F1:ニック・デ・フリース、不動産王との融資を巡る裁判で無罪判決

2023年2月4日
F1:ニック・デ・フリース、不動産王との融資を巡る裁判で無罪判決
ニック・デ・フリースは、オランダの不動産王イェルーン・スコートーストが25万ユーロの融資の融資に関連して起こした裁判で、アムステルダムの裁判所で不正行為を認めず、無罪となった。

この問題は、現アルファタウリのF1ドライバーがプレマ・レーシングでのF2キャンペーンの資金調達のために2018年にイェルーン・スコートーストの投資ファンドであるインベストランドから受けた融資に関連するものだ。

アルファタウリF1の角田裕毅&デ・フリース、ピレリのテストを実施

2023年2月2日
アルファタウリF1の角田裕毅&デ・フリース、ピレリのテストを実施
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅とニック・デ・フリースは、来週末、ポール・リカールでピレリのタイヤテストを実施す。

今年、アルピーヌF1チームに移籍したピエール・ガスリーの後任としてニック・デ・フリースがスクーデリア・アルファタウリに加入。3年目の角田裕毅とコンビを組む。

デ・フリース 「F1への長い道のりでプレッシャーに負けそうなこともあった」

2023年2月1日
ニック・デ・フリース 「F1への長い道のりでプレッシャーに負けそうなこともあった」
2023年のF1世界選手権でスクーデリア・アルファタウリのドライバーとしてフルタイムでF1に参戦するニック・デ・フリースは、下位カテゴリーを駆け上がっている間に、F1への夢をあきらめかけ、時にはプレッシャーに苦しんだと語る。

7年前のGP3での期待外れのシーズンは、F1に到達しようとするニック・デ・フリースのを阻みかねないものだった。彼は最終的にF2のシートを確保したが、2年目にチャンピオンを獲得したとき、さらなる挫折を味わった。

アルファタウリF1のニック・デ・フリース、自身の商品ラインを立ち上げ

2023年1月31日
アルファタウリF1のニック・デ・フリース、自身の商品ラインを立ち上げ
F1の仲間に続いて、ニック・デ・ブリースもアパレルラインを立ち上げることになった。妹のセイシェルがプロジェクトを指揮し、スコッチ&ソーダの創設者エリック・ビルスマと、フランス人マネージャーであるギヨーム・ル・ゴフが協力している。

2023年にアルファタウリのF1ドライバーとなるニック・デ・フリースは、かなりファッションに敏感だ。その点でも、所属チームとなるアパレルブランドのアルファタウリとは相性がいい。

ファン・パブロ・モントーヤ 「デ・フリースが角田裕毅に劣ることはないはず」

2023年1月31日
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤ 「デ・フリースが角田裕毅に劣ることはないはず」
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤは、ニック・デ・フリースがアルファタウリF1のチームメイトとなる角田裕毅に対して大きく劣ることはないだろうと考えている。

すでにF1デビューを果たしているニュク・デ・フリースだが、2023年には初めてF1フルシーズンを戦うことになる。この「ルーキー」はアルファータウリF1でチームメイトの角田裕毅と対峙することになる。

フェルスタッペン 「デ・フリースはまさにアルファタウリF1に必要な人材」

2023年1月30日
マックス・フェルスタッペン 「デ・フリースはまさにアルファタウリF1に必要な人材」
マックス・フェルスタッペンは、ニック・デ・フリースがアルファタウリF1がまさに必要としているドライバーだと考えている。

ニック・デ・フリースは、周知の通り、すでにF1公式デビューを果たしている。アレクサンダー・アルボンの代役としてモンツァ・サーキットでウィリアムズF1に乗り込んで9位入賞を果たしたデ・フリースのパフォーマンスは、注目され、F1シート獲得に向けた追い風となった。

ニック・デ・フリース、アルファタウリF1 加入インタビュー

2023年1月28日
ニック・デ・フリース、アルファタウリF1 加入インタビュー
ニック・デ・フリースが、スクーデリア・アルファタウリ加入後、チームのインタビューに答えた。

FIA-F2、フォーミュラEのチャンピオンという輝かしい経歴を持ったニック・デ・フリースは、昨年のF1イタリアGPでのウィリアムズF1での代役出場でその実力をF1パドックに改めて知らしめ、2023年のスクーデリア・アルファタウリのF1シートを手にした。

ニック・デ・フリース、アルファタウリF1のプライベートテストで走行

2023年1月26日
ニック・デ・フリース、アルファタウリF1のプライベートテストで走行
ニック・デ・フリースは、アルファタウリF1のプライベートテストに参加し、旧型マシンで2023年シーズンにむけた実戦トレーニングを行った。

F2とフォーミュラEのチャンピオンであり、メルセデスF1のリザーブドライバーとして、テストや複数回のFP1に参加してきたニック・デ・フリースだったが、フルタイムのF1シート候補として本格的に検討されることはなかった。

ニック・デ・フリースを訴えた不動産王「誰もやりたがらない時に融資した」

2023年1月20日
F1:ニック・デ・フリースを訴えた不動産王「誰もやりたがらない時に融資した」
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーであるニック・デ・フリースは、ジュニア キャリアをサポートするために使用された 25万ユーロのローンをめぐって、オランダの不動産王からの訴訟に直面している。

昨年のモンツァでのF1イタリアGPで、虫垂炎にかかったアレクサンダー・アルボンの代役として急遽ウィリアムズから招集されたニック・デ・フリースは、9位でフィニッシュしてパドックに感銘を与えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム