レッドブル・ホンダF1、予防措置でフェルスタッペンのリアウイングを交換

2021年10月24日
レッドブル・ホンダF1、予防措置でフェルスタッペンのリアウイングを交換 / F1アメリカGP
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1アメリカGPのフリー走行3回目にメカニックがマックス・フェルスタッペンのリアウイングにヘアラインクラックを見つけたことで、セッション中に新しいリアウイングに交換したと述べた。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズでは、これまでのところ、高温とパンプある路面が大きな話題の2つであり、フェラーリのローラン・メキーズは、一部のチームが予想よりもバンプが酷いと感じていると指摘している。

フェルナンド・アロンソ、PU一式交換で降格ペナルティ / F1アメリカGP

2021年10月24日
フェルナンド・アロンソ、PU一式交換で降格ペナルティ / F1アメリカGP
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1アメリカGPの土曜日に先駆けてパワーユニット一式を交換。最後尾スタートのドライバーに加わった。

フェルナンド・アロンソは、初日のFP1の開始直後にウォーターシステムの故障によってストップ。しかし、すぐに修理して走行しており、アルピーヌF1も今回のPU交換は初日のトラブルとは無関係としている。

フェルナンド・アロンソ 「かなり要求の厳しいトラックコンディション」

2021年10月23日
フェルナンド・アロンソ 「かなり要求の厳しいトラックコンディション」 アルピーヌ F1アメリカGP 金曜フリー走行
アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を13番手で終えた。

「僕たちにとって簡単な一日ではなかった。FP1で問題が発生したけど、メカニックたちが迅速に修理してくれたので大丈夫だったし、いくらか走行することができた。ここはバンピーな路面とトラックコンディションによってかなり要求が厳しい」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ 「コルトン・ハータはF1にぴったりだと思う」

2021年10月22日
フェルナンド・アロンソ 「コルトン・ハータはF1にぴったりだと思う」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、アンドレッティのザウバー買収の推測のなか、インディカーのコルトン・ハータはF1に“ぴったり”だと考えている。

アンドレッティ・オートスポーツは、アルファロメオF1チームを運営会社のザウバーごと買収すると噂されており、それが実現した場合、コルトン・ハータがドライバーを務めると噂されている。

ザク・ブラウン 「2019年のアロンソのインディ500での失敗は私の責任」

2021年10月21日
F1:ザク・ブラウン 「2019年のアロンソのインディ500での失敗は私の責任」
ザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソが2019年のインディ500の決勝に進出できなかった理由は自分にあると告白した。

2度目のインディ500挑戦となったフェルナンド・アロンソだが、最後列を争うシュートアウトでまさかの予選落ち。マクラーレンが悲惨なプロジェクトであることが証明された。

フェルナンド・アロンソ 「フェラーリF1はベッテル時代の後に期待を下げた」

2021年10月18日
フェルナンド・アロンソ 「フェラーリF1はベッテル時代の後に期待を下げた」
フェルナンド・アロンソは、フェラーリF1は自分とフェルナンド・アロンソという2人のF1ワールドチャンピオンを擁してもタイトルを獲得できなかったことで、期待を下げる必要があったと語る。

フェルナンド・アロンソは、2010年から2014年までフェラーリF1に所属し、ワールドチャンピオンに近づいたが、タイトルをマラネロに戻すことができなかった。マクラーレンとのスティントを経て、2年間F1を離れたアロンソは、現在、アルピーヌF1でレースをしている。

フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンは若い頃の自分と重なる」

2021年10月15日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンは若い頃の自分と重なる」
フェルナンド・アロンソは、初のF1ワールドチャンピオンを目指しているマックス・フェルスタッペンを若い頃の自分と重ね合わせている。

フェルナンド・アロンソが2005年にミハエル・シューマッハとフェラーリの覇権に終止符を打ってルノーと初のF1ワールドチャンピオンを獲得したのは24歳のときだった。

F1レースディレクター、アロンソの“ペナルティ差別”発言に反論

2021年10月13日
F1レースディレクター、アロンソの“ペナルティ差別”発言に反論
F1レースディレクターのマイケル・マシは、FIAオフィシャルが、ドライバーによってペナルティを科すときに偏った決断を下すことが多いとの主張に反論した。

F1トルコGPで、これまでのシーズンのドライビング戦術について質問されたフェルナンド・アロンソは「今年、コース外のドライバーに追い抜かれたとき、僕は何度も馬鹿を見てきた」と語った。

フェルナンド・アロンソ 「ミック・シューマッハに彼の父の面影を感じる」

2021年10月13日
F1:フェルナンド・アロンソ 「ミック・シューマッハに彼の父の面影を感じる」
フェルナンド・アロンソは、ミハエル・シューマッハの息子がF1にいるのは「特別なこと」だと語る。

F1のレジェンドであるミハエル・シューマッハとフェルナンド・アロンソは約10年前にチャンピオンシップを争っていた。日曜日のF1トルコGPでは40歳のフェルナンド・アロンソと22歳のミック・シューマッハが接触事故を起こした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム