チャンドック 「フェラーリが僕の分析を証拠として提出したことに混乱」

2019年6月25日
F1 カルン・チャンドック フェラーリ
元F1ドライバーのカルン・チャンドックは、フェラーリが彼のSky F1での分析をセバスチャン・ベッテルのペナルティを覆すための証拠として使用したことを嬉しくは思うが、実際には混乱したと語る。

フェラーリはF1カナダGPでのセバスチャン・ベッテルの5秒ペナルティについて再審を請求。F1ルールの下では新たな証拠が見つかった場合のみ再検討され、F1フランスGPが開催されたポール・リカール・サーキットで聴聞会が開かれた。

「ホンダのF1エンジンがマックス・フェルスタッペンの王者獲得の鍵」

2019年1月19日
F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
元F1ドライバーで現在は解説者を務めるカルン・チャンドックは、マックス・フェルスタッペンは今やF1ワールドチャンピオンを獲得できるレベルまで成熟していると考えており、それを実現できるかはホンダがレッドブル・レーシングに競争力のあるF1エンジンを供給できるかにかかっていると語る。

2016年シーズン途中にトロロッソからレッドブル・レーシングに移籍したマックス・フェルスタッペンは、レッドブルでのデビューレースとなったスペインGPで優勝。18歳227日で史上最年少優勝を成し遂げた。

「ルノーF1はまだダニエル・リカルドを受け入れる体制が整っていない」

2019年1月17日
F1 ルノーF1 ダニエル・リカルド
元F1ドライバーで現在は解説者を務めるカルン・チャンドックは、ダニエル・リカルドのルノー移籍はチームとドライバーの両方にとって早すぎたと考えている。

ダニエル・リカルドは、7勝を挙げた3強チームのレッドブル・レーシングを離れ、ワークスチームとして再建を進めているルノーF1チームに今年から移籍する。

ウィリアムズ、カルン・チャンドックを“ヘリテージドライバー”に起用

2016年6月21日
カルン・チャンドック
ウィリアムズは、ヘリテージ部門の公式ドライバーとしてカルン・チャンドックを起用することを発表した。

カルン・チャンドックは、ウィリアムズの“ヘリテージドライバー”として、ウィリムアムズの歴史的なレーシングカーのデモ走行やテストを実施する。

カルン・チャンドックは、6月23〜26日に開始される2016年のグッドウッド・フェルティバル・オブ・スピードでヘリテージドライバーとして初登場。1983年のFW08C、1990年のFW13Wを走らせる。

フォーミュラE:マヒンドラ、ブルーノ・セナとカルン・チャンドックを起用

2014年5月26日
マヒンドラ・レーシング フォーミュラE
インドのフォーミュラEチームであるマヒンドラ・レーシングは、カルン・チャンドックとブルーノ・セナをドライバーに起用することを発表した。

インド出身のカルン・チャンドックとブラジル出身のブルーノ・セナは、かつてF1のヒスパニア・レーシングでチームメイトを組んでいたことのある間柄。9月に北京で開幕するフォーミュラEをともに戦う。

カルン・チャンドック 「ル・マン24時間レースはF1モナコGPより手強い」

2013年6月18日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックはル・マン24時間レースはF1モナコGPよりも手強いチャンレンジだと考えている。

カルン・チャンドックは、2008年のGP2でモナコで表彰台を獲得。F1では、2010年にHRTでの14位が最高位となっている。

WEC世界耐久選手権へ転向したカルン・チャンドックは、昨年インド人ドライバーとして初めてル・マン24時間レースに参戦。LMP1クラスにJRMから参戦し、総合5位でフィニッシュした。

カルン・チャンドック 「F1キャリアに後悔はない」

2012年10月22日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドック、短かったF1キャリアにも後悔はないと主張した。

2010年にHRTのドライバーとして10戦に参加したカルン・チャンドックは、翌シーズン、リザーブドライバーとしてチーム・ロータス(現ケータハム)に移籍。F1ドイツGPではヤルノ・トゥルーリに代わって参戦した。

F1は今週末カルン・チャンドックの母国インドを訪れるが、チャンドックは戦いの場をスポーツカーのレースに移したことに失望はしていないと述べた、

カルン・チャンドック、久々にレースで収入を得る

2012年1月13日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックにとって、2012年はレースで収入を得ることができる新鮮なシーズンになる。

カルン・チャンドックは、2010年はHRTのレースドライバー、2011年はチーム・ロータスのリザーブドライバーを務めてきたが、いずれも資金でシートを獲得していた。

しかし、今年はJRMチームから報酬を受けてFIA世界耐久選手権に参戦する。

カルン・チャンドック、FIA世界耐久選手権に参戦

2012年1月12日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、FIA世界耐久選手権(WEC)にJRMレーシングから参戦することが決定した。

2011年にチーム・ロータスのリザーブドライバーを務めたカルン・チャンドックは、レース感覚を鈍らせないために他のシリーズへの参戦を希望しており、すでにi1スーパーシリーズへの参戦が決まっている。

FIA世界耐久選手権は、ル・マン24時間やセブリング12時間などの耐久レースからなるシリーズ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム