F1 | シャルル・ルクレール、2021年型の18インチタイヤで130周を走破

2020年2月10日
F1
フェラーリのシャルル・ルクレールは2月8日(土)、2021年のF1世界選手権から導入されるピレリの18インチのF1タイヤのテストを実施。ヘレス・サーキットで130周を走りこんだ。

F1は、2021年に競技、技術、財政規則を見直されるタイミングで13インチタイヤから18インチタイヤに切り替える。F1直下のフィーダーシリーズであるFIA-F2にはF1に導入する前に2020年シーズンから18インチタイヤが導入される。

F1 | ピレリ 「18インチタイヤ導入を撤回することは不可能」

2020年2月8日
F1
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、2021年に18インチタイヤを導入することは確定事項であり、F1チーム側から要望で撤回することは不可能だと語る。

ピレリのF1タイヤは、過去数シーズンにわたってチームとドライバーから不満の対象となった。ピレリは、レースの見応えを改善するためにF1の要求にしたがって仕様を変更してきたが、その都度、デグラデーションやグリップが批判の的となった。

ピレリ 「F1チームはタイヤ変更による追加作業を嫌った」

2020年1月15日
ピレリ 「F1チームはタイヤ変更による追加作業を嫌った」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1チームが2020年のF1世界選手権に新しいタイヤを導入することに反対票を投じたのは、新車の再開発の必要性を回避するためだったと主張する。

2020年仕様のF1タイヤは、F1アメリカGPのフリープラクティスとヤス・マリーナでのポストシーズンテストでテストされたが、全チームは2020年仕様のタイヤの導入に反対し、2019年に使用されたタイヤを継続することが決定した。

F1 | 2019年仕様タイヤの継続によってオーバーヒート問題に懸念

2020年1月12日
F1
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、昨年仕様のF1タイヤを使用するという決定は、レギュレーションがほぼ変わらないことによるF1マシンの開発率によってオーバーヒートの問題に直面する可能性があると懸念している。

昨年、F1チームは、アメリカGPのフリー走行とアブダビのポストシーズンテストでピレリが開発した2020年F1タイヤをテストしたが、全会一致で導入を拒否。

ピレリ 「2019年F1タイヤの継続はレースの予測不可能性を減らす」

2019年12月15日
ピレリ 「2019年F1タイヤの継続はレースの予測不可能性を減らす」
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、来年も2019年仕様のF1タイヤを継続するという決定は、2020年のレースで予測不可能性が減少する可能性が高いと危惧している。

先週、FIA(国際自動車連盟)は、全F1チームがピレリが開発していた2020年の新しい構造のタイヤの導入を拒否したことで、来年も2019年のF1タイヤを使用することを発表した。

「ハミルトンが加入してもフェラーリはそれほど変わらない」とピレリ

2019年12月11日
「ハミルトンが加入してもフェラーリはそれほど変わらない」とピレリ
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリのCEOを務めるマルコ・トロンケッティ・プロベラは、噂されているルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍が実現してもフェラーリは“それほど大きく変わらないだろう”と語えう。

ルイス・ハミルトンとメルセデスとの契約は2020年までとなっており、2021年にハミルトンがフェラーリに移籍するとの推測が絶えず報じられている。

F1 | 2020年のF1世界選手権の開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表

2019年12月11日
F1
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、2020年のF1世界選手権の開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表した。

12月10日(火)、ピレリは2020年にむけて開発していた新型F1タイヤを全チームに拒否され、2019年のF1タイヤを来年も継続して使用することが確認された。その後すぐに、ピレリは2020年の開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表。これはフライアウェイレースで使用可能なタイヤを決定する14週間の締め切りによるものだ。

F1 | 2020年も今季型タイヤを継続使用…全チームが新型導入に反対

2019年12月10日
F1
F1は、全チームが2020年型のF1タイヤの導入を拒否したことにより、2020年シーズンも2019年型のF1タイヤを引き続き使用することが決定した。

2020年型のF1タイヤで、デグラデーションを抑え、先行マシンで生成されたダーティエアーを走行中もより広いワーキングレンジと低いオーバーヒートを実現するように設計された。

ジョージ・ラッセル、18インチタイヤ搭載のメルセデスF1で218周を走破

2019年12月10日
ジョージ・ラッセル、18インチタイヤ搭載のメルセデスF1で218周を走破
ジョージ・ラッセルは、2日間にわたってヤス・マリーナ・サーキットでテストで行われたピレリの2021年の18インチF1タイヤ向けに改良されたメルセデス W10で218周を走破した。

F1は2021年に現行の13インチホイールから18インチホイールに切り替わり、今年ピレリは開発に必要なデータを収集するために大径ホイールで走行するために改良された“ミュールカー”でのテストを開始している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム