レーシング・ポイントF1 「予算上限の導入でF1の恐竜時代は終わる」

2020年6月4日
レーシング・ポイントF1 「予算上限の導入でF1の恐竜時代は終わる」
レーシング・ポイントF1チームのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、F1の“ビッグ3”チームを恐竜に例え、彼らが生き残るためには新しい世界に適応する必要があると語る。

F1は2021年から1億4500万ドルの予算上限を導入。2022年には1億4,000万ドルに削減された後、21戦のシーズンを基本に、2023年〜2025年の間で1億3,500万ドルまで引き下げられる。

アストンマーティンのメルセデスF1買収とレーシング・ポイントの立ち位置

2020年6月3日
アストンマーティンのメルセデスF1買収とレーシング・ポイントの立ち位置
ダイムラーが“根拠のない無責任な憶測”として否定したメルセデスF1チームの買収報道。だが、その内容は細部の役割まで練られた非常に詳細なものだった。改めて内容を振り返りたい。

Auto BildF1 Insider が報じた内容は、トト・ヴォルフがメルセデスF1のチーム代表を辞任し、ローレンス・ストロールがヴォルフとともにチームのオーナーシップを獲得するというもの。

アストンマーティン、メルセデスAMGのトビアス・ムアースを新CEOに起用

2020年5月26日
アストンマーティン、メルセデスAMGのトビアス・ムアースを新CEOに起用 / F1関連
アストンマーティンは、アンディ・パーマーが5月25日付で最高経営責任者(CEO)を退任し、後任にメルセデスAMGの会長兼株主であるトビアス・ムアースが8月1日付が新CEOに就任することを発表。それまでの期間は現在の副社長であるキース・スタントンが臨時のCOOを務める。

これはアストンマーティンが、ローレンス・ストロール体制になってから最初の大きな組織変更となる。

ローレンス・ストロール、アストンマーティンF1に260億円の投資

2020年5月25日
ローレンス・ストロール、アストンマーティンF1に260億円の投資
レーシング・ポイントのオーナーであるローレンス・ストロールは、今後5年間でアストンマーティンF1チームに2億ポンド(約262億円)を投資する。

2018年にチームを買収したコンソーシアムを率いるローレンス・ストロールは、今年初めに投資家グループがアストンマーティンの株式の25%を購入するよう導いた。

「セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1に行くべき」

2020年5月25日
「セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1に行くべき」とデビッド・クルサード
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、セバスチャン・ベッテルのF1キャリアの“思いがけない”オプションとしてアストンマーティンF1チームの名前を挙げた。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りで契約が満了となるフェラーリを離れるが、まだ2021年のF1シートを確保しておらず、将来は不透明なままだ。

アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルへのドアを閉ざす

2020年5月19日
アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルへのドアを閉ざす
アストンマーティンF1(現レーシング・ポイント)は、すでにランス・ストロールと2021年の契約を結んでいることを明かし、セバスチャン・ベッテルへのドアを閉ざした。

レーシング・ポイントF1チームは、ランス・ストロールの父親であるローレンス・ストロールが所有。カナダの大富豪であるローレンス・ストロールは、今年アストンマーティンの株式を買収し、2021年からチームはアストンマーティンF1へとブランドを変更する。

アストンマーティンF1、トト・ヴォルフの入閣を否定

2020年5月4日
アストンマーティンF1、トト・ヴォルフの入閣を否定
2021年からアストンマーティンF1チームとして参戦するレーシング・ポイントンチーム代表オトマー・サフナウアーは、現在、メルセデスF1チームを率いるトト・ヴォルフは、今後チームに入閣することはないと主張する。

2018年までフォース・インディアとして活動していたチームは、カナダの大富豪であるローレンス・ストロールに買収され、2019年からレーシング・ポイントF1チームとして活動している。

アストンマーティンF1、セルジオ・ペレスとランス・ストロールが続投

2020年5月3日
アストンマーティンF1、セルジオ・ペレスとランス・ストロールが続投
レーシング・ポイントF1チームは、2021年からアストンマーティンF1チームに名称を変えるが、ドライバーは不変のままだ。

今年1月、レーシング・ポイントの主要株主であるローレンス・ストロールは、アストンマーティンの株式を購入。同社のエグゼクティブチェアマンに就任した。2021年からアストンマーティンF1チームに改名することを発表している。

トト・ヴォルフ 「アストンマーティン株購入は投資家として正当」

2020年4月28日
トト・ヴォルフ 「アストンマーティン株購入は投資家として正当」 / メルセデスF1
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、最近のアストンマーティンの投資は、今後の見通しに対する株価の下落を考えれば、投資家として正当な行為だと語る。

今月初め、トト・ヴォルフが個人的にアストンマーティンに3700万ポンド(約49億8000万円)を投資したことが明らかになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム