名門カーリンにロダン・カーズが出資 『ロダン・カーリン』に名称変更

2023年1月26日
名門カーリンにロダン・カーズが出資 『ロダン・カーリン』に名称変更
イギリスのジュニアシリーズの名門チームであるカーリンが、ニュージーランドの自動車コンストラクターからの出資により、ロダン・カーリンとなった。

オーストラリアの実業家であるデイヴィッド・ディッカーが率いるロダン・カーズが、ファーナムを拠点とするチームの大株主となることが決定。トレバーとステファニーのカーリン夫妻は、引き続きチームの指揮を執り、人事や運営に変更はない。

2023年のFIA-F2/F3に参戦する“F1ジュニア”一覧

2023年1月23日
2023年のFIA-F2/F3に参戦する“F1ジュニア”一覧
2023年は、FIA-F2およびFIA-F3の両方にF1チームのサポートを受ける多くの次世代のF1ドライバー候補が参戦する。

レッドブルは今年、FIA-F2に6人のジュニアドライバーを送り込む。一部のドライバーはシーンに新しく、他のドライバーはフィーダー シリーズで 3 年目または 2 年目に突入する。その他、F1チームの支援を受けて戦う『F1ジュニア』の一覧を紹介する。

F3王者ビクター・マルタンス、2023年はARTからFIA-F2に参戦

2023年1月21日
アルピーヌF1育成のF3王者ビクター・マルタンス、2023年はARTからFIA-F2に参戦
アルピーヌF1の育成ドライバーであるビクター・マルタンスは今年、ARTグランプリでFIA-F22にステップアップ。同じフランス人のテオ・プルシェールとチームのラインナップを完成させる。

21歳のビクター・マルタンスは、昨年、FIA-F3にATRグランプリから参戦し、2勝を収め、さらに4回の表彰台を獲得してチャンピオンに輝いた。

ザウバーF1育成のテオ・プルシェール、2023年もF2参戦が決定

2023年1月20日
ザウバーF1育成のテオ・プルシェール、2023年もF2参戦が決定
アルファロメオF1のリザーブであるテオ・プルシェールは、2023年にARTグランプリでFIA F2選手権での3 シーズン目を迎える

ザウバーF1の育成ドライバーであるフランス出身のテオ・プルシェール(19歳)は、2022年のFIA-F2で3 勝とさらに 4 つの表彰台を獲得して、フェリペ・ドルゴビッチに次ぐランキング2位でフィニッシュした。

レッドブルF1の岩佐歩夢、2023年もFIA-F2選手権にDAMSから参戦

2022年12月12日
レッドブルF1の岩佐歩夢、2023年もFIA-F2選手権にDAMSから参戦
レッドブルF1の育成ドライバーである岩佐歩夢が、2023年もDAMSからFIA-F2選手権に参戦することが発表された。

レッドブル・ジュニアおよびホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクトのドライバーである岩佐歩夢は、2022年シーズンにFIA-F2選手権で何度もペースを証明し、フランスとアブダビでフィーチャーレースで優勝し、2つのポールポジションとさらに4つの表彰台を獲得した。

リアム・ローソン 「スーパーフォーミュラはF2からの大きなステップアップ」

2022年12月8日
レッドブルF1育成のリアム・ローソン 「スーパーフォーミュラはF2からの大きなステップアップ」
レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンは、鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラのテストに参加。F2からの「大きなステップアップ」だと感じており、車両はF1マシンに似ていると語った。

20歳のリアム・ローソンは、鈴鹿サーキットで実施されているスーパーフォーミュラのポストシーズンテストでホンダエンジンを搭載したチーム無限の車を走らせている。

レッドブルF1育成の岩佐歩夢、最終戦でポール・トゥ・ウイン / FIA-F2

2022年11月21日
レッドブルF1育成の岩佐歩夢、最終戦でポール・トゥ・ウイン / FIA-F2 最終戦フィーチャーレース
レッドブルF1育成の岩佐歩夢は、FIA F2最終戦をポール・トゥ・ウインで締めくくり、今季2勝目を挙げ、シリーズランキング5位でシーズンを終えた。

午後1時、気温30℃、路面温度41℃のコンディションの下、フォーメーションラップがスタート。ポールポジションからスタートした岩佐歩夢は加速がつかず、第1コーナーまでに2番手スタートのマシンに先行されたが、第1~2コーナーのポジション取りでトップを奪い返し、1周目を終えた。

レッドブルF1育成の岩佐歩夢、マシンバランスに苦しみ13位 / FIA-F2

2022年11月20日
レッドブルF1育成の岩佐歩夢、マシンバランスに苦しみ13位 / FIA-F2 最終戦スプリントレース
レッドブルF1育成の岩佐歩夢は、FIA-F2最終戦アブダビのスプリントレースを13位で終えた。

2カ月のインターバルを経てFIA F2は最終戦を迎え、第14戦のスプリントレースがUAE・アブダビのヤス・マリーナサーキットで行われた。ホンダ・フォーミュラドリーム・プロジェクト(HFDP)のドライバーとして参戦する岩佐歩夢は、ランキング9位で最終戦を迎え、目標である4位との差は12点と僅差であり、最終戦でランキング上位進出を目指す。

ローガン・サージェント、ウィリアムズでのF1デビューを賭けた大事な週末

2022年11月18日
ローガン・サージェント、ウィリアムズでのF1デビューを賭けた大事な週末
ローガン・サージェントは、2023年のウィリアムズF1とのF1デビューを賭けてFIA-F2の最終ラウンドに臨む。

ウィリアムズは、ローガン・サージェントがF1スーパーラインセンスを取得することを条件に2023年のF1ドライバーに起用することをすでに発表している。現在、サージェントはF1スーパーライセンス取得に必要な40点のライセンスポイントのうち29点を獲得している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム