フェルナンド・アロンソ 「アルピーヌF1の信頼性の低さは受け入れられない」

2022年10月4日
フェルナンド・アロンソ 「アルピーヌF1の信頼性の低さは受け入れられない」
フェルナンド・アロンソは、今シーズンのアルパインF1チームの車の信頼性の低さを「受け入れられない」と非難した。

アルピーヌF1チームからの2023年の1年間の契約延長のオファーを断り、アストンマーティンとのより長い契約を選んだフェルナンド・アロンソは、技術的な問題により今シーズンこれまでのところ60ポイントを失っていると見積もっている。

エステバン・オコン 「自分を超えるアロンソのチームメイトはハミルトンだけ」

2022年9月29日
エステバン・オコン 「自分を超えるアロンソのチームメイトはハミルトンだけ」 / アルピーヌF1チーム
アルピーヌF1チームのエステバン・オコンは、現在のチームメイトであるフェルナンド・アロンソと拮抗していると感じており、自分が値すると感じているような認識を得られないのは「奇妙だ」と語った。

2022年の現時点でエステバン・オコンはフェルナンド・アロンソよりも多くのポイントを獲得しており、2021年のF1ハンガリーGPでアルピーヌF1チームがルノーとして復帰して以来、チームで唯一の勝利を収めている。

フェルナンド・アロンソはマクラーレンF1の人員に現金入り封筒を配った

2022年9月22日
フェルナンド・アロンソはマクラーレンF1の人員に現金入り封筒を配った
マクラーレンF1チームの元メカニックであるマーク・プリーストリーは、フェルナンド・アロンソが現金でいっぱいの茶封筒を配ったことがあるので、ルイス・ハミルトンよりも彼のガレージにいることが好ましかったと主張した。

ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソがチームメイトだったのはわずか1年間だけだったが、そのパートナーシップはお互いを苛立たせた。

フェルナンド・アロンソ、F1シンガポールGPでF1史上最多出走記録を更新

2022年9月18日
フェルナンド・アロンソ、F1シンガポールGPでF1史上最多出走記録を更新
フェルナンド・アロンソは、次戦F1シンガポールGPでF1史上最多出走記録を。2023年からアストンマーティンと2年契約を結んでいるアロンソは、400回の大台を達成できると確信していると語る。

フェルナンド・アロンソは、先週末のF1イタリアGPでのキミ・ライコネンが保持していた349回のグランプリ出走数に匹敵した。.

フェルナンド・アロンソ 「まずは予選で結果を出す必要がある」

2022年9月10日
フェルナンド・アロンソ 「まずは予選で結果を出す必要がある」 / アルピーヌF1チーム F1イタリアGP 金曜フリー走行
アルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンは、2022年F1イタリアGPでで多数のライバルのグリッド ペナルティを最大限に活用できると楽観視しているが、コンストラクターズランキングで4位争いが続く中、マクラーレンのポテンシャルについては警戒を続けている。

フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンは、モンツァのFP1とFP2の両方でトップ10内でフィニッシュ。前にいるのはマクラーレンのランド ノリス、そして、フェラーリ、レッドブル、メルセデスのドライバーだけだ。

フェルナンド・アロンソ 6位 「チェッカーまで予選セッションのようだった」

2022年9月5日
フェルナンド・アロンソ 6位 「チェッカーまで予選セッションのようだった」 / アルピーヌF1チーム オランダグランプリ
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1オランダグランプリの決勝を6位で終えた。

「今日は6位でフィニッシュし、順位表でより多くのポイントを獲得できた良いレースだった。明らかにスタートでいくつか順位を落としたけど、少し挽回して、ハードタイヤのために非常に早い段階でストップした」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ Q2敗退 「ペレスと行き違いがあった」

2022年9月4日
フェルナンド・アロンソ Q2敗退 「ペレスと行き違いがあった」 / アルピーヌF1チーム オランダグランプリ 予選
フェルナンド アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1オランダグランプリの予選を13番手で終了。Q2の最終走行でセルジオ・ペレス(レッドブル)に出くわしたことに不満を残した。

Q1を9番手で通過し、Q2 の最初の走行で8番手だったフェルナンド・アロンソだが、最終結果は13番手だった。2回のF1ワールドチャンピオンは、ターン9でスロー走行しているインラップのセルジオ・ペレスに出くわした。

フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンがF1オランダGP前に和解

2022年9月2日
フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンがF1オランダGP前に和解
フェルナンドアロンソとルイスハミルトンは、ザントフォールトのメルセデスF1チームのモーターホームでの友好的な会話を交わし、最新のオントラックとオフトラックのいざこざを水に流した。

2007年にマクラーレンでルイス・ハミルトンとチームメイトだったフェルナンド・アロンソは、1週前のスパ・フランコルシャンで1周目にクラッシュした元チームメイトを「馬鹿」と呼んだ。

アロンソ、F1ベルギーGPでのハミルトンへの『馬鹿』発言を釈明

2022年9月2日
フェルナンド・アロンソ、F1ベルギーGPでのハミルトンへの『馬鹿』発言を釈明
フェルナンド・アロンソは、F1ベルギーGPのオープニングラップで接触したルイス・ハミルトンをチーム無線で『馬鹿』呼ばわりしたことを謝罪した。

F1ベルギーグランプリのオープニングラップで、ルイス・ハミルトンはターン5でフェルナンド・アロンソにアウトサイドから抜きにかかったが、右フロントタイヤがアロンソの左リアタイヤに接触。宙に浮いたマシンは地面に激しくヒットしてダメージを負い、結果的にリタイアとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム