ピエール・ガスリー 「レッドブルF1とペレスの間には何かが欠けている」

2024年7月12日
ピエール・ガスリー 「レッドブルF1とペレスの間には何かが欠けている」
レッドブル・レーシング解雇の危機が迫る中、ピエール・ガスリーはセルジオ・ペレスに「何かが足りない」と指摘した。ガスリー自身も以前、そのような立場に置かれたことがある。

セルジオ・ペレスは現在、レッドブルでわずか12レースを走っただけでチームから外されたガスリーには与えられなかったある程度の自由を享受している。しかし、プレッシャーのかかるレッドブルのドライバーであることについてコメントするのをためらいながらも、ガスリーは、現時点でペレスには「何かが欠けている」と示唆した。

レッドブルF1 セルジオ・ペレスの低迷でマクラーレンに追撃の「好機」

2024年7月11日
レッドブルF1 セルジオ・ペレスの低迷でマクラーレンが追撃に「好機」
セルジオ・ペレスのポイント獲得の不足は、マクラーレンがタイトル争いでレッドブルに勝つチャンスを与えるかもしれない。

マクラーレンのCEOザック・ブラウンは、セルジオ・ペレスの苦戦により、マクラーレンがF1コンストラクターズタイトルをレッドブルと争うための「好機」が訪れたと考えている。

セルジオ・ペレス レッドブルF1解雇の噂を認識「次の2週間に集中」

2024年7月9日
セルジオ・ペレス レッドブルF1解雇の噂を認識「次の2週間に集中」
セルジオ・ペレスは、レッドブルF1のドライバーとして早期退団の可能性があるとの噂が絶えない中、自身の契約に関する話題が「気を散らす」ことは許さないと強調している。

イギリスグランプリでのタイヤギャンブルが惨めに失敗し、セルジオ・ペレスが17位でフィニッシュしたことで、またもや残念な週末を過ごした。

レッドブルF1代表 セルジオ・ペレスに最後通告「このままで持続不可能」

2024年7月8日
レッドブルF1代表 セルジオ・ペレスに最後通告「このままで持続不可能」
レッドブルは、セルジオ・ペレスがこのままのパフォーマンスを続けることは「持続可能ではない」と考えている。現在、ペレスはF1契約に盛り込まれたパフォーマンス条項が発動されるリスクに直面している。

セルジオ・ペレスはここ数週間、レッドブル・レーシングがライバルチームからの脅威にさらされる中、パフォーマンスを向上させ、チームのためにさらに多くの成果を出すようプレッシャーをかけられてきた。

レッドブルF1 リアム・ローソンをRB20でテストでペレス交代説が加速

2024年7月8日
レッドブルF1 リアム・ローソンをRB20でテストでペレス交代説が加速
レッドブル・レーシングが、2024年F1マシンであるRB20でリアム・ローソンのテスト走行を行うとの報道が浮上し、セルジオ・ペレスの将来についての噂が飛び交っている。

セルジオ・ペレスは、レッドブルの首脳陣を苛立たせるほどの不振が続いており、ゲームの質を上げなければならないというプレッシャーにさらされている。

ペレス 夏休み時点でフェルスタッペンと100ポイント差以上でF1シート喪失

2024年7月8日
セルジオ・ペレス 夏休み時点でフェルスタッペンと100ポイント差以上でF1シート喪失との報道
セルジオ・ペレスは最近、レッドブル・レーシングと新たに契約を結んだが、それはメキシコ人ドライバーが2025年も自動的にチームに残ることを意味するわけではない。最近の不振により、コンストラクターズ選手権の獲得争いは厳しい状況となっている。

RacingNews365によると、セルジオ・ペレスはレッドブルから、夏休みの前にパフォーマンスを改善しなければ、契約条項が発動されてシートを失う可能性があると通告されたという。

セルジオ・ペレス F1イギリスGP決勝「なにもかもがうまくいかなかった」

2024年7月8日
セルジオ・ペレス F1イギリスGP決勝「なにもかもがうまくいかなかった」
セルジオ・ペレスは、2024年F1イギリスGP決勝を17位で終え、「なにもかもがうまくいかなかった」とレースを振り返った。

予選Q1でコースオフを喫して19番手で終えたことで、レッドブル・レーシングは戦略的に新しいPUコンポーネントを投入。その結果、セルジオ・ペレスはピットレーンからのスタート。唯一ハードタイヤをスタートタイヤに選択した。

セルジオ・ペレス F1イギリスGP決勝をPU交換でピットレーンスタート

2024年7月7日
セルジオ・ペレス F1イギリスGP決勝をPU交換でピットレーンスタート
レッドブル・レーシングは、2024年F1イギリスGPの決勝にむけてセルジオ・ペレスのパワーユニットエレメントを交換。ペレスはピットレーンスタートとなった。

セルジオ・ペレスは、土曜日のイギリスGPの予選でコースアウトを喫してQ1敗退。19番グリッドからスタートすることになっていた。

ペレス F1イギリスGP予選「ミスとレッドブルのプレッシャーは無関係」

2024年7月7日
セルジオ・ペレス F1イギリスGP予選「ミスとレッドブルのプレッシャーは無関係」
セルジオ・ペレスは、2024年F1イギリスGPの予選Q1でコースアウトを喫して19番手。早々に敗退した原因がレッドブル・レーシング上層部からのプレッシャーの高まりにあるという説を強く否定した。

土曜日の午後、シルバーストンでの最初の予選セッションでは雨が予選の進行を妨げていた。雨脚が弱まるとドライラインが現れ始め、Q1終了前にソフトタイヤに履き替えるために慌ただしい動きが見られた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム