F1:シューマッハはハミルトンよりも厳しい競争相手と戦っていた

2020年3月27日
F1:シューマッハはハミルトンよりも厳しい競争相手と戦っていた
元F1チーム代表のフラビオ・ブリアトーレは、ミハエル・シューマッハは、ルイス・ハミルトンよりも激しい競争相手との闘いでF1ワールドチャンピオンを獲得したと考えている。

今シーズンが開幕すると、ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハの持つ7回のF1史上最多ワールドチャンピオン記録をかけた戦いがスタートする。

「ハミルトンはシューマッハより完成されたF1ドライバー」

2020年3月10日
「ハミルトンはシューマッハより完成されたF1ドライバー」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ルイス・ハミルトンはミハエル・シューマッハよりも完成されたドライバーだと語る。

6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、今年、ミハエル・シューマッハの7回の最多記録に並ぶ可能性がある。メルセデスはF1プレシーズンテストでも再びポテンシャルを示しており、ライバルのフェラーリはやや後退しているようだ。

F1 | ロス・ブラウンが語るハミルトンとシューマッハに共通する才能

2020年2月7日
F1
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1ワールドチャンピオン獲得記録で並ぼうとしているルイス・ハミルトンとミハエル・シューマッハには、他のドライバーとは異なる“どこからでも何らかのものを引き出す”才能があると語る。

昨年、ルイス・ハミルトンは21位戦中11勝、17回の表彰台を獲得して自身6回目のF1ワールドチャンピオンを獲得。2020年には破られることはないと考えられていたミハエル・シューマッハの最多チャンピオン記録に並ぼうとしている。

F1 | ミハエル・シューマッハ、予選前にニコ・ロズベルグのトイレを妨害?

2020年1月25日
F1
メルセデスF1チームの元最高経営責任者であるニック・フライは、ミハエル・シューマッハが“心理戦”を仕掛けていたとするチームメイトだったニコ・ロズベルグの主張を否定した。

ミハエル・シューマッハとニコ・ロズベルグは、2010年から2012年までの3年間メルセデスでチームメイトを務めた。その後、7回のF1ワールドチャンピオンであるシューマッハはF1から2度目の引退をし、ルイス・ハミルトンが後任としてメルセデスに加入。現在の支配時代に繋がっている。

F1 | 「ハミルトンはセナやシューマッハよりも優れた才能」とバリチェロ

2020年1月24日
F1
元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロは、ルイス・ハミルトンはすでにF1史上最高のドライバーであり、F1の伝説であるアイルトン・セナやミハエル・シューマッハよりも優れているかもしれないと語る。

F1では、世代を超えて誰が最も偉大なドライバーであるかの議論が常に行われているが、マシン性能やレース数といった違いを理由に明確な答えを出すことは困難だ。

F1 | 脳神経外科医 「ミハエル・シューマッハは記憶にある姿とは異なる」

2020年1月23日
F1
脳神経外科医のニコラ・アクアリは、51歳になったミハエル・シューマッハの現在の姿は、皆の記憶にあるサーキットでの融資とは非常に異なっていることを覚悟しなければならないと語る。

昨年の12月で、7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年12月29日にフランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでスキーを楽しんでいる最中に転倒して頭を岩に強打して頭部に重傷を負ってから6年が経過した。

F1 | ミハエル・シューマッハの病床の盗撮写真が1億4000万円で販売?

2020年1月22日
F1
ミハエル・シューマッハがジュネーブの自宅のベットに横たわっている写真が100万ポンド(約1億4000万円)で売りに出されていると Mirror が報じている。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年12月29日にフランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでスキーを楽しんでいる最中に転倒して頭を岩に強打して頭部に重傷を負い、現在もスイスの自宅で療養を続けている。

ミハエル・シューマッハ、51歳の誕生日

2020年1月4日
ミハエル・シューマッハ、51歳の誕生日
ミハエル・シューマッハが、1月3日(金)に51歳の誕生日を迎えた。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年12月29日にフランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでスキーを楽しんでいる最中に転倒して頭を岩に強打して頭部に重傷を負い、現在もスイスの自宅で療養を続けている。

メルセデスF1 「現在の成功の礎を築いたのはミハエル・シューマッハ」

2020年1月3日
メルセデスF1 「現在の成功の礎を築いたのはミハエル・シューマッハ」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、現在のF1での傑出した成功の一部にはミハエル・シューマッハの影響があったと語る。

ミハエル・シューマッハは、メルセデスがブラウンGPを引き継いでワークスチームを結成した2010年に引退を撤回してチームに加入した。その時点でメルセデスはある程度の競争力を発揮してはいたものの、ライバルであるレッドブルとフェラーリに匹敵するリソースが不足していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム