ザウバー、マイケル・アンドレッティのF1チーム買収提案を拒否

2021年9月13日
ザウバー、マイケル・アンドレッティのF1チーム買収提案を拒否
アルファロメオF1チームを運営するザウバーは、マイケル・アンドレッティによるF1チーム買収提案を拒否したと報じられている。

元F1ドライバーであり、現在、インディカーやフォーミュラEでチームオーナーをしているマイケル・アンドレッティは、最近、スイスを拠点とするF1チームに買収についてアプローチしたと報じられていた。

ザウバー、マイケル・アンドレッティにF1チームを売却?

2021年9月12日
ザウバー、マイケル・アンドレッティにF1チームを売却?
アルファロメオF1は、2022年の“シリーシーズン”が落ち着いた後、今後は投機的な観点から注目を集めることになりそうだ。

現在、新加入のバルテリ・ボッタスのチームメイトの座は、事実上、2022年のグリッドの最後の空席となっている。残留を目指して奮闘するアントニオ・ジョヴィナッツィのシートには長い獲得リストがある。

アルファロメオF1代表 「ライコネンのようなドライバーは世の中にいない」

2021年9月2日
アルファロメオF1代表 「ライコネンのようなドライバーは世の中にいない」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスルーは「キミ・ライコネンのようなドライバーはいない」と今季限りでのF1引退を発表したフィンランド人ドライバーを称えた。

2001年にF1オーストラリアGPでザウバーからF1デビューを果たしたキミ・ライコネンは、シングルシーターで23戦しただけの経験にも関わらず、6位でフィニッシュしてポイントを獲得。伝説はスタートした。

ザウバー育成のテオ・プルシェイア、アルファロメオとF1マシンで初走行

2021年8月8日
ザウバー育成のテオ・プルシェイア、アルファロメオとF1マシンで初走行
ザウバーの育成ドライバーとしてF2に参戦するテオ・プルシェイアが、今週初めてアルファロメオと共にF1マシンのステアリングを握った。

テオ・プルシェイアは、水曜日にハンガロリンクでアルファロメオの2019年F1マシン『C38』で走行を実施。このテストは、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンが2日間にわたって実施したピレリの2022年の18インチタイヤテストと並行して行われた。

アルファロメオ、ザウバーとのF1契約の“複数年”延長を発表

2021年7月15日
アルファロメオ、ザウバーとのF1契約の“複数年”延長を発表
アルファロメオとザウバー・モータースポーツは、既存の契約の“複数年”延長してF1でのパートナーシップを継続することを発表した。

アルファロメオは2018年にタイトルスポンサーとしてザウバーと提携した後、アライアンスの拡大により、2019年以降はアルファロメオ・レーシングとしてチーム名を変更した。

ファン・マヌエル・コレア、ザウバーのドライバー育成プログラムに加入

2021年6月19日
ファン・マヌエル・コレア、ザウバーのドライバー育成プログラムに加入
ファン・マヌエル・コレアが、ザウバーのドライバー育成プログラムに加入したことが発表された。

ファン・マヌエル・コレアは、2019年のF2ベルギー大会のアントワーヌ・ユベールが命を落とした大クラッシュに巻き込まれ両脚を複雑骨折。懸命なリハビリを続け、今シーズン、FIA-F3でレース復帰を果たしている。

アルファロメオ、F1撤退の噂を否定 「F1は当社のファンダメンタル」

2021年5月31日
アルファロメオ、F1撤退の噂を否定 「F1は当社のファンダメンタル」
アルファロメオのCEOを務めるジャン・フィリップ・インパラトは、スポーツは同社にとって“ファンダメンタル(基本)”だと語り、近い将来にF1を離れるつもりはないと語った。

2018年にザウバーのタイトルスポンサーとしてF1に復活したアルファロメオは、2019年シーズンからチーム名をアルファロメオ・レーシングに改名して参戦を続けている。

ザウバー 「アルファロメオとF1での将来のために話し合っている」

2021年5月18日
ザウバー 「アルファロメオとF1での将来のために話し合っている」
ザウバーのF1オペレーションは、来シーズンまでアルファロメオのブランディングを継続することを望んでいる。

以前はネーミングライツのスポンサーだったアルファロメオは、2018年からチームのブランディングを引き継いた。その契約は昨年10月に延長され、スイスを拠点とするチームは今シーズンもアルファロメオとして知られている。

アルファロメオF1 「2017年のザウバー時代の失敗がまだ尾を引いている」

2021年4月11日
アルファロメオF1 「2017年のザウバー時代の失敗がまだ尾を引いている」
アルファロメオF1のテクニカルディレクターを務めるヤン・モンショーは、チームがまだ2017年のザウバー時代の問題に苦しんでいると語る。

アルファロメオF1は、今季マシンに取り組むのではなく、すでに大幅なレギュレーションが導入される2022年F1マシンの開発に焦点を向けている多くのチームのひとつだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム