セバスチャン・ベッテル、Instagramの開設とF1引退メッセージは「自発的」

2022年8月19日
セバスチャン・ベッテル、Instagramの開設とF1引退メッセージは「自発的」
F1引退をInstagramでファンにビデオメッセージで伝えるアイデアを思いついたのはセバスチャン・ベッテル自身だったと弟であるファビアン・ベッテルは明らかした.

2010年から2013年にレッドブル・レーシングで4つのドライバーズタイトルを獲得したセバスチャン・ベッテルの輝かしいF1キャリアは2022 年シーズンの終わりを迎える。

ザウバーのF1風洞はライコネンを引き抜いたマクラーレンの補償金で建設

2022年8月19日
ザウバーのF1風洞はライコネンを引き抜いたマクラーレンの補償金で建設
ザウバーが誇るF1でも最新鋭の風洞は、キミ・ライコネンを引き抜いたマクラーレンからの金銭的な補償で建設されたことを現アルファロメオF1チームのスポーティングディレクターを務めるビート・ツェンダーが明かした。

2001年、ザウバーはフォーミュラ・ルノーの23戦のみでF3を経験していないキミ・ライコネンをレギュラードライバーに抜擢。4戦限定の仮ライセンスでF1デビューさせた。

バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1では車により影響を与えられる」

2022年8月19日
バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1では車により影響を与えられる」
バルテリ・ボッタスは、昨年まで所属したメルセデスF1チームと比較して、アルファロメオでは人間がF1マシンのパフォーマンスにより大きな影響を与えることができると感じている。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1チームで5年間過ごした後、2022年シーズンにアルファロメオF1チームに加入した。メルセデスF1チームでは10勝を挙げ、彼がチームにいたすべてのシーズンでコンストラクターズチャンピオンシップを獲得するのに貢献した。

ピエール・ガスリー 「レッドブルのサポートがなければ僕はF1にいなかった」

2022年8月19日
ピエール・ガスリー 「レッドブルのサポートがなければ僕はF1にいなかった」
ピエール・ガスリーは、2023年末までレッドブルとの契約に拘束されている。ガスリーは、2023年もスクーデリア・アルファタウリで間違いなくドライブする理由を説明した。

セバスチャン・ベッテルがが2022年末でF1引退を発表したことで、F1の椅子取りゲームはスタートしているが、ピエール・ガスリーによれば、2022年シーズンの終わりにレッドブル・ファミリーを去ることは選択肢ではない。

F1噂話:ミック・シューマッハ、アルピーヌF1チームに移籍?

2022年8月18日
F1噂話:ミック・シューマッハ、アルピーヌF1チームに移籍?
ミック・シューマッハは、2023年のF1移籍市場“シリーシーズン”に巻き込まれているドライバーの一人だ。そして、ほんの些細な繋がりがアルピーヌF1チームへ移籍する可能性についての噂が浮上している。

アルピーヌF1チームは、2023年に新しいドライバーを探している。フェルナンド・アロンソをアストンマーティンF1に奪われたチームは、後任として指名した育成ドライバーとして育ててきたオスカー・ピアストリに振られた。

レッドブルF1首脳 「RB18とフェラーリF1-75のパフォーマンスは同等」

2022年8月18日
レッドブルF1首脳 「RB18とフェラーリF1-75のパフォーマンスは同等」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、RB18よりもフェラーリの速いマシンを持っているとの意見に反論しているが、それはレッドブルが先を行っていると考えている意味ではない。

レッドブル・レーシングは、2022年の両方のチャンピンシップでフェラーリを大きく上回っているが、支配的な数字はすべてを物語っているわけではない。

メルセデスF1が序盤戦の苦戦にも関わらず“ゼロポッド”を貫いた理由

2022年8月18日
メルセデスF1が序盤戦の苦戦にも関わらず“ゼロポッド”を貫いた理由
メルセデスF1チームは、2022年初期の苦戦にもかかわらず、他チームのデザインをコピーしても“そこまでのものしか得られない”と感じたため、W13に採用した“ゼロポッド”のコンセプトを刷新することを選択しなかったと説明する。

メルセデスF1チームの2022年F1マシン『W13』は、ポーパシングとバウンシングに苦しんでいたため、今シーズンの前半を通して、勝利を争っているレッドブルとフェラーリに挑戦することができなかった。

アストンマーティンF1、急進的なリアウイングの展開は「予算上限と相談」

2022年8月18日
アストンマーティンF1、急進的なリアウイングの展開は「予算上限と相談」
アストンマーティンF1は、ハンガリー グランプリで導入された急進的なリアウィング ソリューションを今後のレースで復活させるかどうかは、コスト上限の考慮事項によって決定されると述べた。

アストンマーティンF1は、今月初めのハンガロリンクで、F1のリアウィング半径ルールの革新的な解釈した、より伝統的なエンドプレートでの走行を可能にするソリューションを登場させた。

F1レギュレーション:2026年の次世代F1パワーユニットはどう変わる?

2022年8月18日
F1レギュレーション:2026年の次世代F1パワーユニットはどう変わる? 100%持続可能な燃料+3倍の電気出力で1000馬力超え
2026年のF1エンジンレギュレーションが合意された。次世代のF1パワーユニットは、100%の持続可能な燃料で稼働し、大幅に少ないエネルギーでネットカーボンゼロのCO2排出量を実現しながらも、これまでと同じくらいパワフルさを発揮する。

2026年に導入されるF1レギュレーションは『スペクタクルの維持』『環境的持続可能性』『経済的持続可能性』『メーカーにとって魅力的な新しいパワーユニット』という4つの柱を基本に1年以上議論されてきた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム