F2 | トライデント、問題行動のサンティノ・フェルッチを解雇

2018年7月19日
サンティノ・フェルッチ
FIA F2選手権に参戦するトライデントは、サンティノ・フェルッチを解雇したことを発表した。

ハースF1チームの育成ドライバーであるアメリカ出身のサンティノ・フェルッチは、前戦シルバーストーンのレースでチームメイトのアルジュン・マイニに意図的に接触して4レースの出場停止処分と6万ユーロ(約780万円)の罰金を科せられていた。

F2 | サンティノ・フェルッチ、複数の規約違反で2大会の出場禁止処分

2018年7月10日
F2 サンティノ・フェルッチ
ハースF1チームの開発ドライバーを務めるサンティノ・フェルッチは、FIA F2選手権のレース中に複数のレギュレーション違反を起こしたことで、今後2大会の出場禁止処分を科せられた。

トライデントからF2に参戦するアメリカ出身のサンティノ・フェルッチは、第7戦イギリス大会のクールダウンラップでインド出身のチームメイトのアルジュン・マイニに意図的に接触。

【F2】 第7戦 レース2:M.ギュンターが初優勝、牧野11位・福住リタイア

2018年7月10日
フォーミュラ2
FIA F2選手権 第7戦 イギリス大会のレース2が7月8日(日)シルバーストーン・サーキットで行われ、マキシミリアン・ギュンター(BWT Arden)が優勝。牧野任祐(RUSSIAN TIME)は11位、福住仁嶺(BWT Arden)はマシントラブルでスタートできずリタイアした。

朝から好天のシルバーストン・サーキットで、F2シリーズ第7戦のレース2が行われた。牧野任祐は6列目12番手から、レース1でリタイアとなった福住仁嶺は最後尾の20番手からのスタート。

【F2】 第7戦 レース1:A.アルボンが優勝、牧野12位・福住リタイア

2018年7月8日
フォーミュラ2
FIA F2選手権 第7戦 イギリス大会のレース1がシルバーストーン・サーキットで行われ、アレクサンダー・アルボン(DAMS)が優勝。牧野任祐(RUSSIAN TIME)は12位、福住仁嶺(BWT Arden)はリタイアでレースを終えた。

7日(土)、シーズン第7戦のレース1が、シルバーストーン・サーキットで行われた。牧野任祐は予選18番手だったが、上位車のペナルティーにより1つ繰り上がり17番手からスタート。福住仁嶺は10列目19番手からのスタートとなった。

【F2】 第7戦 予選:J.ラッセルが3戦連続PP、牧野18位・福住19位

2018年7月7日
フォーミュラ2
FIA F2選手権 第7戦 イギリス大会の予選がシルバーストーン・サーキットで行われ、ジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)が3戦連続となるポールポジションを獲得。牧野任祐(RUSSIAN TIME)は18番手、福住仁嶺(BWT Arden)は19番手で予選を終えた。

FIA F2選手権は後半戦に入り、第7戦はイギリス、シルバーストーン・サーキットで初日を迎えた。7月6日(金)、午前11時55分から45分間のプラクティスがスタートした。

【F2】 第6戦 レース2:マルケロフが優勝、牧野任祐6位・福住仁嶺9位

2018年7月2日
フォーミュラ2
FIA F2選手権第6戦のレース2が7月1日(日)にオーストリアのレッドブル・リンクで行われた。

優勝はポールポジションからスタートしたアルテム・マルケロフ(RUSSIAN TIME)。2位にはメルセデスの育成ドライバーのジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)、3位にはセルジオ・セッテ・カマラ(Carlin)が続いた。

【F2】 第6戦 レース1:J.ラッセルが優勝、牧野任祐7位・福住仁嶺9位

2018年7月1日
フォーミュラ2
FIA F2選手権第6戦のレース1が6月30日(土)にオーストリアのレッドブル・リンクで行われた。

優勝はポールポジションからスタートとしたメルセデスの育成ドライバーのジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)、2位にはマクラーレンの育成ドライバーのランド・ノリス(Carlin)、3位にはアントニオ・フォコ(Charouz Racing System)が続いた。

【F2】 第6戦 予選:J.ラッセルが2戦連続PP、牧野10位・福住17位

2018年6月30日
フォーミュラ2 福住仁嶺 牧野任祐
FIA F2選手権 第6戦 オーストリアの予選がレッドブル・リンクで行われ、ジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)が2戦連続となるポールポジションを獲得。牧野任祐(RUSSIAN TIME)は10番手、福住仁嶺(BWT Arden)は17番手で予選を終えた。

FIA F2選手権第6戦が、オーストリアのレッドブル・リンクで初日を迎えた。6月29日(金)の午後1時からスタートした45分間のプラクティスでは、福住仁嶺、牧野任祐がともに順調に周回を重ねていく。

【F2】 第5戦フランス レース2:デ・ブリースが優勝、日本勢は入賞圏外

2018年6月25日
F2 フォーミュラ2
FIA F2選手権 第5戦の決勝レース2がフランスのポール・リカール・サーキットで行われ、ニック・デ・ブリース(PREMA)が初優勝。福住仁嶺(BWT Arden)は12位、ポールポジションからスタートした牧野任祐(RUSSIAN TIME)はリタイアでレースを終えた。

朝から快晴となったポール・リカール・サーキットで、F2シリーズ第5戦のレース2が行われた。気温24℃、路面温度40℃、雲の間から晴れ間がのぞくコンディションとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム