セルジオ・ペレス 「フェルスタッペンからのプレッシャーはタフだった」

2019年9月9日
F1 セルジオ・ペレス 「フェルスタッペンからのプレッシャーはタフだった」
レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、F1イタリアGPのレース終盤のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のプレッシャーを抑えきり、7位でフィニッシュ。貴重な6ポイントを獲得した。

予選Q2でエンジントラブルに見舞われたセルジオ・ペレスは、エンジン交換によって18番グリッドからスタート。終盤はマックス・フェルスタッペンから猛プレッシャーを受けたが、0.690秒の僅差でなんとか逃げ切った。

セルジオ・ペレス、新品“フェーズ2”搭載で後方スタート / F1イタリアGP

2019年9月8日
セルジオ・ペレス、新品“フェーズ2”搭載で後方スタート / F1イタリアGP
レーシング・ポイントF1チームは、Q2でエンジントラブルに見舞われたセルジオ・ペレスのエンジンを“フェーズ3”に乗せ換えるのではなく、新品の“フェーズ2”を搭載することでピットレーンスタートではなく、グリッド降格ペナルティを受けることを選択した。

故障したエンジンは“フェーズ2”であり、予選出走後に異なるスペックのエンジンに交換するとパルクフェルメを破ることになり、ピットレーンスタートが義務付けられる。しかし、チームは新品の“フェーズ2”を搭載することでそれを回避し、グリッド降格を受けることを選んだ。

レーシングポイント、セルジオ・ペレスとの契約を2022年末まで延長

2019年8月31日
F1 セルジオ・ペレス レーシング・ポイントF1チーム
レーシング・ポイントF1チームは、セルジオ・ペレスとの契約を3年間延長。ペレスは2020年末までチームに所属することが決定した。

2014年に旧フォース・インディアに加入したセルジオ・ペレスは、過去数シーズにわたってチームと5回の表彰台を獲得。今回の契約により、2020年もレーシング・ポイントはセルジオ・ペレスとランス・ストロールのラインナップで挑むことが確定した。

セルジオ・ペレス 「給油復活がF1に利益をもたらすとは思わない」

2019年8月19日
F1 セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、F1に給油を復活させることが競争に利益をもたすことはないと考えている。

最近、FIA会長のジャン・トッドは、2021年の大幅なF1レギュレーション変更の一環として、ショーを盛り上げるためにレース中の給油を復活させる可能性を評価するよう求めている。

セルジオ・ペレス 「ランス・ストロールのレースペースには驚いた」

2019年8月14日
F1 セルジオ・ペレス ランス・ストロール
セルジオ・ペレスは、今季レーシングポイントで新しいチームメイトとなったランス・ストロールのレースペースに“驚いた”と認める。

ランス・ストロールは、ウィリアムズで2年間を過ごした後、2019年に父親のローレンス・ストロールが買収してリブランドされたレーシングポイントに移籍した。

セルジオ・ペレス、アルボンを非難「不必要に接触してきた」

2019年8月5日
F1 セルジオ・ペレス アレクサンダー・アルボン
セルジオ・ペレスは、F1ハンガリーGPの終了間際にアレクサンダー・アルボンとの接触は“とにかく不必要”だったと語った。

国際映像では流れなかったが、オンボードカメラではセルジオ・ペレスとアレクサンダー・アルボンはターン1で接触していたことが記録されている。

セルジオ・ペレス、予選でのリカルドの行為に怒り 「無礼な行為」

2019年8月4日
F1 セルジオ・ペレス ダニエル・リカルド
セルジオ・ペレスは、F1ハンガリーGPの予選Q1の終了間際のダニエル・リカルドの追い抜きは“非常に無礼”な行為だったと怒りをあらわにした。

ダニエル・リカルドは、最終コーナーでセルジオ・ペレスとロマン・グロージャン(ハース)の後ろに追いつき、両方のドライバーを追い抜こうとした。ロマン・グロージャンをアウトサイドから抜いたが、セルジオ・ペレスはインサイドのラインを保持していたため、後退を余儀なくされた。

セルジオ・ペレス、2020年以降のレーシングポイント残留に自信

2019年8月2日
F1 セルジオ・ペレス レーシング・ポイントF1チーム
セルジオ・ペレスは、2020年以降のレーシングポイントに残留することに自信をみせている。

セルジオ・ペレスは、2014年にフォース・インディアに加入してからチームに所属しており、昨年チームが破綻寸前となった際には重要な役割を果たした。現在、チームはローレンス・ストロール率いるコンソーシアムが買収し、レーシングポイントとしてF1に参戦している。

FIA、セルジオ・ペレスのF1フランスGPでのペナルティを説明

2019年6月25日
F1 セルジオ・ペレス フランスGP
F1レースディレクターのマイケル・マシは、セルジオ・ペレスがF1フランスGPでのペナルティに腹を立てている理由が理解できないと語る。

セルジオ・ペレスは、オープニングラップのコースオフしてターン3とターン4のランオフエリアを走行。だが、ルールに従ってボラードの周りを走行したとして決定に困惑していると述べている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム