【F2】 第4戦モナコ レース2:A.フォコが優勝、日本人勢はノーポイント

2018年5月27日
フォーミュラ2 福住仁嶺 牧野任祐 国際自動車連盟
FIA フォーミュラ2 第4戦モナコのレース2が5月26日(土)にモンテカルロ市街地コースで行われ、アンドニオ・フォコ(Charouz Racing System)が優勝した。

午後5時20分にフォーメーションラップがスタート。スタートでは牧野任祐(RUSSIAN TIME)がストールし、後続マシンが激突。牧野はマシンにダメージを負ってピットへ戻り、コースへ復帰しますが、2周走行しピットへ戻りリタイアとなった。

福住仁嶺選手(10位) 「とにかく遅かった」 / F2 第4戦 レース1

2018年5月26日
フォーミュラ2 福住仁嶺 国際自動車連盟
福住仁嶺は、フォーミュラ2 第4戦モナコのレース1を10位で終えた。

シーズン第4戦のレース1が、伝統の市街地コースであるモナコで行われた。上位に出走できないマシンが出て、福住仁嶺は13番手に繰り上がってスタートを迎えた。午前11時30分、気温は22℃、日差しが強くなり始めたコンディションの中でレースがスタート。福住仁嶺はスタート後の混乱をかわしてポジションを11番手に上げた。

牧野任祐(14位) 「何がどうなったのか分からなかった」 / F2 レース1

2018年5月26日
フォーミュラ2 牧野任祐 国際自動車連盟
牧野任祐は、フォーミュラ2 第4戦モナコのレース1を14位で終えた。

シーズン第4戦のレース1が、伝統の市街地コースであるモナコで行われた。上位に出走できないマシンが出て、牧野任祐は11番手に繰り上がってスタートを迎えた。

午前11時30分、気温は22℃、日差しが強くなり始めたコンディションの中でレースがスタート。

【F2】 第4戦モナコ レース1:マルケロフが優勝、福住仁嶺が10位入賞

2018年5月25日
フォーミュラ2 福住仁嶺 国際自動車連盟
FIA フォーミュラ2 第4戦モナコのレース1が5月25日(金)にモンテカルロ市街地コースで行われ、アルテム・マルケロフ(ロシアン・タイムS)が優勝した。

42周で行われたレース1はスタートから波乱。サンティノ・フェルッティ(トラデント)がスタートでストールし、ルカ・ギオット(カンポス)が幅寄せされたウォールに接触。これにより1周目からセーフティカーが導入された。

【F2】 第4戦モナコ 予選:牧野任祐12番手、福住仁嶺4番手

2018年5月24日
フォーミュラ2 牧野任祐 福住仁嶺 国際自動車連盟
FIA フォーミュラ2 第4戦モナコの予選が5月24日(木)にモンテカルロ市街地コースで行われ、アレクサンダー・アルボン(DAMS)がポールポジションを獲得した。

モナコの予選は、カーナンバーの偶数・奇数で10台ずつ2つのグループに分けられ、ベストタイムを記録したドライバーがいるグループが奇数グリッド、もう一方のグループが偶数グリッドに並ぶというフォーマットが採用された。

牧野任祐 「ヘイローがなかったら、頭にぶつかっていたと思う」 / F2

2018年5月15日
牧野任祐 フォーミュラ2 国際自動車連盟
牧野任祐は、フォーミュラ2 第3戦バルセロナのレース2をリタイアで終えた。

朝方まで雨に見舞われ、なんとかドライコンディションに回復したなか、F2シリーズ第3戦のレース2が行われた。気温は11度と低く、路面も滑りやすい難しいコンディションで、牧野任祐からレースをスタートする。

福住仁嶺 「内側が濡れていたのか、それで滑ったのでしょう」/ F2

2018年5月15日
福住仁嶺 フォーミュラ2 国際自動車連盟
福住仁嶺は、FIA フォーミュラ2 第3戦バルセロナのレース2をリタイアで終えた。

朝方まで雨に見舞われ、なんとかドライコンディションに回復したなか、F2シリーズ第3戦のレース2が行われた。気温は11度と低く、路面も滑りやすい難しいコンディションで、福住仁嶺は11番手からレースをスタートする。

【動画】 F2 第2戦 バルセロナ:福住仁嶺と牧野任祐が接触リタイア

2018年5月15日
フォーミュラ2 福住仁嶺 牧野任祐 国際自動車連盟
FIA フォーミュラ2 第2戦 バルセロナのレース2で、福住仁嶺と牧野任祐が接触。福住のマシンが牧野のマシンに乗り上げ、ヘイローがなければ、頭部を負傷しかねない危険な事故だった。

牧野任祐が11番手、福住仁嶺が12番手を走行中の5周目、ターン4の進入でイン側を走行する福住仁嶺が濡れた路面でコントロールを失って横から牧野任祐のマシンに接触。

【F2】 第3戦バルセロナ レース2:牧野任祐と福住仁嶺が接触でリタイア

2018年5月13日
フォーミュラ2 牧野任祐 福住仁嶺
2018年のFIAフォーミュラ2選手権 第3戦バルセロナの決勝レース2が13日(日)にスペインのカタロニア・サーキットで行われ、ジャック・エイトケン(ART Grand Prix)が優勝。牧野任祐と福住仁嶺は日本人同士で接触事故を起こし、両者リタイアとなった。

前日夜からバルセロナには雨が降り、F2のレース2は路面に濡れた箇所があるものの、ドライタイヤで26周のスプリントレースはスタート。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム