オリバー・ベアマン F1エミリア・ロマーニャGP初日「本当に快適だった」

2024年5月18日
オリバー・ベアマン F1エミリア・ロマーニャGP初日「本当に快適だった」
オリバー・ベアマンは、2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPのFP1にハースF1チームから出走。イモラでのVF-24は「本当に快適だった」と語った。

2024年、オリバー・ベアマンは、多くのレーシングシャツを着ているが、プレマやフェラーリのレースウェアを着ていないときは、ハースのユニフォームを着ている。

オリバー・ベアマン 「できるだけ早くF1グリッドに戻りたい」

2024年5月17日
オリバー・ベアマン 「できるだけ早くF1グリッドに戻りたい」
オリバー・ベアマンは、F1エミリア・ロマーニャGPでのハースF1チームとの今年最初のFP1セッションを控え、サウジアラビアGPでフェラーリの代役として印象的なパフォーマンスを見せた後、「できるだけ早く」F1グリッドに復帰できることを望んでいると語った。

ジェッダで虫垂炎の手術を受けたカルロス・サインツの代役を務めたベアマンは、F1デビュー戦で7位入賞を果たしてポイントを獲得。その後はF2に復帰し、現在ランキング19位につけている。

オリバー・ベアマン 絶好のタイミングでイモラでハースF1のFP1に登場

2024年5月17日
オリバー・ベアマン 絶好のタイミングでイモラでハースF1のFP1に登場
ケビン・マグヌッセンが2024年F1シーズンの全ラウンドに出場できるかどうか不確実性が高まる中、今週末イモラで行われるオリバー・ベアマンのハースF1チームとのフリー走行は、これ以上ないタイミングで行われる。

オリバー・ベアマンの2024年シーズンは断片的なものだった。バーレーンで競争力のないプレママシンを駆ってF2開幕戦に挑んだベアマンは、ジェッダでポールポジションを獲得した後、虫垂炎に苦しむカルロス・サインツに代わってフェラーリからセンセーショナルなF1デビューを飾った。

ハースF1小松礼雄 ベアマンの判断は「F2よりFP1のパフォーマンスを重視」

2024年5月9日
ハースF1小松礼雄 ベアマンの判断は「F2よりFP1のパフォーマンスを重視」
ハースF1のチーム代表を務める小松礼雄は、オリバー・ベアマンにF1ドライブを与えるかどうかを判断する際、今年のF2シーズンの内容よりも、チームとの6回のフリープラクティスでのパフォーマンスの方が「より重要な意味を持つ」と語った。

19歳のオリバー・ベアマンは、サウジアラビアGPでフェラーリのカルロス・サインツの代役を務めてF1デビューを果たした。プレマからF2に参戦しているベアマンは、予選に臨む前に環境順応のためのプラクティスセッションを1回行っただけで、7 位でフィニッシュする好成績を収めた。

レッドブルF1首脳 オリバー・ベアマンのRB加入の可能性を否定

2024年3月30日
レッドブルF1首脳 オリバー・ベアマンのRB加入の可能性を否定
レッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコは、印象的なF1デビューを飾ったオリバー・ベアマンにレッドブルのジュニアF1チームRBのシートを提供する可能性を否定した。

ベアマンは先日のサウジアラビアGPで虫垂炎手術で欠場したカルロス・サインツの代役としてフェラーリのステアリングを握って7位入賞を果たし、レッドブルのトップF1コンサルタントである80歳のマルコはフェラーリにベアマンをフルグリッドに昇格させるよう促した。

ヒュルケンベルグ 「F2でコケたらベアマンのF1での活躍は忘れ去られる」

2024年3月23日
ヒュルケンベルグ 「F2でコケたらベアマンのF1での活躍は忘れ去られる」
ニコ・ヒュルケンベルグは、オリバー・ベアマンがフェラーリから見事なF1デビューを飾ったとしても、F2での活躍がなければ「2日で忘れ去られる」だろうと語った。

ジェッダのフェラーリでカルロス・サインツの代役を務めたこのティーンエイジャーの7位への印象的な走りにより、2025年にハースF1チームのレースシートに昇格するのではと多くの注目を集めている。

フェラーリF1 オリバー・ベアマンは「リザーブドライバーのトップ」

2024年3月20日
フェラーリF1 オリバー・ベアマンは「リザーブドライバーのトップ」
オリバー・ベアマンがフェラーリF1の2人のリザーブドライバー陣の中でポールポジションに躍り出たとチーム代表のフレデリック・バスールは認めた。

18歳のベアマンがジェッダで体調不良のカルロス・サインツの代役を務めたことは非常に印象的で、すでに彼をマラネロにおけるルイス・ハミルトンの後継者に推す声もあるほどだ。

オリバー・ベアマン F1キャリアの固定カーナンバーは“87”を希望

2024年3月16日
オリバー・ベアマン F1キャリアの固定カーナンバーは“87”を希望
オリバー・ベアマンは、将来フルタイムのF1シートを確保した場合、どのドライバーナンバーを選択するかを明らかにした。

ベアマンは、先週末のサウジアラビアGPで虫垂炎と診断されカルロス・サインツの代役を務め、フェラーリでのF1デビュー戦で感銘を与えた。

セバスチャン・ベッテル F1デビュー戦直前のベアマンに「good luck」

2024年3月14日
セバスチャン・ベッテル F1デビュー戦直前のベアマンに「good luck」
オリバー・ベアマンは、2024年のサウジアラビアGPにフェラーリの代役として出場する前に、F1チャンピオンのセバスチャン・ベッテルから「good luck(幸運を祈る/頑張れ)」というメッセージを受け取ったことを明かした。

スクーデリア・フェラーリのフルタイムドライバーであるカルロス・サインツが虫垂炎の手術を必要としたため、チームのリザーブドライバーでFIA F2レーサーのベアマンがFP3からシャルル・ルクレールのパートナーとして起用された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
 
F1-Gate.com ホーム