ランド・ノリス、ニキータ・マゼピンを擁護 「ミックもスピンしてたよね?」

2021年4月6日
マクラーレンF1のランド・ノリス、ニキータ・マゼピンを擁護 「ミックもスピンしてたよね?」
マクラーレンF1のランド・ノリスを含めたF1関係者は、炎上しているニキータ・マゼピンを擁護した。

下位カテゴリーでの攻撃的な運転、大富豪の父親、Instagramでの“不祥事”など、F1デビュー前から“ヒール役”となっているニキータ・マゼピンは、開幕戦の予選では紳士協定を破って隊列を追い抜いて非難され、決勝では単独スピンによって3コーナーでリタイア。ネットを中心としたマゼピンへの攻撃は続いている。

ハースF1のニキータ・マゼピン 「僕のレースは見ていて退屈ではないはず」

2021年4月6日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「僕のレースは見ていて退屈ではないはず」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、誰からも好かれるドライバーである必要はないと考えており、自分のレースには“見ていて退屈しないはずだ”と自信を持っている。

F1デビュー前からコース内外の不祥事で評判を落としていたニキータ・マゼピン。F1デビュー戦となったバーレーンGPを忘れたいと思っている。オープニングラップで単独クラッシュを喫してわずか3コーナーでレースは終わった。

ミック・シューマッハ 「カート時代にマゼピンの走りを警告された」

2021年4月5日
ハースF1のミック・シューマッハ 「カート時代にマゼピンの走りを警告された」
ハースF1チームのミック・シューマッハは、チームメイトとなったニキータ・マゼピンとカード時代に戦っていたときに、レースへのアグレッシブなアプローチについて“警告”されていたことを明かした。

ハースF1チームはすでに2021年シーズンにほぼタオルを投げ込んでおり、注目はウィリアムズとの下位争いと新人のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンのキャラクターだけとなっている。

ハースF1チーム代表 「ニキータ・マゼピンはかなり自分を責めていた」

2021年3月31日
ハースF1チーム代表 「ニキータ・マゼピンはかなり自分を責めていた」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1バーレーンGPを単独スピンでわずか数コーナーで終えたニキータ・マゼピンが“かなり自分を責めている”状態であると語り、また、冬の間の激しい批判が影響を与えた感は否めないと語った。

ニキータ・マゼピンは、F1デビュー戦となったF1バーレーンGPでターン2の出口でスピンしてバリアにクラッシュしてリタイア。またプラクティスで2回、予選でも2回のスピンを喫している。

F1はニキータ・マゼピンがいるべき場所ではない?元F1ドライバーが酷評

2021年3月30日
F1はニキータ・マゼピンがいるべき場所ではない?元F1ドライバーが酷評
「F1はニキータ・マゼピンがいるべき場所ではない」 元F1ドライバーでFIAスチュワードを務めるミカ・サロは、プレシーズンからトラック内外の不祥事が話題となり、F1デビュー戦を単独スピンによって数100mで終えたマゼピンを率直にそう評価する。

予選でもスピンを喫したニキータ・マゼピンは、常にチームメイトのミック・シューマッハの後塵を拝し、Q1終盤にはアタック待ちのドライバーたちの列を追い抜くという紳士協定破りをしてライバルから顰蹙を買った。

ニキータ・マゼピン、F1デビュー戦は単独スピンで0周リタイア

2021年3月29日
ニキータ・マゼピン、F1デビュー戦は単独スピンで0周リタイア / ハースF1チーム F1バーレーンGP決勝
ハースF1チームのニキータ・マゼピンは、デビュー戦となった2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝を単独スピンによってわずか3つのコーナーで終えた。

父親がチームのタイトルスポンサーであるウラルカリの会長を務める大富豪、コース内外の不祥事により、“悪童”としてのイメージで違った意味で注億を集めていたニキータ・マゼピン。予選では“チームからの指示”で紳士協定を破ってアタック待ちの列を追い抜き、スピンを喫してイエローフラッグを出すなど、すでにお騒がせな存在となっている。

ニキータ・マゼピン、紳士協定破りも「チームに列を抜くように言われた」

2021年3月28日
ニキータ・マゼピン、紳士協定破りも「チームに列を抜くように言われた」 / ハースF1チーム F1バーレーンGP 予選
ハースF1のニキータ・マゼピンは、予選Q1で最後のアタックラップを開始する前にマシンの列を抜いたのはチームの指示に従ってのことだと説明した。

F1ドライバーは、予選ラップの開始前にお互いを抜かないことで非公式に合意しているが、ニキータ・マゼピンは、それを無視して、間隔をあけるために減速してたセバスチャン・ベッテル、セルジオ・ペレス、バルテリ・ボッタスを抜いて最後のアタックラップを開始した。

ロシア人のニキータ・マゼピン、2022年まで“中立選手”としてF1参戦

2021年3月26日
ロシア人のニキータ・マゼピン、2022年まで中立選手としてF1参戦
ロシア人のニキータ・マゼピンは、2021年のF1世界選手権に『中立選手』として参戦し、名前の横にはロシア国旗の代わりに『RAF』が表示される。

ロシアの国ぐるみのドーピングにより、F1を含む多くの分野の主要な国際大会で、ロシア人選手が国旗を使用することが禁止された。これは世界反ドーピング機関(WADA)の調査に関するスポーツ仲裁裁判所(CAS)の判決に従っていこと。

ニキータ・マゼピン 「毎週日曜日にテレビで見ていた舞台に立てる」

2021年3月25日
ニキータ・マゼピン 「毎週日曜日にテレビで見ていた舞台に立てる」 / ハースF1 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
ハースF1のF1デビューとなる2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPに先立ってシーズンへの意気込みを語った。

大富豪の父親がチームをタイトルスポンサーとして支援し、下位カテゴリーでの攻撃的なスタイルとコース外での騒動によってデビュー前から“ヒール”のイメージがついているニキータ・マゼピン。それでも素顔は憧れのF1の舞台に立つことを待ち切れない22歳の青年だ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム