【動画】 レッドブルのF1ドライバーがフォードの電気自動車で爆走

2023年2月4日
【動画】 レッドブルのF1ドライバーがフォードの電気自動車で爆走
フォードは、レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスに同社の電気自動車の技術力を体感させた。

フォードは、新しいF1エンジンレギュレーションが導入される2026年からF1に復帰。レッドブル・パワートレインズと提携して、『レッドブル・フォード』としてレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリにF1パワーユニットを供給する。

セルジオ・ペレスがF1初優勝を達成したRP20のショーカーが競売

2023年1月31日
セルジオ・ペレスがF1初優勝を達成したRP20のショーカーが競売
オンライン オークション ハウスのF1 Authentics は、2020 年のF1サキールGPでセルジオ・ペレスが初のF1優勝を飾ったレーシング・ポイント RP20のレプリカ車両を出品した。

この車は、以前はレーシング・ポイントとして知られていた現アストンマーティンF1チームによって製造された。この車は、見た目がシルバーアロに似ていることから「ピンク・メルセデス」と呼ばれていた。

クルサード 「ペレスがF1王者に挑むにはソフトウエアアップデートが必要」

2023年1月17日
デビッド・クルサード 「ペレスがF1王者に挑むにはソフトウエアアップデートが必要」
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、セルジオ・ペレスのF1での未来は彼自身の手の中にあるが、今シーズン、ライバルのレッドブルのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンに対抗するために大きな「ソフトウェアアップデート」を必要としていると主張する。

昨年、セルジオ・ペレスは、表彰台の最上段に15回立ったマックス・フェルスタッペンに匹敵することはできず、モナコとシンガポールで2勝しか挙げることができなかった。

セルジオ・ペレス 「現時点ではほぼ最高の状態にあると感じている」

2023年1月10日
レッドブF1のセルジオ・ペレス 「現時点でほぼ最高の状態にあると感じている」
レッドブルF1のセルジオ・ペレスは、2022年F1シーズン終盤にこれまで以上にうまく運転できたと確信しており、そのフォームを2023年まで持ち越して、チャンピオンシップを目指して前進することを決意している。

セルジオ・ペレスは、ザウバー、マクラーレン、フォース・インディア / レーシング・ポイントを経て、2021 年にレッドブルに加入し、2022年のコンストラクターズ タイトルに貢献する前に、チームメイトのマックス・フェルスタッペンがその年のドライバーズ タイトルを獲得するのに貢献した。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペン/ペレスの管理はコミュニケーションが鍵」

2022年12月28日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペン/ペレスの管理はコミュニケーションが鍵」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの関係をうまく管理するためには、良好なコミュニケーションを維持することが重要だと語る。

クリスチャン・ホーナーは、Speedcafe.comの動画で、2022年シーズン後半における 2人のドライバー間の摩擦についての考えを共有した。

レッドブルF1、フェルスタッペンとペレスの摩擦は修復不能?

2022年12月27日
レッドブルF1、フェルスタッペンとペレスの摩擦は修復不能?
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの間に浮上したシーズン終盤の摩擦は、一部の専門家は2023年も続くと予想している。

Sky SportのF1チームは、レッドブル・レーシングの支配的な 2022 年シーズンの終焉を覆い隠した問題について議論。F1ブラジルGPで、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズランキング2位争いを繰り広げているセルジオ・ペレスにポジションを返すことを拒否した。

レッドブルF1首脳 「リカルド加入はペレスへのプレッシャーではない」

2022年12月23日
レッドブルF1首脳 「リカルド加入はペレスへのプレッシャーではない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドのサードドライバー起用がセルジオ・ペレスへの“プレッシャー”であるとの見方を否定した。

2022年シーズン終盤、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの関係、または少なくとも見た目上の関係は崩壊しているように見えた。

セルジオ・ペレス 「厳しい過去を経験して今は心からF1を楽しんでいる」

2022年12月22日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「厳しい過去を経験して今は心からF1を楽しんでいる」
レッドブルF1のセルジオ・ペレスにとって、2022年シーズンはF1デビュー12年目にしてキャリアベストの成績を収める1年になった

2020年のF1サキールGP 、F1現役生活を終えるまであと2戦と思われていたセルジオ・ペレスは1周目でコースアウトを喫して最後尾まで順位を落とし、困難なレースに直面していた。失うものは何もないと悟ったペレスはレースを続行し、全力を尽くして成り行きを見守ることにした。

セルジオ・ペレス、リカルドのレッドブルF1加入も「かなりリラックス」

2022年12月13日
セルジオ・ペレス、リカルドのレッドブルF1加入も「かなりリラックス」
セルジオ・ペレスは、2023年にダニエル・リカルドがレッドブル・レーシングのサードドライバーに就任したことで睡眠を失うことはないだろうと語った。

マクラーレンを離れた33歳のダニエル・リカルドは、サードドライバーとして古巣であるレッドブルに戻ってきた。リカルドは、レッドブル・レーシングとそのドライバーをシミュレート作業とマーケティング活動で支援する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム