マックス・フェルスタッペン 「ミック・シューマッハのF1復帰を願う」

2022年11月28日
マックス・フェルスタッペン 「ミック・シューマッハのF1復帰を願う」
マックス・フェルスタッペンは、2024年以降にF1にミック・シューマッハが戻ってくることを願っていると語る。

F1レジェンドのミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、2023年にF1シートを失うことになった。ハースF1チームは2年間ドライバーを務めたシューマッハよりも、経験豊富なニコ・ヒュルケンベルグの方が優れたドライバーだと考えている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はミック・シューマッハに時間を与えた」

2022年11月26日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はミック・シューマッハに時間を与えた」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームでミック・シューマッハの後任を務める。

3年ぶりのF1復帰となるニコ・ヒュルケンベルグが、ドイツ出身の後輩であるミック・シューマッハがF1を離れなければならないことを残念に思っているが、状況について現実的に捉えている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ミック・シューマッハに申し訳なさは感じない」

2022年11月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ミック・シューマッハに申し訳なさは感じない」 / ハースF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグは、来年ハースF1チームでケビン・マグヌッセンのチームメイトになることについて「まったく心配していない」と主張しえいる。

35歳のニコ・ヒュルケンベルグは2023年、同じドイツ人のミック・シューマッハの後任としてF1に復帰する。だが、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーはミック・シューマッハに厳しすぎたと考える人もいる。

セバスチャン・ベッテル 「シューマッハを解雇したハースF1は理解不能」

2022年11月24日
セバスチャン・ベッテル 「シューマッハを解雇したハースF1は理解できない」
F1でシューマッハの友人でありメンターでもあるセバスチャン・ベッテルは、23歳のミック・シューマッハはF1でシートを得るに値すると信じており、ハースF1チームが同じように考えていないことにやや混乱している。

最近、6回のレースウィナーでミック・シューマッハの叔父であるラルフ・シューマッハは、ハースF1チームのボスであるギュンター シュタイナーを激しく批判し、甥に対して「個人的」な復讐をしたと主張している。

メルセデスF1代表 「ミック・シューマッハをリザーブに迎える用意はある」

2022年11月23日
メルセデスF1代表 「ミック・シューマッハをリザーブに迎える用意はある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ミック・シューマッハが状況を受け入れてくれるならば、メルセデスは彼をリザーブドライバーとしてF1チームに迎え入れる用意があると語った。

ミック・シューマッハは先週末のシーズン最終戦F1アブダビGPの後、ハースF1チームを去った。チームは2023年にシューマッハに代えてニコ・ヒュルケンベルグを起用することを選択した。

ハースF1チーム、ミック・シューマッハにドーナツターンの停止を要求

2022年11月21日
ハースF1チーム、ミック・シューマッハにドーナツターンの停止を要求
ミック・シューマッハは、ハースF1チームからF1アブダビGPのレース後にドーナツをやめるよう通知された。

ハースF1チームは、2023年にニコ・ヒュルケンベルグを起用することを決定しており、ミック・シューマッハにとってチームとの最後のレースとなった。

ミック・シューマッハ 「スタートで角田裕毅を捕えて前に留まりたい」

2022年11月20日
ミック・シューマッハ 「スタートで角田裕毅を捕えて前に留まりたい」 / F1アブダビGP 予選
ミック・シューマッハ(ハースF1チーム)は、2022年F1アブダビGPの予選を13番手で終えた。

Q1を11番手で突破したミック・シューマッハは、Q2でトップ10入りに近づくパフォーマンスを披露。Q3まで0.157秒差、コンストラクターズランキング8位争いを2ポイント差でリードするアルファタウリの角田裕毅に0.006秒差の13番手で予選を終えた。

ミック・シューマッハ 2022年F1アブダビGP スペシャルヘルメット

2022年11月19日
ミック・シューマッハ 2022年F1アブダビGP スペシャルヘルメット
ミック・シューマッハ(ハースF1チーム)は、2022年F1アブダビGPにスペシャルヘルメットを用意した。

一目でわかるそのデザインは、今回のレースを最後に引退する師匠であるセバスチャン・ベッテルが2015年からレースで使用してきたドイツの国旗のストライプのデザイン。

ケビン・マグヌッセン 「ミック・シューマッハはきっとF1に戻ってこれる」

2022年11月19日
ケビン・マグヌッセン 「ミック・シューマッハはきっとF1に戻ってこれる」
ケビン・マグヌッセンは、チームメイトのミック・シューマッハがハースF1チームを離脱されたニュースを受け、将来的にF1に戻れるとエールを送った。

ミック・シューマッハは、木曜日にハースF1チームとの現在の契約が延長しないことが発表され、後任にニコ・ヒュルケンベルグが3年ぶりにF1に復帰することが決定した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム