ロマン・グロージャン 「ハースF1にはお金が必要だった」

2020年10月23日
ロマン・グロージャン 「ハースF1にはお金が必要だった」
ロマン・グロージャンは、ハースF1から2021年に自分とケビン・マグヌッセンの二人と保持しないという決定はが経済的な理由で行われたと知らされたと明かした。

ハースF1は、10月22日(木)にロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンが今シーズン末にチームを去ることを発表。グロージャンは2016年にハースF1の初参戦時からチームに所属し、翌年に加入したケビン・マグヌッセンと4年間チームメイトを務めてきた。

ハースF1、グロージャンとマグヌッセンの今季限りでの離脱を正式発表

2020年10月22日
ハースF1、グロージャンとマグヌッセンの今季限りでの離脱を正式発表…2021年はラインナップを一新
ハースF1チームは、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのそれぞれの声明に続き、両ドライバーが2020年のF1世界選手権をもってチームを離れることを正式発表した。

ロマン・グロージャンは2016年のハースF1の参戦と同時にチームに加入。ケビン・マグヌッセンはその1年後にチームに加入し、4年間にわたって二人はハースF1でチームを組んできた。

ロマン・グロージャン、2020年末でのハースF1からの離脱を発表

2020年10月22日
ロマン・グロージャン、2020年末でのハースF1からの離脱を発表
ロマン・グローキャンは、2020年シーズン末でハースF1チームを去ることを発表した。

2016年にハースがF1に参戦して以来ドライバーを務めてきたロマン・グロージャンは、5年間でここまでチームのドライバーを務めてきたが、F1アブダビGPでチームを離れることになった。まだ今後の去就については発表されていない。

カルロス・サインツとロマン・グロージャン、新品のパワーユニットを投入

2020年8月16日
カルロス・サインツとロマン・グロージャン、新品のパワーユニットを投入 / F1スペインGP
マクラーレンのカルロス・サインツとハースのロマン・グロージャンは、F1スペインGPの最終プラクティスに先立って新品のパワーユニットを投入した。

カルロス・サインツは、先週末のF1 70周年記念GPで冷却問題に悩まされ、F1スペインGPに先立ってシャシーを含めた多くのパーツを交換。だが、バルセロナでもその症状は改善されず、“試すものが尽きている”と認めていた。

マーク・ウェバー、ロマン・グロージャンの戦い方を痛烈批判「素人同然」

2020年8月6日
マーク・ウェバー、ロマン・グロージャンの戦い方を痛烈批判「素人同然」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、F1イギリスGPでのロマン・グロージャンの走りを痛烈批判。ライバルたちはグロージャンの走りを“信頼できない”“非常に危険”と批判しており、ウェバーも「レースの仕方を知らない」と厳しい言葉を投げかけた。

F1イギリスGPで、ロマン・グロージャンは、2回目のセーフティカーで他の全員がピットインするなか、唯一ミディアムタイヤでステイアウトすることを決断。

ロマン・グロージャン、ハースF1の存続は「触れてはいけない話題」

2020年7月17日
ロマン・グロージャン、ハースF1の存続は「触れてはいけない話題」
ロマン・グロージャンは、ハースF1チームが2021年以降もF1を継続するかどうかはまだわからないとし、“この場で触れてはいけない話題”だと表現した。

チームオーナーであるジーン・ハースは、厳しい2019年のシーズン中にコンストラクターズチャンピオンシップで9位という史上最悪のフィニッシュを達成した後、ハースのF1の将来に関する選択肢を検討している。

ロマン・グロージャン、パルクフェルメ規則に違反でピットレーンスタート

2020年7月12日
ロマン・グロージャン、パルクフェルメ規則に違反でピットレーンスタート/ ハースF1 シュタイアーマルクGP
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、土曜日の夜にパルクフェルメ環境にあるマシンに変更を加えたとしてF1シュタイアーマルクGPの決勝をピットレーンからスタートすることが決定した。

ロマン・グロージャンは、F1シュタイアーマルクGPの予選でERSのウオーターポンプに問題が発生。タイムを記録せずにQ1セッションを終えて最後尾からのスタートが決まっていた。

ロマン・グロージャン 「ルノーF1への復帰は魅力的な選択肢」

2020年6月28日
ロマン・グロージャン 「ルノーF1への復帰は魅力的な選択肢」
ロマン・グロージャンは、将来のある時点で彼にとって最初のF1チームであるルノーF1に復帰することに興味があると語る。

ロマン・グロージャンは、2009年シーズン途中にルノーでF1デビューを果たしたが、印象を与えることができずにシートを維持することができなかった。しかし、2012年に当時ロータスF1として知られていたチームから2回目のチャンスを与えられ、4シーズンで10回の表彰台を獲得した。

ハームF1のロマン・グロージャン、シムレースチームを設立

2020年4月27日
ハームF1のロマン・グロージャン、シムレースチームを設立
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、自身のシムレースチーム『R8G Sim Racing Team』。eスポーツの世界に参入する最新のドライバーとなった。

F1を含めたモータースポーツが休止状態となっている期間を利用して多くのドライバーがシムレースの世界に参入。F1は『F1 Esports Virtual Grand Prix』、インディカー『INDYCAR iRacing Challenge』を立ち上げ、現役ドライバーが参加している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム