カルロス・サインツ、フェラーリF1のプライベートテストで119周

2023年1月26日
カルロス・サインツ、フェラーリF1のプライベートテストで119周
カルロス・サインツは、スクーデリア・フェラーリ恒例の“ウェイクアップ”テストで2020年型のSF21で119周を走り込んだ。

フェラーリは、毎年1月にフィオラノでプライベートテストを実施するのが恒例となっており、1月24日(火)にロバート・シュワルツマンが3日間のテストをスタートさせた。

カルロス・サインツ 「2023年はレッドブルF1を倒す現実的なチャンス」

2023年1月12日
カルロス・サインツ 「2023年はレッドブルF1を倒す現実的なチャンス」
カルロス・サインツは、10年以上ぶりのF1タイトル獲得を目指しているスクーデリア・フェラーリが、2023年の勢力図でレッドブル・レーシングを追い抜く現実的なチャンスがあると考えている。

昨年、フェラーリは、シーズン開幕戦でワンツーフィニッシュという素晴らしいスタイルでスタートを切り、カルロス・サインツのチームメイトであるシャルル・ルクレールが最初の3レースで2勝を挙げた。

F1ドライバーのカルロス・サインツ、ダカールラリーでの行動が調査対象

2023年1月9日
F1ドライバーのカルロス・サインツ、ダカールラリーでの行動が調査対象
F1ドライバーのカルロス・サインツは、ダカールラリー2023で競技中の父親であるカルロス・サインツSr.を支援しているのが見られた後、FIAスチュワードによって調査された。

カルロス・サインツ Sr,はダカールラリーで4回優勝しており、2023年は17回目の出場となる。ステージ3で、彼はアウディ RS Q E-Tron E2 のサスペンションを修理するために停止しなければならなかった。

カルロス・サインツ 「ルクレールとバスールの関係はフェラーリF1に有益」

2023年1月3日
カルロス・サインツ 「ルクレールとバスールの関係はフェラーリF1に有益」
カルロス・サインツは、シャルル・ルクレールとフェラーリF1の新しいチーム代表であるフレッド・バスールとの長年にわたる友情が彼を不利な立場に置くことはないとし、フェラーリF1にとって「有益」であることが証明されると考えている。

11月末に辞表を提出したマッティア・ビノットの後任として、ザウバー/アルファロメオの元F1チーム代表であるバスールが2023年からスクーデリア・フェラーリの指揮を執る。

カルロス・サインツ 「バスールはフェラーリF1代表として成功する」

2022年12月16日
カルロス・サインツ 「バスールはフェラーリF1代表として成功する」
カルロス・サインツは、フレデリック・バスールがフェラーリのF1チーム代表として成功すると確信していると語る。

F1チーム代表が大シャッフルされた1日。マッティア・ビノットの後任としてフレデリック・バスールがフェラーリのF1チーム代表に就任し、マクラーレンF1のチーム代表を務めていたアンドレアス・ザイドルがザウバーにCEOとして加入。ウィリアムズF1も同日にチーム代表の辞任が発表された。

カルロス・サインツ 「フェラーリ F1-75は僕の方向性に開発されなかった」

2022年11月30日
カルロス・サインツ 「フェラーリ F1-75は僕の方向性に開発されなかった」
カルロス・サインツは、フェラーリ F1-75がたどった開発経路のおかげで、夏に彼の結果が改善されたという提案を一蹴した。

シャルル・ルクレールは、2022 年の最初の3レースのうち2レースで優勝し、シーズンのファーストレグで一貫してチームメイトを上回っていた。

カルロス・サインツ「必要ならばシャルル・ルクレールをサポートする」

2022年11月20日
カルロス・サインツ「必要ならばシャルル・ルクレールをサポートする」 フェラーリ F1 アブダビGP
カルロス・サインツは、フェラーリがドライバーズランキング2位を争っているシャルル・ルクレールにトラックボジションを明け渡す求めた場合、そのチームオーダーに従うつもりだと語る。

スクーデリア・フェラーリは、F1アブダビGPの決勝で、コンストラクターズチャンピオンシップとドライバーズチャンピオンシップの2つの戦いのバランスを取る必要がある。

カルロス・サインツ、フェルスタッペンと接触も「行く必要があった」

2022年11月13日
カルロス・サインツ、フェルスタッペンと接触も「行く必要があった」 / F1ブラジルGP スプリント
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1ブラジルGPのスプリントで2位のためにマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を抜いたときは「限界に達していた」が、そこで行く必要があったと考えている。

マックス・フェルスタッペンがミディアムタイヤのパフォーマンスに苦しんでいたことで、カルロス・サインツは19周目にSenna Essesのブレーキングで追い抜くチャンスを掴んだ。

カルロス・サインツ、6基目のエンジン投入で5グリッド降格 / F1ブラジルGP

2022年11月12日
カルロス・サインツ、6基目のエンジン投入で5グリッド降格 / F1ブラジルGP
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、6基目の新しい内燃エンジン(ICE)を搭載し、2022年F1ブラジルGPで5グリッド降格が決定した。

F1ブラジルGPはシーズン 3 回目で最後のスプリント ウィークエンドであり、カルロス・サインツの 5 グリッド降格は、土曜日の午後の 100 km スプリントではなく、日曜日の決勝に適用される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム