ランド・ノリス 「鈴鹿がもたらすチャレンジが待ち切れない!」

2022年10月6日
ランド・ノリス 「鈴鹿がもたらすチャレンジが待ち切れない!」 / F1日本GP
ランド・ノリス(マクラーレン)が、2022年F1日本GPへの意気込みを語った。

来日してから、渋谷や秋葉原を訪れた写真をSNSにアップして日本のファンを沸かせたランド・ノリス。3年ぶりに戻る鈴鹿サーキットがもたらすチャレンジを楽しみにしていると語る。

ランド・ノリス、アルピーヌF1を抜いて4位浮上は「嬉しいサプライズ」

2022年10月4日
ランド・ノリス、アルピーヌF1を抜いて4位浮上は「嬉しいサプライズ」
ランド・ノリスは、マクラーレンがアルピーヌF1チーム抜いてコンストラクターズ4位に浮上したF1シンガポールGPでの結果に驚いたと語った。

マクラーレンはシンガポールでペースに苦しんだが、ランド・ノリスは週末を通して力強いパフォーマンスを見せ、ルイス・ハミルトンがウォールに滑り込んだ後、4位に浮上した。

マクラーレンF1のランド・ノリス 「アップデートではなく同じレベルの別の車」

2022年10月1日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「アップデートではなく同じレベルの別の車」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、今週末のシンガポールグランプリに向けて、金曜日のマリーナ ベイ ストリート サーキットでのフリー走行で苦労した。

ランド・ノリスは最初の 1 時間のセッションで 19番手だったが、彼は MCL36 で新しいスタイルのサイドポッドを試し、その一部はチャンピオンシップ リーダーであるレッドブルのアプローチをモデルにしていた。

マクラーレン、F1シンガポールGPではノリス1台のみアップグレード投入

2022年9月30日
マクラーレン、F1シンガポールGPではノリス1台のみアップグレード投入
マクラーレンは、F1シンガポールGPでランド・ノリスにのみアップグレードを投入するが、チームメイトのダニエル・リカルドは何も問題ないと語る。

新しいアップグレードパッケージには新しいフロアとサイドポッドが含まれているが、シンガポールではランド・ノリスが優先され、ダニエル・リカルドには来週末の日本で投入される。

ランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンはF1史上最速のドライバー」

2022年9月28日
ランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンはF1史上最速のドライバー」
ランド・ノリスは、仲間のF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンを高く評価しており、F1に参加したなかで「最も才能のあるドライバーの1人」であると主張している。

マックス・フェルスタッペンは今年2度目のF1タイトル獲得に向けて順調に進んでおり、早ければ今週末のF1シンガポールGPでそのタイトルを獲得する可能性がある。

ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」

2022年9月23日
元F1王者ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、マクラーレンに加入するというオスカー・ピアストリの決定は勇敢な動きだが、ランド・ノリスを倒せなければ、最終的に裏目に出る可能性があると考えている。

オスカー・ピアストリは来シーズン、アルピーヌからF1に参戦する予定だった。評価の高い21歳のオスカー・ピアストリは、2020年から彼の活動をサポートしてきたアルピーヌによる指導の最終段階に論理的に到達していた。

ランド・ノリス、F1未勝利での最多ポイント獲得記録でグロージャンを抜く

2022年9月20日
ランド・ノリス、F1未勝利での最多ポイント獲得記録でグロージャンを抜く
マクラーレンF1チームのランド・ノリスは、F1でレースに勝てずに最も多くのポイントを獲得したドライバーのリストで、ロマン・グロージャンを追い抜いた。

F1イタリアGPでの7位入賞により、ランド・ノリスは通算394ポイントに到達。この記録のリーダーであるニコ・ヒュルケンベルグ (レース未勝利で521ポイント獲得) にわずかに迫った。

マクラーレンF1のランド・ノリス、ルイシナ・オリベイラと破局

2022年9月15日
マクラーレンF1のランド・ノリス、ルイシナ・オリベイラと破局
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、交際していたルイシナ・オリベイラと破局したことを明らかにした。

今年1月、ランド・ノリスは、SNSでポルトガル人モデルのルイシナ・オリベイラとドバイの砂漠でキスをしている写真に『My sunshine.』とキャプションをつけて投稿。交際を宣言。ファンや仲間から祝福のコメントが殺到した。

ランド・ノリス 「スタートの問題でレースは妥協を強いられた」

2022年9月12日
ランド・ノリス 「スタートの問題でレースは妥協を強いられた」 / マクラーレン F1イタリアGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1イタリアGPの決勝を7位でフィニッシュした。

3番グリッドのランド・ノリスは、スタートに失敗して6番手まで順位を落とす。そこから2ストップ戦略で挽回を目指すも7位でレースを終えた。

「良い一日だった。 最終的に結果にはとても満足している」とランド・ノリスはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム