F1 | バルテリ・ボッタス 「フェルスタッペンの契約延長は驚かなかった」

2020年1月20日
F1
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、マックス・フェルスタッペンがレッドブル・ホンダと早期に契約を延長したことを驚きはしなかったと語る。

グリッドの多くのドライバーと同様にバルテリ・ボッタスも今シーズン末でチームとの契約が失効する。昨年末にはフェラーリがシャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長。そして、今年に入ってからレッドブル・ホンダがマックス・フェルスタッペンとの契約を2023年まで延長したことを発表している。

F1 | バルテリ・ボッタス 「まだパフォーマンスのピークは迎えていない」

2020年1月15日
F1
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2020年のF1世界選手権について強気だ。

昨年、開幕戦オーストラリアGPで勝利を飾る好スタートを切ったバルテリ・ボッタスをメディアは“ボッタス2.0”と名付けたが、最終的にチームメイトのルイス・ハミルトンに87ポイント差をつけられてシーズンを終えることとなった。

F1 | ダニエル・リカルド、F1で最大のライバルに意外な名前

2020年1月9日
F1
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、F1で最大のライバルを質問されて意外な名前を挙げた。

ダニエル・リカルドのF1キャリアを考えれば、最大のライバルにはレッドブル時代にチームメイトだったマックス・フェルスタッペンとセバスチャン・ベッテルの名前が浮かぶ。

バルテリ・ボッタス 「ハミルトンの元エンジニアから多くを学んだ」

2020年1月8日
バルテリ・ボッタス 「ハミルトンの元エンジニアから多くを学んだ」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2019年にルイス・ハミルトンの元エンジニアと仕事をしたことは“素晴らしい機会”だったとし、6回のF1ワールドチャンピオンのメソッドを学ぶことができたと語る。

昨年、バルテリ・ボッタスは、それまでエンジニアを務めていたトニー・ロスがフォーミュラEに異動になったことで、ルイス・ハミルトンのパフォーマンスエンジニアを務めていたリカルド・ムスコーニを新たなエンジニアに迎えた。

バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1との複数年契約を勝ち取りたい」

2020年1月6日
バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1との複数年契約を勝ち取りたい」
メルセデスのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスは、2020年以降もメルセデスに残留することをチームにとって“考えるまでもない決断”にすることが目標であり、次の契約では複数年契約を結びたいと語る。

ニコ・ロズベルグの後任として2017年にメルセデスに加入したバルテリ・ボッタスは、ここまで1年ごとの契約を更新してシートを維持。メルセデスのタイトル連覇に貢献してきた。

バルテリ・ボッタス 「シート喪失の噂でF1レースへの愛情を失っていた」

2019年12月21日
バルテリ・ボッタス 「シート喪失の噂でF1レースへの愛情を失っていた」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2018年に繰り返されたF1シート喪失の噂でレースへの愛情を失っていたと明かす。

2018年、チームメイトのルイス・ハミルトンがF1ワールドチャンピオンを獲得したのに対し、バルテリ・ボッタスは未勝利で終えた。しかし、今シーズンは復調し、開幕戦での優勝を含めて4勝を挙げて、ランキング2位でシーズンを終えた。

バルテリ・ボッタス、ポール・リカールで開催されたラリー大会で優勝

2019年12月10日
バルテリ・ボッタス、ポール・リカールで開催されたラリー大会で優勝
メルセデスのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスは、ポール・リカール・サーキットで開催された『Rallycircuit Cote d'Azur』で優勝した。

バルテリ・ボッタスは、今年ラリーマシンで活躍しており、1月にはアークティック・ラップランドラリーに参戦して総合5位入賞を果たしている。

「ボッタスにはF1王座獲得に必要なハングリー精神が欠けている」

2019年12月9日
「ボッタスにはF1タイトル獲得に必要なハングリー精神が欠けている」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、メルセデスのバルテリ・ボッタスにはF1ワールドチャンピオンを獲得するためのハングリー精神に欠けていると指摘する。

今年、バルテリ・ボッタスは4勝と11回の表彰台を獲得して自身ベストとなるシーズンを過ごした。しかし、最終的にタイトルを獲得したルイス・ハミルトンとは87ポイントの大差がついた。

バルテリ・ボッタス、最後尾から4位入賞 「ベストレースのひとつ」

2019年12月2日
バルテリ・ボッタス、最後尾から4位入賞 「ベストレースのひとつ」
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1アブダビGPの決勝レースで最後尾からスタートして4位入賞。だが、シャルル・ルクレール(フェラーリ)に0.9秒差で表彰台に届かなかったことで喜びは控え目だ。

「最も簡単なレースではなかった。序盤にDRSが使用できない状況で20周近くで周回を重ねたことで、順位を上げるのがますます困難になりました」とバルテリ・ボッタスはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム