ミック・シューマッハ マクラーレンF1のタイヤテストを担当して53周

2024年7月14日
ミック・シューマッハ マクラーレンF1のタイヤテストを担当して53周
ミック・シューマッハは、ポール・リカールでの2年間のアルピーヌF1チームとの最近の走行に続き、火曜日にシルバーストーンでマクラーレンに乗りピレリのタイヤテストを行った。

F1グリッド復帰に向けて懸命に努力しているミック・シューマッハは、ワークスチームのメルセデスのリザーブドライバーとしての任務の一環として、マクラーレン・メルセデスのリザーブドライバーでもある。

2024年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2024年7月7日
2024年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2024年F1第12戦イギリスGP決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数と予想されるタイヤ戦略を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、シルバーストン・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)というレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2024年F1イギリスGP:シルバーストン・サーキット&タイヤコンパウンド解説

2024年7月5日
2024年F1イギリスGP:シルバーストン・サーキット&タイヤコンパウンド解説
2024年イギリスGPが、7月5日(金)~7月7日(日)の3日間にわたってシルバーストン・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2024年のF1世界選手権 第12戦 イギリスグランプリのタイヤについて解説した。

イギリスグランプリは、2024年のFIAフォーミュラ1世界選手権の中間点となるレースで、全24戦中第12戦は74年前にすべてが始まった場所で開催される。

アストンマーティンF1 2026年仕様に改造したマシンでタイヤテスト

2024年7月3日
アストンマーティンF1 2026年仕様に改造したマシンでタイヤテスト
アストンマーティンF1は「抽選プロセス」で当選し、2026年のルールに合わせてピレリの新しい、やや小型のタイヤをテストする最初のF1チームとなった。

当初、F1は、まったく新しいエンジンとシャシーのルールに合わせて16インチのタイヤに戻すことで、さらなる軽量化を図ることが提案されたが、最終的には、寸法をわずかに縮小するだけで合意された。

2024年 F1オーストリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2024年6月30日
2024年 F1オーストリアGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2024年F1第11戦オーストリアGP決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数と予想されるタイヤ戦略を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、レッドブルリンクにC3(ハード)、C4(ミディアム)、C5(ソフト)というレンジで最も軟らかいコンパウンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2024年F1オーストリアGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2024年6月28日
2024年F1オーストリアGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2024年F1第11戦オーストリアGPが、6月28日(金)~6月30日(日)の3日間にわたってレッドブルリンクで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2024年オーストリアグランプリのタイヤについて解説した。

シーズン最初のトリプルヘッダーの第2戦、オーストリアグランプリの舞台はシュピールベルク。レッドブルリンクはいくつかの珍しい特徴から選手権カレンダーの中でもユニークなサーキットとなっている。

2024年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2024年6月23日
2024年 F1スペインGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2024年F1第10戦スペインGP決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数と予想されるタイヤ戦略を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、カタルーニャ・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)というレンジで最も硬いコンパンドをノミネートしている。決勝がドライな場合、2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

2024年F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2024年6月20日
2024年F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2024年F1第10戦スペインGPが、6月21日(金)~6月23日(日)の3日間にわたってカタルーニャ・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2024年スペイングランプリのタイヤについて解説した。

F1にとって、今シーズン第10戦は「ハード」なイベントだ。例年通り、スペイングランプリはバルセロナ・カタロニア・サーキットで開催されるが、このコースはマシンにとってもタイヤにとっても技術的に最も要求度の高いコースのひとつである。

ピレリ 2026年F1レギュレーションのナロータイヤ化で大きな課題に直面

2024年6月17日
ピレリ 2026年F1レギュレーションのナロータイヤ化で大きな課題に直面
ピレリは、2026年のF1レギュレーション変更を前に、18インチのままタイヤを小さくして同じようなグリッドを提供しなければならないという大きな課題に直面している。

F1カーをより小型で軽量にするという取り組みの一環として、ピレリは、フロントタイヤの幅を25mm、リアタイヤの幅を30mm縮小することに合意した。タイヤ自体の直径も小さくなり、現在の720mmから705~710mmになるが、F1では引き続き18インチホイールが使用される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム