フェラーリF1代表 「ミック・シューマッハの2021年のF1検討は時期尚早」

2020年7月22日
フェラーリF1代表 「ミック・シューマッハの2021年のF1検討は時期尚早」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年にミック・シューマッハのF1昇格を検討するのは“時期尚早”だと語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、今年FIA-F2で2シーズン目を迎えており、先週末のハンガリー大会では2回の表彰台を獲得する好成績を残した。

「ミック・シューマッハはF2に集中するべき」とアルファロメオF1代表

2020年6月18日
「ミック・シューマッハはF2に集中するべき」とアルファロメオF1代表
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2021年にミック・シューマッハが同チームでF1デビューするとの噂についてなんかしらのヒント与えることを拒否している。

ミック・シューマッハの父親であるミハエル・シューマッハをよくするFIA会長のジャン・トッドは、ミックは“インテリジェントで成熟しており謙虚”なドライバーと評価している。

ミック・シューマッハ 「自分の姓はF1を保証するものではない」

2020年3月20日
ミック・シューマッハ 「自分の姓はF1を保証するものではない」
ミック・シューマッハは、自分の姓がF1の未来を“保証するものではない”ことをわかっていると語る。

ミハエル・シューマッハの息子でありミック・シューマッハは、昨年、フェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入し、F2にステップアップ。インシーズンテストでフェラーリとアルファロメオ・レーシングのF1マシンをテストして注目を集めた。

フェラーリF1代表 「ミック・シューマッハは2021年のF1シート候補」

2020年1月7日
フェラーリF1代表 「ミック・シューマッハは2021年のF1シート候補」
フェラーリは、ジュニアドライバーのミック・シューマッハが将来的にF1シートの“良い候補”になると考えている。

7回のF1ワールドチャンピオン ミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、2019年のF2デビューシーズンにハンガロリンクのレース2で勝利を挙げたものの、総合結果は12位でシーズンを終えた。

アルファロメオF1 「ミック・シューマッハの来季のテスト計画はない」

2019年12月21日
アルファロメオF1 「ミック・シューマッハの来季のテスト計画はない」
アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表フレデリック・ヴァスールは、今のところ2020年にミック・シューマッハがF1テストに参加する予定はないとし、F2での2シーズン目に集中するよう勧めた。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、バーレーンテストでアルファロメオ・レーシングの2019年F1マシンをテスト。だが、その後、本業のF2では苦戦を強いられ、ランキング12位でシーズンを終えた。

フェラーリF1 「ミック・シューマッハは2021年のドライバー候補ではない」

2019年12月16日
フェラーリF1 「ミック・シューマッハは2021年のドライバー候補ではない」
2021年にミック・シューマッハはF1デビューする準備が整っているかもしれないが、フェラーリのF1シートに収まることはないだろうとチーム代表のマッティア・ビノットは語る。

7度のF1ワールドチャンピオンの息子ミック・シューマッハは、今年F2に初参戦。ハンガリーのスプリントレースで初勝利を挙げ、ランキング12位でシーズンを終えた。

レーシングポイント、ドライバー候補としてミック・シューマッハに注目

2019年11月24日
レーシングポイント、ドライバー候補としてミック・シューマッハに注目
レーシング・ポイントF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、将来のドライバー候補としてミック・シューマッハとニコラス・ラティフィに注目していると語る。

レーシングポイントは少なくとも今後数年は現行ドライバーラインナップを継続すると考えられている。セルジオ・ペレスは2020年末まで契約を更新しており、ランス・ストロールの父親はチームオーナーのローレンス・ストロールだ。

ミック・シューマッハ 「2020年のF1デビューは現実的ではない」

2019年11月11日
ミック・シューマッハ 「2020年のF1デビューは現実的ではない」
ミック・シューマッハが、2020年にF1デビューを果たすのは“現実的ではない”と語る。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミックは、昨年ヨーロッパF3選手権でチャンピオンを獲得して、今年F2選手権にステップアップ。しかし、際立った活躍はできず、現状では12位でシーズンを終えることになりそうだ。

ミック・シューマッハ、母親の旧姓でキャリアをスタートした理由

2019年10月19日
ミック・シューマッハ、母親の旧姓でキャリアをスタートした理由
ミック・シューマッハは、母親の旧姓でキャリアをスタートすることを選んだ理由を説明した。

2018年にF3でタイトルを獲得したミック・シューマッハは、今年からF2にステップアップ。ハンガロリンクで初優勝を果たしたが、現在ランキング12位と平凡なシーズンを過ごしている。だが、父親であるミハエル・シューマッハの足跡をたどってF1ワールドチャンピオンになるという夢にむかって着実にキャリアを進めている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム