アルファロメオF1代表 「周冠宇にはボッタスという良い先生がいる」

2022年1月11日
アルファロメオF1代表 「周冠宇にはボッタスという良い先生がいる」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスが周冠宇の“良い先生”になると感じている。

アルファロメオF1は、2022年にドライバーライナップを一新する唯一のチームとなる。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィに代わり、メルセデスF1からバルテリ・ボッタスが加入し、F2を卒業するルーキーの周冠宇がチームメイトを務める。

アルファロメオF1 「周冠宇の到来はF1市場にビッグバンを引き起こす」

2022年1月6日
アルファロメオF1 「周冠宇の到来はF1市場にビッグバンを引き起こす」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、中国人初のF1ドライバーとなる周冠宇を起用することで中国本土でのF1の露出が「爆発」することを期待している。

周冠宇は、2022年にアルファロメオF1でバルテリ・ボッタスのチームメイトとしてデビューを果たす。噂では中国からの3000万ドル(約34億円)のスポンサーマネーをチームにもたらしたとされている。

周冠宇、カーナンバー24の由来はコービー・ブライアント

2021年12月15日
周冠宇、カーナンバー24の由来はコービー・ブライアント / アルファロメオF1
周冠宇は、コービー・ブライアントへのオマージュとしてF1のパーマネントナンバーに24番を選んだことを明らかにした。

F1ドライバーは、F1キャリアの開始時にカーナンバーを選択する必要がある。この番号は、Fキャリア全体で使用されることになる。2022年に中国人初のF1ドライバーとしてアルファロメオF1からデビューする周冠宇は、カーナンバー24を選択。それはコービー・ブライアントが由来であることを確認した。

バルテリ・ボッタス&周冠宇、アルファロメオF1のマシンで初走行

2021年12月14日
バルテリ・ボッタス&周冠宇、アルファロメオF1のマシンで初走行 / F1アブダビテスト 初日
バルテリ・ボッタスが、2021年の所属チームであるアルファロメオF1のマシンで初走行を行った。

今シーズン限りで5シーズンを過ごしたメルセデスF1を離脱し、2022年からアルファロメオF1で新たなキャリアをスタートさせるバルテリ・ボッタス。2021年のコンストラクターズタイトルを獲得したメルセデスF1は、バルテリ・ボッタスの新チームでのテストを許可した。

周冠宇、F1キャリアの固定ナンバーは“24”を選択…中国人初のF1ドライバー

2021年12月9日
周冠宇、F1キャリアの固定ナンバーは“24”を選択…中国人初のF1ドライバー
2022年に中国人初のF1ドライバーとしてアルファロメオからF1デビューすることが決定している周冠宇は、F1キャリアで使用する固定カーナンバーに“24”を選択した。

バルテリ・ボッタスのチームメイトとしてアルファロメオF1をドライブする周冠宇は、2022年のF1シーズンのグリッドで唯一のルーキードライバーとなる。

アルファロメオF1代表 「周冠宇のパフォーマンスは過小評価されている」

2021年12月1日
アルファロメオF1代表 「周冠宇のパフォーマンスは過小評価されている」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、周冠宇の財政的支援が2022年の起用に影響を与えたことを認めつつも、中国出身の周冠宇の実力が過小評価されていると考えている。

今月初め、アルファロメオF1は、2022年にメルセデスF1から加入するバルテリ・ボッタスのチームメイトとして、現在アルピーヌF1のジュニアドライバーである周冠宇を起用することを発表した。

アルファロメオF1代表 「周冠宇との契約でスポンサーの問い合わせが殺到」

2021年11月29日
アルファロメオF1代表 「周冠宇との契約でスポンサーの問い合わせが殺到」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2022年のドライバーとして周冠宇を起用することを発表して以降、スポンサーについての問い合わせが殺到していると語る。

フレデリック・ヴァスールは、ドライビングも魅力の重要な一部ではあるものの、周冠宇がもたらす資金が2022年にバルテリ・ボッタスとパートナーを組むという決定の背景にある“柱”であることを以前に認めている。

ピアストリ 「周冠宇と契約したアルファロメオF1を批判するのはアンフェア」

2021年11月24日
オスカー・ピアストリ 「周冠宇と契約したアルファロメオF1を批判するのはアンフェア」
オスカー・ピアストリは、周冠宇と契約したアルファロメオF1を批判するのは“かなりアンフェア”だと考えており、アルピーヌF1のアカデミドライバーとして仲間である周冠宇が2022年に良い仕事をすると支持する。

F2のチャンピオンシップリーダーであるオスカー・ピアストリは、2022年のアルファロメオF1移籍の可能性が噂されていたが、2022年にバルテリ・ボッタスのチームメイトとして契約したのはランキング2位の周冠宇だった。

アルファロメオF1代表、ジョビナッツィの“金絡み人事”発言に不快感

2021年11月19日
アルファロメオF1代表、ジョビナッツィの“金絡み人事”発言に不快感
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、シート喪失が決定した後、金銭が絡んでいるときのF1は“冷酷”だとしたアントニオ・ジョビナッツィの発言に不快感を露わにした。

アントニオ・ジョビナッツィは、2022年に中国人ドライバーの周冠宇と交代でシートを失う。周冠宇はチームに多額のスポンサー支援をもたらし、中国市場でアルファロメオに商業的なチャンスを切り開くことが期待されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム