ホンダF1 「マクラーレンに進歩を果たしていることを示せたことが重要」

2017年6月28日
ホンダ F1
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、マクラーレン・ホンダがF1アゼルバイジャンGPで今シーズン初ポイントを獲得したことで“とても安心した”と語る。

ホンダのF1パワーユニットの信頼性とパフォーマンス不足によって、マクラーレンとホンダの緊張関係はますます強くなっている。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1 第8戦 終了時点)

2017年6月28日
F1
2017年 第8戦 F1アゼルバイジャンGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1アゼルバイジャンGPではマクラーレン・ホンダが多くのパワーユニットコンポーネントを投入。両ドライバー合わせて75グリッドの降格ペナルティを科せられた。

マクラーレン 「F1で我々がこれほど競争力がなかったことはない」

2017年6月28日
マクラーレン F1
マクラーレンの株主であるマンスール・オジェは、現在のホンダとのチームの苦境がスタッフの士気を維持し、人材を引きとめておくのを難しくしていると述べた。

第8戦 F1アゼルバイジャンGPでようやくシーズン初ポイントを獲得したマクラーレンだが、いまだコンストラクターズ選手権では最下位。メルセデスの最終年となった2013年以来、優勝はおろか、表彰台にすら手が届いていない。

ポール・マッカートニー、F1メキシコGPの週末にコンサートを開催

2017年6月28日
ポール・マッカートニー F1
ポール・マッカートニーが、F1メキシコGPの予選後にコンサートを開催することが発表された。

元ビートルズのポール・マッカートニーは、10月28日のF1メキシコGP予選終了後の夕方にサッカー専用スタジアムのエスタディオ・アステカでコンサートを開催する。

今回、ポール・マッカートニーは、ワールドツアーのスケジュールをレース週末に合わせた形となり、チケットはグランプリとは別売りとなる。

マクラーレン、“一時的”にホンダ以外のF1パワーユニットを搭載?

2017年6月28日
マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンは、ホンダと“離婚”ではなく“別居”というカタチをとる可能性が報じられている。

F1パドックでは、マクラーレンとホンダが完全に決別する可能性があると予想している。しかし、一時的に距離を置くという選択肢が新たなオプションとして浮上している。

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエもその可能性を認める。

セバスチャン・ベッテルの行為をジダンの頭突きに例える海外メディア

2017年6月27日
セバスチャン・ベッテル
F1アゼルバイジャンGPでのセバスチャン・ベッテルの行為は失格処分に値するものだったと多くの海外メディアが報じている。

セバスチャン・ベッテルは、2回目のセーフティカー中にルイス・ハミルトンが“ブレーキテスト”をしたと批判。フロントウィングに損傷を負ったベッテルは、ハミルトンに横付けし、手を挙げながら自分のマシンをハミルトンのマシンに接触させた。

ランス・ストロール父 「極秘テストが表彰台を助けたとは思わない」

2017年6月27日
ランス・ストロール 父
ランス・ストロールは、F1カナダGPとF1アゼルバイジャンGPの間に“極秘”テストを実施していた。

冴えないルーキーシーズンのスタートを切っていたランス・ストロールだが、前戦F1カナダGPで9位入賞を果たしてF1初ポイントを獲得。続く先週末のF1アゼルバイジャンGPでは波乱のレースで3位入賞を果たし、F1初表彰台を獲得した。

レッドブル、フェルナンド・アロンソ獲得を除外 「チームの哲学に反する」

2017年6月27日
フェルナンド・アロンソ
レッドブルは、2018年にフェルナンド・アロンソを獲得する可能性を除外した。

この3年間、マクラーレン・ホンダで不遇の時代を過ごしているフェルナンド・アロンソは来季の移籍を示唆している。

バクーでは来季の“シリーシーズン”でインサイダーを驚かすかもしれないと述べていた。

セバスチャン・ベッテルの“突発的”な性格について周囲がコメント

2017年6月27日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルがF1アゼルバイジャンGPの決勝で見せた行動について周囲のF1ドライバーらが彼の性格についてコメントした。

セバスチャン・ベッテルは、2回目のセーフティカー中にルイス・ハミルトンが“ブレーキテスト”をしたと批判。フロントウィングに損傷を負ったベッテルは、ハミルトンに横付けし、手を挙げながらマシンを接触させた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム