カルロス・サインツJr. 「日本のファンの礼儀正しさと服装は対照的」

2022年10月6日
カルロス・サインツJr. 「日本のファンの礼儀正しさと服装は対照的」 / F1日本GP
フェラーリF1のカルロス・サインツが、2022年F1日本GPについての意気込み、鈴鹿サーキット、そして、日本のファンについて語った。

「どれも本当に素晴らしくて、とても要求が厳しいので、選ぶのは難しすぎる。モーターレースを素晴らしいものにするタイプの“オールドスクール”なトラックだ。理論上では、この新世代の車は鈴鹿で運転するのが本当に楽しいように見える」とカルロス・サインツはコメント。

カルロス・サインツJr. 初日最速も「ベストを出せてないドライバーがいた」

2022年10月1日
カルロス・サインツJr. 初日最速も「ベストを出せてないドライバーがいた」
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1シンガポールGPの金曜フリー走行でトップタイムをマークした。

カルロス・サインツJr.は、チームメイトのルクレールよりわずかにクリーンな走りで ​​FP2 のトップタイムを記録したが、ライバルのレッドブルとメルセデスのセッションが妥協していることを指摘し、予選は3チーム間の激しい戦いになることを予想している。

カルロス・サインツ、F1シンガポールGPにむけて過酷なトレーニング

2022年9月25日
カルロス・サインツ、F1シンガポールGPにむけて過酷なトレーニング
フェラーリF1のカルロス・サインツJr.が、F1シンガポールGPにむけた過酷なトレーニングを公開した。

今月末に開催されるF1シンガポールGPは、高い気温に加えて、湿度も高く、低速コーナーが連続するストリートサーキットでのレースは、精神的にも肉体的にもシーズンで最も過酷なレースのひとつとなる。

カルロス・サインツ 「ティフォシの前で表彰台に上がりたかった」

2022年9月12日
カルロス・サインツ 「ティフォシの前で表彰台に上がりたかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1イタリアGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1イタリアGPの決勝を4位でフィニッシュした。

セーフティカーのせいで最悪の結果になったのはカルロス・サインツJr.だった。18番グリッドから約20回のオーバーテイクを行った後、ソフトタイヤを装着したばかりで、ハードタイヤで走行していた3位のジョージ・ラッセルに迫っていた。

カルロス・サインツ 「マシンの競争力を考えれば後方スタートはつらい」

2022年9月11日
カルロス・サインツ 「マシンの競争力を考えれば後方スタートはつらい」 / フェラーリ F1イタリアGP 予選
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1イタリアGPの予選で3番手タイムをマーク。決勝ではパワーユニット交換によるBack-of-gridペナルティで19番グリッドのスタートとなる。

「嘘をつくつもりはない。明日は後ろからスタートするのはつらい。特に今週末はこのクルマがどれだけ競争力があるかを考えればね」とカルロス・サインツJr.は予選セッション後に語った。

カルロス・サインツ 「思っていたよりもレッドブルに接近している」

2022年9月10日
カルロス・サインツ 「思っていたよりもレッドブルに接近している」 / フェラーリ F1イタリアGP 金曜フリー走行
カルロス・サインツJr.は、F1イタリアGPの金曜日の両方のプラクティスでスクーデリア・フェラーリがタイムシートのトップに立つ力強い週末のスタートを切ったことに驚いていると語る。

チームメイトのシャルル・ルクレールがFP1でリードした後、カルロス・サインツJr.はFP2でレッドブルのマックス・フェルスタッペンを上回り、イベント前の予想に反して、フェラーリがタイムシートのトップに躍り出た。

カルロス・サインツ 「レッドブルは別次元。すべてにおいて優れていた」

2022年8月29日
カルロス・サインツ 「レッドブルは別次元。すべてにおいて優れていた」 / スクーデリア・フェラーリ F1ベルギーGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1ベルギーグランプリで3位表彰台を獲得。レッドブルと競争するために全力を尽くしたが、チームは2週間後のモンツァでのホームレースに向かう前に、ローダウンフォースのペースを改善する必要があると語った。

マックス・フェルスタッペンがグリッドペナルティで降格したことで、ポールポジションからスタートしたカルロス・サインツJr.は、ベルギーグランプリの早い段階でレースをリードしていた。

カルロス・サインツJr. 「シャルルとの完璧なチームワークで掴んだポール」

2022年8月28日
カルロス・サインツJr. 「シャルルとの完璧なチームワークで掴んだポール」 / F1ベルギーGP予選
カルロス・サインツJr.は、2022年F1ベルギーGPの予選で2番手タイムをマーク。決勝ではポールポジションからスタートを切る。

スクーデリア・フェラーリは、グリッド降格が決定しているシャルル・ルクレールにカルロス・サインツJr.を引っ張らせた。だが、サインツJr.は、マックス・フェルスタッペンの圧倒的なオープニングラップに全く歯が立たず、タイムシートのトップを譲った。それでも、決勝ではグリッド最前列から決勝をスタートする。

フェラーリF1首脳 “カルロス・サインツJr. チームリーダー待望論”を軽視

2022年8月18日
フェラーリF1首脳 “カルロス・サインツJr. チームリーダー待望論”を軽視
スクーデリア・フェラーリのF1レースディレクターであるローラン・メキースは、カルロス・サインツJr.の最近の好調なパフォーマンスは正しい方向に向かっていることを意味するが、だからといって、サインツをチームリーダーにすることはできないと語る。

F1イギリスGPでのF1初優勝以来、カルロス・サインツJr.はチームメイトのシャルル・ルクレールと同じ数のポイントを獲得している。だが、F1オーストリアGPでのエンジン故障によって2度目の優勝の可能性を奪われることがなければ、過去4レースでルクレールを上回っていたはずだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム