カルロス・サインツJr. 「クラッシュを恐れずプッシュできるようになった」

2022年6月23日
フェラーリF1のカルロス・サインツJr. 「クラッシュを恐れずプッシュできるようなった」
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1カナダグランプリでフェラーリF1-75をより快適に感じたとし、「車を失うことを恐れずにプッシュすることができた」と語った。

カルロス・サインツJr.は、序盤のレースで、スクーデリア・フェラーリが新しいF1レギュレーションに沿って生み出した新世代F1マシンを最大限に活用するのが難しいと感じ、チームメイトのシャルル・ルクレールと比較して苦労していた。

フェラーリF1代表 「カルロス・サインツJr.はまもなく初勝利を掴む」

2022年6月21日
フェラーリF1代表 「カルロス・サインツJr.はまもなく初勝利を掴む」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、カルロス・サインツJr.がF1レースウィナーになるのは時間の問題だと確信しており、“まもなく”F1初勝利を手にするだろうと語る。

シーズン序盤はクラッシュが多発していたカルロス・サインツJr.だが、過去5戦では3つの表彰台を含めて4戦でポイントを獲得している。先週末のカナダGPでは、レース終盤のセーフティカーの後、マックス・フェルスタッペンに猛攻を仕掛けたが、F1初勝利に0.993秒届かなかった。

カルロス・サインツJr. 初勝利は逃すも「僕がコース上で最速の男だった」

2022年6月20日
カルロス・サインツJr. 初勝利は逃すも「僕がコース上で最速の男だった」 / スクーデリア・フェラーリ F1カナダGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を2位で終えた。

レース終盤のセーフティカー期間中のピットストップでチャンピオンシップリーダーであるマックス・フェルスタッペンの後ろに順位を落とすまで、カルロス・サインツJr.はレースを一時的にリードした。レース再開後、サインツはフェルスタッペンにプレッシャーをかけ、6周フレッシュなハードタイヤで印象的なペースを見せたが、オーバーテイクは叶わず、0.993秒差の2位でチェッカーを受けた。

カルロス・サインツJr. 今季F1タイトル争いに白旗「アプローチを変える」

2022年6月16日
カルロス・サインツJr. 今季F1タイトル争いに白旗「アプローチを変える」
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.は、2022年のF1ワールドチャンピオンを獲得は諦めたことを認めている。

レッドブルとフェラーリの上位2チームのうち、今年これまでのところ、またはF1キャリアでグランプリを獲得していないのはカルロス・サインツJr.だけだ。

カルロス・サインツJr.は、それは決して意志が足りないわけではないMarcaに語った。

カルロス・サインツJr. 「僕の車でポーパシングが特に酷く出ている」

2022年6月11日
カルロス・サインツJr. 「僕の車でポーパシングが特に酷く出ている」 / スクーデリア・フェラーリ F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの金曜フリー走行を5番手で終えた。

フリー走行1回目を4番手で終えたカルロス・サインツJr.は、フリー走行2回目にはフェルナンド・アロンソに上回られて5番手で終了。だが、それはフライングラップを中止しなければならなかったためであり、チームはFP1とFP2の間でゲインをもたらし、車ははるかに快適に感じられたと語る。

カルロス・サインツJr. 「F1初勝利には0.1~0.2秒を見つける必要がある」

2022年6月7日
カルロス・サインツJr. 「F1初勝利には0.1~0.2秒を見つける必要がある」
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるカルロス・サインツJr.は、2022年にF1初勝利を挙げるためにはさらに0.1~0.2秒を見つける必要があると考えている。

カルロス・サインツJr.は。これまで147回のグランプリレースをスタートしたが、2020年8月以来、先週のモナコグランプリでの2位を含め4回の2位表彰台を獲得しているにも関わらず、まだ優勝トロフィーを獲得していない。

カルロス・サインツJr. ほろ苦い2位表彰台「レースでの勝利はそこにあった」

2022年5月30日
カルロス・サインツJr. ほろ苦い2位表彰台「レースでの勝利はそこにあった」 / スクーデリア・フェラーリ F1モナコGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)にとって、モナコグランプリでの2位は今シーズン4回目であり、キャリアでは10回目となったが、ウェットコンディションでの素晴らしいドライブは、F1初勝利にあと一歩届かなかった。

レース序盤、カルロス・サインツJr.は、チームメイトのシャルル・ルクレールに次ぐ2番手を快適に走り、インターミディエイトタイヤを交換するピットインするというチームのリクエストを却下、代わりにトラックがスリックタイヤで十分に乾くまでステイアウトすることを望んだ。

クラッシュのペレス 「カルロスや残りのドライバーに申し訳なく思う」

2022年5月29日
クラッシュのペレス 「カルロスや残りのドライバーに申し訳なく思う」 / F1モナコGP 予選 2022年
F1モナコGPの予選は、カルロス・サインツJr.がセルジオ・ペレスに衝突し、赤旗のまま終了という劇的かつ予想外の形で優勝。母国のヒーローであるシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得した。

予選最後のランで、セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)はポリティエでスピンを喫して、バリアにクラッシュ。丘を駆け上がってきたカルロス・サインツJr.は、イエローフラッグを目にするも止まることができず、停止していたセルジオ・ペレスの車にぶつかった。

ルクレール&サインツ、映画『バズ・ライトイヤー』で声優に初挑戦

2022年5月26日
フェラーリF1のルクレール&サインツ、映画『バズ・ライトイヤー』で声優に初挑戦
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.は、今年公開のディズニー・ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』で声優を務めることになった。

現時点では、シャルル・ルクレールがイタリア語版、カルロス・サインツがスペイン語版の吹き替えに関与することを除いて、彼らがどのキャラクターの声を担当するかは明らかになっていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム