シャルル・ルクレールの弟アーサーがザウバー・ジュニアチームに加入

2019年4月11日
F1 シャルル・ルクレール ザウバー
フェラーリのF1ドライバーを務めるシャルル・ルクレールの弟アーサー・ルクレールがザウバーのジュニアチームに加入。今年はドイツF4に参戦する。

18歳のアーサー・ルクレールは、昨年フランスF4に参戦して5位でフィニッシュ。今年初めにベンチュリの開発ドライバーの役割の一部としてフォーミュラEのマシンをテストしている。

ザウバー、シャシー名もアルファロメオに変更してF1から完全に消滅

2019年2月7日
F1 ザウバー アルファロメオ
ザウバーは、チーム名とシャシー名の両方をアルファロメオ・レーシングに変更。1993年からF1に参戦し、現存するコンストラクターとしては4番目に古い歴史を持っているザウバーの名前が完全に消えることになった。

昨年、アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えたザウバーは先週、2019年のF1世界選手権にアルファロメオ・レーシング(Alfa Romeo Racing)として参戦することを発表。

フィアット、アルアロメオ・レーシングをF1チームごと完全買収?

2019年2月7日
F1 アルファロメオ・レーシング
フィアットが、アルファロメオ・レーシングの完全買収を検討していると報じられている。

昨年、アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えてザウバーは、今シーズンからザウバーの名前を降ろし、アルファロメオ・レーシングとして参戦することを発表している。

アルファロメオ・レーシング、F1マシンは“革新的”なマシン設計との報道

2019年2月6日
F1 アルファロメオ・レーシング
ザウバー改め、アルファロメオ・レーシングの2019年F1マシンは“革新的”なマシン設計を採用されていると La Gazzetta dello Sport が報じている。

昨年、アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えてアルファロメオ・ザウバーとして参戦していたザウバーだが、2019年はアルファロメオ・レーシングとして参戦することを発表。F1グリッドからザウバーの名前が消えることになった。

アルファロメオ・レーシング、ザウバー時代の約2倍のF1予算を確保?

2019年2月3日
F1 アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、ザウバーとして活動していた昨年の約2倍の予算を確保することになると報じられている。

ザウバーは2月1日(金)、2019年のF1世界選手権に『アルファロメオ・レーシング』として参戦することを発表。1993年からF1に存在してきたザウバーという名前が消滅することとなった。

ザウバー、2019年から『アルファロメオ・レーシング』として参戦

2019年2月2日
F1 ザウバー アルファロメオ
ザウバーは、2019年のF1世界選手権から『アルフォロメオ・レーシング(Alfa Romeo Racing)』というチームメイトを掲げて参戦することを発表した。

昨年、ザウバーはアルファロメオをタイトルスポンサーに迎えて『アルファロメオ・ザウバーF1チーム』として参戦。アルファロメオの名前が30年以上ぶりにF1グリッドに復活した。

「ライコネンはジョビナッツィに苦戦するだろう」とミナルディ

2019年2月1日
F1 キミ・ライコネン アントニオ・ジョビナッツィ
ミナルディでF1チーム代表を務めたジャンカルロ・ミナルディは、今年ザウバーに移籍したキミ・ライコネンが、ルーキーのアントニオ・ジョビナッツィに苦戦することになるかもしれないと考えている。

1985年から2005年までF1に参戦したミナルディのチームオーナー兼代表を務めていたジャンカルロ・ミナルディ(71歳)は、今年ザウバーでF1フル参戦する同じイタリア出身のアントニオ・ジョビナッツィに高い期待を寄せている。

ザウバー 「中団との比較ではなく上位チームとのギャップを重視」

2019年1月31日
F1 ザウバー
ザウバーのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2019年はミッドフィールドのライバルと比較したパフォーマンスに焦点を当てるのではなく、上位勢に対しての進捗状況を測定していくと語る。

フェラーリとの緊密な技術パートナーシップとアルファロメオをタイトルスポンサーに迎えたザウバーは、2017年の5ポントから2018年は48ポイントまでポイント数を伸ばし、大幅にパフォーマンスを向上。シーズン後半は定期的にトップ10を争った。

中団チーム、ザウバーは2019年に“注目すべき”チームだと警戒

2019年1月23日
F1 ザウバー
中団チームは、2019年のザウバーは“警戒”すべき相手だと見なしている。

昨年、フェラーリから技術協力を受けるザウバーは、後方グリッドからシーズンをスタートしたが、シーズンが進むにつれてグリッドで最も改善を果たし、後半には定期的に予選Q3やトップ10フィニッシュを争うまでにパフォーマンスを向上させた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム