BMW、2026年のF1参戦に無関心 「今はLMDhを行うのに適切な時期」

2022年9月26日
BMW、2026年のF1参戦に無関心 「今はLMDhを行うのに適切な時期」
アウディが2026年にパワーユニットサプライヤーとしてF1に参戦することを決定し、既存のチームと協力してワークスチームを編成することを検討しているにもかかわらず、長年のライバルであるBMWは追随する気はない.

BMWは、2000年から2009年までF1に参戦し、ウィリアムズと組んだ後、2006年にザウバーF1チームを買収した。しかし、2008年に1勝しただけで、BMWは2009 年末にF1から撤退することを決定し、ペーター ザウバーがチームを買い戻した。

BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の正式カラーリングを披露

2022年9月23日
BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の正式カラーリングを披露
BMWは、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の最終的なカラーリングを木曜日の夜にロサンゼルスのピーターセン博物館で開催された特別イベントで披露した。

カラーリングは、BMW Group Designworks によって設計され、BMW M部門の有名な色と「キドニー」グリルの周りの照明システムを備えている。カラーリングの一部である黒い部分のほとんどは、本来のカーボンファイバー仕上げのままであり、BMW は、従来の塗装作業と比較して、20~30%の重量を節約できると見積もっている。

「セバスチャン・ベッテルはBMWザウバーですぐに速くはなかった」

2022年8月22日
「セバスチャン・ベッテルはBMWザウバーですぐに速くはなかった」とアストンマーティンF1代表
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、セバスチャン・ベッテルがF1キャリアのスタート時にBMWザウバーに加わったとき、すぐには速くなかったと語る。

二人は現在、それぞれアストンマーティンF1のチーム代表とドライバーだが、セバスチャン・ベッテルがF1引退するまであと9レースしかない。

BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』での2024年のWEC復帰を正式発表

2022年7月27日
BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』での2024年のWEC復帰を正式発表
BMWは、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』のシェイクダウンを7月25日(月)にイタリアで実施。2024年にWEC(FIA世界耐久選手権)に復帰することを発表した。

BMWは、1999年に『BMW V12 LMR』で優勝して以来、ル・マン24時間レースのトップクラスに参戦することに関心を示していたが、2024年から『BMW M Hybrid V8』とともにWECのハイパーカーカテゴリーに参戦することを正式発表した。

BMW、マクラーレンのエンジンパートナーとしてF1復帰の噂

2022年7月14日
BMW、マクラーレンのエンジンパートナーとしてF1復帰の噂
BMWが、マクラーレンのエンジンパートナーとしてF1復帰する可能性が噂されている。

噂では、BMWがロードカーを製造するためにマクラーレンと契約を結んだ可能性があるとされている。F1ジャーナリストのジョー・サワードは、それはBMWがF1に復帰することを意味している可能性があると自身のウェブサイトで述べた。

BMW、2023年にIMSA参戦のLMDh車両『BMW M Hybrid V8』を発表

2022年6月6日
BMW、2023年にIMSA参戦のLMDh車両『BMW M Hybrid V8』を発表
BMWは、2023年にIMSAスポーツカー選手権に参戦するダラーラLMP2ベースのLMDhプロトタイプ『BMW M Hybrid V8』を発表した。

BMW M Hybrid V8は、6月6日(月)にBMWのM部門の象徴的な青と白のカラーリングで発表され、BMWのデザインの標準的な部分である「キドニーグリル」を備えている。最終的な配色は後日紹介される。

BMW、2021年シーズン限りでフォーミュラEから撤退

2020年12月3日
BMW、2021年シーズン限りでフォーミュラEから撤退
BMWは、2020-2021年シーズンをもってフォーミュラEから撤退することを発表。アウディに続いて大手自動車メーカーの2社がフォーミュラEから撤退することになった。

バレンシアで行われていたプレシーズンテストでトップに立ったBMWだが、その翌日に3年目のシーズンを終えた後にフォーミュラEでの活動を終了する意向を発表した。

F1マシン列伝:BMWザウバー F1.08 “自ら捨てたタイトルへの挑戦権”

2020年5月14日
F1マシン列伝:BMWザウバー F1.08 “自ら捨てたタイトルへの挑戦権”
BMWザウバーの2008年F1マシン『F1.08』は、現アルファロメオ・レーシングとして存続しているチームにとって最も成功を収めた一台だったが、当時のBMW上層部は自らタイトルへの挑戦権を捨ててしまった。

BMWは、2005年末にザウバーを買収してBMWザウバーとして参戦。新チームはスイスにあるザウバーのファクトリーと風洞施設を引き続き使用してシャシー開発をし、ミュンヘンのBMWファクトリーでエンジンの開発をするという体制を採った。

BMWもDTM撤退の可能性…シリーズ崩壊の危機

2020年5月6日
BMWもDTM撤退の可能性…シリーズ崩壊の危機
BMWは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)から撤退する可能性があることを認めた。

先月末、アウディは2020年シーズン限りでDTMから撤退することを発表。それは、BMWがDTMのグリッドにワークス参戦する唯一の自動車メーカーになることを意味する。

だが、BMWの取締役であるクラウス・フローリッヒは、BMWもアウディに続く可能性があると Suddeutsche Zeitung に語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム