F1引退のキミ・ライコネン、NASCARカップシリーズにスポット参戦

2022年5月27日
F1引退のキミ・ライコネン、NASCARカップシリーズにスポット参戦
元F1王者のキミ・ライコネンが、8月にワトキンスグレンで開催されるNASCARカップシリーズにスポット参戦することが決定。F1引退以来、初めてレースに出場する。

キミ・ライコネンは8月21日にワトキンスグレンで行われるロードコースレースでトラックハウス・レーシングと合流し、チームメイトのダニエル・スアレスとロス・チャステインとともにシボレー・カマロ ZL1をドライブする。

マックス・フェルスタッペン、F1史上最多勝利数でファンジオに並ぶ

2022年5月27日
マックス・フェルスタッペン、F1史上最多勝利数でファンジオに並ぶ
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、2022年F1第6戦スペイングランプリでのキャリア24勝目を挙げ、5回のF1ワールドチャンピオンであるファン・マヌエル・ファンジオに並んだ。

1955年から1968年の間に、ファンジオは世界選手権のレースで最も多くの勝利を収めた記録を保持していた。その記録に到達するマックス・フェルスタッペンはF1史上最多勝利数でトップ10入り目前となった。

F1:バーニー・エクレストン、ブラジルで銃の不法所持で逮捕

2022年5月27日
F1:バーニー・エクレストン、ブラジルで銃の不法所持で逮捕
F1の元最高責任者のバーニー・エクレストンが5月25日(水)の夜、スイス行きのプライベートフライトに搭乗する前に銃を不法に所持したとしてブラジルで逮捕された。

ロイター通信によると、バーニー・エクレストンは、飛行前にX線検査を受けていたときに、警察が文書化されていないLW Seecamp .32が荷物の中にあることを発見し、ヴィラコッポス空港の警察施設に連行されたという。

メルセデスF1首脳 「冬季テストとスペインGPのデータには大きな違い」

2022年5月27日
メルセデスF1首脳 「冬季テストとスペインGPのデータには大きな違い」
メルセデスF1のチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズは、バルセロナでのプレシーズンテストから先週末のスペイングランプリまでのデータに大きな違いがあると語った。

メルセデスF1は、まだフロントランナーのペースから少し外れているように見えたが、W13に加えられたアップグレードは、今キャンペーンのこれまでチームを妨げていたパーパシングの問題を修正したように見えた。

角田裕毅 「2回目のモナコはQ3に進出してポイントを獲得することが目標」

2022年5月27日
角田裕毅 「2回目のモナコはQ3に進出してポイントを獲得することが目標」 / スクーデリア・アルファタウリ F1モナコGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第7戦モナコグランプリへの意気込みを語った。

バルセロナでは厳しい週末を過ごしつつも10位入賞を果たして1ポイントを手にした角田裕毅。昨年のモナコではFP2でクラッシュを喫して走行時間を失い、予選はQ1敗退で16番手。セーティカーのないレースで順位を上げることができず16位でフィニッシュした。

シャルル・ルクレール 「リスクを冒さずモナコの呪いを封じ込めたい」

2022年5月26日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「リスクを冒さずモナコの呪いを封じ込めたい」
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、過去にホームグランプリであるF1モナコGPで悩まされた”呪い”を封じ込めるために今週末は大きなリスクを冒すことはないだろうと語る。

モナコ出身のシャルル・ルクレールは、F1とF2での2つのシリーズでの6回の試みでまだレースを完走していない、昨年は予選の最後にクラッシュした後、ポールポジションからスタートすることさえできなかった。

ルイス・ハミルトン 「自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じていない」

2022年5月26日
ルイス・ハミルトン 「自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じていない」
ルイス・ハミルトンは、自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じておらず、自分とジョージ・ラッセルはチームの他の誰よりも一生懸命働いていると語る。

ルイス・ハミルトンにとっては奇妙なシーズンとなっている。バーレーンでの開幕戦での思いもかけない表彰台フィニッシュに続き、サウジアラビアでは10位のフィニッシュ。スペインでは、フィールドの最後尾から5位に挽回するパフォーマンスを見せたが、チームメイトのジョージ・ラッセルの台頭を考えると、このスポーツにおける彼の長期的な将来は疑問視されている。

ピエール・ガスリー、サインツのようなレッドブル外のF1キャリアを除外せず

2022年5月26日
ピエール・ガスリー、サインツのようなレッドブル外のF1キャリアを除外せず
ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングでもう一度チャンスを得るるという決意を繰り返す一方で、エナジードリンクが所有するF1のファミリーを完全に離れることを除外していない。

現在26歳のピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングとの失望した初期のスティントに続いてレッドブルの姉妹チームに降格させられた後、スクーデリア・アルファタウリの明確なリーダーとしての地位を確立した。

セルジオ・ペレスに批判の声「チームオーダーを受け入れすぎ」

2022年5月26日
レッドブルF1のセルジオ・ペレスに批判の声「チームオーダーを受け入れすぎ」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングのチームオーダーを受け入れていると元F1ドライバーのアレックス・ヴルツは批判する。

前戦スペイングランプリでは、トップを走行していた際にチームメイトのマックス・フェルスタッペンに順位を譲るように命令されて、“不公平”だとしながらも受け入れたセルジオ・ペレス。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム