ダニール・クビアト 「レッドブルF1は僕に電話したくてたまらないはず」

2021年6月3日
ダニール・クビアト 「レッドブルF1は僕に電話したくてたまらないはず」
元レッドブルのF1ドライバーであるダニール・クビアトは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは自分に“電話したくてたまらない”が“プライドが邪魔している”と冗談交じりに語った。

レッドブルのジュニアプログラムで育ったダニール・クビアトは、GP3でチャンピオンを獲得した翌年の2014年にトロロッソでF1デビュー。

レッドブルF1幹部、ダニール・クビアトの再復帰は「絶対にない」

2021年6月1日
レッドブルF1幹部、ダニール・クビアトの再復帰は「絶対にない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニール・クビアトが今後レッドブル・ファミリーに戻る可能性はないと断言した。

元レッドブル・レーシングのドライバーであり、昨年までアルファタウリ・ホンダでF1を戦ったロシア出身のダニール・クビアトがレッドブル・ファミリーに復帰するチャンスはあるかと質問されたヘルムート・マルコは「絶対にない」とコメント。

ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行

2021年5月13日
ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行
ダニール・クビアトは、ピレルの18インチタイヤテストでアルピーヌF1のマシンでの初走行を行った。

昨年までアルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務めていたダニール・クビアトだが、契約満了と角田裕毅の加入によってF1シートを喪失し、レッドブル・ファミリーから外れた。

ダニール・クビアト 「F1だけでなく多くの提案を検討していきたい」

2021年5月4日
ダニール・クビアト 「F1だけでなく多くの提案を検討していきたい」
ダニール・クビアトは、2022年にF1に戻りたいと思っているが、他のシリーズへの転向を除外しているわけではないと語る。

ダニール・クビアトは、F1で100戦以上のレースキャリアを過ごしてきたが、昨シーズンの終わりにアルファタウリのF1シートとレッドブルからの支援も失った。

クビアトがイモラ入りしただけでアルピーヌF1のドライバーに感染の噂

2021年4月15日
ダニール・クビアトがイモラ入りしただけでアルピーヌF1のドライバーに感染の噂 / F1エミリア・ロマーニャGP
F1パドックは新型コロナウイルスに神経質になっている。アルピーヌF1のリザーブドライバーがイモラ・サーキット入りしただけで、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがどちらかが新型コロナウイルスに感染したとの噂が広まり、チームが否定する事態に発展した。

イタリアのメディアでの噂は水曜日の夜にスタート・アルパインのドライバーの1人が新型コロナウイルス検査でテストが出たため、イモラでの第2戦F1エミリア・ロマーニャGPでリザーブドライバーがダニールク・ビアトが代役を務めるとの噂が広まった。

ダニール・クビアト 「自分の経験をA521や将来のマシン開発に役立てたい」

2021年3月3日
アルピーヌF1のリザーブドライバー就任のダニール・クビアト 「自分の経験をA521や将来のマシン開発に役立てたい」
ダニール・クビアトは、アルピーヌF1のリザーブドライバーとして自分の経験を開発に役立てたいと語る。

昨年までアルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務めていたダニール・クビアトだが、契約満了とともにレッドブル・ファミリーから外れた。クビアトの後任として角田裕毅が2021年にF1デビューを果たすことが決定している。

ダニール・クビアト、アルピーヌF1のリザーブドライバーに就任

2021年3月3日
ダニール・クビアト、アルピーヌF1のリザーブドライバーに就任
アルピーヌF1は、ダニール・クビアトを2021年のリザーブドライバーに起用することを発表した。

昨年までアルファタウリ・ホンダF1のレースドライバーを務めていたダニール・クビアトだったが、契約期間の満了と角田裕毅の加入によってレッドブル・ファミリーを離れていた。

レッドブルF1、ダニール・クビアトとの契約終了を確認

2021年1月1日
レッドブルF1、ダニール・クビアトとの契約終了を確認
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニール・クビアトと新たな契約は締結せず、クビアトがレッドブル・ファミリーから離れたことを確認した。

昨年までアルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務めたダニール・クビアトだが、2021年は角田裕毅がチームに加入。クビアトはシートを失った。

ダニール・クビアト 「この2年間で完成度の高いF1ドライバーになった」

2020年12月25日
ダニール・クビアト 「この2年間で完成度の高いF1ドライバーになった」 / アルファタウリ・ホンダF1
ダニール・クビアトは、F1での“経験”が2022年のF1レギュレーションの新時代に自分をF1グリッドに戻すための道を切り開くことを望んでいると語る。

過去2年間、アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーを務めてきたダニール・クビアトだが、2021年に角田裕毅にシートを明け渡すことになった。過去にレッドブルとの契約を解除されているダニール・クブアトは、再び1年間F1を離れることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム