オスカー・ピアストリ F1イギリスGP決勝「ノリスと同時に入っていれば…」

2024年7月8日
オスカー・ピアストリ F1イギリスGP決勝「ノリスと同時に入っていれば…」
オスカー・ピアストリは、F1イギリスGPで優勝から12秒遅れでレースを終えた後、マクラーレンがチームメイトのランド・ノリスと同じタイミングでインターミディエイトタイヤに交換するためにピットインさせなかった決定は「痛手」だったと認めた。

オスカー・ピアストリは、チームメイトのすぐ後ろで優勝を目指してレースをしていたが、雨で濡れていくコース上でスリックタイヤで走り続けたために多くの時間を失い、シルバーストーンで表彰台を逃した。

ピアストリ 「あと少しのところで初優勝を逃して悔しい」F1オーストリアGP

2024年7月1日
オスカー・ピアストリ 「あと少しのところで初優勝を逃して悔しい」F1オーストリアGP
オスカー・ピアストリは、2024年F1オーストリアGPで2位表彰台を獲得したが、優勝したジョージ・ラッセルとの差をわずか1.906秒でグランプリ初優勝を逃したことで少し「悔しい」気持ちになったと語る。

ピストリにとって、この週末は複雑な感情の入り混じったものとなった。土曜日のスプリントレースでマクラーレンのチームメイト、ランド・ノリスから2位を奪い、予選ではトップ3入りを果たす勢いを見せていたピストリだったが、トラックリミットによりラップタイムが削除されてしまった。

マクラーレンF1 オスカー・ピアストリのQ3タイム抹消に対して抗議も却下

2024年6月30日
マクラーレンF1 オスカー・ピアストリのQ3タイム抹消に対して抗議も却下
マクラーレンは、2024年F1オーストリアGP予選でのオスカー・ピアストリの最終のプッシュラップがトラックリミット違反で削除されたことを受けて結果に抗議したが、スチュワードは却下した。

オスカー・ピアストリは、Q3のターン6で白線を大きく外れ、グリッド3番手から7番手に降格。セッション直後、ピアストリは「僕にとっては恥ずかしいことだ。僕たちはトラックリミット内で作業し、ところどころに砂利を敷いているのに、僕はコースアウトすらせず、コース上に留まっていた」と状況への不満を表明した。

マクラーレン オスカー・ピアストリのF1参戦2戦目の成長を絶賛

2024年6月5日
マクラーレン オスカー・ピアストリのF1参戦2戦目の成長を絶賛
マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレア・ステラは、オスカー・ピアストリのF1参戦2年目となる今季のパフォーマンスと成長に感銘を受けており、「非常にうまくやっている」と絶賛している。

ピアストリは前回のモナコGPで、レース優勝者のシャルル・ルクレールに次ぐ2位となり、予選でもチームメイトのランド・ノリスを上回った。

オスカー・ピアストリ 「マクラーレンF1はもう高速サーキット頼みではない」

2024年5月31日
オスカー・ピアストリ 「マクラーレンF1はもう高速サーキット頼みではない」
オスカー・ピアストリは、F1モナコGPでの表彰台獲得が、マクラーレンが高速のF1コースにのみ頼らなくても、トップクラスの競争力を維持できることを証明したと考えている。

マクラーレンは昨シーズン、ピアストリのF1デビューシーズン中にポイント獲得にも苦戦していたが、安定したトップランナーへと躍進し、見事な復活を遂げた。

オスカー・ピアストリ F1モナコGP決勝「シャルルはずっとメガだった」

2024年5月27日
オスカー・ピアストリ F1モナコGP決勝「シャルルはずっとメガだった」
オスカー・ピアストリは、2024年F1第8戦モナコGPでシャルル・ルクレールに勝つことは常にほぼ不可能だったと認め、最終的に日曜日にフェラーリを打ち負かすのは不可能に近かったと認めた。

ピアストリは土曜日の予選で2番手につけ、ルクレールとともにフロントローからスタート。サン・デヴォートからボー・リヴァージュまでの走行でトップに立つチャンスが1度だけあった。

オスカー・ピアストリ F1モナコGP予選「1コーナーでルクレールを差したい」

2024年5月26日
オスカー・ピアストリ F1モナコGP予選「1コーナーでルクレールを差したい」
オスカー・ピアストリは、2024年第8戦F1モナコGPの予選で2番グリッドを獲得。モナコグランプリでの「最初の目標」は、ポールシッターのシャルル・ルクレールから首位を奪うことだ。

ルクレールはピアストリを抑えて、母国グランプリで3度目のポールポジションを獲得。ピアストリは2戦連続の予選2番手となり、フロントローに並ぶ。

オスカー・ピアストリ F1モナコGP初日「雨の可能性を考慮した」

2024年5月25日
オスカー・ピアストリ F1モナコGP初日「雨の可能性を考慮した」
オスカー・ピアストリは、2024年F1第8戦モナコGP初日のフリー走行を12番手で終了。FP2ではソフトタイヤを使用しなかった。

セッション後、ピアストリは、プラクティスを通してのマクラーレンのタイヤ戦略の考え方について詳しく説明し、金曜の午後に雨が降るという予報も考慮に入れたと説明した。

オスカー・ピアストリ F1モナコGP展望「現実的な勝利のチャンス」

2024年5月24日
オスカー・ピアストリ F1モナコGP展望「現実的な勝利のチャンス」
オスカー・ピアストリは、2024年F1第8戦モナコGPで現実的な勝利のチャンスがあることに興奮している

マクラーレンとフェラーリは、最近のレースでの好調を維持し、モンテカルロのストリートでレッドブル・レーシングに挑戦すると予想されている。

マイアミGPでは、ランド・ノリスがマックス・フェルスタッペンをコース上で抑えて悲願のF1初優勝を果たした。マクラーレンにとっては2021年イタリアGP以来の優勝となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム