レッドブルF1首脳 「アストンマーティンがベッテルを公平に扱うことを願う」

2020年10月21日
レッドブルF1首脳 「アストンマーティンがベッテルを公平に扱うことを願う」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年にアストンマーティンがセバスチャン・ベッテルを公平に扱うことを願っていると語る。

セバスチャン・ベッテルは、ヘルムート・マルコが管理するレッドブルのジュニアドライバーとしてF1に足を踏み入れ、レッドブル・レーシングで4回のF1ワールドチャンピオンを獲得。しかし、その後フェラーリでキャリアはぼろぼろになった。

F1:セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンの株式購入を認める

2020年10月10日
F1:セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンの株式購入を認める
セバスチャン・ベッテルは、2021年のF1チームへの移籍に先立って、自動車メーカーのアストンマーティンの株式を購入したことを明らかにした。

今年、レーシング・ポイントのオーナーであるローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムがアストンマーティンの株式を買収してCEOに就任。メルセデスも5%の株式を所有しており、F1チーム代表を務めるトト・ヴォルフも個人的に投資していることを明らかにしている。

セバスチャン・ベッテル 「アストンマーティンF1に多くの貢献ができる」

2020年10月8日
セバスチャン・ベッテル 「アストンマーティンF1に多くの貢献ができる」
セバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンF1に移籍することを決断した際、すべてのチェックボックスを簡単にチェックすることができたと語る。

今シーズン限りでフェラーリから放出されることが決めっていたセバスチャン・ベッテルは、長い憶測の後、来年からアストンマーティンF1へのリブランドするレーシング・ポイントに移籍することを決定した。

F1:セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンの株式を購入?

2020年10月6日
F1:セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンの株式を購入?
セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンの株式を購入する可能性がある。そう語るのはメルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフだ。

トト・ヴォルフは、今年初めにローレンス・ストロールの新しいアストンマーティンのプロジェクトに投資して、“メルセデスF1はアストンマーティンになる”との騒動を引き起こした。

アストンマーティンF1 「ベッテルはチームに勝ち方をもたらす」

2020年10月1日
アストンマーティンF1 「ベッテルはチームに勝ち方をもたらす」
レーシング・ポイントF1のテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、アストンマーティンに名前を変える2021年に加入するセバスチャン・ベッテルが、レースの勝ち方、チャンピオンシップの候補になる方法をチームに教えてくれると考えている。

6年間を過ごしたフェラーリから今シーズン限りで放出されることになったセバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンF1でキャリアを継続する道を選んだ。

レッドブルF1代表 「ベッテルとアストンマーティンF1は無視できない勢力」

2020年9月30日
レッドブルF1代表 「ベッテルとアストンマーティンF1は無視できない勢力」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、特にセバスチャン・ベッテルが加入することを考えれば、2021年にアストンマーティンがレッドブル・ホンダにとって脅威になる可能性があると警戒している。

長年、レッドブルのタイトルパートナーを務めてきたアストンマーティンだが、ローレンス・ストロールの買収に続き、来年からはレーシング・ポイントがアストンマーティンとしてF1に参戦する。

セルジオ・ペレス、F1シート喪失も「ベッテルに恨みはない」

2020年9月25日
セルジオ・ペレス、F1シート喪失も「ベッテルに恨みはない」
セルジオ・ペレスは、2021年のアストンマーティンF1のシートを奪われることになったセバスチャン・ベッテルに対して恨みはないと主張する。

2014年のフォース・インディア時代からチームに所属していたセルジオ・ペレスだが、今シーズン限りでシートを失う形となった。現時点ではハース、アルファロメオと競争力で劣るチームへの移籍か、インディカーへの転向が選択肢とされている。

レーシング・ポイントF1代表が語るセバスチャンン・ベッテルとの契約交渉

2020年9月22日
レーシング・ポイントF1代表が語るセバスチャンン・ベッテルとの契約交渉
レーシング・ポイントF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーが、2021年にアストンマーティンF1として新たな時代にむけてセバスチャン・ベッテルとの契約に至った舞台裏についてインタビューで語った。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、今シーズン限りでフェラーリF1を離脱することが決定している。来季以降の活動についてしばらく憶測が広まっていたが、F1トスカーナGPの週末にアストンマーティンF1のドライバーとして契約したことが発表された。

レーシング・ポイントF1に元マイケル・ジョーダンのマーケ責任者が加入

2020年9月22日
レーシング・ポイントF1に元マイケル・ジョーダンのッマーケ責任者が加入
レーシング・ポイントF1は、バスケットボール界のレジェンドであるマイケル・ジョーダンの元マーケティング責任者を務めたジェファーソン・スラックを新しいコマーシャルディレクターとして採用した。

2021年のアストンマーティンF1へのブランド変更に先立って、レーシング・ポイントF1はチーム体制を強化。すでにセルジオ・ペレスに代わって4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが来季からチームに加わることを発表している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム