ピレリF1 「レッドブルとアストンマーティンは低い圧力で走行していた」

2021年6月18日
ピレリF1 「レッドブルとアストンマーティンは低い圧力で走行していた」
ピレリF1は、フランスGPの記者会見で前戦F1アゼルバイジャンGPの決勝でタイヤが故障したレッドブルとアストンマーティンは想定よりも低いタイヤ空気圧で走行していたと明言した。

ピレリF1は、タイヤ故障に関する調査結果で、バクーでマックス・フェルスタッペンとランス・ストロールが被ったタイヤの故障の背後に“走行条件”があったことを示唆していたが、今ではパンクの引き金となった原因についてさらに詳しく説明した。

フェルスタッペン 「ピレリは僕たちに責任を負わせるべきではない」

2021年6月18日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「ピレリは僕たちに責任を負わせるべきではない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ピレリによるF1アゼルバイジャンGPでの2件のタイヤ故障についての“漠然とした”調査結果に納得しておらず、レッドブルやアストンマーティンを非難するのではなく、自分自身を見つめ直すべきだと主張した。

マックス・フェルスタッペンとランス・ストロールが被ったF1アゼルバイジャングGPでのパンクに関するピレリの調査では、生産または品質の欠陥による故障ではなかったと結論付け、タイヤの“走行条件”が原因であると示唆した。

ジェンソン・バトン 「結局ピレリのF1タイヤ故障の原因は?呪術か何か?」

2021年6月17日
ジェンソン・バトン 「結局ピレリのF1タイヤ故障の原因は?呪術か何か?」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、F1アゼルバイジャンGPでのタイヤ故障についてのピレリの説明に納得しておらず、“ブードゥー教の呪術か何かか?”と皮肉った。

F1アゼルバイジャンGPの決勝で、ランス・ストロールとマックス・フェルスタッペンは、異なる段階で突然のタイヤパンクに見舞われ、高速でクラッシュした。幸いなことにに、両方のドライバーはそれぞれの事故から無傷だったが、懸念はすぐにピレリのF1タイヤが実際にどれほど安全であるかに変わった。

F1技術解説:フランスGPから導入されるタイヤ空気圧の新チェック手順

2021年6月16日
F1技術解説:フランスGPから導入されるタイヤ空気圧の新チェック手順 / 2021年 F1世界選手権
FIA(国際自動車連盟)は、今週末のF1フランスGPからF1チームがあまりに低いタイヤ圧で走っていないことを確認するために走行後のタイヤに新たなチェック手順を導入する。

F1アゼルバイジャンGPでランス・ストロールとマックス・フェルスタッペンが被った故障についてのピレリの調査により、タイヤの走行方法が事故を引き起こしたと結論付けられ、ピレリとFIAが新しいプロトコルに取り組んできた。

ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」

2021年6月16日
ピレリF1、曖昧な調査結果報告 「タイヤにもチーム側にも落ち度なし」「今後は内圧の監視を強化」
ピレリは、F1アゼルバイジャンGPの決勝で発生したランス・ストロール(アストンマーティン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイヤ故障に関する調査方向を発表。タイヤの製造や品質に欠陥はなく、報じられたチーム側の内圧の違反も否定したが、「内側のサイドウォールの円周方向の破損」がなぜ発生したかは明確にせず、「今後は内圧の監視を強化していく」とした曖昧なものとなった。

2021年 第7戦 F1フランスGP:タイヤコンパンド情報

2021年6月15日
2021年 第7戦 F1フランスGP:タイヤコンパンド情報
2021年のF1世界選手権の第7戦 F1フランスGPがポール・リカール・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが第7戦 F1フランスGPのタイヤについて解説した。

新型コロナウイルスのパンデミックによって1年ぶりに戻ってくるポール・リカールでのF1フランスGPでは、C2(ハード)、C3(ミディアム)、C4(ソフト)が使用される。これは、前回レースが行われた2019年と同じ選択となる。

ピレリF1、マックス・フェルスタッペンのタイヤ内圧を故障の原因に疑う

2021年6月15日
ピレリF1、マックス・フェルスタッペンのタイヤ内圧を故障の原因に疑う
マックス・フェルスタッペンのF1アゼルバイジャンGPでのタイヤ故障を分析したピレリF1は、製造もしくは構造上の欠陥の兆候は見られなかったとの結果を出したようだと La Gazzetta dello Sport は報じている。

ピレリF1のミラノでの調査はまだ完了しておらず、結果は公表されていないが、La Gazzetta dello Sport は、ピレリの関係者はマックス・フェルスタッペンのタイヤ故障が同社のせいではなかったことに胸をなでおろしていると報道。

F1ボス、PR災害を懸念 「F1チームはピレリに敬意を払う必要がある」

2021年6月11日
F1ボス、PR災害を懸念 「F1チームはピレリに敬意を払う必要がある」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、F1アゼルバイジャンGPでの2回の高速タイヤトラブルで非難されたピレリに対して、F1チームは「敬意を払う必要がある」と語った。

ステファノ・ドメニカリは、F1アゼルバイジャンGPの残り5周でトップ走行中に左リアタイヤが故障してリタイアを喫し、「生命を脅かす」クラッシュになっていた可能性があると述べたマックスフェル・スタッペンの「フラストレーションを理解できる」と語る。

ベッテル 「ピレリF1にはタイヤ故障の原因をしっかり調べてほしい」

2021年6月11日
セバスチャン・ベッテル 「ピレリF1にはタイヤ故障の原因をしっかり調べてほしい」
セバスチャン・セバスチャン・ベッテルは、バクーでの2回の高速タイヤのパンクにより、次に誰に起こるのかを懸念していたとし、ピレリF1にしっかりとした調査を求めた。

セバスチャン・ベッテルのチームメイトであるランス・ストロールとレッドブル・ホンダF1のマックスフェルスタッペンは、バクー市街地サーキットの2.2 kmのメインストレートで左リアタイヤが故障しして高速でクラッシュを喫した。2人のドライバーは200mphに近い速度でウォールにぶつかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム