ダニカ・パトリック、2018年限りでのレース引退を表明

2017年11月18日
ダニカ・パトリック NASCAR インディカー・シリーズ
ダニカ・パトリックは、2017年がNASCARカップシリーズでの最後のフルタイムの1年になると述べ、2018年は最後のレースとしてデイトナ500とインディ500でレースをすると述べた。

スチュワート・ハース・レーシングは、2018年にダニカ・パトリック(35歳)に代えてアリック・アルミロラを起用することを決定。ダニカはシートを失うことになった。

アンドレッティ、チームとしてのF1参戦に興味

2017年11月8日
アンドレッティ・オートスポーツ F1 インディカー マクラーレン
元F1ドライバーでアンドレッティ・オートスポーツのオーナーであるマイケル・アンドレッティは、将来にチームオーナーとしてF1に再び参戦したいと考えていることを認める。

1991年のCARTチャンピオンであるマイケル・アンドレッティは、1993年にアイルトン・セナのチームメートとしてマクラーレンからF1に参戦。シーズン途中でアメリカに戻ったアンドレッティは、2003年に自らのチームを設立し、以降はチームオーナー業に専念している。

ホンダ、「モースポフェス in 九州」の参加概要を発表

2017年11月2日
ホンダ 本田技研工業 九州
ホンダは、2017年11月19日(日)、熊本県のHSR九州にて開催される「モースポフェス in 九州」にて、レーシングマシンなどの展示や、Hondaライダー・ドライバーによるデモンストレーション走行などを行う。

「モースポフェス in 九州」は、“モータースポーツの力で地域に活力を"の想いを込め、自動車関連各企業、団体が垣根を超えて、さまざまなモータースポーツの魅力をお伝えするとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育んでいただけるイベントで、今回が初めての開催となる。

ジョセフ・ニューガーデン 「F1にトライしてみたい」

2017年10月27日
ジョセフ・ニューガーデン インディカー・シリーズ F1
2017年のインディカー・チャンピオンであるジョセフ・ニューガーデンは、適切な機会が訪れるのであれば、子供の頃の夢であるF1にトライしたいと語る。

26歳のジョセフ・ニューガーデンは、ペンスキーに移籍した初年度となる今年、4勝を挙げてインディカーのチャンピオンに輝いた。

F1は競争力のあるアメリカ人ドライバーの参戦を長年にわたって求めている。

【インディカー】 チップ・ガナッシ、エド・ジョーンズの起用を発表

2017年10月26日
インディカー・シリーズ チップ・ガナッシ エド・ジョーンズ
チップ・ガナッシは、エド・ジョーンズを2018年シーズンのインディカー・シリーズのドライバーとして起用することを発表。ドライバーラインナップが確定した。

今年まで4台体制でインディカーに参戦していたチップ・ガナッシだが、2018年は2台体制に縮小することを発表しており、11号車はスコット・ディクソンが走らせることが決定していた。

佐藤琢磨、自身の顔が刻まれたボルグワーナートロフィーと対面

2017年10月20日
佐藤琢磨 インディ500
今年の5月に開催された第101回インディ500で優勝した佐藤琢磨の顔が完成しトロフィーに取り付けられ、10月17日(火)に初めて公開された。

世界で最も長い歴史を誇るインディアナポリス500マイルレース(インディ500)の勝者は、インディアナポリス・モーター・スピードウェイに常時展示されているボルグワーナートロフィーに顔が刻まれる伝統となっている。

佐藤琢磨の顔が刻まれたボルグワーナートロフィーがお披露目

2017年10月18日
佐藤琢磨 インディ500 インディカー・シリーズ
インディカーは、今年のインディ500のウィナーである佐藤琢磨の顔が刻まれた“ボルグワーナートロフィー”を現地時間17日(火)にインディアナポリスモータースピードウェイ博物館で公開した。

世界最長の歴史と、世界最大の規模を誇るインディ500で優勝した者は、その顔の彫刻がトロフィーに刻まれる栄誉を与えられる。

佐藤琢磨、レイホール・レターマン・ラニガンでシート合わせ

2017年10月17日
佐藤琢磨 インディカー・シリーズ
佐藤琢磨が、2018年のインディカー・シリーズを戦うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのマシンでシート合わせを戦った。

今年、アンドレッティ・オートスポーツでインディ500を制した佐藤琢磨は、来シーズンより2012年にも在籍したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰する。

マクラーレン 「2018年のインディ500参戦は未決定」

2017年10月17日
マクラーレン インディカー・シリーズ インディ500
マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、インディ500で再びマクラーレンがレースをすることを考えているが、それが2018年に実現するかどうかはまだ定かではないと語る。

今年、2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが“マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ”からインディ500に参戦したことは世界中で大きな話題となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム