マクラーレン 「ホンダとインディカーで再びレースがしたい」

2018年9月24日
マクラーレン ホンダF1 インディカー
マクラーレンは、インディカーでホンダのエンジンを確保するという大きなハードルを克服したようだ。

マクラーレンは、F1でホンダとのパートナーシップに失敗し、最近ではフェルナンド・アロンソがホンダのライバルであるトヨタからFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦していることから、ホンダがマクラーレンのインディカー参戦の際にエンジンを供給するのは難しいと考えられている。

スコット・ディクソン 「F1を追求しなかったことに後悔はまったくない」

2018年9月24日
F1 スコット・ディクソン
インディカーで最も成功を収めたドライバーの一人であるスコット・ディクソンは、F1で走らなかったことに後悔はないと語る。

スコット・ディクソン(38歳)は、2018年のインディカーで自身5回目のチャンピオンを獲得。同シリーズで7回のタイトルを獲得したA.J.フォイトに次ぐ、歴代2位のタイトル獲得数となった。

ミック・シューマッハ、今季8勝目でランキング首位のリードを拡大

2018年9月24日
F1 ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハは、レッドブル・リンクで開催されたヨーロッパF3選手権のレース1とレース2で優勝。レース3も2位表彰台を獲得し、残り1イベント・3レースを残してチャンピオン獲得のためのリードを49ポイントに広げた。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハ(19歳)は、2年目となるヨーロッパF3選手権でブレイク。

ル・マン24時間 | 水素燃料電池車のプロジェクト『ミッションH24』を発表

2018年9月23日
ル・マン24時間レース ミッションH24
ル・マン24時間レースを主催するACO(フランス西部自動車クラブ)は、2024年の水素燃料電池車の導入にむけたプロジェクト『ミッションH24(Mission H24)』を発表。スパ・フランコルシャンで水素燃料電池を搭載したマシンでのデモ走行を実施した。

今年、ACOは2024年以降のル・マン24時間レースに水素を利用した燃料電池をハイブリッド規定の一部として導入する計画を明らかにしており、ミッションH24は、2024年のデビューむけて水素燃料電池車を推進し、開発していくプロジェクトとなる。

MotoGP 第14戦 アラゴンGP 結果 | マルク・マルケスが優勝

2018年9月23日
MotoGP アラゴンGP 結果
MotoGP 第14戦 アラゴンGPの決勝レースが9月23日(日)にモーターランド・アラゴンで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が優勝を飾った。

30.5℃、45.8℃のドライコンディションで23周のレースはスタート。1コーナーでポールポジションからスタートしたホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)がハイサイドを起こして転倒リタイアするという波乱の幕開け。ロレンソはこの転倒で右足の親指を脱臼した。

マクラーレン、F1ロシアGPで極端にロードラッグなセットアップを検討

2018年9月23日
F1 マクラーレン
マクラーレンは、F1ロシアGPで直線スピードのパフォーマンスを向上させることを目指し、モンツァ仕様に近い極端にロードラッグなセットアップを採用することを検討している。

今シーズン、マクラーレンはライバルよりもドラッグの多いマシンに加え、ギアレシオもロングストレートには理想的ではない選択となっており、厳しい戦いを強いられている。

マクラーレン 「カルロス・サインツは最初から獲得リストの最上位だった」

2018年9月23日
F1 マクラーレン カルロス・サインツJr.
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2019年のドライバーを検討し始めたときからカルロス・サインツはドライバー候補リストのトップだったと明かした。

レッドブルからルノーにローン移籍されているカルロス・サインツは、F1を離れるフェルナンド・アロンソの後任として2019年にマクラーレンに完全移籍することを決断。マクラーレンの育成ドライバーであるランド・ノリスとチームを組むことが決定している。

レッドブル、ファクトリー内にイベントスペース『MK7』を設置

2018年9月23日
F1 レッドブル・レーシング MK7
レッドブル・レーシングは、ミルトンキーンズのファクトリ―内にF1でのレッドブル・レーシングの歴史を展示したイベントスペース『MK7』を設置した。

バッキンガムシャー州にあるファクトリーの住所にちなんで名づけられたMK7には、レッドブル RB1からRB13までのレースカーが陳列され(RB7はショーカーとしてデモ走行で展示されているため不在)、過去の名シーズンの写真とともにレッドブル・レーシングの歴史を振り返ることができる。

マクラーレン、フェルナンド・アロンソのF1復帰を除外せず

2018年9月23日
F1 フェルナンド・アロンソ
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソが2019年に1年間F1から離れた後、再びF1に復帰する可能性はあると考えている。

フェルナンド・アロンソは、夏休み中に2019年はF1でレースをしないことを発表。夏休み明けのベルギーGPの記者会見では、それがF1からの引退だと考えていることを明らかにしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム