オスカー・ピアストリ F1日本GP展望「最高のトラック、最高の場所」

2024年4月4日
オスカー・ピアストリ F1日本GP展望「最高のトラック、最高の場所」
オスカー・ピアストリ(マクラーレン)が、2024年F1第4戦日本GPへの展望を語った。

デビューシーズンとなった昨年、オスカー・ピアストリは日本グランプリで3位フィニッシュしてF1初表彰台を獲得。チャレンジングな鈴鹿サーキットで、ベストルーキーとしての存在感を証明した。

ピアストリ F1オーストラリアGPのチームオーダーは「完全にフェア」

2024年3月25日
ピアストリ F1オーストラリアGPのチームオーダーは「完全にフェア」
オスカー・ピアストリは、F1オーストラリアGPでマクラーレンがランド・ノリスを先に行かせるよう求めたことは「完全にフェア」だったと認めた。

マクラーレンがレース中盤にピアストリにノリスとポジションを交換するよう求めた後、ノリスとピアトリはメルボルンでフェラーリのカルロス・サインツとシャルル・ルクレールに次ぐ3位と4位でフィニッシュした。

オスカー・ピアストリ 「勝てないF1マシンで勝利を夢見ても無意味」

2024年3月19日
マクラーレンF1 オスカー・ピアストリ 「勝てないF1マシンで勝利を夢見ても無意味」
「ビジュアライゼーション(視覚化)」という手法はスポーツ心理学では一般的なものだが、マクラーレンのF1ドライバーであるオスカー・ピアトリは明らかに信者ではなく、F1へのアプローチにおいてはより冷静で現実的であることを好む。

メルボルン出身の22歳は2023年のルーキーシーズンにポールポジションからスプリントレースを制し、年間を通じて2回のグランプリで表彰台に上った。初表彰台は鈴鹿サーキットだった。

マクラーレンF1 ピアストリ 「僕のアプローチはセナよりもプロストに近い」

2024年3月13日
マクラーレンF1 ピアストリ 「僕のアプローチはセナよりもプロストに近い」
マクラーレンのF1ドライバーであるオスカー・ピアストリは、自分のF1へのアプローチをアイルトン・セナよりも4度のワールドチャンピオンであるアラン・プロストに喩えている。

現役時代に“プロフェッサー”と呼ばれたプロストは、199戦で51勝を記録し、その計算されたアプローチで有名だった。

ピアストリ マクラーレンF1は定期的な表彰台には「まだ少し足りない」

2024年2月28日
ピアストリ マクラーレンF1は定期的な表彰台には「まだ少し足りない」
オスカー・ピアストリは、マクラーレンF1が今後の204年F1シーズン中に定期的な表彰台と潜在的なレース勝利に挑戦するために「もう少し見つける必要がある」と認めた。

マクラーレンは、ポイントを獲得するのに苦戦していた状態から、シャープエンドの常連に成長した昨季の勢いを継続しようとしている。

オスカー・ピアストリ 角田裕毅のようなF1無線での暴言は「意味がない」

2024年1月13日
オスカー・ピアストリ 角田裕毅のようなF1無線での暴言は「意味がない」
マクラーレンのオスカー・ピアストリは、F1ドライバーがなぜチーム無線で発散したい衝動にかられるのか理解できず、「都合が悪くなるだけ」だと主張する。

ピアストリは2023年のデビューシーズンに強い印象を残した。マクラーレンMCL60がシーズン中に大幅な伸びを達成した際に2度表彰台に上り、カタールのスプリントレースではレッドブルの3度のワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンを抑えて優勝した。

オスカー・ピアストリ 「ちょろいF1ドライバーではないことを1年目に示せた」

2024年1月6日
オスカー・ピアストリ 「ちょろいF1ドライバーではないことを1年目に示せた」
マクラーレンのオスカー・ピアストリは、ルーキーイヤーのF1レースでライバルたちに「ちょろいドライバー」ではないことを見せつけることが重要だったと考えている。

カタールのスプリントレースで優勝したピアストリは、F1初年度を通じて多くの称賛を集め、経験豊富な同僚たちとの激しいバトルも躊躇しなかった。

ハースF1代表 「ピアストリの活躍はルーキーに対する考え方を変えた」

2024年1月3日
ハースF1代表 「ピアストリの活躍はルーキーに対する考え方を変えた」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、オスカー・ピアストリがF1で素晴らしい初シーズンを飾ったことで、ルーキードライバーを起用することに対する考え方が変わったと考えている。

ウィリアムズがローガン・サージェントの残留を決めたことで、F1の73年の歴史の中で初めて来季のグリッドが変更されないことが決まった。

マクラーレンF1代表 ピアストリの潜在能力に期待「まだ旅のスタート地点」

2023年12月28日
マクラーレンF1代表 ピアストリの潜在能力に期待「まだ旅のスタート地点」
マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレア・ステラは、オスカー・ピアストリがF1キャリアを通じて無限の可能性を秘めた成長の旅のスタート地点にいると考えている。

ピアストリはマクラーレンで2023年のF1グリッドを急上昇し、97ポイントを獲得し、カタールでのF1スプリントで優勝。FIA(国際自動車連盟)のルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム