角田裕毅 4月のF1月間最優秀オーバーテイク賞を受賞

2024年5月8日
角田裕毅 4月のF1月間最優秀オーバーテイク賞を受賞
角田裕毅が、F1の4月の『Crypto.com Overtake of the Month』賞を受賞した。

角田裕毅は、4月7日に開催されたF1日本GPで鈴鹿サーキットのターン6のアウト側からニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)を豪快に抜き去る見せ場を作り、母国レースで10に入賞を果たした。

鈴鹿サーキット 2025年のF1日本GPにスーパーフォーミュラ追加を熱望

2024年4月15日
鈴鹿サーキット 2025年のF1日本GPにスーパーフォーミュラ追加を熱望
鈴鹿サーキットは、2025年にスーパーフォーミュラをF1日本GPのスケジュールに追加するというアイデアを再検討したいと考えている。

昨年、スーパーフォーミュラのプロモーターであるJRPの上野禎久社長と鈴鹿のレースオーガナイザーとの間で、日本を代表する国産シングルシーターシリーズの鈴鹿開催に向けた話し合いが行われた。

ピエール・ガスリーが語るF1日本GPがドライバーにとって特別な理由

2024年4月14日
ピエール・ガスリーが語るF1日本GPがドライバーにとって特別な理由
ピエール・ガスリーが、F1日本GPがドライバーにとって特別な理由を語った。

F1日本GPは常にF1ドライバーにとって非常に特別な雰囲気を提供する。日本でスーパーフォーミュラに参戦したピエール・ガスリーは、もちろん角田裕毅とともに、この国のグリッドに最も慣れているドライバーの一人だ。

2024年F1 日本GP:WINNERS AND LOSERS

2024年4月13日
2024年F1 日本GP:WINNERS AND LOSERS
2024年のF1世界選手権 第4戦 日本GPは、鈴鹿サーキットが美しい桜の花に彩られ、春のカレンダーに新たな位置を占め、輝いて見えた。

レッドブル・レーシングのシーズンは日本での好調なパフォーマンスで開花し続けたが、一部のライバルにとってはそれほどバラ色ではなかった。Formula1.comが勝者と敗者をピックアップした。勝者と敗者をピックアップした。

F1 2025年の開催カレンダーを発表 日本GPは再び4月上旬の春開催

2024年4月12日
F1 2025年の開催カレンダーを発表 日本GPは再び4月上旬の春開催
F1とFIA(国際自動車連盟)は、2025年のF1世界選手権のカレンダーを発表した。チャンピオンシップが75周年を迎えるにあたり、2025年F1シーズンもファン、ドライバー、チームを楽しませる24戦が予定されている。

3月14~16日のオーストラリアGPで幕を開け、12月5~7日のアブダビGPで幕を閉じる。F1パドックは再び世界7大陸のうち5大陸を訪れることになる。

角田裕毅 日本GPのF1公式パワーランキングで3位にランクイン

2024年4月11日
角田裕毅 日本GPのF1公式パワーランキングで3位にランクイン
Formula1.comが2024年F1第4戦日本GP終了後のF1パワーランキングを発表。母国初入賞を果たした角田裕毅(RB)がセルジオ・ペレス(レッドブル)、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)と同点の日本GP3位にランクインし、総合ランキングでも8位浮上した。

マックス・フェルスタッペンは鈴鹿サーキットで見事な立ち直りを見せ、レッドブルが2024年シーズン3度目の1-2フィニッシュを達成した。レッドブルは2024年シーズン3度目の1-2フィニッシュを達成した。

角田裕毅のF1日本GPは「フェルスタッペン級の週末」とレッドブルF1首脳

2024年4月10日
角田裕毅のF1日本GPは「フェルスタッペン級の週末」とレッドブルF1首脳
レッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコは、角田裕毅の日本GPでのパフォーマンスを賞賛し、レースウィナーのマックス・フェルスタッペンと「同等」だったと述べた。

角田裕毅は10位でフィニッシュし、2022年と2023年の2度にわたってトップ10圏外に沈んでいた鈴鹿サーキットでの母国グランプリで初めてポイントを獲得した。角田裕毅にとってはオーストラリアGPで7位入賞に続き、2戦連続のポイント獲得となった。

レッドブルF1首脳 「リカルドのクラッシュはフェルスタッペンを助けた」

2024年4月10日
レッドブルF1首脳 「リカルドのクラッシュはフェルスタッペンを助けた」
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1日本GPでのRBのダニエル・リカルドのクラッシュが、勝利を求めるマックス・フェルスタッペンを偶然にも助けたと明かした。

フェルスタッペンが鈴鹿サーキットで快勝を収める一方で、リカルドはレーシングインシデントにより1周目でリタイア。だが、彼のミスは実際にフェルスタッペンを大きく救った。

レッドブルF1代表 ペレスの130Rの追い抜きは「3児の父には見えなかった」

2024年4月10日
レッドブルF1代表 ペレスの130Rの追い抜きは「3児の父には見えなかった」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2024年F1日本GPでセルジオ・ペレスが見せたオーバーテイクについて「子供が3人いるようには見えなかった」と語った。

ペレスは、予選でチームメイトのマックス・フェルスタッペンに100分の6秒及ばずポールポジションを逃したものの、約12カ月ぶりのフロントロウを獲得。決勝では1周のペースを活かして今季3度目の2位を獲得し、フェルスタッペンに続いてレッドブルの1-2フィニッシュを達成した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム