セバスチャン・ベッテル 「鈴鹿でなら1回限りのF1復帰も真剣に検討」

2022年10月6日
セバスチャン・ベッテル 「鈴鹿でなら1回限りのF1復帰も真剣に検討」
今シーズン限りでF1から引退するセバスチャン・ベッテルは、鈴鹿サーキットであるばらば1回限りのF1復帰を「真剣に検討する」と語った。

鈴鹿サーキットでのF1日本GPで4回優勝しているセバスチャン・ベッテルは、今週末、彼の「カレンダーでお気に入りのトラック」でフルタイムのF1ドライバーとして最後の出場を果たす。

セバスチャン・ベッテル 「鈴鹿はまるで魔法のような雰囲気」 / F1日本GP

2022年10月5日
セバスチャン・ベッテル 「鈴鹿はまるで魔法のような雰囲気」 / F1日本GP
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が、2022年F1日本GPへの意気込みを語った。

これまで鈴鹿サーキットで4勝を挙げているセバスチャン・ベッテル。2011年には鈴鹿サーキットでタイトルを決めている。今シーズン限りでF1引退を表明しているベッテルにとって、今年はF1での“ラスト鈴鹿”となる。

セバスチャン・ベッテル 「グリッドまでのラップでラインをチェックしていた」

2022年10月3日
セバスチャン・ベッテル 「グリッドまでのラップでラインをチェックしていた」 / F1シンガポールGP
アストンマーティンは、F1シンガポールGPでランス・ストロールが6位、セバスチャン・ベッテルが8位でフィニッシュし、今シーズン2回目のダブルポイントフィニッシュを達成。ハースとアルファタウリを抜いてコンストラクターズ選手権7位にを上げた。

決勝では、ランス・ストロールが11番グリッド、セバスチャン・ベッテルが13番グリッドからスタートしたが、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのミスに加えて、6人のドライバーがリタイアした消耗戦で、両方のドライバーがノーズをきれいに保った。

ダン・ファロウズ 「エイドリアン・ニューウェイから多くのことを学んだ」

2022年9月27日
アストンマーティンF1移籍のダン・ファロウズ 「エイドリアン・ニューウェイから多くのことを学んだ」
アストンマーティンF1のテクニカルディレクターのダン・ファロウズが、レッドブル・レーシングを去った経緯、エイドリアン・ニューウェイから学んだことなどをインタビューで語った。

ダン・ファロウズは、レッドブル・レーシングからアストンマーチンF1に移籍するまでの長く注目を集め、モータースポーツメディアでかなりの記事を獲得した。だが、そのような脚光を浴びることにあまり熱心ではないとダン・ファロウズは語る。

新F2王者フェリペ・ドルゴビッチ、アストンマーティンF1での作業を開始

2022年9月25日
新F2王者フェリペ・ドルゴビッチ、アストンマーティンF1での作業を開始
フェリペ・ドルゴビッチは、今週初めにシルバーストンのアストンマーティンF1チームのファクトリーで初日を迎えた。

2022年のF2チャンピオンに輝いたフェリペ・ドラゴビッチは、アストン マーティンF1チームと契約を結び、新たに設立されたドライバー開発プログラム『AMF1 Driver Development Programme』に参加した。

F1引退発表後のセバスチャン・ベッテルに見た“究極のプロフェショナル”

2022年9月21日
F1引退発表後のセバスチャン・ベッテルに見た“究極のプロフェショナル”
アストンマーティンF1チームは、今シーズン限りでのF1引退を発表して以降もセバスチャン・ベッテルのアプローチに変化はなく、彼を「究極のプロフェッショナル」と呼んでいる。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2007年までさかのぼるグランプリキャリアに終止符を打ち、シーズンの終わりにF1を引退することを7月末に発表した。

セバスチャン・ベッテル、展示飛行を決行したF1に怒り「大統領に屈した」

2022年9月15日
セバスチャン・ベッテル、展示飛行を決行したF1に怒り「大統領に屈した」
セバスチャン・ベッテルは、F1がレース前の展示飛行を廃止するという約束を破り、誰もが大好きな展示飛行をモンツァで開催するよう主張したイタリア大統領の要求に「屈した」と非難した。

F1 は、より広範な持続可能性戦略の一環として、2030年までにネットゼロ カーボンになることを約束している。

新F2王者フェリペ・ドルゴビッチ、アストンマーティンF1と育成契約

2022年9月12日
新F2王者フェリペ・ドルゴビッチ、アストンマーティンF1と育成契約 2023年のリザーブドライバーに就任
アストンマーティンF1は、ドライバー育成プログラムを設立し、2022年のF2チャンピオンを獲得したフェリペ・ドルゴビットが加入。2023年にリザーブドライバーを務めることを発表した。

22歳のブラジル出身のフェリペ・ドラゴビッチは、シーズン最終戦のアブダビグランプリのFP1でランス・ストロールの代役を務めることが期待されており、その翌週にヤス・マリーナで行われるヤングドライバーテストにも参加する予定だ。

ニック・デ・フリース 「自分はF1シートのチャンスに値すると思っている」

2022年9月10日
ニック・デ・フリース 「自分はF1シートのチャンスに値すると思っている」
ニック・デ・フリースは、F1イタリアGPのFP1でアストン マーティンを走らせた後、F1シートのチャンスに値すると考えていまると語った。

アストンマーティンは、シーズン中に2回のFP1 セッションでルーキードライバーを参加することを要求するFIAの義務を果たすために、F1イタリアGPのFP1でセバスチャン ベッテルに代わってニック・デ・フリースを走らせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム