フェルナンド・アロンソ 「ハンガリーは理論的に最大のチャンス」

2017年7月25日
フェルナンド・アロンソ F1 ハンガリーグランプリ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

ハンガロリンクは、マクラーレン・ホンダにとってシーズンのなかでもポイント獲得の可能性が高いサーキット。フェルナンド・アロンソは、今回のレースのために前戦F1イギリスGPで30グリッド降格を受けてフレッシュなパワーユニットを揃えている。

フェルナンド・アロンソ、F1参戦40周年の古巣ルノーに祝辞

2017年7月23日
フェルナンド・アロンソ F1 ルノー
フェルナンド・アロンソは、F1参戦40周年を迎えた古巣ルノーに祝辞を送った。

2002年にテストドライバーとしてルノーに加入したフェルナンド・アロンソは、2005年と2006年にルノーでF1ワールドチャンピオンを2連覇。それまで長く続いたミハエル・シューマッハ政権に引導を渡した。

「僕は6年間ルノーで走り、1年間はテストドライバーを務めていた」とフェルナンド・アロンソは述べた。

フェルナンド・アロンソ「マクラーレンは早く来年のエンジンを決定すべき」

2017年7月18日
フェルナンド・アロンソ F1 マクラーレン
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンに対し、来年のパッケージに集中できるように早く2018年のエンジン供給元を決定するべきだと述べた。

マクラーレンは、第10戦を終えた時点でわずか2ポイントと壊滅的なシーズンを過ごしており、現在のエンジンパートナーであるホンダとの決別を検討している。

フェルナンド・アロンソ、マシントラブルでリタイア 「ノーパワー」

2017年7月16日
フェルナンド・アロンソ F1 イギリスグランプリ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの決勝をマシントラブルでリタイアで終えた。

予選13番手で終えたフェルナンド・アロンソは、パワーユニット降格による30グリッド降格ペナルティで最後尾からスタート。

序盤は順調にレースを進めて一時は13位まで順位を上げた。

フェルナンド・アロンソ 「荒れたレースになれば戦える」 / F1イギリスGP

2017年7月16日
フェルナンド・アロンソ F1 イギリスグランプリ
フェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの予選で13番手だった。明日の決勝はグリッドペナルティにより最後尾からのスタートとなる。

ウェットからドライへとコンディションが変化していったQ1。フェルナンド・アロンソはスリックタイヤへの交換を決断。タイム計測ぎりぎりのところでラインを通過し、完璧なラップを決めたアロンソはQ1をトップで通過。観客から大声援を浴びた。

フェルナンド・アロンソ、雨で“カオス”なF1イギリスGPを望む

2017年7月16日
フェルナンド・アロンソ F1 イギリスグランプリ
フェルナンド・アロンソは、グリッド後方からでも戦えると考えており、不安的な天候による“カオス”なF1イギリスGPになることを期待している。

フェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの予選を13番手で終了。30グリッド降格ペナルティにより決勝を最後尾グリッドからスタートする。

レースは雨が予報されており、フェルナンド・アロンソはそれが順位を上げるためのチャンスを与えてくれることを願っている。

フェルナンド・アロンソ、イギリスGPは30グリッド降格で最後尾スタート

2017年7月15日
フェルナンド・アロンソ F1 イギリスグランプリ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの決勝レースをパワーユニット交換のペナルティによって最後尾からスタートすることになると報じられている。

ホンダは、F1アゼルバイジャンGPでフェルナンド・アロンソのマシンにアップグレード版“スペック3”エンジンを搭載。しかし、金曜日のフリー走行2回目にギアボックストラブルが発生。その際にエンジンのピストンがボトムを打った可能性がある。

フェルナンド・アロンソ 「決勝に焦点を当てている」 / F1イギリスGP

2017年7月15日
フェルナンド・アロンソ F1 マクラーレン イギリスグランプリイギリスグランプリ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPの初日の金曜日、フリー走行1回目は1分30分933秒で8番手、フリー走行2回目は1分30秒238で9番手タイムだった。

「今日のフリー走行については、かなり満足している」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「明日に向けてベストな選択をするために、いくつかのオプションを検討する必要がある」

フェルナンド・アロンソ、“スペック3”エンジン搭載でグリッド降格

2017年7月14日
フェルナンド・アロンソ ホンダF1 イギリスグランプリ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはF1イギリスGPでホンダの“スペック3”パワーユニットを搭載するために新たなコンポーネントの搭載が必要となり、少なくとも10グリッド降格ペナルティを科せられることになるようだ。

ホンダは、F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行でアップグレード版の“スペック3”エンジンをテスト。前戦F1オーストリアGPでは週末のスタートからマクラーレン・ホンダの2台にスペック3が搭載された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム