コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給をFIAが正式に却下

2022年9月24日
コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給をFIAが正式に却下
FIA(国際自動車連盟)は、コルトン・ハータにF1スーパーライセンスを発給しないことを正式に発表した。

レッドブルは、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を実現するために、インディカーのレースウィナーであるコルトン・ハータを2023年のアルファタウリF1チームの後任として起用することを検討。

レッドブルF1首脳 「アンドレッティはコルトン・ハータの残留を望んだ」

2022年9月22日
レッドブルF1首脳 「アンドレッティはコルトン・ハータの残留を望んだ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2023年にコルトン・ハータをアルファタウリに乗せるという計画を打ち切った理由について語った。

FIAとF1チームの大部分は、インディカーのスター選手であるコルトン・ハータが2023年にアルファタウリと契約できるように、厳格なF1スーパーライセンスシステムの免除を認めることに反対した。

コルトン・ハータ 「特例でのF1スーパーライセンス発給など望まない」

2022年9月20日
コルトン・ハータ 「特例でのF1スーパーライセンス発給など望まない」
コルトン・ハータは、特例でF1に参加したくはなかったと語る一方で、FIA(国際自動車連盟)がインディカーの成功により多くのスーパーライセンスポイントを提供することを望んでいると語る。

インディカーの最初の4シーズンで 勝を挙げ、2020年と2021年のチャンピオンシップを3位と5位で終えたコルトン・ハータは、F1スーパーライセンスを取得するために必要な 40 ポイントのうち 32 ポイントしか持っていない。

グラハム・レイホール 「F1が望んでいるはアメリカ人ドではなく米ドル」

2022年9月18日
グラハム・レイホール 「F1が望んでいるはアメリカ人ドではなく米ドル」
インディカードライバーのグラハム・レイホールは、F1が望んでいるのはアメリカ人ドライバーではなく米ドルだけだと主張する。

最近、インディカードライバーのコルトン・ハータのF1スーパーライセンスを巡って多くの議論があった。レッドブルは、アメリカ人ドライバーのハータをピエール・ガスリーの後任としてアルファタウリのドライバーに起用しようとしたが、F1スーパーライセンスの免除は不可能とみて、その計画を打ち切ったとされている。

アレックス・パロウ、チップ・ガナッシ残留+マクラーレンF1テストで決着

2022年9月15日
アレックス・パロウ、チップ・ガナッシ残留+マクラーレンF1テストで決着
アレックス・パロウは、2023年にチーム・ガナッシ・レーシングに残留し、マクラーレンとF1テスト契約を結ぶことで決着がついた。

アレックス・パロウは、2023年にアロー・マクラーレンSPのドライバーになる予定だったが、現在の所属チームであるチップ・ガナッシ・レーシングも契約を主張。今週、契約論争はチープ・ガナッシに有利に解決された。

佐藤琢磨 「接触で痛めていた右手親指が完全に骨折してしまった」

2022年9月12日
佐藤琢磨 「接触で痛めていた右手親指が完全に骨折してしまった」 / インディカー 最終戦
佐藤琢磨(Dale Coyne Racing with RWR)は、2022年インディカー・シリーズ最終戦ラグナセカのレースを23位で終えた。

佐藤琢磨は金曜のプラクティス1からタイヤのセッティングで苦労し、予選は22位。二種類あるタイヤをうまく使うことで上位に進出することを目指したが、重要なサスペンションパーツの一つであるリヤのショックアブソーバーが走行中に壊れてマシンのハンドリングが悪化。

インディカー:ホンダ 2022年 最終戦 ラグナセカ 決勝レポート

2022年9月12日
インディカー:ホンダ 2022年 最終戦 ラグナセカ 決勝レポート
2022年のインディカーシリーズは最終戦を迎えた。カリフォルニアらしい抜けるような青空の下、シリコンバレーに近い太平洋岸の街モンテレーにある全長2.258マイルのラグナセカ・レースウェイで95周の白熱したレースが繰り広げられ、11番グリッドからスタートからアレックス・パロウ(Chip Ganassi Racing)がライバル勢を大きく突き放す圧倒的なスピードで優勝を飾った。

コルトン・ハータ 「インディカーでF1スーパーライセンスは意識してない」

2022年9月8日
コルトン・ハータ 「インディカーでF1スーパーライセンスは意識してない」
コルトン・ハータは、2022年のインディカーでポイントを獲得するための“悲痛”な機会を失ったが、F1スーパーライセンスのチャンピオンシップポジションへの影響によって悪化したことはないと語った。

アンドレッティ・オートスポーツのドライバーであるコルトン・ハータ、2023年にピエール・ガスリーがフェルナンド アロンソの後任としてアルピーヌF1チームに移籍する可能性のあるアルファタウリによって求愛されている。

コルトン・ハータ、F1スーパーライセンス取得でアルファタウリF1に加入へ

2022年9月6日
コルトン・ハータ、F1スーパーライセンス取得でアルファタウリF1に加入へ
レッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコは、インディカーのドライバーであるコルトン・ハータがF1スーパーライセンスを取得した場合、2023年にアルファタウリでF1デビューを果たす予定であると述べた。

アンドレッティ・オートスポーツからインディカーに参戦しているコルトン・ハータは、数か月前から F1ドライブと関係があった。これは主に、独自のF1参入を目指していることを公に認めたアンドレッティ・グループからのものだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム