「ベッテルが最大5レースで調子を取り戻すことを願う」とレッドブルF1幹部

2021年4月12日
「ベッテルが最大5レースで調子を取り戻すことを望む」とレッドブルF1幹部
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、元教え子のセバスチャン・ベッテルがアストンマーティンF1という新しい環境に慣れるのに“5レース”もかからないことを望んでいる。

セバスチャン・ベッテルは、心身ともに疲れ果てたフェラーリF1での最終シーズンを終え、2021年にアストンマーティンF1に移籍。よりリラックスした雰囲気の中で再び集中し、4回のF1ワールドチャンピオンを獲得した頃のフォームをもう一度見つけることを目標にしている。

セバスチャン・ベッテル、ロックダウン中に有機農場の職業体験に参加

2021年4月12日
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテル、ロックダウン中に有機農場の職業体験に参加
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2020年の最初のロックダウンによって空いてしまった時間に有機農業のインターンシップに参加していたことを明らかにした。

セバスチャン・ベッテルは、4回のF1ワールドチャンピオンを獲得し、53勝を挙げている近代のF1界のスターのひとりだ。そして、長年のライバルであるルイス・ハミルトンと同様に、環境問題、特にF1が与える影響をどのように減らすことができるかについて声を上げている。

アストンマーティンF1、ニコ・ヒュルケンベルグをリザーブドライバーに起用

2021年4月9日
アストンマーティンF1、ニコ・ヒュルケンベルグをリザーブドライバーに起用
アストンマーティンF1は、ニコ・ヒュルケンベルグを2021年の公式リザーブ兼開発ドライバーとして起用することを正式発表した。

ドイツ出身のニコ・ヒュルケンベルグ(33歳)は、2012年から2016年のフォース・インディア時代にレースをしており、すでにチームとの豊富な経験がある。また、昨年は、レーシング・ポイントで、新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレス(F1イギリスGP/70周年記念GP)、ランス・ストロール(アイフェルGP)の代役を務めている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデス/アストンのリザーブの仕事を開始

2021年4月8日
F1:ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデス/アストンのリザーブの仕事を開始
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年のF1リザーブドライバーとしての仕事を開始し、メルセデスとアストンマーティンと“それぞれ1日”を過ごしたことを確認した。

2019年末にルノーのF1シートを以来、ニコ・ヒュルケンベルグはフルタイムのF1シートを獲得できていないが、昨年は新型コロナウイルスに感染したレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロールの代役として3レースを戦うチャンスを得た。

アストンマーティンF1、メルセデスの“コピー”で天国から地獄へ

2021年4月8日
アストンマーティンF1、メルセデスの“コピー”で天国から地獄へ
アストンマーティンF1は、メルセデスのF1マシンのコンセプトをコピーしたことが今シーズンの苦戦の一因になっている。

昨年、メルセデスのF1マシンを完コピした“ピンクメルセデス”は恩恵を受けたが、今年は同じ基本的な理由で苦戦を強いられている。

レッドブルF1幹部 「ベッテルは1年間F1を離れろという忠告を聞くべきだった」

2021年4月5日
レッドブルF1幹部 「ベッテルは1年間F1を離れろという忠告を聞くべきだった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、元教え子のセバスチャン・ベッテルはフェラーリF1での時間が終わった後、F1から1年間離れるべきだったとの主張を繰り返した。

数年から困難なシーズンを過ごしたフェラーリF1から戦力外通告を受けた4回のF1ワールドチャンピオンだるセバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンにアイデンティティを改めたチームで新たなスタートを切った。

「セバスチャン・ベッテルの無線は接触自体よりも恥ずべきものだった」

2021年3月31日
「セバスチャン・ベッテルの無線は接触自体よりも恥ずべきものだった」と元F1ドライバーが酷評
セバスチャン・ベッテルのアストンマーティンF1移籍後の2021年シーズンは控えめに言っても悪いスタートとなった。4回のF1ワールドチャンピオンは週末を通してチームメイトのランス・ストロールに遅れをとり、レース中に大きな失言を犯した。

昨年、フェラーリF1で困難な状況だったセバスチャン・ベッテルだが、特にベッテルの母国ドイツのメディアは、マッティア・ビノットと彼のチームに責任があると擁護していた。しかし、チームを移籍したことでもはやセバスチャン・ベッテルは隠れる場所はなくなった。

セバスチャン・ベッテル 「アロンソほど自惚れが強い人間ではない」

2021年3月30日
F1:セバスチャン・ベッテル 「アロンソほど自惚れが強い人間ではない」
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェルナンド・アロンソとは異なり、自分が“最高”であると宣言することは決してないとし、ライバルの才能を軽視することは“無知”だと主張する。

フェルナンド・アロンソは2年ぶりにアルピーヌF1からグリッドに復帰。2回のF1ワールドチャンピオンであるアロンソは、F1で最も優れた才能のひとりに数えられており、アロンソ自身もそれに異議を唱えることは決してない。

アルファタウリF1代表 「アストンマーティンの今季マシンはそれほど良くない」

2021年3月30日
アルファタウリF1代表 「アストンマーティンの今季マシンはそれほど良くない」
アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、アストンマーティンの2021年F1マシンは「それほど良くない」と評価する。

フェラーリから放出されたセバスチャン・ベッテルは、レーシング・ポイントから改名した新生アストンマーティンF1に加入。好意的な環境で4回のF1ワールドチャンピオンの復活が期待されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム