ニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとの関係はニュートラル」

2022年1月15日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとの関係はニュートラル」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの関係が、チームの利益に役立つ“ニュートラル”な関係に発展したと語る。

ハースF1の2021年F1マシンの競争力不足と相まって、ルーキーのニキータ・マゼピンとミック・シューマッハは、昨シーズン前半にフィールド後方で孤立したバトルを余儀なくされ、何度かコース上で対立した。

ハースF1のミック・シューマッハ 「2022年マシンの進捗はポジティブ」

2022年1月10日
ハースF1のミック・シューマッハ 「2022年マシンの進捗はポジティブ」
ハースF1のミック・シューマッハは、自分のためにF1マシンを開発する機会を楽しんでいると語り、これまでのところ、2022年F1マシンの兆候は“非常にポジティブ”だと考えている。

ルーキーシーズンを終えたミック・シューマッハは、現在、2022年のF1マシンの開発を支援するために舞台裏で作業を進めている。

ニキータ・マゼピン 「マシンの問題を信じてもらうまで5レースかかった」

2022年1月3日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「マシンの問題を信じてもらうまで5レースかかった」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、自分がルーキーであるため、チームに自分ではなくマシンに問題があると信じてもらうまで5レースかかったと語った。

ハースF1は、2022年に焦点を置き、2021年マシンであるVF-21をほとんど開発しなかったため、苦戦することは想定されていた。ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの新人コンビは、F1のコツを学びながら、それらを最大限に生かそうと奮闘した。

ハースF1、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格

2021年12月24日
ハースF1、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格
ハースF1は、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格し、シャシーがホモロゲートされたことを報告した。

今シーズン序盤からハースF1は、新レギュレーションが導入される2022年の次世代F1マシンにリソースを集中させることを明言しており、今季マシンであるVF-21は、レギュレーションに合わせて2020年F1マシンを調整しただけで、開発を行わなかった。

ハースF1、2022年F1マシンの最初のクラッシュテストを実施

2021年12月23日
ハースF1、2022年F1マシンの最初のクラッシュテストを実施
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2022年F1マシンの進捗は計画通りに進んでおり、今週、最初のクラッシュテストが計画されていると語った。

今季、ハースF1は、2020年F1マシンをレギュレーションに合わせてアップデートしたのみで開発は行わす、次世代F1マシンが導入される2022年に開発のリソースを集中させた。

ミック・シューマッハ、2021年F1シーズンの“クラッシュ・チャンピオン”

2021年12月22日
ミック・シューマッハ、2021年F1シーズンの“クラッシュ・チャンピオン” / 修理代ランキング
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権で他のドライバーよりもチームの修理費用が高額なドライバーとして算出された。

Sky GermanyやBildを含めたメディアは、2021年のクラッシュによるチームの損害額を詳細に分析。今年ハースF1でデビューを果たしたミック・シューマッハは、4,212,500ユーロ(約5億4000万円)でシャルル・ルクレール(フェラーリ) - をわずかに上回って1位にランクされた。

ミック・シューマッハ、2022年はフェラーリF1のリザーブドライバーも兼務

2021年12月22日
ミック・シューマッハ、2022年はフェラーリF1のリザーブドライバーも兼務
ミック・シューマッハは、2022年のF1世界選手権でアントニオ・ジョビナッツィがその役割を果たすことが特定のレースでフェラーリF1のリザーブドライバーを務め、必要に応じてはハースを離れてフェラーリF1からレースに出場することになる。

2020年のFIA-F2チャンピオンであるミック・シューマッハは、ルーキーシーズンでチームメイトのニキータ・マゼピンを快適に上回り、競争力のないハースのF1マシンで2度のQ2進出を果たして感銘を与えた。

ニキータ・マゼピン、新型コロナウイルス感染でF1アブダビGPを欠場

2021年12月12日
ニキータ・マゼピン、新型コロナウイルス感染でF1アブダビGPを欠場
ハースF1のニキータ・マゼピンは、日曜日のF1アブダビGPの決勝に先立ってヤス・マリーナ・サーキットで実施した新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したため、レースを欠場することになった。

ハースF1チームは「ニキータは無症候性で身体的に健康だが、彼は今、自己隔離し、関連する公衆衛生当局のガイドラインを順守し、すべての関係者にとって安全を最優先している」とコメント。

ニキータ・マゼピン 「200キロから0まで止まるには行き場がなかった」

2021年12月7日
ニキータ・マゼピン 「200キロから0まで止まるには行き場がなかった」 F1サウジアラビアGP 決勝
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1サウジアラビアGPの決勝をリタイアで終えた。

「残念だけど、相当の衝撃だった。ストップしなかったアドバンテージがあって、ターン2を出たところでストロールと競争していた。その先はいつも簡単な全開区間だから、どちらのマシンもそうなるはずだったけど、突然、前にいたラッセルがブレーキをかけた」とニキータ・マゼピン。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム