ペレス 「フェルスタッペンは他のF1ドライバーにはないスキルの持ち主」

2022年6月27日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンは他のF1ドライバーにはないスキルの持ち主」
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンを「他のF1ドライバーにはないスキルを持っている」と非常に高い評価を与える。

レッドブル・レーシングは、2021年にアレクサンダー・アルボンをリザーブ兼開発ドライバーに役割に降格させることを決定した後、ドライバープールの外部からセルジオ・ペレスを獲得し、マックス・フェルスタッペンのチームメイトに据えた。

セルジオ・ペレス、F1カナダGP予選でのクラッシュで首を負傷

2022年6月23日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス、F1カナダGP予選でのクラッシュで首を負傷
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるセルジオ・ペレスが、F1カナダPGの予選Q2でのクラッシュで首を負傷し、現在、治療を受けていることを明かした。

セルジオ・ペレスは、ウェットコンディションで行われたF1カナダGPの予選Q2で、ターン3でタイヤをロックさせ、TecProバリアに突っ込んだ。ペレスは自分のミスの責任を負い、チームを失望させたと謝罪していた。

レッドブルF1、ペレスのギアボックス故障を説明「予選の事故の影響も」

2022年6月21日
レッドブルF1、ペレスのギアボックス故障を説明「予選の事故の影響も」 / カナダグランプリ 決勝
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、2022年F1第9戦カナダグランプリでセルジオ・ペレスが突然リタイアした原因を説明した。

マックスフェル・スタッペンはカナダグランプリで勝利を収めたが、チームメイトのセルジオ・ペレスにとっては良い日ではなかった。土曜日の予選でクラッシュした後、ペレスは13番グリッドからレースをスタートしたが、わずか8周でメカニカルな問題でコースから外れることを余儀なくされた。

セルジオ・ペレス 「ギアがスタックした。多くのポイントを失った」

2022年6月20日
セルジオ・ペレス 「ギアがスタックした。多くのポイントを失った」 / レッドブル・レーシング F1カナダGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝をリタイアで終えた。

8周目、ターン8へのアプローチでスローダウンし、セルジオ・ペレスのレースは突然の終わりを迎えた。「エンジンを失った。ギアがスタックしている」と無線で報告し、ランオフエリアでマシンを停めた。

セルジオ・ペレス、Q2でクラッシュ 「僕のミス。チームに迷惑をかけた」

2022年6月19日
セルジオ・ペレス、Q2でクラッシュ 「僕のミス。チームに迷惑をかけた」 / レッドブル・レーシング F1カナダGP 予選
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの予選を13番手で終えた。

セルジオ・ペレスは予選Q2でバリアにクラッシュして敗退が決定。ターン3でコントロールを失ったペレスは、そのままフロントから左サイドのバリアへ突っ込んでしまった。マシンの回収作業とバリアの確認作業が必要になったため、セッションは赤旗中断となった。

セルジオ・ペレス 「ショートランでもロングランでも問題を抱えていた」

2022年6月18日
セルジオ・ペレス 「ショートランでもロングランでも問題を抱えていた」 / レッドブル・レーシング F1カナダGP 金曜フリー走行
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの金曜フリー走行を13番手で終えた。

フリー走行1回目をトップから0.481秒遅れの4番手終えていたセルジオ・ペレス。フリー走行2回目ではペースを上げることができず、11番手でセッションを終了。車に問題を抱えていたため、本来の作業を進めることができなかったと明かした。

セルジオ・ペレス 「RB18はストリートサーキットでパフォーマンスを発揮」

2022年6月17日
セルジオ・ペレス 「RB18はストリートサーキットでパフォーマンスを発揮」 / レッドブル・レーシング F1カナダGP プレビュー
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が、2022年F1第9戦カナダグランプリへの意気込みを語った。

前戦アゼルバイジャンでは、一時はトップを走行していたものの、チームメイトのマックス・フェルスタッペンが勝利。2位でフィニッシュしたセルジオ・ペレスはファステストラップを記録している。

セルジオ・ペレス 2位表彰台 「敗因はリアのデグラデーションの悪化」

2022年6月13日
セルジオ・ペレス 2位表彰台 「敗因はリアのデグラデーションの悪化」 / レッドブル・レーシング F1アゼルバイジャンGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝で2位表彰台を獲得した。

2番グリッドのセルジオ・ペレスは、ポールポジションのシャルル・ルクレールよりもわずかに速い発進を見せ、短い加速競争を経たターン1でインサイドに並びかける。そして、アドバンテージを守ろうとしたルクレールが深いブレーキングでタイヤをロックアップさせると首位を奪取した。

セルジオ・ペレス 「チームの『戦うな』という指示は正しかった」

2022年6月13日
セルジオ・ペレス 「チームの『戦うな』という指示は正しかった」 / レッドブル・レーシング F1アゼルバイジャンGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで2位表彰台を獲得。レース序盤、チームからマックス・フェルスタッペンと『戦うな』というオーダーが出たのは「正しかった」と振り返った。

セルジオ・ペレスは、2戦連続でレッドブル・レーシングのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンをアウトクオリファイし、アゼルバイジャンのグリッドで彼の前の2番グリッドからスタートし、モナコでの勝利後に連勝を収めるチャンスがあった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム