ゲルハルト・ベルガー、ミック・シューマッハは「典型的なシューマッハ」

2021年6月14日
F1:ゲルハルト・ベルガー、ミック・シューマッハは「典型的なシューマッハ」
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、今シーズンにF1デビューを果たしているミック・シューマッハに感銘を受けており、彼を「典型的なシューマッハ」だと語った。

ハースF1チームと契約したミック・シューマッハは、F1グリッドでルーキーシーズンを着実にスタートさせた。チームメイトのニキータ・マゼピンを上回ることが多く、大きなミスも犯さず、彼の労働倫理はチームに感銘を与えている。

ニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハをビビらせようとした訳ではない」

2021年6月10日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハをビビらせようとした訳ではない」
ニキータ・マゼピンは、F1アゼルバイジャンGPの最終ラップでハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハへのディフェスのドライビングで“ビビらせる”つもりなどなかったと語る。

ニキータ・マゼピンに壁がある右側に押し込まれたミック・シューマッハは、チェッカーフラッグ後に無線で「彼は本気で僕たちを殺したいんじゃない?」と大声をあげた。

“優等生”ミック・シューマッハはチーム報告会でブチ切れる必要がある

2021年6月9日
“優等生”ミック・シューマッハはチーム報告会でブチ切れる必要がある - 元メルセデスF1責任者
元メルセデスF1の責任者であるノルベルト・ハウグは、ミック・シューマッハがF1アゼルバイジャGPのフィニッシュラインでのニキータ・マゼピンの行為に怒るのは当然だと考えている。チームの報告会で優等生なミックがテーブルを叩いて不快感を表明することを望んでいる。

F1アゼルバイジャンGPの赤旗中断後の最後の2周のスプリントレースで、ミック・シューマッハはチームメイトのニキータ・マゼピンを抜いてF1でのベストリザルトとなる13位でフィニッシュした。

ミック・シューマッハ、ニキータ・マゼピンに激怒 「殺す気か?」

2021年6月8日
ミック・シューマッハ、ニキータ・マゼピンに激怒 「殺す気か?」 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
ハースF1のミック・シューマッハは、日曜日のF1アゼルバイジャンGPの終了間際にチームメイトのニキータ・マゼピンが自分を「殺そうとしていた」と怒りを露わにした。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、バクーのスタートフィニッシュストレートで時速200マイル近くのスピードでニキータ・マゼピンのスリップストリームに入った.。

ミック・シューマッハ 「自分たちが持っているものを最大限に活用できた」

2021年6月6日
ミック・シューマッハ 「自分たちが持っているものを最大限に活用できた」 / ハース F1アゼルバイジャンGP 予選
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選を17番手で終えた。

「多くの赤旗があり、たくさんのことが起こった。路面コンデョションがかなり変わっていて、それは予想されていたことだけど、その一方で僕にとっては予想外だった」とミック・シューマッハはコメント。

「マゼピンがチームメイトなのでミック・シューマッハの評価が難しい」

2021年6月1日
「マゼピンがチームメイトなのでミック・シューマッハの評価が難しい」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ミック・シューマッハの評価について、ハースF1でのチームメイトが物議を醸しているニキータ・マゼピンなので「どれくらい優れているのかわからない」と語る。

昨年F2王者を獲得したミック・シューマッハは、ハースF1でのデビューイヤーに昨年F2でランキング2位だったニキータ・マゼピンとチームを組んでいる。

ミック・シューマッハ 「ベッテルから多くのアドバイスをもらっている」

2021年5月31日
ハースF1のミック・シューマッハ 「ベッテルから多くのアドバイスをもらっている」
ミック・シューマッハは、F1でのルーキーシーズンを通じて4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと良好な友情を築いており、多くのアドバイスをもらっていると語る。

ミック・シューマッハは、昨年FIA-F2でタイトルを獲得した後、2021年にハースでF1デビューを果たし、グリッド上で唯一のドイツ人ドライバーだったセバスチャン・ベッテルに加わった。

ジョージ・ラッセル、ミック・シューマッハのハースF1での境遇に同情

2021年5月30日
ジョージ・ラッセル、ミック・シューマッハのハースF1での境遇に同情
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、自分の経験と重ねて、ハースF1でのミック・シューマッハが置かれている“困難”な境遇に同情している。

7回のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、アカデミーに所属するフェラーリがF1エンジンを供給するハースF1でデビューを果たしたが、競争力に欠けるマシンでチームメイトのニキータ・マゼピンとともにほぼ独占的にグリッド最下位を争っている。

ミック・シューマッハ、チームに謝罪「マシンをプッシュしすぎた」

2021年5月23日
ミック・シューマッハ、チームに謝罪「マシンをプッシュしすぎた」 / ハースF1チーム F1モナコGP 予選
ハースF1チームのミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPのフリー走行3回目にクラッシュを喫してマシンを損傷させたことで予選に出場することができなかった。

初日のFP2の終了間際にクラッシュを喫していたミック・シューマッハだが、FP3でも終了間際に今週2度目のクラッシュ。マシンは激しく損傷し、予選までに修復することができず、予選を走ることができなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム