アストンマーティン、フォルクスワーゲンのF1参入の可能性を歓迎

2021年7月20日
アストンマーティン、フォルクスワーゲンのF1参入の可能性を歓迎
アストンマーティンのローレンス・ストロール会長は、フォルクスワーゲン・グループが、将来のF1にエントリーの可能性を「受け入れる」と語る。

F1の現在のエンジンは、新しいパワーユニットが導入される前の2024年シーズンの終わりまで使用されるように設定されており、提案に関する最新のサミットが月初めにオーストリアで開催された。

レッドブルF1首脳 「フォルクスワーゲンは4気筒エンジン導入を望んでいる」

2021年7月15日
レッドブルF1首脳 「フォルクスワーゲンは4気筒エンジン導入を望んでいる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フォルクスワーゲンは、2025年もしくは2026年に導入される次世代F1エンジンを4気筒エンジンに切り替えることを推進していると語る。

オーストリアで開催されたF1エンジンの会議にアウディとポルシェを傘下させたフォルクスワーゲン・グループは、新しいF1エンジン規則で四輪駆動を検討すべきだと主張していることが明らかになっている。

フォルクスワーゲン、傘下ブランドのF1参入の要件は四輪駆動?

2021年7月13日
フォルクスワーゲン、傘下ブランドのF1参入の要件は四輪駆動?
フォルクスワーゲンの傘下ブランドであるアウディとポルシェは、次世代F1エンジン規則に四輪駆動が採用されることを望んでいる。

先週、アウディとポルシェの両メーカーのCEOは、レッドブル・リンクで開催されたF1の会議に出席し、将来のエンジンルールについて話し合った。La Gazzetta dello Sport の記者であるアンドレア・クレモネシは、すべての利害関係者がハイブリッドコンセプトを継続しつつ、よりシンプルで安価にしているで基本的に同意していると伝えた。

ロス・ブラウン 「ポルシェとアウディのF1会議参加は前向きなステップ」

2021年7月10日
ロス・ブラウン 「ポルシェとアウディのF1会議参加は前向きなステップ」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、潜在的な新しいエンジンメーカーが今後5年以内にF1に参入することを「真剣に検討」していえると語る。

先週末、レッドブル・リンクでエンジン関係者が集まって会議が行われ、次世代のF1パワーユニットについて議論が交わされた。

ポルシェとアウディが参加。次世代F1エンジン会議は「非常に前向きな議論」

2021年7月4日
ポルシェとアウディが参加。次世代F1エンジン会議は「非常に前向きな議論」
F1は、土曜日にオーストリアで自動車メーカーのCEOが集まって次世代F1エンジンについての会議を開催。「非常に前向きな議論」が行われたと述べた。

2025年に導入される新しいF1エンジンレギュレーションの方向性は、昨日のF1エンジンメーカーのみならず、潜在的にF1参入に関心を持っているメーカーが参加した会議の最前線にある。

ポルシェとアウディ、次世代F1パワーユニットの技術会議に参加

2021年6月29日
ポルシェとアウディ、次世代F1パワーユニットの技術会議に参加
ポルシェとアウディが、土曜日に技術会議に参加して、F1パワーユニットの将来について話し合うと報告されている。どちらもフォルクスワーゲン・グループの一員である2つのブランドは、長い間エンジンメーカーとしてF1に参入する可能性が報じられている。

今年4月、ポルシェのCEOであるオリバー・ブルーメは、フォルクス・グループがF1パワーユニットに関する最新の開発を“サイドラインからフォローしている”と述べていた。新しいF1エンジン規制は2025年に導入される予定となっている。

レッドブルF1 「打診があればポルシェとの提携の可能性を検討する」

2021年4月27日
レッドブルF1 「打診があればポルシェとの提携の可能性を検討する」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2025年に独自のF1エンジンを開発する計画だが、ポルシェもしくはアウディから打診があれば、提携の可能性について検討すると語る。

レッドブルF1は、2021年末でF1から撤退するホンダのF1パワーユニットを引き継ぎ、2022年から独自にエンジンプログラムを運用。そのための新会社レッドブル・パワートレインズを設立し、メルセデスHPPでエンジニアリング責任者を務めていたベン・ホジキンソンを引き抜いた。

ポルシェCEO 「フォルクスワーゲン・グループはF1について調査している」

2021年3月20日
ポルシェCEO 「フォルクスワーゲン・グループはF1について調査している」
ポルシェのCEOを務めるオリバー・ブルーメが、2025年のF1復帰の噂に言及。親会社であるフォルクスワーゲン・グループがF1について調査中であることを明かした。

今月、ポルシェのモータースポーツ副社長であるフリッツ・エンジンガーは、F1の持続可能な燃料への意欲は魅力的であり、フォルクスワーゲンがエンジンサプライヤーとしてF1に参入することに関心を持っていると語っていた。

ポルシェ/VW、F1参入にむけてレッドブルを含めた3チームと予備交渉

2021年3月9日
ポルシェ/VW、F1参入にむけてレッドブルを含めた3チームと予備交渉
フォルクスワーゲン・グループは、2025年にエンジンサプライヤーとしてF1参入を検討するにあたり、レッドブルを含めた3チームと予備交渉を行ったと BBC が報じている。

ポルシェと親会社のフォルクスワーゲン・グループは、2025年に新しいF1エンジンレギュレーションの方向性によってはF1への参入を検討していることを認めている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム