スクーデリア・トロ・ロッソ:歴代F1マシン

2018年1月21日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
トロ・ロッソは、ホンダのF1パワーユニットを搭載した第1号マシン『STR13』を2月25日(日)にバルセロナで発表する。

トロ・ロッソは、2015年にレッドブルがミナルディを買収して設立。レッドブルの若手ドライバーを育成するジュニアチームとして誕生した。チーム名のスクーデリア・トロ・ロッソ(Scuderia Toro Rosso)は、Scuderiaがチーム、Toroが雄牛、Rossoが赤を意味し、英語に訳すとTeam Red Bullとなる。

トロロッソ・ホンダにとって3基のF1エンジン使用制限は“頭痛の種”

2018年1月21日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 本田技研工業
トロロッソ・ホンダにとって、2018年の新しいF1エンジン制限は“頭痛の種”になる可能性がチーム代表のフランツ・トストは認識している。

2018年からはF1カレンダーが21戦に拡大されるにも関わらず、ドライバーが年間に使用できるF1エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hは3基までとなり、MGU-K、コントロールエレクトロニクス、エネルギーストアは年間2基に削減される。

トロ・ロッソ 「ホンダとのF1エンジン独占契約の恩恵を享受している」

2018年1月20日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 2018年のF1世界選手権
スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表フランス・トストは、2018年にホンダと独占的なパートナーシップを結んだことでF1マシンの設計上の恩恵を享受していると語る。

マクラーレンとのパートナーシップを解消したホンダは、F1に残留することを選び、2018年からルノーのカスタマーだったトロ・ロッソにF1パワーユニットを独占供給する。

「トロロッソ・ホンダは成功すると確信している」とフランツ・トスト

2018年1月19日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは、ホンダとの新たなパートナーシップは成功すると確信していると語る。

昨シーズンはレッドブルの姉妹チームであるトロ・ロッソにとって激動の一年となった。シーズン後半に不可解な競争力の低下と信頼性トラブルが多発したことにより、最終戦でルノーにコンストラクターズ6位の座を明け渡すことになった。

トロロッソ・ホンダ、2018年F1マシン『STR13』を2月25日に発表

2018年1月19日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 2018年のF1世界選手権
トロロッソ・ホンダは、2018年F1マシン『STR13』を2月25日(日)にバルセロナで発表する。

スクーデリア・トロ・ロッソは、2018年から新たにホンダをF1エンジンパートナーに迎え、「レッドブル・トロロッソ・ホンダ(RED BULL TORO ROSSO HONDA)」のチーム名で参戦する。

トロ・ロッソ、ホンダF1との成功のためにスタッフに日本文化の講習

2018年1月18日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
2018年からホンダと新たにパートナーシップを結ぶトロ・ロッソは、マクラーレン・ホンダの失敗を教訓にしていくつかの対策に取り組んでいる。

マクラーレンは2015年からF1に復帰したホンダとパートナーシップを結んだが、ホンダのF1パワーユニットの信頼性とパフォーマンス不足と相まって期待した結果を出すことができず、マクラーレン・ホンダは3年間で終止符を打つことになった。

トロロッソ・ホンダ、空力責任者がチーム離脱

2018年1月17日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
スクーデリア・トロ・ロッソで空力責任者を務めてきたブレンダン・ギルホームが離脱。チームは2018年にむけて空力部門の再編に直面することになった。

ブレンダン・ギルホームは2013年7月にトロ・ロッソに加入。以前はメルセデスでプリンシパルエアロダイナミス、BMWザウバーで空力部門のグループリーダーを務めていた。

トロロッソ・ホンダ、2018年F1マシン『STR13』がクラッシュテストに合格

2018年1月17日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
トロロッソ・ホンダは、2018年F1マシン『STR13』がクラッシュテストに合格したことを明らかにした。

スクーデリア・トロ・ロッソは2018年シーズンにルノーからホンダのF1パワーユニットに切り替える。だが、決定がシーズン後半までもつれ込んだため、すでにルノーのF1パワーユニットを想定して設計を開始していたマシンをホンダ用に変更することを強いられた。

トロロッソ・ホンダ 「ガスリーとハートレーにはポテンシャルがある」

2018年1月16日
F1 スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表フランス・トストは、ピエール・ガスリーとブランドン・ハートレーはF1で真のポテンシャルが示すチャンスがなかったと考えており、2018年にはそれを実現すると考えている。

昨シーズン後半、トロ・ロッソはドライバーラインナップを何度も変更。ピエール・ガスリーはダニール・クビアトに代わってマレーシアGPと日本GPに参戦。その後、最後の4戦ではブレンドン・ハートレーがカルロスサインツのシートを引き継いだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム