マックス・フェルスタッペン 「後半戦のメルセデスF1の躍進に期待」

2022年8月16日
マックス・フェルスタッペン 「後半戦のメルセデスF1の躍進に期待」
レッドブル・レーシングのF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、夏休み後もメルセデスF1チームが改善されたパフォーマンスを維持できれば「とてもハッピーだ」と語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPで2022年の8勝目を挙げ、ドライバーズチャンピオンシップでシャルル・ルクレールに80ポイント差をつけた。ルクレールはフェラーリの戦略ミスによって6位でレースを終えた。

メルセデスF1代表 「レッドブルとフェラーリはポーパシング対策阻止で結託」

2022年8月16日
メルセデスF1代表 「レッドブルとフェラーリはポーパシング対策阻止で結託」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ポーパシング撲滅を目的とした措置に対するレッドブルとフェラーリの反対は、メルセデスを勝利のための戦いから遠ざけることに基づいていると考えている.

今シーズン、レッドブルとフェラーリは13回のグランプリ優勝すべてを分け合っており、それぞれ9勝と4勝を挙げている。一方、メルセデスは、シーズン序盤に過度なポーパシング(ポーポイズ現象)/バンシングを起こしたW13に悩まされた。

メルセデスF1代表 「ミック・シューマッハは常にレーダーにいる」

2022年8月16日
メルセデスF1代表 「ミック・シューマッハは常にレーダーにいる」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ミック・シューマッハは「常にレーダーにいる」と将来の獲得の可能性さえあることを示唆している。

ハースF1チームで2年目を迎えたミック・シューマッハは、シーズン序盤に苦戦を強いられた。チームに復帰したケビン・マグヌッセンの活躍とは対照的に、マシンを大破させるクラッシュを2回起こし、シート喪失の危機が囁かれた。

メルセデスのトト・ヴォルフはF1であまりに影響力を持ちすぎている?

2022年8月14日
メルセデスのトト・ヴォルフはF1であまりに影響力を持ちすぎている?
1978年のF1ワールド・チャンピオンであるマリオ・アンドレッティは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフを攻撃。F1であまりにも多くの影響力を持っていることを示唆した。

マリオの息子であるマイケル・アンドレティは、インディカーやフォーミュラEを代表とするレース活動を拡大するために、F1パドックに自分のチームである『アンドレッティ・グローバル』で参戦するためにFIAに申請している。

メルセデスF1代表 「ポーパシング対策を講じなければNFLの状況に陥る」

2022年8月14日
メルセデスF1代表 「ポーパシング対策を講じなければNFLの状況に陥る」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、FIA(国際自動車連盟)がポーパシングによる安全上の問題とそれがF1ドライバーに与える影響を無視すれば、脳震盪が問題になっている“NFLの状況”に陥る危険があると考えている。

FIAは、F1チームが今年直面しているポーパシングの問題を抑制するために、2023年のF1レギュレーションの変更を推進する前に、次戦F1ベルギーGPからバウンシングできる車の量に新しい制限を導入する。

ルイス・ハミルトン、F1継続に意欲「燃料はまだ十分に残っている」

2022年8月13日
ルイス・ハミルトン、F1継続に意欲「燃料はまだ十分に残っている」
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1でまた新たにタイトルを獲得するという野望を達成するために「タンクにはまだ十分な燃料」があるが、完全に「燃え尽きる」まで待つつもりはないと語る。

今シーズンの終わりにセバスチャン・ベッテルがF1から引退するという発表は、必然的にルイス・ハミルトン自身の将来に疑問を投げかけた。特にハミルトンはベッテルより2歳年上であり、今年は2007年のデビュー以来、F1での初めて勝利のないキャンペーンの真っ最中にある。

レッドブルF1代表 「トト・ヴォルフがヘッドフォンを壊したら心理戦は成功」

2022年8月12日
レッドブルF1代表 「トト・ヴォルフがヘッドフォンを壊したら心理戦は成功」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとの関係について語った。

昨年のレッドブルとメルセデスのライバル関係はコース外にも流出し、クリスチャン・ホーナーとトト・ヴォルフは、シーズンを通じてメディアのとげとげしい言葉を頻繁にぶつけあった。

メルセデスF1代表 「2022年の困難は今後何年にもわたって利益となる」

2022年8月12日
メルセデスF1代表 「2022年の困難は今後何年にもわたって利益となる」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームが耐えている困難な2022年シーズンが今後何年にもわたって利益をもたらすと予想している。

メルセデスF1チームは、2014年から2021年まで全てのコンストラクターズチャンピオンシップを獲得し、その間に逃したドライバーズタイトルは1つだけだった。

F1:ルイス・ハミルトン 「WシリーズからF2に進める道筋を整えるべき」

2022年8月10日
F1:ルイス・ハミルトン 「WシリーズからF2に進める道筋を整えるべき」
ルイス・ハミルトンは、F1ハンガリーGPの週末にWシリーズのパドックを訪問。同カテゴリーを卒業するためのより良いシステムの構築を求めた。

F1のレース週末にサポートレースとして組み込まれている女性だけのレースのWシリーズは、今年で3シーズン目に入っている。ウィリアムズF1が支援するジェイミー・チャドウィックが、シーズン最初の5つのレースで連続して勝利し、チャンピオンシップ リーダーとなっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム