ハースF1のタイトルスポンサーのリッチエナジー、倒産の可能性

2019年7月13日
F1 ハースF1チーム リッチエナジー
ハースF1チームのタイトルスポンサーを務めるリッチエナジーは、チームとのタイトルスポンサー云々の前に会社自体が消滅する可能性が報じられている。

元々、その実態が疑問視されていた英国のエナジードリンク企業のリッチエナジーだが、ハースF1チームのタイトルスポンサーを巡る社内の内部闘争が注目を集めている。

ロマン・グロージャン、開幕戦の空力パッケージに戻して立て直し

2019年7月12日
F1 ロマン・グロージャン
ハースF1チームは、今週末のF1イギリスGPでロマン・グロージャンのマシンを開幕戦オーストラリアGPの空力仕様に戻して不振からの脱却を図る。

ロマン・グロージャンは、F1スペインGPでアップグレードを投入して以降、マシンを快適に感じられていなかった。グロージャンは元のスペックに戻すが、チームメイトのケビン・マグヌッセンは最新スペックを継続して、データ比較が行われる。

ハースF1チーム、F1イギリスGPではリッチエナジーのロゴを掲載

2019年7月12日
F1 ハースF1チーム リッチエナジー
ハースF1チームは、今週末のF1イギリスGPでタイトルスポンサーを降りると宣言して騒動となっているリッチエナジーのロゴを掲載することを明言した。

今年からハースF1チームのタイトルスポンサーを務めていたリッチエナジーだが、7月10日(水)に同社のTwitterでハースF1チームの“成績不振”を理由にスポンサー契約を解除することを一方的に発表した。

ハースF1チーム 「リッチエナジーとの契約上の関係については話せない」

2019年7月11日
F1 ハースF1チーム リッチエナジー
ハースF1チームは、リッチエナジーがスポンサー契約の解除を発表したことについてコメント。現時点ではまだチームのタイトルパートナーだと語った。

今年からハースF1チームのタイトルスポンサーを務めていたリッチエナジーだが、7月10日(水)に同社のTwitterでハースF1チームの“成績不振”を理由にスポンサー契約を解除したことを発表した。

リッチエナジー、ハースF1チームとのスポンサー契約解除を発表

2019年7月11日
F1 リッチエナジー ハースF1チーム
リッチエナジーは、ハースF1チームとのタイトルスポンサー契約を解除したことを発表した。

ハースF1チームは、2019年のF1世界選手権からリッチエナジーと複数年のタイトルスポンサー契約を締結。今年から「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」として参戦し、マシンカラーもリッチエナジーの缶にも採用されているゴールド&ブラックに変更している。

ロマン・グロージャン、ハースのF1シート喪失の危機?

2019年7月6日
F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ロマン・グロージャンは、ハースF1チームのシートを失う危険に晒されていると元F3000ドライバーでデンマークで解説者を務めるジェイソン・ワットは語る。

今年、ハースF1チームは予選では速さをみせているものの決勝ではレースペースに苦戦。チームはケビン・マグヌッセンには満足しているものの、ロマン・グロージャンはパフォーマンスを発揮できずにいる。

ハースF1チーム | 2019年 F1オーストリアGP 決勝レポート

2019年7月2日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年 F1オーストリアGPの決勝で、ロマン・グロージャンが16位、ケビン・マグヌッセンが19位でレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チームプリンシパル)
「期待外れなレースだったのは確かだ。このような走行は悪い意味で驚きだ。予選を5番手で終えたにも関わらず、このようなレースになるなど、失望以外の何物でもない。仕事を続け、予選からレースになるとなぜこんなパフォーマンスになってしまうのかもっと理解を深めていく。まったく理解できていない。本当に今はまったくわからない」

ケビン・マグヌッセン、ギアボックス交換で5グリッド降格

2019年6月30日
F1 ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、ギアボックス交換によってF1オーストリアGPの決勝で5グリッド降格を受けることになった。

フリー走行3回目でケビン・マグヌッセンのマシンにオイル漏れが発生。マグヌッセンは11周でセッションを切り上げていた。結果としてギアボックスの交換が必要となり、6戦連続使用を満たしていないため、5グリッド降格ペナルティが決定した。

ハースF1チーム、2020年のロマン・グロージャン交代説を否定

2019年6月27日
F1 ハースF1チーム ロマン・グロージャン
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、2020年にドライバーを変更するとの憶測を否定した。

ハースF1チームは、ケビン・マグヌッセンには満足しているようだが、ロマン・グロージャンについてニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレス、もしくはロバート・クビサと交代になるとの噂が浮上している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム