ジャン・アレジ、息子のF2活動費のためにフェラーリF40を売却

2020年6月8日
ジャン・アレジ、息子のF2活動費のためにフェラーリF40を売却 / F1関連
元F1ドライバーのジャン・アレジは、息子ジュリアーノ・アレジのF2活動費を捻出するために所有していたフェラーリ F40を売却したことを明かし、コスト削減策が講じられていないジュニアカテゴリーを批判した。

ジュリカーノ・アレジは、昨年トライデントでF2デビューを果たし、ベストフィニッシュは5位でランキング15位でシーズンを終了。今年はアーデンのエントリーを引き継いだHWAからの参戦が決定ている。

松下信治も参戦! F2バーチャル・レーシングが初開催

2020年5月3日
松下信治も参戦! F2バーチャル・レーシングが初開催
FIA-F2でもバーチャルGPの開催が決定。5月3日にバーレーン・インターナショナル・サーキットを舞台とした第1戦が開催される。

新型コロナウイルスのパンデミックによってモータースポーツが休止状態にあるなか、F1を含めて数々のシリーズがゲームを使ってバーチャルレースを開催している。

レッドブル 「F1オーストリアGPを開催するならF2やF3も含むべき」

2020年4月28日
レッドブル 「F1オーストリアGPを開催するならF2やF3も含むべき」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年の最初のレースとして計画されているF1オーストリアGPは、F2やF3といったサポートイベントもフィーチャーされるべきだと語る。

F1オーストリアGPの舞台であるシュピールベルクのレッドブル・リンクはレッドブルが所有しており、オーストリア政府がロックダウンを緩和し始めているため、2020年のF1世界選手権のレース開催の契約の中心となっている。

「新型コロナによって世界のモータースポーツ業界は際どい状況にある」

2020年3月26日
「新型コロナによって世界のモータースポーツ業界は際どい状況にある」
新型コロナウイルスの世界的な大流行により、世界のモータースポーツ業界は“際どい状況”にあるとカーリンの代表を務めるトレバー・カーリンは主張する。

英国を拠点とするカーリンは、インディカー、スポーツカー、F2、F3、F4などといった多数のレースに参戦している。

松下信治、MPモータースポーツから2020年のFIA-F2選手権参戦が決定

2020年2月18日
松下信治、MPモータースポーツから2020年のFIA-F2選手権参戦が決定
松下信治が、2020年のFIA-F2選手権にMPモータースポーツから参戦することが発表された。

日本のスーパーフォーミュラでの1年を経て、昨年カーリンからFIA-F2に参戦した松下信治はランキング6位で終了。F1スーパーライセンスポイントを満たすことができなかった。

F2 | ハイテックGP、2020年からFIA-F2への参戦を発表

2020年1月21日
F2
ハイテックGPは、2020年から11番目のチームとしてFIA-F2に参戦することを発表した。

昨年、ハイテックGPはFIA-F3に参戦し、チームランキング2位でシーズンを終えていた。すでに昨年の最終戦アブダビ大会のパドックではハイテックGPのF2参戦は噂されていた。

レッドブルF1、F2参戦の角田裕毅に厳しい課題 「ランキング4位以内」

2020年1月13日
レッドブルF1、F2参戦の角田裕毅に厳しい課題 「ランキング4位以内」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年にF2に初参戦する角田裕毅に“ランキング4位以内”という厳しい課題を突き付けた。

レッドブルとホンダF1の両方の育成プログラムを契約を結ぶ角田裕毅(19歳)は、昨年、海外にわたってイェンツァー・モータースポーツからF3選手権に参戦し、モンツァでの優勝を含めて3回の表彰台を獲得してランキング9位でシーズンを終了。

レッドブル・ホンダF1育成の角田裕毅、2020年はカーリンからF2に参戦

2020年1月10日
レッドブル・ホンダF1育成の角田裕毅、2020年はカーリンからF2に参戦
ホンダF1とレッドブルの両方と育成ドライバー契約を結んでいる角田裕毅が、2020年にカーリンからF2に参戦することが発表された。

昨年、イェンツァー・モータースポーツからF3選手権に参戦した角田裕毅は、第14戦モンツァでのレース2で勝利を挙げ、ランキング9位でシーズンを終了。2020年はF1の登竜門であるF2にフル参戦することになった。

F2 | アントワーヌ・ユベールの“カーナンバー19”を永久欠番

2020年1月8日
F2
FIA-F2選手権の主催者は、アントワーヌ・ユベールが生前につけていた“カーナンバー19”を永久欠番とすることを発表した。

アントワーヌ・ユベールは、8月のベルギー大会のレース1で大クラッシュに巻き込まれて命を落とした。その時につけていたカーナンバーが19だった。F1とは異なり、F2ではドライバーの固定ナンバーは使用されず、前年のチャンピオンシップに基づいてカーナンバーが決定する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム