アストンマーティンF1、BMWモータースポーツ責任者をチーム代表に任命

2022年1月14日
アストンマーティンF1、BMWモータースポーツ責任者をチーム代表に任命
アストンマーティンF1は、BMWのモータースポーツ責任者であるマイク・クラックは、オトマー・サフナウアーの後任としてチームプリンシパルに任命した。

2014年からBMWに在籍し、フォーミュラEとスポーツカーレースでグローバルモータースポーツプログラムを主導するようになったマイク・クラックは、以前はポルシェ、F1ではザウバーと協力してきた。

アストンマーティンF1、2022年F1マシン『AMR22』を2月10日に発表

2022年1月14日
アストンマーティンF1、2022年F1マシン『AMR22』を2月10日に発表
アストンマーティンF1は、2022年F1マシン『AMR22』を2月10日にお披露目することを発表した。

昨年、チームはアストンマーティンF1としての参戦を開始。セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールがドライバーを務め、77ポイントを獲得し、ランキング7位でシーズンを終えた。

アストンマーティンF1、ルーキドライバーのFP1セッション義務化に反対

2022年1月13日
アストンマーティンF1、ルーキドライバーのFP1セッション義務化に反対
アストンマーティンF1は、ルーキードライバーのFP1セッションでの出走を義務化ことに反対したと報じられている。

2022年からシーズン中の2回のFP1セッションでルーキードライバーを走らせることでチームはF1員会で合意に達したと報じられている。決定は10チームすべてに義務付けられ、グランプリ経験が2回以下のドライバーがルーキーとみなされる。どのレース週末を選ぶかはチーム次第だ。

ローレンス・ストロールが語る“フォース・インディア買収の決め手”

2022年1月10日
F1:ローレンス・ストロールが語る“フォース・インディア買収の決め手”
アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールが、財政難に陥ったフォース・インディアの買収に繋がったストーリーを詳しく語った。

2018年、財政難に陥ったフォース・インディアは破産申請。ローレンス・ストロールは、投資家のコンソーシアムを率いてチームを救済し、8月にレーシング・ポイント・フォース・インディアとしてチームを再開した。

アストンマーティンF1、大口スポンサーのBWTを失う?

2022年1月8日
アストンマーティンF1、大口スポンサーのBWTを失う?
アストンマーティンF1は、2022年に大口スポンサーのBWTの支援を失うことになるとRacingNews365.comが報じている。

オーストリアの水処理会社であるBWTは、2017年に先立ってフォース・インディアとスポンサー契約。その結果、マシンはピンク色で飾られた。2020年にローレンス・ストロールがチームを買収し、レーシング・ポイントとなった後、この取引は強化され、BWTはタイトルスポンサーに就任した。

アストンマーティンF1 「メルセデスをクローン化した経験は2022年に役立つ」

2022年1月7日
アストンマーティンF1 「メルセデスをクローン化した経験は2022年に役立つ」
アストンマーティンF1のテクニカルオフィサーを務めるアンドリュー・グリーンは、2020年にメルセデスF1をクローン化するという決定は、2022年にチームを“間違いなく”助けるだろうと語る。

レーシング・ポイントとして活動していた時期、チームは、2020年F1マシンのデザインにおいて、前年にタイトルを獲得したメルセデスW09のデザインをコピー。グリッドで3番目に最速のマシンであることが多く、1勝と3回の表彰台を獲得してランキング4位でシーズンを終えた。

アストンマーティンF1、チーム代表のオトマー・サフナウアーの離脱を発表

2022年1月5日
アストンマーティンF1、チーム代表のオトマー・サフナウアーの離脱を発表
アストンマーティンF1は、チーム代表を務めていたオトマー・サウナウアーが、シルバーストンを拠点とするチームを去ったことを発表した。

アストンマーティンF1は、オトマー・サフナウアーが去った理由や誰が後任を務めるかについては詳しく述べておらず、チームの代表の役割は「後任が任命されるまでリーダーシップチーム内」で管理されると述べた。

レッドブルF1、アストンマーティン移籍のダン・ファローズを提訴

2022年1月3日
レッドブルF1、アストンマーティン移籍のダン・ファローズを提訴
レッドブルF1は、元空力部門のチーフエンジニアであるダン・ファローズが、ライバルであるアストンマーティンF1に加入することを阻止するために訴訟を起こした。

アストンマーティンF1は、2021年の初めにダン・ファローズにアプローチし、彼は2022年にテクニカルディレクターとしてアストンマーティンF1に加わることになった。

セバスチャン・ベッテル 「F1ドライバーは10回もsh*tと叫ぶべきではない」

2021年12月28日
セバスチャン・ベッテル 「F1ドライバーは10回もsh*tと叫ぶべきではない」
セバスチャン・ベッテルは、F1チームとの無線が、子供たちに正しい言葉遣いを示そうとする自分の努力の邪魔になることがあると語る。

妻のハンナと3人の父親として、34歳のセバスチャン・ベッテルは、限度を超えた場合はビープ音が鳴るもの、最も下品な無線メッセージがテレビ視聴者に放送される傾向があると踏まれ場、自分の責任を十分に認識している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム