レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」

2022年1月10日
レッドブルF1首脳 「ルクレールの神秘性はサインツによって暴かれた」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、フェラーリF1に加入した元教え子のカルロス・サインツが、シャルル・ルクレールをめぐる神秘性を“暴いた”と考えている。

レッドブルのドライバー育成プログラムの責任者としてレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのドライバーを管理するヘルムート・マルコは、当然のことながら、ライバルチームのF1ドライバーについても評価している。

ランド・ノリス 「カルロス・サインツの影から抜け出す必要があった」

2022年1月9日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「カルロス・サインツの影から抜け出す必要があった」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年が以前のチームメイトであるカルロス・サインツが自分を覆った“影”から抜け出さなければならないシーズンだったと認める。

ランド・ノリスは、F1キャリアの最初の2シーズンでマクラーレンF1でカルロス・サインツとチームメイトであり、マクラーレンがコンストラクターズチャンピオンシップで3位を獲得した2022年に友好的な関係はピークを迎えた。

カルロス・サインツ 「同じマシンならハミルトン/フェルスタッペンと戦える」

2021年12月27日
F1:カルロス・サインツ 「同じマシンならハミルトン/フェルスタッペンと戦える」
フェラーリF1のカルロス・サインツは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェフスタッペンがF1のすべてのライバルよりも抜きんで入ているとの見方に反対する。

2021年のF1世界選手権は、2人のタイトル争いの主人公は、同じマシンに乗るそれぞれのチームメイトを含めて、他の18人のドライバーとは異なるリーグにいるように見えた。

フェラーリF1、カルロス・サインツとの契約を2024年まで延長?

2021年12月22日
フェラーリF1、カルロス・サインツとの契約を2024年まで延長? サンタンデール銀行との新スポンサー契約に関連
カルロス・サインツは、フェラーリF1との既存の契約をさらに2シーズン延長し、2024年までチームに残ることになると噂されている

長年のスポンサーであるフィリップモリスとの関係が疑問視されているなか、フェラーリF1は火曜日にかつてのメジャースポンサーであるサンタンデール銀行と複数年契約を結んだことを発表した。

フェラーリF1、カルロス・サインツとの2023以降の契約延長を示唆

2021年12月16日
フェラーリF1、カルロス・サインツとの2023以降の契約延長を示唆
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、今シーズンのオフ期間にカルロス・サインツとの契約を2023年以降まで更新する方向で検討すると認める。

最終戦F1アブダビGPでは、タイトルを争うマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンに完全に隠れてしまったが、表彰台の最後のスポットにはカルロス・サインツが立った。

カルロス・サインツ 「マックスがF1タイトルを獲れるなら自分も狙える」

2021年12月14日
カルロス・サインツ 「マックスがF1タイトルを獲れるなら自分も狙える」
カルロス・サインツは、元チームメイトであるマックス・フェルスタッペンがF1タイトルを獲得したことが、自分の見通しに希望を与えたと認める。

カルロス・サインツは、2015年にトロロッソでマックス・フェルスタッペンとともにF1デビューを飾り、同じマシンでレースをしていた。翌年、フェルスタッペンはレッドブル・レーシングに昇格し、最初のレースで優勝した。

カルロス・サインツ、3位表彰台 「学んだすべてをまとめることができた」

2021年12月13日
フェラーリF1のカルロス・サインツ、3位表彰台 「学んだすべてをまとめることができた」 F1アブダビGP 決勝
フェラーリF1のカルロス・サインツは、タイトルを争う2人にスポットライトが当てられたF1アブダビGPで3位表彰台を獲得。フェラーリF1移籍初年度にチームメイトのシャルル・ルクレールを上回るランキング5位でシーズンを終えた。

他の移籍組と同様に序盤はマシンの対応に苦労したが、4回の表彰台を獲得。ランキング7位のチームメイトのシャルル・ルクレールよりも5.5ポイント多く獲得し、ルクレールのセカンドドライバーとしての契約ではないことを自らの力で証明し、フェラーリでの1年間の学習を完璧に締めくくった。

フェルスタッペン、ボッタス、サインツが受ける可能性のペナルティは?

2021年11月21日
F1カタールGP:フェルスタッペン、ボッタス、サインツが受ける可能性のペナルティは?
F1カタールGPの予選後、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、カルロス・サインツ(フェラーリ)がイエローフラッグを尊重しなかった可能性があるとしてスチュワードに召喚された。

F1カタールGPの予選Q3の終了間際にピエール・ガスリー(アルファタウリ)が縁石でフロントウイングを壊し、タイヤがバースト。スロー走行した後、コース上にストップした。

カルロス・サインツ、ロサイル・サーキットの速さは「みんなを驚かせた」

2021年11月20日
カルロス・サインツ、ロサイル・サーキットの速さは「みんなを驚かせた」 フェラーリ F1カタールGP 金曜フリー走行
フェラーリF1のドライバーであるカルロス・サインツとシャルル・ルクレールは、二人ともカタールの挑戦を楽しんでおり、サインツはロサイル・インターナショナル・サーキットのスピードの速さは「みんなを驚かせた」と語った。

F1ドライバーの大多数が、ロサイル・インターナショナル・サーキットをドライブを絶賛しており、特に高速レイアウトのチャレンジングな特性を楽しいと口にしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム