ローガン・サージェント F1日本GP予選「昨日のクラッシュから好転できた」

2024年4月6日
ローガン・サージェント F1日本GP予選「昨日のクラッシュから好転できた」
ローガン・サージェント(ウィリアムズ・レーシング)は、2024年F1日本GPの予選を19番手で終えた。

金曜日のFP1でクラッシュを喫して、マシン修復のためにFP2を欠場した。サージェント。チームはFP3までにマシンを完成させてセッションに挑むことができ、予選でも堅実な走りを見せた。

ローガン・サージェント F1日本GP初日「やってはいけない愚かなミス」

2024年4月5日
ローガン・サージェント F1日本GP初日「やってはいけない愚かなミス」
ローガン・サージェント(ウィリアムズ・レーシング)は、2024年F1第4戦F1日本GPのFP1で大クラッシュを喫し、「愚かなミス」を犯したと認めた。

高速のダンロップカーブで大きくはらんだローガン・サージャントは、右側のホイールを芝生につけてコントロールを失い、スピンしてバリアに突っ込んだ。フロントとリアの両方に接触し、FW46のサスペンションを損傷、ギアボックスにもヒビが入った。

ウィリアムズF1代表 「サージェント車両はシャシー以外はほとんど損傷」

2024年4月5日
ウィリアムズF1代表 「サージェント車両はシャシー以外はほとんど損傷」
ウィリアムズ・レーシングのF1チーム代表を務めるジェームス・ボウルズによると、2024年第4戦日本GPのFP1で激しくクラッシュしてしまったローガン・サージェントのFW46シャシーは無事だったという。

ウィリアムズにはまだスペアシャシーがなく、鈴鹿サーキットでサージェントが使用しているシャシーはメルボルンでアレックス・アルボンがクラッシュしてしまい、その後修理されたものだ。

F1日本GP:ウィリアムズF1 ローガン・サージェントのFP2不参加を決定

2024年4月5日
F1日本GP:ウィリアムズF1 ローガン・サージェントのFP2不参加を決定
ウィリアムズ・レーシングは、2024年F1第4戦日本GPのフリー走行2回目で、マシン修復のためローガン・サージェントが参加しないことを決定した。

午前中に行われたフリー走行1回目で、サージェントはターン7で芝生にタイヤを取られ、グラベルとウォールに突っ込んでしまった。

ウィリアムズF1 日本GPでアルボンの事故車をサージェントに割り当て

2024年4月4日
ウィリアムズF1 日本GPでアルボンの事故車をサージェントに割り当て
ウィリアムズ・レーシングは、今週末のF1日本GPで、アレクサンダー・アルボンが元々はローガン・サージェントのものだったマシン、サージェントは前戦での損傷を修理したアルボンのものだったマシンを走らせることを確認した。

アルボンがメルボルンのオープニング・セッションでクラッシュした後、ウィリアムズはサージェントを欠場させ、残りの週末に彼のマシンをアルボンに託すことを決定して物議を呼んだ。

フェルスタッペン サージェントに同情「僕なら自分の車をぶっ壊して帰る」

2024年3月24日
フェルスタッペン サージェントに同情「僕なら自分の車をぶっ壊して帰る」 / F1オーストラリアGP
マックス・フェルスタッペンは、自分に責任のないチームメイトのアレクサンダー・アルボンの事故によってF1オーストラリアGPを欠場することになったローガン・サージェントを思いやった。

アルボンは金曜フリー走行1回目にクラッシュ。ウィリアムズにはスペアシャシーがなく、アルボンのマシンは修復不能だったため、ローガン・サージェントを欠場させて、アルボンにマシンを与えた。

サージェント アルボンの身代りでF1オーストラリアGP欠場「最も辛い瞬間」

2024年3月22日
サージェント アルボンの身代りでF1オーストラリアGP欠場「最も辛い瞬間」
ローガン・サージェントは、F1オーストラリアGPのフリー走行1回目でもアレクサンダー・アルボンのクラッシュの犠牲となり、残りの週末に自分のマシンをアルボンに託すというチームの決定を「キャリアで最もつらい瞬間」だったと認めた。

金曜朝のFP1では、アルボンがアルバート・パーク・サーキットのターン7バリアに激突した。残骸から無傷で出てきたアルボンは、ウィリアムズがシャシーの損傷を評価したため、FP2を欠場せざるを得なくなった。

ウィリアムズF1 アルボン車が修復不可能の場合はサージェントが欠場

2024年3月22日
ウィリアムズF1 アルボン車が修復不可能の場合はサージェントが欠場 / オーストラリアGP
ウィリアムズ・レーシングは、アレクサンダー・アルボンのシャシーが修理できない場合、ローガン・サージェントを欠場させてアルボンにF1オーストラリアGPの残りの週末を託すことになる可能性がある。

ウィリアムズ・レーシングは、メルボルンにスペアを用意していなかったため、オープニングセッションのターン7とターン8でアルボンが起こした大事故によるダメージを評価し、FP2ではアルボンを走らせなかった。

ローガン・サージェント 2年目のF1に向けて5キロ増量「別人になった気分」

2024年2月12日
ローガン・サージェント 2年目のF1に向けて5キロ増量「別人になった気分」
ウィリアムズ・レーシングのF1ドライバーであるローガン・サージェントは、2023年のデビューシーズンで体力を消耗したことを受け、トレーニング方法を全面的に見直した結果、体重を5キロ増やした。

サージェントはウィリアムズでのルーキーイヤーを通じて苦戦し、初期はチームメイトのアレックス・アルボンに追いつくために扱いにくいFW45をオーバードライブする傾向があった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム