フェルナンド・アロンソ F1バーレーンGP初日 「3番手は少し驚き」

2024年3月1日
フェルナンド・アロンソ F1バーレーンGP初日 「3番手は少し驚き」
フェルナンド・アロンソは、2024年F1第1戦バーレーンGP初日のフリー走行で2回目セッションを3番手で終えたアストンマーティンのパフォーマンスに「満足」し、そして少し驚いたという。

ルイス・ハミルトンがこの日最速タイムを記録した一方で、アロンソはコンマ2秒差で3番手。2番手のジョージ・ラッセルからは0.08秒差だった。フリー走行1回目でもアロンソも5番手で終えている。

HRC アストンマーティン搭載2026年ホンダF1エンジンは「急ピッチで前進」

2024年2月29日
HRC アストンマーティン搭載2026年ホンダF1エンジンは「急ピッチで前進」
ホンダは、圧倒的な強さを誇るレッドブル・レーシングにパワーユニットを供給しているがすでにアストンマーティンとの2026年に向けた新たなF1復帰プロジェクトに取り組んでいる。

新レギュレーションが施行されるまで、ほとんどのパワーユニット開発が禁止、あるいは「凍結」される中、ホンダ・レーシングの社長である渡辺康治は、HRCはレッドブルのために「耐久性と信頼性」に取り組んでいると主張した。

アストンマーティンF1 AMR24で「チームは必要な措置を講じた」

2024年2月26日
アストンマーティンF1 AMR24で「チームは必要な措置を講じた」
アストンマーティンF1のテクニカルディレクターのダン・ファロウズは、チーム・シルバーストーンが2024年F1マシン『AMR24』で昨年のマシンに比べて期待されたステップを踏んでいると語った。

ライバルの何台かが大幅なコンセプト変更を選択する中、アストンは2023年モデルの進化に注力した。シーズン後半に調子を落としたものの、フェルナンド・アロンソの手によって8回の表彰台を獲得した。

アストンマーティンF1 「有望なアップグレードが待機している」

2024年2月24日
アストンマーティンF1 「有望なアップグレードが待機している」
アストンマーティンF1のチーム代表であるマイク・クラックは、チームが2024年マシンのための「有望」ないくつか開発をパイプラインにあることを明かした。

昨年、アストンマーティンは、シーズンの序盤戦から競争力のあるフロントランナーとして頭角を現し、開幕から8戦で6回の表彰台を獲得した。しかし、その勢いは、一連のアップグレードの妥協によって頓挫し、チームはランキング2位から5位へと転落した。

アロンソ 「19人のドライバーは2024年F1王座を獲れないことを知っている」

2024年2月24日
アロンソ 「19人のドライバーは2024年F1王座を獲れないことを知っている」
フェルナンド・アロンソは、F1ドライバー20人中19人がバーレーンでのプレシーズンテストを経験して、2024年のワールドチャンピオンはマックス・フェルスタッペンのものだとすでに知っていると主張している。

レッドブル・レーシングとフェルスタッペンは2023年の圧倒的なキャンペーンで競争相手を圧倒し、両ワールドタイトルを獲得した。フェルスタッペンは記録的な19勝を挙げて3年連続のドライバーズチャンピオンを獲得し、レッドブルは22戦中21戦で勝利した。

アストンマーティン 2024年F1セーフティカーに新型ヴァンテージを投入

2024年2月22日
アストンマーティン 2024年F1セーフティカーに新型ヴァンテージを投入
メルセデスとアストンマーティンはF1でセーフティカーを担当するメーカーであり、2024年のF1世界選手権も両ブランドがレースを分担する。メルセデスが実績のある720馬力のAMG GTブラックシリーズに頼るのに対し、アストンマーティンはヴァンテージF1エディションの新バージョンをサーキットに持ち込む。この新型車は656馬力を発揮する。

アストンマーティンの従来モデルは、メルセデスよりも200馬力近く低く、ダウンフォースも小さく、重量も45kg重かった。

フェルナンド・アロンソ F1継続のために植物由来の食事にシフト

2024年2月21日
フェルナンド・アロンソ F1継続のために植物由来の食事にシフト
フェルナンド・アロンソは、2024年のF1世界選手権シーズン開幕を前に行われたフィジカルテストの結果が「過去最高」であったことに、植物由来の食事(プラントベースフード)にシフトしたことがいかに貢献したかを明かした。

2002年の1年間と2019年から2020年にかけてのサバティカルを除けば、アロンソは2001年からF1に参戦しており、21年目のシーズンに向けて準備を進めている。

アストンマーティンF1 ジラール・ペルゴとのパートナーシップを更新

2024年2月21日
アストンマーティンF1 ジラール・ペルゴとのパートナーシップを更新
アストンマーティンF1チームは、スイスの高級時計メーカー『ジラール・ペルゴ(Girard-Perregaux)』とのパートナーシップの更新を発表。この革新的なパートナーシップの更新は、両ブランドとコラボレーションを前進させる意欲を示すものだ。

ジラール・ペルゴとアストンマーティン・アラムコのパートナーシップは、トラック上、道路上、そして手首の上で、両社が製品とアクティベーション・プログラムを加速させながら、実り多い3年間を過ごしてきた。

フェルナンド・アロンソ F1プレシーズンテストの「1台で3日間」を疑問視

2024年2月16日
フェルナンド・アロンソ F1プレシーズンテストの「1台で3日間」を疑問視
フェルナンド・アロンソは、F1プレシーズンテストが1人のドライバーにつき1日半しかないのは「不公平」だと語った。

近年のプレシーズンテストは、バルセロナを中心とした2回の4日間テストから、バーレーンでの1回の3日間テストへとスリム化されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム