周冠宇 「F1デビュー戦での入賞で中国国籍による誹謗中傷を拭い去れた」

2022年12月28日
周冠宇 「F1デビュー戦での入賞で中国国籍による誹謗中傷を拭い去れた」
周冠宇は、アルファロメオF1と契約した後に批判と誹謗中傷の波が押し寄せた後、F1デビュー戦のバーレーンでポイントを獲得できたことは「非常に大きい」と感じたと語った。

今年、周冠宇は、中国人初のF1ドライバーとなった。バルテリ・ボッタスとともにアルファロメオF1に加わり、スチームのまったく新しいドライバーラインナップを形成した。

セルジオ・ペレスと周冠宇が5基目のエンジン投入で5グリッド降格

2022年10月22日
セルジオ・ペレスと周冠宇が5基目のエンジン投入で5グリッド降格 / F1アメリカGP
セルジオ・ペレス(レッドブル)と周冠宇(アルファロメオ)は、金曜日のプラクティス前にエンジンを交換し、F1アメリカGPで5グリッド降格ペナルティを受けることが決定した。

FIA(国際自動車連盟)は、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでのオープニングプラクティスの開始後、セルジオ・ペレスと周冠宇が、日本での前回レース以降に追加のエンジンコンポーネントを使用したことを確認した。

周冠宇、接触のニコラス・ラティフィを痛烈批判 「意識の問題」

2022年10月3日
周冠宇、接触のニコラス・ラティフィを痛烈批判 「意識の問題」 / F1シンガポールGP 決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、F1シンガポールGPで彼に接触し、両者リタイアに追い込んだニコラス・ラティフィの“意識”に疑問を呈した。

F1シンガポールGPの7周目のターン5でニコラス・ラティフィは左側のウォールに周冠宇を押し込んだ。接触で右フロントタイヤが壊れた周冠宇は、エスケープロードで悔しそうに手を振った。

アルファロメオF1、周冠宇の2023年のチーム残留を発表

2022年9月27日
アルファロメオF1、周冠宇の2023年のチーム残留を発表
アルファロメオF1チームは、中国人ドライバーの周冠宇が2023年もチームに残留することを発表した。

2022年のF1デビューキャンペーンの成功の過程で、周冠宇は彼の若さを信じられないレベルの成熟度とレース技術を示し、現在のコンストラクターズチャンピオンシップで6位までの道を進むにアルファロメオF1の発展に貢献している。

周冠宇 「2023年のアルファロメオF1残留はまだ決まっていない」

2022年9月23日
周冠宇 「2023年のアルファロメオF1残留はまだ決まっていない」
周冠宇は、2023年のアルファロメオF1への残留が決まっていないが、レースシートなしで取り残される心配はまだしていないと語る。

今年中国人初のF1ドライバーとしてデビューを果たした周冠宇のパフォーマンスにアルファロメオF1は「とても満足している」と語っているが、ザウバーが運営するF1チームは、周冠宇が2023年にバルテリ・ボッタスと一緒にいることをまだ確認していない。

周冠宇 10位入賞 「結果と過去数週間に行われた作業に本当に満足」

2022年9月12日
周冠宇 10位入賞 「結果よ過去数週間に行われた作業に本当に満足」 / アルファロメオ F1イタリアGP 決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1イタリアGPの決勝で10位入賞を果たした。

「今日の結果と、過去数週間に行われた作業に本当に満足している。モントリオール以来、厳しい道のりだった。僕たちはシーズン序盤は非常に強かったけど、その後パフォーマンスが低下した」と周冠宇はコメント。

バルテリ・ボッタス 「周冠宇は2023年もアルファロメオF1残留にふさわしい」

2022年8月31日
バルテリ・ボッタス 「周冠宇は2023年もアルファロメオF1残留にふさわしい」
バルテリ・ボッタスは、周冠宇が2023年もアルファロメオF1チームに残留することへの支持を表明した。

バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1チームと複数年契約を結んでいるが、2023年のチームメイトはまだ確定していない。

周冠宇は、FIA-F2で3シーズンを過ごした後、今年、アルファロメオF1チームに加入し、初の中国人F1ドライバーとなった。

F1ドライバー 周冠宇 「中国人が得意なのは卓球だけじゃない」

2022年8月16日
F1ドライバー 周冠宇 「中国人が得意なのは卓球だけじゃない」
中国人初のF1ドライバーとなった周冠宇は、中国人が「卓球だけが得意」ではないことを世界に証明しようと決意していた。

ヨーロッパF3選手権、FIA-F2と唯一の中国人ドライバーとして戦ってきた周冠宇は、F1への道を切り開くことを決意していた。昨年のF2をランキング3位で終えた周冠宇は、バルテリ・ボッタスのチームメイトとしてアルファロメオと契約し、2022年にF1へ昇格を果たした唯一のルーキーとなった。

周冠宇 「F1ドライバーが10年間で経験することをすべて経験した気分」

2022年8月13日
周冠宇 「F1ドライバーが10年間で経験することをすべて経験した気分」
2022年のF1ドライバーで唯一のルーキーである周冠宇は、アルファロメオF1チームで有望なスタートを切った。レース活動が夏休みに入るなか、中国人初のF1ドライバーである周冠宇が、ストレスは多かったが、印象的なシーズンスタートを振り返り、F1における彼の将来についても打ち明けた。

周冠宇はF1バーレーンGPでのF1デビュー戦を含め、最初の13レースで5 ポイントを獲得し、ドライバーズ チャンピオンシップで17位につけている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム