ミック・シューマッハ、Q3初出走「アップデートがなくても戦える位置にいる」

2022年5月22日
ミック・シューマッハ、Q3初出走「アップデートがなくても戦える位置にいる」 / ハースF1チーム スペインGP 予選
ミック・シューマッハ(ハースF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を10番手で終えた。

今週末、他チームがアップデートを入れているなかで、ハースF1チームだけがアップデートなしで臨んでいる。それでも、その選択は正しかったようで、ミック・シューマッハはQ3進出を達成。前回はQ2でクラッシュしていたため、最終セッションで走行するのは今回が初めてとなる。

ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉

2022年4月28日
F1:ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの新しいチームメイトであるミック・シューマッハが自分に話しかけた言葉の珍しい選択を明らかにした。

バーレーンの開幕戦のわずか数週間前にハースF1チームに呼び戻されたケビン・マグヌッセンの復帰劇は2022年シーズンの物語のひとつ。それ以降。マグヌッセンは最初のレースでの5位入賞をはじめ、4レースのうち3レースでポイントを獲得している。

ケビン・マグヌッセン 「ミディアムは間違ったタイヤだった」

2022年4月24日
ケビン・マグヌッセン 「ミディアムは間違ったタイヤだった」 / ハースF1チーム エミリア・ロマーニャGP スプリント
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1エミリア・ロマーニャGPのスプリントをミディアムで戦うというチェイスは間違った判断だったと認める。

ケビン・マグヌッセンとチームメイトのミック・シューマッハは、タイヤの持ちを期待して土曜日のスプリントをミディアムでスタート。残りのフィールドはソフトを選択した。

ケビン・マグヌッセン、チーム史上最高グリッド「4番手は勝てる位置!」

2022年4月23日
ケビン・マグヌッセン、チーム史上最高グリッド「4番手は勝てる位置!」 / ハースF1チーム エミリア・ロマーニャGP予選
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの予選で、予選Q3で赤旗の原因となったものの、そこから挽回してチーム史上最高の予選結果となる4番グリッドを獲得した。

予選Q3の開始早々、ケビン・マグヌッセンはウェットコンディションのアックエ・ミネラーリでスピンオフして、バリアにぶつかる寸前で車を止めたが、赤旗の原因となった。

ケビン・マグヌッセン 「F1のフィットネスを取り戻すにはあと2か月必要」

2022年4月18日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「F1のフィットネスを取り戻すにはあと2か月必要」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、3月に土壇場でF1に呼び戻された後、自分のベストな状態に戻るにはまだ数週間かかると認める。

2020年シーズンにハースF1チームを去ったケビン・マグヌッセンは、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権での新しい役割を果たすとともに、インディカーでデビューを果たしながら、プジョーとのWEC(FIA 世界耐久選手権)への参戦に備えていた。

ケビン・マグヌッセン 「ミックとの関係は過去のチームメイトと異なる」

2022年4月16日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「ミックとの関係は過去のチームメイトと異なる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームで新たにチームメイトとなったミック・シューマッハを称賛し、彼との仕事上の関係は過去の他のチームメイトと経験したものとはかなり異なると語った。

今年、追放されたニキータ・マゼピンに代わってハースF1チームでF1に復帰したケビン・マグヌッセンは、チームのドライバーラインナップで長老政治家の立場に置かれた。

ケビン・マグヌッセン、体調不良で記者会見を欠席 / ハースF1チーム

2022年4月9日
ケビン・マグヌッセン、体調不良で記者会見を欠席 / ハースF1チーム F1オーストラリアGP
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、メルボルンで吐き気に苦しみ、金曜日の記者会見を欠席した。

ハースF1チームは4月8日(金)にケビン・マグヌッセンが体調不良のため、金曜日の朝のドライバー会見に出席しないことを発表。それでも、プラクティスセッションには問題なく参加できるとしていた。

ミック・シューマッハ 「マグヌッセンの方がチームメイトとして快適」

2022年4月7日
ハースF1のミック・シューマッハ 「マグヌッセンの方がチームメイトとして快適」
ミック・シューマッハは、今シーズンにハースF1チームでチームメイトのなったケビン・マグヌッセンの方が、全のチームメイト - ニキータ・マセピン - よりも“快適”に感じていると語った。

ミック・シューマッハは、ニキータ・マゼピンをパートナーとしてセカンドシーズンに向かうことになっていたが、2022年シーズンの開幕を目前にしてロシアのウクライナ侵攻が起こったことにより、ハースF1チームはマゼピン家とのすべての関係を断ち切った。

『俺のXXをしゃぶれ』から5年…ヒュルケンベルグとマグヌッセンが和解

2022年3月30日
F1:『俺のXXをしゃぶれ』から5年…ヒュルケンベルグとマグヌッセンが和解
ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンは、2017年F1ハンガリーGPでの悪名高い『俺のXXをしゃぶれ(suck my balls)』の対立から5年の時を経て、わだかまりを解いた。

2017年のブダペストのレースで二人はポジションを争っており、ケビン・マグヌッセン(ハース)がニコ・ヒュルケンベルグ(当時ルノー)をコース外に追い出した。その後、マグヌッセンにはペナルティが科された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム