F1モナコGP:各ドライバーのタイヤ選択

2017年5月17日
F1モナコGP タイヤ
ピレリは、2017年 第6戦 F1モナコGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表した。

今年、タイヤのサイズが大幅に変更になったこともあり、開幕5戦はピレリが全ドライバーに同一のコンパウンド数を配分していた。だが、F1モナコGPからは昨年同様、各ドライバーがドライバーがレース週末で使うタイヤを選択できるようになった。

ピレリ:F1スペインGP 決勝レポート

2017年5月16日
ピレリ F1スペインGP 決勝
ピレリが、F1スペインGPの決勝レースを振り返った。

メルセデスのルイス・ハミルトンが、最後まで大接戦を繰り広げたフェラーリのセバスチャン・ベッテルを抑え、スペイングランプリを制した。

両ドライバーはともに2ストップ戦略を採ったが、ハミルトンがソフト-ミディアム-ソフトと繋いだのに対し、ベッテルはソフト-ソフト-ミディアムと繋ぐ戦略を実行した。

ピレリ:F1ロシアGP 決勝レポート

2017年5月2日
ピレリ F1ロシアGP 決勝
ピレリが、F1ロシアGPの決勝レースを振り返った。

F1ロシアGPでは、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1ストップ戦略でキャリア初優勝を果たした。これまでのソチでの決勝同様、ほぼ全ドライバーが1ストップ戦略を採用した。

ウルトラソフトを装着して3番グリッドからスタートしたボッタスは、第1コーナーでトップに立ち、優勝を争ったフェラーリのセバスチャン・ベッテルよりも先にピットストップを行い、スーパーソフトへ交換した。

ピレリ:F1バーレーンGP 決勝レポート

2017年4月17日
ピレリ F1バーレーンGP
ピレリが、F1バーレーンGPの決勝レースを振り返った。

グリッド2列目からスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2ストップ戦略でバーレーングランプリを制した。ザウバーのパスカル・ウェーレイン以外の全ドライバーが2ストップを採用。また、同じザウバーのマーカス・エリクソンのみが、ソフトタイヤでスタートを切った。

ピレリ:F1中国GP 決勝レースレポート

2017年4月10日
ピレリ F1中国GP
ピレリが、2017年 F1 第2戦 中国GPの決勝レースを振り返った。

ルイス・ハミルトンが、徐々にドライとなるコンディション下で行われた中国グランプリを制した。序盤のバーチャル・セーフティーカーとセーフティーカー導入が、決勝での戦略に影響を及ぼした。スタート時にスリックタイヤを装着したドライバーは、トロ・ロッソのカルロス・サインツのみだった。

ピレリ:F1オーストラリアGP 決勝レースレポート

2017年3月26日
フォーミュラ1
ピレリが、2017年 F1 開幕戦 オーストラリアGPの決勝レースを振り返った。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、1ストップ戦略でオーストラリアグランプリを制した。ベッテルは、ポールシッターのルイス・ハミルトンよりも長い第1スティントをウルトラソフトで走行し、ピットストップ後にメルセデスのハミルトンの前でコースに戻った。

【F1】 ピレリ 「フェラーリが好調なのは明らか」

2017年3月20日
F1 フェラーリ
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、フェラーリが好調であることがプレシーズンテストでわかったと語る。

今年、ピレリは、モータースポーツダイレクターを務めていたポール・ヘンベリーが新たな役割に就き、マリオ・イゾラが“ヘッド・オブ・カーレーシング”としてF1などの現場を主に取り仕切る。

【F1】 ピレリ、2017年 第5戦から第8戦までのF1タイヤ選択を発表

2017年3月15日
F1 タイヤ
F1の公式タイヤーサプライヤーであるピレリは、第5戦スペインGPから第8戦アゼルバイジャンGPまでのタイヤ選択を発表した。

プレシーズンテストが行われたカタロニア・サーキットで5月12~14日に開催される第5戦 F1スペインGPでは、ソフト、ミディアム、ハードという最も硬い硬い組み合わせが選択された。プレシーズンテストでの最速タイムはほぼスーパーソフトとウルトラソフトで記録されていたが、2ヵ月後のラップタイム改善は見物だ。

F1バルセロナテスト:最終日は人工ウェット路面で実施

2017年3月2日
F1 合同テスト ウェット
2日(木)に行われるF1バルセロナテスト最終日は、ウェットタイヤをテストするために路面を人工的にウェットコンディションにして実施される。

F1公式サプライヤーを務めるピレリは、1日(水)の夜にサーキットを水に捲きはじめ、2日(木)の午前中にウェットとインターミディエイトのクロスオーバーポイントを調査できるように乾かしていく。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム