ロマン・グロージャン、母国F1フランスGPに特別ヘルメットを用意

2018年6月18日
F1 ロマン・グロージャン フランスGP
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、母国レースとなる次戦F1フランスGPにむけてスペシャルヘルメットを用意した。

今年、F1フランスGPが10年ぶりにF1カレンダーに復活。6月24日にポール・リカールで決勝が行われる。近年、ポール・リカールは、F1ではテストトラックとしては使用されているが、グランプリ開催は28年ぶりとなる。

ハースF1チーム:ペースを生かせずノーポイント / F1カナダGP

2018年6月11日
F1 ハースF1チーム カナダグランプリ 2018年のF1世界選手権
ハースF1チームは、F1カナダGPの決勝レースで、ロマン・グロージャンが12位、ケビン・マグヌッセンは13位でレースを終えた。

ロマン・グロージャン (12位)
「僕たちはどれくらい長く走れるかあまりわかっていなかった。長く走る計画ではあったけど、あそこまで長くはなかった。タイヤはかなり持ちこたえてくれた。フロントに少しデグラデーションが出ていただけだった」

ハースF1チーム:F1カナダGP 金曜フリー走行 レポート

2018年6月9日
F1 ハースF1チーム カナダグランプリ 2018年のF1世界選手権
ハースF1チームは、F1カナダGP初日のフリー走行でロマン・グロージャンが7番手タイム、ケビン・マグヌッセンが13番手タイムだった。

ロマン・グロージャン (7番手)
「かなり良い一日だった。FP1では新しいアップグレードについてかなりのことを学べたし、FP2でのクルマはうまく機能していた。僕たちは2台クルマで3つの異なるタイヤコンパウンドを試した。やらなければならない仕事はあるけど、励みになった。新しい空力パッケージはかなり僕に合っている」

ハースF1チーム、カナダGPで大幅なアップグレードパッケージを投入

2018年6月4日
F1 ハースF1チーム カナダグランプリ
ハースF1チームは、来週末のF1カナダGPでVF-18に最初の大幅なアップグレードパッケージを投入する。

先週末のF1モナコGPでは苦戦を強いられたハースだが、今シーズンは力強いスタートを切っており、他チームがアップグレードを導入したF1スペインGPでもケビン・マグヌッセンが6位入賞を果たしている。

ハースF1チーム:F1モナコGP 決勝レポート

2018年5月28日
F1 ハースF1チーム モナコグランプリ 2018年のF1世界選手権
ハースF1チームは、F1モナコGPの決勝で ケビン・マグヌッセンが13位、ロマン・グロージャンが15位でレースを終えた。

ケビン・マグヌッセン (13位)
「今週末のクルマは本来の実力を示してはいない。ここから出られるのが嬉しいし、モントリオールで戦いに戻るのが待ち切れない。チームの全員がそれに値する。僕たち全員がカナダでクルマに新しいパーツを投入して、通常の状態にクルマが戻り、ポイント争いに戻れることを楽しみにしている」

ハースF1チーム:F1モナコGP 予選 レポート

2018年5月27日
F1 ハースF1チーム モナコグランプリ 2018年のF1世界選手権
ハースF1チームは、F1モナコGPの予選で ロマン・グロージャンが15番手、ケビン・マグヌッセンが19番手だった。

ロマン・グロージャン (15番手)
「残念ながら、FP2とFP3の間にあまり多くクルマのパフォーマンスを上げることができなかった。予選が難しいものになることはわかっていた。Q2に進めたことはかなり嬉しく思っている。当初は計画さえなかったことだからね。Q1では全力を尽くしたし、Q2ではそれ以上は無理だとわかっていた」

ハースF1チーム:F1モナコGP 木曜フリー走行 レポート

2018年5月25日
F1 ハースF1チーム モナコグランプリ 2018年のF1世界選手権
ハースF1チームは、F1モナコGPの木曜フリー走行で、ケビン・マグヌッセンが16番手、ロマン・グロージャンが18番手だった。

ケビン・マグヌッセン (16番手)
「もちろん、今日はペース的に望んでいたところには届いていない。FP1であまり走れなかったと言う点でもね。土曜日はもっと良い一日になることを願っている。金曜日は休みなので、少なくとも走ること以外でクルマに取り組むための時間はたくさんあるし、セットアップについてもっと多くのことを考えることができる」

ハースF1チーム、ロマン・グロージャンのシート喪失説を完全否定

2018年5月24日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム モナコグランプリ
ハースF1チームは、ロマン・グロージャンがシート喪失の危機にあるとの報道を完全否定した。

ロマン・グロージャンは、F1アゼルバイジャンGPで入賞圏内にいながらセーフティカー中に単独クラッシュを喫するというミスを犯しており、前戦F1スペインGPではオープニングラップで2台を巻き込む単独スピンを喫して、3グリッド降格ペナルティを科せられている。

ケビン・マグヌッセン 「他人にどう思われようが気にしていない」

2018年5月23日
F1 ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム 2018年のF1世界選手権
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、自分のドライビングについて他人にどう思われようが気にはしないと語る。

ケビン・マグヌッセンは、そのアグレッシブなドライビングに他のドライバーから多くの批判が浴びせられており、F1グリッドで“悪童”のイメージを定着させている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム