エステバン・オコン、F1イタリアGPで“ミハエル・シューマッハ”ヘルメット

2022年9月9日
エステバン・オコン、F1イタリアGPで“ミハエル・シューマッハ”ヘルメット
アルピーヌF1チームのエステバン・オコンは、2022年F1イタリアGPにミハエル・シューマッハのデザインのヘルメットで挑む。

エステバン・オコンは、F1 のレジェンドであるミハエル・シューマッハへの敬意を隠したことはない。それはオコンのレースへの情熱の誕生にまでさかのぼる。カートの仲間入りをしたモータースポーツの形成期に、オコンは故意にミハエル・シューマッハにインスパイアされたヘルメットでレースをすることを選択した。

「ミハエル・シューマッハの家族は真実を語るべき」と元F1マネージャー

2022年7月21日
「ミハエル・シューマッハの家族は真実を語るべき」と元F1マネージャー
ミハエルシューマッハの元マネージャーは、F1レジェンドの家族に、ミハエル・シューマッハの健康状態について最終的に「真実」を伝えるよう呼びかけている。

今年で53歳になったミハエル・シューマッハが、フランスで息子のミックとスキーをしている際に頭を強打し、脳に損傷を負っってから、もう10年が経とうとしている。

マックス・フェルスタッペン 「シューマッハにはバックオフする賢さがある」

2022年7月6日
マックス・フェルスタッペン 「シューマッハにはバックオフする賢さがある」 / F1イギリスGP
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、F1イギリスグランプリでのミック・シューマッハ(ハースF1チーム)とのバトルを楽しんだと語った。

マックス・フェルスタッペンは、カルロス・サインツJr.を抜いてトップに立った数週後に突如減速。パンクだと感じた車の問題は、後にフロアにアルファタウリから外れたデブリが挟まっていたことが原因だったことが分かっている。

ミハエル・シューマッハ陣営、オークション出品のポルシェの所有を否定

2022年6月29日
F1:ミハエル・シューマッハ陣営、オークション出品のポルシェの所有を否定
7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハを取り巻く関係者は、彼がポルシェ・カレラGTを運転したことを否定した。

最近、ミハエル・シューマッハの愛車として“秘密裏”に日常の足としてドライブされていたとされるポルシェ・カレラGTのオークションに出品されてミディアの注目を集めた。

F1:ミハエル・シューマッハにノルトライン・ヴェストファーレン州賞

2022年6月26日
F1:ミハエル・シューマッハにノルトライン・ヴェストファーレン州賞
ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州は、同州で生まれたミハエル・シューマッハのF1での功績を称えて州で最高の栄誉となる州賞を授与した。

正式な授賞式は、7月20日にケルンのモーターワールドで開催される。この会場には、7回のF1ワールドチャンピオンの素晴らしいキャリアに関連するシューマッハ家のF1カーと記念品のプライベートコレクションが展示される。

ロス・ブラウン 「ミハエル・シューマッハはF1新時代に魅力されただろう」

2022年5月16日
ロス・ブラウン 「ミハエル・シューマッハはF1新時代に魅力されただろう」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、今年から導入された新世代F1マシンは、ミハエル・シューマッハを“魅了”しただろうと信じている。

1991年にF1に参戦したミハエル・シューマッハは、18シーズンをグリッドで過ごして7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したが、今日のF1マシンは彼が経験したものとは大きく異なっている。

フェルスタッペン、レッドブルF1との新契約でミハエル・シューマッハ超えへ

2022年3月7日
マックス・フェルスタッペン、レッドブルF1との新契約でミハエル・シューマッハ超えへ
マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングとの新しい契約は、ミハエル・シューマッハが保持している記録を破る方向に向かっている。それはルイス・ハミルトンもまもなく破る予定だ。

マックス・フェルスタッペンは、新しい契約によってF1ワールドチャンピオンを獲得したレッドブル・レーシングに少なくとも2028年まで残留することになった。

ジョージ・ラッセル、シューマッハに配慮してヘルメットを黒に変更

2022年2月16日
メルセデスF1加入のジョージ・ラッセル、シューマッハに配慮してヘルメットを黒に変更
メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルは、2022年シーズンに向けて大胆なブラックのヘルメットを選択。元メルセデスのドライバーであるミハエル・シューマッハに配慮してレッドのデザインを放棄した。

F1界のレジェンドであるミハエル・シューマッハは、2010年にメルセデスと3年契約を結んでF1に復帰した。7回のF1ワールドチャンピオンであるシューマッハはF1キャリアの大部分で赤いヘルメットを被り、シルバーアローでもそれを継続した。

レッドブルF1首脳が語るフェルスタッペンの“セナ/シューマッハとの類似点”

2022年2月4日
レッドブルF1首脳が語るフェルスタッペンの“セナ/シューマッハとの類似点”
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新たなF1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンが、F1レジェンドのアイルトン・セナやミハエル・シューマッハとかなりの数の類似点を共有していると信じている。

アイルトン・セナとミハエル・シューマッハは、1980年代後半から2000年代半ばにかけてF1世界選手権でそれぞれ3回と7回のタイトルを獲得し、F1がこれまでに見た中で最も成功した才能のあるドライバーの2人としての地位を固めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム