2024年F1スプリント予選の新しいトロフィー

2024年4月20日
2024年F1スプリント予選の新しいトロフィー
今年、スプリント予選で最速タイムを記録したドライバーには、FSC (Forest Stewardship Council) 天然ゴムで作られた認定のトロフィーが授与される。

このトロフィーは、すべてのピレリ P ゼロ フォーミュラ 1タイヤの製造に使用される材料の一部と同じゴムから製造されており、森林管理非政府組織によって定義された環境的および社会的持続可能性の基準を満たしている。

F1中国GP 路面の“ペイント”処理についてF1チームとピレリに通知せず

2024年4月20日
F1中国GP 路面の“ペイント”処理についてF1チームとピレリに通知せず
F1チームもピレリも上海サーキットの路面 "塗装 "について知らされていなかった

F1チームもタイヤサプライヤーのピレリも、今週末のF1レースで中国に到着する前に上海インターナショナル・サーキットの 「ペイント」路面処理について知らされていなかったことが明らかになった。

2024年F1中国GP:上海サーキット&タイヤコンパウンド解説

2024年4月19日
2024年F1中国GP:上海サーキット&タイヤコンパウンド解説
2024年F1第5戦中国GPが、4月19日(金)~4月21日(日)の3日間にわたって上海インターナショナル・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2024年中国グランプリのタイヤについて解説した。

中国GPが5年ぶりにカレンダーに戻ってきた。F1が上海で開催されたのは2019年が最後で、その際にはモータースポーツ界で最も権威ある世界選手権の歴史における1000回目のイベントを記念するセレブレーションが行われた。

角田裕毅とボッタスで264周を走行 鈴鹿F1タイヤテスト2日目

2024年4月11日
角田裕毅とボッタスで264周を走行 鈴鹿F1タイヤテスト2日目
F1日本GPが終了した鈴鹿サーキットで4月10日(水)にタイヤテストが行われ、角田裕毅が115周、バルテリ・ボッタスが149周を走り込んだ。

鈴鹿テスト2日目にして最終日となったこの日、ピレリはオーバーヒートを軽減することを主な目的として冬の間に始めた作業の継続として、来季に向けた新しいドライコンパウンドと構造を開発することに主眼を置いた。

鈴鹿F1タイヤテスト 初日はリカルドとボッタスが合計239周を走行

2024年4月10日
鈴鹿F1タイヤテスト 初日はリカルドとボッタスが合計239周を走行
先週末の壮絶なF1日本FPの後、鈴鹿サーキットではピレリタイヤ開発テストセッションが行われた。F1の単独タイヤサプライヤーであるピレリをサポートしているのは、ステークF1チームKICKザウバーとビザキャッシュアップRB・フォーミュラワン・チームだ。

作業プログラムの中心は、来シーズンに向けてさまざまなコンパウンドと構造を比較することで、特にオーバーヒートを大幅に抑えることを目的とした新しい構造とコンパウンドファミリーを最終決定することだった。

2024年F1 日本GP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2024年4月7日
2024年F1 日本GP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2024年F1第4戦日本GP決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数と予想されるタイヤ戦略を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、鈴鹿サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)というレンジの中で最もハードなコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

ピレリ F1日本GPの雨のFP2で露呈した新タイヤ規定の欠陥の調整を望む

2024年4月5日
ピレリ F1日本GPの雨のFP2で露呈した新タイヤ規定の欠陥の調整を望む
ピレリは、2024年F1第4戦日本GPのフリー走行2回目が湿った路面がレギュレーション改正の欠陥を露呈したことを受け、変更されたウェットタイヤのルールを微調整するためにFIA(国際自動車連盟)やF1チームと協議することを望んでいる。

2024年のウエットタイヤの割り当て方法が変更されたため、各チームは週末の後半に備えておきたかったため、鈴鹿サーキットの湿ったFP2セッションでインターミディエイトタイヤを使用することに消極的だった。

2024年F1 日本GP:鈴鹿サーキット&タイヤコンパウンド解説

2024年4月5日
2024年F1 日本GP:鈴鹿サーキット&タイヤコンパウンド解説
2024年F1第4戦日本GPが、4月5日(金)~4月7日(日)の3日間にわたって鈴鹿サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2024日本グランプリのタイヤについて解説した。

前回の来日からわずか半年余りでF1が日本に帰ってくる。昨年まではシーズン後半の9月か10月に開催されていた。その結果、ドライバーズランキングでもマニュファクチャラーズランキングでも、鈴鹿はたびたびワールドチャンピオンを輩出してきた。

2024年F1 オーストラリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2024年3月24日
2024年F1 オーストラリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2024年F1第3戦オーストラリアGP決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数と予想されるタイヤ戦略を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、アルバート・パーク・サーキットにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)というミドルレンジのコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム