鈴鹿サーキットがF1カレンダーで“最も危険”と評される理由

2024年4月10日
鈴鹿サーキットがF1カレンダーで“最も危険”と評される理由
F1は先週末、ファンに人気の鈴鹿サーキットに30回目として戻ってきたが、危険なコーナーと高速トラップの組み合わせがドライバーを待ち受けていた。

1962年にオランダ人デザイナー、ジョン・“ハンス”・ヒューゲンホルツによってホンダのテストサーキットとして作られた8の字型のコースは、1960年代以降、17人もの死者を出すという衝撃的な記録を打ち立てている。

ジョージ・ラッセル F1日本GPのメルセデスF1の戦略チョイスを擁護

2024年4月10日
ジョージ・ラッセル F1日本GPのメルセデスF1の戦略チョイスを擁護
ジョージ・ラッセルは、2024年F1日本GPでチャンスを無駄にする原因となったと疑問を呈されているメルセデスF1チームの戦略的判断を擁護した。

ラッセルとチームメイトのルイス・ハミルトンはミディアムコンパウンドでスタートしたが、オープニングラップで赤旗が出たため、メルセデスはハードコンパウンドに変更。

角田裕毅 F1日本GPの10位入賞をF1公式サイトが戦略的にデータ分析

2024年4月10日
角田裕毅 F1日本GPの10位入賞をF1公式サイトが戦略的にデータ分析
角田裕毅は2024年F1第4戦日本GPを10位で終え、最後のポイント獲得ポジションを確保し、ホームレースで初ポイントを獲得した。角田裕毅のRBチームを含む下位5チームは最速の5チームよりも一歩遅いため、これらのドライバーがポイントを獲得することは常に非常に困難だ。

では、角田裕毅はどのようにして勝算を破り、10位をもぎ取ったのだろうか?元アストンマーティン戦略責任者のバーニー・コリンズがFormula1.comで説明した。

鈴鹿F1タイヤテスト 初日はリカルドとボッタスが合計239周を走行

2024年4月10日
鈴鹿F1タイヤテスト 初日はリカルドとボッタスが合計239周を走行
先週末の壮絶なF1日本FPの後、鈴鹿サーキットではピレリタイヤ開発テストセッションが行われた。F1の単独タイヤサプライヤーであるピレリをサポートしているのは、ステークF1チームKICKザウバーとビザキャッシュアップRB・フォーミュラワン・チームだ。

作業プログラムの中心は、来シーズンに向けてさまざまなコンパウンドと構造を比較することで、特にオーバーヒートを大幅に抑えることを目的とした新しい構造とコンパウンドファミリーを最終決定することだった。

カルロス・サインツJr. F1日本GPでのレッドブル首脳との握手が話題

2024年4月9日
カルロス・サインツJr. F1日本GPでのレッドブル首脳との握手が話題
カルロス・サインツJr.がF1グリッドに新天地を求めている中、F1日本GPの週末にレッドブルのドライバープログラム責任者であるヘルムート・マルコとの握手での会話が話題を呼んでいる。

サインツは前戦オーストラリアGPでの圧倒的なパフォーマンスのおかげで、F1の直近のグランプリウィナーとなっているが、フェラーリが7度の世界チャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンを大々的に獲得したため、現状では来季のシートがない。

ダニエル・リカルド F1日本GPでの1周目リタイアは「特異な出来事」

2024年4月9日
ダニエル・リカルド F1日本GPでの1周目リタイアは「特異な出来事」
RBのダニエル・リカルドはF1日本GPでの1周目リタイアを今季のF1スタートを取り巻くより広範な物語とは切り離して考えており、接触事故は「特異な出来事」であり、「泣きっ面に蜂」という状況ではないと主張した。

リカルドは、鈴鹿サーキットでのレースで、オープニングラップのターン3でドリフトしてウィリアムズのアレクサンダー・アルボンに接触し、2人とも激しくバリアに突っ込んで赤旗中断となったが、スチュワードからの制裁を逃れた。

カルロス・サインツJr. 2025年にメルセデスF1移籍で合意?

2024年4月9日
カルロス・サインツJr. 2025年にメルセデスF1移籍で合意?
カルロス・サインツJr.が2025年にメルセデスF1に移籍することに合意したと伝えたイギリス人ジャーナリストのウィル・バクストンは、その後、自身の発言を訂正した。

2024年F1シーズンはまだ4戦が終了しただけだが、シーズン前にルイス・ハイルトンが今シーズン限りでメルセデスを退団し、2025年にフェラーリと契約したことで、“シリーシーズン”は例年よりも早くに火がついている。そして、最も注目を集めているのが、来季のシートが決まっていないカルロス・サインツJr.だ。

2024年F1 日本GP 決勝:トップ10 F1ドライバーコメント

2024年4月9日
2024年F1 日本GP 決勝:トップ10 F1ドライバーコメント
2024年F1第4戦日本GPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

初の春開催となった日本GPで、角田裕毅が母国のファンの前で鈴鹿初入賞。ホンダのホームコースである鈴鹿サーキットでマックス・フェルスタッペントセルジオ・ペレスがレッドブルにワンツーフィニッシュをもたらした。

角田裕毅 F1日本GPでのポイント獲得を「勝利のように祝福」とRB首脳

2024年4月9日
角田裕毅 F1日本GPでのポイント獲得を「勝利のように祝福」とRB首脳
角田裕毅は、2024年F1日本GPで10位入賞を果たして1ポイントを獲得したが、それが彼に何をもたらし、レッドブル・グループ内はどのように評価しているのか?

母国グランプリで初入賞を果たした角田裕毅は「ただただホッとしている」と語った。それも不思議ではない。ホームの観衆からのプレッシャーを受けながら、彼はワールドチャンピオンシップでポイントを獲得し、日本のファンだけでなくボスも興奮させた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム