ピエール・ガスリー 「2018年にトロ・ロッソでF1を戦う準備はできている」

2017年7月19日
ピエール・ガスリー F1 トロ・ロッソ
ピエール・ガスリーは、2018年にトロ・ロッソでF1を戦う準備はできていると感じている。

2016年にGP2でチャンピオンを獲得したピエール・ガスリーだが、トロ・ロッソがカルロス・サインツとダニーエ・クビアトの継続を選んだため、今年は日本でスーパーフォーミュラに参戦している。

先週、カルロス・サインツの移籍報道がパドックを賑わせたが、レッドブルは、2018年もトロ・ロッソの現行ドライバーラインナップを継続することを示唆している。

カルロス・サインツ、ルノー移籍を否定 「2018年もトロ・ロッソ」

2017年7月19日
カルロス・サインツ F1 ルノー
カルロス・サインツは、2018年のルノー移籍を否定。2018年もトロ・ロッソで走ることを確認し、総合にいったん終止符を打った。

F1オーストリアGP前、カルロス・サインツはトロ・ロッソでもう1年走る可能性は低いとリポーターにコメント。だが、その後、レッドブルはカルロス・サインツの契約オプションを行使して契約を延長。適切な移籍金が支払われなければ他チームへ移籍することをないと述べていた。

ホンダF1、2018年にトロ・ロッソにパワーユニットを供給?

2017年7月18日
ホンダF1 トロ・ロッソ
ホンダのF1での将来について様々な憶測が飛び交っている。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1復帰したホンダだが、信頼性とパフォーマンス不足により評価は大きく下がっている。マクラーレンは他のパワーユニットへの載せ替えも視野に入れていることを公にしており、2018年からカスタマーパワーユニットを供給することになっているザウバーとの契約もご破算になる可能性が報じられている。

カルロス・サインツ、次戦F1ハンガリーGPからルノーのドライバーに?

2017年7月17日
ルノー F1 カルロス・サインツ
カルロス・サインツがレッドブルと決別し、次戦F1ハンガリーGPからルノーに移籍してジョリオン・パーマーの後任を務めるとの噂がなされている。

Auto Bild が報じたところによると、トロ・ロッソでの将来を望んでいないとしたカルロス・サインツのコメントがレッドブルを激怒され、レッドブルはサインツをラインナップから外すことを決定したという。

トロ・ロッソ:同士討ちでレースを失う / F1イギリスGP

2017年7月17日
トロ・ロッソ F1 イギリスグランプリ
トロ・ロッソは、F1イギリスGPの決勝で、オープニングラップで同士討つを演じ、ダニール・クビアトが15位、カルロス・サインツがリタイアでレースを終えた。

ダニール・クビアト (15位)
「カルロスとの接触の後に続けることはできたけど、僕のレースも妥協を強いられたし、もちろん、起こったことは不満に感じている。僕が前だったし、汚れたラインにいた。アンダーステアが出るのは普通のことだし、そのあと突然、クラッシュが起こった」

トロ・ロッソ:F1イギリスGP 予選レポート

2017年7月16日
トロ・ロッソ F1 イギリスグランプリ
トロ・ロッソは、F1イギリスGPの予選でダニール・クビアトが12番手、カルロス・サインツが14番手だった。

ダニール・クビアト (12番手)
「午前中のFP3ではクルマに完全に自信を感じることができていなかったけど、予選ではクルマの感触は良くなって、それを取り戻すことができた。今日のトリッキーなコンディションでは12番手は僕たちにできたベストだったと言いたい」

トロ・ロッソ:F1イギリスGP 金曜フリー走行レポート

2017年7月15日
トロ・ロッソ F1 イギリスグランプリ
トロ・ロッソは、F1イギリスGPの金曜フリー走行でカルロス・サインツが11番手タイム、ダニール・クビアトが12番手タイムだった。

カルロス・サインツ (11番手)
「ここシルバーストーンでかなりトリッキーな金曜日だった。午前中のFP1セッション中はクルマのバランスを評価して、FP2にむけて良い進歩を果たすことができていた」

トロ・ロッソ、ホイールテザーが切れた状態でマシンを車検に提出

2017年7月14日
トロ・ロッソ F1 イギリスグランプリ
トロ・ロッソは、カルロス・サインツのマシンをホイールテザーが切れた状態で車検に提出。レギュレーション違反を犯したとしてシュチュワードに呼び出された。

F1マシンはグランプリ週末を前にレギュレーションに適合し、安全に競技に参加できることを確認するために車検に合格しなければならない。

トロ・ロッソ、ホイールテザーを交換して車検に合格

2017年7月14日
トロ・ロッソ F1 イギリスグランプリ
トロ・ロッソは13日(木)にスチュワードによって危険と見なされていたパーツを自主的に交換し、F1イギリスGPへの参戦が許可された。

13日(木)に実施された車検で、トロ・ロッソのカルロス・サインツのマシンのホイールテザーに損傷があることが発覚。トロ・ロッソは、この問題に気づいた際に十分に修復することができず、スチュワードはレギュレーション違反の疑いでトロ・ロッソを呼び出していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム