ニック・デ・フリース、パスポート問題でF1シンガポールGPの準備に支障

2022年9月24日
ニック・デ・フリース、パスポート問題でF1シンガポールGPの準備に支障
ニック・デ・フリースは、F1シンガポールGPでウィリアムズでアレックス・アルボンの代役を務める可能性があるが、パスポート問題によってシミュレーター作業を行うことができなかった。

今週、ニック・デ・フリースは、ハンガロリンクで、2023年のドライバー候補に挙げられている1つであるアルピーヌF1チームと1年前のF1マシンをテストした。

ジョージ・ラッセル 「デ・フリースの代役F1参戦の方が難しかったはず」

2022年9月22日
ジョージ・ラッセル 「デ・フリースの代役F1参戦の方が難しかったはず」
ニック・デ・フリースがF1イタリアGPで初めてのF1グランプリに参加するために突然呼び出されたときにどのような経験していたかを知っている人がいれば、それは間違いなくジョージ・ラッセルだ。

両方のドライバーは長年メルセデスの育成ドライバーであり、ジョージ・ラッセルがタイトルを獲得した2018年のF2チャンピオンシップで互いに競い合っていた。翌年、ニック・デ・フリースはF2でチャンピオンを獲得している。

ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1で2回目の出場に向けてシート調整

2022年9月21日
ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1で2回目の出場に向けてシート調整
ニック・デ・フリースは、レギュラードライバーのアレクサンダー・アルボンがF1シンガポールGPまでに体調が回復しない場合に備えて、ウィリアムズF1チームのファクトリーでシートを作り直していると報じられている。

アレクサンダー・アルボンはF1イタリアGPの週末に虫垂炎の手術を受けたが、手術後に呼吸不全に陥り、回復をさらに困難にした。

レッドブルF1首脳 「コルトン・ハータの手続きはもう進めていない」

2022年9月20日
レッドブルF1首脳 「コルトン・ハータの手続きはもう進めていない」
コルトン・ハータのF1への夢は、レッドブルが必須のF1スーパーライセンスを確保するための努力を断念したことで、今のところ終わっている。

FIA(国際自動車連盟)が22歳のコルトン・ハータに厳格なポイントをベースとしたF1スーパーライセンス規則の免除を与えることを拒否したと報じられるなかで、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「コルトン・ハーターの手続きはもう進めていない」と述べた。

ニック・デ・フリース、レッドブルとのアルファタウリF1加入交渉を認める

2022年9月19日
ニック・デ・フリース、レッドブルとのアルファタウリF1加入交渉を認める
ニック・デ・フリースは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコと、アルファタウリF1チームとの将来の可能性について話し合っていることを認めた。

モンツァでのF1デビューをきっかけに、ニック・デ・フリースはアルピーヌF1チームとウィリアムズでの潜在的な機会と、レッドブル ファミリーに参加する機会を持っているが、どこに行くかを選択する立場にないと主張している。

アルファタウリF1、2023年は角田裕毅とニック・デ・フリースで確定?

2022年9月18日
アルファタウリF1、2023年は角田裕毅とニック・デ・フリースで確定?
アルファタウリF1の2023年のドライバーラインナップは角田裕毅とニック・デ・フリースで固まった可能性がある。

ドミノ効果はゆっくりと形になるつつあるのかもしれない。F2チャンピオンを獲得してから3年、ニック・デ・フリースは2023年にようやくF1シートを手に入れようとしている。今週の金曜日、Motorsport-magazin.comは、デ・フリースがオーストリアのグラーツ近郊のヘルムート・マルコの会社で目撃されたことを報道。

レッドブルF1、ニック・デ・フリースをアルファタウリで起用との報道

2022年9月17日
レッドブルF1、ニック・デ・フリースをアルファタウリで起用との報道
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、オーストリアでニック・デ・フリースと会っていることが目撃された。

ピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍は、レッドブルがコルトン・ハータとの契約を断念したことで崩壊したように見えたが、アルファタウリに配置する満足のいく代替案が見つかったようだ。

マックス・フェルスタッペン、ニック・デ・フリースのF1デビュー戦を称賛

2022年9月16日
マックス・フェルスタッペン、ニック・デ・フリースのF1デビュー戦を称賛
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、先週末のイタリアグランプリで印象的なデビューを果たしたニック・デ・フリースを称賛した。

ニック・デ・フリースは、虫垂炎と診断されたアレクサンダー・アルボンの代役としてウィリアムズに土曜日の朝に招集された。そして、予選で見事なパフォーマンスを見せてQ2進出を果たすと、レースでは9位でラインを越えて、2点のチャンピオンシップポイントを獲得した。

ニック・デ・フリース、夢のF1デビューを回想「一睡もできなかった」

2022年9月14日
ニック・デ・フリース、夢のF1デビューを回想 「一睡もできなかった」
ニック・デ・フリースは、F1イタリアGPで9位に入賞したF1デビューの経験は「夢」だったと振り返った。

ニック・デ・フリースは、虫垂炎に苦しんだアレクサンダー・アルボンの代役として召集された。デ・フリースは堅実な予選を行い、Q1を突破。他のドライバーのペナルティにより、8番グリッドからレースをスタートした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム