レッドブルF1首脳 「アストンと契約していなければベッテル復帰もあった」

2021年1月19日
レッドブルF1首脳 「アストンと契約していなければベッテル復帰もあった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のドライバーラインナップの検討を余儀なくされた際にセバスチャン・ベッテルがアストンマーティンと契約していなければ、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとして復帰していた可能性があると語った。

元レッドブルのドライバーであるセバスチャン・ベッテルは、昨年限りでフェラーリを放出され、今年からアストンマーティンF1に加入した。

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1の交渉難航は話題作りのため?

2021年1月19日
ルイス・ハミルトンとメルセデスF1の交渉難航は話題作りのため?
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1の2021年の契約を取り巻くドラマは“全て話題作りだ”と考えている。

昨年、7回目のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンだが、メルセデスF1との新たな契約はいまだ発表されていない。一部ではハミルトンの高額なサラリーに親会社のダイムラーが難色を示しているとも報じられている。

ピエール・ガスリー 「ホンダF1は撤退するまで決して諦めない」

2021年1月19日
ピエール・ガスリー 「ホンダF1は撤退するまで決して諦めない」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、ホンダF1にとっては2021年は最後のシーズンとなるが、彼らは撤退するまで“決して諦めることはない”と確信していると語る。

2015年にマクラーレンのエンジンパートナーとしてF1に復帰したホンダだが、タイトル獲得という目標をまだ成し遂げていないなか、今シーズン限りでのF1撤退が決定している。

アントニオ・ジョビナッツィ 「今季の目標は打倒アルファタウリ・ホンダ」

2021年1月19日
アントニオ・ジョビナッツィ 「今季の目標は打倒アルファタウリ・ホンダ」 / アルファロメオF1
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナアツィは、2021年の目標として打倒アルファタウリ・ホンダを掲げた。

2020年、アルファロメオF1は、フェラーリのエンジンのパワー不足も相まって、ミッドフィールドからウィリアムズとハースF1とのバークマーカー争いに転落。わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権8位でシーズンを終了。8位のアルファタウリ・ホンダとは99ポイントの差がついた。

ニキータ・マゼピン 「F1で“憎しみ”と戦う覚悟はできている」

2021年1月19日
ニキータ・マゼピン 「F1で“憎しみ”と戦う覚悟はできている」
ハースF1チームで今年デビューを果たすニキータ・マゼピンは、自分はこれまでのどのロシア人F1ドライバーよりも“憎しみ”を受けていると考えているが、ファンやミディアやヴィタリー・ペトロフ、ダニール・クビアト、セルゲイ・シトロキンを不当に扱ってきたと考えている。

「彼らは全員がトップレーサーであり、プロだ。彼らについて言われたことのいくつかは不当だった。でも、それが人生であり、僕は彼らよりもうまく戦うつもりだ」とニキータ・マゼピンは Match TV に語った。

ピエール・ガスリー 「人生でこんなにトレーニングしたことはない」

2021年1月19日
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリー 「人生でこんなにトレーニングしたことはない」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、史上最多の23戦が予定されている2021年のF1世界選手権に先立って、これまでにないほど入念にトレーニングをしていると語る。

すべてが計画通りに進み、レースがキャンセルされず、または中止となった場合も代替開催が行われれば、2021年のF1世界選手権はF1史上最多となる23戦で争われることになる。

レッドブルF1代表 「セルジオ・ペレスはユニットとして我々を強くする」

2021年1月19日
レッドブルF1代表 「セルジオ・ペレスはユニットとして我々を強くする」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスを選んだ理由について語った。

今年、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルで4人目のチームメイトとなるセルジオ・ペレスを迎える。10年間のF1キャリアで179戦に出場したペレスは、昨年のF1サヒールGPで悲願のF1初勝利を挙げ、円熟味を増している。

Juju、2021年はアメリカでF4 UNITED STATES選手権に参戦

2021年1月19日
Juju、2021年はアメリカでF4 UNITED STATES選手権に参戦…RoKiTと育成ドライバー契約
Jujuこと野田樹潤は、2021年にアメリカ合衆国の「F4 UNITED STATES CHAMPIONSHIP」に参戦することが決定。新たな激戦の舞台でさらなる成長を目指す。

メインスポンサーは、Tポイント・ジャパン、ミキハウス。さらに、2021年は、アメリカを拠点に多彩なビジネスを展開し、F1チームを支援した実績もあるグローバル企業「ROKiT」がJujuを育成ドライバーとしたことで、同社の支援も受けることとなった。

F1モナコGP主催者、新型コロナ再流行による2021年の中止報道を否定

2021年1月19日
F1モナコGP主催者、新型コロナ再流行による2021年の中止報道を否定
F1モナコGPを主催するモナコ自動車クラブは、新型コロナウイルスの再流行によって2021年もモータースポーツイベントが中止になる危険に晒されているとの報道を否定。予定通りに開催されると主張する。

2020年のF1世界選手権はストリート・サーキットを訪れることはなかった。伝統のF1モナコGPは、1954年から65年続いてきた連続開催が途絶え、アゼルバイジャンとシンガポールも中止となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム