周冠宇、自己ベスト8位入賞 「コース上でも戦略でもすべてを正しく行った」

2022年6月20日
周冠宇、自己ベスト8位入賞 「コース上でも戦略でもすべてを正しく行った」 / アルファロメオ F1カナダGP 決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を8位で終えた。

「僕にとってもチームにとってもかなり良い週末だった。これまでのF1でのベストフィニッシュだし、8位に本当に満足している」と周冠宇はコメント。

「今日、僕たちはコース上、そして、戦略ですべてを正しく行った。しばらくランスの後ろで立ち往生していたけど、それでも、僕たちはクリーンだったし、週末にわたって迅速な進歩を果たした」

周冠宇、Q3初進出 「モントリオールで到達するとは思ってもみなかった」

2022年6月19日
周冠宇、Q3初進出 「モントリオールで到達するとは思ってもみなかった」 / アルファロオ F1カナダGP 予選
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1第9戦カナダグラプリの予選でQ3初進出を果たし、10番手でセッションを終えた。

「Q3に進出することができて本当にうれいし。特に雨のセッションはイモラと今日のFP3を入れて全部で3回しか経験していなくて、フルウェットでの予選セッションは初めてだったからね。今朝起きて、コンディションを見た瞬間、何かが起こる可能性があることあh分かっていた」と周冠宇はコメント。

周冠宇、2023年にアルファロメオF1のシート喪失の噂も「心配はしてない」

2022年6月7日
周冠宇、2023年にアルファロメオF1のシート喪失の噂も「心配はしてない」
中国人F1ドライバーの周冠宇は、来季もアルファロメオF1のシートを維持するかどうかわからないと語る。

アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは、これまでの周冠宇のシーズンに満足しているようであり、特にチームメイトのバルテリ・ボッタスによって十分にサポートされているが、最近の噂では、23歳の周冠宇は2022年以降のF1での将来が明確ではないドライバーの1人に名前が挙げられている。

周冠宇、角田裕毅に仕掛けてタコ踊り 『新しいパンツが必要だ』

2022年6月1日
周冠宇、角田裕毅に仕掛けてタコ踊り 『新しいパンツが必要だ』 / F1モナコGP 無線
アルファロメオF1の周冠宇は、モナコグランプリのシケインで角田裕毅の後ろでコントロールを失ったときは“新しいパンツが必要”なくらい恐怖だったと語った。

最後尾グリッドからモナコグランプリをスタートした周冠宇は、アグレッシブな走りで13番手まで順位を上げた。しかし、ミック・シューマッハのクラッシュによる赤旗でレースが中断した際のピットストップで16番手まで後退。

バルテリ・ボッタス 「上位マシンとのペースギャップは大きくない」

2022年5月22日
バルテリ・ボッタス 「上位マシンとのペースギャップは大きくない」 / アルファロメオF1チーム スペインGP 予選
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を7番手で終えた。

今週末、アルファロメオF1チームは、C42に大幅なアップデートを投入。バルテリ・ボッタスは、アップデートは機能していると手ごたえを感じており、フェラーリ、レッドブル、メルセデスに次ぐ、7番グリッドのポジションを獲得した。

周冠宇、スプリントでクラッシュしたマシンの修復でピットレーンスタート

2022年4月24日
周冠宇、スプリントでクラッシュしたマシンの修復でピットレーンスタート / アルファロメオF1 エミリア・ロマーニャGP
周冠宇(アルファロメオF1チーム)は、スプリントでのクラッシュ後に必要な修理のため、エミリア・ロマーニャGPをピットレーンからスタートする。

周冠宇は、スプリントレースのオープニングラップで速い左コーナーのピラテッラでピエール・ガスリーをアウトサイドから追い越そうとして接触。ガスリーはピットに戻ってタイヤを交換してコースに戻ることができたが、周冠宇はバリアにクラッシュ。この事故でセーフティカーが導入された。

周冠宇 「新世代F1マシンのバウンシングはF2のレースで慣れている」

2022年4月6日
周冠宇 「新世代F1マシンのバウンシングはF2のレースで慣れている」
アルファロメオF1チームの周冠宇は、F2での長年のレースによって、バウンシングに苦しむ車には慣れていると語る。

今年のF1フィールドで唯一のルーキーである中国人ドライバーの周冠宇は、2019年から2021年までF2で3シーズンを戦った。2022年F1シーズンの初期段階では、車はポーパシング(ポーポイズ現象)として知られるストレートでの激しいバウンシングに悩まされている。

周冠宇 「バーレーンのパフォーマンスで批判家の口を塞ぐことができた」

2022年3月23日
周冠宇 「バーレーンのパフォーマンスで批判家の口を塞ぐことができた」 / アルファロメオF1チーム
アルファロメオF1チームの周冠宇は、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでのデビュー戦でのポイント獲得は、自分がF1にふさわしいドライバーであることを証明したと考えている。

周冠宇は、ジュニアフォーミュラで一定の成功を収めてきた。それには2019年にはF2のベストルーキーとしてアントワーヌ・ユベール賞を受賞したことも含まれる。

周冠宇、デビュー戦でポイント獲得「とてもうれしい。言葉にならない」

2022年3月21日
周冠宇、デビュー戦でポイント獲得「とてもうれしい。言葉にならない」 / アルファロメオF1チーム バーレーンGP決勝
アルファロメオF1チームの周冠宇は、2022年F1開幕戦バーレーングランプリで10位入賞。デビュー戦でポイント獲得を成し遂げた。

初の中国人ドライバーとしてデビューを飾った周冠宇は、プラクティスからミスのない走りで週末を進めてき、決勝でもアグレッシブな走りを見せて10位でフィニッシュ。中国人としてF1で初めてポイントしたドライバーとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム