ジョージ・ラッセル F1空力テスト規制は「順位より獲得ポイントに基づくべき」

2024年7月15日
ジョージ・ラッセル F1空力テスト規制は「順位より獲得ポイントに基づくべき」
ジョージ・ラッセルは、F1の空力テストのスライドディングスケールは、順位ではなくポイントに基づいて行われるべきだと考えている。F1オーストリアGP後に空力シミュレーションの割り当てはリセットされた。

F1の空力テストに関する規定では、選手権の順位に基づいて、2か月にわたる「空力テスト期間」(ATP)に利用できる風洞時間と数値流体力学(CFD)の容量が定められている。

ルイス・ハミルトン フェラーリF1移籍という新しい挑戦に「不安もある」

2024年7月14日
ルイス・ハミルトン フェラーリF1移籍という新しい挑戦に「不安もある」
ルイス・ハミルトンは、フェラーリF1への移籍にやや不安を感じていることを認めたが、待ち受ける挑戦を歓迎している。

ルイス・ハミルトンとメルセデスは史上最も成功したドライバー/チームのコンビとなったが、10年以上在籍したメルセデスF1チームを離れ、2025年F1シーズンからスクーデリア・フェラーリに移籍する。

メルセデスF1 ジョージ・ラッセルのリタイアは「ペナルティ回避も目的」

2024年7月12日
メルセデスF1 ジョージ・ラッセルのリタイアは「ペナルティ回避も目的」
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、ジョージ・ラッセルが将来的にグリッドペナルティを受ける可能性を避けるためにイギリスGPからリタイアさせたと明かした。

ジョージ・ラッセルは、変わりやすいコンディションのレースをポールポジションからスタートし、表彰台を目指して戦っていたものの、34周目にウォーターシステムの故障により、母国開催のレースをリタイアせざるを得なくなった。

バルテリ・ボッタス メルセデスF1との2025年の1年契約は「望んでいない」

2024年7月12日
バルテリ・ボッタス メルセデスF1との2025年の1年契約は「望んでいない」
バルテリ・ボッタスは、もし提示された契約が1年だけであれば、来年メルセデスF1に復帰することに興味はないと語った。

バルテリ・ボッタスが年末にザウバーを離れることはほぼ確実のようで、新チームオーナーのアウディは34歳のボッタスを将来のワークスチームの一員として見ていないようだ。

メルセデスF1 カルロス・サインツJr.へのドアを再び開く可能性

2024年7月11日
メルセデスF1 カルロス・サインツJr.へのドアを再び開く可能性
カルロス・サインツJr.は、メルセデスF1でルイス・ハミルトンの後継者となるべく、一歩ずつ前進しているようだ。

ウィリアムズがローガン・サージェントを追い出すことはほぼ確実となった。おそらく2024年シーズン中になるだろう。現役のアレックス・アルボンは、「僕の隣には速い人がいてほしい」と宣言した。

メルセデスF1代表 「アルピーヌはテストでのミック・シューマッハに満足」

2024年7月10日
メルセデスF1代表 「アルピーヌはテストでのミック・シューマッハに満足」
ミック・シューマッハはF1復帰の夢を持ち続けており、先週初めにその夢に向けて大きな一歩を踏み出したかもしれない。

元ハースF1チームのドライバーであるミック・シューマッハは、来年のエステバン・オコンの後任候補として有力視されており、先週、ポール・リカールで2年前のアルピーヌを駆り、ジャック・ドゥーハンと直接対決のテストを行った。

ルイス・ハミルトン F1イギリスGPでの雨の場面で「チャンスだと確信した」

2024年7月9日
ルイス・ハミルトン F1イギリスGPでの雨の場面で「チャンスだと確信した」
ルイス・ハミルトンは、F1イギリスGPで勝利を収める途中で、雨が降ってきた場面が「チャンス到来」を感じた瞬間だったと説明してた。

7度のF1チャンピオンであるハミルトンは、エキサイティングなミックスドコンディションのレースを制し、2021年12月から続いた勝利なしの記録に終止符を打った。

メルセデスF1代表 イギリスGPのハミルトン優勝は「これ以上ないシナリオ」

2024年7月8日
メルセデスF1代表 イギリスGPのハミルトン優勝は「これ以上ないシナリオ」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルは、正しい方向への「ヒント」があったにもかかわらず、チームがF1イギリスGPで優勝できる立場にいるとは予想していなかったと認めた。

メルセデスF1チームの競争力向上は、シルバーストーンでルイス・ハミルトンが2021年12月以来の勝利を収めたことで確実なものとなった。ハミルトンの母国での通算9勝目は、先週末オーストリアでジョージ・ラッセルが優勝したことに加え、メルセデスにグラウンドエフェクト時代の連続勝利をもたらした。

ルイス・ハミルトン F1イギリスGP決勝「もう勝てないと思った時期もあった」

2024年7月8日
ルイス・ハミルトン F1イギリスGP決勝「もう勝てないと思った時期もあった」
ルイス・ハミルトンは、2024年F1イギリスGPで優勝。945日間、57戦もの勝利がない長い期間の間に、再び優勝できるかどうか疑問を抱いたこともあったと認めた。

ルイス・ハミルトンは、最終ラップで猛追するマックス・フェルスタッペンを抑え、F1キャリアで最も長かった勝利なしの記録を終わらせ、通算104回目のグランプリ優勝とイギリスグランプリでの9回目の優勝を果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム