ストフェル・バンドーン、ルイス・ハミルトンの代役参戦に含み

2020年12月2日
ストフェル・バンドーン、ルイス・ハミルトンの代役参戦に含み / メルセデス F1サヒールGP
ストフェル・バンドーンは、ルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスからF1サヒールGPに参戦することに含みをもたせている。

メルセデスF1は12月1日(火)、ルイス・ハミルトンが月曜日に受けた新型コロナウイルスで陽性反応が出たため、今週末のF1サヒールGPを欠場することを発表。すでに誰が代役を務めるかという予想がスタートした。

ストフェル・バンドーン 「代役でF1に参戦する準備は整っている」

2020年8月22日
ストフェル・バンドーン 「代役でF1に参戦する準備は整っている」
ストフェル・バンドーンは、今年、誰かの代役としてF1に参戦することになった場合には、前回より“はるかに準備が整っている”と語る。

新型コロナウイルスへの感染や他の理由でドライバーが参戦できなかった場合に備えて、ストフェル・バンドーンはメルセデスと提携しているチームのリザーブドライバーとして待機している。

ストフェル・バンドーン、メルセデスF1陣営のリザーブドライバーに復帰

2020年8月14日
ストフェル・バンドーン、メルセデスF1陣営のリザーブドライバーに復帰
ストフェル・バンドーンは、フォーミュラEでの戦いが終了したことで、メルセデス陣営のナンバー1リザーブドライバーに復帰する。

新型コロナウイルス感染の危険性があるなかで、2020年のF1世界選手権ではリザーブドライバーの配置が重要になっている。過去2戦ではレーシング・ポイントF1のセルジオ・ペレスが新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たため、欠場を余儀なくされている。

ストフェル・バンドーン 「F1はセカンドチャンスがほとんどない世界」

2020年5月8日
ストフェル・バンドーン 「F1はセカンドチャンスがほとんどない世界」
元マクラーレンのF1ドライバーであるストフェル・バンドーンは、F1は“セカンドチャンスはほとんどない世界”であると認めるが、適切な状況であればF1に復帰することも検討したいと語る。

今季、フォーミュラEに参戦しているストフェル・バンドーン、現在、アメリカで自主隔離生活を送っており、来週にもヨーロッパに戻る予定となっている。

メルセデスF1、ストフェル・バンドーンをリザーブドライバーに起用

2020年2月14日
メルセデスF1、ストフェル・バンドーンをリザーブドライバーに起用
メルセデスF1は、ストフェル・バンドーンを2020年シーズンのリザーブドライバーに起用することを発表した。

2018年末でランド・ノリスの加入によってマクラーレンのF1シートを失ったストフェル・バンドーンは、現在、フォーミュラEにメルセデスのファクトリーチームから参戦。チャンピオンシップをリードしている。

フェルナンド・アロンソ、バンドーンのマクラーレン優遇説に反論

2019年12月15日
フェルナンド・アロンソ、バンドーンのマクラーレン優遇説に反論
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンで常に優先されていたとする元チームメイトのストフェル・バンドーンに“事実を確認するべき”だと反論。

ストフェル・バンドーンとフェルナンド・アロンソは、2017年と2018年にマクラーレンでチームメイトだった。アロンソは両方のシーズンでバンドーンを上回り、2018年には予選で全勝している。

「マクラーレンは常にアロンソ優先だった」とストフェル・バンドーン

2019年11月25日
「マクラーレンは常にアロンソ優先だった」とストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレンは常にフェルナンドアロンソを中心に構築されたと振り返る。

ジュニアキャリアで実績を挙げたストフェル・バンドーンだったが、マクラーレン・ホンダ時代、そして、ルノーにF1エンジンを搭載した後も、マクラーレンでチームメイトのフェルナンド・アロンソに匹敵することに苦労していた。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレンは完全にアロンソ中心だった」

2019年11月23日
ストフェル・バンドーン 「マクラーレンは完全にアロンソ中心だった」
元マクラーレンのF1ドライバーであるストフェル・バンドーンは、当時チームメイトだったフェルナンド・アロンソが常にチームを完全にコントロールしており、“望んでいるものを手に入れていた”と語る。

2015年のGP2チャンピオンであるストフェル・バンドーンは、翌年、日本でスーパーフォーミュラに参戦しながら、マクラーレンのリザーブドライバーを務める、負傷したフェルナンド・アロンソに代わってF1バーレーンGPでF1デビュー。

ストフェル・バンドーン 「F1復帰を完全に除外しているわけではない」

2019年9月2日
F1 ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、フォーミュラEでのシーズンを楽しんでいるが、F1を完全に除外しているわけではないと語る。

昨年末にマクラーレンのシートを失ったストフェル・バンドーンは、先週末スパ・フランコルシャンのパドックを訪れていた。

「昔の友人に再び会えてうれしいよ」とストフェル・バンドーンは Sporza に語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム