ダニール・クビアト 「ホンダのF1エンジンは再び改善している」

2020年5月22日
ダニール・クビアト 「ホンダのF1エンジンは再び改善している」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、ホンダF1が進めている開発をポジティブに感じており、自信をもってシーズン開幕を楽しみにしていると語る。

新型コロナウイルスのパンデミックによって2020年のF1世界選手権は開幕から10戦がキャンセルとなったが、7月にオーストリアで仕切り直す準備を進めている。

ダニール・クビアト 「ガスリーのレッドブル・ホンダでの不振には驚いた」

2020年5月11日
ダニール・クビアト 「ガスリーのレッドブル・ホンダでの不振には驚いた」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、ピエール・ガスリーがレッドブル・ホンダで不振に陥ったことに驚いたと語る。

ダニール・クビアトとピエール・ガスリーは、ある意味で同じようなキャリアを歩んでいる。二人ともレッドブルF1に空席ができたことで早めにトップチームへの昇格を果たしたが、成績不振でトロロッソへの降格を経験している。

ダニール・クビアト 「アルボンのレッドブル昇格は納得できなかった」

2020年5月9日
ダニール・クビアト 「アルボンのレッドブル昇格は納得できなかった」 / レッドブル・ホンダF1
ダニール・クビアトは、2019年中旬に自分ではなくチームメイトでルーキーのアレクサンダー・アルボンがレッドブル・ホンダに昇格する決定に驚いたと認める。

ダニール・クビアトは、2015年にレッドブルに昇格したが、2016年に4戦を戦った後、当時ルーキーだったマックス・フェルスタッペンと交代するかたちでトロロッソに降格。その後レッドブル・ファミリーを離れたが、昨年、再びトロロッソでF1グリッドに復帰している。

ダニール・クビアト 「フェラーリをテストするまでF1復帰を諦めていた」

2020年5月8日
ダニール・クビアト 「フェラーリをテストするまでF1復帰を諦めていた」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーであるダニール・クビアトは、レッドブルのプログラムを外されたことでF1復帰をほぼ諦めていたが、2018年中旬にフェラーリのF1マシンをテストしたことで再びF1でレースをしたいという願望が再熱したと語る。

レッドブルのジュニアプログラムで育ってきたダニール・クビアトは、2014年にトロロッソでF1にステップをアップを果たし、翌年にはセバスチャン・ベッテルの後任としてレッドブル・レーシングに昇格した。

ダニール・クビアト、新型コロナウイルスで契約交渉は“すべて保留”

2020年5月6日
ダニール・クビアト、新型コロナウイルスで契約交渉は“すべて保留” / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、新型コロナウイリス危機によってF1ドライバーの将来についてのいかなる交渉は“保留”になっていると語る。

ダニール・クビアトは、定期的にトップチームであるレッドブル・ホンダへの復帰の可能性が取り沙汰されているが、現時点で契約交渉は“白紙”だと語る。

ダニール・クビアト 「プレッシャーはレッドブルF1プログラムの一部」

2020年4月30日
ダニール・クビアト 「プレッシャーはレッドブルF1プログラムの一部」
ダニール・クビアトは、レッドブルの悪名高いF1プログラムにおいて“プレッシャー”は所属ドライバーにとって自然な一部だと語る。

レッドブルのジュニアプログラムはセバスチャン・ベッテルやマックス・フェルスタッペンといった優れたドライバーを輩出したが、結果の出ないドライバーはすぐに切り捨てることで知られている。

ダニール・クビアト、F1ロシアGPのサンクトペテルブルク移転に期待

2020年4月10日
ダニール・クビアト、F1ロシアGPのサンクトペテルブルク移転に期待 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、F1ロシアGPをソチからサンクトペテルブルクの新しいイゴラ・ドライブ・サーキットに移すという動きを歓迎しており、その計画は彼のホームレースの来場者数を増加させると考えている。

ソチ・オートドロームを中心とした開発計画は、F1ロシアGPの会場としての将来に疑問を投げかけており、イゴラ・ドライブの新しいサーキットが、2021年からF1ロシアGPを引き継ぐとされている。

ダニール・クビアト、フェラーリF1チーム移籍の可能性は除外せず

2020年3月24日
ダニール・クビアト、フェラーリF1チーム移籍の可能性は除外せず / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーを務めるダニール・クビアトは、2018年に開発ドライバーを務めていたフェラーリにレースドライバーとして再加入する可能性を除外するつもりはないと語る。

フェラーリは、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長したが、2021年の彼のチームメイトについてはまだ決定していない。チーム代表のマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルがファーストチョイスだと語っているが、まだ契約交渉は開始されていない。

ダニール・クビアト、1児をもうけたケリー・ピケと破局

2020年3月17日
ダニール・クビアト、1児をもうけたケリー・ピケと破局 / アリファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーであるダニール・クビアトは、1児をもうけたガールフレンドのケリー・ピケと破局したことが報じられている。

昨年、ダニール・クビアトはF1ドイツGPで3位表彰台を獲得した前日にケリー・ピケとの間に第一子が誕生。ケリーは、3度のF1ワールドチャンピオンのネルソン・ピケの娘だ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム