ケビン・マグヌッセン 「アロンソは最高のF1ドライバーのひとり」

2020年6月4日
ケビン・マグヌッセン 「アロンソは最高のF1ドライバーのひとり」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1キャリアで戦ったドライバーのなかで最も際立っていたのはフェルナンド・アロンソだと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが、マクラーレンをドライブした2018年を最後にF1を離れたが、最近の移籍劇で空席がルノーF1で2021年にF1復帰する可能性が盛んに報じられている。

ハースF1のケビン・マグヌッセン 「シムレースには興味はない」

2020年4月30日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「シムレースには興味はない」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、他のF1ドライバーのように“バーチャル”に世界のレースドライバーになることに興味はないと語る。

ハースF1チームのF1ドライバーであるロマン・グロージャンやテストドライバーのピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラズは皆、新型コロナウイルスのコックダウン中にホームシミュレーターでレースをしちえる。

ケビン・マグヌッセン 「マクラーレンやルノーF1への復帰にもオープン」

2020年4月22日
ケビン・マグヌッセン 「マクラーレンやルノーF1への復帰にもオープン」
ケビン・マグヌッセンは、マクラーレンまたはルノーF1チームに復帰することには“完全にオープン”だと語る。

現在、ハースF1チームのドライバーを務めるケビン・マグヌッセンだが、チームオーナーであるジーン・ハースは、F1が新型コロナウイルス危機に直面する以前からF1撤退を検討していることを明らかにしていた。

ケビン・マグヌッセン 「F1キャリアの後はインディカーに参戦したい」

2020年4月20日
ケビン・マグヌッセン 「F1キャリアの後はインディカーに参戦したい」
ハースF1チームのドライバーを務めるケビン・マグヌッセンは、F1でのキャリアが終了した後、インディカーでレースをする機会を得たいと語る。

ケビン・マグヌッセンは、マクラーレンのリザーブドライバーを務めていた2015年にインディカー参戦に非常に近づいていたが、プレシーズンテストで負傷したフェルナンド・アロンソの代役として開幕戦オーストラリアGPに参戦することになり、その計画は実現しなかった。

F1:ケビン・マグヌッセン 「6か月で18戦を開催するのは残酷」

2020年3月27日
F1:ケビン・マグヌッセン 「6か月で18戦を開催するのは残酷」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、6か月で18戦を戦うのは“残酷”だと考えている。

新型コロナウイルスのパンデミックによって、2020年のF1世界選手権はカレンダーの序盤8戦の延期・中止が決定。F1は、6月からレースを再開し、15~18戦の開催を目指している。

「6か月で18戦を開催するなんてクレイジーだ」とケビン・マグヌッセンは Viasat に語った。

ケビン・マグヌッセン 「ハースのF1撤退はイメージできる」

2020年3月5日
ケビン・マグヌッセン 「ハースのF1撤退はイメージできる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームのオーナーであるじーん・ハースがF1撤退を決断することはイメージと語る。

2016年に彼の会社であるハース・オートメーションを宣伝するためにF1に参入したジーン・ハースは、最近、2021年にF1グリッドに参加しない可能性があることを示唆して見出しとなった。

F1 | ケビン・マグヌッセン 「ハース以外からのオファーもあった」

2020年2月7日
F1
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チーム以外からも選択肢があったが、ハースに加入することが最良の選択肢だったと明かした。

2014年にマクラーレンからF1デビューを果たしたケビン・マグヌッセンは、1年でシートを失った後、2016年にルノーを経て、2017年にハースF1チームへと移籍。2018年にはチームの半分以上のポイントを獲得するパフォーマンスをみせた。

ケビン・マグヌッセン 「ハースF1チームは負のスパイラルには陥らない」

2020年2月6日
ケビン・マグヌッセン 「ハースF1チームは負のスパイラルには陥らない」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの不振が近年のマクラーレンとウィリアムズのように負のスパイラルに陥ることはないと確信していると語る。

2016年にF1への参戦を開始したハースは、初年度にコンストラクターズ選手権で8位を獲得。フェラーリとの密接な技術提携を結ぶハースF1チームはパフォーマンスを向上させ、2018年にはルノーと中団バトルを展開してコンストラクターズ選手権を5位で終えていた。

ケビン・マグヌッセン、6番手タイム「シーズン全体でほぼベスト」

2019年11月16日
ケビン・マグヌッセン、6番手タイム「シーズン全体でほぼベスト」 / F1ブラジルGP初日
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1ブラジルGPの金曜フリー走行で6番手タイムを記録。シーズンを通して“ベストに近い”としつつも、それは気温が低かったことが要因だと語る。

「まずまず良い金曜日だったんじゃないかな。FP2では軽い燃料で走って6番手だ。シーズン全体で見てもほぼベストに近い。少なくともモナコ以降ではベストだと思う」とケビン・マグヌッセンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム