ピエール・ガスリー、アルボンを上回り「見せ場を作る準備はできている」

2020年8月9日
ピエール・ガスリー、アルボンを上回り「見せ場を作る準備はできている」 / アルファタウリ・ホンダF1 70周年記念GP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPの予選で7番グリッドを獲得。レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンを上回ったガスリーは“見せ場を作る準備はできている”と意気込む。

今季3度目のQ3進出を果たしたピエール・ガスリーは、両アタックともにソフトタイヤで臨み、最終アタックで自己ベストタイムをマーク。アレクサンダー・アルボンを0.135秒上回り、7番グリッドを獲得した。

【動画】 バルテリ・ボッタスのポールラップ / F1 70周年記念GP 予選

2020年8月9日
【動画】 バルテリ・ボッタスのポールラップ / F1 70周年記念GP 予選
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPの予選でチームメイトのルイス・ハミルトンを0.063秒の僅差で上回り、今シーズン2度目のポールポジションを獲得した。

フリープラクティスでもルイス・ハミルトンと僅差のタイムを記録していたバルテリ・ボッタス。Q3では1回目のソフトでのアタックではハミルトンに0.166秒差で負けていた。

アレクサンダー・アルボン 「ソフトに交換したらバランスが変わった」

2020年8月9日
アレクサンダー・アルボン 「ソフトに交換したらバランスが変わった」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP 予選
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPの予選を9番手で終えた。

Q3のアタックをミディアムで開始したアレクサンダー・アルボンは最終アタックでソフトタイヤを使用。しかし、1回目のタイムを更新することができず、9番手でセッションを終了。7番手を獲得した姉妹チームのアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーにも敗れる結果となった。

レッドブル・ホンダF1 「戦略面で単純明快なセッションではなかった」

2020年8月9日
レッドブル・ホンダF1 「戦略面で単純明快なセッションではなかった」 / 70周年記念GP 予選
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPの予選を振り返った。

70周年記念GPでは先週末よりも1段階柔らかいタイヤレンジがノミネートされ、Q2ではマックス・フェルスタッペンがトップ10では唯一となるハードタイヤで突破。明日の決勝は2列目4番グリッドからトップ3とは異なるタイヤ戦略でスタートする。

エステバン・オコン、ラッセルへの進路妨害で3グリッド降格

2020年8月9日
エステバン・オコン、ラッセルへの進路妨害で3グリッド降格 / ルノーF1 70周年記念GP
ルノーF1のエステバン・オコンは、70周年記念GPの予選Q1でジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)の進路を妨害したとして決勝での3グリッド降格ペナルティを科せられた。

ジョージ・ラッセルのアタック中、エステバン・オコンはアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)の前に出るために低速でレーシングライン上を走行していた。

マックス・フェルスタッペン 「ハードでのスタートは強み。目標は表彰台」

2020年8月9日
マックス・フェルスタッペン 「ハードでのスタートは強み。目標は表彰台」 / レッドブル・ホンダF1 70周年記念GP 予選
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPでトップ10ドライバーで唯一となるハードタイヤでQ2を突破。それが決勝でポジティブに働くことを願っていると語る。

今週、ピレリは先週末のF1イギリスGPよりも1段階柔らかいタイヤレンジをノミネート。マックス・フェルスタッペンはQ2でハードタイヤを通過したため、決勝はトップ10の中で唯一ハードタイヤでのスタートとなる。

ニコ・ヒュルケンベルグ、レーシング・ポイント仕様ヘルメット

2020年8月9日
ニコ・ヒュルケンベルグ、レーシング・ポイント仕様ヘルメット / F1 70周年記念GP
ニコ・ヒュルケンベルグのレーシング・ポイント仕様のヘルメット。

新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレスの代役として急遽F1復帰を果たした先週末のF1イギリスGPでは、24時間という短い準備期間により、カーボン剥き出しの未塗装のヘルメットで望んでいたニコ・ヒュルケンベルグ。

ピレリ、フェルスタッペンのハードでのQ2突破は「我々のF1史で初」

2020年8月9日
ピレリ、フェルスタッペンのハードでのQ2突破は「我々のF1史で初」 / 70周年記念GP 予選
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1 70周年記念GPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがハードタイヤでQ2を突破したことは、同社のF1史でおおそらく初めてのことだし、今週末のノミネートは興味深いものだったと語る。

シルバーストンでの2戦目は先週のレースの焼き直しにならないよう1段階柔らかいタイヤコンパウンドが選択された。当初からソフトタイヤはレース用には不向きであることは明らかだったが、決勝でのスタートタイヤが決まるQ2では誰もソフトでタイムを記録することはなかった。

【動画】 F1 70周年記念GP 予選ハイライト

2020年8月9日
【動画】 F1 70周年記念GP 予選ハイライト
F1 70周年記念GPの予選ハイライト動画。8月8日(土)、2020年のF1世界選手権 第5戦 70周年記念GPの公式予選がシルバーストン・サーキットで行われた。

シルバーストンでの2週連続開催となる70周年記念GP。先週よりも高い気温と1段階柔らかいタイヤコンパンドによるタイヤ戦略が注目の予選セッションとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム