セルジオ・ペレス 「ベッテル加入の噂について僕にできることはない」

2020年8月14日
セルジオ・ペレス 「ベッテル加入の噂について僕にできることはない」 / レーシング・ポイントF1
セルジオ・ペレスは、2021年にセバスチャン・ベッテルの加入によってレーシング・ポイントのF1シートを失うという噂を心配はしていないと語る。

セルジオ・ペレスは、レーシング・ポイントと2021年末まで契約を結んでいるが、セバスチャン・ベッテルのための空席を作るために行使される可能性のある出口条項が含まれていると報じられている。

ベッテル、ローレンス・ストロールとの“肘タッチ”の重要性を否定

2020年8月14日
セバスチャン・ベッテル、ローレンス・ストロールとの“肘タッチ”の重要性を否定
セバスチャン・ベッテルは、話題となったローレンス・ストロールとの“肘タッチ”の重要性を否定した。

今シーズン限りでフェラーリF1を離れることが決定しているセバスチャン・ベッテルは、2021年からアストンマーティンへと名前を変えるレーシング・ポイントF1への加入が強く噂されている。

ランス・ストロール 「自分が首を切られても父を恨んだりはしない」

2020年8月13日
ランス・ストロール 「自分が首を切られても父を恨んだりはしない」 / レーシング・ポイントF1
レーシング・ポイントF1のランス・ストロールは、父親でチームオーナーであるローレンス・ストロールが自分を首にしたとしても“恨むことはない”と語る。

カナダの大富豪であるローレンス・ストロールは、ジュニアカテゴリー時代からその資金力で息子ランス・ストロールを強力にバックアップ。2017年にウィリアムズのシートを購入してF1デビューさせた。

セバスチャン・ベッテルの移籍、ペレスの契約解除でCRBの判断待ち?

2020年8月6日
セバスチャン・ベッテルの移籍、ペレスの契約解除でCRBの判断待ち? / アストンマーティンF1
セバスチャン・ベッテルの2021年のアストンマーティンF1移籍は、チームとセルジオ・ペレスの契約をCRB(契約承認委員会)がどのように判断するかにかかっているようだ。

この報道が真実であれば、セルジオ・ペレスの2022年までの契約が有効であるか、もしくはチームがペレスとの契約を解除してセバスチャン・ベッテルのためにシートを空けることができるかをCRBが処理することになる。

セバスチャン・ベッテルとローレンス・ストロールの“肘タッチ”が話題

2020年8月4日
セバスチャン・ベッテルとローレンス・ストロールの“肘タッチ”が話題 / アストンマーティンF1移籍の噂
F1イギリスGPの決勝前のグリッドに向かう途中にセバスチャン・ベッテルとレーシング・ポイントF1のオーナーであるローレンス・ストロールが行った“肘タッチ”が話題になっている。

2020年シーズン限りでフェラーリF1を離れるセバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンF1にブランドを変更するレーシング・ポイントF1への移籍が噂されており、先週末のF1イギリスGPで正式発表されると噂されていた。

エディ・ジョーダン 「私がチーム代表ならばベッテルは雇わない」

2020年7月29日
エディ・ジョーダン 「私がチーム代表ならばベッテルは雇わない」 / アストンマーティンF1
エディ・ジョーダンは、自分がレーシング・ポイントF1で担当していれば、2021年のドライバーとしてセバスチャン・ベッテルを雇うことはないと語る。

1991年にエディ・ジョーダンが設立したチームは、いくつかの所有者変更を経て、2018年にレーシング・ポイントとなった。現在、ローレンス・ストロールが所有するチームは2021年からアストンマーティンF1という看板を掲げる。

セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンF1加入の期日が迫る?

2020年7月29日
セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンF1加入の期日が迫る?
セバスチャン・ベッテルが、2021年にアストンマーティンF1に加入するどうかを決断する日が迫ってきているようだ。

Auto Buld は、現在、レーシング・ポイントのドライバーを務めるセルジオ・ペレスの終了条項が期限は7月31日だと改めて報道。交代要員がペレスであれば、それまでにレーシング・ポイントがオプションを行使しない場合、セバスチャン・ベッテルのシートはなくなる可能性がある。

ベッテルがピンクメルセデスに乗っていれば今頃表彰台に上がっていた

2020年7月24日
ベッテルがピンクメルセデスに乗っていれば今頃表彰台に上がっていた
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、レーシング・ポイントにセバスチャン・ベッテルとの契約を強く首位戦。今シーズン、ベッテルはピンクメルセデスに乗っていれば、すでに表彰台を獲得していただろうと語る。

今年始め、フェラーリF1は今シーズ限りでセバスチャン・ベッテルを放出することを発表。シャルル・ルクレールの2021年のチームメイトとしてカルロス・サインツと契約を結んだ。

メルセデスF1代表 「ベッテルとアストンマーティンの交渉には関与してない」

2020年7月22日
メルセデスF1代表 「ベッテルとアストンマーティンの交渉には関与してない」
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、セバスチャン・ベッテルとアストンマーティンF1との交渉には関与していないと語る。

今シーズン限りでフェラーリF1チームから退団することが決まっているセバスチャン・ベッテルの去就は注目の的となっている。しかし、ドイツのチャンピオンチームであるメルセデスF1に加入する可能性はなさそうだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム