メルセデスF1、ペトロナスが撤退してアラムコとスポンサー契約との報道

2021年10月18日
メルセデスF1、ペトロナスが撤退してアラムコとスポンサー契約との報道
メルセデスF1は、今シーズン末で長年のタイトルスポンサーを務めてきたペトロナスと別れ、サウジアラビアの石油大手アラムコとの新たなパートナーシップを開始すると報じられている。

F1のベテランレポーターであるティーター・レンケンは、ペトロナスがF1から撤退するというニュースをTwitterで明らかにした。マレーシアの石油ガス会社であるペトロナスは、今年8月にMotoGPからの撤退を正式に発表している。

「ポイント順位はルイス・ハミルトンのミスが反映されたものではない」

2021年10月17日
「ポイント順位はルイス・ハミルトンのミスが反映されたものではない」と元F1チャンピオンのヴィルヌーヴ
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャン・ヴィルヌーブは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの現在のポイント差には、ハミルトンのミスが反映されたものではないと語る。

2021年も残り6ラウンドとなり、前戦F1トルコGPでランキング首位に返り咲いたマックス・フェルスタッペンが、ルイス・ハミルトンに6ポイントのリードを築いている。

メルセデスF1首脳 「W12の開発を早期にストップした心配は和らいだ」

2021年10月16日
メルセデスF1首脳 「W12の開発を早期にストップした心配は和らいだ」
メルセデスF1は、最近の勝利によって、今季マシン『W12』の開発を早期にストップして2022年F1マシンの開発に切り替えるという決定がパフォーマンス低下を引き起こす可能性があるという懸念は和らいだと語る。

F1チームは、今シーズンのマシンへの作業と、新しいレギュレーションで開発しなければならない2022年F1マシンのポテンシャルを最大化するために、注力するものへのバランスを取る必要があった。

メルセデスF1代表 「ザウバーがこの時期にチームを売却するなら狂っている」

2021年10月16日
メルセデスF1代表 「ザウバーがこの時期にチームを売却するなら狂っている」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ザウバーのF1チーム売却の噂が本当ならば、この時期にそうするのは間違っていると考えているとF1ジャーナリストのマイケル・シュミットが伝えた。

タイトルスポンサーであるアルファロメオの名前を掲げているが、運営母体はスイスを拠点にするザウバーであり、数名のスウェーデンのビリオネアで構成されるスイスを拠点とする投資会社であるロングボウ・ファイナンスが所有している。

ルイス・ハミルトン 「タイトル争いのプレッシャーは感じていない」

2021年10月16日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「タイトル争いのプレッシャーは感じていない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンにドライバーズ選手権の首位の座を奪われたが、プレッシャーは感じていないと語る。

F1トルコGPでは、マックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得。PU交換による10グリッド降格ペナルティが適用されて11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは5位までしか挽回できず、フェルスタッペンが6ポイント差をつけてランキングトップに返り咲いた。

バルテリ・ボッタス、移籍決定もメルセデスF1の会議に継続参加

2021年10月15日
バルテリ・ボッタス、移籍決定もメルセデスF1の会議に継続参加
バルテリ・ボッタスは、2022年にアルファロメオF1への移籍が決定しているにも関わらず、メルセデスF1の主要な会議から除外されていない。

F1トルコGPでは、PU交換ペナルティからの挽回に苦戦を強いられたルイス・ハミルトンに代わって、バルテリ・ボッタスはポールポジションから快適に勝利を収めた。

メルセデスF1首脳 「トルコでの優位性は今後の指標にはならない」

2021年10月15日
メルセデスF1首脳 「トルコでの優位性は今後の指標にはならない」
メルセデスF1は、先週末のF1トルコGPでのパフォーマンスが2021年の残りのシーズンでも優位に立てること保証するわけでないとしつつも、F1イギリスGP以降、ほとんどのグランプリでより速いパッケージを手に入れられていると認める。

ダブルタイトル8連覇を目指すメルセデスだが、2021年シーズンは、レッドブル・ホンダからの挑戦を真っ向から受けている。

メルセデスは何をした? 直線スピードにレッドブル・ホンダF1が困惑

2021年10月15日
メルセデスは何をした? 直線スピードにレッドブル・ホンダF1が困惑
レッドブル・ホンダF1は、先週末のF1トルコGPでメルセデスの直線スピードに近づくことができなかった。チームの上層部はメルセデスの豹変ぶりに困惑している。

2021年のチャンピオンシップ争いで、レッドブルとメルセデスはコース内外で激しく戦っており、両陣営からエンジンパフォーマンスと直線スピードについてのコメントが繰り返されている。

レッドブルF1 「メルセデスのF1エンジンは合法だと受け入れる必要がある」

2021年10月15日
レッドブルF1 「メルセデスのF1エンジンは合法だと受け入れる必要がある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームはメルセデスのF1エンジンに疑惑の目を向けているが、FIA(国際自動車連盟)が合法と宣言したので、「受け入れなければならない」と科tる。

F1トルコGPで、メルセデスは予選で1-2を達成。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに0.3秒以上の差をつけ、独自のリーグにいた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム