アルファロメオ、2020年末でF1から撤退?ザウバーはホンダと提携?

2019年10月22日
アルファロメオ、2020年末でF1から撤退?
アルファロメオは、2020年末にザウバーとのF1プロジェクトから撤退するとイタリアメディアが報じている。

2018年にザウバーのタイトルスポンサーとしてF1に復帰したアルファロメオは、今シーズンそのパートナーシップをさらに拡大。今年は技術および商業的なパートナーシップを結び、チームはアルファロメオ・レーシングに改名された。

ブレンドン・ハートレー 「F1での1年間は僕を強くした」

2019年10月22日
ブレンドン・ハートレー 「F1での1年間は僕を強くした」
元トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1での1年間が自分を“強くした”と認める。

ブレンドン・ハートレーは、2018年にピエール・ガスリーととともにトロロッソ・ホンダでF1参戦。ガスリーは印象的な活躍をみせて2019年にレッドブル・ホンダに昇格するも、ハートレーは4ポイントしか獲得できずに1年でF1を去った。

ホンダF1 「マックス・フェルスタッペンは我々を信頼してくれている」

2019年10月21日
ホンダF1 「マックス・フェルスタッペンは我々を信頼してくれている」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがホンダのF1プロジェクトを“信頼してくれている”と語る。

今年、レッドブルとともにF1復帰後初優勝を果たしたホンダだが、物議を醸している2021年の新レギュレーションを確認するまで今後のF1継続にコミットする意思はないことを明らかにしている。

フェラーリ、2020年以降もF1ルールへの“拒否権”を維持との報道

2019年10月21日
フェラーリ、2020年以降もF1ルールへの“拒否権”を維持との報道
フェラーリは、歴史的かつ非常に物議を醸すF1レギュレーションに対する“拒否権”を新レギュレーション下でも維持するようだ。

先週、F1チーム代表はパリのFIA本部に集まり、FIAとリバティ・メディアと10月31日に最終期限となる2021年のシンレギュレーションについて話し合った。

トロロッソF1代表 「ガスリーはレッドブルとの冬季テストでの事故が響いた」

2019年10月21日
トロロッソF1代表 「ガスリーはレッドブルとの冬季テストでの事故が響いた」
トロソッソのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、ピエール・ガスリーがレッドブル・ホンダで悪夢のような時間を過ごすことになったのは、プレシーズンテストでのクラッシュが原因だと考えている。

2017年にトロロッソ・ホンダで印象的なシーズンを過ごしたピエール・ガスリーは、2018年にレッドブル・ホンダのドライバーに抜擢されたが、シーズン前半に成績を残すことができず、再びトロロッソに戻ってくることになった。

パスカル・ウェーレイン、2021年の新チームでのF1復帰に前向き

2019年10月21日
パスカル・ウェーレイン、2021年の新チームでのF1復帰に前向き
パスカル・ウェーレインは、カンポス・レーシングと関連した新F1チームで2021年にF1復帰を果たすことに前向きだと語る。

パスカル・ウェーレインは、2017年末にザウバーのF1シートを喪失したパスカル・ウェーレインは、メルセデスとの育成契約を解除してマヒンドラからフォーミュラEに参戦。現在はフェラーリF1チームの開発ドライバーも務めている。

マックス・フェルスタッペン 「予選レースなんて不要。F1を損なうだけ」

2019年10月21日
マックス・フェルスタッペン 「予選レースなんて不要。F1を損なうだけ」
レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンは、2020年以降の予選レースを導入せず、既存の予選フォーマットを維持するというF1の決定を支持している。

先週、2021年の新レギュレーションを議論するなかで、2020年に現在の予選に代えて3つのグランプリでリバースグリッド方式の“スプリントレース”を試験的に導入するかどうかの採決をとった。

フェラーリのF1エンジンの合法性の調査を複数チームがFIAに依頼

2019年10月21日
フェラーリのF1エンジンの合法性の調査を複数チームがFIAに依頼
フェラーリの“いくつか”のライバルチームが、FIAにフェラーリのF1エンジンの合法性について調査を依頼したと報じられている。

フェラーリが最新のエンジンアップグレードを投入後、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリのF1パワーユニットが生み出すパワーを“不合理”だと語っていた。

ベッテル 「ルクレールが最も手強いチームメイトと言うのは時期尚早」

2019年10月21日
ベッテル 「ルクレールが最も手強いチームメイトと言うのは時期尚早」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールが最も手強いチームメイトだと断言するのはあまりに時期尚早だと語る。

今年からフェラーリに加入した2年目のシャルル・ルクレールだが、ドライバーズ選手権で4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを9ポイント上回っており、予選(両ドライバーがタイムを記録したグランプリ)でも9対6で勝っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム