グロージャン 「シューマッハはハースF1の負のスパイラルの犠牲者」

2022年6月28日
ロマン・グロージャン 「シューマッハはハースF1の負のスパイラルの犠牲者」
元ハースF1チームのドライバーであるロマン・グロージャンは、ミック・シューマッハはチームの負のスパイラルの犠牲者だと考えている。

F1での2年目のシーズンを迎えているミック・シューマッハだが、ハースVF-22が大幅に改善したにもかかわらず、F1でまだポイントを獲得できていない。

ロマン・グロージャン、アロンソへのペナルティを批判「レースをさせよう」

2022年6月24日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、アロンソへのペナルティを批判「レースをさせよう」
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、F1カナダグランプリでフェルナンド・アロンソが7位から9位に降格することになった5秒ペナルティを批判。今回のケースではレースコントロールは“規制しすぎ”だったと考えている。

フロントローからスタートしたフェルナンド・アロンソは、車にトラブルが発生し、レースでは少し後退した。7位でフィニッシュしたアロンソだった、その後、ウィービングに対して5秒のタイムペナルティが科せられた。

ロマン・グロージャン 「ハースF1から復帰オファーがあっても受けなかった」

2022年3月15日
ロマン・グロージャン 「ハースF1から復帰オファーがあっても受けなかった」
ロマン・グロージャンは、ハースF1チームが元チームメイトのケビン・マグヌッセンではなく、自分にオファーをしてきていたら、F1復帰に「ノー」と言っていただろうと主張する。

ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、4シーズンにわたってハースF1チームでチームメイトであり、チームがコンストラクターズ選手権で5位を獲得した2018年にt-ムのベストフィニッシュに大きな貢献を果たした。

佐藤琢磨、ロマン・グロージャンに追突されて憤慨「彼は無謀だった」

2022年2月27日
佐藤琢磨、ロマン・グロージャンに追突されて憤慨「彼は無謀だった」  / 2022年 インディカー 開幕戦
佐藤琢磨は、2022年のインディカー開幕戦セントピーターズバーグのFP2でロマン・グロージャンに追突され、「無謀」だと不満を露わにした。

佐藤琢磨は、フライングラップを開始するためにターン10で十分な距離を保とうとしていた。だが、そこに突然、ロマン・グロージャンが結構なスピードで突っ込んできた。皮肉なことに、佐藤琢磨の51号車は昨年までグロージャンが乗っていたマシンだ。

ロマン・グロージャン 「アンドレッティの施設はいくつかのF1チームに勝る」

2022年2月23日
ロマン・グロージャン 「アンドレッティの施設はいくつかのF1チームに勝る」
アンドレッティのF1参戦が報じられる中、元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、アンドレッティ・オートスポーツの施設はいくつかのF1チームの施設よりも優れていると語る。

179戦のグランプリに出場して2020年の終わりにF1を離れたロマン・グロージャンは、インディカーに転向し、2シーズン目となる2022年は名門アンドレッティ・オートスポーツに移籍した。

ロマン・グロージャン 「メルセデスF1のテスト走行企画はポシャってない」

2022年1月22日
ロマン・グロージャン 「メルセデスF1のテスト走行企画はポシャってない」
ロマン・グロージャンは、延期となっているメルセデスF1マシンでのテスト企画を2022年のどこかの時点で実施することができると確信していると語る。

2020年のF1バーレーンGPで恐ろしいクラッシュに見舞われた後、ロマン・グロージャンのF1キャリアは早くに終了することになった。メルセデスF1は、F1に別れを告げる機会を持てなかったグロージャンに2021年シーズン中に彼らのマシンの1台をテストする機会をオファーした。

元F1ドライバーのロマン・グロージャン、左手の植皮手術を報告

2021年11月4日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、左手の植皮手術を報告
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、2021年のインディカーシーズンが終了したオフシーズンを利用して、負傷した左手の植皮手術を受けた。

ロマン・グロージャンは、2020年のF1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュを喫して手に火傷を負った。この事故によって、グロージャンは残りのレースに戻ることができず、F1キャリアは早期に終了することになった。

F1:ロマン・グロージャン 「ベッテルは事故翌朝6時に見舞いにきた」

2021年10月31日
F1:ロマン・グロージャン 「ベッテルは事故翌朝6時に見舞いにきた」
ロマン・グロージャンは、F1バーレーンGPでの大クラッシュの翌朝6時にセバスチャン・ベッテルが見舞に訪れ、「家に帰って休む」よう促したと明かす。

昨年のF1バーレーンGPでロマン・グロージャンは恐ろしい事故に見舞われた。高速でバリアに衝突したロマン・グロージャンのマシンは2つに分断され、炎上。28秒後、グロージャンは残骸から奇跡的に脱出しらが、数か所の火傷と左手の親指の腱の断裂という怪我を負い、すぐに治療を受けるために病院に搬送された。

キミ・ライコネンがロマン・グロージャンに送った最初のメッセージ

2021年10月21日
F1:キミ・ライコネンがロマン・グロージャンに送った最初のメッセージ
元F1ドライバーのロマン・グロージャンが、2012年にロータスに加入した際に新しいチームメイトとなったキミ・ライコネンから送られてきた最初のメッセージについての逸話を明かした。

ロータスは、2021年シーズンに向けてドライバーラインナップを一新。2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンが2年ぶりにF1復帰し、ロマン・グロージャンはF1で初のフルシーズンを迎えることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム