ダニール・クビアトが契約したロシア籍のGドライブがWEC撤退を発表

2022年3月7日
元Fドライバーのダニール・クビアトが契約したロシア籍のGドライブがWEC撤退を発表…FIAの対ロシア措置に不満
元F1ドライバーのダニール・クビアトが契約したGドライブ・レーシングがFIA(国際自動車連盟)の対ロシア措置に不満を表明し、WEC(FIA 世界耐久選手権)から撤退することを発表した。

ロシアは、ウクライナ侵攻を開始して以来、さまざまな制裁措置を受けており、その制限はスポーツ界にも浸透している。国際オリンピック委員会は、関連するすべての統治機関が、ロシアとベラルーシのアスリートの競技を追って通知があるまで完全に禁止することを推奨。その禁止は広く実施されているが、FIAはその厳しい姿勢をとっていなかった。

ダニール・クビアト 「ロシアのスポーツ界からの除外は不公平な解決策」

2022年3月2日
元F1ドライバーのダニール・クビアト 「ロシアのスポーツ界からの除外は不公平な解決策」
元F1ドライバーのダニール・クビアトは、ロシアのアスリートが世界中のスポーツイベントに参加することを禁止するのは“不公平な解決策”だと信じている。

F1史上2人目のロシア出身ドライバーであるダニール・クビアトは、ロシアのウクライナ侵攻を受け、彼の母国ロシアとウクライナの間に平和を見たいという願望をソーシャルメディアに声明を投稿した。

ダニール・クビアト、2022年はGドライブからWECに参戦が決定

2022年2月15日
元F1ドライバーのダニール・クビアト、2022年はGドライブからWECに参戦が決定
元F1ドライバーのダニール・クビアトが、2022年のFIA世界耐久選手権(WEC)にGドライブレーシングから参戦することが発表された。。

G-Driveは月曜日のソーシャルメディアの投稿で、ダニール・クビアトがAlgarve ProRacingが運営するオレカ07ギブソンで世界の舞台に戻るためにチームに加わったと発表した。

元F1ドライバーのダニール・クビアト、NASCAR転向を検討?

2021年10月29日
元F1ドライバーのダニール・クビアト、NASCAR転向を検討?
元F1ドライバーのダニール・クビアトは、アメリカに渡ってNASCARに参戦する可能性がある。

このニュースを明らかにしたのはハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーだ。彼のボスであるジーン・ハースは、大成功を収めたNASCARチームであるスチュワート・ハース・レーシングも所有している。

ダニール・クビアト、2022年の雨天用F1タイヤの最終テストを完了

2021年10月19日
ダニール・クビアト、2022年の雨天用F1タイヤの最終テストを完了
ピレリは、2022年にむけた18インチタイヤの最終テストを10月18日(月)にポール・リカールで実施。アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトがその任務を担当した。

本来ならば、9月にマニクールでの2日間のテストが最終テストになる予定だったが、アルピーヌF1のマシンに技術的なトラブルが発生したことで2日目が中止となった。

ダニール・クビアト、2022年はドラゴンからフォーミュラEに参戦?

2021年10月1日
元F1ドライバーのダニール・クビアト、2022年はドラゴンからフォーミュラEに参戦?
元F1ドライバーのダニール・クビアトは、2022年にドラゴンペンスキーのフォーミュラEの席を確保するとみられているが、11月初旬まで契約が成立しない可能性があると The Race が報じた。

現在アルピーヌF1チームと開発兼リザーブドライバーとして契約しているダニール・クビアトは、2020年シーズンの終わり以来レースをしていない。The Race は、ニコラス・トッドが運営するオールロード・マネジメントが管理するダニール・クビアトの代理人が、ここ数週間、ドラゴンの上級代表と会談したことを明らかにした。

ダニール・クビアト 「2023年もF1復帰にこだわるほど頑固ではない」

2021年9月23日
ダニール・クビアト 「2023年もF1復帰にこだわるほど頑固ではない」
ダニール・クビアトは、2023年にF1グリッドへの復帰は除外していないが、“新しいことを試す”準備はできていると語る。

2022年のF1グリッドはほぼすべてのシートが埋まっているため、今シーズンにアルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、すでに2022年のF1復帰の可能性を除外している。

ダニール・クビアト、2022年の雨天用18インチF1タイヤで91周を走破

2021年9月16日
ダニール・クビアト、2022年の雨天用18インチF1タイヤで91周を走破
元F1ドライバーのダニール・クビアトが、9月15日(水)にフランスのマニクールで2022年のF1タイヤテストプログラムを継続した。

アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、2022年のインターミディエイトとウェットタイヤのテストのためにウェットコンディションのトラックで91周を走破した。

ウィリアムズF1のドライバー候補にヒュルケンベルグやクビアト

2021年7月11日
ウィリアムズF1のドライバー候補にヒュルケンベルグやクビアト
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に呼び戻された場合、バルテリ・ボッタスだけでなく、他にも複数のドライバーを検討していると報じられている。

メルセデスF1は、ジュニアドライバーのジョージ・ラッセルをルイス・ハミルトンのチームメイトに昇格される時期が適切かどうかを検討しており、ラッセルが3年間の“レンタル期間”を終えることになった場合、ウィリアムズF1には空席ができることなる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム