ダニエル・ティクトゥム 「F1ドライバーは決まり文句しか話せないロボット」

2021年10月2日
ダニエル・ティクトゥム 「F1ドライバーは決まり文句しか話せないロボット」
ダニエル・ティクトゥムは、自分にはF1ドライバーとしてやっていけるだけの「十分に速くて才能がある」が、自分の性格による過ちがそのチャンスを台無しにしたことを受け入れていると語る。

ダニエル・ティクトゥムは今年のFIA-F2選手権で、2回の勝利を収めてランキング4位につけており、トップとは49ポイント差ではあるものの、残り2大会6レースがあることを考えれば、まだタイトル候補として残り続けている

2チームのF1育成を首になったダニエル・ティクトゥム 「汚名返上は難しい」

2021年9月17日
2チームのF1育成を首になったダニエル・ティクトゥム 「汚名返上は難しい」
ダニエル・ティクトゥムは、ウィリアムズF1の育成プログラムを外されたことで、F1シートを獲得するチャンスは“吹き飛ばされた”と認める。

ダニエル・ティクトゥムは、2022年からウィリアムズF1チームで開発ドライバーを務めてきたが、8月にチームを離れることが発表された。

ウィリアムズF1解雇のダニエル・ティクトゥム 「F1の夢はおそらく終わった」

2021年8月7日
ウィリアムズF1解雇のダニエル・ティクトゥム 「F1の夢はおそらく終わった」
ウィリアムズF1のプログラムから解雇されたダニエル・ティクトゥムは、自分がF1に到達することはおそらくないだろうと認める。

キャリアを通して、元レッドブルのジュニアでもあるダニエル・ティクトゥムは論争を呼んでおり、最新の章はF1ハンガリーGPの直前に到着した。

今回は、ウィリアムズF1のレギュラードライバーであるニコラス・ラティフィについての蔑称的なコメントに関連していた。

ウィリアムズF1、ダニエル・ティクトゥムとの育成契約を解消

2021年8月4日
ウィリアムズF1、ダニエル・ティクトゥムとの育成契約を解消…ニコラス・ラティフィに暴言
ウィリアムズF1は、ドライバー育成プログラムのメンバーであり、F1チームの開発ドライバーを務めるダニエル・ティクトゥムとの契約を解消した。

F2レーサーのダニエル・ティクトゥムは、2019年12月に開発ドライバーとしてウィリアムズF1のアカデミーと契約。そのシーズンの途中にレッドブルF1のジュニアプログラムから解雇されていた。

F2:ダニエル・ティクトゥム、新型コロナ感染の疑いでプラクティスを欠場

2020年8月28日
F2:ダニエル・ティクトゥム、新型コロナ感染の疑いでプラクティスを欠場
ウィリアムズF1のジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、新型コロナウイルスの検査で“結論の出ない”結果が出たため、F2ベルギー大会のプラクティスを欠場せざるを得なかった。

ダニエル・ティクトゥムの検査結果を受け、DAMSがスパ・フランコルシャンで行われた45分間のプラクティスセッションでユーリ・ヴィップス1台のみを走らせた。

ダニエル・ティクトゥム、F2初勝利で解雇されたレッドブルF1を皮肉る

2020年8月6日
ダニエル・ティクトゥム、F2初勝利で解雇されたレッドブルF1を皮肉る
F2ドライバーのダニエル・ティクトゥムは、イギリス大会での初勝利は自分がF1を目指すにふさわしくないとして“疑い深い人=レッドブルF1”への答えになると考えている。

MSAフォーミュラのセーフティカー中でライバルへの意図的な接触によって2015年にモータースポーツを1年間禁止されたダニエル・ティクトゥムは、先週末にシルバーストン開催されたF2のスプリントレースで勝利を収めた。

ダニエル・ティクトゥム、追い出されたレッドブルF1に恨み節

2020年3月23日
ダニエル・ティクトゥム、追い出されたレッドブルF1に恨み節
元レッドブルF1のジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、ドライバー育成プログラムから解雇された背景にまだ不満を抱いていることを認める。

ある時点でダニエル・ティクトゥムは昨年のトロロッソ(現アルファタウリ)のフルタイムのF1レースシートの好意的な候補者ように思われていた。

ウィリアムズF1 「ダニエル・ティクトゥムは失ってはいけない才能」

2020年1月19日
ウィリアムズF1 「ダニエル・ティクトゥムは失ってはいけない才能」
ウィリアムズF1チームは、2020年からドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを務めるダニエル・ティクトゥムの“素晴らしいな才能”から利益を得ることができると期待している。。

ダニエル・ティクトゥムは、2016年にMSAフォーミュラでセーフティカー中に意図的にライバルに衝突したことで悪名を高め、2年間の禁止令を受けたが、2018年にフルタイムの競争に戻り、レッドブルのジュニアプログラムの支援を受け、F3をランキング2位で終え、レッドブルのF1カーをテストしていた。

ダニエル・ティクトゥム、ウィリアムズF1の開発ドライバーに就任

2019年12月17日
ダニエル・ティクトゥム、ウィリアムズF1の開発ドライバーに就任
元レッドブルのジュニアドライバーのダニエル・ティクトゥムが、ウィリアムズF1チームのドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを務めることが発表された。

ダニエル・ティクトゥムは、2017年と2018年にマカオGPを連覇。2018年にヨーロッパF3選手権をランキング2位で終えた。2017年にはBRDC McLaren Autosport Awardを受賞、2018年にはAutosport National Driver of the yearに選出されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム