【動画】 バルテリ・ボッタス、スプーンでクラッシュ / F1日本GP

2017年10月7日
バルテリ・ボッタス 日本グランプリ メルセデスAMG F1
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1日本グランプリのフリー走行3回目でクラッシュを喫した。

土曜日の鈴鹿はドライになったばかりの難しいコンディション。バルテリ・ボッタスはスプーンの立ち上がりでコース脇にはみ出してコントロールを失い、スピードに乗ったままマシン右側をガードレースにヒットさせた。この事故でセッションは赤旗中断となった。

バルテリ・ボッタス、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1日本GP

2017年10月7日
バルテリ・ボッタス 日本グランプリ メルセデスAMG F1
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ギアボックス交換により、F1日本グランプリの決勝で5グリッド降格ペナルティを受けることになる。

ドライコンディションで行われたフリー走行1回目を5番手タイムで終えていたバルテリ・ボッタスだが、ギアボックス交換により厳しい状況に立たされることになった。

バルテリ・ボッタス 「マレーシアのレースから多くのことを学んだ」

2017年10月6日
バルテリ・ボッタス メルセデスAMG F1 日本グランプリ
メルセデスのバルテリ・ボッタスが、F1日本グランプリにむけての意気込みを語った。

前戦F1マレーシアGPを5位でフィニッシュしたバルテリ・ボッタスは、今までのF1キャリアで最も困難な時期にいると危機感を抱いている。

鈴鹿でのレースに先立ち、バルテリ・ボッタスは「僕がやりたいことは、パフォーマンスを発揮して、個人的に決めた目標を達成することだけだ」とコメント。

バルテリ・ボッタスが危機感 「キャリアで最も困難な時期」

2017年10月4日
バルテリ・ボッタス メルセデスAMG F1 マレーシアグランプリ
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、今が自分のキャリアで“最も困難な時期”だと危機感を募らせている。

今年、メルセデスに加入したバルテリ・ボッタスは、第4戦F1ロシアGPでキャリア初勝利を挙げ、第11戦ハンガリーGPで2勝目を挙げ、タイトル争いに名乗りを上げた。F1シンガポールGP前には2018年もメルセデスに残留することが発表されている。

メルセデス、バルテリ・ボッタスの2018年のチーム残留を正式発表

2017年9月13日
メルセデスAMG F1 バルテリ・ボッタス
メルセデスは、バルテリ・ボッタスが2018年の新たな契約を結んだことを発表した。

昨年末、ワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグが電撃引退。バルテリ・ボッタスはウィリアムズとの契約を有していたが、契約を解消して今年からメルセデスに加入した。

だが、バルテリ・ボッタスの契約は1年のみの契約であったことから、メルセデスの2018年のドライバーラインナップは憶測を呼んでいた。

バルテリ・ボッタス 「ハイダウンフォース仕様を改善させる必要がある」

2017年8月18日
バルテリ・ボッタス F1 メルセデス
バルテリ・ボッタスは、メルセデスがハイダウンフォース仕様のマシンを改善させなければ、シーズン後半に苦戦を強いられることになると考えている。

メルセデスは、F1モナコGPとF1ハンガリーGPで苦戦。ライバルのフェラーリに1-2フィニッシュを許した。バルテリ・ボッタスはモナコで4位、ハンガリーで3位でフィニッシュしているが、チームメイトのルイス・ハミルトンは7位と4位という結果に終わっている。

メルセデス、バルテリ・ボッタスとの契約はシンガポールGPまでに決断

2017年8月6日
メルセデス F1 バルテリ・ボッタス
メルセデスは、バルテリ・ボッタスと2018年の契約を結ぶかどうかをフライアウェイレースに旅立つ9月のF1シンガポールGPまでに決定したいと述べた。

バルテリ・ボッタスは、昨年末に電撃引退したニコ・ロズベルグの更新としてメルセデスに加入。だが、契約は1年のみで、2018年についてはまだ決定していない。

メルセデス、バルテリ・ボッタスとの1年の契約延長を示唆

2017年7月18日
メルセデス F1 バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスは、2018年にむけてメルセデスとの契約を1年延長することになりそうだ。

バルテリ・ボッタスは、昨年末に電撃引退したニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスと1年契約を締結。メルセデスとの“長期的”な将来を築いていくことを目指している。

メルセデスは、バルテリ・ボッタスに満足しており、彼を確保したいと考えているようだ。

バルテリ・ボッタス、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1イギリスGP

2017年7月15日
バルテリ・ボッタス F1 イギリスグランプリ
バルテリ・ボッタスは、F1イギリスGPの決勝でギアボックス交換により5グリッド降格ペナルティを科せられることになった。

前戦F1オーストリアGPで自身初のポール・トゥ・ウィンを果たして今季2勝目を挙げたバルテリ・ボッタスは、連戦となったF1イギリスGP初日のフリー走行で午前・午後ともにトップタイムを記録して好調さを維持していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム