ウィリアムズF1 マシンに使用される約2万点のパーツをエクセルで管理

2024年4月14日
ウィリアムズF1 マシンに使用される約2万点のパーツをエクセルで管理
ウィリアムズ・レーシングがこの20年間、F1ランキングで徐々に順位を落としてきた理由は、外部の人間には明らかではなかった。時代遅れのプロセスや内部投資不足という漠然とした話はあったが、具体的な例が示されたのは最近のことだ。

それは、チーム代表のジェームス・ボウルズが長年にわたってマシン開発の大きな足かせとなってきたと語る、恐ろしいMicrosoft Excelスプレッドシートである。

カルロス・サインツJr. 「フェラーリF1を去らざるを得ないのは腹立たしい」

2024年4月14日
カルロス・サインツJr. 「フェラーリF1を去らざるを得ないのは腹立たしい」
カルロス・サインツJr.は、 2024年F1シーズン終了後にフェラーリを去らなければならないと知っていることを「残念」で「腹立たしい」と感じていると告白した。

スクーデリア・フェラーリは今シーズンに先立ち、2025年にカルロス・サインツに代えて7度のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンを起用することを決定した。

マクラーレンF1 2024年も“アップグレード競争”で昨年の再現を目指す

2024年4月14日
マクラーレンF1 2024年も“アップグレード競争”で昨年の再現を目指す
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレア・ステラは、2024年も“アップグレード競争”でライバルたちを上回ってマシンを開発することで、昨年のシナリオを再現できることを望んでいる。

昨年、マクラーレンはマシンを刷新してミッドフィールドからフロントグリッドへとポジションを移す最大の番狂わせを起こし、7月のシルバーストンから9回の表彰台を獲得してコンストラクターズランキング4位となった。

マックス・フェルスタッペン メルセデスF1と事前合意との報道

2024年4月13日
マックス・フェルスタッペン メルセデスF1と事前合意との報道
マックス・フェルスタッペンが、メルセデスF1と事前合意(書面または口頭)に達したと報じられている。

複数の情報筋によると、レッドブル社内での権力闘争は続いており、その物語はまだ終わっていない。オーストリアとタイの陣営は、レッドブル・グループの今後の対応について依然として対立している。

F1ドライバー 5年ぶり開催のF1中国GPでのスプリント実施を非難

2024年4月13日
F1ドライバー 5年ぶり開催のF1中国GPでのスプリント実施を非難
F1ドライバーは、5年ぶりにカレンダーに復帰するF1中国GPでスプリントフォーマットを実施することを強く非難している。

新型コロナウイルスが流行して以来、F1は上海を訪れていなかったが、2024年の賑やかなスケジュールの次なる舞台となった。

アロンソ 45歳まで現役F1ドライバー「衰えを感じたら真っ先に手を挙げる」

2024年4月13日
フェルナンド・アロンソ 45歳まで現役F1ドライバー「衰えを感じたら真っ先に手を挙げる」
フェルナンド・アロンソは、アストンマーティンF1との新たな契約によって45歳を超え、自分の力が衰えていると感じたら「真っ先に手を挙げる」と語る。

アロンソは将来の選択肢を熟考した結果、アストンマーティンとの複数年契約を締結。契約には少なくとも2025年と2026年シーズンのF1参戦が含まれる。

RB F1チーム代表 ダニエル・リカルドを支持「状況は大きく改善している」

2024年4月13日
RB F1チーム代表 ダニエル・リカルドを支持「状況は大きく改善している」
シーズン序盤は苦しいスタートとなったが、ダニエル・リカルドはRB F1のチームからの信頼を得ている。ローラン・メキースは、リカルドがすぐに正しいリズムに乗ると確信しており、ここ数週間の進歩をすでに指摘している。

「ダニエルの状況は、すでにオーストラリアGPから大きく改善している」とメキースはSpeedCity Broadcastingに語った。「後方からのレースは非常にフラストレーションがたまるものだったが、ペースがあることは確認できた。それは我々に大きな自信を与えてくれた」

メルセデスF1代表 「2026年のために現世代マシンを放棄することはない」

2024年4月13日
メルセデスF1代表 「2026年のために現世代マシンを放棄することはない」
メルセデスF1のチームを務めるトト・ヴォルフは、2026年のF1ルールに有利なスタートを切るために現世代のマシンを諦めることを決して受け入れることはできないことだと述べた。

メルセデスは、W15が期待されたようなレッドブルに挑戦できるフォームを生み出すことができておらず、最新のグランドエフェクトレギュレーションをまだ理解できていないという現実に直面している。

SUPER GT:au TOM’S GRスープラが新予選方式の2024年開幕戦ポール

2024年4月13日
SUPER GT:au TOM’S GRスープラが新予選方式の2024年開幕戦ポール
2024年 SUPER GT開幕戦の公式予選が4月13日(土)に岡山国際サーキットで行われた。今季から予選はQ1とQ2のベストタイム合算に変更。その新たな予選で、GT500クラスはNo.36 au TOM'S GR Supraの坪井翔/山下健太組がポールポジションを獲得。GT300クラスはNo.65 LEON PYRAMID AMGの蒲生尚弥/篠原拓朗組がクラス予選1位となった。

2024年シーズンは予選の方式が大きく変更され、予選Q1とQ2に全車が出走。Q1,Q2それぞれのベストタイムを合算して順位を競う新しい予選方式が採用された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム