メルセデスF1、ニック・デ・フリースをリザーブドライバーに起用

2021年3月3日
メルセデスF1、ニック・デ・フリースをリザーブドライバーに起用
メルセデスF1は、ニック・デ・フリースをストフェル・バンドーンとともに2021年の公式リザーブドライバーに起用することを発表した。

すでにメルセデス・フォーミュラEチームでレースをしているニック・デ・フリースは、メルセデスのF1活動のためのリザーブドライバーの役割とフォーミュラEのレースでのミッションを兼任する。

ウィリアムズF1、2021年F1マシン『FW43B』をARアプリでお披露目

2021年3月3日
ウィリアムズF1、2021年F1マシン『FW43B』をARアプリでお披露目
ウィリアムズF1は、2021年F1マシン『FW43B』の発表会をARアプリで配信することを発表した。

ウィリアムズF1は、3月5日(金)に新車『FW43B』を発表することをすでに告知しているが、ファンは専用アプリを使用するとAR(=拡張現実)でFW43Bの3Dモデルを自宅で楽しむことができる。

フェルスタッペン 「最終的にはチームメイトに依存しないマシンが必要」

2021年3月3日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「最終的にはチームメイトに依存しないマシンが必要」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、新たに加入したセルジオ・ペレスがメルセデスF1勢との戦いにおいて戦力になると考えているが、最終的にはチームメイトに依存しなくてもいいマシンが必要がだと語る。

F1がハイブリッド時代に投入して以来、すべてのタイトルを手にしているメルセデスF1は、2021年のF1世界選手権でも誰もが認める優勝候補だ。マックス・フェルスタッペンは、メルセデスF1のドライバーに戦いを挑むことはあったが、ほぼそれはいつも一人でだった。

フェルナンド・アロンソ 「フィジカル的にもメンタル的にも最高の状態」

2021年3月3日
アルピーヌF1で復帰のフェルナンド・アロンソ 「フィジカル的にもメンタル的にも最高の状態」
アルピーヌF1で復帰を果たすフェルナンド・アロンソは、先月の自転車での事故で顎を骨折したにも関わらず、今までで最高の状態”にあると強気だ。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソの2年ぶりのF1復帰は、2021年のF1世界選手権で注目のストーリーのひとつであり、アロンソは2005年と2006年にタイトルを連覇したエンストンのチームでエステバン・オコンとチームを組む。

メルセデスF1、ローンチ仕様ではW12のフロアデザインを意図的に隠蔽

2021年3月3日
メルセデスF1、ローンチ仕様ではW12のフロアデザインを意図的に隠蔽
メルセデスF1は、ライバルにアイデアをコピーされることを避けるために、2021年F1マシン『W12』ではフロアデザインを隠してローンチしたことを告白した。

メルセデスF1は、3月2日(火)に2021年のF1世界選手権に投入する新車『W12』を発表したが、新しいルールに最適化された新バージョンのフロアは取り付けられていなかった。

ルイス・ハミルトン 「8回目のタイトルは将来の決定要因にはならない」

2021年3月3日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「8回目のタイトルは将来の決定要因にはならない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、記録的な8回目のF1ワールドチャンピオン獲得への追及が自身のF1での将来を決定づけることはないと断言する。

以前のメルセデスの契約が2020年末で満了したルイス・ハミルトンは、冬休み中に1年だけチームとの契約を延長。F1への長期的なコミットメントについての憶測へと繋がっている。

F1、2021年から表彰式でフェッラーリ トレントのスパークリングワインを使用

2021年3月3日
F1、2021年から表彰式でフェッラーリ トレントのスパークリングワインを使用
F1は、フェッラーリ トレント(Ferrari Trento)と3年間の公式スパークリングワイン契約を締結。2021年のF1世界選手権からスパークリングワインを使用して表彰台を祝うことになった。

2017年からF1の表彰台でスプレーされるシャンパンはカーボンファイバーボトルが特徴的なシャンパーニュ・カルボン(Champagne Carbon)が提供してきた。

バルテリ・ボッタス、W12と対面「空力変更の影響を確かめるのが楽しみ」

2021年3月3日
メルセデスF1のバルテリ・ボッタス、W12と対面「空力変更の影響を確かめるのが楽しみ」
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、2021年F1マシン『W12』の実物を目にして「コース上で感触を確かめるのを楽しみにしている」と語った。

王者メルセデスF1は3月2日(火)、ブラックリーのファクトリーで2021年F1マシン『W12』の発表イベントを開催。チームと5シーズン目を迎えるバルテリ・ボッタスは、チームメイトのルイス・ハミルトンとともに実車と初対面した。

アルピーヌF1、2021年のPUは昨年のBスペック版『ルノー E-Tech 20B』

2021年3月3日
アルピーヌF1、2021年のPUは昨年のBスペック版『ルノー E-Tech 20B』
アルピーヌF1の2021年F1マシン『A521』に搭載されるルノー製エンジンは、昨年モデルをベースに信頼性を向上させた『ルノー E-Tech 20B』となる。

2020年のF1世界選手権は、新型コロナウイルスの影響によってエンジンメーカーを含めファクトリーが長期間にわたってシャットダウンされた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム