ホンダF1 特集:角田裕毅 タイトルへの挑戦

2020年12月3日
ホンダF1 特集:角田裕毅 タイトルへの挑戦
FIA-F2選手権で上位につける角田裕毅が、目前に迫るシーズン最終戦に向けて今の気持ちを語った。

ホンダF1/レッドブルの育成ドライバーである角田裕毅は、F2初挑戦となる今シーズン、ここまで目覚ましい活躍をみせている。先週末に行われた第11戦バーレーン大会ではレース1で6位入賞を果たしたものの、レース2では15位とノーポイトに終わり、ドライバーズランキング5位に後退した。

ホンダF1 「特徴的なコースレイアウトを十分にシミュレーションした」

2020年12月3日
ホンダF1 「特徴的なコースレイアウトを十分にシミュレーションした」と田辺豊治TD / F1サヒールGP プレビュー
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPへの意気込みを語った。

さまざまな出来事が起こったF1バーレーンGPから間を置かずに、今週末にはまた同じサーキットで、F1サヒールGPが開催される。今回は新たに“外周コース(Outer Track)”のレイアウトが使用され、オーバルコースのようなレースが期待されている。

「Honda Racing THANKS DAY 2020」のオンライン開催が決定

2020年12月3日
「Honda Racing THANKS DAY 2020」のオンライン開催が決定… 12/19(土)・20(日)
ホンダは、中止を発表していた「Honda Racing THANKS DAY 2020」をオンラインで開催することを発表した。

「Honda Racing THANKS DAY」は、二輪・四輪ともに多様なカテゴリーのレースに参戦しているホンダが、モータースポーツファンの皆さまへの感謝を込めて贈るファン感謝祭。毎年、年末にツインリンクもてぎで開催されてきた。

レッドブルF1代表 「フェラーリのエンジン凍結支持はF1にもポジティブ」

2020年12月2日
レッドブルF1代表 「フェラーリのエンジン凍結支持はF1にもポジティブ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、フェラーリがF1エンジンの凍結を支持することにスタンスを変えたことは、F1にとっても“ポジティブなニュース”だと語る。

ホンダF1が2021年シーズン限りでのF1撤退を発表した後、レッドブルは2022年のエンジンソリューションを必死で求めている。レッドブルはホンダのF1エンジンの知的所有権を引き継いで、パワーユニットにバッチを付け直して参戦することを望んでいる。

レッドブルF1首脳 「ホンダのF1エンジンの継続運用は財政的には可能」

2020年12月1日
レッドブルF1首脳 「ホンダのF1エンジンの継続運用は財政的には可能」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年にホンダのF1エンジンを引き継いで独自にエンジンプログラムを運用していくことは財政的には可能だと語る。

F1トルコGP後、ヘルムート・マルコは2021年末でF1から撤退するホンダと会談するためにイスタンブールから直接日本へと向かった。

ダニール・クビアト 「レッドブルF1からリザーブのオファーがあるかも不明」

2020年12月1日
ダニール・クビアト 「レッドブルF1からリザーブのオファーがあるかも不明」
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2021年にレッドブルF1のリザーブドライバーの役割をオファーされるかどうかさえ確信が持てないと語る。

2021年にアルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅を起用する可能性が高く、ダニール・クビアトは2021年もF1に留まれる可能性は“非常に低い”と認めている。

フェルスタッペン 「事故を見てレースを欠場するようなドライバーは解雇」

2020年12月1日
フェルスタッペン 「事故を見てレースを欠場するようなドライバーは解雇」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP後 記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、自分がF1チームのボスだったら、F1バーレーンGPでのロマン・グロージャンのような大事故の後でレース出場を拒否するドライバーがいたら“解雇する”と語った。

F1バーレーンGPのオープニングラップで、ロマン・グロージャン(ハース)はダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)と接触した後、ターン3で137mphでバリアに激しくクラッシュ。

セルジオ・ペレス 「レッドブルF1と契約できるなら何でもしたい」

2020年12月1日
セルジオ・ペレス 「レッドブルF1と契約できるなら何でもしたい」
セルジオ・ペレスは、2021年にレッドブルF1と契約してF1キャリアを続けられるならば、大幅な減額を含めて「何でもしたい」と語った。

セバスチャン・ベッテルの加入によって今シーズン限りでレーシング・ポイントのF1シートを失うセルジオ・ペレスは、レッドブルがシーズン終了時に2021年もアレクサンダー・アルボンとの信頼関係を継続するかどうか決定するのを待っている。

ホンダF1 田辺豊治、レッドブルと初ダブル入賞「持てる力を出し切った」

2020年12月1日
ホンダF1 田辺豊治、レッドブルと初ダブル入賞「持てる力を出し切った」 / F1バーレーンGP 決勝後 記者会見
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、レース後の記者会見でF1バーレーンGPを振り返った。

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが2位、アレクサンダー・アルボンが3位でフィニッシュ。ホンダF1とレッドブルが組んでから初めてのダブル入賞を達成した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム