ザウバー 「F1アブダビGPまでに2018年のドライバーを発表したい」

2017年11月15日
ザウバー F1 アブダビグランプリ
ザウバーのチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2018年のドライバーラインアップについて現在も技術パートナーであるフェラーリと議論を継続しているが、2週間後のアブダビまでに決定できることを望んでいる。

今年6月、ザウバーはホンダとの契約をキャンセルし、2018年からフェラーリの最新スペックのパワーユニットの供給を受ける新たな技術契約を締結。

ザウバー:トラブルを避けてダブル完走 / F1ブラジルGP

2017年11月13日
ザウバー F1 ブラジルグランプリ
ザウバーは、F1ブラジルGPの決勝で、マーカス・エリクソンが13位、パスカル・ウェーレインが14位だった。

マーカス・エリクソン (13位)
「面白いレースだった。スタートはかなり厄介だったけど、自分の道を選んでいくつかポジションを上げることができた。残念ながら、ソフトタイヤでの第1スティントではクルマのバランスに苦しんでいた」

ザウバー:F1ブラジルGP 予選レポート

2017年11月12日
ザウバー F1 ブラジルグランプリ
ザウバーは、F1ブラジルGPの予選で、パスカル・ウェーレインが16番手、マーカス・エリクソンが18番手だった。

パスカル・ウェーレイン (16番手)
「今日の結果には満足している。過去数回の週末では、マシンバランスにちょっとした問題を抱えていた。今週末に向けていくつかのパーツを交換して、再びマシンは本来の状態に戻ってきた。コース上でとても自信を感じている」

ザウバー:F1ブラジルGP 金曜フリー走行レポート

2017年11月11日
ザウバー F1 ブラジルグランプリ
ザウバーは、F1ブラジルGPの金曜フリー走行でパスカル・ウェーレインが18番手タイム、マーカス・エリクソンが19番手タイムだった。FP1ではウェーレインに代わってシャルル・ルクレールが走行を担当した。

パスカル・ウェーレイン (18番手)
「FP1に参加しなかったので、午後に十分なマイレージを稼ぐことが重要だった。午後の僕たちのプログラムは、残りの週末にむけて準備を整えるためにショートランとロングランに集中することだった」

パスカル・ウェーレイン:2017 F1ブラジルGP プレビュー

2017年11月10日
パスカル・ウェーレイン ザウバー F1 ブラジルグランプリ
ザウバーのパスカル・ウェーレインが、インテルラゴス・サーキットで開催されるF1ブラジルGPへの意気込みを語った。

パスカル・ウェーレイン (ザウバー)
「ブラジルに戻るのを楽しみにしている。いつもファンから暖かい歓迎を受けているし、トラックの雰囲気は素晴らしい。予測できない天候は週末に興奮を付け加える。どうなるかは決してわからない」

マーカス・エリクソン:2017 F1ブラジルGP プレビュー

2017年11月10日
マーカス・エリクソン ザウバー F1 ブラジルグランプリ
ザウバーのマーカス・エリクソンが、インテルラゴス・サーキットで開催されるF1ブラジルGPへの意気込みを語った。

マーカス・エリクソン (ザウバー)
「ブラジルGPの週末はいつも特別だ。ファンはとても情熱的だし、レース自体に多くの歴史がある。前回のメキシコでのレースでは中団で戦うことができたし、それは以前のグランプリと比較して進歩だった」

フェラーリ、ザウバーへの2名のドライバー派遣を諦めず

2017年11月4日
フェラーリ F1 ザウバー
フェラーリは、2018年のザウバーにシャルル・ルクレールとアントニオ・ジョビナッツィの2名を乗せるために交渉を続けている。

ザウバーの2018年のドライバーについては、今年F2チャンピオンを獲得したフェラーリの契約ドライバーであるシャルル・ルクレールが、パスカル・ウェーレインに代わってF1デビューを果たすことが濃厚とみられている。

ザウバー、2018年にパスカル・ウェーレインを起用しないことを決断

2017年11月1日
ザウバー F1 パスカル・ウェーレイン
ザウバーは、2018年のドライバーにパスカル・ウェーレインを起用しないことを決断したと報じられている。

以前の噂では、ザウバーは現行ドライバーのうち少なくとも一人は続投させることを望んでおり、マーカス・エリクソンがチームを離れることになると報じられていた。

今年、パスカル・ウェーレインはスペインGPで7位入賞、アゼルバイジャンGPで10位入賞を果たし、ザウバーの今年のポイントをすべてを稼いでいる。

ザウバー:結果以上の手応えを感じたレース / F1メキシコGP

2017年10月30日
メキシコグランプリ F1 ザウバー
ザウバーは、F1メキシコグランプリの決勝で、パスカル・ウェーレインが14位完走、マーカス・エリクソンはリタイアでレースを終えた。

パスカル・ウェーレイン (14位)
「今日はレースでやれるベストな仕事ができたと思う。僕たちの前を走っている大半の方が軟らかいタイヤだったので、直接のライバルを捕えるのはチャレンジングだった。それでも今日のパフォーマンスの一貫性には満足している。今後のレースではもっと良い結果が出せると自信を持っている」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム