ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハをモスクワに招待

2021年9月24日
ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハをモスクワに招待
ニキータ・マゼピンは、不仲が噂されているチームメイトのミック・シューマッハを数日間モスクワに招待した。

2021年に苦戦が続いているハースF1チームだが、新しいレギュレーションが導入される2022年には高い期待を寄せており、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの二人の残留が発表され、絶え間ない二人の小競り合いは和らいでいるようだ。

ハースF1、2022年のニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの残留を発表

2021年9月23日
ハースF1、2022年のニキータ・マゼピンとミックシューマッハの残留を発表
ハースF1チームは、2022年もニキータ・マゼピンとミック・シューマッハがチームに残留することを発表した。

今年、ハースF1チームは、ドライバーラインナップを一新し、昨年のF2チャンピオンのミック・シューマッハと同5位のニキータ・マゼピンという2人のルーキーを起用。

ハースF1代表 「マゼピンとシューマッハの問題は個人的ものでない」

2021年9月23日
ハースF1代表 「マゼピンとシューマッハの問題は個人的ものでない」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの緊張関係は“個人的”なことが原因ではないと考えている。

今年、ハースF1は、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハという2人のルーキーを起用。チームは2022年に焦点を当てており、二人に経験を積ませようとしているが、当然ながら二人ともグリッドでの地位に相応しいことを証明したがっている。

ハースF1 「チーム存続には2人のルーキー起用以外に選択肢はなかった」

2021年9月21日
ハースF1 「チーム存続には2人のルーキー起用以外に選択肢はなかった」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームを存続させるためには2022年末でそれまでのドライバーを放出し、2021年にルーキーのミック・シューマッハとニキータ・マゼピンに後退させる以外に選択肢はなかったと語った。

今年、苦戦しているハースF1チームは、3つの主な理由でヘッドラインに登場している。際立ったペースの欠如、物議を醸すニキータ・マゼピン、マセピンとチームメイトのシューマッハの間の激化するコース内外の論争だ。

ニキータ・マゼピン 「ハースF1にシミュレーター施設がないことは不利」

2021年9月20日
ニキータ・マゼピン 「ハースF1にシミュレーター施設がないことは不利」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1にシミュレーター施設がないことで、F1ルーキーとして、シーズン後半のフライアウェイレースはより困難なものになると語る。

ハースF1のルーキーであるニキータ・マゼピンとチームメイトのミック・シューマッハは、FIA-F2が開催されないオースティン、メキシコ、ブラジルでレースをしたことがない。

ハースF1代表 「シューマッハとマゼピンの緊張関係は話し合いで緩和」

2021年9月17日
ハースF1代表 「シューマッハとマゼピンの緊張関係は話し合いで緩和」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1イタリアGPでの接触の後、わだかまりを解くために話し合いの場を持ったとし、チームは二人のドライバーの緊張関係を和らげるために進歩していると語る。

ニキータ・マゼピンは、F1イタリアGPでハミルトンとフェルスタッペンの事故によって導入されたセーフティカー後のリスタートでミック・シューマッハを抜こうとして接触。ミック・シューマッハはスピンを喫したが、両者はレースを続行した。

ニキータ・マゼピン、22秒遅いアウトラップで審議対象もお咎めなし

2021年9月11日
ニキータ・マゼピン、22秒遅いアウトラップで審議対象もお咎めなし / F1イタリアGP 予選
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1イタリアGPの予選Q1で“22秒遅い”アウトラップでロバート・クビサ(アルファロメオ)を故意に妨害した疑いで審議対象となったが、罰を免れた。

F1イタリアGPの予選Q1は、各ドライバーがコース上でスペースを見つけようとしてトラフィックが大きな問題となった。ニキータ・マゼピンのアウトラップは特に遅く、ロバート・クビサをひどく妨害したように見えた。

ニキータ・マゼピン 「シューマッハとの交戦協定に何も変更はない」

2021年9月10日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「シューマッハとの交戦協定に何も変更はない」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1オランダGPでのチームメイトのミック・シューマッハとの接触事故の後も、コース上の交戦協定は何も分かっていないと語る。

レース序盤、ミック・シューマッハはニキータ・マゼピンを追い抜こうとしたが、インサイドのラインを守ろうとしたマゼピンと接触してフロントウイングを破損した。

ニキータ・マゼピン、アルファロメオF1にスポンサーとともに移籍?

2021年9月9日
ニキータ・マゼピン、アルファロメオF1にスポンサーとともに移籍?
ニキータ・マゼピンは、強力な財政支援とともにアルファロメオF1に移籍する可能性があることをほのめかしている。

父親のドミトリー・マゼピンの会社であるウラルカリがタイトルスポンサーを務めているハースF1でデビューしたニキータ・マゼピンだが、チームメイトのミック・シューマッハとあからさまな対立が続いている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム