FIA、レッドブル・フォードとホンダを含む2026年F1登録メーカー6社を発表

2023年2月4日
FIA、レッドブル・フォードとホンダを含む2026年F1登録メーカー6社を発表
FIA(国際自動車連盟)は、レッドブルとフォードとのパートナーシップ発表を受けて、2026年にF1に参戦を予定しているメーカーを発表した。

発表されたのは、アルピーヌ・レーシング、アウディ、フェラーリS.p.A、ホンダ・レーシング、メルセデスAMGハイパフォーマンス・パワートレインズLtd、レッドブル・フォードの6社となる。

2026年にF1参戦開始のアウディ、すでにメルセデスを強烈にライバル視

2023年2月1日
2026年にF1参戦開始のアウディ、すでにメルセデスを強烈にライバル視
今週初め、アウディがザウバー・グループの少数株式を確保し、2026年のF1参戦開始に向けた第一歩を踏み出したことが正式に発表された。10月にザウバーF1チームとの提携が発表され、2026年からのF1参戦が決定していたため、これは予想されていたことではあった。F1参戦に向けて正式な第一歩を踏み出したアウディだが、メルセデスはどのような反応を見せるのだろうか。アウディの最大のライバルがついにプレッシャーを感じるのか?

アウディF1責任者 「参戦1年目と2年目は厳しい戦いになるだろう」

2023年1月31日
アウディF1責任者 「参戦1年目と2年目は厳しい戦いになるだろう」
アウディのF1ボスは、フォルクスワーゲン所有の自動車メーカーが取り組む最初の2年は「厳しい」ものになると警告した。

スイスを拠点とするザウバーF1チームは、今年がアルファロメオの名前で戦う最後のシーズンになることが決まっており、2023年はアンドレアス・ザイドルを新しいCEOと新しいタイトルスポンサーのステークを迎えての参戦となる。

アウディ、ザウバーF1チームの少数株式の取得を発表

2023年1月30日
アウディ、ザウバーF1チームの少数株式の取得を発表
アウディが、ザウバーF1チームの少数株式を取得したことが発表された。

アウディは10月、スイスを拠点とするザウバーF1チームが「戦略的パートナー」となり、ワークスチームとして2026年に参戦することを発表。エンジンはアウディが供給し、ザウバーF1チームはヒンヴィルにある拠点でシャシーの製造と開発を続ける。

バルテリ・ボッタス 「アウディF1以降の契約延長を早い時期に話したい」

2023年1月23日
バルテリ・ボッタス 「アウディF1以降の契約延長を早い時期に話したい」
バルテリ・ボッタスは、チームがアウディF1となる2026年について今シーズンの“かなり早い時期”に話し合い、スイスのチームでの安定を長引かせたいと考えていると語る。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1との5年間で単年契約を毎年更新している状況だったが、2022年に移籍したアルファロメオF1とは複数年契約を結んだ。

バルテリ・ボッタス 「アウディの投資はザウバーF1チームをトップに導く」

2023年1月17日
バルテリ・ボッタス 「アウディの投資はザウバーF1チームをトップに導く」
バルテリ・ボッタスは、アウディのF1への投資を賢く利用すれば、現在アルファロメオの名を冠したザウバーF1チームがF1で最高のパフォーマンスを発揮するチームになる可能性があると語る。

アウディは、2026年からF1のグリッドに参加するという目標を達成するため、ザウバーF1チームの過半数の株式を取得する予定となっている。アウディは、新しいノイブルク工場で新世代のF1エンジンを開発し、ヒンウィルのチームは3年以内にアウディのハイブリッドエンジンを搭載するシャシーを設計する。

マクニッシュ「2026年F1エンジン規則はアウディにとって良い滑走路」

2023年1月16日
アラン・マクニッシュ「2026年F1エンジン規則はアウディにとって良い滑走路」
アラン・マクニッシュは、2026年のF1の新しいエンジン規則は、アウディがF1グリッドに参加するための準備のための「良い滑走路」を提供すると考えている。

アウディは昨年8月末、次のF1パワーユニットレギュレーションが導入される2026年シーズンに初めてF1に参戦することを発表した。

ゲルハルト・ベルガー 「アウディのF1プロジェクトには関与しない」

2023年1月15日
ゲルハルト・ベルガー 「アウディのF1プロジェクトには関与しない」
ゲルハルト・ベルガーは、アウディのF1プロジェクトにリンクされていたが、F1に復帰して再び生活を一変させないことを決定した。

12月、ゲルハルト・ベルガーがアウディF1で重要な役割に就くと報じられてた。フォルクスワーゲン・グループの情報筋は「ニキ・ラウダのような役割」でチームのスーパーアドバイザーにベルガーが就任すると語った。以前、ベルガーはフェラーリのF1チーム代表候補にも挙げられていた。

アウディF1 「レッドブル・パワートレインズ規模の採用活動を進める」

2023年1月8日
アウディF1 「レッドブル・パワートレインズ規模の採用活動を進める」
アウディがF1に参戦するまでにはまだ3年の準備期間がある。F1での経験豊富な人材の採用活動は本格化しており、アウディはすぐにレッドブル・パワートレインズに匹敵するレベルに到達したいと考えている。

2026年からアウディのF1エンジンサプライヤーの1つになる。さらにアウディは、ザウバーF1チームの株式買収を計画しており、長期的にはチーム名の変更も行われる。F1エンジンプロジェクトは順調に進んでいるが、競争力を高めるためにやるべきことはまだたくさんある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム