ケビン・マグヌッセン、2021年はチップ・ガナッシからIMSAに参戦

2020年12月4日
ケビン・マグヌッセン、2021年はチップ・ガナッシからIMSAに参戦 / ハースF1
現在、ハースF1のドライバーを務めるケビン・マグヌッセンが、2021年はチップ・ガナッシ・レーシングからIMSAスポーツカー選手権に参戦することが発表された。

ハースF1チームは、2021年にニキータ・マゼピンとミック・シューマッハというオールルーキーラインナップを起用することを決定。チームを放出されるケビン・マグヌッセンは、来年アメリカでレースをするという選択肢を検討していることはすでに知られていた。

ケビン・マグヌッセン、2021年の計画はIMSA参戦と子作り?

2020年11月27日
ケビン・マグヌッセン、2021年の計画はIMSA参戦と子作り? / F1バーレーンGP 木曜記者会見
ハースF1のケビン・マグヌッセンは、父親になることでF1後の人生をスタートする準備ができているようだ。

F1バーレーンGPのパドックの話題のひとつは、ハースF1を放出されるケビン・マグヌッセンが、チップ・ガナッシと契約して2021年に米国のIMSAスポーツカー選手権に参戦するというものだった。

ケビン・マグヌッセン、レッドブル・ホンダF1移籍は「ありそうもない」

2020年11月5日
ケビン・マグヌッセン、レッドブル・ホンダF1移籍は「ありそうもない」
ハースF1を今季限りで離れる二人のドライバーは、2021年にリザーブドライバーの役割でF1に留まるという考えには乗り気ではないようだ。

ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは2020年限りでチームを放出され、ハースF1はニキータ・マゼピンとミック・シューマッハというルーキーのラインナップを起用すると考えられている。

ケビン・マグヌッセン、ハースF1離脱後の2021年は「何にでもオープン」

2020年10月23日
ケビン・マグヌッセン、ハースF1離脱後の2021年は「何にでもオープン」 / F1ポルトガルGP 木曜記者会見
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1を離脱することになった2021年は「どんなことにもオープン」だと語り、上位を争う機会のないF1を完全に離れる可能性があることを示唆した。

ハースF1は10月22日(木)に今シーズン限りでケビン・マグヌッセンとチームメイトのロマン・グロージャンがチームを離れることを発表した。

ハースF1、グロージャンとマグヌッセンの今季限りでの離脱を正式発表

2020年10月22日
ハースF1、グロージャンとマグヌッセンの今季限りでの離脱を正式発表…2021年はラインナップを一新
ハースF1チームは、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのそれぞれの声明に続き、両ドライバーが2020年のF1世界選手権をもってチームを離れることを正式発表した。

ロマン・グロージャンは2016年のハースF1の参戦と同時にチームに加入。ケビン・マグヌッセンはその1年後にチームに加入し、4年間にわたって二人はハースF1でチームを組んできた。

ケビン・マグヌッセン、2020年末でのハースF1からの離脱を発表

2020年10月22日
ケビン・マグヌッセン、2020年末でのハースF1からの離脱を発表
ケビン・マグヌッセンは、2020年シーズン末でハースF1チームを去ることを発表した。

「2020年のF1世界選手権がハースF1チームとの最後のシーズンになる。4年間チームと素晴らしい時間を過ごしてきたし、素晴らしい旅として振り返っている」とケビン・マグヌッセンはコメント。

ケビン・マグヌッセン、今季でF1キャリア終了の確率は“99.9%”と地元紙

2020年10月21日
ケビン・マグヌッセン、今季でF1キャリア終了の確率は“99.9%”と地元紙
ケビン・マグヌッセンが、2020年シーズン限りでハースF1のシートを失うのは“99.9%”だと彼の母国デンマークのメディアは伝えている。

ケビン・マグヌッセンは、まだ2021年のF1シートを確保できていないドライバーの一人だが、ハースF1は来シーズンに方向転換することを評価しており、マグヌッセン自身もすでにシートを維持することに不安を感じていることを認めている。

レッドブル・ホンダF1はケビン・マグヌッセンを起用するべき?

2020年10月19日
レッドブル・ホンダF1はケビン・マグヌッセンを起用するべき?
ケビン・マグヌッセンは、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンの“素晴らしい”次期チームメイト候補になるはずだ。そう語るの元マクラーレンのコミュケーションディレクターでマグヌッセンと同じデンマーク人のマット・ビショップだ。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンが2021年にチームに残留するために必要なパフォーマンスを発揮できない倍、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスが唯一のレッドブル外の候補者だと語っている。

F1トスカーナGP 9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断

2020年9月13日
9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断/ F1トスカーナGP
F1トスカーナGPは、9周目に4台が絡むクラッシュが発生して赤旗中断となった。

オープニングラップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がリタイアする接触事故によってセーフティカーが導入される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム