レッドブルF1、メルセデスからさらに5人のエンジン技術者を引き抜き

2021年5月6日
レッドブルF1、メルセデスからさらに5人のエンジン技術者を引き抜き
レッドブルF1のエンジン部門であるレッドブル・パワートレインズは、シニアリーダーシップチームの拡大を発表。メルセデスF1から新たに5名を引き抜いた。

ホンダのF1パワーユニット技術おを引き継いで、2022年からレッドブル・レーシングとアルファタウリにパワーユニットを供給することになるレッドブル・パワートレインズは、2025年に導入される新しいレギュレーションに合わせて新らしいパワートレインの開発を計画しており、技術チームの構築を行っている。

メルセデスF1代表、ボッタスとラッセル交代の噂は「ナンセンス」

2021年5月6日
メルセデスF1代表、ボッタスとラッセル交代の噂は「ナンセンス」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年シーズンが終わる前にバルテリ・ボッタスをジョージ・ラッセルに交代する可能性があるとの噂を“ナンセンス”だと否定した。

2017年にメルセデスF1に加入したバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンの“ナンバー2”ドライバーとして最適な働きをしているとも言えるが、最近のレースではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに先行を許すなど、チームとしての戦いとしてパフォーマンスに欠いている。

F1:予算上限違反へのスポーティングペナルティに3チームが反対票

2021年5月6日
F1:予算上限違反へのスポーティングペナルティに3チームが反対票
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、予選上限への違反にスポーティングペナルティを追加することに3つのチームが反対票を投じたことを明かした。

2021年のF1世界選手権では、シーズンごとに1億4500万ドルの新しい予算制限がチームに課された。これは、2022年には1億4000万ドル、2023年には1億3500万ドルに削減される予定となっている。

F1噂話:メルセデスF1、シーズン中にボッタスとラッセルを交代?

2021年5月6日
F1噂話:メルセデスF1、シーズン中にボッタスとラッセルを交代?
メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスのパフォーマンスに不満を募らせており、2021年シーズン終了前に放出する可能性があるとインサイダーが主張している。

Daily Mail のジョナサン・マケボンが報じたところによると、メルセデスF1はバルテリ・ボッタスへの“信頼を失って”おり、シーズン中のジョージ・ラッセルとの交代を検討しているという。

「トラックリミットはF1タイトル争いに論争を招きすぎ」とモントーヤ

2021年5月6日
「トトラックリミットはF1タイトル争いに論争を招きすぎ」とモントーヤ
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤは、トラックリミットがルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間のタイトル争いに“論争を招きすぎ”ていると苦言を呈する。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今シーズン、マックス・フェルスタッペンがトラックリミットによって、勝利、ポールポジション、ファステストラップを奪われたとして、F1はアプローチを変更する必要があると訴えている。

ロマン・グロージャン、F1フランスGPでメルセデスのF1マシンでデモ走行

2021年5月5日
ロマン・グロージャン、F1フランスGPでメルセデスのF1マシンでデモ走行が決定!
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、2021年のF1フランスGPでメルセデスのF1マシン『W10』でデモ走行を行うことが発表された。

昨年、ハースF1のシート喪失が決まっていたロマン・グロージャンは、F1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュから奇跡的な生還を果たしたが、手に火傷を負ったことで、最後の2レースへの出場を断念。クラッシュまでの数メートルがF1マシンでの走行となっていた。

メルセデスF1、レッドブルへのエンジン技術者流出は「やむを得ない」

2021年5月5日
メルセデスF1、レッドブルへのエンジン技術者流出は「やむを得ない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブルの新しいF1エンジンプロジェクトにある程度の人材が流出することは“やむを得ない”ことだと考えており、スタッフを維持するために賃金を引き上げるようなことはしないと語る。

レッドブルは、ホンダからF1パワーユニットを引き継いで独自のF1プログラムを立ち上げており、ミルトンキーンズに最先端施設『レッドブル・パワートレインズ』を建設し、莫大なリソースを投入している。

メルセデスF1、ボッタスの1周早い最終ピットストップは「愚かなミス」

2021年5月4日
メルセデスF1、ボッタスの1周早い最終ピットストップは「愚かなミス」 / F1ポルトガルGP 決勝
メルセデスF1は、F1ポルトガルGPの決勝での最後のバルテリ・ボッタスのピットストップのタイミングは“愚かなミス”だったと認め、マックス・フェルスタッペンのミスに救われたことに安堵している。

ルイス・ハミルトンの勝利がほぼ確定したF1ポルトガルGPのレース終了間際は、セルジオ・ペレス、バルテリ・ボッタス、マックス・フェルスタッペンによる、ファステストラップの追加ボーナスの1ポイントをかけた戦いとなった。

レッドブルF1、エンジン人材の引き抜きでメルセデスと“緊張関係”

2021年5月4日
レッドブルF1、エンジン人材の引き抜きでメルセデスと“緊張関係”
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、メルセデスF1から人材を引き抜いたことで、両チーム間で“緊張関係”があると認める。

現在、コース上ではマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが緊密なチャンピオンシップ争いを繰り広げているが、場外ではそれぞれのチームボスも衝突している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム