セルジオ・ペレス 「全く異なるマシンに対応するには時間が足りなかった」

2022年1月16日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「全く異なるマシンに対応するには時間が足りなかった」
セルジオ・ペレスは、F1でテストとプラクティス時間が限られていることが、以前に運転していたものとは“まったく異なる哲学”のレッドブルのF1マシンへの“スローな適応”に貢献したと考えている。

セルジオ・ペレスは、2021年にレーシング・ポイントからレッドブルに加入。マックス・フェルスタッペンにとってのレッドブルでの4人目のチームメイトとなった。

レッドブルF1首脳 「ペレスのハミルトンへの防御はフェアだった」

2022年1月12日
レッドブルF1首脳 「ペレスのハミルトンへの防御はフェアだった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1のルイス・ハミルトン“危険”だと評したF1アブダビGPでのセルジオ・ペレスのハミルトンに対する防御は“かなりフェア”なものだったと主張する。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、同ポイントでヤス・マリーナ・サーキットでの最終決戦に臨み、ポールポジションはフェルスタッペンが獲得したものの、決勝ではスタートでハミルトンがリードを奪った。

ペレス 「レッドブからオファーがなければF1キャリアは終わっていた」

2022年1月11日
セルジオ・ペレス 「レッドブルからオファーがなければF1キャリアは終わっていた」
セルジオ・ペレスは、2020年にシート喪失が決定し、レッドブルF1からオファーが届くまでF1引退が頭をよぎっていたと認める。

アストンマーティンF1として活動する2021年に向けて、チームがランス・ストロールのチームメイトにセバスチャン・ベッテルと契約したことで、セルジオ・ペレスのレーシング・ポイントとの時間は突然終わりを告げられた。

セルジオ・ペレス 「2022年はフェルスタッペのタイトルに挑戦したい」

2022年1月9日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「2022年はフェルスタッペのタイトルに挑戦したい」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年にマックス・フェルスタッペンの“ウィングマイン”になることは望んでおらず、代わりにチームメイトのタイトルに挑戦すると語る。

2021年にアレクサンダー・アルボンの代わりにレッドブルF1に加入したセルジオ・ペレスは、初年度はレッドブルF1のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンのバックアップドライバーだった。

セルジオ・ペレス、レッドブルF1との2年目に自信「ベースラインがある」

2022年1月7日
セルジオ・ペレス、レッドブルF1との2年目に自信「ベースラインがある」
セルジオ・ペレスは、2022年シーズンにレッドブルF1との仕事を再開する際に初年度との“大きな違い”を生かすことを楽しみにしていると語る。

セルジオ・ペレスは、2021年の冬休みにレッドブルF1からマックス・フェルスタッペンの新しいチームに抜擢された。レッドブルにとって独自のドライバープログラム以外からの起用は珍しい決断であり、ペレスにとっては道の世界に飛び込むことになった。

「レッドブル・レーシングはクリスチャン・ホーナーにとって“人生”」

2022年1月6日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「レッドブル・レーシングはクリスチャン・ホーナーにとって“人生”」
セルジオ・ペレスは、チームとの初年度にレッドブル・レーシングがチーム代表のクリスチャン・ホーナーにとって“人生”であることに気づいたと語る。

クリスチャン・ホーナーは、2005年にレッドブル・レーシングがF1に参戦して以来、チーム代表を務めている。2010年から2013年にはダブルタイトルを4連覇したが、2021年はこれまで以上に脚光を集めた。

マックス・フェルスタッペン 「セルジオ・ペレスはレッドブルF1の防衛大臣」

2022年1月2日
マックス・フェルスタッペン 「セルジオ・ペレスはレッドブルF1の防衛大臣」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、昨年のF1アブダビGPでルイス・ハミルトンを抑え込んだチームメイトのセルジオ・ペレスに“防衛大臣”という新しいニックネームをつけた。

F1アブダビGPでルイス・ハミルトンがピットインした後、中古のタイヤでステイアウトしたセルジオ・ペレスは、決死のディフェンスでハミルトンの行く手を阻んだ。これにより、マックス・フェルスタッペンはライバルとの6秒のギャップを縮めることができ、ファイナルラップの逆転劇に繋がった。

レッドブルF1首脳 「セルジオ・ペレスとの契約は正しい決断だった」

2021年12月28日
レッドブルF1首脳 「セルジオ・ペレスとの契約は正しい決断だった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスはチームが彼と契約することが“正しい決断”だったことを証明したと考えている。

今年、レッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスだが、予選ではほぼ毎週末でマックス・フェルスタッペンが優位に立っていた。だが、レースでは持ち前の粘りず良い走りを見せ、フェルスタッペンを援護射撃。

セルジオ・ペレス 「ホンダのF1エンジンへの対応は追加のハードルだった」

2021年12月26日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「ホンダのF1エンジンへの対応は追加のハードルだった」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1への移籍における最初のハードルは、ホンダのF1エンジンへの適応だったと語り、仮にマックス・フェルスタッペンがメルセデスF1に移籍すれば、彼であっても同じような問題を抱えるだろうと予想している。

2018年にダニエル・リカルドがレッドブルを去っていこう、マックス・フェルスタッペンのチームメイトは安定せず、フェウスタッペンには“チームメイトキラー”の異名をとった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム