「今後F1を目指す若手にとってF2参戦は必須」とタチアナ・カルデロン

2018年11月5日
F1 タチアナ・カルデロン ザウバー
ザウバーのテストドライバーを務めるタチアナ・カルデロンは、今後F1へのステップアップを目指す若手ドライバーにとってF2参戦は“義務づけられた”ものだと考えている。

来年GP3からF2への移行を目指している女性ドライバーのタチアナ・カルデロンは、自分にはF2で戦っていける実力があると自信を持っているが、F1の厳しいを理解するためには今後はF2を経験することが必須だと考えている。

アルテム・マルケロフの父親、ロシアで収賄容疑で逮捕

2018年10月3日
F1 アルテム・マルケロフ
ルノーF1のテストドライバーを務めるアルテム・マルケロフの父親が、ロシアで収賄容疑で逮捕された。

バレリー・マルケロフは、収賄容疑で捜査されている内務省GUEBIPK の元副総裁ドミトリー・ザハルチェンコに賄賂を贈ったとして2日(月)にソチで逮捕された。賄賂の価値は明らかにされていないが、数十億ルーブルがドミトリー・ザハルチェンコから押収されている。

F2 第10戦 レース2 | ジョージ・ラッセルが優勝、福住7位・牧野11位

2018年10月1日
F2 フォーミュラ2
FIA F2選手権 第10戦 ロシア大会のレース2が9月30日(日)にソチ・オートドロームで行われ、ジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)が優勝。福住仁嶺(BWT Arden)は7位、牧野任祐(RUSSIAN TIME)は11位でレースを終えた。

朝から厚い雲に覆われたソチで、F2シリーズ第11戦のレース2が行われた。前日のレース1で8位となった福住仁嶺(BWT Arden)は、リバースグリッドによりポールポジションからスタート。牧野任祐(RUSSIAN TIME)は5列目10番手からスタート。

F2 第10戦 レース1 | A.アルボンが優勝、福住8位・牧野10位

2018年9月30日
F2 フォーミュラ2
FIA F2選手権 第10戦 ロシア大会のレース1が9月29日(土)にソチ・オートドロームで行われ、アレクサンダー・アルボン(DAMS)が優勝。福住仁嶺(BWT Arden)は8位、牧野任祐(RUSSIAN TIME)は10位入賞を果たした。

シーズン第11戦のレース1が、ロシア・ソチで行われた。日が陰り始めた午後4時45分に、28周のレース1が開始された。

F2 第10戦 予選 | N.デ・ブリースがポールポジション、牧野7位・福住17位

2018年9月29日
F2 フォーミュラ2
FIA F2選手権 第10戦 ロシア大会の予選が9月28日(金)にソチ・オートドロームで行われ、ニック・デ・ブリース(PERTAMINA PREMA Theodore Racing)がポールポジションを獲得。牧野任祐(RUSSIAN TIME)は7番手、福住仁嶺(BWT Arden)は17番手で予選を終えた。

FIA F2選手権は第10戦をロシア・ソチで迎えた。ソチでの大会は2年ぶりとなり、初日、プラクティスと予選が行われた。

ホンダ、2019年も福住仁嶺と牧野任祐のF2参戦を望む

2018年9月27日
F1 ホンダF1
ホンダは、2019年も育成ドライバーの福住仁嶺と牧野任祐をF2に参戦させることを望んでいる。

ロシアン・タイムから参戦する牧野任祐は、モンツァのフィーチャーレースで優勝してランキング12位につけている。一方、昨年GP3を3位で終えて高い評価を受けてアーデンから参戦する福住仁嶺は、トップ5フィニッシュを果たせずにランキング16位と低迷している。

ジョージ・ラッセル 「F1には少なくともあと2チームは必要」

2018年9月24日
F1 ジョージ・ラッセル メルセデス
メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、若手ドライバーがシートを獲得できるようになるにはF1には少なくともあと2チームは必要だと考えている。

現在、F2のチャンピンシップリーダーであるジョージ・ラッセルだが、2019年にF1シートを獲得するのは難しいと考えられている。一方、ランキング2位のランド・ノリスはマクラーレンでのF1デビューが決定している。

F2 第10戦 レース2 | G.ラッセルが優勝、福住13位・牧野14位

2018年9月4日
F2
FIA F2選手権 第10戦 イタリア大会のレース2が9月2日(日)にモンツァ・サーキットで行われ、ジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)が優勝。福住仁嶺(BWT Arden)は13位、牧野任祐(RUSSIAN TIME)は14位でレースを終えた。

降雨の予報はないものの、朝からぶ厚い雲に覆われたモンツァで、F2シリーズ第10戦のレース2が行われた。前日のレース1で優勝した牧野任祐(RUSSIAN TIME)は4列目8番手から、レース1で上位車の失格により繰り上がり14位となった福住仁嶺(BWT Arden)は7列目14番手からスタートした。

F2 第10戦 レース1 | 牧野任祐が初優勝! レース1での優勝は日本人初!

2018年9月2日
F2 フォーミュラ2 牧野任祐
FIA F2選手権 第10戦 イタリア大会のレース1が9月1日(土)にモンツァ・サーキットで行われ、牧野任祐(RUSSIAN TIME)が初優勝。F2シリーズ、レース1での優勝は日本人ドライバーとして初となる。

シーズン第10戦のレース1が、イタリア・モンツァで行われた。午前中まで降っていた雨も、F2のレーススタート時には完全に上がり、ドライコンディションでレースは開始された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム