ストフェル・バンドーン 「ホッケンハイムはチャレンジング」

2018年7月19日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンが、2018年のF1世界選手権 第11戦 ドイツGPへの意気込みと舞台となるホッケンハイム・リンクについて語った。

「現在のカレンダーでF1でレースをしたことのない唯一のグランプリだけど、GP2ではホッケンハイムでレースをして表彰台を獲得しているし、僕にとってはいい思い出がある場所だ」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレンの体制変更はポジティブなこと」

2018年7月14日
F1 マクラーレン ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレンの運命が一晩で変わることはないことをわかっているが、最近、マネジメント体制が変更されたからといって。2018年シーズンが価値のないものになったわけではないと語る。

過去3年間、マクラーレンはその悲惨なパフォーマンスの責任をホンダのF1パワーユニットの信頼性とパフォーマンス不足の責任とすることで正当化。事あるごとにシャシーはメルセデスのエンジンを搭載していれば勝利を争えると主張し、その低迷ぶりを嘆いてきた。

ストフェル・バンドーン、ジル・ド・フェランの入閣で残留に前進?

2018年7月11日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
ストフェル・バンドーンにとってジル・ド・フェランがマクラーレンのスポーティングディレクターに就任したことはチーム残留にむけて良いニュースにかもしれない。

今年に入ってからまだ予選でフェエルナンド・アロンソに勝つことができておらず、低調なパフォーマンスが目立つストフェル・バンドーンは、今シーズン限りでシートを失うとの噂が浮上している。

ストフェル・バンドーン、マクラーレンのマシンに不満爆発「運転不可能」

2018年7月8日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、マクラーレンのF1マシンは“運転不可能”だとして不満を爆発させた。

ストフェル・バンドーンは、今年ここまでチームメイトのフェルナンド・アロンソに予選で全敗しており、F1イギリスGPの予選ではQ1敗退を喫した。アロンソとの0.9秒という差は今シーズンここまでの予選セッションで最大。決勝ではアロンソよりも4グリッド後ろの9列目17番グリッドからスタートする。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレンとして改善を目指している」

2018年6月28日
F1 マクラーレン ストフェル・バンドーン
マクラーレンのストフェル・バンドーンが、2018年のF1世界選手権 第9戦 オーストリアGPへの意気込み、舞台となるレッドブル・リンクについて語った。

「このトラックは本当に楽しい。ターン3はレースにはもってこいのコーナーだ。他のクルマをブレーキで攻略することができる。ターン1とターン2の間のストレートに3つ目のDRSゾーンが追加されて、レースに新しい要素が加わるだずだ。スペクタルが追加されることを期待している」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン:F1フランスGP プレビュー

2018年6月22日
F1 フランスGP ストフェル・バンドーン マクラーレン
マクラーレンのストフェル・バンドーンが、2018年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPへの意気込み、舞台となるポール・リカール・サーキットについて語った。

「F1は長い間ポール・リカールを訪れていなかったけど、実際、僕は現在のグリッドのなかでトラックを走ったことのある数少ないドライバーのひとりだ。2016年のピレリテストで走っているし、本当にクールな経験だった。それにフォーミュラ・ルノー時代にもレースをしたことがある」とストフェル・バンドーンはコメント。

ストフェル・バンドーン 「僕とアロンソは実際にはとても拮抗している」

2018年6月8日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンのストフェル・バンドーンは、自分とチームメイトのフェルナンド・アロンソとの差は結果で現れているよりも拮抗していると主張する。

2015年のGP2チャンピオンであるストフェル・バンドーンは、今年ホンダからルノーにエンジンを変更してマクラーレンでその才能を開花させると期待されていたが、今シーズンここまでは厳しいスタートを切っており、全てにおいてフェルナンド・アロンソに上回られている。

ルノーF1、ストフェル・バンドーン獲得に興味

2018年5月31日
F1 ルノーF1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
ルノーF1チームは、マクラーレンのストフェル・バンドーンの獲得に興味を示している。

今年、マクラーレンで2年目を迎えたストフェル・バンドーンだが、チームメイトのフェルナンド・アロンソを予選・決勝ともに上回るおとができず、今シーズン限りでのシート喪失も噂され始めている。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレンのF1シート喪失は心配してない」

2018年5月30日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレンでの自身の将来について心配はしていないと語る。

2015年のGP2チャンピオンであるストフェル・バンドーンは、期待の新人として2016年にマクラーレンのレギュラーシートを獲得したが、今のところインパクトは残せていないとの評価が多い。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム