ハースF1チーム 「チーム存続のために懸命に取り組んでいる」

2020年3月28日
ハースF1チーム 「チーム存続のために懸命に取り組んでいる」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、新型コロナウイルスのパンデミックのなかでチームが崩壊するのを防ぐために懸命に働いていると語る。

ギュンター・シュタイナーは、アメリカ・ノースカロライナ州に住んでおり、アメリカの小規模チームであるハースF1チームを率いて活動している。シュタイナーは、アメリカの州は部分的に閉鎖されているが、地元住民は他の地域よりも“落ち着いている”と語る。

F1:ケビン・マグヌッセン 「6か月で18戦を開催するのは残酷」

2020年3月27日
F1:ケビン・マグヌッセン 「6か月で18戦を開催するのは残酷」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、6か月で18戦を戦うのは“残酷”だと考えている。

新型コロナウイルスのパンデミックによって、2020年のF1世界選手権はカレンダーの序盤8戦の延期・中止が決定。F1は、6月からレースを再開し、15~18戦の開催を目指している。

「6か月で18戦を開催するなんてクレイジーだ」とケビン・マグヌッセンは Viasat に語った。

ハースF1、フィッティパルディとテレトラズをテスト兼リザーブに起用

2020年3月26日
ハースF1、フィッティパルディとテレトラズをテスト兼リザーブに起用
ハースF1チームは、2020年もピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラズが引き続き公式テスト兼リザーブドライバーを務めることを発表した。

2回のF1ワールドチャンピオンのエマーソン・フィッティパルディの孫であるピエトロ・フィッティパルディ(23歳)は、2018年にハースF1チームと契約。2019年の公式テストドライバーになり、DTMとF3アジア選手権に参戦していた。

ハースF1チーム 「2020年が最後のシーズンになる可能性がある」

2020年3月14日
ハースF1チーム 「2020年が最後のシーズンになる可能性がある」
ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは、2020年が彼のチームのF1での最後のシーズンになる可能性があると認めた。

今年、F1参戦5年目を迎えるハースF1チームだが、F1オーストラリアGPの中止に先立ち、オーナーのジーン・ハースは、新しいコンコルド協定にサインするかどうか未定だと述べた。

ハースF1チームの4名は新型コロナウイルスの検査で全員が陰性反応

2020年3月12日
ハースF1チームの4名は新型コロナウイルスの検査で全員が陰性反応 / F1オーストラリアGP
ハースF1チームで新型コロナウイルスの感染が疑われた4名のメカニックとエンジニアは、陰性という検査結果が出たと報じられている。

F1サーカスは開幕戦のためにオーストラリアのメルボルンに上陸しているが、水曜日に2名、木曜日にさらに2名のメカニックとエンジニアが新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして隔離され、診察結果を待っていた。

ハースF1チーム 「スタッフの検査結果が出るまで何も言えない」

2020年3月12日
ハースF1チーム 「スタッフの検査結果が出るまで何も言えない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、現在、新型コロナウイルス感染の疑いで隔離状態にある4人のチームメンバーの結果を待って、次のステップを進めるというアプローチをとると述べた。

F1サーカスは開幕戦のためにオーストラリアのメルボルンに上陸しているが、水曜日に2名、木曜日にさらに2名のメカニックとエンジニアが新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして隔離され、診察結果を待っている。

F1 新型コロナウイルス問題:マクラーレンとハースのスタッフに感染の疑い

2020年3月11日
F1 新型コロナウイルス問題:マクラーレンとハースのスタッフに感染の疑い
メルボルンで2020年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPの準備が行われている中、マクラーレンとハースF1チームのスタッフ3名が新型コロナウイルスに感染した兆候を示したため隔離された。

F1とビクトリア州政府は、新型コロナウイルスの世界的な発生にもかかわらず、F1オーストラリアGPを予定通りに開催すると断言していた。しかし、メルボルンに到着たマクラーレンのチームメンバーの1人とハースのチームメンバーの2人が新型ウイルスの兆候を見せていたと報じられている。

ケビン・マグヌッセン 「ハースのF1撤退はイメージできる」

2020年3月5日
ケビン・マグヌッセン 「ハースのF1撤退はイメージできる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームのオーナーであるじーん・ハースがF1撤退を決断することはイメージと語る。

2016年に彼の会社であるハース・オートメーションを宣伝するためにF1に参入したジーン・ハースは、最近、2021年にF1グリッドに参加しない可能性があることを示唆して見出しとなった。

ハースF1チーム、今シーズンの成績次第ではF1撤退も視野

2020年3月5日
ハースF1チーム、今シーズンの成績次第ではF1撤退も視野
ハースF1チームは、今シーズンの成績次第ではF1撤退を検討する可能性があると認める。

F1チームは、まだリバティメディアと2021年以降の新しいコンコルド協定を合意しておらず、ハースF1チームも自分たちがどの位置にいるかをより近いするまでまだサインするのを控えている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム