バルテリ・ボッタス、F1王座獲得を決意「まだピークに達していない」

2019年11月12日
バルテリ・ボッタス、F1王座獲得を決意「まだピークに達していない」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは「少なくて最初のタイトルを獲得するために自分が心の底でどれだけモチベーションを持っているのか誰にもわからない」と語り、F1ワールドチャンピオン獲得への決意を表明した。

今年、メルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンとタイトルを争ったバルテリ・ボッタスだが、F1アメリカGPでハミルトンが6回目のタイトルを獲得して今年の挑戦は幕を閉じた。

メルセデスF1代表トト・ヴォルフ、“他の案件”でブラジルGPを欠席

2019年11月12日
メルセデスF1代表トト・ヴォルフ、“他の案件”でブラジルGPを欠席
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、今週末のブラジルGPを欠席。2013年以来、レースに帯同しないのは初めてとなる。

トト・ヴォルフは、メルセデスの前人未到のF1ダブルタイトル6連覇のすべてのレースを関東してきたが、今後のルールと2021年以降のF1へのコミットメントを含む他の重要な問題のなか、今週末のF1ブラジルGPのためにインテルラゴスに向かわない決断を下した。

「ハミルトンは最高のドライバーではないがF1にとって重要な大使」

2019年11月12日
「ハミルトンは最高のドライバーではないがF1にとって重要な大使」
元F1ワールドチャンピオンのエマーソン・フィッティパルディは、ルイス・ハミルトンは“最高”のドライバーではないが、F1にとって“非常に重要な”であると語る。

ルイス・ハミルトンは、前戦F1アメリカGPで自身6回目のドライバーズタイトルを獲得。来シーズンにもミハエル・シューマッハの最多記録、そして、最多勝利記録を破る可能性がある。

メルセデス 「ベッテルやアロンソ、フェルスタッペンは検討しなかった」

2019年11月10日
メルセデス 「ベッテルやアロンソ、フェルスタッペンは検討しなかった」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンのチームメイト候補として、セバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソ、マックス・フェルスタッペンと連絡を取ったことはない語った。

メルセデスはバルテリ・ボッタスを1年契約で起用していることから、過去数年間、毎年、後任候補の名前が挙げられており、3人すべてのドライバーが噂に上った。

バルテリ・ボッタス 「1年契約による将来の不確実性は理想的ではない」

2019年11月9日
バルテリ・ボッタス 「1年契約による将来の不確実性は理想的ではない」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、将来についての絶え間ない不確実性が自身のパフォーマンスに影響を与えていることを認める。

2017年にニコ・ロズベルグの後任として1年契約でメルセデスに加入したバルテリ・ボッタスは、2018年、2019年、そして2020年と毎年単年契約でチームに残留している。

メルセデスF1 「技術指令に違反する燃料流量システムはすべて不正行為」

2019年11月8日
メルセデスF1 「技術指令に違反する燃料流量システムはすべて不正行為」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、燃料流量システムに関するFIAの技術指令で取り扱われた規則に違反するものは、どんなものであっても“不正行為”に当たると考えている。

先週末のF1アメリカGPに先立ち、FIA(国際自動車連盟)は、燃料流量システムに関するレッドブルからの問い合わせに返答。FIAのシングルシーター・テクニカルマターズ部長を務めるニコラス・トンバジスは、レッドブルが概説した3つのアプローチが合法ではないとの技術指令を発行した。

メルセデスとホンダF1、フェラーリの不正行為疑惑に慎重な姿勢

2019年11月8日
メルセデスとホンダF1、フェラーリの不正行為疑惑に慎重な姿勢
メルセデスとホンダは、フェラーリがF1パワーユニットで“不正行為”をしていると非難したマックス・フェルスタッペンの発言に対して慎重な姿勢をみせている。

フェラーリは、F1エンジンとストレートスピードの大幅な改善によって夏休み以降に6連連続でポールポジションを獲得。そのうち3つのレースで優勝を果たし、強力な復活を果たした。

ルイス・ハミルトン、予選不調はステアリングのスイッチカバーの欠落

2019年11月7日
ルイス・ハミルトン、予選不調はステアリングのスイッチカバーの欠落
メルセデスは、ルイス・ハミルトンがF1アメリカGP予選の最終ラウンドでチームメイトのバルテリ・ボッタスに遅れをとった理由を説明した。

ルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPの予選を5番手で終えた。モータースポーツ戦略ディレクターのジェームス・ボウルズは、パフォーマンスの低下の原因は技術的なものであり、ドライバーのせいではないと述べた。

メルセデスF1 「ハミルトンがフェラーリ移籍を決断しても対処は可能」

2019年11月7日
メルセデスF1 「ハミルトンがフェラーリ移籍を決断しても対処は可能」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがフェラーリ移籍を決断したとしても、チームとして対処することはできると語る。

メルセデスは、ルイス・ハミルトンと2020年以降の契約についての交渉を開始する予定であり、新たに6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフはともに関係を継続することを望んでいる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム