「ハミルトンはシューマッハより完成されたF1ドライバー」

2020年3月10日
「ハミルトンはシューマッハより完成されたF1ドライバー」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ルイス・ハミルトンはミハエル・シューマッハよりも完成されたドライバーだと語る。

6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、今年、ミハエル・シューマッハの7回の最多記録に並ぶ可能性がある。メルセデスはF1プレシーズンテストでも再びポテンシャルを示しており、ライバルのフェラーリはやや後退しているようだ。

F1 | マーク・ウェバー 「今年もルイス・ハミルトンを倒すのは難しい」

2020年3月5日
F1 マーク・ウェバー 「今年もルイス・ハミルトンを倒すのは難しい」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、2020年のF1世界選手権でタイトルの最有力候補はルイス・ハミルトンだと予想する。

すでにメルセデスはすでにバルセロナで行われたF1プレシーズンテストで最速タイム、最多周回数を達成し、ダブルタイトル7連覇にむけて好調さを示した。。

「ニコ・ヒュルケンベルグはF1を離れる適切なタイミングだった」

2019年12月11日
「ニコ・ヒュルケンベルグはF1を離れる適切なタイミングだった」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ニコ・ヒュルケンベルグはF1で自然な経過をたどってきたと考えており、彼がF1シートを獲得できなかったことに頭を悩ませることはないと語る。

ルノーF1チームは2020年のドライバーとしてエステバン・オコンと契約。ハースやアルファロメオとの交渉したニコ・ヒュルケンベルグだったが、来季のシートを獲得することはできず、9シーズン、177戦のキャリアでF1を離れることになった。

マーク・ウェバー 「2020年もルイス・ハミルトンがF1タイトルを獲る」

2019年12月6日
マーク・ウェバー 「2020年もルイス・ハミルトンがF1タイトルを獲る」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ルイス・ハミルトンが持っている一貫性を考えれば、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールが2020年にハミルトンを倒してF1ワールドチャンピオンを獲得できるとは考えていない。

F1で9勝を挙げているマーク・ウェバーは、来年はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)が絶対王者のルイス・ハミルトンと激しい戦いをすることになると予想している。

マーク・ウェバー 「ベッテルは専門家の意見に耳を傾けるべき」

2019年12月6日
マーク・ウェバー 「ベッテルは専門家の意見に耳を傾けるべき」
F1ドライバーのマーク・ウェバーは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)にとって2020年は"最も重要なオフシーズン”になるとし、調子を取り戻すためにも専門家のアドバイスを求める必要があると考えている。

2019年シーズン開幕前にはフェラーリに久々のF1タイトルをもたらすことが期待されたたセバスチャン・ベッテル(32歳)だが、タイトル争いはおろか、今年からチームメートに加入したシャルル・ルクレール(22歳)にもドライバーズ選手権で破れるという屈辱の結果でシーズンを終えた。

ダニエル・リカルド、マーク・ウェバーの“移籍を後悔”発言に反論

2019年10月23日
ダニエル・リカルド、マーク・ウェバーの“移籍を後悔”発言に反論
ダニエル・リカルドは、レッドブルを離れてルノーに移籍したを“後悔している”かもしれないと発言したマーク・ウェバーに反論した。

最近、マーク・ウェバーは、F1に若手が台頭していることで、ダニエル・リカルドがミッドフィールドに埋もれていく危険性があると語っていた。

マーク・ウェバー 「ダニエル・リカルドはルノー移籍を後悔しているはず」

2019年9月26日
F1 マーク・ウェバー 「ダニエル・リカルドはルノー移籍を後悔しているはず」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ダニエル・リカルドがレッドブルからルノーに移籍するという決断を後悔しているのではないかと考えている。

レッドブルでの印象的な5シーズンの後、2年契約でルノーに移籍したダニエル・リカルドだが、初年度はチームとしてもリカルドとしても厳しいシーズンとなっている。ルノーは現在コンストラクターズ選手権で5位におり、カスタマーチームのマクラーレンの後塵を拝している。

マーク・ウェバー 「ベッテルはF1キャリアの岐路に立っている」

2019年6月6日
F1 セバスチャン・ベッテル
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、レッドブル時代のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルがF1キャリアの「岐路に立っている」と語る。

昨年からミスを指摘されていたセバスチャン・ベッテルは、期待の新星シャルル・ルクレールのフェラーリ加入によって、イタリアメディアとファンからのプレッシャーがさらに高まっており、F1引退の噂さえ浮上している。

マーク・ウェバー 「ルノーの現状のパフォーマンスは“有口無行”」

2019年5月3日
F1 ルノーF1
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ルノーが2019年シーズンについて語っていたことが口先だけで中身が伴っておらず、鈍いスタートによってすでに“大きなプレッシャー”にさらされていると語る。

ルノーの両ドライバーは、F1アゼルバイジャンGPでフィールド後方でパフォーマンスを上げることができず、同じルノーのF1エンジンを搭載するマクラーレンからかなりの遅れをとった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム