ミック・シューマッハ 「ラッセルのDRSに入ろうとしてプッシュしすぎた」

2021年12月7日
ミック・シューマッハ 「ラッセルのDRSに入ろうとしてプッシュしすぎた」 F1サウジアラビアGP 決勝
ハースF1のミック・シューマッハは、F1サウジアラビアGPの決勝をリタイアで終えた。

ミック・シューマッハは、10周目にバリアにクラッシュ。1回目の赤旗中断の原因となった。

「残念ながら、(ジョージ)ラッセルのDRSウィンドウに入ろうとして、少しプッシュしすぎてしまった」とミック・シューマッハ。

ミック・シューマッハ 「ベッテルからの助言で政治的なミスを防げている」

2021年11月30日
ハースF1のミック・シューマッハ 「ベッテルからの助言で政治的なミスを防げている」
ミック・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルがF1についてのすべての質問に答えてくれたことで、政治的なミスを犯すことを避けることができたと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ハースF1のルーキーであるミック・シューマッハのメンターの役割を果たしており、F1パドックのライバルチームのドライバー間でパドックで最も友好的なペアとして確立されている。

セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ、ROCで再タッグ

2021年11月25日
F1:セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ、ROCで再タッグ
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとハースF1のルーキーであるミック・シューマッハは、2022年2月5~6日にスウェーデンで開催される2022年のレース・オブ・チャンピオンズでチーム・ドイツとして再びタッグを組むことが発表された。

セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハは、2019年にメキシコで開催されたレース・オブ・チャンピオンでタッグを組んでいる。

ミック・シューマッハ 「今のフェラーリF1の“Bチーム”はハース」

2021年11月20日
ミック・シューマッハ 「今のフェラーリF1の“Bチーム”はハース」
ハースF1は急速にF1で“フェラーリのBチーム”になりつつある。そう主張する現在のハースのF1ドライバーであり、フェラーリの“アカデミー”所属ドライバーで7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハだ。

ハースF1は、今シーズン本当に苦戦を強いられているが、それはチームが来季の次世代F1マシンに焦点を当てているため、2021年マシンはほぼ開発されておらず、基本的に2022年マシンで戦っているからでもある。

ミック・シューマッハ、レッドブルF1の苦情に反論「消えることはできない」

2021年10月29日
ミック・シューマッハ、レッドブルF1の苦情に反論「消えることはできない」
ハースF1のミック・シューマッハは、F1アメリカGPで優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に与えた影響についての自身の見解を語った。

レースの終了間際。マックス・フェルスタッペンよりも8周フレッシュなタイヤを履いたルイス・ハミルトンは、その差を縮めていく過程で、周回遅れのミック・シューマッハに出くわした。

ミック・シューマッハ 「大好きなサーキット。まずまずのスタート」

2021年10月23日
ミック・シューマッハ 「大好きなサーキット。まずまずのスタート」 ハース F1アメリカGP 金曜フリー走行
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を17番手で終えた。

「大好きだね。ここをドライブするのは楽しいし、観客が来てくれているのも素晴らしいことだ。まだやることはたくさんあるけど、オースティンでの初めての週末はそれなりのスタートとなった」とミック・シューマッハはコメント。

小松礼雄 「ミック・シューマッハの姿勢はモチベーションをもたらしている」

2021年10月22日
ハースF1の小松礼雄 「ミック・シューマッハの姿勢はモチベーションをもたらしている」
ハースF1のチーフレースエンジニアを務める小松礼雄は、ミック・シューマッハの立ち振る舞いは、彼自身だけでなく、周りの人々にもモチベーションをもたらしていると称賛する。

今シーズン、ハースF1チームは苦戦を強いられているが、小松礼雄は、ハースF1のエンジニアとミック・シューマッハがうまく協力しているとし、それがドライバーとチームの両方にとって相互利益になっていると説明。

ニキータ・マゼピン 「シューマッハのスキー事故は僕たちが最初に聞いた」

2021年10月21日
F1:ニキータ・マゼピン 「シューマッハのスキー事故は僕たちが最初に聞いた」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの緊張関係を和らげ、実際には彼とユニークな絆を共有していると語る。

カート時代から衝突していたことを認める二人だが、ニキータ・マゼピンは、シューマッハ家との関係について、これまで公開されていなかった情報を共有した。

ニキータ・マゼピン、F1で最も親しい友人は「ミック・シューマッハ」

2021年10月13日
ニキータ・マゼピン、F1で最も親しい友人は「ミック・シューマッハ」
ニキータ・マゼピンは、F1パドックで最も親しい友人としてハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハを指名した。

シーズンを通して、ニキータ・マゼピンは、コース内外でミック・シューマッハとの衝突を含め、不仲説が報じられ続けている。それでも、Ziggo Sportから、F1パドックで最も親しい友人は誰かと質問されたニキータ・マゼピンは「ミック・シューマッハ」だと答えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム