ダニエル・リカルド 「レッドブルは昨年から何も進歩していない」

2019年10月18日
ダニエル・リカルド 「レッドブルは昨年から何も進歩していない」
ダニエル・リカルドは、レッドブルは自分がチームを離れて以来、改善を示していないし、ルノーに移籍したことを後悔していないと語る。

ダニエル・リカルドは、2018年に2勝を挙げているが、それが唯一の表彰台フィニッシュだった。シーズン全体を通してルノーのF1パワーユニットの信頼性問題で多くのリタイアを喫した。

ルイス・ハミルトン 「F1メキシコGPで王座を決まるとは思っていない」

2019年10月18日
ルイス・ハミルトン 「F1メキシコGPで王座を決まるとは思っていない」
ルイス・ハミルトンは、次戦F1メキシコGPで6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得するのは難しいかもしれないと考えている。

F1日本GPで3位にフィニッシュしたルイス・ハミルトンは、残り4戦で2位のバルテリ・ボッタスに64ポイント差をつけた。次戦メキシコGPでバルテリ・ボッタスよりも14ポイントを獲得すれば、6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得する。

ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンは史上最速のF1ドライバー」

2019年10月18日
ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンは史上最速のF1ドライバー」
2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはF1史上最速のドライバーだと語った。

「彼は、これまでF1マシンをドライブした中で最速のドライバーだと思う。本当にそう思う」とジェンソン・バトンはラジオ番組 talkSPORT でコメントした。「彼は信じられないくらい速いと思う」

ルノーF1チーム、“ブレーキゲート”が有罪判決の場合のシナリオ

2019年10月18日
ルノーF1チーム、“ブレーキゲート”が有罪判決の場合のシナリオ
ルノーF1チームのブレーキシステムにまつわる“ブレーキゲート”スキャンダルに有罪判決が下された場合、どのようなシナリオが考えられるかについて f1sport.it が考察した。

F1日本GPのレース終了後、レーシングポイントは、ルノーが不正行為をしているとして12ページの書類をFIAに提出。ルノーはブレーキバランスを自動的に調整するシステムを使用していると考えられている。

マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1が2020年に結果を出すはず」

2019年10月18日
マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1が2020年に結果を出すはず」
マックス・フェルスタッペンは、2020年にレッドブル・ホンダがタイトル争いを繰り広げるためには、今年チームが犯したミスから学ばなければならないと考えている。

レッドブルとホンダのF1パートナシップにエンジンがかかるのは少し時間がかかったが、夏休み前にようやく融合し始め、マックス・フェルスタッペンはオーストリアとドイツで2勝を挙げた。

フェラーリ、インタークーラーのオイルからF1エンジンパワーを捻出?

2019年10月18日
フェラーリ、インタークーラーのオイルからF1エンジンパワーを捻出?
多くのF1チームは、フェラーリのF1エンジンの優位性の背景にあると考えられている設計面の合法性を明確化するためにFIA(国際自動車連盟)に意見を求めている。

今季、フェラーリのF1エンジンはストレートで大きな優位性を誇っており、いくつかのサーキットでは最大で0.8秒のアドバンテージがあると考えられている。

フラビオ・ブリアトーレ 「アロンソとF1復帰について話したが・・・」

2019年10月18日
フラビオ・ブリアトーレ 「アロンソとF1復帰について話したが・・・」
フェルナンド・アロンソのマネージャーを務めるフラビオ・ブリアトーレは、F1復帰についてアロンソを話をしているが、“フェラーリ、メルセデス、レッドブル”のシートしか彼を引き付けることないだろうと語る。

2018年にF1を離れたフェルナンド・アロンソだが、復帰する可能性を示唆しており、各チームに空席の噂が出るたびにアロンソの名前が挙がっては消えている。

ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」

2019年10月18日
ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」 / ウィリアムズF1チーム
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズにブレーキ問題の緊急な解決を求めている。

かつての名門チームであるウィリアムズだが、近年はグリッド最後尾が定位置となっており、グランプリのために十分なスペアパーツを製造することができないほどの危機に瀕している。

ロバート・クビサは、F1日本GPでプラクティス後に何の説明もなく新しいフロントウイングを取り外され、“限度を超えた”と憤りを示していた。

ザビーネ・ケーム 「ミック・シューマッハはF1チャンピオンになれる」

2019年10月18日
サビーネ・ケーム 「ミック・シューマッハはF1チャンピオンになれる」
マネージャーとして7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの成功に大きな役割を果たしたザビーネ・ケームは、彼の息子であるミック・シューマッハもやがてF1へと進み、成功を収めることができると考えている。

ザビーネ・ケームは、長年にわたってシューマッハ家の問題を管理し、今でも近くにいる。今年、ミック・シューマッハは、ハンガリーでなんとか勝利を果たしたものの、ランキング12位と平凡なシーズンを過ごしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム