ストフェル・バンドーン、自己ベストの7位入賞 / F1シンガポールGP

2017年9月18日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 シンガポールグランプリ
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1シンガポールGPの決勝を自己ベストリザルトとなる7位でフィニッシュした。

「今日はまさに波乱のレースだった!」とストフェル・バンドーンはコメント。

「序盤は雨が降る中でのレースとなり、難しい状況だった。そこで、トラブルに巻き込まれないようにしようと集中し、なんとかうまく回避できたと思う。それ以降は、自分のレースを進めた」

ストフェル・バンドーン、予選9番手 「本当に大事なのは明日」

2017年9月17日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 シンガポールグランプリ
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1シンガポールGPの予選を9番手で終えた。

「今回は両マシンのQ3進出を期待しながら、週末を迎えた。そして、今日それを達成できた」とストフェル・バンドーンはコメント。

「Q1とQ2では、両セッションを通して常にスピードがあった。ただQ3では、ライバルチームと比べて、タイムを伸ばすことができなかったように思う」

ストフェル・バンドーン 「予選でもペースを発揮できることを願う」

2017年9月16日
ストフェル・バンドーン シンガポールグランプリ マクラーレン ホンダF1
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で6番手タイムを記録した。

マリーナ・ベイ・サーキットでの初めての走行となったストフェル・バンドーンは、FP1の走行プログラムを正式に始める前にコースを確認するため、試作品のヘイロー(ドライバーの頭部保護装置)を装着して数周走行した。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレンは2018年に表彰台を争える」

2017年9月15日
マクラーレン ホンダF1 ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、2018年にマクラーレンが表彰台を争えると確信している。

マクラーレンは、ホンダとのパートナーシップを解消し、2018年からルノーのカスタマーパワーユニットの供給を受けることで合意。契約はトロ・ロッソとホンダの契約とともに、F1シンガポールGPのFP1終了後に発表される予定とされている。

ストフェル・バンドーン 「シンガポールでパッケージの強みを引き出したい」

2017年9月12日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 シンガポールグランプリ
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。
「シンガポールでのレース経験はないが、ここ数年チームに帯同していたので、レースウイークの流れは分かっている。(すべてがナイトセッションのため)ヨーロッパ時間に合わせて動き、眠りにつくのが午前6時というのは不思議な感じがするが、それもこのグランプリが特別なものである一因だと思う」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン、F1シンガポールGPで再びグリッド降格の可能性

2017年9月8日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 シンガポールグランプリ
マクラーレンは、F1シンガポールGPでストフェル・バンドーンがグリッド降格ペナルティを受けることになるかどうかまだ確信はないとしている。

ストフェル・バンドーンは、F1イタリアGPの決勝前夜にMGU-Kに問題があることが発覚。時間内にMGU-Kのみの交換作業は不可能だったことからエンジン一式を交換することを選択。それにともない、25グリッドの降格ペナルティーを受ける結果となった。

ストフェル・バンドーン、パワーユニット問題でのリタイアに苛立ち

2017年9月4日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 イタリアグランプリ
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1イタリアGPの決勝レースでパワーユニットの問題が発生してリタイアに終わった。

予選Q3でパワーを失うトラブルに見舞われた後、ホンダはストフェル・バンドーンのパワーユニットを新品に交換。25グリッド降格によって18番グリッドからスタートすることなった。

ストフェル・バンドーン、25グリッド降格ペナルティ / F1イタリアGP

2017年9月3日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 イタリアグランプリ
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが、F1イギリスGPの決勝で25グリッド降格ペナルティを受けることになった。

予選を10番手で終えたストフェル・バンドーンは、前日の段階では8番グリッドからスタートする予定となっていた。

しかし、土曜日の夜にホンダはパワーユニットに不具合を発見。交換を異議なくされた。

ストフェル・バンドーン、予選10位 「Q3でエンジンパワーを失った」

2017年9月3日
ストフェル・バンドーン マクラーレン ホンダF1 イタリアグランプリ
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1イタリアGPの予選で今季4度目のQ3進出を果たし、10番グリッドを獲得した。マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドがペナルティーを受けるため、決勝は8番手からスタートする。

「モンツァのようなサーキットで僕たちがQ3に進出したということは、かなりいい予選だったということだ。特に、今日はかなり難しいコンディションだったので、なおさらのことだ」とストフェル・バンドーンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム