アストンマーティンF1、メルセデスF1の風洞利用契約を解約

2021年9月22日
アストンマーティンF1、メルセデスF1の風洞利用契約を解約
アストンマーティンF1は、メルセデスF1の風洞を使用する契約を解約した。

メルセデスのF1エンジンを使用するアストンマーティンF1は、チャンピオンチームの風洞を共有することを許可する契約を結んでいた。だが、チームは独自の空力ツールを開発するためにメルセデスF1との契約を解約することを決定した。

「ベッテルはF1引退後は養蜂家がお似合い」とゲルハルト・ベルガー

2021年9月22日
「セバスチャン・ベッテルはF1引退後は養蜂家がお似合い」とゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、セバスチャン・ベッテルは、F1から引退した後、他のレーシングシリーズに転向するのではなく“養蜂”にフルタイムで集中するべきだと冗談めかして語る。

アストンマーティンF1は、セバスチャン・ベッテルの契約オプションを行使し、2022年もチームに残留することを発表。だが、決定が遅れたため、ベッテルは2022年にF1を引退するのではないかとの噂もあった。

マーティン・ウィットマーシュ、アストンマーティンでF1界に復帰

2021年9月22日
元マクラーレンF1チーム代表のマーティン・ウィットマーシュ、アストンマーティンでF1界に復帰
元マクラーレンF1のチーム代表だったマーティン・ウィットマーシュが、アストンマーティンF1チームに新設されたパフォーマンステクノロジー部門のCEOとしてF1界に復帰。チームを“世界選手権で勝てる組織”へと構築させていく。

マクラーレンF1で24年間働き、2008年から2014年までチーム代表を務めたマーティン・ウィットマーシュが、アストンマーティンF1チームのパフォーマンステクノロジー部門を率いることになった。

「セバスチャン・ベッテルのF1引退を心配していた」とシューマッハ

2021年9月18日
「セバスチャン・ベッテルのF1引退を心配していた」とシューマッハ
ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルが2022年もアストンマーティンのF1ドライバーを継続するというニュースを歓迎しており、ベッテルがF1を引退しようとしているのではないかと“心配”していたと語る。

昨年、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1に移籍。当初は複数年契約だと考えられていたが、チーム代表のオトマー・サフナウアーは、実際にはそれが“1+1契約”であることを明らかにしていた。

アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表

2021年9月16日
アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表
アストンマーティンF1は、2022年もセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールというランナップを継続することを正式に発表した。

アストンマーティンF1は、フェラーリから加入した4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと1+1の契約に合意しており、2022年のベッテルの契約を延長するオプションを行使したことを発表した。

アストンマーティンF1、新ファクトリーの建設工事を開始

2021年9月15日
アストンマーティンF1、新ファクトリーの建設工事を開始
アストンマーティンF1は、長期的にチャンピオンシップ獲得という願望の一環である新しいファクトリーの建設工事を開始した。

ローレンス・ストロールは、2018年中旬にフォース・インディアを買収し、レーシング・ポイントというチーム名で2年間過ごした後、2021年にアストンマーティンに改名された。

アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルとの亀裂を否定

2021年9月14日
アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルとの亀裂を否定
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、チームとセバスチャン・ベッテルの間の亀裂が契約交渉を遅らせるとの噂を否定した。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリでの6年間のシーズンを終えて、2021年にアストンマーティンF1に加入した。

ニック・デ・フリース、アストンマーティンF1のベッテルのシートを狙う?

2021年9月12日
ニック・デ・フリース、アストンマーティンF1のベッテルのシートを狙う?
ニック・デ・フリースは、2022年のアストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルのシートに新たにリンクされている。

メルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズが、レッドブルが支援するアレクサンダー・アルボンと2022年の契約を発表したとき、一部の人は驚いた。メルセデスのフォーミュラEチームでチャンピオンを獲得していることもあり、サポートするメルセデスF1のトト・ヴォルフが影響力を示すことが期待されていたからだ。

F1イタリアGP 予選:アルピーヌとアストンマーティンに65万円の罰金

2021年9月11日
F1イタリアGP 予選:アルピーヌとアストンマーティンに罰金65万円
アルピーヌとアストンマーティンは、F1イタリアGP予選後のスチュワードの調査の結果、セッション中のピットレーン違反で各5000ユーロ(約65万円)の罰金を科された。

予選Q2の後半、最後のアタックをするためにドライバーたちは、ガレージから猛烈な勢いで飛び出した。セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の進路にリリースされ、エステバン・オコン(アルピーヌ)はそのベッテルの進歩を塞いだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム