【動画】 カルロス・サインツのオーバーテイクショー / F1ブラジルGP

2019年11月19日
【動画】 カルロス・サインツのオーバーテイクショー / F1ブラジルGP
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1ブラジルGPで最後尾からオーバーテイクショーを披露し、F1初表彰台となる3位を手にした。

予選でエンジントラブルに見舞われてタイムを記録できなかったカルロス・サインツは、最後尾からレースをスタート。だが、そこからオーバーテイクを連発して4位でレースをフィニッシュ。

カルロス・サインツ、F1初表彰台 「マクラーレンにとっても特別な日」

2019年11月18日
カルロス・サインツ、F1初表彰台 「マクラーレンにとっても特別な日」 / F1ブラジルGP
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1ブラジルGPでキャリア101戦目にして待望の3位表彰台を獲得。マクラーレンにとっても2014年の開幕戦以来の表彰台となった。

4位でチェッカーを受けたカルロス・サインツだったが、ルイス・ハミルトンが終了間際のアレクサンダー・アルボンとの接触に5秒ペナルティを科せられて降格となったため、3位に昇格することとなった。

カルロス・サインツ、予選での問題はイグニッション配線 / F1ブラジルGP

2019年11月17日
カルロス・サインツ、予選での問題はイグニッション配線 / F1ブラジルGP
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1ブラジルGPの予選でイグニッション配線の問題によってパワーを失ってタイムを記録することができず、決勝を最後尾グリッドからスタートする。

カルロス・サインツは、予選Q1の序盤に減速してピットに戻り、ガレージで作業を続けたもののセッション終了までに間に合わず、タップタイムを記録できないままで終了。最後尾からスタートすることになった。

レッドブルF1 「カルロス・サインツの放出に後悔はない」

2019年11月16日
レッドブルF1 「カルロス・サインツの放出に後悔はない」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ジュニアドライバーとして育てたカルロス・サインツを放出したことを後悔はしていないとし、彼にF1で戦うチャンスを与えられたことを誇りに思うと語った。

今年、レッドブルはマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてピエール・ガスリーを起用。カルロス・サインツはレッドブルを離れてマクラーレンに完全移籍した。

マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」

2019年11月8日
マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ドライバーズ選手権では差がついているものの、カルロス・サインツとランド・ノリスのパフォーマンス差は非常に拮抗していると語る。

残り2レースで、カルロス・サインツはランド・ノリスのほぼ倍のポイントを獲得しているが、アンドレアス・ザイドルは2020年もマクラーレンで走る2人ドライバーのパフォーマンスは非常に近いものだと語る。

カルロス・サインツ、F1アメリカGPで“100戦目”仕様の特別ヘルメット

2019年11月2日
カルロス・サインツ、F1アメリカGPで“100戦目”仕様の特別ヘルメット
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1アメリカGPにむけて自身の“F1参戦100戦目”を記念したスペシャルヘルメットを用意した。

2015年にトロロッソでF1デビューを果たしたカルロス・サインツは、今週末のF1アメリカGPで当時チームメイトで現在レッドブル・ホンダのドライバーとともにF1参戦100戦目を迎える。

カルロス・サインツ 「ドライバーズ選手権6位はモチベーションになる」

2019年10月24日
カルロス・サインツ 「ドライバーズ選手権6位はモチベーションになる」
マクラーレンのカルロス・サインツは、ドライバーズ選手権6位はモチベーションになっており、今週末のF1メキシコGPでも多くのポイント獲得を目指していると語る。

「鈴鹿で再び好調な週末を終えて、ドライバーズチャンピオンシップで6位に躍り出たことは励みになっているし、シーズン終了までプッシュし続けるというモチベーションになっている」とカルロス・サインツはコメント。

カルロス・サインツ「フェルスタッペンを僕をより良いドライバーにした」

2019年10月21日
カルロス・サインツ「フェルスタッペンを僕をより良いドライバーにした」
マクラーレンのカルロス・サインツは、マックス・フェルウsタッペンが自分を“より良いドライバー”にしたと振り返る。

カルロス・サインツは、2015年にトロロッソでマックス・フェルスタッペンとともにF1キャリアをスタート。二人はしばしばコース上でバトルを展開していた。

カルロス・サインツ 「レッドブルはコース上で僕たちを抜けなかった」

2019年10月19日
カルロス・サインツ 「レッドブルはコース上で僕たちを抜けなかった」
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1日本GPの決勝レースでレッドブル・ホンダがマクラーレンをアンダーカットでしか抜けなかったことがレースペースの良さを示していると語る。

今シーズン、マクラーレンは際立った速さを見せており、快適に“ベスト・オブ・ザ・レスト”の地位を維持している。カルロス・サインツはファンと評論家に感銘を与えており、しばしなレッドブル・ホンダ勢と5位や6位を争っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム