ダニール・クビアト、アルファタウリのF1マシンでシート合わせを完了

2020年1月17日
F1
ダニール・クビアトは、新生アルファタウリ・ホンダの初マシンとなる2020年F1マシンでのシート合わせを完了させた。

2006年からトロロッソとしてF1に参戦してきたレッドブルのジュニアチームだが、2020年からはレッドブルの衣料ブランドであるアルファタウリをチーム名に掲げ、『スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ(Scuderia Alpha Tauri Honda)』として参戦を開始する。

レッドブルF1 「トロロッソに降格した際のクビアトの精神状態は壊れていた」

2020年1月17日
レッドブルF1 「トロロッソに降格した際のクビアトの精神状態は壊れていた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニール・クビアトがトロロッソの降格した際には精神状態が“完全に壊れていた”と語る。

レッドブルの育成プログラムで育った2014年にトロロッソでF1デビューを果たしたダニール・クビアトは、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ移籍に伴って2015年にレッドブルに昇格。

F1 | ダニール・クビアト 「自分はガスリーにとって“生きた手本”」

2020年1月12日
F1
ダニール・クビアトは、F1でレッドブルへの昇格とトロロッソへの降格を経験したチームメイトのピエール・ガスリーにとって自分は“生きた手本”だと語る。

ダニール・クビアトは、2015年にフェラーリに移籍したセバスチャン・ベッテルの後任としてレッドブルに昇格したが、2016年に4レースを終えた後、トロロッソに降格させられた。

ダニール・クビアト 「ホンダのF1エンジンに不利な点はほとんどない」

2020年1月8日
ダニール・クビアト 「ホンダのF1エンジンに不利な点はほとんどない」
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、ホンダのF1エンジンでの初シーズンを振り返り、ライバルに対して不利な点はほとんど感じなかったと語る。

昨年、トロロッソでF1復帰を果たしたダニール・クビアトはチームのことは既によく知っていたが、完全に新しいホンダのF1エンジンに適応しなければならなかった。

ダニール・クビアト 「ホンダF1が今年と同じステップを果たすことに期待」

2019年12月29日
ダニール・クビアト 「ホンダF1が今年と同じステップを果たすことに期待」
トロロッソ・ホンダのF1ドライバーであるダニール・クビアトは、2020年にF1レギュレーションの変更が最小限に抑えられることにより、マクラーレン、アルファロメオ、レーシングポイントといったミッドフィールドのバトルは再び“接戦”になると考えている。

今年、トロロッソ・ホンダでF1復帰を果たしたダニール・クビアトは、F1ドイツGPで3位表彰台を獲得してランキング13位でシーズンを終了。来年はアルファタウリにリブランディングされるチームで再びドライバーを務める。

「ダニール・クビアトは2020年にガスリーを倒さなければならない」

2019年12月12日
「ダニール・クビアトは2020年にガスリーを倒さなければならない」
ダニール・クビアトは、2020年にチームメイトのピエール・ガスリーを倒して、レッドブルのF1プログラム内で居場所を確保しなければならない。同じロシア出身で今年ルノーとマクラーレンのリザーブドライバーを務めるセルゲイ・シロトキンの見解だ。

最近、ダニール・クビアトは2019年シーズンはF1でのベストシーズンだと主張しているが、セルゲイ・シロトキンはクビアトのパフォーマンスを評価するのはより難しかったと語る。

ダニール・クビアト 「2019年はベストシーズンのひとつ」

2019年12月11日
ダニール・クビアト 「2019年はベストシーズンのひとつ」 / トロロッソ・ホンダF1
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、2019年はF1のベストシーズンであり、“より良い”ドライバーになったと評価する。

2017年終盤にトロロッソのF1シートを喪失し、2018年はフェラーリのシミュレータードライバーとしてトラックを離れていたダニール・クビアトだが、今年再びレッドブルのプログラムに呼び戻され、トロロッソ・ホンダのドライバーに抜擢された。

ダニール・クビアト、9位入賞 「今シーズンを締めくくる良いレース」

2019年12月2日
ダニール・クビアト、9位入賞 「今シーズンを締めくくる良いレース」 / トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1アブダビGPの決勝レースで9位入賞。ドライバーズランキング13位でシーズンを終えた。

ダニール・クビアトは、13番グリッドからハードタイヤでスタートすると、41周目まで走行してポイント圏内へ浮上。タイヤ交換後も、ニコ・ヒュルケンベルグをオーバーテイクするなどいいペースで走行。9位でポイントを獲得し、ドライバーズランキングでもヒュルケンベルグを逆転した。

ダニール・クビアト 「マシンのベストな状態をつかむことができなかった」

2019年12月1日
ダニール・クビアト 「マシンのベストな状態をつかむことができなかった」 / トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP 予選
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1アブダビGPの予選を13番手で終了。バルテリ・ボッタスのグリッド降格により、決勝は13番グリッドからスタートする。

「予選ではマシンがスライドしてしまい、あまりいい状態での走行ではなかった。なかなかいいグリップが得られず、いまいちマシンのベストな状態をつかむことができなかった」とダニール・クビアトはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム