バルテリ・ボッタス 来季のF1シート確保には「一歩先を行く努力が必要」

2024年4月15日
バルテリ・ボッタス 来季のF1シート確保には「一歩先を行く努力が必要」
ザウバーF1チームのドライバーであるバルテリ・ボッタスは、2024年以降のF1グリッド確保に向けて話し合いを進めていることを明らかにした。

ザウバーF1チームとの現行契約は今季限りで満了となるが、ボッタスはアウディ買収のために契約を延長することが目標だと表明している。

角田裕毅 アウディF1のドライバー候補に浮上とAMuSが報道

2024年4月13日
角田裕毅 アウディF1のドライバー候補に浮上とAMuSが報道
角田裕毅が、アウディのF1ドライバー候補に浮上したとAuto Motor und Sport(AMuS)が報じている。

現在、ニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツが2026年からワークス参戦するアウディシートの有力な候補者となっている。両ドライバーは一貫してドイツのメーカーとの関係があり、特にヒュルケンベルグは昨年ザウバーからアプローチを受けていた。

カルロス・サインツJr. アウディF1移籍の回答期限は4月末?

2024年4月12日
カルロス・サインツJr. アウディF1移籍の回答期限は4月末?
アウディは、カルロス・サインツJr.に4月末までの決断を迫っているようだ。最近のパフォーマンスで株を上げているサインツだが、上位チームは決断を急いでおらず、残っているチームは、アウディになる予定のザウバーを含め、今年調子を落として下位に沈んでいるチームばかりだ。

ルイス・ハミルトンのフェラーリへの移籍決定は、ここ数年、あるいはおそらく史上最大のドライバー移籍となった。このことによる最大の犠牲者はカルロス・サインツで、荷物をまとめて新しい雇用主を探すように言われた。

レッドブルF1首脳 「新参者アウディのドライバー市場への圧力に動じない」

2024年4月11日
レッドブルF1首脳 「新参者アウディのドライバー市場への圧力に動じない」
ヘルムート・マルコは、アウディが2024年のF1ドライバー市場にかけるプレッシャーはレッドブルが屈するようなものではないと主張した。

レッドブルは2025年に向けて両チームに未確定のコックピットをいくつか用意しているが、マルコはアウディの登場によってドライバー市場に圧力がかかっても、レッドブルが方針転換を余儀なくされることはないと話している。

バルテリ・ボッタス アウディF1の計画から外される可能性を認識

2024年3月21日
バルテリ・ボッタス アウディF1の計画から外される可能性を認識
バルテリ・ボッタスが、アウディとのワークス体制となる将来のザウバーの計画から外される可能性があることを認めた。

ルイス・ハミルトンのメルセデスのチームメイトとしてレースで勝利した後、フィンランド出身のボッタスはヒンウィルに本拠を置くザウバーに移籍した。アルファロメオを名乗っていたチームは、現在はステークキックのアイデンティティに移行している。

ザウバーF1チーム アウディによる完全買収は「短期的にも追い風」

2024年3月18日
ザウバーF1チーム アウディによる完全買収は「短期的にも追い風」
アウディがザウバーの100%買収を完了させることを決定した。買収は予想よりも早く実現したが、それでもF1チームにとっては短期的な追い風となるだろう。

昨年初めにザウバー・モータースポーツの株式25%を取得したドイツのアウディは、2026年にエンジンとシャシーのワークス体制でグリッドに登場する予定だ。

アウディF1 ザウバーF1チームを100%買収&ザイドルのCEO就任を発表

2024年3月9日
アウディF1 ザウバーF1チームを100%買収&ザイドルのCEO就任を発表
フォルクスワーゲンAGがF1参戦の意向を強め、当初アウディが予定していたザウバーの75%出資から100%出資に変更することを発表した。アンドレアス・ザイドルが事業の公の顔に指名された。

今回の発表は、アウディが2026年のF1参戦に向けてコミットメントを強化する意向であるという火曜日の報道を受けたものだ。

アウディ ザウバーF1チームの株式100%買収の最終段階との報道

2024年3月7日
アウディ ザウバーF1チームの株式100%買収の最終段階との報道
アウディは、ザウバーF1チームの買収を完了させる構えで、最近の経営陣の交代にもかかわらず、2026年参戦へのコミットメントを強調している。

Motorsport-Total.comによると、アウディはザウバー買収の次の段階を完了し、取締役会メンバーのオリバー・ホフマンがCEOで元マクラーレンF1チーム代表のアンドレアス・ザイドルより上のザウバー取締役に任命されたという。

アウディ F1プロジェクトの立役者がさらに退任濃厚で撤退説が加速

2024年2月23日
アウディ F1プロジェクトの立役者がさらに退任濃厚で撤退説が加速
アウディは、F1プロジェクトの立役者の一人であるオリバー・ホフマンがドイツのメーカーを去るとされ、新たな不確実性に直面している。

F1プロジェクトの中心人物とされるマルクス・デュスマンCEOがアウディを去ってからわずか数カ月しか経っていないが、もう一人の立役者の一人であるオリバー・ホフマン開発責任者もアウディを退任する予定のようだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム