F1昇格が噂のテオ・プルシェール 「2023年にF2に戻ることはない」

2022年8月12日
F1昇格が噂のテオ・プルシェール 「2023年にF2に戻ることはない」
ザウバーの育成ドライバーとしてF1デビュー候補に挙げられているテオ・プルシェールは、タイトルを争っている今年のFIA-F2の結果に関係なく、2023年にF2に戻ることはないと語った。

この発言により、テオ・プルシェールが2023年にアルファロメオF1のリザーブドライバー、またはフルタイムのレースシートでF1に向かうのではないかという憶測が飛び交った。

アルファロメオCEO、アウディのF1チーム買収交渉は「知らないわけではない」

2022年7月16日
アルファロメオCEO、アウディのF1チーム買収交渉は「知らないわけではない」
アルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インパラトは、アウディがザウバーF1チームの買収に関心を持っていることを知っているが、彼らサイドとして懸念してない理由を説明した。

アルファロメオは、ザウバーとのユニークな契約の一環として2019年にF1に復帰した。F1チームは、アルファロメオの名前が付けられ、イタリアのブランドのためにデザインされているが、引き続きザウバーによって運営されている。

アルファロメオ、アウディのザウバーF1買収の噂は「ノーアイデア」

2022年7月14日
アルファロメオ、アウディのザウバーF1買収の噂は「ノーアイデア」
アルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インペラートは、アウディがスイスを拠点とするザウバーのF1チームを引き継ぐ準備ができているとの報道を否定することを拒否した。

現在、ジャン・フィリップ・インペラティが最高経営責任者を務める自動車メーカーのステランティスは、2025年末までザウバーと正式なネーミング契約を結んでいる。

アウディ、F1参戦に向けてザウバーの株式の25%をすでに確保との報道

2022年6月22日
アウディ、F1参戦に向けてザウバーの株式の25%をすでに確保との報道
アウディとザウバーは、2026年からF1でチームを組みという事実を「隠している」と報じられている。

フォルクスワーゲンは今年4月、アウディとポルシェのF1参戦計画は承認したことを発表。ポルシェに関してはレッドブルとパートナーシップを組むことが濃厚とされているが、アウディのF1オプションは、提携または既存のチームへの投資のいずれかを伴うとされている。

アルファロメオ、ザウバーとのF1パートナーシップの今後を7月に発表

2022年4月28日
アルファロメオ、ザウバーとのF1パートナーシップの今後を7月に発表
アルファロメオは、ザウバーとのF1パートナーシップを継続するかどうかを7月に発表する予定だとしている。

アルファロメオとザウバーのF1パートナーシップは今年で4年目を迎えており、彼らにとって最も生産的なシーズンになる可能性がある。過去3シーズンは、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのコンビで、コンストラクターズ選手権で8位、8位、9位という結果に終わっていた。

マクラーレンF1代表 「アウディとザウバーの提携はF1にフィットするはず」

2022年4月21日
マクラーレンF1代表 「アウディとザウバーの提携はF1にフィットするはず」
アウディとザウバーが提携ことは、F1に「非常によくフィットする」だろう。ポルシェのル・マンプログラムを主導した後、フォルクスワーゲン・グループの自動車メーカーに精通しているアンドレアス・ザイドルは語る。

現在、アンドレアス・ザイドルはマクラーレンF1のチーム代表を務めているが、マクラーレンのポルシェとともに2026年にF1に参入しようとしているアウディによる6億5000万ユーロ((約876億円)のバイアウト入札を拒否したと伝えられている。

キミ・ライコネン、F1マシン初走行は「3周で首を上げられなくなった」

2022年1月3日
キミ・ライコネン、F1マシン初走行は「3周で首を上げられなくなった」
アルファロメオF1のスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーはが、20年のF1キャリアに終止符を打ったキミ・ライコネンのザウバーでのキャリアの初期を振り返った。

キミ・ライコネンは、昨年のF1アブダビGPで20年間レースをしたF1を引退した。マクラーレン、フェラーリ、ロータスでレースで輝かしいキャリアを築いたキミ・ライコネンは、2つのスティントをF1デビューを飾ったチームであるザウバー(現在のアルファロメオ)で締めくくった。

アルファロメオF1、ザウバー会長辞任で経営陣に混乱

2021年12月4日
アルファロメオF1、ザウバー会長辞任で経営陣に混乱
アルファロメオF1は、ザウバーの会長が辞任し、舞台裏で混乱が生じている。

アルファロメオF1チームは、実際にはスイスを拠点とするザウバー・モータースポーツによって所有および管理されている。最近、ザウバー・モータースポーツは、マイケル・アンドレッティへのチーム売却に興味を示していた。

アンドレッティ、F1チーム買収を諦めず「プランBは常に存在する」

2021年11月30日
アンドレッティ、F1チーム買収を諦めず「プランBは常に存在する」
マイケル・アンドレッティは、ザウバーとの交渉は失敗に終わったが、F1チームの買収には引き続き関心を持っていると語る。

アンドレッティ・オートスポーツは、アルファロメオF1チームを運営するザウバーの所有者であるイスレロ・インベストメンツの株式の80%を取得する交渉を進めていたが、ザウバー側がチームの支配権を完全に放棄することを望まなかったことで交渉は決裂した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム