ファン・パブロ・モントーヤ 「ヘルムート・マルコは今でも僕に腹を立てている」

2023年2月8日
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤ 「ヘルムート・マルコは今でも僕に腹を立てている」
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコとの仕事について語った。

1月上旬、ヘルムート・マルコによって、セバスチャン・モントーヤがレッドブル・ジュニア・チームに加入したことが発表された。マルコがモントーヤと組むのは初めてではない。父であるファン・パブロ・モントーヤは、1997年にオーストリアのF3000チームであるRSMマルコから参戦していた。

マクラーレンF1チーム、DPワールドとのパートナーシップを発表

2023年2月8日
マクラーレンF1チーム、DPワールドとのパートナーシップを発表
マクラーレンF1チームは、2023年から公式パートナーとして世界最大級の海上ターミナル経営会社であるDPワールドとのパートナーシップを発表した。

このパートナーシップにより、マクラーレンF1チームは、より速く、よりスマートで、より持続可能なサプライチェーンを実現するために、チームのサプライチェーンを再構築し、効率化を推進することができる。

アルファロメオF1チームのタイトルスポンサーのステークが広告法に抵触?

2023年2月8日
アルファロメオF1チームのタイトルスポンサーのステークが広告法に抵触?
ザウバーは、アルファロメオF1チームの2023年F1マシン『C43』を公開した際にスイスの広告法に抵触したとの懸念を一蹴した。

アルファロメオF1チームは今年、オンラインカジノとギャンブルのポータルサイトである『ステーク(Stake)』を新たにタイトルスポンサーに迎えている。

フォード 「次世代F1エンジン導入がなければF1復帰はなかった」

2023年2月8日
フォード 「次世代F1エンジン導入がなければF1復帰はなかった」
2026年に予定されているF1エンジンルールは、フォードをグランプリレースに復帰させる上で極めて重要なものであった。フォード・モータースポーツ・グローバル・ディレクターのマーク・ラッシュブルックは、2026年のF1エンジン変更計画がなければ、フォードがF1に戻ってくることはなかっただろうと語っている。

先日、フォードが、2026年F1シーズンからレッドブルのエンジンテクニカルパートナーとしてグランプリレースに復帰することが発表された。

ダニエル・リカルド 「離れている間にレッドブルF1は獣のように成長」

2023年2月8日
ダニエル・リカルド 「離れている間にレッドブルF1は獣のように成長」
ダニエル・リカルドは、F1レースで7勝を挙げたレッドブル・レーシングに復帰した後、チームに対する初期の考えを共有した。

2014年から2018年までレッドブル・レーシングでドライブしたダニエル・リカルドは、今年、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのサポート役としてサードドライバーとして再加入した。

メルセデスF1代表 「チームのブレインの流出を覚悟しておく必要がある」

2023年2月8日
メルセデスF1代表 「チームのブレインの流出を覚悟しておく必要がある」
トト・ヴォルフは、ジェームス・ボウルズがウィリアムズ・レーシングへ移籍したことを受け、メルセデスF1は重要人物を失うF1のブレインの流出に対して「常に準備している」と語った。

ブラックリーで20年近く働いた後、戦略責任者のジェームス・ボウルズは1月にウィリアムズ・レーシングの新チーム代表に任命された。メルセデスF1は、テクニカルディレクターのジェームズ・アリソンやエンジン責任者のアンディ・カウエルなど、近年は主要メンバーの辞職が続いている。

マックス・フェルスタッペン 「2023年のF1タイトル防衛の脅威はメルセデス」

2023年2月8日
マックス・フェルスタッペン 「2023年のF1タイトル防衛の脅威はメルセデス」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、2023年に自身とレッドブル・レーシングが両タイトルを防衛する上で最大の障害となり得るチームはメルセデスであると予測している。

2021年にレッドブル・レーシングとメルセデスの間で激しいチャンピオン争いが繰り広げられ、ドライバーズタイトルは最終戦アブダビGPのファイナルラップまでもつれ込み、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを抜き去って劇的な優勝を飾った。

バスール 「フェラーリF1との話し合いはアブダビGPの翌週に開始」

2023年2月8日
フレデリック・バスール 「フェラーリF1との話し合いはアブダビGPの翌週に開始」
フレデリック・バスールは、F1チーム代表就任についてスクーデリア・フェラーリとの最初の接触がいつから始まったかを明らかにした。

バスールは、2022年シーズンの不振で退任したマッティア・ビノットの後任として任命され、アルファロメオ/ザウバーを離れて1月初旬にスクーデリア・フェラーリで始動した。

レッドブルF1代表 「フェラーリからスカウトされるのは光栄なこと」

2023年2月8日
レッドブルF1代表 「フェラーリからスカウトされるのは光栄なこと」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、フェラーリへの移籍を拒否した理由を語り、また、マッティ・ビノットがチームに加入するという提案を却下した。

マッティア・ビノットが辞表を提出したことで、スクーデリア・フェラーリはこの冬、新しいチーム代表を探す必要があった。多くのチームボスにとって、フェラーリでF1に携わることは夢物語だが、クリスチャン・ホーナーがその仕事に応募することはないようだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム