ザウバー、デオ・プルシェールの2024年以降のF1デビューを構想

2022年11月15日
ザウバー、デオ・プルシェールの2024年以降のF1デビューを構想…来季はスーパーフォーミュラでの武者修行も選択肢
テオ・プロシェールは、2026年までにアウディがチームの過半数を取得してワークスチームとなる予定のザウバーで将来を背負うドライバーのポールポジションにいるように見える。

チーム代表のフレデリック・ヴァスールは最近、アウディの最初のワークス ドライバーを誰にするかについて話し合うのは時期尚早だと語った。

アウディと提携のザウバー「独立F1チームとして存続することは不可能」

2022年11月11日
アウディと提携のザウバー「独立F1チームとして存続することは不可能」
アルファロメオからアウディにパートナーを乗り換えるザウバーだが、チーム代表のフレデリック・ヴァスールは、ザウバーが独立したF1チームとして競争するのは「まったく不可能だ」と語り、アウディと提携することは不可欠だと考えている。

ザウバーはF1の最後の独立チームの1つであり、2018年にアルファロメオに改名されるまでザウバーの名前で運営されていた。

アウディとザウバーのF1事業はドイツとスイスで完全に分割

2022年11月9日
アウディとザウバーのF1事業はドイツとスイスで完全に分割no
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、アウディとザウバーが提携して2026 年からF1に取り組む際に、同じ屋根の下で働くことはないと語った。

アウディは、アルファロメオF1チームを運営するザウバー・モータースポーツをワークスF1チームの取り組みのパートナーとして選択した。しかし、アウディはエンジニアリングの卓越性をF1エンジン部門だけに適用し、プログラムをノイベルクのアウディ スポーツのファクトリーから実行する。

メルセデスF1代表 「アウディのF1参戦の意志を過小評価していない」

2022年11月8日
メルセデスF1代表 「アウディのF1参戦の意志を過小評価していない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2026年にF1参戦するアウディを真剣に受け止めている。

F1ベルギーGPの週末、アウディは、新しいF1レギュレーションが発効される2026年からパワーユニットメーカーとしてF1に参戦すると発表。そして、F1メキシコGPの柊真tには、2026年にスイスを拠点とするザウバーF1チームが「戦略的パートナー」となり、アウディののF1ファクトリーチームとなることが発表された。

ザウバーF1チーム、2024年以降の2年間のチーム名は未定

2022年11月4日
ザウバーF1チーム、2024年以降の2年間のチーム名は未定 タイトルスポンサー獲得も視野
アルファロメオF1チームとして参戦するザウバーは、2023年末でアルファロメオの名前を失う。2026年にはアウディとして参戦することが決定しているが、その間の2年間はタイトルスポンサーもしくはネーミングスポンサーを獲得する可能性も視野に入れている。

ザウバーは、2018年にアルファロメオとタイトルスポンサー契約を結んで「アルファロメオ・ザウバーF1チーム」として参戦。2019年からはネーミングライツ契約に発展してチーム名を「アルファロメオ・レーシング」に改名。今年からはアルファロメオF1チームとして参戦している。

ボッタス 「アウディはできるだけ早くザウバーF1をサポートするべき」

2022年11月3日
バルテリ・ボッタス 「アウディはできるだけ早くザウバーF1をサポートするべき」
アウディが2026年F1シーズンからザウバーと提携してファクトリーチームとして参戦するという発表は先週の大きな発表だったが、それはまだ3年先のことだ。

現在、アルファロメオの名前で2023年シーズン末まで活動しているチームのリードドライバーであるバルテリ・ボッタスは、アウディがすぐに競争力を発揮したければ、袖をまくり上げて手を汚すのをそれほど長く待つことはできないと語る。

F1で失敗したトヨタとは異なり、ザウバーと組むアウディは成功する

2022年10月28日
F1で失敗したトヨタとは異なり、ザウバーと組むアウディは成功する
F1マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、アウディが2026年に向けてザウバーF1チームを組むという正しい決断を下したと考えている。

有名なエンジニア、チームエグゼクティブ、さらにはチームオーナーであるロス・ブラウンは、現在、リバティメディアが所有するF1のスポーツティング部門のマネージング ディレクターを務めている。

ザウバー 「アウディのF1ワークスチームになることは名誉であり責任」

2022年10月27日
ザウバー 「アウディのF1ワークスチームになることは名誉であり責任」
ザウバーは、2026年からアウディF1のワークスチームになることは「名誉であり、大きな責任」だと語り、パートナーシップを成功への追及における大きな利益とみなている。

今年8月にアウディが新世代のパワーユニットが導入される2026年からパワーユニットメーカーとしてF1に参戦することを確認したとき、話題はすぐにどのチームに供給するのかに移った。

アウディ、ザウバーF1チームを買収して2026年からF1ワークス参戦を発表

2022年10月26日
アウディ、ザウバーF1チームを買収して2026年からF1ワークス参戦を発表
アウディはF1プロジェクトの“戦略的パートナー”としてザウバーを選択し、ザウバー・グループへの出資する計画を発表。このパートナーシップにより、伝統的なザウバーF1チームは、202 年以降、アウディがモータースポーツの頂点のために開発したF1パワーユニットを使用して、アウディ ファクトリー チームとして競争する。

8月末のF1エントリーの発表に続き、アウディが戦略的パートナーを確認したことは、同社が最高のモータースポーツ クラスに参入するための次のマイルストーンとなる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム