2021年 第15戦 F1ロシアGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年9月24日
2021年 第15戦 F1ロシアGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第15戦 F1ロシアGPがソチ・オートドロームで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1ロシアGPのタイヤについて解説した。

今週末のF1ロシアGPでは、C3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)と最も柔らかい3つのコンパンドがノミネートされた。今季はF1オーストリアGP以来の選択であり、昨年とF1ロシアGPとノミネートとなる。

アルピーヌF1、マシンの技術的問題で18インチタイヤの最終テストを断念

2021年9月17日
アルピーヌF1、マシンの技術的問題で18インチタイヤの最終テストを断念
アルピーヌF1にとって予定されていた雨天用の18インチタイヤのテスト最終日は、F1マシンの技術的なトラブルによって中止となった。

マニクールで開催された2022年のピレリの雨天用18インチタイヤの2日間のテストは、ピレリの2021年の18インチタイヤプログラムの最後のテストとなる予定だった。

ダニール・クビアト、2022年の雨天用18インチF1タイヤで91周を走破

2021年9月16日
ダニール・クビアト、2022年の雨天用18インチF1タイヤで91周を走破
元F1ドライバーのダニール・クビアトが、9月15日(水)にフランスのマニクールで2022年のF1タイヤテストプログラムをけいぞくした。

アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、2022年のインターミディエイトとウェットタイヤのテストのためにウェットコンディションのトラックで91周を走破した。

2021年 F1イタリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年9月12日
2021年 F1イタリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第13戦 F1イタリアGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、モンツァにC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)と最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられるが、スプリント予選の週末には各ドライバーはスタートタイヤを自由に選ぶことができる。

F1イタリアGP:各コンパンド間のタイム差は0.3~0.4秒

2021年9月11日
F1イタリアGP:各コンパンド間のタイム差は0.3~0.4秒
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、土曜日のスプリント予選の進行状況によってはペースセッターのバルテリ・ボッタスに関して“難しい”チームオーダーを発令しなければならない可能性があることを認める。

バルテリ・ボッタスは、金曜日の予選で最速タイムを記録。30分のスプリント予選ではチームメイトのルイス・ハミルトンよりも前からレースをスタートする。

2021年 第14戦 F1イタリアGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年9月11日
2021年 第14戦 F1イタリアGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第14戦 F1イタリアGPがモンツァサーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1イタリアGPのタイヤについて解説した。

ピレリのホームレースとなるF1イタリアGPでは、シーズン最速のトラックのひとつであるモンツァのために、シーズンで最も人気のあるセレクションである、レンジの中央にあるC2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)の3つのコンパウンドが選択された。

2021年 第13戦 F1オランダGP 決勝:タイヤ戦略解説

2021年9月6日
2021年 第13戦 F1オランダGP 決勝:タイヤ戦略解説
2021年 第13戦 F1オランダGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、全3種類のコンパウンドを使用する2ストップ戦略で、自身のホームグランプリで完勝した。C3コンパウンドのP Zeroレッド・ソフトでスタートしたフェルスタッペンは、C2のP Zeroイエロー・ミディアムで第2スティントを走行し、C1のP Zeroホワイト・ハードでフィニッシュした。

2021年 F1オランダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2021年9月5日
2021年 F1オランダGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2021年 F1世界選手権 第13戦 F1オランダGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、ザンとフォールトにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)と最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2021年 第13戦 F1オランダGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2021年9月1日
2021年 第13戦 F1オランダGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2021年 第13戦 F1オランダGPがザントフォールト・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2021年F1おらんだGPのタイヤについて解説した。

36年ぶりにF1オランダGPとザントフォールトがF1カレンダーに戻ってくる。ピレリは、レンジで最も硬いC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)をノミネート。このパターンは今シーズン4度目となる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム