BMW、2021年シーズン限りでフォーミュラEから撤退

2020年12月3日
BMW、2021年シーズン限りでフォーミュラEから撤退
BMWは、2020-2021年シーズンをもってフォーミュラEから撤退することを発表。アウディに続いて大手自動車メーカーの2社がフォーミュラEから撤退することになった。

バレンシアで行われていたプレシーズンテストでトップに立ったBMWだが、その翌日に3年目のシーズンを終えた後にフォーミュラEでの活動を終了する意向を発表した。

F1マシン列伝:BMWザウバー F1.08 “自ら捨てたタイトルへの挑戦権”

2020年5月14日
F1マシン列伝:BMWザウバー F1.08 “自ら捨てたタイトルへの挑戦権”
BMWザウバーの2008年F1マシン『F1.08』は、現アルファロメオ・レーシングとして存続しているチームにとって最も成功を収めた一台だったが、当時のBMW上層部は自らタイトルへの挑戦権を捨ててしまった。

BMWは、2005年末にザウバーを買収してBMWザウバーとして参戦。新チームはスイスにあるザウバーのファクトリーと風洞施設を引き続き使用してシャシー開発をし、ミュンヘンのBMWファクトリーでエンジンの開発をするという体制を採った。

BMWもDTM撤退の可能性…シリーズ崩壊の危機

2020年5月6日
BMWもDTM撤退の可能性…シリーズ崩壊の危機
BMWは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)から撤退する可能性があることを認めた。

先月末、アウディは2020年シーズン限りでDTMから撤退することを発表。それは、BMWがDTMのグリッドにワークス参戦する唯一の自動車メーカーになることを意味する。

だが、BMWの取締役であるクラウス・フローリッヒは、BMWもアウディに続く可能性があると Suddeutsche Zeitung に語った。

BMW 「F1は投資は莫大だがブランドへの貢献は最小限」

2020年5月6日
BMW 「F1は投資は莫大だがブランドへの貢献は最小限」
BMWの取締役を務めるクラウス・フロリッチは、BMWはF1に復帰する意向はまったくないと語る。

BMWは、2006年にザウバーを買収してBMWザウバーとしてワークス参戦を開始したが、リーマンショックによる世界的な金融危機を受け、2009年末に突然F1から撤退した。

ニック・ハイドフェルド 「ロバート・クビサの態度は好きではなかった」

2020年4月23日
ニック・ハイドフェルド 「ロバート・クビサの態度は好きではなかった」 / F1見聞録
元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、10年以上前にBMWザウバーで4シーズンをチームメイトとして過ごしたロバート・クビサの態度に満足していなかったと明かす。

ニック・ハイドフェルドは、昨年のロバート・クビサのF1復帰は“驚くべき”ことだと称賛し、これまでのチームメイトのなかで最も“完成された”ドライバーだったとしつつも、決して良好な関係ではなかったと語る。

F1見聞録:セバスチャン・ベッテルに見たシューマッハ並みのプロ意識

2020年4月9日
F1見聞録:セバスチャン・ベッテルに見たシューマッハ並みのプロ意識
元BMWのF1チーム代表マリオ・タイセンが、4度のF1ワールドチャンピオンとなったセバスチャン・ベッテルのキャリア初期段階での仕事について振り返った。

マリオ・タイセンは、2007年のF1カナダGPで大クラッシュを喫したロバート・クビサの代役として、F1アメリカGPでセバスチャン・ベッテルをBMWザウバーからF1デビューさせた。8位入賞を果たしたベッテルは当時のF1史上最年少入賞記録を樹立している。

元BMWチーム代表、コロナショックによる自動車メーカーのF1撤退を危惧

2020年4月1日
元BMWチーム代表、コロナショックによる自動車メーカーのF1撤退を危惧
元BMWザウバーのチーム代表を務めたマリオ・タイセンは、新型コロナウイルスによると経済危機により、複数の自動車メーカーがF1から撤退することも十分に考えられると語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、F1はレースをすることができず、現在、F1チームはファクトリーやオフィスを閉鎖している。

BMW、F1復帰に無関心 「市販車とまったく関連性がない」

2020年2月7日
BMW、F1復帰に無関心 「市販車とまったく関連性がない」
BMWは、“パワーユニット時代”にF1に復帰することに関心はないと断言する。

BMWはザウバーを買収して2006年からF1に復帰したが、2009年末にわずか4シーズンでF1から撤退。モータースポーツのメインプログラムはアンドレッティと組んだ電気自動車のプロジェクトであるフォーミュラEに焦点が当てられている。

ロバート・クビサ、“封が切られていないシャンパン”の偽話に困惑

2019年6月7日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビカは、11年前のF1カナダGPでの勝利にまつわる真実ではないストーリーに困惑したと明かした。

ロバート・クビサは、BMWザウバー時代の2008年にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで初勝利を挙げている。ヒンウィルのファストリーには封が切られていないシャンパンが飾られており、しばらくの間、それはクビサが歓喜のあまりシャンパンファイトを忘れたためだと新入社員に説明されていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム