F1:ブリアトーレ 「フェルナンド・アロンソのキャリアには後悔が残る」

2020年4月9日
F1:ブリアトーレ 「フェルナンド・アロンソのキャリアには後悔が残る」
フラビオ・ブリアトーレは、自身がマネジメントしたフェルナンド・アロンソのキャリアについて後悔していると認める。マクラーレンへの最初の移籍は“まったく価値のない”ものだったが、最大の後悔はフェラーリへの移籍だったと語る。

2005年と2006年にルノーでF1ワールドチャンピオンを2連覇したフェルナンド・アロンソは、2007年に名門マクラーレンに移籍した。

元フェラーリF1代表 「アロンソとクビサが組んでいたら楽しかっただろう」

2020年4月8日
元フェラーリF1代表 「アロンソとクビサが組んでいたら楽しかっただろう」
フェラーリF1チームでフェルナンド・アロンソとロバート・クビサが組んだら“楽しかった”だろう。そう語るのは元チーム代表のステファノ・ドメニカリだ。

ロバート・クビサは、2012年のF1世界選手権でフェルナンド・アロンソのチームメイトとしてフェラーリでレースをする契約を結んでいた。しかし、ルノーに所属していた2011年のF1シーズン開幕戦、イタリアで開催された“ラリー・ロンデ・ディ・アンドラ”に参戦した際にガードレールにクラッシュし、生死に関わるほどの大怪我を負った。

F1:フェルナンド・アロンソ、母国スペインに30万枚のマスクを寄付

2020年4月1日
F1:フェルナンド・アロンソ、母国スペインに30万枚のマスクを寄付
元F1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソは、ユニセフを通してマスクと防護具を寄付。新型コロナウイルスとの戦いに参加した。

死亡者数でイタリアに次ぐスペインは、新型コロナウイルスの危機に強い打撃を受けている。政府はウイルスの感染拡大を抑制するためにほぼ完全な封鎖と制限措置を実施しているにもかかわらず、その感染と死者数の総数は増え続けている。

元マクラーレンのメンバー、F1ハンガリーGPのアロンソ/ハミルトンを回顧

2020年3月30日
元マクラーレンのメンバー、F1ハンガリーGPのアロンソ/ハミルトンを回顧
マクラーレンF1チームでメカニックとして働いていたマーク・プレーストリーが、2007年のF1ハンガリーGPでのルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソの事件を振り返った。

2007年のF1ハンガリーGPの予選は両ドライバーの戦いが沸点に達したレースだった。予選Q3セッションの最終段階でマクラーレンの両方のドライバーに新品のタイヤセットを履かせることが決定するまで大きな事故なく進行していた。

F1:ブリアトーレ 「アロンソにマクラーレン移籍について警告していた」

2020年3月27日
F1:ブリアトーレ 「アロンソにマクラーレン移籍について警告していた」
フラビオ・ブリアトーレは、ルイス・ハミルトンがチームボスのロンデニスの“支配下”にいると信じていたため、2007年にマクラーレンに行くことに対してフェルナンド・アロンソに警告したと語る。

当時ルノーF1チームのボスであり、フェルナンド・アロンソのマネージャーだったブリアトーレは、ドライバーがフェルナンド・アロンソの状況に最初から懐疑的だったと Beyond the Grid に語った。

フェルナンド・アロンソ 「世界は何週間もの封鎖に備える必要がある」

2020年3月26日
F1:フェルナンド・アロンソ 「世界は何週間もの封鎖に備える必要がある」
元F1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソは、世界は新型コロナウイルスのための“何週間にも及ぶ封鎖”に備える必要があると考えている。

フェルナンド・アロンソは、母国スペインの新型コロナウイルスへの初動の遅れに批判的だった。現在、スペインは新型コロナウイルスの死者3600人を超え、中国を抜き、イタリアに次ぐ世界2位となった。

F1:アロンソはスパイゲートの責任を負わされるべきではない

2020年3月22日
F1:アロンソはスパイゲートの責任を負わされるべきではない
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、フェルナンド・アロンソが“スパイゲート”事件の不当な責任を負っていると述べた。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2007年にマクラーレンに1億ドルの罰金が科せられることになった“スパイゲート”事件でFIA(国際自動車連盟)に情報を提供したことで非難された。

フェルナンド・アロンソ、ホンダF1への無礼でF1チームから総スカン

2020年3月22日
フェルナンド・アロンソ、ホンダF1への無礼でF1チームから総スカン
フェルナンド・アロンソのF1復帰は、ホンダF1への無礼によってほぼ不可能なものとなっていると元F1ドライバーのJ.J.レートは語る。

2021年のF1復帰を視野に入れているフェルナンド・アロンソだが、フェラーリ、レッドブル、メルセデス、さらにはマクラーレンでさえドアを閉めている。

「アロンソとハミルトンはF1史上最強のペアだった」とデ・ラ・ロサ

2020年3月21日
「アロンソとハミルトンはF1史上最強のペアだった」とデ・ラ・ロサ
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、2007年のルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソというマクラーレンのラインナップは文句なしにF1史上最強ペアだったと語る。

当時マクラーレンのテストドライバーを務めていたペドロ・デ・ラ・ロサは、マクラーレンでルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソの激しいライバル関係を目の当たりにした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム