バンドーンのニュースはリカルドとヒュルケンベルグの次の動きを暗示?

2022年11月2日
F1:バンドーンのニュースはリカルドとヒュルケンベルグの次の動きを暗示?
メルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めてきたストフェル・バンドーンのアストンマーティンF1チームへの移籍は、ダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグの次の動きを暗示している可能性がある。

元マクラーレンのF1ドライバーであるストファル・バンドーンは、2023年にF2チャンピオンのフェリペ・ドルゴビッチとアストンマーティンF1のドライバーリストに加わった。

アストンマーティンF1、ストフェル・バンドーンをテスト兼リザーブに起用

2022年11月1日
アストンマーティンF1、ストフェル・バンドーンをテスト兼リザーブに起用
アストンマーティンF1チームは、ストフェル・バンドーンが2023年シーズンからテスト兼リザーブドライバーとして加入することを発表した。

ストフェル・バンドーンは、テスト兼リザーブドライバーとしてフェリペ・ドルゴビッチに加わり、2023年の24レースのカレンダーでの任務を共にする。この役割で、ストフェル・バンドーンは、アストンマーティンF1チームのシルバーストンのファクトリーで集中的なシミュレーションと開発プログラムを実施する。

ストフェル・バンドーン 「僕の将来はF1ではなくフォーミュラE」

2022年8月21日
ストフェル・バンドーン 「僕の将来はF1ではなくフォーミュラE」
フォーミュラEの新チャンピオンであるストフェル・バンドーンは、F1は戻ることはないと信じており、彼の将来はフォーミュラEにあると主張する。

ストフェル・バンドーンは、2017年と2018年にマクラーレンで2シーズンにわたってF1に参戦し、当時フェルナンド・アロンソと並んで戦っていた。

ストフェル・バンドーン 「四つ巴の王座争いは美しいストーリーを追加した」

2022年8月15日
ストフェル・バンドーン 「四つ巴の王座争いは美しいストーリーを追加した」 / フォーミュラE
フォーミュラEのチャンピオンを獲得したストフェル・バンドーンは、2021-22年シーズンの四つ巴のタイトル争いが、彼の王座に「美しいストーリー」を追加したと感じており、今シーズンの自分の一貫性に「驚いた」と語った。

ストフェル・バンドーンは、韓国・ソウルで開催されたフォーミュラEの最終戦を2位でフィニッシュして、初のタイトルを獲得。今シーズン限りでフォーミュラEから撤退するメルセデスの2年連続のチームタイトルにも貢献した。

フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得

2022年8月14日
フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得
元F1ドライバーのストフェル・バンドーンが、フォーミュラEのシーズン8(2021-22)のチャンピオンを獲得した。

8月14日(日)に韓国で最終戦ソウルePrixが行われた。7位以上でチャンピオンが確定するストフェル・バンドーン(メルセデスEQフォーミュラEチーム)は2位でフィニッシュ。フォーミュラEでの4シーズン目で初のチャンピオンを獲得した。

メルセデスF1の敗北を目撃したストフェル・バンドーン 「痛みを感じた」

2022年1月3日
メルセデスF1の敗北を目撃したストフェル・バンドーン 「痛みを感じた」
メルセデスF1のリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、2021年のドライバーズタイトル争いがチームにもたらした“痛み”を目撃した。

メルセデスとのフォーミュラEへの参戦と並行して、F1チームのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、特定の週末にレースドライバーが欠場を余儀なくされた際に代役を務めるためにF1パドックでよく見かけられた。

ストフェル・ヴァンドーン、インディカーをマクラーレンでテスト

2021年10月28日
ストフェル・ヴァンドーン、インディカーをマクラーレンでテスト
元F1ドライバーのストフェル・バンドーンは、今後のインディカー参戦を見据えた評価プログラムの一環として、アロー・マクラーレンSPでテストを実施する。

2022年もパトリシオ・オワードとフェリックス・ローゼンクヴィストを起用するアロー・マクラーレンSPは、2023年に3台目をフルタイムでエントリーする前に、シーズン後半の選択されたイベントで3台目のマシンを走らせることを計画している。

マクラーレンF1 「ノリス出場停止の場合はバンドーンがファーストチョイス」

2021年7月12日
マクラーレンF1 「ノリス出場停止の場合はバンドーンがファーストチョイス」
マクラーレンF1のアンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスが1レースの出場停止に見舞われる“リスク”があることを恐れており、そうなってしまった場合は、ストフェル・バンドーンが代役としての“ファーストチョイス”になると語った。

ランド・ノリスは、F1オーストリアGPの決勝でペナルティを科された数名のドライバーの一人だった。レース序盤にセルジオ・ペレスと2位争いをしている際にターン4でペレスをコース外に追いやったと見なされた。

メルセデスF1、ニック・デ・フリースをリザーブドライバーに起用

2021年3月3日
メルセデスF1、ニック・デ・フリースをリザーブドライバーに起用
メルセデスF1は、ニック・デ・フリースをストフェル・バンドーンとともに2021年の公式リザーブドライバーに起用することを発表した。

すでにメルセデス・フォーミュラEチームでレースをしているニック・デ・フリースは、メルセデスのF1活動のためのリザーブドライバーの役割とフォーミュラEのレースでのミッションを兼任する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム