フェルスタッペン 「ピレリは僕たちに責任を負わせるべきではない」

2021年6月18日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「ピレリは僕たちに責任を負わせるべきではない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ピレリによるF1アゼルバイジャンGPでの2件のタイヤ故障についての“漠然とした”調査結果に納得しておらず、レッドブルやアストンマーティンを非難するのではなく、自分自身を見つめ直すべきだと主張した。

マックス・フェルスタッペンとランス・ストロールが被ったF1アゼルバイジャングGPでのパンクに関するピレリの調査では、生産または品質の欠陥による故障ではなかったと結論付け、タイヤの“走行条件”が原因であると示唆した。

ピエール・ガスリー 「僕の実力を疑う人々が間違っていることを証明したい」

2021年6月17日
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリー 「僕の実力を疑う人々が間違っていることを証明したい」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、自分の夢を“壊そう”とする人々がすべて間違っていることを証明したいという気持ちがモチベーションになっていると語る。

2018年にトロロッソ(現在のアルファタウリ)でF1キャリアの力強いスタートを切ったピエール・ガスリーは、翌年レッドブル・レーシングに昇格を果たしたが、プレシーズンテストでのクラッシュから調子を落とし、その実力を疑問視する人々の厳しい目に晒された。

ホンダF1、PUのブランディングを『Honda e:TECHNOLOGY』に変更

2021年6月17日
ホンダF1、PUのブランディングを「Honda e:TECHNOLOGY」に変更
ホンダF1は、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPより、パワーユニットに『Honda e:TECHNOLOGY』のブランディングを冠して参戦する。

ホンダF1は、今季もRed Bull Racing Honda(レッドブル・レーシング・ホンダ)、Scuderia AlphaTauri Honda(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)に、ハイブリッドパワーユニットを供給しており、両チームのマシン計4台が『Honda e:TECHNOLOGY』のロゴマークをまとって、走り出す。

セルジオ・ペレス 「チャンピオンシップを争えるマシンが2台揃っている」

2021年6月17日
セルジオ・ペレス 「チャンピオンシップを争えるマシンが2台揃っている」 / レッドブル・ホンダ F1フランスGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスが、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPへの意気込みを語った。

大波乱の展開となった前戦F1アゼルバイジャンGPで移籍後初勝利を挙げたセルジオ・ペレス。だが、足元をしっかりと見て、長いチャンピオンシップを見据えてマシンのポテンシャルを最大限に引き出していくことが重要だと語る。

マックス・フェルスタッペン 「バクーは2台で戦える効果のいい例になった」

2021年6月17日
マックス・フェルスタッペン 「バクーは2台で戦える効果のいい例になった」 / レッドブル・ホンダ F1フランスGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPへの意気込みを語った。

前戦F1アゼルバイジャンGPでは、トップ走行中にタイヤが故障する不運により、ノーポイントで終えることになったマックス・フェルスタッペン。だが、ルイス・ハミルトンもノーポイントで終えたことで、再びポイントリーダーとして週末を迎える。

角田裕毅 「イタリア移住の影響はポジティブ。正しい判断だったと思う」

2021年6月17日
角田裕毅 「イタリア移住の影響はポジティブ。正しい判断だったと思う」 / アルファタウリ・ホンダ F1フランスGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅が、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPへの意気込みを語った。

開幕戦F1バーレーンGP以来、ノーポイントが続いていた角田裕毅だが、前戦F1アゼルバイジャンGPでは予選Q3初進出を果たすと、決勝でもベストリザルト更新となる7位入賞。グランプリ前にイタリアに移住したことが好影響を与えていると語った。

ピエール・ガスリー 「好調の波に乗って何を生み出せるか見てみたい」

2021年6月17日
ピエール・ガスリー 「好調の波に乗って何を生み出せるか見てみたい」 / アリファタウリ・ホンダ F1フランスGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPへの意気込みを語った。

前戦F1アゼルバイジャンGPでは予選4番手から3位でフィニッシュし、自身3度目の表彰台を獲得したピエール・ガスリー。ホームレースとなるF1フランスGPでは好調の波に乗って、これまで結果を出せていないポール・リカールで流れを変えたいと語る。

「セナとフェルスタッペンの比較は真剣に受け止めるべき」と元F1ドライバー

2021年6月17日
「セナとフェルスタッペンの比較は真剣に受け止めるべき」と元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、自分にとってアイルトン・セナはまだ“特別”な存在だが、ホンダF1がそう言うのであれば、セナとマックス・フェルスタッペンの比較は真剣に受け止められるべきだと語る。

最近、ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、F1モナコGPでのレッドブルの勝利に続き、マックス・フェルスタッペンとアイルトン・セナの間には類似点があると語った。

【腹筋崩壊】 角田裕毅&ピエール・ガスリーの爆笑トーク

2021年6月16日
【腹筋崩壊】 角田裕毅&ピエール・ガスリーの爆笑トーク / アルファタウリ・ホンダF1 日本向け特別コンテンツ
アルファタウリ・ホンダF1が日本のファンに向けたピエール・ガスリーと角田裕毅による特別コンテンツ。

日本とフランス…お互いの国の文化や考えについての理解が深まるよう、スクーデリア・アルファタウリを背負うドライバーコンビにいくつかの質問を用意。

それぞれが相手に質問を投げかけていくが、思いもよらぬ答えが飛び出し、なぜか爆笑連発トークに!?
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム