F2:ダニエル・ティクトゥム、新型コロナ感染の疑いでプラクティスを欠場

2020年8月28日
F2:ダニエル・ティクトゥム、新型コロナ感染の疑いでプラクティスを欠場
ウィリアムズF1のジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、新型コロナウイルスの検査で“結論の出ない”結果が出たため、F2ベルギー大会のプラクティスを欠場せざるを得なかった。

ダニエル・ティクトゥムの検査結果を受け、DAMSがスパ・フランコルシャンで行われた45分間のプラクティスセッションでユーリ・ヴィップス1台のみを走らせた。

ダニエル・ティクトゥム、F2初勝利で解雇されたレッドブルF1を皮肉る

2020年8月6日
ダニエル・ティクトゥム、F2初勝利で解雇されたレッドブルF1を皮肉る
F2ドライバーのダニエル・ティクトゥムは、イギリス大会での初勝利は自分がF1を目指すにふさわしくないとして“疑い深い人=レッドブルF1”への答えになると考えている。

MSAフォーミュラのセーフティカー中でライバルへの意図的な接触によって2015年にモータースポーツを1年間禁止されたダニエル・ティクタムは、先週末にシルバーストン開催されたF2のスプリントレースで勝利を収めた。

ダニエル・ティクトゥム、追い出されたレッドブルF1に恨み節

2020年3月23日
ダニエル・ティクトゥム、追い出されたレッドブルF1に恨み節
元レッドブルF1のジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、ドライバー育成プログラムから解雇された背景にまだ不満を抱いていることを認める。

ある時点でダニエル・ティクトゥムは昨年のトロロッソ(現アルファタウリ)のフルタイムのF1レースシートの好意的な候補者ように思われていた。

ウィリアムズF1 「ダニエル・ティクトゥムは失ってはいけない才能」

2020年1月19日
ウィリアムズF1 「ダニエル・ティクトゥムは失ってはいけない才能」
ウィリアムズF1チームは、2020年からドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを務めるダニエル・ティクトゥムの“素晴らしいな才能”から利益を得ることができると期待している。。

ダニエル・ティクトゥムは、2016年にMSAフォーミュラでセーフティカー中に意図的にライバルに衝突したことで悪名を高め、2年間の禁止令を受けたが、2018年にフルタイムの競争に戻り、レッドブルのジュニアプログラムの支援を受け、F3をランキング2位で終え、レッドブルのF1カーをテストしていた。

ダニエル・ティクトゥム、ウィリアムズF1の開発ドライバーに就任

2019年12月17日
ダニエル・ティクトゥム、ウィリアムズF1の開発ドライバーに就任
元レッドブルのジュニアドライバーのダニエル・ティクトゥムが、ウィリアムズF1チームのドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを務めることが発表された。

ダニエル・ティクトゥムは、2017年と2018年にマカオGPを連覇。2018年にヨーロッパF3選手権をランキング2位で終えた。2017年にはBRDC McLaren Autosport Awardを受賞、2018年にはAutosport National Driver of the yearに選出されている。

ダニエル・ティクトゥム、2020年にDAMSからF2に参戦

2019年12月5日
ダニエル・ティクトゥム、2020年にDAMSからF2に参戦
元レッドブルF1のジュニアドライバーだったダニエル・ティクトゥムが、2020年にDAMSからF2に参戦することが決定した。

DAMAは12月4日(水)に2020年のドライバーラインアップを発表。ダニエル・ティクトゥムとショーン・ゲラエルを起用する。
今季ドライバーを務めるニコラス・ラティフィはウィリアムズからF1に参戦し、セルジオ・セッテ・カマラはチームを離れることで、完全に新しいラインナップとなる。

ダニエル・ティクトゥム 「複数のF1チームから関心を寄せられている」

2019年11月24日
ダニエル・ティクトゥム 「複数のF1チームから関心を寄せられている」
元レッドブルのジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、複数のF1チームからジュニアプログラムの役割について関心が寄せられており、F1に到達できない場合はモータースポーツをやめることも検討すると語る。

今年5月、レッドブルは、ダニエル・ティクトゥムのスーパーフォーミュラへの参戦を切り上げると同時に育成プログラムからも解雇。ティクトゥムはシーズンの大半を2020年の契約のために費やした。

ダニエル・ティクトゥム、2019年のF3マカオGPに参戦…角田裕毅も参戦

2019年10月18日
ダニエル・ティクトゥム、2019年のF3マカオGPに参戦…角田裕毅も参戦
F3マカオGPを2連覇中のダニエル・ティクトゥムが、今季も参戦することが明らかになった。

FIA(国際自動車連盟)は2019年のF3ワールドカップの暫定エントリーリストを公表。まだ、確定していないチームはあるものの、33台の参戦枠が確保されている。

ディフェンディングチャンピオンのダニエル・ティクトゥムは、今年レッドブルのジュニアプログラムを外されるという激動の年となったが、カーリンから3連覇を目指して参戦する。

ダニエル・ティクトゥム、レッドブルのエンジニアへの暴行の噂を否定

2019年9月26日
F1 ダニエル・ティクトゥム、レッドブルのエンジニアへの暴行の噂を否定
ダニエル・ティクトゥムは、レッドブルのプログラムから外されたのはエンジニアへの暴行が原因だったとの噂を否定。来シーズンはF2でカムバックすることを望んでいると語った。

2017年にレッドブル・ジュニアチームに参加したダニエル・ティクトゥムは、昨年のヨーロッパF3選手権をミック・シューマッハラ次ぐンキング2位で終え、次のF1昇格候補として多くの期待をかけられていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム