フェルナンド・アロンソ、レースをスタートできず「最悪な気分」

2017年5月1日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、F1ロシアGPの決勝をスタートすることさえできず、「最悪の気分」だと嘆いた。

フェルナンド・アロンソの悪夢はソチでも続いた。スタート前のフォーメーションラップで無線でマシンの不具合をしたフェルナンド・アロンソは、ラップを完了することさえできなかった。

ホンダは原因を調査中だが、ERSの不具合だと推定している。

フェルナンド・アロンソ 「毎週末、同じことの繰り返しだ」

2017年5月1日
フェルナンド・アロンソ F1 ロシアGP
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、F1ロシアGPのフォーメーションラップ中にERSソフトウェアの不具合を抱え、そのラップ中にシステムの再起動を試みたものの、ピットまで戻ることができず、コース上にマシンを止め、レースをスタートすることができなかった。

「厳しい状況だし、フラストレーションが溜まる。毎週末、同じことの繰り返しだ」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ、フォーメーションラップでリタイア

2017年4月30日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、F1ロシアGPの決勝スタート前のフォーメーションラップでホンダのF1パワーユニットにトラブルが発生。レースをスタートすることなくリタイアすることになった。

予選Q2に進出し、15番グリッドからスタートする予定だったフェルナンド・アロンソ。しかし、スタート前のフォーメーションラップでERSにトラブルが発生。コース上にマシンを止めた。

フェルナンド・アロンソ、マクラーレン・ホンダ離脱の可能性を示唆

2017年4月30日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、ホンダの改善をこれ以上長く待つつもりはないと語る。

マクラーレン・ホンダは、信頼性の改善を期待してソチに到着したが、フリー走行1回目にストフェル・バンドーンのパワーユニットが故障。わずか4戦目にしてエンジン交換のペナルティを受けることになった。

今シーズン末でマクラーレン・ホンダとの契約期間が終了するフェルナンド・アロンソは、現状を“信じられない”と語っている。

フェルナンド・アロンソ 「ホンダのF1エンジンは1周あたり3秒遅い」

2017年4月30日
フェルナンド・アロンソ ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、ホンダのF1エンジンのストレートでのパワー不足によってソチで1周につき2.5秒失っていると主張する。

フェルナンド・アロンソは、F1ロシアGPの予選でQ2に進出したが、ポールタイムよりも3.446秒遅い15番手タイムでセッションを終えた。

予選Q2を最下位で終えたフェルナンド・アロンソは最後には無線で“信じられない”ともらしている。

フェルナンド・アロンソ 「自力で入賞できるほどの速さはない」

2017年4月30日
フェルナンド・アロンソ F1 ロシアGP 予選
フェルナンド・アロンソは、F1ロシアGPの予選を15番手で終えた。

フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「シャシーと空力のパフォーマンスの面では、いい予選だった。マシンのバランスに関しては、かなりいい感触があり、コーナーでのグリップもそこそこあった。マシンに競争力があるように感じましたし、Q1でのラップはとてもよかった」

フェルナンド・アロンソ、ホンダのトラブル多発に「信じられない」

2017年4月29日
フェルナンド・アロンソ ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、2017年にホンダのトラブルが解決されないことが“信じられない”と語った。

F1バーレーンGP後のインシーズンテストでは、最終日にホンダのF1パワーユニットの信頼性トラブルは起きず、マクラーレンは期待をもってソチに向かった。

しかし、F1ロシアGPのフリー走行1回目にストフェル・バンドーンのパワーユニットにトラブルが発生。2つのコンポ―ネントはすでに5基目に達した。

フェルナンド・アロンソ 「金曜日にやるべきことは完了した」

2017年4月29日
フェルナンド・アロンソ F1 ロシアGP
フェルナンド・アロンソは、F1ロシアGP初日のフリー走行を12番手タイムで終えた。

フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「ここは、どちらかと言えばパワーサーキットだ。今回のマシンはバーレーンのものと基本的に同じ設定なので、今週末に何かを大きく前進できるとは思っていない。自分たちにとって厳しいサーキットでなにができるのかを確認するという意味では、興味深い週末になると思う」

フェルナンド・アロンソ、マクラーレン・ホンダ移籍を後悔?

2017年4月28日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、フェラーリを離れてマクラーレン・ホンダに加わったことに後悔はないと自分に言い聞かせているようだ。

フェラーリでの5年間でフェルナンド・アロンソは、タイトル争いに絡むも2位以上の結果を残せず、予定より2年早くにチームを離脱。2015年から新生マクラーレン・ホンダに移籍した。だが、マクラーレン・ホンダに競争力はなく、表彰台争いはおろか、2年間でわずか65ポイントしか獲得できていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム