キミ・ライコネン 「セバスチャン・ベッテルの仕事へのアプローチは特殊」

2022年1月16日
F1:キミ・ライコネン 「セバスチャン・ベッテルの仕事へのアプローチは特殊」
キミ・ライコネンは、フェラーリ時代にチームメイトとなったセバスチャン・ベッテルとの時間を振り返り、ベッテルの仕事へのアプローチは“特殊”なものだったと振り返る。

キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルは、2015年から2018年までフェラーリF1でチームメイトとなり、コース内外で良い関係を共有した。

キミ・ライコネンはロボットのように振舞わなかった最後のF1ドライバー

2022年1月13日
キミ・ライコネンはロボットのように振舞わなかった最後のF1ドライバー
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、キミ・ライコメンが、F1グリッドでロボットのように振舞わなかった最後のドライバーだと感じている。

F1キャリアを通して、2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンは、マスコミやチームのPR活動などで話すときに、言葉を選ばないことで有名だった。レース以外に興味を示さないライコネンは“アイスマン”の愛称で人気を博した。

キミ・ライコネン 「F1パドックに足を踏み入れることは二度とないかも」

2022年1月9日
キミ・ライコネン 「F1パドックに足を踏み入れることは二度とないかも」
キミ・ライコネンは、引退した今、F1パドックに足を踏み入れることは二度とないかもしれないと感じている。

F1の歴史のなかで他のどのドライバーよりも多くのレースに出場し、2007年にF1ワールドチャンピオンを獲得したキミ・ライコネンは、2021年シーズンでF1キャリアに終止符を打った。

キミ・ライコネン 「フェルナンド・アロンソとは信頼してバトルができた」

2022年1月7日
F1:キミ・ライコネン 「フェルナンド・アロンソとは信頼してバトルができた」
キミ・ライコネンが、F1で同期のフェルナンド・アロンソと対戦した時間を振り返った。

キミ・ライコネンとフェルナンド・アロンソは、2001年のF1オーストラリアGPでデビューし、F1ワールドチャンピオンに上り詰めるまで二人のキャリアは絡み合った。

フェルナンド・アロンソ 「ライコネンとはF1の“偽の世界”について笑う仲」

2022年1月6日
フェルナンド・アロンソ 「ライコネンとはF1の“偽の世界”について笑う仲」
フェルナンド・アロンソは、引退したキミ・ライコネンとF1で長い年月を共有できたことを嬉しく思っていると語り、アイスマンとこのスポーツに関する興味深い見解を共有していたと認める。

フェルナンド・アロンソとキミ・ライコネンは二人とも2001年にF1デビューを果たした同期。ライコネンが2010年に2年間F1を離れるまで、二人のキャリアは並行して進んでいた。

キミ・ライコネン、F1マシン初走行は「3周で首を上げられなくなった」

2022年1月3日
キミ・ライコネン、F1マシン初走行は「3周で首を上げられなくなった」
アルファロメオF1のスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーはが、20年のF1キャリアに終止符を打ったキミ・ライコネンのザウバーでのキャリアの初期を振り返った。

キミ・ライコネンは、昨年のF1アブダビGPで20年間レースをしたF1を引退した。マクラーレン、フェラーリ、ロータスでレースで輝かしいキャリアを築いたキミ・ライコネンは、2つのスティントをF1デビューを飾ったチームであるザウバー(現在のアルファロメオ)で締めくくった。

キミ・ライコネン、お気に入りのF1エンジンは予想外の選択?!

2021年12月28日
キミ・ライコネン、お気に入りのF1エンジンは予想外の選択?!
キミ。ライコネンが、自身のF1キャリアを振り返り、お気に入りのF1エンジンとして予想外の選択をした。

キミ・ライコネンは、F1キャリアで3つの異なるエンジン形式を経験している。2001年にF1デビューしたときには3リッター 自然吸気V10エンジンでレースをし、2007年には2.4リッター V8エンジンでチャンピオンを獲得し、2018年のF1アメリカGPではV6ターボハイブリッドでウィナーとなった。

キミ・ライコネン、お気に入りのF1マシンは「マクラーレン MP4-20」

2021年12月25日
キミ・ライコネン、お気に入りのF1マシンは「マクラーレン MP4-20」
キミ・ライコネンは、F1キャリアで最もお気に入りのF1マシンに「マクラーレン MP4-20」を挙げた。

キミ・ライコネンは、2021年F1アブダビGPで349戦という史上最多出走記録を更新してF1キャリアに幕を閉じた。22歳でザウバーからF1デビューを果たしたライコネンは、マクラーレン、フェラーリ、ロータス、アルファロメオの5チームでレースを行った。

キミ・ライコネン、最も印象に残る勝利は「2005年のF1日本GP」

2021年12月24日
キミ・ライコネン、最も印象に残る勝利は「2005年のF1日本GP」
キミ・ライコネンは、2021年F1アブダビGPで349戦という史上最多出走記録を更新してF1キャリアに幕を閉じた。

“アイスマン”の愛称で人気を博したキミ・ライコネンのF1キャリアは2つのパートに分かれる。前半は2001年に22歳でザウバーからF1デビューを果たし、2009年に終わった。その時期に18勝を挙げたライコネンは、2007年にフェラーリとF1ワールドチャンピオンを獲得している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム