アルピーヌF1のエステバン・オコン 「アロンソが残留するなら幸せ」

2022年6月26日
アルピーヌF1のエステバン・オコン 「アロンソが残留するなら幸せ」
エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームがF1のレジェンドであるフェルナンド・アロンソとの契約を延長するならば幸せだと語る。

現在、アルピーヌF1チームは、2023年に40歳のフェルナンド・アロンソを残留させるか、もしくはF2チャンピオンで将来有望なルーキーのオスカー・ピアストリにデビューのチャンスを与えるかで頭を悩ませていると伝えられている。

ミカ・ハッキネン、アロンソのフロントローは「決して小さな成果ではない」

2022年6月24日
ミカ・ハッキネン、アロンソのフロントローは「決して小さな成果ではない」
元F1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、2022年F1第9戦カナダグランプリの予選でフロントローを獲得したフェルナンド・アロンソを称賛する。

フェルナンド・アロンソは、2001年にミナルディでF1デビュー。そのシーズンは引退前のミカ・ハッキネンの最後のシーズンでもあった。

ロマン・グロージャン、アロンソへのペナルティを批判「レースをさせよう」

2022年6月24日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、アロンソへのペナルティを批判「レースをさせよう」
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、F1カナダグランプリでフェルナンド・アロンソが7位から9位に降格することになった5秒ペナルティを批判。今回のケースではレースコントロールは“規制しすぎ”だったと考えている。

フロントローからスタートしたフェルナンド・アロンソは、車にトラブルが発生し、レースでは少し後退した。7位でフィニッシュしたアロンソだった、その後、ウィービングに対して5秒のタイムペナルティが科せられた。

フェルナンド・アロンソ 降格9位 「エンジントラブルが発生していた」

2022年6月21日
フェルナンド・アロンソ 降格9位 「エンジントラブルが発生していた」 / アルピーヌF1チーム F1カナダGP 決勝
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を9位で終えた。

土曜日の予選でセンセーショナルな2番グリッドを獲得したフェルナンド・アロンソだったが、ドライでは予選でポジションを外れていた車を抑えるのに苦戦。VSCのタイミングは味方せず、レース後半にはエンジントラブルも発生。

フェルナンド・アロンソ、5秒加算ペナルティで9位に降格 / F1カナダGP

2022年6月20日
フェルナンド・アロンソ、5秒加算ペナルティで9位に降格 / F1カナダGP
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝でのディフェンス中に複数回の方向転換を行ったとして、レース後に5秒のタイムペナルティを受け、7位から9位に降格した。

フェルナンド・アロンソは、F1カナダグランプリのレース終盤、最終シケインに向かうバックストレートでバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)に対してポジションを守る動きをとった。

マックス・フェルスタッペン 「アロンソは少し年を食っているけど非常に速い」

2022年6月20日
マックス・フェルスタッペン 「アロンソは少し年を食っているけど非常に速い」 / F1カナダGP
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、F1カナダグランプリの決勝をフロントローからスタートするフェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は「少し食っている」が、ファーストラップで彼が何ができるか分かっていると警戒する。

フェルナンド・アロンソは、ウェットコンディションとなったF1カナダグランプリの予選でセンセーショナルなラップを決め、ポールポジションのマックス・フェルスタッペンに並んで2012年のドイツGP以来となるフロントローからレースをスタートする。

フェルナンド・アロンソ、10年ぶりフロントロー「1周目にリードを奪いたい」

2022年6月19日
フェルナンド・アロンソ、10年ぶりフロントロー「1周目にリードを奪いたい」 / アルピーヌF1チーム F1カナダGP 予選
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの予選で2番グリッドを獲得した。

ドライコンディションの金曜日のプラクティスから強力なパフォーマンスを発揮していたフェルナンド・アロンソは、ウェットとなった土曜日に経験の重要性を示し、予選のQ1とQ2を2番手で突破すると、Q3最後のアタックで2番手タイムをマーク。2012年のドイツGPとなるフロントローからのスタートを決めた。

フェルナンド・アロンソ 「新世代マシンで走るカナダは感覚が異なる」

2022年6月18日
フェルナンド・アロンソ 「新世代マシンで走るカナダは感覚が異なる」 / アルピーヌF1チーム F1カナダGP 金曜フリー走行
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの金曜フリー走行を5番手タイムで終えた。

フリー走行1回目を3番手タイムで終えたフェルナンド・アロンソは、ロングランでも良いパフォーマンスを示しており、今週末の注目のドライバーになりそうだ。

「今日も僕たちにとってまともな金曜日だったと思う」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ 「ピアストリより僕にアドバンテージがある」

2022年6月16日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「ピアストリより僕にアドバンテージがある」
アルピーヌとウィリアムズの2023年のF1ドライバーラインナップは明確になりつつある。

ルノーが所有するアルピーヌF1チームは、すでにエステバン・オコンと2024年まで契約を結んでおり、レッドブルはアレクサンダー・アルボンのウィリアムズF1へのローンをさらに1年間延長する可能性が非常に高いようだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム