ケビン・マグヌッセン 「以前はプレッシャーでF1にいるのが怖かった」

2023年1月31日
ケビン・マグヌッセン 「以前はプレッシャーでF1にいるのが怖かった」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年に1年ぶりにF1に復帰して以来、「より簡単に楽しめる」ようになったと感じており、以前は古い考え方によって「非常に怖い 」と感じるプレッシャーにつながっていたと認める。

ケビン・マグヌッセンのF1キャリアは2020年シーズン終了後にハースF1チームから解雇され、アメリカのスポーツカーレースへの転向を促されたことで終わったかに見えた。

ケビン・マグヌッセン 「ヒュルケンベルグと親友になれるかもしれない」

2023年1月23日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「ヒュルケンベルグと親友になれるかもしれない」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの新しいチームメイトとなるニコ・ヒュルケンベルグとコース外で関係を築かなければならなというプレッシャーを感じていないが、彼らの間に永続的な“関係”があると考えるのは間違っていると語る。

ハースF1チームは、アブダビでのシーズンフィナーレに先立ち、ケビン・マグヌッセンのチームメイトとしてミック・シューマッハに代わってニコ・ヒュルケンベルグが2023年シーズンにチームに加わることを発表した.

ケビン・マグヌッセン、手首の回復のためデイトナ24時間レースを欠場

2023年1月20日
ハースF1チームのケビン・マグヌッセン、手首の回復のためデイトナ24時間レースを欠場
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、手首の手術は成功したが、回復が必要なためデイトナ24時間レースを欠場することを決定した。

ケビン・マグヌッセンは、フロリダで開催される耐久レースにMDKモータースポーツから父親のヤン・マグヌッセン、ロンズドライバーのトレントン・エステパンド、チームオーナーのマーク・クヴァンメとポルシェ911GT3-Rで参戦する予定だった。

ケビン・マグヌッセン、手首の手術でデイトナ24時間は欠場の見通し

2023年1月14日
ハースF1のケビン・マグヌッセン、手首の手術でデイトナ24時間は欠場の見通し
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、手首の手術によってしばらく休暇を取らなければならず、出場を予定していたデイトナ24時間レースを欠場する可能性が高いことを発表した。

「手首が痛かったので、医者に診てもらいに行ったところ、F1シーズンの準備ができるように今すぐ取り除く必要がある嚢胞が見つかった」とケビン・マグヌッセンは説明。

ハースF1代表 「復帰後のマグヌッセンは成熟してリラックスしている」

2023年1月2日
ハースF1代表 「復帰後のマグヌッセンは成熟してリラックスしている」
ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、ケビン・マグヌッセンのF1復帰、および苦戦を強いられた2022年シーズン中盤でのより成熟したリラックスしたアプローチを称賛している。

ケビン・マグヌッセンは2017年から2020年までハースF1チームでレースをしていたが、2021年には当時のチームメイトだったロマン・グロージャンと共に放出され、チームはミック・シューマッハとニキータ・マゼピンのルーキーペアを獲得した。

ケビン・マグヌッセン、父ヤンと親子タッグのガルフ12時間レースで7位

2022年12月14日
ケビン・マグヌッセン、父ヤンと親子タッグのガルフ12時間レースで7位
ハースF1チームのドライバーであるケビン・マグヌッセンは、父親のヤン・マグヌッセンと親子タッグを組んで参戦したガルフ12時間レースで7位フィニッシュを果たした。

F1アブダビGPの舞台であるヤス・マリーナ・サーキットで開催されたガルフ12時間レースで、ケビン・マグヌッセンとヤン・マグヌッセンは、MDKモータースポーツからフェラーリ488GT3で参戦。

ケビン・マグヌッセン 「F1復帰した自分は以前とは別人だと感じている」

2022年12月5日
ケビン・マグヌッセン 「F1復帰した自分は以前とは別人だと感じている」
ケビン・マグヌッセンは、2022年シーズンの初めにハースF1チームで予期せずF1復帰を果たしたとき、自分が「別人」のように感じたと語った。

冬季テスト中、ケビン・マグヌッセンは、ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、ロシアのスポンサーであるウラルカリとペイドライバーのニキータ・マゼピンとの関係を断つというチームの決定を受けて、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーから急遽呼び出された。

ケビン・マグヌッセン 「ミック・シューマッハはきっとF1に戻ってこれる」

2022年11月19日
ケビン・マグヌッセン 「ミック・シューマッハはきっとF1に戻ってこれる」
ケビン・マグヌッセンは、チームメイトのミック・シューマッハがハースF1チームを離脱されたニュースを受け、将来的にF1に戻れるとエールを送った。

ミック・シューマッハは、木曜日にハースF1チームとの現在の契約が延長しないことが発表され、後任にニコ・ヒュルケンベルグが3年ぶりにF1に復帰することが決定した。

ケビン・マグヌッセン、F1ブラジルGPのクラッシュ後にFIAから放置される

2022年11月17日
ケビン・マグヌッセン、F1ブラジルGPのクラッシュ後にFIAから放置される
ケビン・マグヌッセンは、F1ブラジルGPでクラッシュした後、FIA(国際自動車連盟)から忘れ去られていた。通常、リタイアしたドライバーはメディカルカーで迎えに来るが、この場合はそうではなかった。

F1ブラジルGPは、ケビン・マグヌッセンにとって前途有望な週末の残念な結末だった。金曜日の予選では驚くべきポールポジションを獲得したが、土曜日のスプリントレースでは8位に後退した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム