RB F1チーム アップグレードの不発は「ハースとの戦いにおいて痛手」

2024年7月13日
RB F1チーム アップグレードの不発は「ハースとの戦いにおいて痛手」
RB F1チームは、最新のF1アップグレードパッケージが不発に終わり、フェラーリと同じ状況に陥っている。

RBは、アストンマーティンを追い抜き、2024年F1シーズンのミッドフィールドで5番目に速いチームとなるなど、他のチームの中で最も好調に見えた。しかし、最近のレースでは、その勢いを維持することに苦戦しており、バルセロナでの幅広いアップグレードが誤った方向へと導いている。

角田裕毅 日本人初のF1ウィナー達成にむけて「まずは初表彰台!」

2024年7月12日
角田裕毅 日本人初のF1ウィナー達成にむけて「まずは初表彰台!」
角田裕毅は、どこかの段階で日本人初のF1での勝利を達成したいと考えているが、そのためには今の自分のパフォーマンスに集中するしかないとインタビューで語った。

F1イギリスGPを前に、PlanetF1.comは角田裕毅さまざまな話題について対談。RB F1チームのボスと仕事をするのはどんな感じか、ドライバー市場やF1の歴史を作ることをどれくらいの頻度で考えるかなど、さまざまなトピックについて尋ねた。

リカルド 角田裕毅に敗北も「彼の1周のペースは誰もが認めている」 F1

2024年7月11日
ダニエル・リカルド 角田裕毅に敗北も「彼の1周のペースは誰もが認めている」 F1
ダニエル・リカルドは、レッドブルのリザーブドライバーであるリアム・ローソンがシルバーストンでの重要なテストに備える中、角田裕毅について「それほど速くない誰かにケツを蹴られているわけではない」と強調した。

角田裕毅はすでに2025年のF1参戦が決定しており、来季もレッドブルのジュニアチームであるVCARBと契約を更新した。しかし、現在のチームメイトであるリカルドの将来はまだ決まっていない。

ダニエル・リカルド 「RB F1チームはシーズンを左右する重大な局面」

2024年7月11日
ダニエル・リカルド 「RB F1チームはシーズンを左右する重大な局面」
ダニエル・リカルドは、最近のF1アップグレードに対する疑問の中で、RB F1チームは今後のシーズン展開を左右する重大な局面に直面していると語った。

RB F1チームは、スペイングランプリで大幅なアップデートを導入し、それによってミッドフィールドのライバルたちから抜け出すことを期待していた。しかし、新しいフロア、リアウィング、ボディワークを含む変更は、チームにペースの悪さと問題の原因がどこにあるのかという混乱をもたらした。

角田裕毅 「レッドブルF1に昇格する準備はいつでもできている」

2024年7月11日
角田裕毅 「レッドブルF1に昇格する準備はいつでもできている」
角田裕毅は、F1デビュー以来最も向上した3つの分野、そして、将来の野望についてPaddock Magazineのインタビューで明かした。

F1参戦4年目の今年、角田裕毅は目覚ましい成長をみせて、チームメイトのダニエル・リカルドを凌駕している。そして、F1オーストリアGPの週末には、2025年もRBのレギュラードライバーを継続することが発表された。

レッドブルF1代表 角田裕毅がペレスの後任を務める可能性に言及

2024年7月10日
レッドブルF1代表 角田裕毅がペレスの後任を務める可能性に言及
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、角田裕毅がセルジオ・ペレスの後任としてレッドブル・レーシングに昇格する可能性について言及した。

セルジオ・ペレスはF1イギリスGPの後、再び自分自身へのプレッシャーを強めている。ペレスは今季5度目のトップ10予選落ち、レースでも再びポイントを獲得できなかったが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンは2位に入り、チャンピオンシップでのリードを広げた。

クリスチャン・ホーナー 角田裕毅のレッドブルF1昇格の可能性を除外せず

2024年7月9日
クリスチャン・ホーナー 角田裕毅のレッドブルF1昇格の可能性を除外せず
クリスチャン・ホーナーは、角田裕毅が将来レッドブル・レーシングのF1シートに昇格する可能性を除外はしていない。

角田裕毅は、RB F1チームで好調なシーズンを送っており、経験豊富なチームメイトのダニエル・リカルドを凌駕している。しかし、リカルドの名前が、成績不振のセルジオ・ペレスの代わりとしてレッドブルに復帰するのではないかと常に噂されてきたが、角田はより良いパフォーマンスにもかかわらず、その候補に挙がっていない。

ダニエル・リカルド F1イギリスGP決勝「必要以上に苦戦した」

2024年7月8日
ダニエル・リカルド F1イギリスGP決勝「必要以上に苦戦した」
ダニエル・リカルドは、2024年F1イギリスGPの決勝を13位でフィニッシュ。「必要以上に苦戦した」と述べた。

15番グリッドからスタートしたダニエル・リカルドは、スタートで順位を上げることができず、2回のピットストップでも戦略でポジションアップすることができず、ジョージ・ラッセルのリタイアとシャルル・ルクレールの後退を考えると実質ポジションを変えることなく13位となった。

角田裕毅 F1イギリスGPで10位入賞「力強いパフォーマンス」とRB F1首脳

2024年7月8日
角田裕毅 F1イギリスGPで10位入賞「力強いパフォーマンス」とRB F1首脳
角田裕毅が10位入賞を果たした2024年F1イギリスGPの決勝をRB F1のチーム代表ローラン・メキースとテクニカルディレクターのジョディ・エギントンが振り返った。

RB F1チームはやや目立たないレースだったが、角田裕毅のおかげで少なくとも2戦連続のポイント獲得という結果に終わった。オーストリアで9位を獲得したリカルドは、13 位でフィニッシュするなど苦戦を強いられた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム