【動画】 ホンダF1 モーターホーム紹介

2019年5月20日
F1 ホンダF1
ホンダF1が、モーターホームを紹介する動画を公開した。

ヨーロッパラウンドの初戦となったF1スペインGPのパドックには各チームのモーターホームが並べられた。モーターホームとは移動式の仮設の建造物であり、チームスタッフの休憩やミーティング、ゲストをもてなす場として使用される。

2019年 インディ500 | 決勝スターティンググリッド

2019年5月20日
インディ500
2019年 インディカー 第6戦 「第103回 インディナポリス500」の予選2日目が5月19日(日)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ポールポジションから9番グリッド、そして、最後列の3台とバンプアウトとなる3台が決定した。

日曜日のインディアナポリスは午前中のプラクティスから不安定な天候。セッション開始時刻となる現地時間12時10分を迎える頃に雨が降り始め、4時間20分の中断を経て、セッションが行われた。

フェルナンド・アロンソ、インディ500の予選落ちが決定

2019年5月20日
フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、2019年のインディ500で予選落ちが決定した。

5月19日(日)、インディ500の予選は2日目を迎え、まずは最後列の3つのグリッドを6台で争うラストロウ・シュートアウトが行われた。当初、現地時間12時15分に開始される予定だったラストロウ・シュートアウトだが、開始時刻のサーキットには小雨が降り始め、その後、本降りに。

レッドブル・ホンダ 「ピエール・ガスリーは強くなり続けている」

2019年5月20日
F1 レッドブル・ホンダ ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、困難な2019年シーズンのスタートを切ったピエール・ガスリーは“強くなっている”と擁護した。

ルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任として予定よりも早くレッドブル・レーシングに昇格したピエール・ガスリーだったが、プレシーズンテストからRB15への順応に苦しんでいる。

フェルナンド・アロンソ、インディ500で予選落ちの危機

2019年5月20日
フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、インディ500の予選1日目に30番手以内のタイムを記録できず、2日目に最後列の3つのグリッドをかけた一発勝負のシュートアウトに回ることになった。

「冷静さを保つ必要がある。チームの全員、そして、僕にとって難しい瞬間だったけど、今の僕たちにできることはそれほど多くはない」とフェルナンド・アロンソはコメント。

MotoGP | フランスGP 結果:マルケスが優勝&ホンダが通算300勝達成

2019年5月20日
MotoGP フランスGP マルク・マルケス
MotoGP 第5戦 フランスGPの決勝レースが5月19日(日)、ルマンのブガッティ・サーキットで行われ、マルク・マルケス(ホンダ)が優勝した。

ポールポジションからスタートしたマルク・マルケスは、序盤から完全にレースの支配権を握り、前戦スペインGPから2連勝、通算47勝目、そして、ホンダに最高峰クラスでの300勝目をもたらした。

カルロス・サインツ 「ルノーのF1エンジンは2強に近づいている」

2019年5月20日
F1 カルロス・サインツJr. ルノーF1
マクラーレンのカルロス・サインツは、結果には表れていないかもしれないが、ルノーのF1エンジンはメルセデスとフェラーリのパフォーマンスに近づいていると語る。

今シーズン、ルノーのF1エンジンは信頼性に見舞われており、カスタマーのマクラーレンと合わせて5回のリタイアを喫している。しかし、カルロス・サインツはF1アゼルバイジャンで7位、F1スペインGPで8位と調子を上げつつある。

ルノーF1 「レッドブル・ホンダが今年レースで勝てるとは思っていない」

2019年5月20日
F1 ルノーF1 レッドブル・ホンダ
シリル・アビテブールは、2019年に明確な進歩を果たしたホンダを称賛するが、レッドブル・ホンダが今年のレースで勝てるとは考えていないと語る。

レッドブル・レーシングは、昨年限りでかつてタイトルを4連覇したルノーとのパートナーシップを解消し、今年からホンダのF1エンジンを搭載。開幕戦と第5戦スペインGPでマックス・フェルスタッペンが3位表彰台を獲得するなど、3強チームとしてのポジションを維持している。

レッドブル 「二流のF2ドライバーがメルセデスの実力を示した」

2019年5月20日
F1 レッドブル メルセデス
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1バルセロナ インシーズンテストで経験の浅いニキータ・マゼピンが水曜日のセッションで最速タイムを記録したことがメルセデス W10の優位性を示していると述べた。

ニキータ・マセピンは、初めて乗るメルセデス W10で前日にレギュラードライバーのバルテリ・ボッタスが記録したタイムからわずか0.264秒差の1分15秒775をを記録してタイムシートのトップに立った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム