ミック・シューマッハ、Q3初出走「アップデートがなくても戦える位置にいる」

2022年5月22日
ミック・シューマッハ、Q3初出走「アップデートがなくても戦える位置にいる」 / ハースF1チーム スペインGP 予選
ミック・シューマッハ(ハースF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を10番手で終えた。

今週末、他チームがアップデートを入れているなかで、ハースF1チームだけがアップデートなしで臨んでいる。それでも、その選択は正しかったようで、ミック・シューマッハはQ3進出を達成。前回はQ2でクラッシュしていたため、最終セッションで走行するのは今回が初めてとなる。

ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」

2022年5月16日
F1:ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハのマイアミGPでの全体的な力強いペースは、F1での初ポイントを犠牲にしたミスよりも重要だったと語る。

マイアミでは、今シーズン初めて、ミック・シューマッハはレースウィークエンド全体でハースF1チームのチームメイトであるケビン・マグヌッセンを総合的に上回った。

【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解  / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの53周目に師弟関係にあるミック・シューマッハ(ハースF1チーム)とセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が9位を争っている際に接触。F1初ポイントを目指していたシューマッハのチャンスは潰えた。両者ともトップ10内でフィニッシュできなかったことに不満を感じつつも、お互いを非難することはしなかった。

F1での初ポイントフィニッシュを目指していたミック・シューマッハは、エステバン・オコン(アルピーヌ)と9位を争っていた際にターン17で膨らみ、セバスチャン・ベッテルに抜かれた。

ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」

2022年5月3日
ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハは、2021年にそのチャンスがなかったF1のオーバーテイクのコツを学ばなければならないと認める。

昨年、ハースF1チームはシーズンを通してバックマーカーであり、他のフィールドに大きく後れを取っていた。そのため、ルーキーシーズンのミック・シューマッハは、チームメイトのニキータ・マゼピンとのバトルしか経験できなかったと言っても過言ではない。

フェルナンド・アロンソのF1継続でミック・シューマッハのシートが危機?

2022年4月30日
フェルナンド・アロンソのF1継続でミック・シューマッハのシートが危機?
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームと新たに2年契約を結ぶと考えられており、それは巡り巡ってミック・シューマッハのF1での居場所を危機に晒す可能性があるとF1ジャーナリストのジョー・サワードは語る。

フェルナンド・アロンソが2023年以降もF1を継続した場合、現在のリザーブドライバーであるオスカー・ピアストリのアルピーヌF1チームでのデビューの道は閉ざされる。その場合、ピアストリはウィリアムズもしくはハースF1チームに居場所を求める可能性がある。

ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉

2022年4月28日
F1:ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの新しいチームメイトであるミック・シューマッハが自分に話しかけた言葉の珍しい選択を明らかにした。

バーレーンの開幕戦のわずか数週間前にハースF1チームに呼び戻されたケビン・マグヌッセンの復帰劇は2022年シーズンの物語のひとつ。それ以降。マグヌッセンは最初のレースでの5位入賞をはじめ、4レースのうち3レースでポイントを獲得している。

F1:ミック・シューマッハにラルフおじさんが喝 「ミスが多すぎ」

2022年4月28日
F1:ミック・シューマッハにラルフおじさんが喝 「ミスが多すぎ」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハが“ミスが多すぎる”と叱責し、スタートが強化することを課題のひとつに挙げた。

2022年シーズンのこれまで、ミック・シューマッハは、F1を1年離れていたハースF1チームの経験豊富なチームメイトのケビン・マグヌッセンのペースに匹敵することに苦労している。

「ミックがフェラーリ移籍を考えるのは3年早い」とアルファタウリF1代表

2022年4月18日
「ミックがフェラーリ移籍を考えるのは3年早い」とアルファタウリF1代表
ミック・シューマッハがフェラーリF1移籍を考えるのはまだ3年早いとアルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは語る。

今年、フェラーリF1のリザーブドライバーの任務をアントニオ・ジョビナッツィと分担するミック・シューマッハの主な仕事は、もちろん、フェラーリのカスタマーチームであるハースF1チームで結果を出すことだ。

ケビン・マグヌッセン 「ミックとの関係は過去のチームメイトと異なる」

2022年4月16日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「ミックとの関係は過去のチームメイトと異なる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームで新たにチームメイトとなったミック・シューマッハを称賛し、彼との仕事上の関係は過去の他のチームメイトと経験したものとはかなり異なると語った。

今年、追放されたニキータ・マゼピンに代わってハースF1チームでF1に復帰したケビン・マグヌッセンは、チームのドライバーラインナップで長老政治家の立場に置かれた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム