アルファタウリF1代表 「ドイツにはシューマッハのようなヒーローが必要」

2023年2月2日
アルファタウリF1代表 「ドイツにはシューマッハのようなヒーローが必要」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは、ミック・シューマッハと契約したかったとの気持ちを隠さない。そして、ドイツでのF1の関心についてもそう語る。

1月20日、67歳の誕生日を迎えたアルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは、彼が最も好きなこと、つまり仕事をしていた。

ミハエル・シューマッハのF1デビュー車両『ジョーダン 191』が再び転売

2023年1月23日
ミハエル・シューマッハのF1デビュー車両『ジョーダン 191』が再び転売
ミハエル・シューマッハがF1デビューを果たした1991年のジョーダン191が、来月オークションにかけられる。

ゲイリー・アンダーソンがデザインしたこの車は、2月2日(木)にフランスのパリでボナムズによってオークションにかけられる。ミハエル・シューマッハは、彼の最初の公式 F1セッションである1991年のF1ベルギーGPでの1回目のフリープラクティスセッションで33号車を運転した。

ミハエル・シューマッハがフェラーリのF1チーム代表を断った日

2023年1月7日
ミハエル・シューマッハがフェラーリのF1チーム代表を断った日
ミハエル・シューマッハは、過去にフェラーリのF1チーム代表のオファーを断っていた。もし、表舞台から姿を消すことになったスキー事故がなければ、偉大なF1ドライバーは苦戦が続くスクーデリア・フェラーリを救うことはできただろうか?

91回勝と7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハは、2006年末に1度目のF1撤退をした。当時のフェラーリ社長ルカ・ディ・モンテゼモーロによっって強制されたと広く報じられている引退は、キミ・ライコネンにドアを開いた。

ミック・シューマッハ 「有名な父親の姓には否定的側面もある」

2023年1月1日
ミック・シューマッハ 「有名な父親の姓には否定的側面もある」
ミック・シューマッハは、2023年のF1シートを失った後、彼の伝説的な7回のチャンピオンである父親の姓を持つことには「否定的側面がある」ことを認める。

ミック・シューマッハは、F1ワールド チャンピオンの息子として初めてF1に足を踏み入れたドライバーではないが、シューマッハが直面したプレッシャーは、デイモン・ヒルやニコ・ロズベルグなどよりもはるかに大きかったと言える。

F1:ミハエル・シューマッハ、スキー事故から9年

2022年12月30日
F1:ミハエル・シューマッハ、スキー事故から9年
F1史上最高のレジェンドの1人であるミハエル・シューマッハがスキー事故で負傷してから9年が経った。毎年、モータースポーツコミュニティはシューマッハの事故を複雑な思いで振り返る。

ミハエル・シューマッハがフランスのメリベルでスキー中に負傷したというニュースが流れてから9年の月日が流れた。7回のF1ワールドチャンピオンであるシューマッハがメルセデスF1での3年間の復帰を果たした後、2012年末にF1を引退してから間もなくのことだった。

メルセデスF1代表 「ハミルトンの存在はミハエル・シューマッハと同等」

2022年12月25日
メルセデスF1代表 「ハミルトンの存在はミハエル・シューマッハと同等」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チャレンジングな2022年F1シーズンに対するルイス・ハミルトンの「称賛に値する」態度を称賛し、その役割を当時のミハエル・シューマッハと比較した.

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1のチームメイトであるジョージ ラッセルは、新世代の W13 シルバー アローに影響を与える慢性的な問題により、シーズンの最初からライバルに遅れをとっていた。

ベッテル 「ミック・シューマッハにはF1降格を消化する時間が必要」

2022年12月17日
セバスチャン・ベッテル 「ミック・シューマッハにはF1降格を消化する時間が必要」
ミック・シューマッハは、F1レースのキャリアを正しい方向に戻すために「温かさ」を必要としている。

これは、ドイツのモーターレース界のレジェンド、ハンス・ヨアヒム・シュトゥックの見解だ。フェラーリは、23歳のハースF1チームのドライバーだったミック・シューマッハをドライバー育成アカデミーから外した。

ミハエル・シューマッハの伝説となったフェラーリF1移籍を妻が回顧

2022年12月14日
ミハエル・シューマッハの伝説となったフェラーリF1移籍を妻が回顧
ミハエル・シューマッハが、伝説となったフェラーリF1移籍を決断したいきさつについて妻であるコリーナ・シューマッハが語った。

F1のレジェンドであるミハエル・シューマッハは、フェラーリとの5連覇を含めた7回のF1ワールドチャンピオンを獲得しており、その輝かしい時代はF1の歴史となっている。

シューマッハ 「ギュンターはミックに個人的な何かがあるとしか思えない」

2022年11月16日
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハ 「ギュンターはミックに個人的な何かがあるとしか思えない」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーが、甥のミック シューマッハに対して「個人的な何か」を持っていると非難した。

ミック・シューマッハの将来に関する最新の報道によると、すでに2023年シーズンのハースF1チームのレースシートを持たないことをギュンター・シュタイナーからすでに知らされているとされている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム