ジョージ・ラッセル 「ルイス・ハミルトンと対立する理由はない」

2022年12月1日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ルイス・ハミルトンと対立する理由はない」
ジョージ・ラッセルは、2023年にメルセデスF1がタイトル争いに戻ったとしても、チームメイトのルイス・ハミルトンと対立する「理由はない」と主張している。

大規模なレギュレーションの見直しは、序列を劇的に揺るがし、2022年の多くを3番目に速いチームとしてライバルのレッドブルとフェラーリを追い上げる非常に困難なシーズンを過ごしたメルセデスF1で、ジョージ・ラッセルはルイス・ハミルトンとのチームメイトとしての最初のシーズンで強力な協力関係を築いた。

F1マシン技術解説:メルセデス W13 「シーズン中で最大の開発」

2022年12月1日
F1マシン技術解説:メルセデス W13 「シーズン中で最大の開発」
2022年のF1世界選手権で「シーズン中で最大の開発」したマシンとして、Formula1.comの技術専門家であるマーク・ヒューズはメルセデス W13を挙げた。

革新的な“ゼロポッド”を導入したメルセデスの新世代F1マシン『W13』は、空力的なポーパシングとメカニカル的なバウンシングに見舞われ、問題を理解して制御することに苦労。シーズン序盤のレースではウィナーから30秒遅れることがよくあった。

メルセデスF1、キャンパス中心の道路を故ニキ・ラウダにちなんで改名

2022年12月1日
メルセデスF1、キャンパス中心の道路を故ニキ・ラウダにちなんで改名
メルセデスF1チームのテクノロジーキャンパスの中心を通る道路の名前が、3回のF1ワールドチャンピオンであるニキ・ラウダにちなんで改名された。

道路は、昨年にメルセデスF1チームが購入するまで土地の所有者だったエイドリアン・レイナードにちなんで「レイナード・パーク」と呼ばれていたが、地元とニキ・ラウダの家族からの承認を受けて、ブラックリーのサイトを通る道路の名前が変更された。

メルセデスF1、2023年にレッドブルより“54回”多い風洞稼働数の重要性

2022年11月30日
メルセデスF1、2023年にレッドブルより“54回”多い風洞稼働数の重要性
メルセデスF1は、2023年にレッドブルより約27%多く風洞を稼働できることがF1ワールドチャンピオンに近づく上で重要なことが証明されると考えている。

レッドブル・レーシングは、昨年のコストキャップに違反したことに対するペナルティの一環として、700 万ドルの罰金に加えて、風洞稼働時間の10%の短縮を課された。

ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由

2022年11月30日
ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由
ダニエル・リカルドは、2023年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーではなく、レッドブル・レーシングにサードドライバーとして復帰することを選択した理由を説明した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリの起用を決断したことで、契約満了の1年前にチームを放出されたダニエル・リカルドは、2023年に古巣レッドブルでサードドライバーを務めることが決定した。

ニューウェイ「メルセデスF1のゼロポッドは出し抜かれたと思った」

2022年11月29日
エイドリアン・ニューウェイ「メルセデスF1のゼロポッドは出し抜かれたと思った」
レッドブルF1のデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、メルセデスF1の“ゼロポッド”コンセプトを見たとき、自分たちが「抜け穴を見落とした」と感じたと明かす。

エイドリアン・ニューウェイは、新しいレギュレーションを鋭く批判していた。だが、実際に作業を進めるなかでその考えは変わった。新世代F1マシンは、予想以上にエンジニアに多くのことを要求し、メルセデスF1のコンセプトはニューウェイのようなベテランでさえも驚かせた。

シャルル・ルクレール、メルセデスF1でルイス・ハミルトンの後継を望む?

2022年11月29日
シャルル・ルクレール、メルセデスF1でハミルトンの後継を望む?
シャルル・ルクレールは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンの立場を受け継ぐことを望んでいると報じられている。

2022年シーズンの素晴らしいスタートを切った後、フェラーリがポイントを落としたとき、シャルル・ルクレールのチーム内でのポジションを明確にした方が良いのではないかとの疑問が生じた。

メルセデスF1 「W13のすべての癖を完全に理解できたわけではない」

2022年11月29日
メルセデスF1 「W13のすべての癖を完全に理解できたわけではない」
メルセデスは、ライバルのレッドブルとフェラーリに敗れ、F1新時代を乗り切るのに苦労した挑戦的なシーズンをランキング3位でようやく終えた。

メルセデス W13は、早い段階でポーパシングにひどく苦戦し、ジョージ・ラッセルがブラジルでメルセデスを1-2でリードすることを可能にした年間のいくつかの良い進歩にもかかわらず、依然としてトップに対するパフォーマンス不足を抱えたままシーズンを終えた。

ルイス・ハミルトン 「F1引退の時期はいずれ来るけど今ではない」

2022年11月28日
ルイス・ハミルトン 「F1引退の時期はいずれ来るけど今ではない」
ルイス・ハミルトンは、最終的にF1キャリアに終止符を打たなければならない時が来ることを承知しているが、今はまだそうする準備はできていないと語る。

ルイス・ハミルトンは、2023年にメルセデスF1チームとの契約の最終年に入るが、それがチームとの彼の最後の契約ではないという兆候がある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム