アストンマーティンF1、新ファクトリーの地中にタイムカプセルを埋蔵

2022年6月25日
アストンマーティンF1、新ファクトリーの地中にタイムカプセルを埋蔵
アストンマーティンF1は、建築工事を進めている新しいファクトリーの地中に特別に設計されたF1マシン型のタイムカプセルを埋めた。

50年後に発見される予定のタイムカプセルは、アストンマーティンF1チームのパートナーである建設機械ブランドのJCBの卒業生と見習いがデザイン。アストンマーティンのブランドとレースの伝統を反映したV字型エンジンとF1シャシーの2つのデザインが制作され、InstagramでF1シャシー型が33,206票を獲得して採用された。

ベッテル、スポンサー都合でオイルサンド採掘非難ヘルメットを断念?

2022年6月21日
セバスチャン・ベッテル、スポンサー都合でオイルサンド採掘非難ヘルメットを断念? / F1カナダGP
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、スポンサーの都合でセバスチャン・ベッテルのオイルサンド採掘を非難するヘルメットの着用を止めさせられたとの報道を否定している。

セバスチャン・ベッテルは、F1プラットフォームを使用してさまざまな環境問題に注意を向けており、モントリオールのレースウィークエンドではカナダのオイルサンド採掘をターゲットにした。

ランス・ストロール、ホームレースで10位 「成功したレース」

2022年6月21日
ランス・ストロール、ホームレースで10位 「成功したレース」 / アストンマーティン F1カナダGP 決勝
ランス・ストロール(アストンマーティン)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を10位で終えた。

カナダ出身のランス・ストロールにとってカナダグランプルはホームレースとなる。

「僕たちはこのレースのために素晴らしい戦略を立てたし、ポイントを獲得できたことをとてもうれしく思う」とランス・ストロールはコメント。

セバスチャン・ベッテル 「ペースがどこに行ってしまったのか分からない」

2022年6月19日
セバスチャン・ベッテル 「ペースがどこに行ってしまったのか分からない」 / アストンマーティン F1カナダGP 予選
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの予選でQ1敗退を喫して17番手で終えた。

ウェットコンディションで行われたFP3で3番手タイムを記録していたセバスチャン・ベッテルは「ペースがどこに行ってしまったのか分からない」とコメント。

「FP3と予選の間にほとんど変更は加えていない。でも、僕たちは遅すぎたし、理解できなかった」

セバスチャン・ベッテル 4番手タイム 「予選は現実的である必要がある」

2022年6月19日
セバスチャン・ベッテル 4番手タイム 「予選は現実的である必要がある」 / アストンマーティン F1カナダGP 金曜フリー走行
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの金曜フリー走行を4番手で終えた。

前戦アゼルバイジャンで今季ベストとなる6位フィニッシュを果たしたセバスチャン・ベッテルは、モントリオールでもパフォーマンスを継続しており、FP1を9番手で終えると、FP2は4番手までポジションアップ。しかし、土曜日の予選について現実的である必要があるとセバスチャン・ベッテルは語る。

レッドブルF1代表、グリーンRB18に皮肉「ベッテルは良い車を持っている」

2022年6月17日
レッドブルF1代表、グリーンRB18に皮肉「ベッテルは良い車を持っている」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、論争となったアストンマーティンF1の“グリーン・レッドブル”ついて、セバスチャン・ベッテルが“良い車を持っている”と皮肉った。

セバスチャン・ベッテルは、レッドブル・レーシングでダブルタイトルを4連覇しており、フェラーリを経て、アストンマーティンF1に移籍した現在でもクリステャン・ホーナーとの関係は決して悪化していない。

セバスチャン・ベッテル 「ラスベガスよりバサーストでF1レースをしたい」

2022年6月9日
セバスチャン・ベッテル 「ラスベガスよりバサーストでF1レースをしたい」
セバスチャン・ベッテルは、ラスベガスよりも、伝説的なバサースト1000 V8スーパーカーズレースの会場であるオーストラリアのマウント・パノラマ・サーキットでF1レースをしたいと明らかにした。

F1はヨーロッパ以外の地域でのグランプリを拡大し続けており、2023年には米国で3つのレースが開催される。テキサスのサーキット・オブ・ジ・アメリカズでのアメリカグランプリと並んで、今年はマイアミでグランプリを初開催。2023年にはF1は1982年以来となるラスベガスに向かう。

ダニエル・リカルド、アストンマーティンF1移籍が良い選択肢?

2022年6月9日
ダニエル・リカルド、アストンマーティンF1移籍が良い選択肢?
ダニエル・リカルドがマクラーレンF1のシートを失った場合、アストンマーティンF1は“良い家”になるだろうると元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルとF1ジャーナリストのトム・クラークソンは提案する。

マクラーレンで2シーズン目を迎えているダニエル・リカルドは、2023年末までの契約を結んでいるが、早期契約解消について多くの憶測が飛び交っている。2021年のF1イタリアGPでの勝利を除けば、マクラーレンとダリカルドのパートナーシップは決して成功しているとは言えない。

レッドブルF1、アストンマーティンによる知財盗用の追及を断念

2022年6月8日
レッドブルF1、アストンマーティンによる知財盗用の追及を断念
レッドブル・レーシングは、アストンマーティンF1の“グリーン・レッドブル”への追及を終了することを決定した。

最近、レッドブル・レーシングは、アストンマーティンF1がレッドブルRB18に酷似した“Bスペック”のAMR22の設計プロセスで知的財産権を盗用しした可能性があると主張して、内部調査を開始していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム