ロマン・グロージャン、アンドレッティ・オートスポーツ移籍が決定

2021年9月25日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、アンドレッティ・オートスポーツ移籍が決定 / インディカー
アンドレッティ・オートスポーツは、2022年の28号車のドライバーとして元F1ドライバーのロマン・グロージャンと契約したことを発表した。

ロマン・グロージャン(35歳)は、2020年のF1アブダビGPでの恐ろしいクラッシュで10年間のF1キャリアを終えた後、今季からインディカーに転向。デビューシーズンですでに3回の表彰台を獲得している。

ロマン・グロージャン 「若手にはF1の下位チームよりインディカーがお勧め」

2021年9月21日
ロマン・グロージャン 「若手にはF1の下位チームよりインディカーがお勧め」
ロマン・グロージャンは、子供たちがF1ドライバーを夢見ていることは分かっているが、下位チームで戦うのであれば、インディカーに来ることをお勧めすると語る。

昨年までハースでF1を戦っていたロマン・グロージャンは、今年からインディカーに戦いの場を移した。F1では179回のスタートで10回の表彰台しか獲得できなかったグロージャンだが、インディカーではわずか12戦で3回の表彰台を獲得している。

メルセデスF1、ロマン・グロージャンの“お別れ走行”企画は存続

2021年9月10日
メルセデスF1、ロマン・グロージャンの“お別れ走行”企画は存続
メルセデスF1のトト・ヴォルフは、今年初めに提案されたロマン・グロージャンの“お別れF1テスト走行”の企画はまだ存続していると語る。

昨年のF1バーレーンGPでのクラッシュで大炎上するマシンから奇跡的な生還を果たしたロマン・グロージャンは、負傷によって最後の2ラインを欠場したことで、2022年のハースでの最後のレースをせずに不本意な形でF1を去ることになった。

ロマン・グロージャン、アンドレッティ・オートスポーツ移籍で合意との報道

2021年9月1日
ロマン・グロージャン、アンドレッティ・オートスポーツ移籍で合意との報道 / インディカー
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、インディカーで2022年にアンドレッティ・オートスポーツに移籍することで最終的な合意に達したと RACER が報じている。

ロマン・グロージャンは、パドックで最もホットなフリーエージェントであり、マイケル・アンドレッティの獲得リストのトップドライバーだと報じられてきた。

ロマン・グロージャン、名門アンドレッティ・オートスポーツ移籍の噂

2021年8月11日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、名門アンドレッティ・オートスポーツ移籍の噂 / インディカー
ロマン・グロージャンは、2022年にインディカーの名門アンドレッティ・オートスポーツへの移籍が噂されている。

2020年限りでハースF1のシートを喪失したロマン・グロージャンは、デイル・コイン・レーシングと契約してアメリカのシリーズへと転向。インディカーでのルーキーシーズンで印象的なパフォーマンスを示している。

ロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンのインディカーデビューに助言

2021年6月19日
ロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンのインディカーデビューに助言…F1時代のチームメイトが米国で再会
ケビン・マグヌッセンは、元ハースF1のチームメイトであるロマン・グロージャンから今週末のインディカーでのサプライズデビューに向けた準備を手伝ってもらったと語る。

アロー・マクラーレンSPは、先週末のデトロイトでのレースで大クラッシュに見舞われて出場許可が下りなかったフェリックス・ローゼンクヴィストの代役として今週末のロードアメリカのレースにケビン・マグヌッセンを抜擢した。

メルセデスF1、ロマン・グロージャンのF1テストを渡航制限のため延期

2021年6月17日
メルセデスF1、ロマン・グロージャンのF1テストを渡航制限のため延期
メルセデスF1は、米国とフランス間の投稿制限のため、6月29日にポール・リカールで予定していたロマン・グロージャンのF1テストを延期することを決定した。

2020年のF1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュから生還したロマン・グロージャンがシーズン最後の2戦を欠場。不本意な形でF1キャリアを終えることになった。

ロマン・グロージャン、インディ500に触発されてオーバル出場を決意

2021年6月11日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、インディ500に触発されてオーバル出場を決意
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、インディ500に触発され、インディカーでオーバールレースに出場することを決意した。

ロマン・グロージャンは、2020年シーズンの終わりに2人のルーキーで2021年を戦うことを選択したハースF1チームのシートを喪失。その後、2021年にデイル・コイン・レーシングからインディカーに参戦することが発表されたが、インディ500を含めたオーバルでのレース以外という条件付きのものだった。

ロマン・グロージャン 「メルセデスF1は全てを包み隠さず教えてくれた」

2021年5月28日
ロマン・グロージャン 「メルセデスF1は全て包み隠さず教えてくれた」
ロマン・グロージャンは、メルセデスF1でシート合わせをしたときに彼らがどれほどオープンであるかに“驚いた”と語る。

メルセデスF1は、2020年のF1バーレーンGPで九死に一生のクラッシュから生還してシーズンを早期に終えることになったロマン・グロージャンに“フェアウェル”ドライブの機会を提供。メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、グロージャンにこの機会を与えることを“誇りに思っている”と語っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム