マーカス・エリクソン 「アルファロメオとザウバーの提携は大チャンス」

2018年1月20日
F1 ザウバー アルファロメオ マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、ザウバーとアルファロメオのパートナーシップ契約は2018年のF1選手権でチームの順位を上げる大チャンスだと語る。

2017年は1年落ちのフェラーリ製エンジンで苦戦を強いられ、コンストラクターズ選手権を最下位で終えたザウバーだったが、20188年からはアルファロメオをタイトルスポンサーおよび技術パートナーに迎え、新生“アルファロメオ・ザウバー”として新たなスタートを切る。

シャルル・ルクレール 「アルファロメオ・ザウバーは飛躍を遂げる」

2018年1月19日
F1 ザウバー アルファロメオ シャルル・ルクレール
今年、アルファロメオ・ザウバーでF1デビューを果たすシャルル・ルクレールは、最新版のフェラーリ製F1パワーユニットを搭載できることでチームは昨年から大きな飛躍を遂げると考えている。

2016年から財政難に陥っていたザウバーは、昨年、フェラーリから割引価格で供給された1年落ちのF1パワーユニットを搭載。しかし、もはや開発されることのないパワー不足のエンジンによってグリッド後方が低位置となった。

ザウバー 「アルファのAチームであってフェラーリのBチームではない」

2018年1月15日
F1 ザウバー アルファロメオ フェラーリ
ザウバーのチーム代表フレデリック・ヴァスールは、チームがもはやフェラーリのジュニアチームに成り下がったとの見方に反論した。

昨年11月、ザウバーはアルファロメオとのタイトルスポンサー契約を締結。技術面とコマーシャル面の複数年契約を結んだ。アルファロメオは、フェラーリの会長を務めるセルジオ・マルキオンネがCEOを務めるフィアット傘下の自動車メーカーのひとつだ。

アルファロメオ・ザウバー 「2018年は完全に新しいF1プロジェクト」

2018年1月12日
F1 アルファロメオ ザウバー
ザウバーのチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、アルファロメオ・ザウバーとして参戦する2018年にチームはより高い競争力を発揮できると考えている。

ザウバーは、2017年にフェラーリの1年落ちのパワーユニットで苦戦を強いられ、なんとか5ポイントを獲得してノーポイントは免れたものの、コンストラクターズ選手権10位でシーズンを終えた。

ペーター・ザウバー 「アルファロメオと提携しても“ザウバー”の名は残る」

2018年1月7日
F1 アルファロメオ ザウバー
ザウバーのチーム創設者ペーター・ザウバーは、自身が設立したチームが“アルファロメオ”として知られていくことになるとは考えていないと語る。

ザウバーは、2018年からアルファロメオとタイトルスポンサー契約を結び、“アルファロメオ・ザウバー”としてF1に参戦。シャルル・ルクレールを起用するなど、フェラーリの“Bチーム”になったとみなされている。

マーカス・エリクソン、2017年のザウバーの挽回ぶりに感銘

2017年12月26日
F1 ザウバー マーカス・エリクソン
2018年もザウバーへの残留が決定しているマーカス・エリクソンは、2017年は1落ちのフェラーリ製F1パワーユニットを使用することで難しいシーズンになることはわかっていたが、シャシー開発によるシーズン終盤戦の挽回ぶりに感銘を受けたと語る。

今年、スペインとアゼルバイジャンでベストリザルトとなる11位を獲得したマーカス・エリクソンだが、フルタイムで参戦するF1ドライバーのなかでは唯一ポイントを獲得することなくシーズンを終えた。

ザウバー、両ドライバーが2018年F1マシンでシート合わせ

2017年12月22日
ザウバー F1 アルファロメオ
ザウバーは、2018年のドライバーを務めるシャルル・ルクレールとマーカス・エリクソンが来季のF1マシンでのシート合わせを完了させたことをチームの公式Twitterで報告した。

ザウバーは、2018年にアルファロメオをタイトルスポンサーに迎え、『アルファロメオ・ザウバー』として新たなスタートを切る。ドライバーは、フェラーリの育成ドライバーで2017年のF2チャンピオンであるシャルル・ルクレールがF1デビューを果たすとともに、マーカス・エリクソンが残留してチームでの3シーズン目を戦う。

アルファロメオ・ザウバー、最下位脱却を目指してスタッフを増員

2017年12月17日
ザウバー F1 アルファロメオ
2018年にアルファロメオをタイトルスポンサーに迎えるザウバーは、最下位からの脱却を目指してチーム体制を強化している。

今シーズン、1年落ちのフェラーリ製エンジンでわずか5ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権を10位で終えたザウバーだが、2018年からフェラーリとのパートナーシップを強化し、最新のパワーユニットを搭載。

パスカル・ウェーレイン 「ザウバーの競争力不足が将来を犠牲にした」

2017年12月11日
パスカル・ウェーレイン ザウバー F1 アルファロメオ
パスカル・ウェーレインは、2017年のザウバーの競争力のなさがF1での自分の将来を犠牲にしたと考えている。

パスカル・ウェーレインは、今シーズンのザウバーの全ポイントを獲得したが、チームはアルファロメオをタイトルスポンサーに迎える2018年にシャルル・ルクレールの起用とマーカス・エリクソンの残留を決定。ウェーレインはシートを失った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム