2022年 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 ブルーレイ&DVD

2022年11月28日
2022年 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 ブルーレイ&DVD
2022年年 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版のブルーレイおよびDVDの発売日が決定した。

FIA公認のオフィシャル総集編となるこのパッケージには、TV未放送のオリジナル映像も多数収録される。発売日はDVD版、ブルーレイ版ともに2023年2月17日を予定。販売価格は、ブルーレイ版が7,370円 (税込)、DVD版が5,390円 (税込)。すでに予約が開始されている。

F1、将来的にサイドミラーに代えてリアビューモニターの設置を検討

2022年11月28日
F1、将来的にサイドミラーに代えてリアビューモニターの設置を検討
F1は、問題となっているドライバーの後方視界への解決策としてリアビューモニタの設置を検討している。

F1は、2023年にミラーの寸法を大きくしたことは、ドライバーが後方視界で直面している問題を再び浮き彫りにした。車の設計者はミラーが気流を妨げないようにすることに熱心であるため、FIA(国際自動車連盟)は長い間、安全上の理由からミラーのサイズと位置を強制することに努力を注がなければならなかった。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1にとって簡単な決定ではなかったはず」

2022年11月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1にとって簡単な決定ではなかったはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームにとって3年間レースを離れていた自分を起用することは“簡単な決断ではなかった”と考えている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にルノー(現在のアルピーヌ)でフルタイムでレースを行った後、レーシングポイント(現在のアストンマーティン)でリザーブドライバーを務めた。これには、2022年の最初の2レースを含む5回の代役出場が含まれていた。

マクラーレン、メルセデスからポルシェのF1エンジン切り替えを否定

2022年11月28日
マクラーレン、メルセデスからポルシェのF1エンジン切り替えを否定
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、チームが2026年にメルセデスからポルシェのF1パワーユニットに切り替える可能性があるという憶測に対処した。

マクラーレンは、ホンダとのワークスパートナーシップを終了した後、ルノーを経て、2014年シーズンまで搭載していたメルセデスのF1パワーユニットを過去2シーズンで走らせてきた。

F1王者マックス・フェルスタッペン 「ホンダのSUPER GT車両は素晴らしい」

2022年11月28日
F1王者マックス・フェルスタッペン 「ホンダのSUPER GT車両は素晴らしい」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、ホンダのSUPER GT車両『NSX-GT』を試乗し、ブレーキとパワーウエイトレシトが印象的だったと語る。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングのチームメイトであるセルジオ・ペレス、アルファタウリのドライバーである角田裕毅とピエール・ガスリーとともに、Honda Racing Thanks Day 2022にゲスト出演した。ゲストにはMotoGP ライダーのマルク・マルケスなど、モータースポーツ界のビッグネームも登場した。

フェルナンド・アロンソ 「F1復帰を過小評価するべきではない」

2022年11月28日
フェルナンド・アロンソ 「F1復帰を過小評価するべきではない」
フェルナンド・アロンソは、F1復帰を成功させるという課題を「過小評価するべきではない」と語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2018年末にマクラーレンを離れた後、F1から2シーズン離れていたが、2021年の初めにグランプリレースに復帰した。

アルファタウリF1は2022年シーズンになぜ苦戦を強いられたのか?

2022年11月28日
アルファタウリF1は2022年シーズンになぜ苦戦を強いられたのか?
アルファタウリF1は、2022年に予想以上の苦戦を強いられた。コンストラクターズ選手権9位という結果は期待されていた結果ではなかった。

振り返ってみると、シーズン開幕戦のバーレーンでピエール・ガスリーのマシンから突然発火して2周でほぼ終了したことは悲惨なシーズンの最初の兆候だった。その後シンガポールでも繰り返された火災は、レッドブル・レーシングの姉妹チームが2022年シーズン直面した多くの挫折のうちの1つに過ぎなかった。

マックス・フェルスタッペン 「ミック・シューマッハのF1復帰を願う」

2022年11月28日
マックス・フェルスタッペン 「ミック・シューマッハのF1復帰を願う」
マックス・フェルスタッペンは、2024年以降にF1にミック・シューマッハが戻ってくることを願っていると語る。

F1レジェンドのミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、2023年にF1シートを失うことになった。ハースF1チームは2年間ドライバーを務めたシューマッハよりも、経験豊富なニコ・ヒュルケンベルグの方が優れたドライバーだと考えている。

ニック・デ・フリース 「何の見返りもなく2年間F1に参加し続けた」

2022年11月28日
ニック・デ・フリース 「何の見返りもなく2年間F1に参加し続けた」
ニック・デ・フリースが、2023年のアルファタウリでのF1デビューに先立って、これまでのキャリアについて振り返った。

メルセデスF1のリザーブドライバーを務めていたニック・デ・フリースは、F1イタリアGPの週末にアレクサンダー・アルボンの車に乗ることを許可された。国際的なメディアはデ・フリースがウィリアムズで見せたパフォーマンスに感銘を受けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム