アウディF1 燃料サプライヤーのbpと戦略的パートナーシップを締結

2024年7月15日
アウディF1 燃料サプライヤーのbpと戦略的パートナーシップを締結
アウディF1は、国際エネルギー企業bpと独占スポンサーシップと技術提携と結び、ファクトリーチームの最初の公式パートナーとなったことを発表した。

bpは、2026年にアウディがF1に参戦するためにFIA指定の先進的持続可能燃料を開発する。また、bpの潤滑油専門事業であるカストロールは、アウディのV6ターボエンジン用潤滑油と、電気モーターおよびバッテリー用のEVフルードを開発する。

アウディF1/ザウバー ザイドルCEOとホフマン総代表の間で内部抗争

2024年7月14日
アウディF1/ザウバー ザイドルCEOとホフマン総代表の間で内部抗争
アウディF1チーム内で、CEOのアンドレアス・ザイドルと総代表のオリバー・ホフマンの間でトラブルが起こっているという。

オリバー・ホフマンは、アウディのCEOであるゲルノット・ドルナーによって事実上、同ブランドの取締役会から追放され、F1事業部に異動させられた。3月にホフマンをF1事業に起用するという決定により、経営陣に新たなレベルが加わったが、外から見ると、この人事はザイドルの職務と対立するように見える。

アウディF1 元メルセデスの人材をプログラムディレクターとして起用

2024年7月13日
アウディF1 元メルセデスの人材をプログラムディレクターとして起用
ザウバーF1チームは、新しいパワーユニット規制が導入される2026年にアウディが参入する前に、シュテファン・シュトレーンズとプログラムディレクターとして契約したことを発表した。

ステファン・シュトレーンズは、13年間勤務したメルセデスからヒンウィルを拠点とするチームに移籍する。正式な入社日は今年10月1日と決定しており、ザウバーグループのCEOであるアンドレアス・ザイドルに直属する。

アウディ 2026年F1パワーユニットがテストベンチでレース距離を走破

2024年6月28日
アウディ 2026年F1パワーユニットがテストベンチでレース距離を走破
アウディは、2026年開発型パワーユニットをF1ファクトリーでフルグランプリの複数レース距離にわたってすでに走行させたと述べている。

アウディは、2026年にグリッドに加わることで、F1の6番目のパワーユニットメーカーとなる。このドイツブランドは、現在タイトルスポンサーであるステークの名前で参戦しているザウバーF1チームの過半数株式を取得。同チームは2026年にアウディのファクトリーチームとなる。

リアム・ローソン アウディF1加入が可能性の低いF1残留の望み?

2024年6月26日
リアム・ローソン アウディF1加入が可能性の低いF1残留の望み?
リアム・ローソンがザウバー/アウディのF1シートに外部候補として浮上したが、それはヒンウィルチームが現在の候補リストに載っている他のドライバーを失い、レッドブルが2025年にニュージーランド人ドライバーを必要としない場合に限られる。

ドライバー市場では、今後数日間にいくつかの重要な動きが展開される見通しだ。「ボトルネック」のカルロス・サインツJr.が自身の将来について決断を下す予定となっている。

カルロス・サインツJr. 2025年のF1チーム選択は「もうすぐ」発表

2024年6月19日
カルロス・サインツJr. 2025年のF1チーム選択は「もうすぐ」発表
フェラーリを退団するカルロス・サインツJr.は、自身のF1における将来について、まもなく明らかになるだろう。サインツは2025年のF1チーム選択を「もうすぐ」発表すると語っている。

レッドブルがセルジオ・ペレスとの契約を2026年末まで延長することを決定したため、カルロス・サインツJr.はレッドブル・レーシングの選択肢から外れた。

アウディF1 最大の懸念はBMWザウバー時代にも失敗した「スイス拠点」

2024年6月19日
アウディF1 最大の懸念はBMWザウバー時代にも失敗した「スイス拠点」
アウディのF1プロジェクトの野望について、ラルフ・シューマッハは懸念を抱いている。

フォルクスワーゲンが所有するこの自動車メーカーは、スイスに拠点を置くザウバーを100%買収し、2026年から完全ワークス体制のアウデF1ィチームとして再出発する。

アウディはF1で「トヨタと同じような課題に直面する」とティモ・グロック

2024年6月17日
アウディはF1で「トヨタと同じような課題に直面する」とティモ・グロック
2026年にアウディがF1に参戦すれば、トヨタがF1参戦時に進歩を阻まれたのと同じような課題に直面する可能性がある。ティモ・グロックはアウディの参戦を歓迎しているが、トヨタF1チームのような結果を残さないためには、チームが克服すべきいくつかの課題があると指摘している。

アウディは、ザウバーF1チームの完全買収を決定し、2026年の参戦に向けてF1準備を本格化させている。

周冠宇 アルピーヌF1チーム復帰を除外せず「良い関係を築いてきた」

2024年6月15日
周冠宇 アルピーヌF1チーム復帰を除外せず「良い関係を築いてきた」
周冠宇は、ジュニアドライバーとしてチーム・エンストンに所属していた経験があり、2025年シーズンにアルピーヌF1チームに復帰する可能性を否定していない。

周冠宇は、フェラーリのジュニアチームに所属した後、2回目のフォーミュラ2参戦に向けてルノーに移籍し、2022年にアルファロメオに加入して最終的にF1に昇格した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム