セバスチャン・ブエミ、レッドブルとのF1タイヤテストで大クラッシュ

2019年7月19日
F1 セバスチャン・ブエミ レッドブル・ホンダ
レッドブルF1チームのリザーブドライバーを務めるセバスチャン・ブエミは、シルバーストーンで行われたピレリのF1タイヤテストでクラッシュを喫した。

元トロロッソのF1ドライバーであるセバスタン・ブエミは、2013年にF1離れて以降もレッドブルのF1開発をサポートしており、様々なシミュレーター作業やトラックでのテスト業務を実行している。

2019年 F1ドイツGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年7月17日
2019年 F1ドイツGP 各ドライバーのタイヤ選択
2019年のF1世界選手権 第11戦 ドイツGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 イギリスGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年7月16日
2019年 F1 イギリスGP 決勝 ピレリ タイヤ戦略解説
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第10戦 イギリスGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、スリリングなイギリスグランプリを制し、同グランプリ6度目の優勝を達成した。ハミルトンは、レース中盤のセーフティーカー導入周回中、ミディアムからハードへ交換し、当初の予定とは異なる1ストップ戦略を採った。

F1イギリスGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年7月14日
F1イギリスGP 決勝:各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
ピレリは、2019年 F1イギリスGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、シルバーストーンに最も硬いレンジである、C1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)というコンパウンドを配分。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

レッドブルF1 「ピレリは2018年仕様のタイヤに戻すべきだった」

2019年7月9日
F1 レッドブル ピレリ
レッドブル・レーシングのチーフエンジニアを務めるポール・モナハンは、ピレリは2019年のタイヤ仕様を変更しないという決定にとってショーを改善する機会を逃したと考えている。

今年のピレリのトレッド薄いF1タイヤにはメルセデス以外の大部分のチームが苦戦しており、メルセデスの優位性を減らすためにF1オーストリアGPの週末に2018年のトレッドの厚いタイヤに切り替えるための議論が行われた。

2019年 F1イギリスGP | 各ドライバーのタイヤ選択

2019年7月3日
F1 イギリスGP
2019年のF1世界選手権 第10戦 イギリスGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

2019年 F1 オーストリアGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2019年7月2日
2019年 F1オーストリアGP
ピレリが、2019年のF1世界選手権 第9戦 オーストリアGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

オーストリアグランプリは、先週のフランスグランプリよりも暑い、路面温度が58度に達したなかで行われた。この厳しいコンディション下で、2番グリッドのレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、スタートでの失敗にもかかわらず、ミディアムからハードへと繋ぐ1ストップ戦略でオーストリアグランプリ連覇を達成した。

F1オーストリアGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2019年6月30日
F1 オーストリアGP
ピレリは、2019年 F1オーストリアGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、レッドブル・リンクにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)と前戦フランスGPと同じコンパンドを選択。決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

F1 | ピレリの2018年仕様F1タイヤの復活は否決

2019年6月28日
F1
ピレリの2018年仕様のF1タイヤを復活させるという提案は、オーストリアでの重要な会議で10チームの意見が50対50に割れ、否決となった。

シーズン中にタイヤの仕様を変更するには安全上の理由、もしくは10チーム中7チームの支持が必要となる。F1オーストリアGPのフリー走行に先駆けて、レッドブル・リンクで2018年のトレッドの厚いタイヤに戻すことが議論された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム