ローガン・サージェント、F1キャリアの固定カーナンバーは“2”を選択

2022年11月30日
ローガン・サージェント、F1キャリアの固定カーナンバーは“2”を選択
ローガン・サージェントは、2023年からウィライムズでスタートするF1キャリアで使用する固定カーナンバーに“2”を選択した。

今シーズンのFIA-F2選手権をルーキートップとなるランキング4位でフィニッシュしてF1スーパーライセンスの条件を満たした21歳のローガン・サージェントは、2015年以来のアメリカ人F1ドライバーとして、2023年にウィリアムズでF1デビューを果たす。

ウィリアムズF1代表 「ローガン・サージェントは速いと確信している」

2022年11月26日
ウィリアムズF1代表 「ローガン・サージェントは速いと確信している」
ウィリアムズ・レーシングのF1チーム代表ヨースト・カピートは、ローガン・サージェントにはF1で「素晴らしい未来」が待っているが、F1デビューする2023年には成長する余地を与えられなければならないと考えている。

ローガン・サージェントは、今シーズンのFIA-F22選手権をトップルーキーのランキング4位で終えた後、2023年にウィリアムズでF1にステップアップする。

ローガン・サージェント「最初のF1シーズンでコースに出るのが待ち切れない」

2022年11月23日
ローガン・サージェント「最初のF1シーズンでコースに出るのが待ち切れない」
ローガン・サージェントは、2023年のウィリアムズのF1ドライバーとして正式に発表された後、ヤス・マリーナ・サーキットで2022年のF1ポストシーズンテストに参加した。

ウィリアムズF1チームは、アレクサンダー・アルボンとローガン・サージェントという2023年のドライバーがそれぞれレギュラードライバー枠とヤングドライバー枠でピレリの2023年タイヤをテスト。6番手と7番手という好タイムでシーズンを締めくくった。

ローガン・サージェント 「アメリカ人F1ドライバーというプレッシャーはない」

2022年11月22日
ローガン・サージェント 「アメリカ人F1ドライバーというプレッシャーはない」
アメリカ人のローガン・サージェントが2023年のウィリアムズでF1デビューを果たすことはスポーツにとって大きなニュースだ。近年、F1に到達したアメリカ人はスコット・スピード(2006-2007年)とアレクサンダー・ロッシ(2015年)しかおらず、どちらもアメリカでF1人気が急上昇はるかに前のことだった。サージェントは、来年、マイアミ、オースティン、ラスベガスで3つのホーム レースを行う予定であり、彼に対する注目は高まる一方だ。

ウィリアムズF1、ローガン・サージェントの2023年の起用を正式発表

2022年11月21日
ウィリアムズF1、ローガン・サージェントの2023年の起用を正式発表
ウィリアムズ・レーシングは、ローガン・サージェントが2023年にドライバーを務めることを正式に発表した。

ローガン・サージェントは、2022年のFIA-F2選手権でフィーチャーレースで2勝、2回の表彰台を獲得して148ポイントを獲得て、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されてランキング4位でシーズンを終了。F1スーパーライセンスの資格を満たした。

ローガン・サージェント、2023年のウィリアムズでのF1デビューが内定

2022年11月21日
ローガン・サージェント、2023年のウィリアムズでのF1デビューが内定
ローガン・サージェントは、2022年のFIA-F2選手権をランキング4位でフィニッシュ。2023年のウィリアムズでのF1デビューが決定した。

ウィリアムズは、ローガン・サージェントのF1スーパーライセンス取得を条件に2023年のドライバーに起用することを発表。ライセンスポイントの取得をサポートするためにアブダビを含めて4回のフリー走行で走らせた。

ローガン・サージェント、ウィリアムズでのF1デビューを賭けた大事な週末

2022年11月18日
ローガン・サージェント、ウィリアムズでのF1デビューを賭けた大事な週末
ローガン・サージェントは、2023年のウィリアムズF1とのF1デビューを賭けてFIA-F2の最終ラウンドに臨む。

ウィリアムズは、ローガン・サージェントがF1スーパーラインセンスを取得することを条件に2023年のF1ドライバーに起用することをすでに発表している。現在、サージェントはF1スーパーライセンス取得に必要な40点のライセンスポイントのうち29点を獲得している。

ローガン・サージェント、無事に1点のF1スーパーライセンスポイントを獲得

2022年11月13日
ローガン・サージェント、無事に1点のF1スーパーライセンスポイントを獲得
ローガン・サージェントは、F1ブラジルGPのフリー走行2回目にアレクサンダー・アルボンに代わって出走。28周を走行し、無事に1点のF1スーパーライセンスポイントを獲得した。

ウィリアムズは、ローガン・サージェントがF1スーパーライセンスを取得することを条件に2023年のドライバーに起用することを発表している。そのためには40ポイントのF1スーパーライセンスポイントが必要であり、現時点ではFIA-F2でランキング5位以上でフィニッシュすれば、その条件を満たすことができる。

ウィリアムズF1、ローガン・サージェントをF1ブラジルGPのFP2に起用

2022年11月10日
ウィリアムズF1、ローガン・サージェントをF1ブラジルGPのFP2に起用
ウィリアムズF1は、ローガン・サージェントのF1スーパーライセンス取得を支援するために、今週末インテルラゴスで開催されるF1ブラジルGPのフリー走行2回目に出走させる。

現在、ローガン・サージェントは、FIA F2選手権で来月アブダビで2つのレースを残してランキング3位につけており、2023年にF1でレースに許可されるために必要な40点のF1スーパーライセンスポイントのうち28点を持っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム