ホンダF1 特集 | “幻の1-2-3”は本田宗一郎からのメッセージ

2019年11月20日
ホンダF1 特集
ホンダF1でレッドブルのチーフメカニックを務める吉野誠が、ホンダのF1エンジンが1-2フィニッシュを達成したF1ブラジルGPを振り返った。

「先日のブラジルGPの決勝。本当にすごかったですね!劇的なレース展開でしたが、今までの勝利と違いマックス(・フェルスタッペン)が純粋にライバルに対して強さ、速さで上回った、完璧な勝利だったのではないでしょうか。予選、レースともに常にパフォーマンスで上回っていましたし、来年につながる結果になりました」と吉野誠と ホンダ Racing F1 の公式サイトで語った。

「メルセデスがトロロッソを抜けなかったのは驚き」と元F1ドライバー

2019年11月20日
「メルセデスがトロロッソを抜けなかったのは驚き」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのJ.J.レートは、F1ブラジルGPの決勝レースでメルセデスのルイス・ハミルトンがトロロッソ・ホンダのポーエル・ガスリーを抜けなかったことは驚きであり、陰謀説が出てきてもおかしくないくらいだと語る。

レース後半のフェラーリ勢の同士討ち、ルイス・ハミルトンとアレクサンダー・アルボンの接触がレースを決めたことは間違いないが、J.J.レートは、歴史的ともいえるホンダのF1エンジンによる1-2フィニッシュの背景にはもっと多くの要因があると考えている。

「レッドブルの勝因はホンダのF1エンジンだけではない」とライバルチーム

2019年11月20日
「レッドブルの勝因はホンダのF1エンジンだけではない」とライバルチーム
レッドブルのF1ブラジルGPでのパフォーマンスはすべてがホンダのF1エンジンによるものではなかったとライバルF1チームは考えている。

F1ブラジルGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンで今季3用目を挙げ、ホンダのF1エンジンの進歩を実証した。

ピエール・ガスリー 「F1がいかにチームスポーツであるかを実感した」

2019年11月20日
ピエール・ガスリー 「F1がいかにチームスポーツであるかを実感した」
ピエール・ガスリーは、レッドブルからトロロッソに戻ってから自分を再発見したと語る。

今シーズンをレッドブル・ホンダのドライバーとしてスタートしたピーエル・ガスリーだったが、ハンガリーでの12戦目の後、古巣であるトロロッソ・ホンダへと戻った。

マックス・フェルスタッペン | F1ブラジルGP 優勝インタビュー

2019年11月20日
マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPをポール・トゥ・ウィンで制し、今季3勝目を挙げた。

ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、スタートでリードを維持するが、メルセデスが戦略でピットストップのたびにルイス・ハミルトンを前に出すことに成功したため、2度にわたってハミルトンを抜かなければならなかった。

ロス・ブラウン 「レッドブル・ホンダは2020年に向けて強力な礎を築いた」

2019年11月20日
ロス・ブラウン 「レッドブル・ホンダは2020年に向けて強力な礎を築いた」
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1ブラジルGPでのレッドブル・ホンダの勝利は2020年にむけて強力な礎を築くものだったと語る。

F1ブラジルGPでは、マックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンで今季3勝目を挙げ、また、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位に続いたことで、ホンダに1991年以来28年ぶりとなる1-2フィニッシュをもたらした。

「レッドブル・ホンダは2020年のF1タイトル候補になり得る」

2019年11月20日
「レッドブル・ホンダは2020年のF1タイトル候補になり得る」と元F1ドライバーのジョリオン・パーマー
元F1ドライバーのジョリオン・パーマーは、レッドブルとホンダがF1ブラジルGPで見せたパフォーマンスを維持することができれば、2020年にタイトル候補になり得ると考えている。

「もちろん、ブラジルではこのようなことを言うのは無意味かもしれないが、レッドブルがハイブリッド時代にこれまでできなかったこと、全シーズンと同じ競争力で翌シーズンをスタートすることができれば、フェルスタッペン/レッドブル/ホンダのパッケージは2020年の一大勢力になり得る」とジョリオン・パーマーは BBC のコラムで語った。

「適切なツールを手にしたときのマックス・フェルスタッペンは無敵」

2019年11月20日
「適切なツールを手にしたときのマックス・フェルスタッペンは無敵」と元F1ドライバーのマーティン・ブランドル
元F1ドライバーのマーティン・ブランドは、マックス・フェルスタッペンが“適切なツール”を手に入れたときは‟無敵”だと語る。

F1ブラジルGPでは、予選でポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンが、圧倒的なパフォーマンスで自身8勝目を挙げた。ルイス・ハミルトンがピットインするたびにリードを失ったフェルスタッペンだったが、そのたびにターン1で鮮やかなオーバーテイクをみせた。

ホンダF1 田辺豊治 インタビュー「今季3勝目は非常に励みになる結果」

2019年11月20日
ホンダF1 田辺豊治 インタビュー「今季3勝目は非常に励みになる結果」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、F1ブラジルGPでの今季3勝目はホンダのF1エンジンにとって"非常に励みになる結果”だと振り返る。

F1ブラジルGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンで今季3勝目を挙げ、トロロッソのピエール・ガスリーも2位に続き、ホンダにとって1991年以来28年ぶりとなる1-2フィニッシュをもたらした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム