アルファロメオF1移籍が噂の周冠宇 「今年はF2での最後のシーズンになる」

2021年10月1日
アルファロメオF1移籍が噂の周冠宇 「今年はF2での最後のシーズンになる」
アルファロメオF1移籍が噂される周冠宇は、2021年が彼の「F2の最後のシーズン」になると確信している。

報道によると、3000万ドルの中国マネーを準備している22歳の周冠宇は、2022年のアルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィのシートに強くリンクされている。

ロバート・シュワルツマン、FP1で若手ドライバー走行の義務化を歓迎

2021年10月1日
フェラーリF1育成のロバート・シュワルツマン、FP1で若手ドライバー走行の義務化を歓迎
フェラーリF1のジュニアドライバーであるロバート・シュワルツマンは、F1の公式プラクティスセッションで若いドライバーを走らせることを義務化する動きを歓迎している。

F1ロシアGPの週末、マクラーレンF1のチームを務めるアンドレアス・ザイドルは、2022年に少なくとも2回のプラクティスセッションで若いドライバーの走行を義務付けるというF1のプランを“全面的に支持”していると La Gazzetta dello Sport に語った。

F1ロシアGP 土曜日:雨でFIA-F2のレース1は延期

2021年9月25日
F1ロシアGP 土曜日:雨でFIA-F2のレース1は延期
F1ロシアGPは2日目を迎えているが、予報通り、土曜日の天候は雨。現地時間10時30分から予定されていたFIA-F2のレース1は延期となった。

当初から、土曜日は雨の予報があったが、前日の夜から雨が降り続け、サーキットはウェットコンディション。現地時間10時30分から予定されていたレース1は延期となった。

ザウバー育成のテオ・プルシェール、アルファロメオとF1マシンで初走行

2021年8月8日
ザウバー育成のテオ・プルシェール、アルファロメオとF1マシンで初走行
ザウバーの育成ドライバーとしてF2に参戦するテオ・プルシェールが、今週初めてアルファロメオと共にF1マシンのステアリングを握った。

テオ・プルシェールは、水曜日にハンガロリンクでアルファロメオの2019年F1マシン『C38』で走行を実施。このテストは、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンが2日間にわたって実施したピレリの2022年の18インチタイヤテストと並行して行われた。

レッドブルF1首脳 「リアム・ローソンにはF1でやっていける能力がある」

2021年8月7日
レッドブルF1首脳 「リアム・ローソンにはF1でやっていける能力がある」
レッドブルF1のモータースポーツドライバーを務めるヘルムート・マルコは、ジュニアドライバーであるリアム・ローソンが“F1で戦う能力”があると高く評価しているが、具体的な時間枠は設けていない。

19歳のニュージーランド人であるリアム・ローソンは、2019年にレッドブル・ジュニアチームと加入し、それ以来、彼のキャリアは非常に向上している。

佐藤万璃音、2021年もトライデントからFIA-F2選手権への参戦が決定

2021年3月2日
佐藤万璃音、2021年もトライデントからFIA-F2選手権への参戦が決定
佐藤万璃音が、2021年もトライデント・モータースポーツ(Trident Motorsport)からFIA-F2選手権に参戦することが発表された。

佐藤万璃音(21歳)は、2019年の後半戦にカンポスからFIA-F2に参戦。その年のユーロフォーミュラ・オープンでは、9勝、11回の表彰台、6回のポールポジション、5回のファステストラップを記録してタイトルを獲得した。

ファン・マヌエル・コレア、ARTと契約して2021年にFIA-F3でレース復帰

2021年2月2日
ファン・マヌエル・コレア、ARTと契約して2021年にFIA-F3でレース復帰
2019年のFIA-F2スパ大会でアントワーヌ・ユベールの命を奪ったクラッシュで重傷を負ったファン・マヌエル・コレアが、2021年にARTグランプリと契約してFIA-F3でレース復帰を果たすことが発表された。

21歳のファン・マヌエル・コレアは、2019年8月にスパ・フランコルシャンで開催されたFIA-F2のレース1でアントワーニ・ユベールが命を落とした多重クラッシュに巻き込まれて両脚を複雑骨折。26回にわたる手術を受けた。

レッドブルF1、下位カテゴリーにおけるハイテックGPとの提携を強化

2021年1月15日
レッドブルF1、下位カテゴリーにおけるハイテックGPとの提携を強化
レッドブルF1は、2021年にF1の下位カテゴリーでハイテックGP(Hitech GP)との提携を強化している。

ハイテックGPは、2021年のFIA-F2およびFIA-F3のドライバーラインアップを発表。両カテゴリーの4台すべてにレッドブル・ジュニアチームのドライバーを乗せることになった。

ルノーF1首脳、周冠宇とクリスチャン・ルンガーのF2での成績に失望

2020年12月28日
ルノーF1首脳、周冠宇とクリスチャン・ルンガーのF2での成績に失望
ルノーF1の首脳陣は、ジュニアドライバーである周冠宇とクリスチャン・ルンガーの2020年シーズンのFIA-F2の成績に“失望している”と語る。

二人ともダニエル・リカルドが抜けた穴にフェルナンド・アロンソが加入するまでルノーでのF1デビューが噂されたルノーの育成ドライバーだが、周冠宇はランキング6位、クリスチャン・ルンガーは7位に終わり、40点のスーパーライセンスポイントを満たすことさえできなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム