ケビン・マグヌッセン、ハースのシート喪失の噂も「気にしていない」

2017年11月15日
ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム F1
ケビン・マグヌッセンは、2018年のハースF1チームのシートを喪失するかもしれないとの噂を「気にしていない」と語り、今はソーシャルメディアを見ないようにしていると語る。

ケビン・マグヌッセンは、ハースの技術パートナーであるフェラーリからプレッシャーを受けているとされている。

ハース:2台ともオープニングラップで接触 / F1ブラジルGP

2017年11月13日
ハースF1チーム F1 ブラジルグランプリ
ハースは、F1ブラジルGPの決勝で、ロマン・グロージャンが15位、ケビン・マグヌッセンはリタイアでレースを終えた。

ロマン・グロージャン (15位)
「オープニングラップについて僕が唯一言えるのは、ターン1で大きな接触があったということだけだ。左リアがパンクしていたと思う。ターン6に着いて、コントロールを失った。とにかくパンクだったと思う。その上、ペナルティを科せられた。それにはあまり満足できない。映像を見たい」

ハース:F1ブラジルGP 予選レポート

2017年11月12日
ハースF1チーム F1 ブラジルグランプリ
ハースは、F1ブラジルGPの予選で、ロマン・グロージャンが12番手、ケビン・マグヌッセンが14番手だった。

ロマン・グロージャン (12番手)
「Q2を突破するためにかなり懸命に頑張った。昨日、そして、過去数レースから良いリカバリーができた。今週末はいくらか良い進歩を遂げているし、それについては満足している」

ハース:F1ブラジルGP 金曜フリー走行レポート

2017年11月11日
ハースF1チーム F1 ブラジルグランプリ
ハースF1チームは、F1ブラジルGPの金曜フリー走行でロマン・グロージャンが15番手タイムを記録。もう一台のクルマは、天候を考えてFP1とFP2の予定を入れ替え、午前中にケビン・マグヌッセンが走行して14番手タイム、午後はアントニオ・ジョヴィナッツィが走行して20番手タイムだった。

ロマン・グロージャン (FP2 15番手)
「まずまずな金曜日だった。多くのマイレージを稼げたし、クルマでいくつかのことを試すことができた」

ロマン・グロージャン:2017 F1ブラジルGP プレビュー

2017年11月10日
ロマン・グロージャン ハースF1チーム ブラジルグランプリ
ハースF1チームのロマン・グロージャンが、インテルラゴス・サーキットで開催されるF1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ロマン・グロージャン (ハース)
「かなりタフなトラックだし、ほとんど休み暇がない。ストレートでさえ、望んだほど休むことはできない。標高も800mだ。メキシコほどではないけど、海面ではない。天候もチャレンジングだ。とても暖かく、湿気が高い。かなり激しいチャレンジだけど、最終的にそれは僕たちが求めているものだ」

ロマン・グロージャン 「トロ・ロッソのドライバー交代は好機」

2017年11月8日
ロマン・グロージャン ハースF1チーム スクーデリア・トロ・ロッソ
ロマン・グロージャンは、最近のトロ・ロッソのドライバー変更が、ハースF1チームが今シーズン末までにコンストラクターズ選手権の順位を上げるための好機になると見なしている。

2017年のF1世エ海選手権も残り2戦となったが、現在ハースF1チームは、7位のルノーとわずか1ポイント差、6位のトロ・ロッソと6ポイント差でコンストラクターズ選手権8位につけている。

ハースF1チーム、2021年のFエンジン案を支持

2017年11月7日
ハースF1チーム F1レギュレーション リバティメディア 国際自動車連盟
ハースF1チームのギュンサー・シュタイナーは、先週発表された2021年のF1エンジン案を称賛している。

F1ストラテジーグループは、火曜日にミーティングを開き、FIAおよびリバティメディアと今後のF1のプラットフォームについて協議する予定となっている。

フェラーリとメルセデスは、2021年のF1エンジン案には問題があると主張しているが、ギュンター・シュタイナーはアイデアを支持。ただし、もっと多くの情報が必要だと述べた。

ハース 「2018年F1マシンへ焦点を移行するのが早すぎたかも・・・」

2017年11月4日
ハースF1チーム F1 2017年のF1世界選手権
ハースF1チームのギュンサー・シュタイナーは、2017年F1マシンの開発を止めて2018年マシンに焦点を移行するという決断が早すぎたかもしれないと考えている。

ハースは、今年の早い段階で2018年F1マシンに開発リソースを移行したが、それによって今シーズン後半のパフォーマンスに影響が出てきてしまっている。

ハース:マグヌッセンが“勝利のような”8位入賞 / F1メキシコGP

2017年10月30日
ハースF1チーム メキシコグランプリ ケビン・マグヌッセン
ハースは、F1メキシコグランプリの決勝で、ケビン・マグヌッセンが8位入賞。ロマン・グロージャンは15位でレースを終えた。

ケビン・マグヌッセン (8位)
「勝利のようなものだ。信じられないし、みんなのハードワークに報いる素晴らしい結果だ。完璧なレースだった。これ以上は望めない。昨日、簡単に諦めて、リングにタオルを投げ込むこともできた。僕たち全員にとってタフな一日だったからね」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム