レッドブルF1代表 「フェルスタッペンのメルセデス移籍の憶測は無視」

2021年2月24日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンのメルセデス移籍の憶測は無視」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1のドライバーラインナップに空席ができた場合、マックス・フェルスタッペンと契約しようとしているという憶測は無視すると語る。

ルイス・ハミルトンがメルセデスF1と2021年だけをカバーする1年契約しか結ばなかったことは、同じく1年契約のバルテリ・ボッタスが現行契約を終えた後、メルセデスF1に2つの空席ができる可能性を意味する。

メルセデスF1、2021年F1マシン『W12』のカラーリングをチラ見せ

2021年2月23日
メルセデスF1、2021年F1マシン『W12』のカラーリングをチラ見せ
メルセデスF1は、2021年F1マシン『W12』のカラーリングのティザー画像を公開した。

毎年、メルセデスF1は、新車の発表日が近づくと、マシンの一部の画像を公開してファンの期待感を煽ってきた。今年もその傾向を続け、コックピット周辺と見られる1枚の画像を公開した。

実際の技術的な変更はこのティザー画像では見ることはできないが、メルセデスF1が彼らの言葉を守っていることが明らかになった。

メルセデスF1代表 「レッドブルとアストンマーティンは飛躍する可能性がある」

2021年2月22日
メルセデスF1代表 「レッドブルとアストンマーティンは飛躍する可能性がある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のF1世界選手権でメルセデスF1が追いつかれる可能性があると警告する。

一方、ライバルであるレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは、現役王者メルセデスF1が2021年のF1世界選手権でも支配を続ける可能性があると警告している。

ロマン・グロージャン、メルセデスのF1マシンでの走行計画が進行

2021年2月22日
ロマン・グロージャン、メルセデスのF1マシンでの走行計画が進行
元ハースF1のロマン・グロージャンは、メルセデスのF1チームのボスであるトト・ヴォルフが“お別れテスト”の可能性について彼に電話したことを確認した。

ハースF1のシート喪失が決定していたロマン・グロージャンは、昨年のF1バーレーンGPでマシンだ大炎上する恐ろしいクラッシュから生還したが、手に火傷を負うなどの怪我があり、自主的にラスト2戦を欠場した。

アルファタウリF1代表 「F1ドライバーは数十億円も稼ぐべきではない」

2021年2月22日
アルファタウリF1代表 「F1ドライバーは数十億円も稼ぐべきではない」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、F1ドライバーは“数十億円”も稼ぐべきではないと語る。

昨年、フランツ・トストがF1ドライバーのサラリーキャップへのサポートした表明した際、F1の最高給取りであるルイス・ハミルトンは「フランツ・トストって誰?」と皮肉っていた。

レッドブルF1代表 「アブダビGPでの敗戦はメルセデスF1に火をつけた」

2021年2月22日
レッドブルF1代表 「アブダビGPでの敗戦はメルセデスF1に火をつけた」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、昨年の最終戦アブダビGPでのマックス・フェルスタッペンの圧倒的な勝利が、今年さらに優れたF1マシンを生み出すようメルセデスF1を刺激したと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、F1アブダビGPの週末を通して最速であり、ポールポジションからスタートして、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンに7秒以上の差をつけて勝利を挙げた。メルセデスF1は、信頼性の懸念からF1エンジンのパワーを下げていたと報じられた。

メルセデスF1、新兵器セルジオ・ペレス加入のレッドブル・ホンダを警戒

2021年2月22日
メルセデスF1、新兵器セルジオ・ペレス加入のレッドブル・ホンダを警戒
メルセデスF1のテクノロジーディレクターであるマイク・エリオットは、2021年レッドブル・ホンダはセルジオ・ペレスによってさらに後押しされ、『最強の敵』であり続けると考えている。

メルセデスF1は、オールラウンドなパフォーマンスを発揮したW11で、2020年にドライバーズ選手権とコンストラクーズ選手権の両方を制し、ダブルタイトルを7連覇した。

メルセデスF1、2021年F1マシン『W12』のエンジンを初始動

2021年2月19日
メルセデスF1、2021年F1マシン『W12』のエンジンを初始動
王者メルセデスF1が、2021年F1マシン『W12』のエンジンを初始動。最新F1パワーユニット『M12 Eパフォーマンス』のサウンドを公開した。

F1ハイブリッド時代でダブルタイトルを7連覇中のメルセデスF1は、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンとの契約を延長し、バルテリ・ボッタスとのコンビは5年目を迎える。

マクラーレンF1 「メルセデスのF1エンジンがあればレースに勝てる」

2021年2月19日
マクラーレンF1 「メルセデスのF1エンジンがあればレースに勝てる」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、カスタマーチームのステータスを続けることになるが、メルセデスのF1エンジンがあれば、最終的に勝利の道に返り咲くことができると考えている。

マクラーレンF1は、2014年以来7年ぶりにメルセデスのF1エンジンを搭載する。しかし、1995年から2009年までのワークス契約ではなく、カスタマー契約の形での再会となる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム