ハースF1代表ギュンター・シュタイナー、著書『Surviving to Drive』を発売

2022年12月2日
ハースF1代表ギュンター・シュタイナー、著書『Surviving to Drive』を発売
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーが、2022年シーズンの舞台裏について執筆した著書『Surviving to Drive』を来年4月に発売する。

ギュンター・シュタイナーがカルト的なポジションを確立したNetflixのF1ドキュメンタリー『Drive to Survive』への揶揄いも込めたつけれた『Surviving to Drive』という題名の本では「妥協を許さず、非常に正直に、シュタイナーの比類のないスタイルで語られる」ことを約束している。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1にとって簡単な決定ではなかったはず」

2022年11月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1にとって簡単な決定ではなかったはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームにとって3年間レースを離れていた自分を起用することは“簡単な決断ではなかった”と考えている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にルノー(現在のアルピーヌ)でフルタイムでレースを行った後、レーシングポイント(現在のアストンマーティン)でリザーブドライバーを務めた。これには、2022年の最初の2レースを含む5回の代役出場が含まれていた。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はミック・シューマッハに時間を与えた」

2022年11月26日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はミック・シューマッハに時間を与えた」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームでミック・シューマッハの後任を務める。

3年ぶりのF1復帰となるニコ・ヒュルケンベルグが、ドイツ出身の後輩であるミック・シューマッハがF1を離れなければならないことを残念に思っているが、状況について現実的に捉えている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ミック・シューマッハに申し訳なさは感じない」

2022年11月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ミック・シューマッハに申し訳なさは感じない」 / ハースF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグは、来年ハースF1チームでケビン・マグヌッセンのチームメイトになることについて「まったく心配していない」と主張しえいる。

35歳のニコ・ヒュルケンベルグは2023年、同じドイツ人のミック・シューマッハの後任としてF1に復帰する。だが、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーはミック・シューマッハに厳しすぎたと考える人もいる。

セバスチャン・ベッテル 「シューマッハを解雇したハースF1は理解不能」

2022年11月24日
セバスチャン・ベッテル 「シューマッハを解雇したハースF1は理解できない」
F1でシューマッハの友人でありメンターでもあるセバスチャン・ベッテルは、23歳のミック・シューマッハはF1でシートを得るに値すると信じており、ハースF1チームが同じように考えていないことにやや混乱している。

最近、6回のレースウィナーでミック・シューマッハの叔父であるラルフ・シューマッハは、ハースF1チームのボスであるギュンター シュタイナーを激しく批判し、甥に対して「個人的」な復讐をしたと主張している。

ヒュルケンベルグ、久々の本格F1テストで「ヒューマンデグラデーション」

2022年11月23日
ニコ・ヒュルケンベルグ、久々の本格F1テストで「ヒューマンデグラデーション」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ヤス・マリーナ・サーキットで行われたF1ポストシーズンテストでF1マシンで長い一日を過ごした後、少し“ヒューマンデグラデーション”を感じていると認めた。

ハースF1チームは、11月17日(木)にミック・シューマッハに代えてニコ・ヒュルケンベルグを2023年のF1ドライバーに起用することを発表。F1アブダビテストでは、ハースF1チームのレーシングウェアは用意されたが、ヘルメットは真っ白な既製品にスポンサーゴロだけでヒュルケンベルグは参加した。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「今年の夏にハースF1チームに売り込みをかけた」

2022年11月22日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「今年の夏にハースF1チームに売り込みをかけた」
ニコ・ヒュルケンベルグは、今年の夏にハースF1チームに連絡を取り、2023年のF1復帰について売り込んだことを明らかにした。

ハースF1チームは、11月17日(木)にミック・シューマッハに代えて2023年のケビン・マグヌッセンとしてニコ・ヒュルケンベルグと契約したことを発表した。

ハースF1チーム、ミック・シューマッハにドーナツターンの停止を要求

2022年11月21日
ハースF1チーム、ミック・シューマッハにドーナツターンの停止を要求
ミック・シューマッハは、ハースF1チームからF1アブダビGPのレース後にドーナツをやめるよう通知された。

ハースF1チームは、2023年にニコ・ヒュルケンベルグを起用することを決定しており、ミック・シューマッハにとってチームとの最後のレースとなった。

ミック・シューマッハ 「スタートで角田裕毅を捕えて前に留まりたい」

2022年11月20日
ミック・シューマッハ 「スタートで角田裕毅を捕えて前に留まりたい」 / F1アブダビGP 予選
ミック・シューマッハ(ハースF1チーム)は、2022年F1アブダビGPの予選を13番手で終えた。

Q1を11番手で突破したミック・シューマッハは、Q2でトップ10入りに近づくパフォーマンスを披露。Q3まで0.157秒差、コンストラクターズランキング8位争いを2ポイント差でリードするアルファタウリの角田裕毅に0.006秒差の13番手で予選を終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム