ハースF1 トヨタのF1復帰に関する“憶測”報道に沈黙

2024年7月14日
ハースF1 トヨタのF1復帰に関する“憶測”報道に沈黙
ハースF1チームは、トヨタのF1復帰のルートになるかもしれないという憶測が飛び交う中、今のところ沈黙を守っている。

昨年末、トヨタが支援する平川亮がマクラーレンのテストドライバーになったことから、日本の自動車大手がF1復帰を検討しているのではないかという噂が流れた。

オリバー・ベアマン ハースF1のシート獲得は「サウジでの結果が大きな要因」

2024年7月14日
オリバー・ベアマン ハースF1のシート獲得は「サウジでの結果が大きな要因」
オリバー・ベアマンは、2025年のハースF1チームのシート獲得には、厳しいF2シーズンの最中、サウジアラビアGPで自分の実力を証明できたことが「大きな要因」になったと語った。

先週、オリバー・ベアマンは、2024年のハースF1チームのドライバーの一人として発表され、F1でフル参戦デビューを果たすことになる。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はマグヌッセン残留を検討すべき」

2024年7月11日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1はマグヌッセン残留を検討すべき」
ケビン・マグヌッセンは、2025年にハースF1チームに残留する「可能性が非常に高い」はずだ。これは、スイスのチームが2026年にアウディのワークスチームに移行するのに先立ち、来年ザウバーに移籍することを契約した現在のチームメイト、ニコ・ヒュルケンベルグの見解だ。

ヒュルケンベルグは昨シーズンハーF21チームスに加入して以来、31歳のマグヌッセンを全体的に上回ってきたが、以前のコース上でのライバル関係による緊張はその後、より友情へと発展した。

トヨタ ハースと提携でF1復帰なら平川亮や宮田莉朋らにチャンス

2024年7月11日
トヨタ ハースと提携でF1復帰なら平川亮や宮田莉朋らにチャンス
トヨタが、ハースF1チームと提携してF1グリッドに復帰すれば、平川亮や宮田莉朋といったトヨタ系の日本人ドライバーへのチャンスが開かれることになる。

報道によると、トヨタ自動車は、2025年シーズンにもアメリカのハースF1チームと提携してグリッドに復帰する協議を行っているという。

オリバー・ベアマン フェラーリF1でルイス・ハミルトンの後任候補

2024年7月11日
オリバー・ベアマン フェラーリF1でルイス・ハミルトンの後任候補
オリバー・ベアマンは、フェラーリF1でルイス・ハミルトンの後任になる可能性について慎重な姿勢を保っている。

オリバー・ベアマンは、F1イギリスGPの週末に2025年シーズンからハースF1チームのフルタイムドライバーになることが発表された。ハミルトン、ジョージ・ラッセル、ランド・ノリスに続いてグリッド上の4人のイギリス人のうちの1人となる。

トヨタ幹部 F1イギリスGPでハースF1のピット滞在はF1復帰の予兆?

2024年7月10日
トヨタ幹部 F1イギリスGPでハースF1のピット滞在はF1復帰の予兆?
トヨタが、ハースF1チームと提携してF1復帰するという噂が伝えられているが、先週末のF1イギリスGPでTOYOTA GAZOO Racingの加地雅哉の姿が目撃されている。

Formula.huは、パドック関係者の話としてトヨタがハースF1チームとの提携を検討していると報じた。2002年から2009年までF1に参戦していたトヨタは、ハースF1と交渉中で、もし契約が成立すれば、早ければ2025年からの参戦が可能になると報じている。

ハースF1はRBを超えた?「5番手チームを争っている」とヒュルケンベルグ

2024年7月10日
ハースF1はRBを超えた?「5番手チームを争っている」とヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1イギリスGPでの素晴らしい結果を受けて、ハースF1チームが5番目に速いチームになるために戦っていると主張した。

シルバーストーンで新たなアップグレードを武器に、ヒュルケンベルグはフェラーリのワークスカー2台を上回る予選6番手を獲得し、オーストリアに続いて2戦連続の6位フィニッシュを果たした。

トヨタ F1復帰?ハースF1チームに提携の可能性を打診との報道

2024年7月10日
トヨタ F1復帰?ハースF1チームに提携の可能性を打診との報道
トヨタが、ハースF1チームに提携の可能性について打診したとRacingNews365が報じている。当初はアルファロメオがザウバーと結んだスポンサー契約のようなスポンサー契約となるという。しかし、Formula.hu は、トヨタの意欲とハースF1チームとの交渉の成功を考慮すると、2026年のプロジェクトの前に両者が緊密に協力し始める可能性が高いと報じている。

ニコ・ヒュルケンベルグ F1イギリスGP決勝「アップデートが効いている」

2024年7月8日
ニコ・ヒュルケンベルグ F1イギリスGP決勝「アップデートが効いている」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2024年F1イギリスGPの決勝で2戦連続となる6位フィニッシュを果たした。

6番グリッドからスタートしたニコ・ヒュルケンベルグは、スタートで9番手まで順位を落とすも、26周目までインターへの交換を我慢して7番手に浮上。その後、ジョージ・ラッセル(メルセデス)のリタイアによって6番手に浮上すると、39周目にスリックタイヤに交換してポジションを維持して6位でチェッカー。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム