ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンがもたらす資金の重要性を認める

2021年1月13日
ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンがもたらす資金の重要性を認める
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンを乗せることでチームを安定させるスポンサーシップがもたらされることを認めている。

ハースF1チームがロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの両方が2020年シーズンの終わりにチームを去ることを発表した後、2021年にオールルーキーのラインナップに切り替わるという噂が急速に広まった。

ハースF1代表 「ニキータ・マゼピンの行為にはチーム内からも反発があった」

2021年1月9日
ハースF1代表 「ニキータ・マゼピンの行為にはチーム内からも反発があった」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンがソーシャルメディアで公開した動画での行動が間違っていたことを理解しており、チームはマゼピンが過ちから学ぶのを助けるために協力していくと主張する。

昨年12月、ニキータ・マゼピンは自分のInstagramのストーリーに車の後部座席に座っている女性の胸を触ろうとしている動画を投稿。すぐに動画は削除されたが、キャプチャーされたものがソーシャルメディア上で拡散され、大炎上した。

ニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとは友達ではない」

2021年1月8日
ニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとは友達ではない」 / ハースF1
ハースF1でデビューを果たすニキータ・マゼピンは、今年、チームメイトのミック・シューマッハとチーム報告以外で何も共有することはないだろう。

先月、ニキータ・マゼピンは、Instagramに女性モデルの胸を触ろうとしている動画を投稿して大炎上。追放を求める運動さえ起こっている。

ハースF1でデビューのニキータ・マゼピン 「批判されることには慣れている」

2021年1月6日
ハースF1でデビューのニキータ・マゼピン 「批判されることには慣れている」
ハースF1チームは、2021年に起用するルーキーのニキータ・マゼピンを追放しろとする社会的な圧力に屈していない。

F1専門メディアのメンバーを含んだ一部のソーシャルメディアユーザーは、ニキータ・マゼピンが女性の胸を触ろうとしている動画が公開された後、ハースF1チームにニキータ・マゼピンを追放するように求めた。

F1:ニキータ・マゼピン、嘘発見器用センサーでメンタルトレーニング

2021年1月2日
F1:ニキータ・マゼピン、嘘発見器用センサーでメンタルトレーニング
ハースF1チームのニキータ・マゼピンは、噓発見器のテストで用いられるセンサーを使用してストレスを制御するトレーニングを行っている。

ロシア出身のニキータ・マゼピンは、2021年にハースF1チームでデビューを果たし、2020年のF2チャンピオンであるミック・シューマッハとパートナーを組む予定となっている。

ハースF1、ニキータ・マゼピンの解雇を否定 「ラインナップに変更はない」

2020年12月24日
ハースF1、ニキータ・マゼピンの解雇を否定 「ラインナップに変更はない」
ハースF1チームは、投稿した動画が問題となっているニキータ・マゼピンを解雇することはなく、2021年はミック・シューマッハとマゼピンというライナップに変更はないことを再確認した。

ハースF1チームが2021年のドライバーとして発表してから1週間後、ニキータ・マゼピンはクルマの中で女性の胸を触ろうとしている動画をインスタグラムに投稿。大炎上し、F1ファンは『#WeSayNoToMazepin』というハッシュタグでマネピンを追放する運動を起こしていた。

ニキータ・マゼピン契約解除の場合のハースF1の選択肢は?

2020年12月23日
ニキータ・マゼピン契約解除の場合のハースF1の選択肢は?
2021年にハースF1から参戦することが決定しているニキータ・マゼピンだが、ソーシャルメディアにセクハラまがいの動画を投稿したことで大炎上。F1ファンは、『#WeSayNoToMazepin』というハッシュタグとロゴを作成し、特にFIAが投稿するSNSにリプライする形でニキータ・マゼピンの追放を求めている運動を展開している。

ニキータ・マゼピンは父親がロシアの億万長者だという理由だけでなく、F1デビュー前にすでに評判を大きく落としている。

F1ファン、ニキータ・マゼピンの追放を求めるSNS運動

2020年12月18日
F1ファン、ニキータ・マゼピンの追放を求めるSNS運動
F1ファンは、2021年にハースF1から参戦することが決定しているニキータ・マゼピンを追放することを求める運動をSNS上で展開している。

ハースF1は、2021年のドライバーとしてニキータ・マゼピン(21歳)の起用を発表しているがは、マゼピンは父親がロシアの億万長者だという理由だけでなく、F1デビュー前にすでに評判を大きく落としている。

ハースF1代表 「マゼピンが問題を起こさないように導く必要がある」

2020年12月16日
ハースF1代表 「マゼピンが問題を起こさないように導く必要がある」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2021年にチームはニキータ・マゼピンを“コントロール”することができると考えている。

21歳のニキータ・マゼピンは、父親がロシアの億万長者だという理由だけでなく、F1デビュー前にすでに評判を大きく落としている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム