ストフェル・バンドーン:2017 F1モナコGP プレビュー

2017年5月24日
ストフェル・バンドーン F1 モナコGP マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

ストフェル・バンドーン (マクラーレン・ホンダ)
「スペインGPの結果はフラストレーションを感じたし、もちろん僕たちが求めていた結果ではなかったけど、それでも週末からいくつかポジティブなことを見つけることができた」

ストフェル・バンドーン、F1モナコGPで3グリッド降格ペナルティ

2017年5月15日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)は、F1スペインGPの決勝でフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)に接触した責任を問われ、次戦F1モナコGPで3グリッド降格ペナルティを科せられた。

F1スペインGPの34周目、ストフェル・バンドーンは、ターン1で追い抜きを仕掛けてきたフェリペ・マッサにマシンに接触。バンドーンのマシンはサスペンションを壊れてリタイア。フェリペ・マッサは走行を続けることができ、13位でチェッカーフラッグを受けている。

ストフェル・バンドーン 「マッサがあの場所にいるとは思っていなかった」

2017年5月15日
ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)は、F1スペインGPの決勝レースでフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)と接触してリタイア。レース後、この事故の責任を問われたバンドーンには、次戦F1モナコGPで3グリッド降格ペナルティが科せられた。

「マッサとの接触事故については、まだTVでちゃんと確認できていない。マッサがあの場所にいるとは思っていなかった」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン、パワーユニット交換で10グリッド降格

2017年5月14日
マクラーレン・ホンダ F1 スペインGP ストフェル・バンドーン
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、パワーユニットのコンポーネント交換により、F1スペインGPの決勝レースで10グリッド降格ペナルティを科せられることになった。

マクラーレン・ホンダは、ストフェル・バンドーンのマシンのエネルギーストアとコントロールエレクトロニクスを交換。それぞれ5基目となり、10グリッド降格ペナルティが科せられることになった。

ストフェル・バンドーン 「Q2に進出するポテンシャルはあった」

2017年5月14日
ストフェル・バンドーン F1 スペインGP
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1スペインGPの予選を19番手で終えた。

「今日、自分になにが起こったのかが、まだきちんと整理できていない。昨日はマシンに対してかなりいい感触があり、自信を持てていた。パフォーマンスに関しても満足していたので、今日の予選でさらに前進するために、すべてが正しい方向に向かっていたと思う」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「トラブルのない金曜日は今シーズン初めて」

2017年5月13日
ストフェル・バンドーン F1 スペインGP マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンは、F1スペインGP初日の2回のフリー走行で60周を走行し、13番手タイムを記録した。

「今日はこれまでで最もいい金曜日の1つだった。大きな問題もなくフリー走行を終えたのは、今シーズンで初めてだ。今日は大きなトラブルもなく走行プログラムを消化できたのでよかった」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレンの苦境は自分の成長にはいい」

2017年5月9日
マクラーレン・ホンダ F1 ストフェル・バンドーン
マクラーレン・ホンダのルーキF1ドライバーであるストフェル・バンドーンは、現在のチームの苦境は自分がドライバーとして成長するために“非常に良い”ことだと思っている。

ストフェル・バンドーン(25歳)は、ジェンソン・バトンの後任としてマクラーレン・ホンダのレースドライバーに就任し、フェルナンド・アロンソとチームを組んでいる。

ストフェル・バンドーン 「バルセロナは僕たちの能力が試されるコース」

2017年5月9日
マクラーレン・ホンダ F1 スペインGP ストフェル・バンドーンl
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが、F1スペインGPへの意気込みを語った。

「ロシアGPでのパフォーマンスはあまり誇ることができるものではなかったが、それでも僕たちは前戦からポジティブな感触を得ている。タフなレースが続いたあとでレースを完走できたことには満足している」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「14位は僕たちの状況を反映している」

2017年5月1日
ストフェル・バンドーン F1 ロシアGP
ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)は、F1ロシアGPの決勝レースを14位で完走した。

「14位というポジションは、おそらく今日達成し得るベストな結果だったと思う」とストフェル・バンドーンはコメント。

「スタートはまずまずだったが、1コーナーでのアクシデントを回避しなければならなかった。そのため、2コーナーでマーカーの外を走行し、5秒間のタイムペナルティを科せられた」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム