ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」

2022年5月16日
F1:ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハのマイアミGPでの全体的な力強いペースは、F1での初ポイントを犠牲にしたミスよりも重要だったと語る。

マイアミでは、今シーズン初めて、ミック・シューマッハはレースウィークエンド全体でハースF1チームのチームメイトであるケビン・マグヌッセンを総合的に上回った。

ハースF1チーム代表 「アメリカ人F1ドライバー誕生には2つの困難」

2022年5月13日
ハースF1チーム代表 「アメリカ人F1ドライバー誕生には2つの困難」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、アメリカ人ドライバーをF1グリッドに戻ることの潜在的な困難について語った。

今年アメリカではマイアミGPが初開催され、2023年には新たにラスベガスGPも加わり、3つのレースが開催されることからも、F1のアメリカへの大きな進出は誰に目に明らかだ。

ハースF1チーム、アレクサンダー・ロッシに非情な通告「君に興味はない」

2022年5月6日
ハースF1チーム、アレクサンダー・ロッシに非情な通告「君に興味はない」
元F1ドライバーのアレクサンダー・ロッシは、ハースF1チームがグリッドに加わったとき、自分は彼らの選択肢ではないと非情の通達を受けたと明らかにした。

アメリカ出身のアレクサンダー・ロッシは、2015年にマノー・マルシャで5レースに出場し、F1の経験があった。そして、2016年にアメリカのチームであるハースが参戦の準備をしている際、ロッシは論理的な選択肢だと考えられたが、関心は一方的なものだった。

ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」

2022年5月3日
ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハは、2021年にそのチャンスがなかったF1のオーバーテイクのコツを学ばなければならないと認める。

昨年、ハースF1チームはシーズンを通してバックマーカーであり、他のフィールドに大きく後れを取っていた。そのため、ルーキーシーズンのミック・シューマッハは、チームメイトのニキータ・マゼピンとのバトルしか経験できなかったと言っても過言ではない。

ハースF1代表 「タイトルスポンサーのオファーには安易に飛びつかない」

2022年5月1日
ハースF1代表 「タイトルスポンサーのオファーには安易に飛びつかない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2社のタイトルスポンサーに問題を抱えた後、3つ目の問題を追加することは避けたいと決意している。

ハースF1チームは、チームオーナーのジーン・ハースが経営するハース・オートマーションの支援によってF1グリッドに到着した。

ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉

2022年4月28日
F1:ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの新しいチームメイトであるミック・シューマッハが自分に話しかけた言葉の珍しい選択を明らかにした。

バーレーンの開幕戦のわずか数週間前にハースF1チームに呼び戻されたケビン・マグヌッセンの復帰劇は2022年シーズンの物語のひとつ。それ以降。マグヌッセンは最初のレースでの5位入賞をはじめ、4レースのうち3レースでポイントを獲得している。

F1:ミック・シューマッハにラルフおじさんが喝 「ミスが多すぎ」

2022年4月28日
F1:ミック・シューマッハにラルフおじさんが喝 「ミスが多すぎ」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハが“ミスが多すぎる”と叱責し、スタートが強化することを課題のひとつに挙げた。

2022年シーズンのこれまで、ミック・シューマッハは、F1を1年離れていたハースF1チームの経験豊富なチームメイトのケビン・マグヌッセンのペースに匹敵することに苦労している。

ケビン・マグヌッセン 「ミディアムは間違ったタイヤだった」

2022年4月24日
ケビン・マグヌッセン 「ミディアムは間違ったタイヤだった」 / ハースF1チーム エミリア・ロマーニャGP スプリント
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1エミリア・ロマーニャGPのスプリントをミディアムで戦うというチェイスは間違った判断だったと認める。

ケビン・マグヌッセンとチームメイトのミック・シューマッハは、タイヤの持ちを期待して土曜日のスプリントをミディアムでスタート。残りのフィールドはソフトを選択した。

ケビン・マグヌッセン、チーム史上最高グリッド「4番手は勝てる位置!」

2022年4月23日
ケビン・マグヌッセン、チーム史上最高グリッド「4番手は勝てる位置!」 / ハースF1チーム エミリア・ロマーニャGP予選
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの予選で、予選Q3で赤旗の原因となったものの、そこから挽回してチーム史上最高の予選結果となる4番グリッドを獲得した。

予選Q3の開始早々、ケビン・マグヌッセンはウェットコンディションのアックエ・ミネラーリでスピンオフして、バリアにぶつかる寸前で車を止めたが、赤旗の原因となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム