F1:ランド・ノリス 「ライコネンとは3年間で一言も話さなかった」

2022年4月16日
F1:ランド・ノリス 「ライコネンとは3年間で一言も話さなかった」
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、F1で3年間一緒にレースをしたにも関わらず、短い挨拶を除いて、キミ・ライコネンと1度も「話したことはない」ことを明らかにした。

昨年、キミ・ライコネンは、42歳でF1を引退し、20年にわたるキャリアに終止符を打った。最後の3シーズンはアルファロメオF1で過ごして57ポイントを獲得、一方、ランド・ノリスは、ライコネンの元所属チームであるマクラーレンでF1デビューを果たして、評判を築き上げていった。

アンドレッティ 「コルトン・ハータはキミ・ライコネンよりも速かった」

2022年3月5日
F1:アンドレッティ 「コルトン・ハータはキミ・ライコネンよりも速かった」
マリオ・アンドレッティは、アルファロメオF1チームのシミュレーターでコルトン・ハータはキミ・ライコネンやアントニオ・ジョビナッツィよりも速かったとし、ハータがF1に到達しなかった事実を嘆いた。

昨年、マリオの息子であるマイケル・アンドレッティが、アルファロメオF1チームを運営するザウバーの過半数の株式を引き継ぐことに近づき、コルトン・ハータは、2022年のアルファロメオF1チームのシートの1つに強く結びつけられた。

キミ・ライコネン、後任のバルテリ・ボッタスにアドバイス

2022年3月4日
キミ・ライコネン、後任のバルテリ・ボッタスにアドバイス / アルファロメオF1チーム
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1チームの前任であるキミ・ライコネンからちょっとしたアドバイスを受けたことを明らかにした。

キミ・ライコネンが昨シーズン限りで20シーズンを過ごしたF1引退を発表することを発表。アルファロメオF1チームの後任にはフィンランド出身の後輩ドライバーであるバルテリ・ボッタスが加入した。

元F1王者キミ・ライコネン、カワサキMXGPのチーム代表として始動

2022年2月26日
元F1王者キミ・ライコネン、カワサキMXGPのチーム代表として始動
元F1ワールドチャンピオンのキミ・ライコネンが、MXGPのカワサキ・レーシングのチーム代表として始動。2022年の宣材写真の撮影に臨んだ。

昨シーズン末でF1キャリアに終止符を打ったキミ・ライコネンは、今年1月、MXGPに参戦するカワサキのファクトリーチームにチーム代表に就任したことが発表された。

キミ・ライコネン 「引退は何年にもわたって何度も考えていた」

2022年2月14日
F1:キミ・ライコネン 「引退は何年にもわたって何度も考えていた」
キミ・ライコネンは、最終的に2021年シーズンでのF1引退を発表する前に、何度も引退について熟考していたことを認めた。

2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンは、昨年9月にF1引退を発表し、2001年にスタートしたF1キャリアに幕を下ろした。349戦というF1史上最多出走を記録し、21勝と103回の表彰を獲得してスポーツを去った。

ジェンソン・バトン 「飲んで家に帰ったら居間にライコネンがいた」

2022年2月6日
F1:ジェンソン・バトン 「飲んで家に帰ったら居間にライコネンがいた」
元F1ワールドチャンピオンで専門家に転向したジェンソン・バトンが、2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンについて非常に興味深い逸話を披露した。

20年にわたる輝かしいキャリアの後、キミ・ライコネンは、昨シーズン末にF1を引退。スポーツの政治的な要素を毛嫌いするライコネンは、F1パドックに再び足を踏み入れることは決してないだろうと語っている。

キミ・ライコネンがアントニオ・ジョビナッツィに送ったお茶目なメール

2022年1月30日
F1:キミ・ライコネンがアントニオ・ジョビナッツィに送ったお茶目なメール
アントニオ・ジョビナツィは、新年にキミ・ライコネンとのお茶目なメールについて明かした。

キミ・ライコネンは、元アルファロメオF1のチームメイト同士であるアントニオ・ジョビナッツィと友人であることを明らかにしており、二人は2021年シーズン終了後にメールを交換した。フォーミュラEに転向するジョビナッツィとは異なり、ライコネンは現時点ではレースから引退し、ダウンタイムを過ごしていた。

キミ・ライコネン 「自分がF1ファンに好かれる理由がわからない」

2022年1月28日
キミ・ライコネン 「自分がF1ファンに好かれる理由がわからない」
元F1ドライバーのキミ・ライコネンは、F1ファンが自分のことをそんなに好きな理由がわからないと語る。

キミ・ライコネンは、2021年F1アブダビGPで349戦という史上最多出走記録を更新してF1キャリアに幕を閉じた。22歳でザウバーからF1デビューを果たしたライコネンは、F1で最も人気のあるドライバーの1人だった。

キミ・ライコネン、カワサキのワークスMXGPチームの代表に就任

2022年1月28日
F1引退のキミ・ライコネン、カワサキのワークスMXGPチームの代表に就任
F1から引退したキミ・ライコネンが、FIMモトクロス世界選手権(MXGP)にワークス参戦するカワサキ・レーシング・チームのチーム代表に就任することが電撃発表された。

非常にバイクが好きで余暇によく乗っている自称モトクロスファンのキミ・ライコネンは、FIMが主催するモトクロス世界選手権でカワサキのファクトリーチームを指揮する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム