ルノーF1:Q3進出ならずサインツが13番手 / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 ルノーF1 日本GP
ルノーF1は、F1日本GPの予選で、カルロス・サインツが13番手、ニコ・ヒュルケンベルグが16番手だった。

カルロス・サインツ (13番手)
「トップ10入りの可能性はあると考えていたけど、ペース面で十分に大きなステップを果たすことができなかった。全体的に今日はかなり厳しかった。もう少し良い予選ができたかもしれない。雨は予想よりも早く来てしまい、Q2で新品のタイヤでラップを行うことができなかった」

ザウバー:シャルル・ルクレールが11番手 / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 ザウバーF1 日本GP
ザウバーは、F1日本GPの予選で、シャルル・ルクレールが11番手、マーカス・エリクソンが20番手だった。

シャルル・ルクレール (11番手)
「「全体的にポジティブな一日だったし、明日は良いパフォーマンスを発揮するポテンシャルがあると思う。予選ではペースがあったし、今日はQ3に進出できず残念だ。Q2の1回目のプッシュラップで小さなミスをしてしまい、再び雨が降り始めたことでラップタイムを改善することができなかった」

ハースF1チーム:グロージャンが5番グリッド獲得 / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 ハースF1チーム 日本GP
ハースF1チームは、F1日本GPの予選で、ロマン・グロージャンが5番手、ケビン・マグヌッセンが12番手だった。

ロマン・グロージャン (5番手)
「素晴らしい一日だった。FP3から予選までに行った変更にとても満足しているし、クルマの感触を取り戻すことができた。予選での挙動だけでなく、僕たちにはQ2でソフトタイヤを投入して実行する勇気があった」

フォースインディア:2台揃ってQ3進出 / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 フォースインディアF1 日本GP
フォースインディアは、F1日本GPの予選で、エステバン・オコンが8番手、セルジオ・ペレスが10番手だった。

エステバン・オコン (8番手)
「8番手は悪くないけど、今日はポテンシャルを最大限に発揮できなかったので満足はしていない。路面が乾いて改善し続けていると感じたので、数周分の燃料を積むというのが僕たちのQ3へのアプローチだった」

マクラーレン:2台揃ってQ1敗退 / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 マクラーレンF1 日本GP
マクラーレンは、F1日本GPの予選で、フェルナンド・アロンソが18番手、ストフェル・バンドーンが19番手だった。

フェルナンド・アロンソ (18番手)
「今日は厳しい状況だった。僕たちはラストの2台だし、ここまでのところ最高のパフォーマンスではないのは間違いない。今週末を通して僕たちは全てのセッションでどのタイヤでも遅かった。この効率性の高いサーキットは他よりも苦しんでいるように思う」

レッドブル:フェルスタッペンが3番グリッド獲得 / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 レッドブル・レーシング 日本GP
レッドブル・レーシングは、F1日本GPの予選で、マックス・フェルスタッペンが3番手、ダニエル・リカルドが15番手だった。

マックス・フェルスタッペン (3番手)
「今日は、チームとしてトラック内外でミスがなかった。Q3ではセットアップとコンディションを最適化できたし、明日は本当に良いグリッドポジションからスタートすることになった」

フェラーリ:Q3で手痛いタイヤ選択ミス / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 フェラーリ 日本GP
フェラーリは、F1日本GPの予選で、キミ・ライコネンが4番手、セバスチャン・ベッテルが9番手だった。

キミ・ライコネン (4番手)
「複雑なコンディションでのトリッキーな予選だった。Q3では、雨がもっと早く降ると考えたので、インターミディエイトタイヤで走ることにした。残念ながら、雨は降らなかったので、タイミングが少しずれてしまった」

メルセデス:今季6度目のフロントロー独占 / F1日本GP 予選

2018年10月7日
F1 メルセデス 日本GP
メルセデスは、F1日本GPの予選で、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。、バルテリ・ボッタスも2番手に続き、フロントローを独占した。

ルイス・ハミルトン (1番手)
「セッションの始まりはOKだったけど、ガレージの外を見ると雨がパラパラ降っていて、湿度がとても高かった。他のマシンがスピンするのが見えた。トラックが乾いていくのか濡れていくのかを知るのはとても難しかった。もちろん僕たちはウエットでプラクティスをしていなかったが、Q3はウェットになりそうに見えた」

F1日本グランプリ | 決勝スターティンググリッド

2018年10月7日
F1 日本グランプリ
FIA(国際自動車連盟)は、2018年のF1世界選手権 第17戦 日本GPの決勝スターティンググリッドを発表した。

F1日本GPでペナルティによってグリッドが降格するのはエステバン・オコン(フォースインディア)のみ。フリー走行3回目の赤旗提示時の減速が不十分だったとして3グリッド降格ペナルティを科せられている。オコンは8番グリッドから11番グリッドに降格する。その他、パワーユニットやギアボックス交換によるペナルティは発生していない。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム