F1:ミハエル・シューマッハのスイスの不動産が77億円で売却との報道

2021年4月15日
F1:ミハエル・シューマッハのスイスの不動産が77億円で売却との報道
ミハエル・シューマッハのスイスのジュネーブ湖のほとりにある有名な不動産が売りに出されたと報じられている。

ミハエル・シューマッハ家の舞台裏を報道することで有名なドイツの雑誌 Bunte によると、妻コリーナは、2万平方メートルの不動産を5870万ユーロ(約76億5000万円)で売りに出したという。

メルセデスF1幹部 「ミハエル・シューマッハと勝てなかったのは最大の後悔」

2021年4月9日
メルセデスF1幹部 「ミハエル・シューマッハと勝てなかったのは最大の後悔」
メルセデスF1の長年のメンバーたちは、F1界のレジェンドであるミハエル・シューマッハとレースで勝利を収められなかったことに悔いが残っていると語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、1度引退してグリッドから3年間離れた後、2010年にワークスチームとして新たなスタートを切ったメルセデスF1とともにF1に復帰した。

ミック・シューマッハ、F1での略称表記は父と同じ『MSC』

2021年3月12日
ミック・シューマッハ、F1での略称表記は父と同じ『MSC』
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権のタイミングモニターで父と同じ『MSC』の略称表記で表示される。

フェラーリのジュニアドライバーであるミック・シューマッハは、今年ハースF1チームでF1デビュー。父親であるミハエル・シューマッハがベネトンとフェラーリで当時の記録である91勝を達成した後、メルセデスF1でスティントの後に2度目のF1引退をしてから9年が経過した。

ミハエル・シューマッハのF1デビューから30年。息子ミックがF1デビュー

2021年3月9日
ミハエル・シューマッハのF1デビューから30年。息子ミックがF1デビュー
ミック・シューマッハは、父親であるミハエル・シューマッハがF1デビューしてからほぼ30年となる今年、ハースF1チームからF1デビュー。有名な『シューマッハ』の名前をF1グリッドに呼び戻す。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、1991年8月のベルトラン・ガショーの刑事事件をきっかけに、メルセデスが用意した持参金をジョーダンに持ち込み、第11戦ベルギーGPで代役として同チームからF1デビューを果たした。

ミック・シューマッハ 「F1にこの名前を復活させることは誇り」

2021年3月6日
ミック・シューマッハ 「F1にこの名前を復活させることは誇り」
ハースF1チームから2021年にF1デビューを果たすミック・シューマッハは、7回のF1ワールドチャンピオンである父親のミハエル・シューマッハが築き上げた『シューマッハ』という名前をF1に復活させることを誇りに思っており、プレッシャーではなく、頑張るためのモチベーションになっていると語る。

フェラーリのジュニアドライバーであるミック・シューマッハは、今年ハースF1チームでF2時代のライバルであるニキータ・マゼピンとチームを組む。

ハースF1のミック・シューマッハをDeutsche Vermogensberatungが継続支援

2021年3月2日
ハースF1のミック・シューマッハをDeutsche Vermogensberatungが継続支援
ミハエル・シューマッハの長年のスポンサーであるドイチェ・フェルメーゲンスベラトゥン(Deutsche Vermogensberatung)は、7回のF1ワールドチャンピオンの息子であるミック・シューマッハのハースF1でのルーキーシーズンで引き続き支援することを確認した。

フランクフルトを拠点とするファイナンシャルアドバイザーのドイチェ・フェルメーゲンスベラトゥンは、1996年にミハエル・シューマッハが2回のF1ワールドチャンピオンとしてベネトンからフェラーリに移籍したことにシューマッハのスポンサーを開始した。

ミック・シューマッハ 「父のようにフェラーリでF1を戦うことが夢」

2021年2月26日
ミック・シューマッハ 「父のようにフェラーリでF1を戦うことが夢」
ミック・シューマッハは、今年ハースF1でキャリアをスタートすることを嬉しく思っているが、夢は“父のように”いくつかフェラーリでレースをすることだと語る。

ミハエル・シューマッハがジョーダンでF1デビューしてから30年後、21歳のミック・シューマッハは今シーズン、ハースF1とともにF1グリッドに登場する。

マックス・フェルスタッペン、“幼馴染”ミック・シューマッハとの親交を語る

2021年1月11日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、“幼馴染”ミック・シューマッハとの親交を語る
マックス・フェルスタッペン(23歳)とミック・シューマッハ(21歳)は幼馴染であり、どちらも父親と同じキャリアであるモータースポーツを選び、2021年にF1ドライバーとして同じ舞台で戦う。

17歳のとき、マックス・フェルスタッペンは父親の足跡をたどってトロロッソからF1デビュー。父親のヨス・フェルスタッペンはF1キャリアで107回のグランプリに出場している。

F1:ジャン・トッド 「ハミルトンの覇権はシューマッハ時代よりも強力」

2021年1月6日
F1:ジャン・トッド 「ハミルトンの覇権はシューマッハ時代よりも強力」
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、2000年代初頭のミハエル・シューマッハのピーク時よりも、現在のルイス・ハミルトンの方がF1でより支配的な存在であると宣言した。

ミハエル・シューマッハは、2000年から2004年にフェラーリでF1ワールドチャンピオンを5連覇。ベネトン時代の2回に加えて、10年間で7回のF1ワールドチャンピオンを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム