トト・ヴォルフとローレンス・ストロールがメルセデスF1チームを買収?

2020年1月21日
トト・ヴォルフとローレンス・ストロールがメルセデスF1チームを買収?
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフとレーシング・ポイントF1チームのオーナーであるローレンス・ストロールが、ブラックリーの現メルセデスF1チームの買収に動いていると報じられている。

メルセデスは親会社であるダイムラーで13年間CEOを務めたディーター・ツェッチェが退任し、オラ・ケレニウスが就任。2020年末までに8億5000万ポンド(1188億円)超のコストを削減すると発表している。

F1 | フェラーリ 「メルセデスに安定して勝利するには数年かかる」

2020年1月21日
F1
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ライバルであるメルセデスに安定して勝てるようになるにはまだ数年かかると語る。

昨年、フェラーリはシーズン後半にパフォーマンスを大幅に改善し、3勝を挙げた。2020年のレギュレーションは変わらないため、フェラーリは再びタイトル争いの最前線に立つことが期待されている。

「メルセデスのF1エンジンにライバルが追いつけなかったのは想定外」

2020年1月20日
「メルセデスのF1エンジンにライバルが追いつけなかったのは想定外」
F1の最高技術責任者を務めるパット・シモンズは、メルセデスのライバルメーカーたちが、メルセデスとのF1エンジン性能のギャップを縮めるためにかかった時間に驚いていると語る。

2014年にF1にV6ターボハイブリッドが導入されて以来、メルセデスはタイトルを6連覇。その優位性はブルックスワースが製造するメルセデスのF1パワーユニットのパワーに大きく依存してきた。

F1 | アストンマーティンとしてF1グリッドに並ぶのは現メルセデス?

2020年1月20日
F1
アストンマーティンの買収が報じられているローレンス・ストロールが、実際には舞台裏でメルセデスのファクトリーチームを引き継ぐ準備を進めており、そこにはトト・ヴォルフも関わっていると報じられている。

メルセデスが2021年以降もF1を継続するかはまだ非常に不確実な状況となっている。メルセデス・ベンツは電気自動車へシフトしており、フォーミュラEに注力する可能性があるとされている。その場合、メルセデスはF1でのチーム運営から手を引き、エンジンサプライヤーとしてのみ関与し続けると考えられている。

F1 | ルイス・ハミルトン、メルセデスと2022年まで契約を延長との報道

2020年1月19日
F1
ルイス・ハミルトンは、メルセデスとの契約を2022年まで2年間延長する交渉が“かなり進行した段階”にあると Gazzetta dello Sport が報じている。

2020年にメルセデスとの現在の契約が失効するルイス・ハミルトンは、昨年末、フェラーリの会長と面談したことが報じられており、2021年のフェラーリ移籍が強く噂されている。

F1 | メルセデス、2020年F1マシン『W11』を2月14日にシェイクダウン

2020年1月18日
F1
メルセデスF1チームは、2020年F1マシン『W11』のシェイクダウンを2月14日にシルバーストーンで実施することを発表した。

2020年、メルセデスは、F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスとともにハイブリッド時代におけるダブルタイトルの7連覇を目指す。ハミルトンは、ミハエル・シューマッハの7回のF1ワールドチャンピオン記録に並び、91勝の最多勝利記録に並ぶ可能性がある。

F1 | バルテリ・ボッタス 「まだパフォーマンスのピークは迎えていない」

2020年1月15日
F1
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2020年のF1世界選手権について強気だ。

昨年、開幕戦オーストラリアGPで勝利を飾る好スタートを切ったバルテリ・ボッタスをメディアは“ボッタス2.0”と名付けたが、最終的にチームメイトのルイス・ハミルトンに87ポイント差をつけられてシーズンを終えることとなった。

ルイス・ハミルトン、オーストラリアの山火事救済に約5500万円を寄付

2020年1月10日
F1
メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンは、大規模の山火事が続いているオーストラリアに50万ドル(約5500万円)を寄付した

オーストラリアのニューサウスウェールズ州では、昨年9月から熱波による森林火災が継続。1月2日には州政府が今季3回目の非常事態を宣言。昨年9月以降、1月4日までで死者は計18人、家屋の焼失は1300棟以上に上る。

F1 | ジョージ・ラッセル 「メルセデスは僕を信じてくれている」

2020年1月9日
F1
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1はまだ自分に将来のF1スターになるポテンシャルがあると信じてくれていると語る。

メルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、昨年ウィリアムズでF1デビュー。2019年に唯一ポイントを獲得できないドライバーとなったが、メルセデスとの自分の地位に害を与えたとは考えていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム