ケビン・マグヌッセン 「フェルスタッペンとレッドブルF1のコンビは別次元」

2022年9月25日
ケビン・マグヌッセン 「フェルスタッペンとレッドブルF1のコンビは別次元」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、マックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンなどに定期的に挑戦し、最高のチームとレースできることを証明したいと考えている。

ケビン・マグヌッセンは、モンツァで行われた前戦F1イタリアGPでかなり順位を落とし、最後にチェッカーフラッグを通過したドライバーとなった。

ハースF1代表 「ファンはヒュルケンベルグとマグヌッセンを喜ぶはず」

2022年9月24日
ハースF1代表 「ファンはヒュルケンベルグとマグヌッセンを喜ぶはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームの2023年のケビン・マグヌッセンのチームメイト候補リストのトップにいるようだ。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハが2023年に再契約するのは「50-50」だけだと語っている。また、23歳のシューマッハは、フェラーリのドライバー育成アカデミーのサポートも失ったようだ。

ハースF1チームに元キミ・ライコネンの担当レースエンジニアが加入

2022年9月22日
ハースF1チームに元キミ・ライコネンの担当レースエンジニアが加入
ハースF1チームは、元マクラーレンとルノーのエンジニアであるマーク・スレイドをケビン マグヌッセンのフルタイムのレース エンジニアとして採用した。

マーク・スレイドはエンジニアリングチームの一員としてマクラーレンでほぼ20 年を過ごし、メルセデスF1チームでミハエル・シューマッハのレースエンジニアを務めた後、様々なチーム名へと移り変わった「チーム・エンストン」で10年間勤務した。

ケビン・マグヌッセン 「やっぱりF1ドライバーでいるのはクールなこと」

2022年8月18日
ケビン・マグヌッセン 「やっぱりF1ドライバーでいるのはクールなこと」
ケビン・マグヌッセンは、今シーズン、ハースF1チームで予想外のF1復帰を果たした。復帰を振り返ったマグヌッセンは、F1ドライバーになることは「やっぱりとてもクール」なことだと語る。

今年の初め、ケビン・マグヌッセンは IMSA ウェザーテック スポーツカー選手権のチップ・ガナッシ・レーシングの主力メンバーとして、アメリカでの滞在を延長する準備が整えていた。

ハースF1代表 「マグヌッセンへのブラック&オレンジフラッグはミステイク」

2022年8月2日
ハースF1代表 「マグヌッセンへのブラック&オレンジフラッグはミステイク」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1ハンガリーGPのスチュワードがケビン・マグヌッセンにブラック&オレンジフラッグを出してピットストップを強制したのはミステイクだったと主張する。

ケビン・マグヌッセンは、オープニングラップの1コーナーの出口でマクラーレンのダニエル・リカルドと接触。エンドプレートがウイングの主要構造からぶら下がり、FIA(国際自動車連盟)はマグヌッセンにブラック&オレンジフラッグを提示した。

ケビン・マグヌッセン 「ミックをトウで手伝う計画だったけど…」

2022年7月24日
ケビン・マグヌッセン 「ミックをトウで手伝う計画だったけど…」 / ハースF1チーム F1フランスGP 予選
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの予選を10番手で終えた。

PU交換ペナルティによって最後尾からスタートすることが決定しているケビン・マグヌッセンがQ3まで進んだのは不可解だったが、マグヌッセン曰く、当初はミック・シューマッハのQ3進出をトウで助ける予定だったという。

カルロス・サインツJr.とケビン・マグヌッセン、PU交換で最後列スタート

2022年7月23日
カルロス・サインツJr.とケビン・マグヌッセン、PU交換で最後列スタート / F1フランスGP
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)とケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、F1パワーユニットのコンポーネントの交換により、F1フランスグランプリの決勝を最後列からスタートする。

カルロス・サインツJr.は、金曜日にコントロールエレクトロニクスを交換した後、10グリッド降格が確定していた。サインツは、2週間前にオーストリアグランプリでF1-75のリアが炎に包まれるパワーユニットの問題に見舞われた。

ケビン・マグヌッセン、2023年もハースF1チームに残留

2022年7月20日
ケビン・マグヌッセン、2023年もハースF1チームに残留
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ケビン・マグヌッセンとの契約は複数年契約であり、2023年もチームに残留することを明言した。

29歳のケビン・マグヌッセンは、2020年シーズンの後にロマン・グロージャンとともにハースF1チームを解雇され、ミック・シューマッハと同じルーキーのチームメイトであるニキータ・マゼピンの到着に道を譲った。

ケビン・マグヌッセン 「やっと少し運に恵まれてきた」

2022年7月11日
ケビン・マグヌッセン 「やっと少し運に恵まれてきた」 / ハースF1チーム F1オーストリアGP 決勝
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリの決勝を8位で終えた。

7番グリッドからスタートしたケビン・マグヌッセンは、チームメイトのミック・シューマッハに上回れたものの8位でフィニッシュ。ハースF1チームにとって2戦連続のダブルポイントフィニッシュとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム