角田裕毅 F1日本GP決勝で見せた“タイヤメネジメント力”をRB幹部が絶賛

2024年4月9日
角田裕毅 F1日本GP決勝で見せた“タイヤメネジメント力”をRB幹部が絶賛
ビザ・キャッシュアップRBのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、角田裕毅が10位入賞を果たした2024年F1第4戦日本GPの決勝レースを振り返った。

鈴鹿サーキットを沸かせた角田裕毅の鋭い走りとチームワークによる入賞だった。予選10番手となった角田裕毅は、ミディアムのスタートで後退。しかし、赤旗中断後のリスタートでソフトタイヤに交換するアグレッシブな戦略で順位を取り戻す。

2024年F1 日本GP 決勝:11番手以降 F1ドライバーコメント

2024年4月8日
2024年F1 日本GP 決勝:11番手以降 F1ドライバーコメント
2024年F1第4戦日本GPの決勝で11番手以降だったドライバーのコメント。

1周目にダニエル・リカルド(RB)とアレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)のクラッシュによって赤旗中断という波乱のスタートとなった日本グランプリ。中盤には5台が同時にピットインする場面があり、そこをトップで抜けた角田裕毅(RB)が最後のポイントを獲得し、そこで敗れたドライバーは入賞を逃すことになった。

角田裕毅 F1日本GPで日本人ドライバー入賞は小林可夢偉以来12年ぶり

2024年4月8日
角田裕毅 F1日本GPで日本人ドライバー入賞は小林可夢偉以来12年ぶり
2024年のF1世界選手権 第4戦 日本GPでは終始アクションの連続だったが、開幕から4戦連続でワンツーという史上初の珍しい結果を生んだ。

53周で争われた鈴鹿では他にも魅力的な番号がたくさんあった。ここでは、その中から特に注目すべきものをピックアップする。

ランド・ノリス F1日本GP決勝「フェラーリ相手に負け戦を強いられた」

2024年4月8日
ランド・ノリス F1日本GP決勝「フェラーリ相手に負け戦を強いられた」
ランド・ノリスは、2024年F1日本GPでライバルたちよりも早くピットインしたチームの決定に同意できず、マクラーレンの戦略について話し合いたいと考えている。

ノリスは鈴鹿で行われた日曜日のレース序盤で3位をキープしたものの、最終的にはフェラーリのカルロス・サインツと シャルル・ルクレールの後塵を拝し、5位でフィニッシュした。

シャルル・ルクレール F1日本GP決勝「予選ペースが問題」

2024年4月8日
シャルル・ルクレール F1日本GP決勝「予選ペースが問題」
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2024年F1第4戦日本GPの決勝を4位でフィニッシュ。予選が結果に響いたと語った。

ルクレールは、ミディアムのオープニングスティントを延長する果敢な作戦に出たが、最終的にサインツが表彰台の最後のスポットを獲得するために押し寄せるのをただ見守ることしかできなかった。ルクレールは、今日はこれ以上のことができなかったと主張する。

マギー ヘリで鈴鹿サーキット入りしてF1日本GPをVIP観戦

2024年4月8日
マギー ヘリで鈴鹿サーキット入りしてF1日本GPをVIP観戦
タレントののマギーが自身のInstagramで2024年のF1日本GPを観戦した模様を投稿。ヘリーで鈴鹿サーキット入りするなど、VIP観戦ぶりを披露した。

カートレースにも参加し、Youtubeチャンネル「MAGGY's Beauty and the Speed」で様々な自動車のインプレッションを投稿しているマギー。昨年に続き、今年もマクラーレンのゲストとしてF1日本GPを観戦した。

2024年F1 日本GP:春開催の鈴鹿サーキットに3日間で22万9000人が来場

2024年4月8日
2024年F1 日本GP:春開催の鈴鹿サーキットに3日間で22万9000人が来場
鈴鹿サーキットは、2024年F1 日本GPの入場者数を発表。3日間で昨年を22万9000人が来場し、昨年に続いて2年連続で20万人を超えた。決勝日には10万人を超える観客が詰めかけた。

初の春開催となった日本グランプリは、年よりも10度近く低い気温となり、金曜日には雨も降ったが、日曜日は晴天に恵まれて22度まで気温は上がった。

カルロス・サインツJr. F1日本GP決勝「表彰台は不可能だと思っていた」

2024年4月8日
カルロス・サインツJr. F1日本GP決勝「表彰台は不可能だと思っていた」
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2024年F1第4戦日本GPの決勝で3位表彰台を獲得。リスキーな戦略的ギャンブルが実を結ばないことを恐れていたことを認める一方で、来シーズンの自分がどこにいるのか「見当もつかない」と主張した。

4番グリッドからスタートしたサインツは、両スタートでランド・ノリスをパスすることができなかった。11周目にマクラーレンがアンダーカットを狙ってストップしたことでパスしたものの、15周目に最初のピットストップを行ったところで再び遅れをとった。

アルボン F1日本GP決勝「壁にぶつかる前からスペアのことを心配した」

2024年4月8日
アレクサンダー・アルボン F1日本GP決勝「壁にぶつかる前からスペアのことを心配した」
アレクサンダー・アルボンは、2024年F1日本GPでウォールに激突する前からウィリアムズ・スペアパーツの状況を考えていたとと語った。

オープニングラップ、アルボンはS自のスタート地点にあるターン3で、スタートで出遅れたRBのダニエル・リカルドに追突された。この一撃で両車はタイヤバリアに突っ込み、その後30分間の赤旗中断の間に修復が行われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム