マーク・ウェバー 「オスカー・ピアストリの2022年の計画は頭痛の種」

2021年9月21日
元F1ドライバーのマーク・ウェバー 「オスカー・ピアストリの2022年の計画は頭痛の種」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、彼のクライアントであるオスカー・ピアストリの将来はかなり不確実であり、計画をまとめるのは“頭痛の種”だと認める。

昨年のFIA-F3チャンピオンであるオスカー・ピアストリ(20歳)は、最も急成長しているジュニアレーサーの1人であり、現在、FIA-F2選手権をリードしている。

ウェバー、今後もフェルスタッペン/ハミルトンの“ガチンコバトル”に期待

2021年7月29日
F1:マーク・ウェバー、今後もフェルスタッペン/ハミルトンの“ガチンコバトル”に期待
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、激化するマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとの“ガチンコバトル”が継続することを望んでいる。

オープニングラップでのマックス・フェルスタッペンがクラッシュを喫したルイス・ハミルトンの接触についての議論は継続している。レースを続行したハミルトンは優勝し、入院先の病院でその祝勝を目にしたフェルスタッペンは“無礼”だと批判。

マーク・ウェバー、2004年F1モナコGPの“ダイヤモンド紛失”騒動を暴露

2021年5月19日
マーク・ウェバー、2004年F1モナコGPの“ダイヤモンド紛失”騒動を暴露
元F1ドライバーのマーク・ウェバーが、2004年のF1モナコGPでの“ダイヤモンド紛失”騒動について語った。

2004年、現在のレッドブルの母体となったジャガーは、その年の12月に公開予定のハリウッド映画『オーシャンズ12』をチームをあげてプロモーションした。

マーク・ウェバーとクリスチャン・クリエンが駆るジャガー R5は、映画にちなんだカラーリングに『オーシャンズ12』のタイトルロゴが描かれた。

マーク・ウェバー 「苦しむベッテルを見て喜んでいると勘違されている」

2021年4月28日
元F1ドライバーのマーク・ウェバー 「苦しむベッテルを見て喜んでいると勘違されている」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、レッドブル・レーシング時代の時間を緊張した関係によって、人々は、現在、苦しんでいるセバスチャン・ベッテルを見て自分が楽しんでいると勘違いしていると語る。

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1での最後の数年で徐々に評価を落とし、チームは新型コロナウイルスによって2020年のF1世界選手権が開幕が延期されていた期間にも関わらず、2021年の計画から4度のF1ワールドチャンピオンを除外した。

「フェルナンド・アロンソはF1キャリア初期ほど速くて勇敢ではない」

2021年4月27日
「フェルナンド・アロンソはF1キャリア初期ほど速くて勇敢ではない」と元F1ドライバーのマーク・ウェバー
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、F1キャリア初期の頃ほど“速く”“勇敢”ではなくなったかもしれないと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2年のブランクを経て、今年アルピーヌからF1復帰。だが、友人であるマーク・ウェバーは、39歳でのF1復帰を心配していると語っていた。

「セルジオ・ペレスは“タイヤの魔術師”」と元F1ドライバーのマーク・ウェバー

2021年4月6日
「セルジオ・ペレスは“タイヤの魔術師”」と元F1ドライバーのマーク・ウェバーがレッドブルF1での成功を確信
元レッドブルF1のドライバーであるマーク・ウェバーは、セルジオ・ペレスのレッドブル・ホンダでの主な役割をサポートすることだが、それでも“多くのポイント”を獲得することができると確信していると語る。

セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1とのデビュー戦となったF1バーレーンGPで強力なパフォーマンスを見せ、ピットレーンスタートから5位入賞を果たした。

マーク・ウェバー 「アロンソはアルピーヌF1でも摩擦を生む可能性がある」

2021年4月4日
マーク・ウェバー 「アロンソはアルピーヌF1でも摩擦を生む可能性がある」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、フェルナンド・アロンソを起用するというアルピーヌF1の決定に疑問を呈しており、アロンソが再びチームに摩擦を生じさせる可能性があると警告する。

フェルナンド・アロンソは、過去に所属チームと多くの問題を抱えていたことで有名なドライバー。特にマクラーレン・ホンダでは、低速で信頼性もなかったホンダのF1エンジンを酷評。F1日本GPで『GP2エンジンだ!』と不満をぶちまけた無線は今でもファンの記憶に刻まれている。

「フェルスタッペンはまだハミルトンのレベルには及ぼない」

2020年12月22日
「フェルスタッペンはまだハミルトンのレベルには及ぼない」と元F1ドライバーのマーク・ウェバー
元レッドブルのドライバーであるマーク・ウェバーは、マックス・フェルスタッペンの才能を認めつつも、まだ7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンには及ぼないと考えている。

2020年のF1世界選手権は、マックス・フェルスタッペンにとってF1での6シーズン目となったが、2019年と同様にメルセデスF1のルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスに次ぐランキング3位でシーズンを終えることになった。

マーク・ウェバー、ロマン・グロージャンの戦い方を痛烈批判「素人同然」

2020年8月6日
マーク・ウェバー、ロマン・グロージャンの戦い方を痛烈批判「素人同然」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、F1イギリスGPでのロマン・グロージャンの走りを痛烈批判。ライバルたちはグロージャンの走りを“信頼できない”“非常に危険”と批判しており、ウェバーも「レースの仕方を知らない」と厳しい言葉を投げかけた。

F1イギリスGPで、ロマン・グロージャンは、2回目のセーフティカーで他の全員がピットインするなか、唯一ミディアムタイヤでステイアウトすることを決断。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム