ベッテル 「ピレリのF1タイヤを100%信頼して走っているとは言えない」

2021年6月18日
セバスチャン・ベッテル 「ピレリのF1タイヤを100%信頼して走っているとは言えない」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、F1アゼルバイジャンGPでの2つの高速事故の後、ピレリのF1タイヤを100%信頼して運転しているとは言えないと述べた。

チームメイトのランス・ストロールは、バクーのメインストレートで左リアタイヤが突然バースト。高速でウオールにクラッシュした。残り5周ではレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンも同じ左リアタイヤがパンクしてリタイアに追い込まれている。

アストンマーティンF1、アルファロメオからチーフデザインナーを引き抜き

2021年6月18日
アストンマーティンF1、アルファロメオからチーフデザインナーを引き抜き
アストンマーティンF1チームは、アルファロメオF1でチーフデザイナーを務めていたルカ・フルバットと契約したことを発表した。

ルカ・フルバットは、エンジニアリングディレクターをとしてアストンマーティンF1に加入。その結果、技術部門は再編され、アンディ・グリーンが最高技術責任者を担うことになる。

ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」

2021年6月16日
ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」「今後は内圧の監視を強化」
ピレリは、F1アゼルバイジャンGPの決勝で発生したランス・ストロール(アストンマーティン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイヤ故障に関する調査方向を発表。タイヤの製造や品質に欠陥はなく、報じられたチーム側の内圧の違反も否定したが、「内側のサイドウォールの円周方向の破損」がなぜ発生したかは明確にせず、「今後は内圧の監視を強化していく」とした曖昧なものとなった。

アストンマーティンF1 「5年以内にF1タイトルを獲得することが目標」

2021年6月15日
アストンマーティンF1 「5年以内にF1タイトルを獲得することが目標」
アストンマーティンF1は、5年以内にF1タイトルを獲得することを目標に掲げている。

「3年~4年で我々がF1タイトルの候補になることができれば、成功だと言えるだろう」とアストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・アフナウアーは RTL に語った。

「5年以内にタイトルを獲得することが我々にとっての成功だと思っている」

セバスチャン・ベッテル 「ジュニアカテゴリーの参戦費用は荒れ果てている」

2021年6月15日
F1:セバスチャン・ベッテル 「ジュニアカテゴリーの参戦費用は荒れ果てている」
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、F1に到達するまでのジュニアカテゴリーの状況は参戦費用の高騰によって“荒れ果てた”ものになっており、削減が必要だと訴えた。

最近、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンも、ジュニアカテゴリーでの高額なコストについて“ビリオネア・キッズ・クラブ(億万長者の子供たちのクラブ)”になったとして問題提起している。

「それでもベッテルはピークを過ぎている」とゲルハルト・ベルガー

2021年6月14日
F1:「それでもベッテルはピークを過ぎている」とゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、モナコとバクーでパフォーマンスを改善させたセバスチャン・ベッテルは「それでもピークを過ぎている」と感じている。

フェラーリF1で苦境に陥って戦力外通告を受けたセバスチャン・ベッテルは、今年移籍したアストンマーティンでも当初はAMR21への適応に苦労しており、その傾向は続いていると考えられた。

レッドブルF1首脳 「ベッテルはストロールパパのチームのナンバー1」

2021年6月11日
レッドブルF1首脳 「ベッテルはストロールパパのチームのナンバー1」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1で“ナンバー1”として再び上したと語る。

レッドブルF1の悪名高いドライバープログラムの責任者として、ヘルムート・マルコはセバスチャン・ベッテルをティーンエイジャーでF1に連れて行き、4回のF1ワールドチャンピオンに育て上げた。

ベッテル 「ピレリF1にはタイヤ故障の原因をしっかり調べてほしい」

2021年6月11日
セバスチャン・ベッテル 「ピレリF1にはタイヤ故障の原因をしっかり調べてほしい」
セバスチャン・セバスチャン・ベッテルは、バクーでの2回の高速タイヤのパンクにより、次に誰に起こるのかを懸念していたとし、ピレリF1にしっかりとした調査を求めた。

セバスチャン・ベッテルのチームメイトであるランス・ストロールとレッドブル・ホンダF1のマックスフェルスタッペンは、バクー市街地サーキットの2.2 kmのメインストレートで左リアタイヤが故障しして高速でクラッシュを喫した。2人のドライバーは200mphに近い速度でウォールにぶつかった。

F1:ロス・ブラウン 「ベッテルは生まれ変わり、リフレッシュした」

2021年6月8日
F1:ロス・ブラウン 「ベッテルは生まれ変わり、リフレッシュした」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1アゼルバイジャンGPで2位表彰台を獲得したセバスチャン・ベッテルに“異なる雰囲気”を見ているとし、アストンマーティンF1移籍に“生まれ変わり、リフレッシュした”と語った。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、失望した形で終わったフェラーリF1での6年間のスティントの後、2021年にアストンマーティンF1に移籍した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム