アルファロメオ、ザウバーとのF1パートナーシップの今後を7月に発表

2022年4月28日
アルファロメオ、ザウバーとのF1パートナーシップの今後を7月に発表
アルファロメオは、ザウバーとのF1パートナーシップを継続するかどうかを7月に発表する予定だとしている。

アルファロメオとザウバーのF1パートナーシップは今年で4年目を迎えており、彼らにとって最も生産的なシーズンになる可能性がある。過去3シーズンは、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのコンビで、コンストラクターズ選手権で8位、8位、9位という結果に終わっていた。

マクラーレンF1代表 「アウディとザウバーの提携はF1にフィットするはず」

2022年4月21日
マクラーレンF1代表 「アウディとザウバーの提携はF1にフィットするはず」
アウディとザウバーが提携ことは、F1に「非常によくフィットする」だろう。ポルシェのル・マンプログラムを主導した後、フォルクスワーゲン・グループの自動車メーカーに精通しているアンドレアス・ザイドルは語る。

現在、アンドレアス・ザイドルはマクラーレンF1のチーム代表を務めているが、マクラーレンのポルシェとともに2026年にF1に参入しようとしているアウディによる6億5000万ユーロ((約876億円)のバイアウト入札を拒否したと伝えられている。

キミ・ライコネン、F1マシン初走行は「3周で首を上げられなくなった」

2022年1月3日
キミ・ライコネン、F1マシン初走行は「3周で首を上げられなくなった」
アルファロメオF1のスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーはが、20年のF1キャリアに終止符を打ったキミ・ライコネンのザウバーでのキャリアの初期を振り返った。

キミ・ライコネンは、昨年のF1アブダビGPで20年間レースをしたF1を引退した。マクラーレン、フェラーリ、ロータスでレースで輝かしいキャリアを築いたキミ・ライコネンは、2つのスティントをF1デビューを飾ったチームであるザウバー(現在のアルファロメオ)で締めくくった。

アルファロメオF1、ザウバー会長辞任で経営陣に混乱

2021年12月4日
アルファロメオF1、ザウバー会長辞任で経営陣に混乱
アルファロメオF1は、ザウバーの会長が辞任し、舞台裏で混乱が生じている。

アルファロメオF1チームは、実際にはスイスを拠点とするザウバー・モータースポーツによって所有および管理されている。最近、ザウバー・モータースポーツは、マイケル・アンドレッティへのチーム売却に興味を示していた。

アンドレッティ、F1チーム買収を諦めず「プランBは常に存在する」

2021年11月30日
アンドレッティ、F1チーム買収を諦めず「プランBは常に存在する」
マイケル・アンドレッティは、ザウバーとの交渉は失敗に終わったが、F1チームの買収には引き続き関心を持っていると語る。

アンドレッティ・オートスポーツは、アルファロメオF1チームを運営するザウバーの所有者であるイスレロ・インベストメンツの株式の80%を取得する交渉を進めていたが、ザウバー側がチームの支配権を完全に放棄することを望まなかったことで交渉は決裂した。

ザウバー会長、アルファロメオF1代表とのドライバー選定の意見の相違で辞任

2021年11月30日
ザウバー会長、アルファロメオF1代表とのドライバー選定の意見の相違で辞任
ザウバー会長を辞任したパスカル・ピッチは、アルファロメオF1のチーム代表フレデリック・ヴァスールとドライバーの選択について意見が一致しなかったことが、そのきっかけとなったことを明らかにした。

パスカル・ピッチは、2016年にロングボウ・ファイナンスに売却されたチームの救済において重要な役割を果たし、近年、ザウバーで重要な人物だった。

コルトン・ハータ 「F1チーム買収が成立していたら僕がドライバーだった」

2021年11月10日
アンドレッティのコルトン・ハータ 「F1チーム買収が成立していたら僕がドライバーだった」
コルトン・ハータが、アンドレッティ・オートスポーツによるザウバー/アルファロメオF1買収の舞台裏で進行していたF1転向の噂について口を開いた。

マイケル・アンドレッティとザウバーの支配会社であるイスレロ・インベストメンツとの交渉は大詰めを迎えていたが、土壇場でザウバー側が提示したチームの支配権をアンドレッティ側が飲むことができず、交渉は破綻した。

F1チーム買収交渉決裂のアンドレッティ「金銭面ではなく支配権の問題」

2021年11月5日
F1チーム買収交渉決裂のアンドレッティ「金銭面ではなく支配権の問題」
マイケル・アンドレッティは、アンドレッティ・オートスポーツがザウバー/アルファロメオF1チームの買収の交渉が決裂したのは財政的な問題であるとの噂を否定。問題はチームの支配権に関するものだったと述べた。

先月、アントレッティ・オートスポーツがザウバーの支配会社であるイスレロ・インベストメンツ(Islero Investments)からアルファロメオF1チームの過半数株式を買収するとの報道が広まり、ある時点では取引はほぼ成立したと考えられていた。

アンドレッティ、ザウバー/アルファロメオF1の買収を断念との報道

2021年10月28日
アンドレッティ、ザウバー/アルファロメオF1の買収を断念との報道
アンドレッティ・オートスポーツが、ザウバー/アルファロメオF1の買収を断念したと報じられた。これにより、少なくとも短期的にはアンドレッティがF1に参入することはなくなった可能性がある。

The Raceの報道によると、アンドレッティは、ザウバー・モータースポーツとその主要資産であるアルファロメオF1チームを所有するスウェーデンの億万長者フィン・ラウジングが所有するIslero Investmentsの80%の株式を取得を目指していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム