ランド・ノリス 「将来フェラーリF1に移籍する可能性は閉ざさない」

2021年10月8日
ランド・ノリス 「将来フェラーリF1に移籍する可能性は閉ざさない」
ランド・ノリスは、将来フェラーリF1に移籍することにオープンであり、10年後くらいに赤いレーシングスーツを着ている可能性もあり得ると語る。

マクラーレンF1のランド・ノリスは、現時点で最も評価の高い若手ドライバーのひとりであり、素晴らしい2021年シーズンを過ごしている。その強力ナパフォーマンスにより、今年初めてに契約は延長され、少なくとも2023年まではマクラーレンF1に残ることになっている。

ランド・ノリス 「次世代F1マシンは運転するのがとても難しい」

2021年10月5日
ランド・ノリス 「次世代F1マシンは運転するのがとても難しい」
ランド・ノリスは、マクラーレンF1のシミュレーターで走った2022年F1マシンの第一印象は、現在のマシンほど運転していて“楽しくない”と語る。

現在、F1チームは、2022年に導入される新しいルールに沿ったF1マシン開発に取り組んでいる。急進的なグランドエフェクトカーは、マシンが接近して戦うことを可能にすることを目的にしている。それはオーバーテイクを容易にするという利点もあるはずだ。

ランド・ノリス 「F1デビューシーズンはうつ病に苦しんだ」

2021年10月5日
ランド・ノリス 「F1デビューシーズンはうつ病に苦しんだ」
マクラーレンのランド・ノリスは、F1シーンに登場したときに直面した苦労についてオープンに語り、自分が直面した疑いとプレッシャーにとってしばしば鬱状態になっていたと明かした。

前戦F1ロシアGPで、終盤の雨でF1初勝利のチャンスを逃すことになったランド・ノリスは、過去の自分のメンタルヘルスの闘争について語った。

マクラーレンF1 「ランド・ノリスとセルジオ・ペレスにライバル関係はない」

2021年10月4日
マクラーレンF1 「ランド・ノリスとセルジオ・ペレスにライバル関係はない」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、2021年シーズンにいくつかのインシデントを起こしているのみかかわらず、同チームのドライバーであるランドノリスとレッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスはライバルではないと語る。

2021年のタイトル争いはメルセデスとレッドブル・ホンダの間で行われてきたが、ランド・ノリスも素晴らしいパフォーマンスを示しており、今シーズン何度か戦いに割って入っている。

ランド・ノリス 「ハミルトンのF1タイトル争いを支援することはない」

2021年10月3日
ランド・ノリス 「ハミルトンのF1タイトル争いを支援することはない」
マクラーレンはメルセデスのF1エンジンを搭載しているが、ランド・ノリスはルイス・ハミルトンに順位を譲ってタイトル争いを支援することはないと断言する。

2021年のF1タイトル争いは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの一騎打ちとなっているが、ランド・ノリスは何度か彼らの戦いに加わっている。

アルファロメオF1代表、ランド・ノリスの“白線またぎでも叱責”に不服

2021年10月2日
アルファロメオF1代表、ランド・ノリスの“白線またぎでも叱責”に不服 / F1ロシアGP 決勝
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、F1ロシアGPの決勝でピットエントリーの白線をまたいだランド・ノリス(マクラーレン)にペナルティが科せられるべきだったと考えている。

F1ロシアGP後、ランド・ノリスのピットエントリーでの一件は大きな議論のポイントとなった。通常、白線またぎには5秒ペナルティと1点のペナルティポイントが科されるが、ノリスは叱責だけとなったことに多くのオブザーバーが驚いた。

レッドブルF1首脳 「ランド・ノリスの獲得に動いたことがある」

2021年10月2日
レッドブルF1首脳 「ランド・ノリスの獲得に動いたことがある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マクラーレンのランド・ノリスを獲得するために交渉を行ったことを明らかにした。

マクラーレンの育成プログラム出身のランド・ノリスは、2019年にF1デビューを果たして以来、チーム再建の背景にある重要な原動力となっている。

マクラーレンで5回の表彰台を獲得しているランド・ノリスは、F1で最も評価の高い若手ドライバーの一人になり、ヘルムート・マルコの注目を集めた。

ミカ・ハッキネン 「ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではない」

2021年9月30日
ミカ・ハッキネン 「ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではない」 F1ロシアGP 決勝
元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、F1ロシアGPで雨が降り始めたときにステイアウトするというランド・ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではないと語る。

ランド・ノリスは、レースの大部分をリードし、ルイス・ハミルトンの追撃をかわしてF1初勝利にむけて戦っていたが、ソチに降り注いだ終盤の雨が状況を一変させた。

マクラーレンF1のランド・ノリス、カートチーム『LN Racing Kart』を設立

2021年9月30日
マクラーレンF1のランド・ノリス、カートチーム『LN Racing Kart』を設立
マクラーレンF1のランド・ノリスは、OTK Kart Groupと協力して若い才能を発掘するためのカートチーム『LN Racing Kart』を立ち上げたことを発表した。

ランド・ノリスは、2014年に現在ハースのF1ドライバーであるニキータ・マゼピン、レッドブルジュニアドライバーのユアン・ダルバラを抑えてタイトルを獲得し、最年少の世界カートチャンピオンになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム