マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」

2019年11月8日
マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ドライバーズ選手権では差がついているものの、カルロス・サインツとランド・ノリスのパフォーマンス差は非常に拮抗していると語る。

残り2レースで、カルロス・サインツはランド・ノリスのほぼ倍のポイントを獲得しているが、アンドレアス・ザイドルは2020年もマクラーレンで走る2人ドライバーのパフォーマンスは非常に近いものだと語る。

ランド・ノリス 「やっぱりアルボンの動きはペナルティに値した」

2019年10月25日
ランド・ノリス 「やっぱりアルボンの動きはペナルティに値した」
マクラーレンのランド・ノリスは、F1日本で接触したアレクサンダー・アルボンは“フェアプレー”だったと語っていたが、より多くの映像を見直した結果、やっぱりペナルティを受けるに値したと感じていると述べた。

ランド・ノリスと5位争いをしていたアレクサンダー・アルボンは、カシオトライアングルでインサイドを突いたが、2台は軽く接触した。ランド・ノリスは、コーナーをカットして回避行動を取り、ポジションを落とした。

ランド・ノリス 「メキシコはマクラーレンの特性に合っているはず」

2019年10月24日
ランド・ノリス 「メキシコはマクラーレンの特性に合っているはず」
マクラーレンのランド・ノリスは、今週末のF1メキシコGPが開催されるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスはマクラーレンのマシン特性に合っていると考えている。

「通常、メキシコは素晴らしいレースになるし、僕たちのマシンの特性に合っているはずだけど、週末を最大限に活用するためにはまだ懸命に仕事をする必要があることをわかっている」とランド・ノリスはコメント。

レッドブルF1代表、アルボンと接触したランド・ノリスの対応に敬意

2019年10月16日
レッドブルF1代表、アルボンと接触したランド・ノリスの対応に敬意
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1日本GPでアレクサンダー・アルボンがコース外に追い出したランド・ノリス(マクラーレン)の対応に敬意を表した。

スタートで出遅れたアレクサンダー・アルボンは、マクラーレンの2台の後ろに下がることになった。アルボンは最終シケインでランド・ノリスのインを突き、ノリスは接触を避けるためコース外に出たが、それでもわずかな接触があった。

ランド・ノリス、アルボンと接触も責めず「フェアプレーだった」

2019年10月14日
ランド・ノリス、アルボンと接触も責めず 「フェアプレーだった」 / F1日本GP 決勝
マクラーレンのランド・ノリスは、F1日本GPの決勝でアレクサンダーアルボン(レッドブル・ホンダ)とのバトルで接触したが、アルボンは“まともな動きだった”と述べた。

ランド・ノリスと5位争いをしていたアレクサンダー・アルボンは、カシオトライアングルでインサイドを突いたが、2台は軽く接触した。ランド・ノリスは、コーナーをカットして回避行動を取り、ポジションを落とした。

ランド・ノリス、ボウリングの腕前はいまいち?!

2019年10月14日
F1 ランド・ノリス、ボウリングの腕前はいまいち?
マクラーレンのランド・ノリスは、どうやらボウリングの腕前はいまいちのようだ。

F1日本GPの週末、ランド・ノリスはチームメイトを含めたマクラーレンのスタッフと鈴鹿サーキットホテルにあるボウリング場でゲームを楽しんだ。どうやら彼らはそこで賭けをしていたようだが、ランド・ノリスはぶっちぎりで最下位だったようだ。

ランド・ノリス、デブリを拾って後退 「フラストレーションの溜まる一日」

2019年10月14日
ランド・ノリス、デブリを拾って後退 「フラストレーションの溜まる一日」
マクラーレンのランド・ノリスは、F1日本GPの決勝レースで良い結果を期待できるポジションにいたものの、接触事故を起こしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)のデブリがブレーキダクトにはさまるという事態が発生して緊急ピットインを余儀なくされ、13位でレースを終えるおとになった。

「フラストレーションの溜まる一日だった。本当に良いスタートが切れたし、ターン1で数名のドライバーのアウトサイドに抜けることができた」とランド・ノリスはコメント。

ランド・ノリス 「日本はクールな場所だけど寿司は・・・」

2019年10月8日
ランド・ノリス 「日本はクールな場所だけど寿司は・・・」 / マクラーレン F1日本GP プレビュー
マクラーレンのランド・ノリスが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

「去年FP1に参加しているので、鈴鹿に戻るのを楽しみにしている。F1カーで走るのは楽しいトラックだし、良いオーバーテイクができることを期待している。それに日本は訪問するにはとてもクールな場所だ。おそらく寿司は避けるだろうけどね!」とランド・ノリスはコメント。

ランド・ノリス、メルセデスとマネジメント契約との報道

2019年10月4日
ランド・ノリス、メルセデスとマネジメント契約との報道
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスが、メルセデスとマネジメント契約を結んだと報じられている。

先週末のF1ロシアGPでは、マクラーレンが2021年からルノーからメルセデスにF1エンジンを切り替えることを発表。契約は2024年までの4年契約となる。

イタリアの Automoto によると、この契約はイギリスの投資会社『ホレイショ・インベストメンツ( Horatio Investments)』が仲介したと報道。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム