2023年にシャルル・ルクレールとランド・ノリスに迫る“望まないF1記録”

2023年1月28日
2023年にシャルル・ルクレールとランド・ノリスに迫る“望まないF1記録”
シャルル・ルクレールとランド・ノリスは2023年のF1世界選手権で、表彰台や優勝、そして、ルクレールに関してはおそらくF1タイトルを争うことを熱望しているが、この2人が更新する可能性のなる望まない記録もいくつかある....

シャルル・ルクレール - タイトルなしの最多ポールポジション
シャルル・ルクレールは土曜日の午後にF1で最速のドライバーであることは間違いない。

マクラーレンF1のランド・ノリス 「昨年のフェラーリ並みの飛躍が必要」

2023年1月24日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「昨年のフェラーリ並みの飛躍が必要」
ランド・ノリスは、F1の大きなルール変更は過ぎたとはいえ、マクラーレンは2021年から2022年にかけてフェラーリが成し遂げたような大きな前進を今シーズンもしなければならないと語る。

昨年、マクラーレンは、第2のグランドエフェクトF1時代の始まりに勝利を収めることができず、ランド・ノリスはF1エミリア・ロマーニャGPで唯一のチーム表彰台を獲得した。

ランド・ノリス 「新世代F1マシンのドライビングは以前ほど楽しくない」

2023年1月9日
ランド・ノリス 「新世代F1マシンのドライビングは以前ほど楽しくない」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、新世代F1マシンを運転するのは以前の世代のマシンよりも楽しくないと認める。

2022年シーズンに向けてF1に導入された新しい技術規則により、車は空力コンセプトはグラウンドエフェクトカーに移行。何人かのF1ドライバーは、新世代F1マシンの運転について意見を述べており、エステバン・オコンは、以前のマシンほどレースが「楽しくない」ことを示唆。ランド・ノリスも同意している。

オスカー・ピアストリ 「ノリスは多くを学べる強力なチームメイト」

2023年1月4日
マクラーレンF1のオスカー・ピアストリ 「ノリスは多くを学べる強力なチームメイト」
オスカー・ピアストリは、2023年にランド・ノリスとポジティブな協力関係を築き、二人が力を合わせたときに、マクラーレンF1をグリッド上位に押し上げることができると確信していると語る。

フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ、F3、F2のタイトルを含む印象的なジュニアの記録を誇るオスカー・ピアストリは、2022年にダニエル・リカルドに代わって、マクラーレンF1のレギュラードライバーを務める。

マクラーレンF1 「ランド・ノリスを引き抜かれる心配はしていない」

2022年12月24日
マクラーレンF1 「ランド・ノリスを引き抜かれる心配はしていない」
マクラーレンF1は、ランド・ノリスが他のF1チームにとって明らかな標的であるにもかかわらず、長期的に保有できると完全に信頼を置いていると主張する。

ランド・ノリスは、今年初めにマクラーレンF1チームと2025年末まで新たな契約にサインした。しかし、マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルがザウバーに移籍したことで、チームが2026年にアウディとしてブランドを変更した場合、ノリスを誘惑する可能性があるという提案がすでに出ている。

「レッドブルF1はランド・ノリスの獲得に本腰を入れるべき」と元F1ドライバー

2022年12月20日
「レッドブルF1はランド・ノリスの獲得に本腰を入れるべき」と元F1ドライバー
元F1ドライバーでSky Sports F1のコンサルタントを務めるカルン・チャンドックは、レッドブルは、マクラーレンのランド・ノリスを獲得するために本腰を入れるばきだと考えている。

2019年にマクラーレンでF1デビューを果たしたランド・ノリスは、まだF1初勝利を経験していないが、シーズンが進むごとに株は上昇し続けている。

ランド・ノリス、ザイドルに続いてザウバーF1チーム移籍もあり?

2022年12月15日
ランド・ノリス、ザイドルに続いてザウバーF1チーム移籍もあり?
アンドレアス・ザイドルがマクラーレンのF1プロジェクトを離れ、将来のアウディのワークスF1チームであるザウバーのCEOに就任したことが、マクラーレンのスタードライバーであるランド・ノリスの将来にどのような影響を与えるかに注目が集まっている。

マクラーレンでのアンドレアス・ザイドルの仕事の重要性を軽視することはできない。ザイドルは、2015年から2018年の低迷期から回復し、ミッドフィールドのフロントランナーとしての地位を確立するのに貢献してきた。

ランド・ノリス 「ベッテルからはF1レース外でも重要なことを学んだ」

2022年12月2日
ランド・ノリス 「ベッテルからはF1レース外でも重要なことを学んだ」
ランド・ノリスは、F1キャリアのなかでセバスチャン・ベッテルのようなドライバーと戦えたことを幸運に思っており、また4回のF1ワールドチャンピオンからコース外で学んだことにも感謝していると語る。

セバスチャン・ベッテルは、モータースポーツの頂点で15年間のキャリアを積んだ後、先月アブダビでF1から引退した。ベッテルの注目に値する遺産は、F1での勝利と同じくい、気候変動、多様性、人種差別などの問題に対する認識を高めるためのコース外での揺るぎないキャンペーンによって定義されている。

ランド・ノリス 「6位とファステストラップはベストな締めくくり」

2022年11月21日
ランド・ノリス 「6位とファステストラップはベストな締めくくり」 / F1アブダビGP
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1最終戦アブダビGPの決勝を6位でフィニッシュ。ファステストラップも記録した。

「6位とファステストラップは、シーズンを締めくくるにはベストが結果だ。タフなレースだった。最後は追い抜かれる寸前だったけど、タイミングが良かった。特にフロントリミテッドのサーキットでは、他のチームと比較して、デグラデーションに少し苦労してきたので、このレースが厳しいものになることはわかっていた」とランド・ノrスはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム