シャルル・ルクレール、F1バーチャルGP初参戦…弟アーサーとタッグ

2020年4月4日
シャルル・ルクレール、F1バーチャルGP初参戦…弟アーサーとタッグ
フェラーリのF1ドライバーを務めるシャルル・ルクレールは、4月5日(日)に開催されるF1バーチャルGP 第2戦で弟アーサー・ルクレールとタッグを組む。

F1は、新型コロナウイルスの世界的な流行によって2020年のF1世界選手権の開幕が遅れていることへの穴埋めとして、多くのF1ドライバーが参戦する新しい『F1 Esports Virtual Grand Prix』を開催。3月22日(日)には第1戦 F1バーチャル・バーレーンGPが開催された。

F1:シーズンの短縮はマックス・フェルスタッペンの王座獲得に好機?

2020年4月3日
F1:シーズンの短縮はマックス・フェルスタッペンの王座獲得に好機? / レッドブル・ホンダF1
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2020年のF1世界選手権が短縮された場合、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを倒す可能性が高まると考えている。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、F1はすでに開幕から8戦の延期・中止が決定。夏以降に少なくとも15戦のカレンダーを構築することを望んでいるが、まだ再開の目途は立っていない。

ムーディーズ、F1の格付け見通しを“ネガティブ”に変更

2020年4月3日
ムーディーズ、F1の格付け見通しを“ネガティブ”に変更
米国の格付け大手ムーディーズは、新型コロナウイルスの影響を受けて進行中のロックダウンにより、F1の見通しを“ポジティブ”から“ネガティブ”に変更したことを発表した。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、史上最多の22戦で開催されるはずだった2020年のF1世界選手権は開幕から8戦が延期・中止となっており、6月以降も再開の目途は立っていない。

日本でもバーチャルレースを!トヨタが『e-Motorsports Studio』を開設

2020年4月3日
日本でもバーチャルレースを!トヨタが『e-Motorsports Studio』を開設
TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、モータースポーツイベントの中止・延期が相次ぐ中、トヨタが所有する事業所内にて、『e-Motorsports Studio supported by TGR』を4月17日(金)に開設する。

『e-Motorsports Studio』は、PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』に対応したレーシングシミュレーターとネットワークを配備し、国内外トップクラスのレーシングドライバーに活用いただくための“オンラインスタジオ”。

F1:現行パワーユニットのエンジン開発を凍結の可能性

2020年4月3日
F1:現行パワーユニットのエンジン開発を凍結の可能性
F1は、チームを救済するためにコストをさらに劇的に削減する必要がある場合、緊急対策として現行パワーユニットのエンジン開発を凍結する可能性がある。

新型コロナウイルスの世界的な大流行はF1界に大きな経済的影響を与えており、F1、FIA(国際自動車連盟)、F1チームとの間で、今後のコストを削減する方法について議論が進んでいる。

F1:アストンマーティン、2021年からのワークス参戦を正式表明

2020年4月3日
F1:アストンマーティン、2021年からのワークス参戦を正式表明
アストンマーティンが、2021年のF1世界選手権からワークスチームとして参戦することが、新しいエグゼクティブチェアマンであるローレンス・ストロールの口から正式に発表された。

カナダの億万長者でレーシング・ポイントF1チームのオーナーであるローレンス・ストロールは、今年初めに投資家のコンソーシアムをまとめて財政難に陥ったアストンマーティンを救済した。

F1:ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテル、給与減額を申し出

2020年4月3日
F1:ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテル、給与減額を申し出
ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレールは、新型コロナウイルスによる財政問題からチームを救うために給与減額を申し出ていると Express が報じている。

F1にはまだレースをすることができておらず、F1チームの多くの収入が失われている。スポンサー契約は、主に実行されているレースの数に基づいており、マーチャンダイジングの販売による収益も見込めない。

F1:シルバーストーン、コース逆走を含めた複数のレース開催に視野

2020年4月3日
F1:シルバーストーン、コース逆走を含めた複数のレース開催に視野
F1イギリスGPを開催するシルバーストーンは“何らかの形”でF1を支援することを望んでおり、2020年のF1世界選手権が開催した場合、複数回のレースを開催することにオープンな姿勢をみせている。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、2020年のF1世界選手権は開幕の目途が立っていない。すでに最初の8戦は延期・中止となり、それ以降のレースも開催時期は不透明となっている。

コードマスターズ 「フェルスタッペンに『F1 2019』をプレイしてほしい」

2020年4月3日
コードマスターズ 「フェルスタッペンに『F1 2019』をプレイしてほしい」
コードマスターズの開発者は、レッドブル・ホンダのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンがいずれ同社が開発した『F1 2019』をプレイしてくれることを期待していると語る。

F1は、公式ゲームである『F1 2019』を使用したバーチャルレース『F1 Esports Virtual Grand Prix』を創設。しかし、第1回目のレースには現役ドライバーはランド・ノリスとニコラス・ラティフィの2名しか参加しなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム