ダニール・クビアト 「2023年もF1復帰にこだわるほど頑固ではない」

2021年9月23日
ダニール・クビアト 「2023年もF1復帰にこだわるほど頑固ではない」
ダニール・クビアトは、2023年にF1グリッドへの復帰は除外していないが、“新しいことを試す”準備はできていると語る。

2022年のF1グリッドはほぼすべてのシートが埋まっているため、今シーズンにアルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、すでに2022年のF1復帰の可能性を除外している。

ダニール・クビアト、2022年の雨天用18インチF1タイヤで91周を走破

2021年9月16日
ダニール・クビアト、2022年の雨天用18インチF1タイヤで91周を走破
元F1ドライバーのダニール・クビアトが、9月15日(水)にフランスのマニクールで2022年のF1タイヤテストプログラムをけいぞくした。

アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、2022年のインターミディエイトとウェットタイヤのテストのためにウェットコンディションのトラックで91周を走破した。

ウィリアムズF1のドライバー候補にヒュルケンベルグやクビアト

2021年7月11日
ウィリアムズF1のドライバー候補にヒュルケンベルグやクビアト
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に呼び戻された場合、バルテリ・ボッタスだけでなく、他にも複数のドライバーを検討していると報じられている。

メルセデスF1は、ジュニアドライバーのジョージ・ラッセルをルイス・ハミルトンのチームメイトに昇格される時期が適切かどうかを検討しており、ラッセルが3年間の“レンタル期間”を終えることになった場合、ウィリアムズF1には空席ができることなる。

ダニール・クビアトが語るレッドブルF1での過去とアルピーヌF1との今後

2021年6月16日
ダニール・クビアトが語るレッドブルF1での過去とアルピーヌF1との今後 / F1インタビュー
ダニール・クビアトはF1復帰を諦めていない。そして、アルピーヌF1のリザーブドライバーという現在の役割によって、F1の世界に少なくとも足を踏み入れている。

新型コロナウイルス時代では、予期しない機会がいつ発生するかはわからない。F1チームはほとんど準備をせずにマシンに飛び乗ることができるドライバーに簡単にアクセスする必要がある。

ダニール・クビアト 「レッドブルF1は僕に電話したくてたまらないはず」

2021年6月3日
ダニール・クビアト 「レッドブルF1は僕に電話したくてたまらないはず」
元レッドブルのF1ドライバーであるダニール・クビアトは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは自分に“電話したくてたまらない”が“プライドが邪魔している”と冗談交じりに語った。

レッドブルのジュニアプログラムで育ったダニール・クビアトは、GP3でチャンピオンを獲得した翌年の2014年にトロロッソでF1デビュー。

レッドブルF1幹部、ダニール・クビアトの再復帰は「絶対にない」

2021年6月1日
レッドブルF1幹部、ダニール・クビアトの再復帰は「絶対にない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニール・クビアトが今後レッドブル・ファミリーに戻る可能性はないと断言した。

元レッドブル・レーシングのドライバーであり、昨年までアルファタウリ・ホンダでF1を戦ったロシア出身のダニール・クビアトがレッドブル・ファミリーに復帰するチャンスはあるかと質問されたヘルムート・マルコは「絶対にない」とコメント。

ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行

2021年5月13日
ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行
ダニール・クビアトは、ピレルの18インチタイヤテストでアルピーヌF1のマシンでの初走行を行った。

昨年までアルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務めていたダニール・クビアトだが、契約満了と角田裕毅の加入によってF1シートを喪失し、レッドブル・ファミリーから外れた。

ダニール・クビアト 「F1だけでなく多くの提案を検討していきたい」

2021年5月4日
ダニール・クビアト 「F1だけでなく多くの提案を検討していきたい」
ダニール・クビアトは、2022年にF1に戻りたいと思っているが、他のシリーズへの転向を除外しているわけではないと語る。

ダニール・クビアトは、F1で100戦以上のレースキャリアを過ごしてきたが、昨シーズンの終わりにアルファタウリのF1シートとレッドブルからの支援も失った。

クビアトがイモラ入りしただけでアルピーヌF1のドライバーに感染の噂

2021年4月15日
ダニール・クビアトがイモラ入りしただけでアルピーヌF1のドライバーに感染の噂 / F1エミリア・ロマーニャGP
F1パドックは新型コロナウイルスに神経質になっている。アルピーヌF1のリザーブドライバーがイモラ・サーキット入りしただけで、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがどちらかが新型コロナウイルスに感染したとの噂が広まり、チームが否定する事態に発展した。

イタリアのメディアでの噂は水曜日の夜にスタート・アルパインのドライバーの1人が新型コロナウイルス検査でテストが出たため、イモラでの第2戦F1エミリア・ロマーニャGPでリザーブドライバーがダニールク・ビアトが代役を務めるとの噂が広まった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム