ホンダ | 2019年 F1フランスGP プレビュー

2019年6月20日
F1 ホンダF1 フランスGP
ホンダは、レッドブル・レーシングとスクデーリア・トロ・ロッソとともに2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPに挑む。

F1は再びヨーロッパへと戻り、フランスGPが行われる。2018年にF1カレンダーに復活したフランスGPは、2年目となる今年もポール・リカールで行われる。

ホンダ、F1エンジンに“ホンダジェット”の航空技術を応用

2019年6月20日
F1 ホンダF1
ホンダは、F1エンジンに同社の小型ビジネスジェット“ホンダジェット(HondaJet)”の開発で培われた航空機用エンジン用の技術が応用されていることを明らかにした。

昨年、ホンダのF1エンジンにはジェットエンジンの技術が導入されると報じられることがあったが、その詳細について語られることはなかった。しかし、今週末のF1フランスGPにむけたプレビューのなかで具体的にどのようにその技術が応用されているのかが説明された。

レッドブル、ホンダのF1エンジンを搭載しても遅い理由は?

2019年6月20日
F1 レッドブル ホンダF1
レッドブルは、ホンダのF1エンジンを搭載した今年、本来のマシンの強みを失っている。

伝統的にレッドブルのマシンは“コーナリングマシン”としての特性があり、ルノーのエンジンパワー不足によるストレートでの赤字を、巧妙なダウンフォースによるコーナーでのスピードとトラクションでカバーしてきた。

ルイス・ハミルトン 「F1のルールメーカーは素晴らしい仕事をしている」

2019年6月20日
F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、過去数年でF1のルールメーカーたちは素晴らしい仕事をしていると語る。

前戦F1カナダGPではセバスチャン・ベッテルに物議を醸すペナルティが下され、過剰にルールで縛ることについて論争になっている。また、近年のF1マシンは運転が容易になりすぎており、よりドライバーにとって厳しいものにするべきとの意見がある。

メルセデス 「F1カナダGPでの問題は“ウェイクアップコール”」

2019年6月20日
F1 メルセデスAMG F1
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1カナダGPで遭遇した問題はメルセデスにとって“ウェイクアップコール”になったと語る。

メルセデスは、開幕戦から7連勝を続けており、ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の両方をリードしている。しかし、F1カナダGPでは1回目のプラクティスでバルテリ・ボッタスの燃料システムに問題が発生。その後も多くの問題が発生した。

2021年F1マシン、未来的なルックスは消え失せ“大型のインディカー”に?

2019年6月20日
F1
F1チームは、提案された2021年F1マシンのルックスを心配しているようだ。

F1ファンは、まだ確定していない2021年の新レギュレーションに基づいたF1マシンのレンダリング画像で示された“未来的”なルックスに概ね満足していた。だが、情報によると、リバティ・メディアとFIAは、F1チームに対して箝口令を敷いたとされ、10月への最終期限の延期を説明できる広範囲な懸念が残されているという。

ホンダF1 「スペック3はベンチデータ上でパワー増加が示されている」

2019年6月20日
F1 ホンダF1
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、F1フランスGPで導入する“スペック3”エンジンはベンチデータではパワーの増加が示されているとしつつも、まだメルセデスとフェラーリに追いつけるだけのパフォーマンスレベルには至っていないと考えている。

ホンダは、レッドブルと“スペック3”エンジンの投入のタイミングを協議してきたが、今週末のF1フランスGPでレッドブルの2台とトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトに投入することを決定した。

フェラーリ&ドゥカティ、Mission Winnowのブランディングを終了?

2019年6月20日
F1 フェラーリ Mission Winnow
フェラーリF1チームとドゥカティMotoGPチームは、2019年の残りのシーズンをMission Winnowのブランディングのない状態で戦っていくことになると Autosport が報じている。

両方のチームのタイトルパートナーを務めるフィリップモリスは、Mission Winnowのプログラムは“無煙代替品”の開発と販売を野心的に考える同社にとっての新時代を迎えるために使用しており、タバコ広告との関連性を否定している。

キミ・ライコネン 「グリップに苦しんでいて十分なスピードがない」

2019年6月20日
F1 キミ・ライコネン
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンが、2019年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPへの意気込みを語った。

開幕から4戦連続で入賞を果たしていたキミ・ライコネンだが、それ以降、アルファロメオ・レーシングの戦闘力は低下。前戦カナダGPではQ1敗退を喫し、現在チームはコンストラクターズ選手権で9位に順位を落としている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム