フェルスタッペン 「ミックにとってハースはF1デビューに最適な環境」

2021年4月8日
マックス・フェルスタッペン 「ミックにとってハースはF1デビューに最適な環境」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ミック・シューマッハにはまだ学ぶことがたくさんあり、ハースF1チームは彼がキャリアをスタートさせるには最適なチームだと考えている。

昨年、FIA-F2でタイトルを獲得したミック・シューマッハは、今年ハースF1チームからF1デビュー。開幕戦F1バーレーンGPでは非力なマシンで16位でレースを終えている。

ミック・シューマッハ 「カート時代にマゼピンの走りを警告された」

2021年4月5日
ハースF1のミック・シューマッハ 「カート時代にマゼピンの走りを警告された」
ハースF1チームのミック・シューマッハは、チームメイトとなったニキータ・マゼピンとカード時代に戦っていたときに、レースへのアグレッシブなアプローチについて“警告”されていたことを明かした。

ハースF1チームはすでに2021年シーズンにほぼタオルを投げ込んでおり、注目はウィリアムズとの下位争いと新人のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンのキャラクターだけとなっている。

ミック・シューマッハ、デビュー予選の満足度は「95%くらい」

2021年3月28日
ミック・シューマッハ、デビュー予選の満足度は「95%くらい」 / ハースF1チーム F1バーレーンGP 予選
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選を19番手で終えた。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子、フェラーリ・ドライバー・アカデミー所属、2020年のFIA-F2チャンピオンと華麗履歴書をもつミック・シューマッハは父がF1デビューした年齢と同じ22歳でF1デビューを果たす。

ミック・シューマッハ 「鈴鹿は最も楽しみにしているトラックのひとつ」

2021年3月25日
ミック・シューマッハ 「鈴鹿は最も楽しみにしているトラックのひとつ」 / ハースF1 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
ハースF1のミック・シューマッハが、F1デビューとなる2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPに先立ってシーズンへの意気込みを語った。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子として大きな注目を集めているミック・シューマッハ。フェラーリの育成ドライバーであり、昨年はFIA-F2でチャンピオンを獲得している。

「ハースF1はミック・シューマッハのF1デビューには不適切なチーム」

2021年3月24日
「ハースF1はミック・シューマッハのF1デビューには不適切なチーム」とバーニー・エクレストン
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、ミック・シューマッハは不適切チームでF1デビューを果たすことなったと考えている。

F1界のレジェンドのミハエル・シューマッハの息子である21歳のミック・シューマッハは、2021年にフェラーリF1がサポートする小規模なカスタマーチームであるハースF1に配置された。

「角田裕毅はミック・シューマッハよりも優れたドライバー」

2021年3月22日
「角田裕毅はミック・シューマッハよりも優れたドライバー」と元F1チームオーナーのジャンカルロ・ミナルディ
アルファタウリ・ホンダF1の前身チームにあたるミナルディの創設者であるジャンカルロ・ミナルディは、2021年のF1世界選手権で最も印象的なルーキーはミック・シューマッハではなく、角田裕毅になるだろうと語る。

7回のF1ワールドチャンピンのミハエル・シューマッハの息子であるF2チャンピオンのミック・シューマッハはオールドF1ファンからの注目を集めているが、ルーキーとして成功したシーズンを過ごすのはF2でランキング3位だった角田裕毅だとの見方が強い。

ハースF1のミック・シューマッハ、『MSC』の略称表記は「僕が望んだ」

2021年3月22日
ハースF1のミック・シューマッハ、『MSC』の略称表記は「僕が望んだ」
ハースF1のミック・シューマッハは、“感情的な結び付き”のためにF1のタイミング画面の3文字の略語を『MSC』にするように自分から要求したと明かした。

フェラーリが支援するミック・シューマッハは、ハースF1と複数年契約を結んでF1デビューを果たす。F1プレシーズンテストでは、、3文字の略称表記がF2時代の『SCH』ではなく、『MSC』となっていることが話題となった。

ニコ・ロズベルグ 「ミック・シューマッハのF1デビューは僕の10倍難しい」

2021年3月20日
同じ2世ドライバーのニコ・ロズベルグ 「ミック・シューマッハのF1デビューは僕の10倍難しい」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、自分と同じミック・シューマッハのF1デビューは、自身の2006年のデビューよりも“10倍難しい”と考えている。

「“〇〇の息子”というのは簡単なことではない」と1982年のF1ワールドチャンピオンであるケケ・ロズベルグを父に持つニコ・ロズベルグは Sport1 に語った。

ミック・シューマッハ、F1での略称表記は父と同じ『MSC』

2021年3月12日
ミック・シューマッハ、F1での略称表記は父と同じ『MSC』
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権のタイミングモニターで父と同じ『MSC』の略称表記で表示される。

フェラーリのジュニアドライバーであるミック・シューマッハは、今年ハースF1チームでF1デビュー。父親であるミハエル・シューマッハがベネトンとフェラーリで当時の記録である91勝を達成した後、メルセデスF1でスティントの後に2度目のF1引退をしてから9年が経過した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム