ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハをモスクワに招待

2021年9月24日
ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハをモスクワに招待
ニキータ・マゼピンは、不仲が噂されているチームメイトのミック・シューマッハを数日間モスクワに招待した。

2021年に苦戦が続いているハースF1チームだが、新しいレギュレーションが導入される2022年には高い期待を寄せており、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの二人の残留が発表され、絶え間ない二人の小競り合いは和らいでいるようだ。

ハースF1代表 「発表が遅れたのはシューマッハとフェラーリの契約問題」

2021年9月24日
ハースF1代表 「発表が遅れたのはシューマッハとフェラーリの契約問題」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2022年のドライバーラインナップの発表が遅れた背景にはミック・シューマッハとフェラーリとの契約の問題があったと語る。

ハースF1チームは、F1ロシアGPに先立って9月23日(木)にミック・シューマッハとニキータ・マゼピンが2022年もチームに残留することを発表。同じラインアップで2シーズン目を迎えることが決定した。

ハースF1、2022年のニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの残留を発表

2021年9月23日
ハースF1、2022年のニキータ・マゼピンとミックシューマッハの残留を発表
ハースF1チームは、2022年もニキータ・マゼピンとミック・シューマッハがチームに残留することを発表した。

今年、ハースF1チームは、ドライバーラインナップを一新し、昨年のF2チャンピオンのミック・シューマッハと同5位のニキータ・マゼピンという2人のルーキーを起用。

ハースF1代表 「マゼピンとシューマッハの問題は個人的ものでない」

2021年9月23日
ハースF1代表 「マゼピンとシューマッハの問題は個人的ものでない」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの緊張関係は“個人的”なことが原因ではないと考えている。

今年、ハースF1は、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハという2人のルーキーを起用。チームは2022年に焦点を当てており、二人に経験を積ませようとしているが、当然ながら二人ともグリッドでの地位に相応しいことを証明したがっている。

ミック・シューマッハ 「父と話せるならF1キャリアを捨てたっていい」

2021年9月21日
ミック・シューマッハ 「父と話せるならF1キャリアを捨てたっていい」
ミック・シューマッハは、自分のF1キャリアと引き換えに7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハと会話をする機会を得られるのであれば、喜んで捨てると語る。

ミハエル・シューマッハは、1990年代にベネトンで2回、2000年代にフェラーリでさらに5回のF1ワールドチャンピオンを獲得した後、2006年末に1度目のF1を引退をした。

ハースF1 「チーム存続には2人のルーキー起用以外に選択肢はなかった」

2021年9月21日
ハースF1 「チーム存続には2人のルーキー起用以外に選択肢はなかった」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームを存続させるためには2022年末でそれまでのドライバーを放出し、2021年にルーキーのミック・シューマッハとニキータ・マゼピンに後退させる以外に選択肢はなかったと語った。

今年、苦戦しているハースF1チームは、3つの主な理由でヘッドラインに登場している。際立ったペースの欠如、物議を醸すニキータ・マゼピン、マセピンとチームメイトのシューマッハの間の激化するコース内外の論争だ。

ハースF1代表 「シューマッハとマゼピンの緊張関係は話し合いで緩和」

2021年9月17日
ハースF1代表 「シューマッハとマゼピンの緊張関係は話し合いで緩和」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1イタリアGPでの接触の後、わだかまりを解くために話し合いの場を持ったとし、チームは二人のドライバーの緊張関係を和らげるために進歩していると語る。

ニキータ・マゼピンは、F1イタリアGPでハミルトンとフェルスタッペンの事故によって導入されたセーフティカー後のリスタートでミック・シューマッハを抜こうとして接触。ミック・シューマッハはスピンを喫したが、両者はレースを続行した。

ニキータ・マゼピン 「シューマッハとの交戦協定に何も変更はない」

2021年9月10日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「シューマッハとの交戦協定に何も変更はない」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1オランダGPでのチームメイトのミック・シューマッハとの接触事故の後も、コース上の交戦協定は何も分かっていないと語る。

レース序盤、ミック・シューマッハはニキータ・マゼピンを追い抜こうとしたが、インサイドのラインを守ろうとしたマゼピンと接触してフロントウイングを破損した。

ラルフ・シューマッハ、マゼピンの危険運転に憤慨「F1に彼の居場所はない」

2021年9月8日
ラルフ・シューマッハ、マゼピンの危険運転に憤慨「F1に彼の居場所はない」
ラルフ・シューマッハは、ニキータ・マゼピンの危険なドライビングに憤慨しており、F1にはマゼピンの“居場所はない”と語気を強めた。

ルーキーのニキータ・マゼピンは、様々な理由で見出しを飾っており、特にコース上での攻撃的な運転は多くのドライバーの怒りを買っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム