウバーに助言していたと Blick は回顧する。

キミ・ライコネンは、わずか23戦のシングルシーター経験しかなかったが、勝率53%というパフォーマンスで注目を集めていた。その成績に注目したザウバーはムジェロにキミ・ライコネンを招待してF1マシンでのテストを実施した。

ミハエル・シューマッハのF1復帰は「彼ができた最も愚かな決断」

2020年6月22日
ミハエル・シューマッハのF1復帰は「彼ができた最も愚かな決断」
ミハエル・シューマッハの元マネージャーであるウィリー・ウェバーは、2010年にF1のレジェンドが下したF1復帰という決断は“愚か”でひどく退屈なものだったと振り返る。

F1で最多となる91勝、7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハは、2006年シーズンを最後に黄金時代を築いたフェラーリF1で引退を表明した。

シャルル・ルクレール=ミハエル・シューマッハ×キミ・ライコネン?

2020年6月10日
シャルル・ルクレール=ミハエル・シューマッハ×キミ・ライコネン? / F1ニュース
アルファロメオF1のスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーは、シャルル・ルクレールはキミ・ライコネンのスピードとミハエル・シューマッハの労働倫理を掛け合わせたようなドライバーだと語る。

ビート・ツェンダーは、シャルル・ルクレールのF1デビューシーズンとなった2018年にザウバーで仕事をしており、そこでの活躍が1年後にフェラーリF1がルクレールを昇格させるきっかけとなった。

ラルフ・シューマッハ 「兄の容態について今後も話すことはない」

2020年6月9日
ラルフ・シューマッハ 「兄の容態について今後も話すことはない」 / F1ニュース
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、兄であるミハエル・シューマッハの容態について今後もメディアに話すことはないと語る。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年末のスキー事故で脳挫傷を負っていこう、容態については秘密が保たれている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム