ハースF1代表、ジョビナッツィのクラッシュは「控えめに言っても…」

2022年10月22日
ハースF1代表、ジョビナッツィのクラッシュは「控えめに言っても…」 / F1アメリカGP
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1アメリカGPのフリー走行1回目の開始早々にクラッシュを喫したアントニオ・ジョビナッツィについて「控えめに言っても、素晴らしくはない」と苦言を呈した。

アントニオ・ジョビナッツィは、開始7分でターン6でスピンしてウォールにクラッシュ。セッションは赤旗となったが、なんとか自走してピットに戻った。

アントニオ・ジョビナッツィ、アルピーヌF1チームのテストに参加

2022年9月16日
アントニオ・ジョビナッツィ、アルピーヌF1チームのテストに参加
アントニオ・ジョビナッツィが、今月後半にブダペストで開催されるアルピーヌF1チームのテストに招待されたことが明らかになった。

アルピーヌF1チームは、F1ハンガリーGPの会場であるハンガロリンクでドライバー開発プログラムで使用しているA521でテストを実施。テストの目的は明らかにされていないが、フェルナンド・アロンソとオスカー・ピアストリが空席にしたシートの候補者を見定める機会になるかもしれない。

アントニオ・ジョビナッツィ 「新世代F1マシンのフィーリングは掴めた」

2022年9月10日
アントニオ・ジョビナッツィ 「新世代F1マシンのフィーリングは掴めた」 / ハースF1チーム F1イタリアGP 金曜フリー走行
アントニオ・ジョビナッツィは、F1イタリアGPのフリー走行1回目にハースF1チームから出走。仕事には満足していると語った。

フェラーリの契約ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィのハースF1チームへの派遣は、今季末でフェラーリ・ドライバー・アカデミーとの契約が切れるミック・シューマッハの後任を示唆しているとの声もある。

ハースF1チームのアントニオ・ジョビナッツィのFP1起用に非難の声

2022年8月24日
ハースF1チームのアントニオ・ジョビナッツィのFP1起用に非難の声
元メルセデスのF1責任者であるノルベルト・ハウグは、ハースF1チームが今後のグランプリでアントニオ・ジョビナッツィをFP1に出走させることはミック・シューマッハをさらに不安定にさせるだけだと非難した。

ハースF1チームのギュンター・シュタイナーは、2022年のフェラーリF1のリザーブドライバーでフォーミュラEドライバーのアントニオ・ジョビナッツィがモンツァとオースティンでF1カーに戻ることをフェラーリが要求したことを認めた。

フェラーリ、アントニオ・ジョビナッツィをハースF1の2回のFP1に派遣

2022年8月22日
フェラーリ、アントニオ・ジョビナッツィをハースF1の2回のFP1に派遣
フェラーリは、リザーブドライバーのアントニオ・ジョビナッツィをハースF1チームの2回のFP1(イタリアGPとアメリカGP)で走らせることを発表した。

F1で62回のスタートを切り、アルファロメオで3シーズンを戦ったアントニオ・ジョビナッツィは、昨年末でシートを失い、今季はスクーデリア・フェラーリのリザーブドライバーを務めながら、ドラゴン・ペンスキーからフォーミュラEに参戦していた。

アンドレッティ 「コルトン・ハータはキミ・ライコネンよりも速かった」

2022年3月5日
F1:アンドレッティ 「コルトン・ハータはキミ・ライコネンよりも速かった」
マリオ・アンドレッティは、アルファロメオF1チームのシミュレーターでコルトン・ハータはキミ・ライコネンやアントニオ・ジョビナッツィよりも速かったとし、ハータがF1に到達しなかった事実を嘆いた。

昨年、マリオの息子であるマイケル・アンドレッティが、アルファロメオF1チームを運営するザウバーの過半数の株式を引き継ぐことに近づき、コルトン・ハータは、2022年のアルファロメオF1チームのシートの1つに強く結びつけられた。

アントニオ・ジョビナッツィ、ニキータ・マゼピンの後任候補に浮上

2022年3月1日
アントニオ・ジョビナッツィ、ニキータ・マゼピンの後任候補に浮上 / ハースF1チーム
スクーデリア・フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが、今シーズン、ハースF1チームのニキータ・マゼピンの後任候補としてF1復帰する可能性が噂されている。

ロシアがウクライナに侵攻した後、2022年のニキータ・マゼピンのシートは疑わしいものとなっている。ハースF1チームは、F1バルセロナテストの最終日にロシアのスポンサーであるウラルカリのブランドをマシンから削除した。

キミ・ライコネンがアントニオ・ジョビナッツィに送ったお茶目なメール

2022年1月30日
F1:キミ・ライコネンがアントニオ・ジョビナッツィに送ったお茶目なメール
アントニオ・ジョビナツィは、新年にキミ・ライコネンとのお茶目なメールについて明かした。

キミ・ライコネンは、元アルファロメオF1のチームメイト同士であるアントニオ・ジョビナッツィと友人であることを明らかにしており、二人は2021年シーズン終了後にメールを交換した。フォーミュラEに転向するジョビナッツィとは異なり、ライコネンは現時点ではレースから引退し、ダウンタイムを過ごしていた。

アントニオ・ジョビナッツィ 「金絡みでF1シートを失ったのは僕だけじゃない」

2021年12月29日
アントニオ・ジョビナッツィ 「金絡みでF1シートを失ったのは僕だけじゃない」
アントニオ・ジョビナッツィは、自分のF1シートを奪ったと感じているF1の財政面を再び非難した。

アルファロメオF1は、2022年のF1ドライバーとして豊富な資金を持ち込んだとされる中国人の周冠宇の起用を決定。ジョビナッツィは2021年がチームとの3年目で最後のシーズンとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム